« [東かがわ市ー02]日本最大の海水釣り堀「ソルトレイクひけた安戸池」 | トップページ | [東かがわ市-03]日本一低い山「御山」 »

2016年10月13日 (木)

[エッセイ③]孫と釣り体験

200円で小さなバケツいっぱいのペレットを買う。ペレットとは魚粉で作られた直径1センチくらいの小さな円筒状の養殖用エサである。孫のユーキ(11歳)とショーエイ(7歳)がひとつかみのペレットをイケスに投げ込むと、一瞬にして水しぶきがあがり、ハマチが争ってエサを食う。

その迫力に孫はタジタジになり、ペレットを投げ入れるときに腰が引けて恐る恐るになっているのがおもしろい。

ここはハマチ養殖を世界で初めて成功した香川県東部の安戸(あど)池で、自然海水池を利用した日本一大きい海水釣り堀があるほか、イケスにいる魚へのエサやり体験ができる。この迫力を目の前で見ることができるのに200円は絶対に安い。

エサやりが出来る隣のイケスで、釣りの体験もできると言う。貸し竿があって、安そうな竿の先に道糸を直接付けていて、8号くらいの大きなオモリの50センチ下にハリがある。

そのハリにペレットをつけてイケスに入れると10秒もしないうちに竿が大きく曲がった。まず先にユーキが竿を握ったが、体重をかけて踏ん張っている。釣りあがったのは30センチ弱のマダイ。

もし自然海でこんなに簡単に魚が釣れたら、釣りは趣味になり得なかったに違いない。釣れないときがあるからこそ、釣りの面白さが持続する。釣ったタイは1匹500円。それだけを払えばエサ代も貸し竿代もいらないので、エサやり体験と同様にこれも安い。

500円で強い引きを楽しめて、釣ったマダイを持って帰ることができるのだから、東京近郊なら3時間待ちの行列ができると思うが、私たちが行ったときは他に客はいなかった。

次は4歳年下のショーエイの番だが、ユーキが強い引きに堪えているのを見て、男の子なのにビビッている。「大丈夫だから」とお母さんに言われて竿を持った。エサを海水に入れて数秒で食ってきた。全身で魚の引きに堪える姿は、姉のユーキよりもサマになっている。

K1316
K13hig16q

この後、ここから車で西に20分くらいのところにある海水浴場でチョイ投げをすることになった。少し前に台風が来たので海が濁っていて、コンディションは良くないが、孫ははしゃいでいる。現在住んでいるアメリカから帰省したときは、ここでの釣りは最大の楽しみだという。孫達は腰をひねってきれいに30メートルほど投げる。上手である。そして竿先を見ながらいいテンポで引きずる。これも上手である。

2時間ほどで通称ネバゴチと呼んでいるネズッポ5匹、ベラ4匹、キス3匹。砂遊びをしながらなので、退屈することはなかった。濁った海でこれだけ釣れればいい方である。(平成25年6月記)

K13hig16rK13hig16s

|

« [東かがわ市ー02]日本最大の海水釣り堀「ソルトレイクひけた安戸池」 | トップページ | [東かがわ市-03]日本一低い山「御山」 »

日本一・世界一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [エッセイ③]孫と釣り体験:

« [東かがわ市ー02]日本最大の海水釣り堀「ソルトレイクひけた安戸池」 | トップページ | [東かがわ市-03]日本一低い山「御山」 »