日本一・世界一

2017年10月 6日 (金)

「四国の中の世界一・日本一」「四国のデザインマンホール」を簡単に見るには

平成29年に出版した「四国の中の世界一・日本一」は、このブログに記事を書いています。

その内容を見るには、

「はじめに」~具体的な世界一・日本一の項目の前までは・・・この右欄にあるバックナンバーの2016年8月をクリックして下さい。

具体的な世界一・日本一の内容は・・・この右欄にあるバックナンバーの2016年10月をクリックすると全ての記事を一度に見ることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マンホール

四国の中のマンホール写真を集めた「四国のデザインマンホールをコレクション」を簡単に見る方法は

市町村別にマンホール写真を掲載していますが、ブログの形式上1日ごとにクリックしないと見えない形になっています。

そこでお手数ですが、次のアドレスをクリックすると一ヶ月分をまとめて簡単に見ることが出来ます。

なお、このブログを原稿にして本を自費出版した後、読者等から新しい情報提供をいただき、愛媛県の旧内海村、旧関前村、旧野村町にマンホール写真を追加しました。ありがとうございました。

香川県前半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/03/index.html

香川県後半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/04/index.html

徳島県前半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/05/index.html

徳島県後半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/06/index.html

高知県前半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/07/index.html

高知県後半
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/08/index.html

愛媛県その1
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/09/index.html

愛媛県その2
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/10/index.html

愛媛県その3
http://angler.cocolog-pikara.com/zoukei/2013/11/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

おわりに

四国の中にある様々な世界一・日本一を集め始めたのは30年以上前になる。私は四国が大好きである。四国の良さを全国に知ってもらいたいと思う気持ちは、私の周りにいるだれよりも強いような気がする。
新聞、雑誌、観光パンフレットなどに記載されていたり、テレビ番組で放映されていた日本一をひとつひとつコレクションし、それらの数が400近くになった。

その数がたくさん集まるにつれ、それを自費出版したいと思い立った。自費出版については、既に私の趣味の釣り関係で3冊を発行していて、ある程度のノウハウと出版にいたるまで労力の覚悟は出来ていた。

日本一のコレクションと併行して集めていた、地域自慢のマンホールデザインについては、平成26年に「四国の中のデザインマンホールをコレクション」として自費出版したところ、新聞、テレビ、ラジオで大きく取り上げられただけでなく講演会の講師としても呼ばれるなど、望外の反響があった。地域に根付いた視点が反響を呼んだのだと思う。

このマンホール本はまずブログで記事を書き、そのブログの製本サービスを利用することで本にした。そうでないとカラー写真を入れた本を自費出版すると、とんでもない高額の費用がかかる。製本サービスならば1冊当たりの単価は高くなるが、1冊からでも本にしてもらえる。

今回の「四国の中の世界一・日本一」についてもカラー写真が欠かせないことから、この製本サービスを利用することにした。

世界一・日本一の根拠確認については、できるだけ現地を訪問した。館長さんなど、そこを管理する人々から貴重なご意見をたくさんいただくことができた。この場を借りて感謝いたします。

なお、四国の中の世界一・日本一はこの本に記載以外にもまだまだあると考えられる。ご存知の方、また、記載に誤りを見つけた方はご連絡をいただきたい。

メール taniguti@mail.netwave.or.jp

四国の他県についての書籍化はそのデータの確認、現地での写真撮影などに時間が掛かる。日本一小さい香川県でさえ、多くの時間を要したことから、他県については、さらに多くの時間が必要だと考えている。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

8.四国の中の世界一、日本一(愛媛県)

Cimg1354ss

愛媛県内で見つけた「世界一・日本一」は以下の通りだが、検証をまだ終えていない。中には既になくなってしまっていたり、日本一でなくなっているものもあるようだが、とりあえず資料等に日本一を記載していてコレクションしたものを全て掲載した。
なお、現時点で既に「世界一・日本一」でなくなっていると思われるものについては該当項目の末尾に(*)を付けた。

