2017年6月22日 (木)

私の釣魚のキープとリリース基準

Jcimg0081
私の場合、釣れた魚をキープするか、リリースするかをそんなに迷いません。その理由は、私にとってキープする基準があるからです。

釣りを始めた頃は「釣れた魚は何でもキープ」でした。それからしばらくして「大きい魚はキープ」になり、最近は別の基準があることに気がつきました。

キープするのは「その魚を我が家で食べるかどうか」。食べる魚はキープ、食べない魚はリリース。食べるかどうかの判断には、当然家の冷凍庫に入るかどうかも基準になります。

私と「山ノ神」の二人だけだと食べる量はしれているので、冷凍庫に入らない魚は結果として食べられないからです。だから、先にシメて釣り場でクーラーに入れた魚があると、その後にもっと大きい魚が釣れてもキープしないことがよくあります。

つづく・・・。

キープする基準には、もう一つあります。それは食べないかもしれないが、魚種名を正確に調べるためにやむを得ずクーラーに入れることがあります。

正確に魚種を調べるには、ちょっとした斑点や色などのほかに、背ビレや腹ビレの棘の数なども必要な条件のときがあります。そんなことは覚えておれないので、持ち帰ることになります。ふふ。

キープする理由がもうひとつあります。それは釣り団体の大会に魚拓として申請するためのキープです。申請魚は必ずしもおいしい魚とは限らない。何もなければリリースする魚だが、魚には申し訳ないが、魚拓にするためにキープしてしまうことがあります。

6月 22, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

高松駅前の海水池で・・・

Ecimg0244
横浜にいる大学時代の友人と飲むことになり、待ち合わせ場所が高松駅になりました。待ち合わせ時間より少し早く着いたので、海水池を覗きに行きます。

この池には、作られた当初はマダイの稚魚がたくさん入れられていたが、常識のない釣り人に釣られてしまったりしました。その後、釣り人がすぐ近くの港で釣れた魚を池に入れたりしていましたが、私は3年ほど行っていません。

覗くと何も泳いでいません。池をぐるりと反対側に回ってみると、大きなキュウセンが2匹。さらに小さいウミタナゴが3匹いました。ま、こんなもんやろなあ、と思っていたら意外な魚が泳いできました。

つづく・・・。

Ecimg0242
40センチくらいの魚2匹が近寄ってきたので、てっきりチヌと思いました。よーく見ると、先頭の1匹はコブダイで、同じくらいのチヌがそれを追いかけるようについています。

こんな池に40センチの魚が迷い込むことはないので、釣り人の誰かが入れたに違いありません。観光客らしい人が何人も池を覗きこんでいますが、魚は駅側にはいなくて、その反対側にいます。

もっとたくさんの魚がいれば新しい名所になりうるはずです。釣り人が頑張って入れましょう。ふふ。

6月 7, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

玄関が釣具でいっぱい

Gcimg0160
今度の日曜日21日は、四国磯連の大会です。私も2年振りに参加の予定です。前日には、適当なところで上物釣りで小物と遊ぶつもりです。

そのため、大会日のイシダイ釣りと前日の上物釣りの両方の道具が必要で、そのための準備も大変です。それぞれの釣り方で道具の準備メモを作成しているので、それを見ながら用意します。

釣り具は車庫と裏の庭にある倉庫、それに2階の私の書庫の3箇所に分散しておいているので、一旦必要な物を全て玄関に集めます。ふふ。

つづく・・・。

玄関が釣り具でいっぱいになるのだが、普段の出入りは車庫からしているので問題なし。ただ、来客がくると大変だが、老人二人の家にはそんなに来客がありません。ふふ。

日曜日の大会は迷ったが、私は深浦湾で竿を出すことにしました。渡船、ホテル、ウニの予約も終えました。これで釣れたらいいのだが・・・。

釣果の審査会場は宇和島市の津島支所。ここに大会参加者が集合するので、古川さん、藤森さん、前川さんらに最近印刷できた香川ギネスの配布をお願いするつもりです。

5月 19, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

トンビのすごい能力

Mcimg0019愛媛県愛南町に行って、納竿後釣り場で魚をおろすことにしました。キープしたヒブダイ4匹とグレ3匹です。これだけでも30分以上かかります。

魚をおろし始めると、頭上に黒い影が・・・。見上げるとトンビ数匹が低空飛行をしています。明らかにおろしている魚を狙っています。ヒブダイの頭を海に投げるが、頭はすぐに沈んでしまいます。