写真は大洲市にある日本最古の道路可動橋「長浜大橋」

[松山市]●日本三大連立式平山城のひとつ「松山城」[姫路城、和歌山城]、●日本で唯一現存する望楼型二重櫓「松山城の野原櫓」、●日本で最も小さい天守閣(二重二層)「松山城」●現存天守の中で江戸時代最後の完全な城郭建築「松山城」、●日本で唯一葵の御紋がある天守「松山城」、●日本最古の温泉「道後温泉」、●日本で唯一使用されている重要文化財「道後温泉本館」、●日本初の重要文化財に指定の温泉施設「道後温泉」、●日本で唯一の皇室専用の風呂「双新殿」、●世界最速の双胴型高速旅客船(時速83km)「シーマックス」、●日本で唯一の桜イヨウスズミ桜「西法寺」、●現存する日本最古の軽便鉄道機関車「坊ちゃん電車」、●日本初のみかんジュースが出る蛇口「松山空港」、●日本最古のトラス橋(1893年、明治26年)「石手橋梁」、●日本初の太陽光発電所(1996.3.21)「松山太陽光発電所」、●日本三大荒神神輿のひとつ「北条まつり」[宮城県の帆手まつり、兵庫県の灘のけんか祭り]、●日本最古の畑跡「文京遺跡」、●ハイボール発祥の地「バー露口」
[愛南町]●日本一長い名前の小学校「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」、●日本一長い歩道トンネル(915m)「内海トンネル」、●世界初の高速水中観光船「ユメカイナ」、●日本最長の海上ロープウェイ(1.6km)「御庄湾ロープウェイ」、●日本で唯一現存する紫電改「紫電改展示室」、●日本最大の立て干し網(約700mを仕切る)、●闘牛発祥の地「御荘町」
[伊方町]●日本最長の半島(約50km)「佐田岬」、●男性素潜り漁発祥の地「三崎町」
[今治市]●世界初の三連吊り橋「来島大橋」、●日本最長のアーチ橋(328m)「大三島橋」、●日本最長の斜張橋(1480m)「多々羅大橋」、●日本三大急潮流のひとつ「来島海峡」[鳴門海峡、関門海峡]、●日本最小の馬(体高110cm)「野間馬ハイランド」、●日本で唯一移転復元された明治時代の本格的石造り灯台「唐子浜の赤灯台」、●緑の少年団発祥の地「朝倉村」、●世界で初めての食文化博物館「日本食研」、●世界で初めてのタオルをテーマにした美術館「タオル美術館」、●日本最大の武具館「大山祇神社国宝館」、●日本で唯一の女性用の鎧「紺糸威胴丸鎧」、●世界初の本格的浮遊プール「多々羅うきうきプール」(*)、●日本最多の書を所蔵(3000点以上)「上浦芸術会館」、●日本最古の水軍城跡「甘崎城跡」、●日本最大の鬼瓦(重さ8トン)「錦松工房」●日本最大の瓦(重さ1トン以上)「かわら館」、●日本最長の山桃自然トンネル(約300m)「波方町」、●日本最大のカサゴの石像(体長2m、高さ1m)「宮窪漁港」、●日本で唯一の腕木式信号灯台「吉海町の中渡島灯台」、●世界で唯一の航行ルールの順中逆西「来島海峡」、●月賦発祥の地「網敷天満宮に碑」、●日本初の海峡を渡るサイクリングロード「しまなみ海道」、●日本三大水城のひとつ「今治城」[香川県の高松城、大分県の中津城]、●日本一危険な滑り台「朝倉緑のふるさと公園」、●世界で最大の寄贈された船のプロペラ(直径9m)「今治市公会堂前」
[伊予市]●日本初のSAにある「恋人達の聖地」「伊予SA」、●日本初の夕日をテーマにした博物館「夕日のミュージアム」、●日本で一番海に近い駅「JR下灘駅」(*)
[上島町]●日本初の海上体育館(昭和58年)「弓削町民体育館」
[内子町]●日本初の公営凧博物館「五十崎凧博物館」、●日本最大の手漉き和紙工場「天神産紙工場」