Mcimg0020そこで、大きな肝を頭から切り離して投げると、肝は浮かんでいます。その肝に向かって1匹のトンビが急降下してきてつかんでいきました。不思議なことがあります。

つづく・・・。

トンビの足は獲物をつかむために鋭い爪を持っています。その爪でつかむと柔らかい肝はぐちゃぐちゃになるはずです。それを柔らかいタッチで肝をつかんで飛び上がったのに驚きました。

グレをおろし始めると、いつのまにか全てのトンビがはるか上空に舞い上がっていきました。そして最後に残っていたヒブダイの肝を投げると、なかなか下りてきません。

Mcimg0021おそらく100メートル以上の上空を舞っていたトンビの1匹が回転しながら急降下してきました。上空から見ると、ヒブダイの肝は点にしか見えないはずです。すごい視力に驚きました。

4月 30, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

水族館をバーチャルリアリティ

Qcimg9887香川県高松市にはイオンが2店ある。このうち東店が3月にリニューアルして、バーチャルリアリティのコーナーが出来たのを知ってでかけました。

Qcimg988570才を過ぎたオジンでも、まだ好奇心はあります。映像には有料と無料があり、無料の中に水族館があったので、これを観ることにしました。

初期料金200円を払って、円形の椅子に座った後、係員がなんやらかんやら説明してくれます。なかなか難しいような気がしたが、実際にやってみると簡単。

つづく・・・。

イルカショーではカメラを観客の前に設置して撮っているのか、観客が私に小さく指差したりします。それはカメラに気がついての動作なのだが、私が観客に見られている感じ。

アマゾンにいるような色んな大きな魚が目の前をウロウロします。カメラを水槽の中に入れているので、映像を見ている私は水槽に潜って魚を見ている感じです。ふふ。なかなかおもしろい。

でも、短い映像です。今度有料の映像でも、釣りと魚に関するものがあれば是非見たいと思いました。

4月 29, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

スマホのアプリも使い方次第

Qcimg9884テレビで、スマホで写真を撮ればすぐに名前が分かるというアプリが紹介されていました。これが本当ならすごい。

釣った場所がタイ国なので、外国の魚まですぐに分かるとしたら、すごいことです。写真の魚の名前を検索しました。出てきた名前はクジメ。

これがクジメかよ。どうみてもハタ系の魚です。これがクジメと思う釣り人はだれもいません。ふふ。そのうち訂正が入るだろうと思っていたが、最後まで訂正されず。

つづく・・・。

名前を間違えるだけなら、どうってことはないが、もしこれが毒のある魚なのに、安全な魚の名前が出てきたら、とんでもないことになります。

この番組の詰めの甘さを感じました。ま、バラエティ番組だからいいか、と思うことにしたが、しっくりしません。これがNHKなら、まずないことです。だからといって、民放なら許せることではないと思います。このアプリは外国では使えないのなら、そのことをちゃんと放送しないといけません。

4月 16, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

スマホもいいかも・・・

Qcimg9879私の携帯はいまだにガラ系です。70才以上のオジンはこれでいいのです。どうせ電話にしか使わないので、これでOK。

たまに遠くに出かけているとき、潮の時刻や、ポイントの場所確認などでスマホがあったらいいかも、と思うことがないではない。しかし、今のところ、ガラ系で満足しています。

ところが3月末に観たテレビ番組の内容が、タイ国の無人島から3人3様で脱出する過程が面白かった。この中で使われたスマホアプリを観て、初めてスマホを買ってみようかと思いました。

つづく・・・。

それは魚探アプリとも言うべきもので、小さな球を海に浮かべると、その下にいる魚がスマホに映るというアプリ。仕組みは魚探だが、それがスマホに映る。

これを持っていれば、磯で全然アタリがないとき、魚がいないのか、それとも魚はいるが食い気がないのかが分かる。これが分かれば対応が楽になる。

しかし、魚がエサトリか本命魚なのかはまでは分からないので、エサトリの群れに驚喜することになるか。ふふ。

4月 14, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

すごい濃霧になりました

Pcimg9907今朝、起きて窓を見ると外が真っ白です。我が家は海に近いので、春には霧がかかることがちょいちょいあります。たいていは日の出とともに消えて行きます。