[宇和島市]●日本最大の石造りの鳥居(高さ13m)「和霊神社」、●世界最高の性文化財資料館「多賀神社」、●日本最大の樹根太鼓(5尺6寸)「平安太鼓」、●日本最大の豊臣秀吉の肖像画(縦130cm、横104cm)「伊達博物館」、●日本最大のクエの石像(重さ14トン)「中山池自然公園」、●日本初のドーム型闘牛場
[大洲市]●日本一高い戦後復元の木造天守閣「大洲城」、●日本三大鵜飼いのひとつ「肱川」[岐阜県の長良川、大分県の三隅川]、●日本最大のらん園(250種、10万株)「大えびね園」、●日本最古の道路可動橋(昭和10年)「長浜大橋」、●日本最大の霧の川「肱川あらし」、●日本最大の石の万華鏡(高さ3.3m、長さ4.8m)「東若宮2号公園」、●日本で唯一の歌麿の版木、●日本最古の煙管ボイラー(昭和11年)「長浜町のセラリカNODAつるかめ喜多工場」
[鬼北町]●日本で最もアカメ飼育数が多い水族館「虹の森公園おさかな館」、●日本で最初に淡水魚のアカザ繁殖に成功「虹の森公園おさかな館」、●日本で唯一鬼の字が入った町「鬼北町」
[久万高原町]●日本初の本格的木造美術館「久万美術館」、●世界最古の土器「上黒岩岩陰遺跡考古館」、●日本初の本格的道路アーチ橋(1922年)「有枝橋」
[西条市]●日本最長の無料トンネル(5432m)「寒風山トンネル」、●日本最大のクレーン(吊り能力1200トン)「今治造船」(*)、●日本三大古系図のひとつ「伊曾乃神社の予州新居系図」[和気系図、海部系図]、●日本で唯一走行が可能のDF501機関車「鉄道歴史パーク」、●日本最大の輝安鉱結晶「西条郷土博物館」、●日本で唯一川底の下を通る電車「大明神川」、●日本一山車の数が多い祭り「伊曾乃神社祭礼」
[四国中央市]●日本一樹齢の柏(樹高14m、根回り14.3m)「下柏の大柏」、●世界最大の新聞巻取り紙(8800部の量)「紙の資料館」
[西予市]●日本で唯一完全な形の鹿の角の釣り針「明浜町歴史民俗資料館」、●日本一長い木造廊下(109m)「宇和町米博物館」、●日本最多の明治の教授用掛け軸(約600点)「開明学校」、●日本一の餅つき(もち米10俵)「宇和町のれんげ祭り」、●世界最古の岩石(40億年前)「城川地質館のアカスタ片麻岩」、●日本で唯一プロアマ対戦の相撲「乙亥相撲」
[東温市]●日本で最初に始めたどてカボチャ大会(昭和60年から)「重信町」
[砥部町]●ろくろで作った日本最大の大壺(高さ218cm、重さ150キロ)「砥部焼き伝統産業会館」、●日本で唯一アフリカゾウの親子が見れる動物園「とべ動物園」、●日本最長の人工保育されたホッキョクグマ「とべ動物園のピース」
[新居浜市]●日本初の山岳高山鉄道(明治26年)「別子銅山記念館」、●日本最古のドイツ製ピントラス橋(1893年)「別子鉄道」、●日本最大のパーゴラ(藤棚)「森林公園ゆうぎの森」、●世界最大のプラネタリウム(内径35m)「愛媛県総合科学博物館」(*)、●日本一深い鉱山(海抜マイナス1000m以上)「別子銅山」、●日本最古の鋼製アーチ橋(1905年)「遠登志橋」
[松前町]●小魚珍味発祥の地(石碑あり)
[松野町]●日本最大の一枚岩滑り台「滑床渓谷の出会い滑」
[八幡浜市]●日本一の水揚げ魚種数(200種以上)「八幡浜魚市場」、●日本で唯一地表で見れる地震の化石「ジュードタキライト」、●世界最大の片持ち型斜張橋(81m)「びゅうブリッジ」●日本最古の下路式アーチ橋(1904年)「明治橋」
[複数市町村]●日本で初めて天然ダイヤモンドを発見(2007年)、●日本三大カルストのひとつ「四国カルスト」[山口県の秋吉台、福岡県の平尾台]











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

7.四国の中の世界一、日本一(高知県)

Cim0074ss

高知県内で見つけた「世界一・日本一」は以下の通りだが、検証をまだ終えていない。中には既になくなってしまっていたり、日本一でなくなっているものもあるようだが、とりあえず資料等に日本一を記載していてコレクションしたものを全て掲載した。
なお、現時点で既に「世界一・日本一」でなくなっていると思われるものについては該当項目の末尾に(*)を付けた。

 

写真は高知市桂浜にある日本一高い銅像の坂本龍馬像

[高知市]●日本で唯一、忍び返しが現存する城「高知城」、●日本で唯一、本丸御殿を残している城「高知城」、●日本で唯一、追手門と天守閣を一度に見れる城[高知城]、●日本一高い銅像(13.3m)「坂本竜馬像」、●日本一壮絶な闘犬「土佐闘犬」、●日本一長い天井一枚板(長さ10m)「得月楼」、●フンボルトペンギンの日本最多飼育数「桂浜水族館」、●日本初の竹鯨「高知よさこい麦酒館」、●日本最大の日曜市(約1km、600店)「土佐の日曜市」、●緯度、経度で同じ数字が12個も並ぶ日本唯一の地点「地球33番地」、●日本最古の路面電車「土佐電鉄」、●日本最長の営業キロの路面電車(25.3km)「土佐電鉄」、●日本で最も短い停留所間距離(清和学園前から一条橋の63m)「土佐電鉄」、●三大長鳴鶏「東天紅」、[青森秋田県の声良鶏、新潟県の唐丸]、●日本初の木造アーケード商店街「はりやま橋商店街」、●日本三大がっかり名所のひとつ「はりやま橋」[札幌の時計台など]、●日本一短い商店街(80m)「魚の棚商店街」(*)、●日本唯一の取水システム「桂浜水族館」、●日本三文殊のひとつ「竹林寺宝物館」[切戸文殊、安部文殊]、●西畑人形発祥の地「宅老所デコの里の前」、●婦人参政権発祥の地「市立第四小学校正門横」、●南学発祥の地「国道11号線沿い、春野町」、●近代水泳競技発祥の地「鏡川」、●全日本断酒連盟発祥の地「下司病院」、●世界初の杭打ち機の博物館「世界杭打ち機博物館」
[安芸市]●日本一高い防波堤(16.0m)「安芸漁港」、●日本初の公立書道美術館「安芸市立書道美術館」
[いの町]●日本最大の福俵(全長6m、)「ギャラリーコパ」、●日本一のやぶつばき(幹周り3.2m、高さ13m)「吾北村」、●日本一薄い手漉き和紙(0.03mm)「典具帖紙」
[馬路村]●日本三大美林のひとつ「魚梁瀬千本山」[秋田杉、吉野杉]、●一日雨量が最大のアメダス記録(H23.7.19 851.5mm)「魚梁瀬地区」
[大川村]なし
[大月町]●日本一の棲息魚種数(884種)「柏島」
[大豊町]●日本最大の杉(根回り20m、樹高60m)「杉の大杉」●日本一の自然石恵比寿「大杉の裏」、●日本三大薬師のひとつ「柴折薬師」[愛知県の峰薬師、福島県の獄薬師]●日本唯一の碁石茶、●日本で唯一、橋にある駅「土佐北川駅」
[越知町]●日本唯一の筆石化石「横倉山自然の森博物館」、●日本最古の植物化石(約3億6000年前のリンボク)「横倉山自然の森博物館」、●日本最古のサンゴ礁跡「横倉山」、●日本で唯一のアカガシ原生林「横倉山」
[香美市]
 ●日本初のアンパンマンの博物館「アンパンマンミュージアム」、●日本三大鍾乳洞のひとつ「龍河洞」[岩手県の龍泉洞、山口県の秋芳洞]、●世界唯一の鍾乳石と同化した土器「神の壺」
[北川村]●日本で唯一「モネの庭」を名乗ることができる庭園
[黒潮町]●日本一のカツオ一本釣り漁の基地「佐賀港」、●日本一高いつなみ避難タワー(22メートル)
[芸西村]●
日本初の深層水使用の酒「仙頭酒造」
[香南市]●絵金の保有数日本一(23点)「絵金蔵」、●日本で唯一の絵金博物館「絵金蔵」、●日本最高齢出産のチンパンジー(32歳)「のいち動物園」、●世界初のチンパンジーの双子子育てに成功「のいち動物園」、●日本最古の稲化石「香我美町の下分遠崎遺跡」、●日本最初の掘り込み港湾「手結内港」、●世界一のモンキーバー(102m、400本のバー)「吉川村にある桜づつみ公園」
[佐川町]●日本地質学の発祥の地「佐川町」
[四万十市]●日本一のトンボの種類密度(74種類)「トンボ自然公園」、●世界初のトンボ保護区「トンボ自然公園」、●世界一のトンボ標本数(約850種、3000点)「トンボ自然館」、●日本最大のアカメ剥製(125cm)「アカメ館」、●日本一暑い41.0度を記録地「西土佐 江川崎」、●日本最大のもみの木(幹周り7.8m)「旧西土佐村」(*)、●日本最大のアカメの石像(体長2m)「四万十大橋」
[四万十町]●世界で初めて発見された海溝型地震断層「窪川町の地震源断層」、●日本初の公の組織によるオタク文化ミュージアム「海洋堂ホビー館四万十」、●世界一の石の風車(18.5トン)「轟公園」(*)、●日本初の「こいのぼりの川渡し」(昭和49年)「十和村、四万十川」
[宿毛市]●日本一の海の透明度「沖ノ島」、●日本一美しい夕日「咸陽島に沈むだるま夕日」、●日本最大の鍬形「宿毛歴史館」
[須崎市]●日本一熱いラーメン「鍋焼きラーメン」、●日本一OB確率が高いゴルフ場「スカイベイGC」、●日本で唯一の虎皮斑紋の竹「虎斑竹(とらふだけ)
[田野町]なし
[津野町]●日本唯一の鍋蓋上回り式舞台「高野廻舞台」
[東洋町]なし
[土佐市]●土佐分担の発祥の地、●日本一透明度の川(国土交通省による水質ランキング1位)「仁淀川」、●日本一の水辺河川利用率「仁淀川」日本最古の木製クワが出土(約2500年前)「居徳遺跡群」、●日本最大のソテツ「新居 近沢昌子さん宅」、●日本最大のサボテン「虚空蔵山南」、●日本一高いクスノキ(31m)「蓮池」
[土佐町]●日本最大の乳イチョウ(43m)「平石の乳銀杏」、●日本最大の多目的ダム「早明浦ダム」
[土佐清水市]●日本初の貝類展示館「海のギャラリー」、●貝の日本三宝を世界で唯一所蔵(テラマチダカラ、ニホンダカラ、オトメダカラ)「海のギャラリー」、●世界で唯一のサンゴ博物館「土佐足摺サンゴ博物館」、●日本一光度の灯台(光度200万カンデラ)「足摺岬灯台」、●日本で最初の海中公園「竜串海中公園」、●日本一のシコロサンゴの群生「竜串・見残しの海」、●花崗岩の日本最大の海蝕洞門(高さ16m、幅17m)「白山洞門」、●日本人初の国際人ジョン万次郎の出身地、●日本最大の屋内水槽(19m、31m、水深5m)「海遊館」
[中土佐町]●漁師町として全国で初めて国の重要文化的景観に指定「久礼の港と漁師町の景観」、●ブリ大敷網の発祥の地「上の加江」、●日本で初めてのマンガ神社「大野見村のまんが神社」
[奈半利町]なし
[南国市]●世界一長い羽をもつ鳥(10m以上)「オナガドリ」、●日本一大きい生きた鳥居(樹齢約300年)「鳥居杉」、●日本最古の人面動物の土製品「田村遺跡群」、●日本最大のブーゲンビリア樹冠面積(100㎡)「西島園芸団地」
[仁淀川町]●日本最大のニホンオオカミの頭骨(23.58cm)「仁淀村渡」、●全国で唯一の東西2本の地震亀裂「仁淀村の村境近く」、●日本一の露天掘り鉱山(年間1400万トン)「鳥形山石灰鉱山」、●日本一おいしい鮎「仁淀村」、●日本一のひょうたん桜(樹齢500年)「桜公園」
[日高村]●世界一薄い和紙(0.02mm)「ひだか和紙」、●日本最古の刀「小村神社」
[三原村]なし、
[室戸市]●世界初の深層水足湯「室戸道の駅 とろむ」、●プレートテクニクス論を世界で初めて地上で検証「四万十帯」、●日本で初めて作られたザトウクジラの全骨格標本「鯨館ー鯨資料館」、●日本最大の班レイ岩「ビシャゴ岩」、●日本最大のレンズの灯台(直径260cm)「室戸岬灯台」、●日本一の最大風速の観測地(69.8m 1965.9.10)「室戸岬」、●日本初の崖に造った津波シェルター「佐喜浜町都呂」
[本山町]なし
[梼原町]なし

[複数市町村]●日本最後の清流「四万十川」、●日本三大清流のひとつ「四万十川」[長良川、柿田川]、●日本三大カルストのひとつ「四国カルスト」[福岡県平尾台、山口県秋吉台]、●日本で最後に開通したローカル線「土佐黒潮鉄道ごめんなはり線」、●日本で唯一、重要文化財指定の森林鉄道「魚梁瀬森林鉄道」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

6.四国の中の世界一、日本一(徳島県)

T13kom02a0899s
徳島県内で見つけた「世界一・日本一」は以下の通りだが、検証をまだ終えていない。中には既になくなってしまっていたり、日本一でなくなっているものもあるようだが、とりあえず資料等に日本一を記載していてコレクションしたものを全て掲載した。
なお、現時点で既に「世界一・日本一」でなくなっていると思われるものについては該当項目の末尾に(*)を付けた。

写真は小松島市にある世界最大のたぬきブロンズ像

[徳島市]●日本で唯一の大名鯨船「千山丸」、●日本一低い自然山(6.1m)「弁天山」、●日本最古の木簡「観音寺遺跡」
[藍住町]なし
[阿南市]●猫をご神体として祀る日本唯一の神社「お松大権現」、●日本最多の招き猫(1万個以上)「お松大権現」、●日本最大のセンダン「野神の大センダン」、●日本で唯一、辰砂(水銀鉱石)を掘った遺跡「若杉山辰砂鉱山遺跡」
[阿波市]●世界三大奇勝のひとつ「土柱」[アメリカのロッキー、イタリアのチロル]、●日本で唯一の自動販売機「土成町のボンカレー自動販売機」
[石井町]●日本最長の潜水橋(524.7m)「高瀬橋」
[板野町]なし
[海陽町]●日本最大の波の化石(高さ30m幅20m)「化石漣痕」、●日本三大祇園のひとつ「八坂神社」[京都の八坂神社、広島県福山市の沼名前神社]、●日本初の320インチハイビジョンシアター「マリンシアター」(*)、●日本唯一、山のないトンネル「町内トンネル」、●日本で唯一、カモメの形をした橋「かもめ橋(宍喰橋)」
[勝浦町]●日本最古の竜脚類化石」、●日本最大のひな飾り(高さ8m、人形3万体)「ビッグひな祭り」
[上板町]●日本最大の乳イチョウ(樹齢900年、高さ33m)「乳保神社」
[上勝町]●
日本一のメタセコイア(高さ40m、周り4.0m)、●日本一のゴミ分別(34分類)、●日本一のやまびこポイント(1度叫ぶと6回やまびこ)
[神山町]●日本一美しい枝垂れ桜の町「神山町」
[小松島市]●日本で最初に動物の名前が付いた郵便局「金長だぬき郵便局」、●世界最大のたぬきのブロンズ像(高さ5m、重さ5トン)「金長たぬき」、●日本一の義経の騎馬像(高さ6.7m)「源義経公之像」、●民間航空発祥の地「小松島海上保安部の裏」
[佐那河内村]なし
[つるぎ町]●日本最大のエノキ(幹周り8.7m)「赤羽根大師」、●日本最大のウラジロノキ(幹周り2.14m)「旧一宇村陰」
[那賀町]●日本最大のロープウェイ(2800m)「太龍寺ロープウェイ」(*)、●日本初の山を越えるロープウェイ「太龍寺ロープウェイ」、●日本最長の山岳ダート(87.7km)「剣山スーパー林道」、●全国で唯一伝承されている太布(たふ)「木頭村」、●日本一の日降水量(2004.8.1 1317mm)
[鳴門市]●日本最大の常設展示スペースの美術館(延べ床面積約3万㎡)「大塚国際美術館」、●日本初の陶板美術館「大塚国際美術館」、●日本一大きいのぼり窯「大谷焼きの里」、●東洋一の高低差がある観光用エスカレーター(34m)「エスカル鳴門」、●世界最強の渦(時速20km以上)「鳴門海峡」、●世界初の水中渦潮観潮船「アクアエディ」、●日本で最初にベートーヴェン第九の演奏(1918.6.1)「ドイツ村」、●日本最古の竪穴式石室の古墳「西山谷2号墳」、●日本で唯一の寝ロクロ窯「大谷焼き」、●日本初の三車線大断面めがねトンネル「大代古墳トンネル」、●日本で唯一、2黄卵の自動販売機「中野鶏卵」
[東みよし町]●日本一美しいクス(高さ26m、幹周り17m)「加茂の大クス」
[松茂町]●日本一小さい空弁「花へんろ」
[美波町]●日本最大のゆぎ塔「薬王寺」、●日本唯一のウミガメ博物館「カレッタ」、●世界最高齢のウミガメ(65歳)「浜太朗」、●日本で唯一のコーステアリング「美波町海岸部」、●日本で唯一の道路標識「アカテガニ」、●日本初の大ウナギ水族館「イーランド」(*)
[美馬市]●日本一のどんどん焼き
[三好市]●日本初のゴンドラを2本のケーブルでつるす方式のロープウェイ「箸蔵寺ロープウェイ」、●日本最大のコンクリートアーチ橋(705m)「へそっ湖大橋」、●東洋一の断崖(高さ400m、幅4000m)「竜ヶ岳」、●日本三大秘境のひとつ「祖谷渓」[岐阜県白川郷、宮崎県椎葉村]、●日本三大奇橋のひとつ「祖谷のかずら橋」[山口県錦帯橋、山梨県猿橋]、●日本一長い火縄銃「祖谷宝物館」(*)、●日本唯一の観光モノレール「奥祖谷観光周遊モノレール」、●世界最大の高低差のモノレール(590m)「奥祖谷観光周遊モノレール」、●世界最長の観光モノレール(4.6km)「奥祖谷観光周遊モノレール」、●世界一過酷な場所にある小便小僧「祖谷」、●日本で唯一犬神憑きを落とす神社「賢見神社」、●日本初の川下りの水中展望船「大歩危峡」、●日本で最も多い案山子の数(人口比)「東祖谷山名頃地区」
[牟岐町]●日本唯一シラタマモの自生地「出羽島の大池」、●世界最大のハマサンゴ(高さ9m、周囲30m)「千年サンゴ」
[吉野川市]●日本一の蛍学習・研究施設(1312㎡)「ホタル館」、●日本最大のオンツツジの自然群落(約1200本)「船窪つつじ園」、●日本で唯一、国の天然記念物に指定されているオンツツジ群落「船窪つつじ園」
[複数市町村]●三大流し踊りのひとつ「阿波踊り」[青森県の黒石よされ、岐阜県の郡上踊り]、●日本一の道中型盆踊り「阿波踊り」、●日本最大の川の中州の無人島(約500ha)「栗島(善入寺島)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

「世界一・日本一」としてコレクションしたが、検証の結果削除したもの

検証の結果、削除したものをその理由とともに、参考のために記す。

●日本初の石の美術館 「ストーンミュージアム」[高松市]
(削除の理由) 2015年12月に閉館

●日本最大の担ぐ夫婦獅子「冠纓(かんえい)神社」[高松市]
(削除の理由) より大きい三木町の天野神社大獅子が平成28年に雌獅子を作り、これが夫婦獅子でも最大になった

●日本一長いうどん 「与一の矢」[高松市]
(削除の理由) 製造中止

●日本最古の公共工事跡 「屋嶋城」[高松市]
(削除の理由) 確認できなかった

●日本最古の道路標識 「塩江町内」[高松市]
(削除の理由) 最古が確認できず

●日本一高い毘沙門天像「雲辺寺」 [観音寺市]
(削除の理由) もっと高い毘沙門天像が茨城県に建造された

●日本最大の民間コイン博物館 「世界のコイン館」[観音寺市]
(削除の理由) 尼崎信用金庫のコイン館が最大

●伊吹島のいりこは日本一の煮干 [観音寺市]
(削除の理由) 生産額、味ともに、見て確認ができない

●伊吹島の方言は日本で唯一平安時代からのもの [観音寺市]
(削除の理由) 見て確認が出来ない

●日本最大の石使用量の公園「瀬戸大橋記念公園」[坂出市]
(削除の理由) 日本一が確認できなかった

●日本最古の洋式灯台「鍋島灯台」[坂出市]
(削除の理由) 日本で最古でない。2番目。

●世界最大の道路・鉄道併用のトラス橋「与島橋」[坂出市]
(削除の理由) 関西国際空港連絡橋(2009年)ができ、2番に

●日本初のイルカ療法のNPO法人「日本ドルフィンセラピー協会」
(削除の理由)「NPO法人」という法人の形を見ることができない

●日本最大の野外音楽施設「テアトロン」
(削除の理由)日本最大は観客数が5万人の阿蘇「アスペクタ」

●日本一の孔雀園「小豆島孔雀園」[小豆島町]
(削除の理由) 2008年に閉園

●徳川幕府が大名に命じて作らせた最古の絵図[土庄町]
(削除の理由) 個人所有で見られない

●日本一美しい観音様「大観音」[土庄町]
(削除の理由) 大手旅行業者のパンフレットに記載があるが、美しいは主観

●日本最大の数珠「山之観音」[土庄町]
(削除の理由) 日本一でない(観光ガイド本に日本一の記載)

●日本で唯一の人形劇専門学校「パペットアーク」[東かがわ市]
(削除の理由) 2013年に廃校になった

●日本三大薬師のひとつ「田ノ口薬師」[東かがわ市]
(削除の理由) 確認できなかった

●日本最古の集石墓「成重遺跡」[東かがわ市]
(削除の理由) 高速道路下のため埋め戻されて見れない

●日本最古の方形区画遺構 「中ノ池遺跡」[丸亀市]
(削除の理由) 埋め戻されて見えない

●日本初の現代サーカス「瀬戸内サーカスファクトリー」
(削除の理由)常設施設が出来るのを待つ










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

[複数市町ー03]世界初の海を渡るトロッコ列車「アンパンマントロッコ列車」

K18kag03bs
休日などに運行されているアンパンマントロッコ列車は、世界初の海を渡るトロッコ列車である。

2006年(平成18年)にデビューした。トロッコ車両に乗車できるのは瀬戸内海を渡る坂出と児島間のみで、それ以外の区間ではトロッコ車両に連結されている通常の気動車に乗る。

所在地 JR四国 坂出~児島間
データ根拠 四国新聞「香川知ってるつもり」H27.09.13
写真は「無料写真」でネット検索したもの






| | コメント (0) | トラックバック (0)

[複数市町-02]世界初の振り子型ディーゼル車「JR四国2000系」

K18kag02as
1989年に開発されたJR四国車両の2000系は、世界初の振り子型ディーゼル車である。振り子型にすることでカーブが多い路線でも高速走行が可能になった。

所在地 JR四国 土讃線

データ根拠 四国新聞「香川知ってるつもり」H27.09.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[複数市町-01]国内で運行している車両で日本最古「琴電20型23号」

K1801s
琴電の「20型23号」は現在国内で運行する車両の中で最古。誕生は1925年(大正14年)。大阪鉄道(現在の近畿日本鉄道)から譲渡されたもの。

一時引退していたが、現在はファンの要望を受け、随時運行されていて、琴電のホームページで予定を見ることができる。

所在地 高松築港と琴平間
データ根拠 四国新聞「香川知ってるつもり」 H27.09.13
写真は「無料写真」でネット検索したもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

[エッセイ⑤]弥谷寺でお魚発見

私はナンデモ集めるのが好きである。好きというより、習性みたいになっている。それは投資対象になるような美術品とか、高価な古切手などではない。安サラリーマンだった私が投資なんて出来るはずがない。

私が集めているのは、日常生活をしていて集められるものに限っている。例えば、若い頃はタバコを吸っていたが、当時大量に出ていた全国各地の地域観光地がデザインされているタバコのラベルがあった。現在はタバコを吸わなくなったし、観光地が印刷されたタバコも販売されなくなったので、当然収集も中止しているが、現在そのときのものが806枚ある。このタバコラベルは東京神田の古書店で1枚100円で売られているのを見たので、処分せずに置いている。

また、喫煙者が多かったときには、喫茶店やレストランはどこでも店の宣伝を兼ねて無料マッチを置いていたので、それを集めていたときもある。高松市内の喫茶店だけでも1000個以上のマッチラベルを集めた。これをコレクションするために、電話帳で喫茶店を調べ、さらに市内住宅地図で場所を確認する。そして昼休みの1時間で、タイムランチで1店、コーヒーで別の店にいくために自転車で走った。あのときの若さとバカさは今ではなつかしい思い出だ。
現在60歳以上の人には、きっとなつかしいマッチがあるはずである。少なくとも高松市内のマッチラベルに限定すると、最も多い収集だと思っている。

他にもいろんなものを集めたことがあるが、途中でやめてしまったものも多い。例えば、街で無料で配っているティッシュペーパー。これに入っている広告は時代の背景を反映しているはずだと収集を始めたが、高松市でくれるのは都会と違ってサラ金のものがほとんどで、多様性を集めることの限界を感じてやめた。

収集の中には、物でなく写真で撮り集めているものもある。それは私の趣味の釣りから派生していることだが、市中にある魚の造形物の写真を撮ることで、単に絵が描いているものは除外している。気にかけてみると、魚の像は意外にたくさんある。店舗前だけでなく、橋の欄干やトンネルの入り口にもレリーフがあったりする。

比較的多いのは、民家の塀の上にチョコンと乗っているエビス像である。これまでに四国の中で塀の上にあるエビス像を約60個見つけた。エビスさんは必ずタイを抱えるが、それらのタイはさまざまな形と表情を持っている。

日本一を探して日本三大霊場のひとつである弥谷寺に写真を撮りに行く途中の道路で塀の上にチョコンと乗っている恵比須像を見つけた。弥谷寺では霊場にふさわしい魔崖仏にたどり着くには、駐車場から500段以上の階段がある。そこに到達するちょっと手前で振り返って下を見ると、お堂があり、その屋根に魚のレリーフがあった。意外性は面白さを増幅する。(平成29年6月記)

K17mit09qK1709


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