Pcimg9908ところが今朝は午前9時になって家を出たとき、まだまだ深い霧です。海とは反対側の方向にカメラを向けても真っ白です。高松港からの船に停戦勧告が発令されています。

いつまでも霧が残っているということは、風がない証です。風があると霧が飛ばされて晴れるはず。

つづく・・・。

こういう日は釣りに向いています。晴天よりも魚が安心して食ってくることが多い。若いときだったら、すぐにでも釣りに出かけたと思います。

ところが、この歳になると、釣りに行くにもよいしょの掛け声が必要で、準備も若いときのようにさっさと出来ません。前日から準備やっておかないと、釣りにも行けません。ふふ。

4月 8, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

魚の英語名 スパニッシュマッカレル

Ucimg9767テレビの釣り番組を観ていたら、フロリダで釣った魚の英語名が画面に出てきた。スパニッシュ・マッカレル。サワラである。

以前、釣り雑誌に投稿するときに魚の英語名を調べたが、なかなか難しいということが分かった。そんな中でサワラはスパニッシュ・マッカレルで間違いないようである。

Tcimg9791もともとマッカレルと言うのはサバのこと。それがサワラだと、なぜスパニッシュなのかは、調べたが分からなかった。

つづく・・・。

最も分かりにくかったのが、マアジ。ジャック・マッカレルとか、イエローフィン・ホースマッカレルと言う呼び名もあるらしい。

アジは世界各地に生息している魚なので、統一した呼び名があってもいいと思うが、日本名だって、日本で勝手に標準和名として決めているだけなので、「アジ」が世界で通用することはない。通用するのは日本に固有のアユだけである。

これと同じで各国で呼び名が違うことがあってもおかしくないし、各地にいる魚であればあるほど方言名があるので、なおややこしくなっている。

3月 22, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

新オープンの釣具店を見にいきました

Scimg9841高松市西隣の坂出市に新オープンした釣具店のチラシが新聞折込にありました。オープン2日後の昨日、行ってみました。我が家から20キロなので、そんなに遠くない。

開店15分後に着いたが、すでに駐車場がほとんど空いていません。どうにか空きを見つけて駐車。店の道路を挟んで反対側なので、そこから写真を撮りました。

目的はハリやオモリの小物道具が安ければ買うつもりだし、手袋、イカ釣り用のアジバッカンもいいのがあれば買うつもりです。だが、一番の目的は、この時代にオープンする釣具店の品揃えがどういうものにスペースを多く取っているかを見たい。

つづく・・。

2階建てで、結構多くの品揃えです。しかし、予想通りルアー製品が圧倒しています。その一つ一つが結構な値段です。エサ釣りよりもルアー釣りのほうが安くつくと思っていたが、ルアーの値段を見るとそうとも言えない気がしました。ふふ。

磯釣り製品は一揃いはありますが、イシダイ釣り用品はほとんど見つけることができませんでした。ま、時代はそういうことなんでしょうなあ。

3月 17, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

プリンターを買いました

Tcimg9793パソコンのプリンターは年賀状作りだけでなく、このブログを書くためにも必要不可欠です。香川ギネスへの申請で送ってきた写真をスキャンするにも必要です。

また、新しい釣り場に出かけるときもネットで調べた地図をプリントして持っていくことが良くあります。なんやかんやとプリンターは私の釣りに不可欠です。

ところが先日、「廃インクの吸収パッドが限界」というメッセージが出てプリンターが動かなくなりました。交換しないといけないのだが、使っているプリンターは古くて、メーカーのサポート期間が過ぎています。しゃーないなあ。

つづく・・・。

パソコン関係で困ったときは赤澤名工です。早速電気屋についていってくれて彼が「いい」という機種を購入。たくさんの機種があったが、私が驚いたのはその安さ。

今回買ったのはこれまで使っていたのと同じくエプソン製。値段は税別の1万7000円だったが、その場で負けてくれて税込み1万5000円。メーカーはインク代できっちり代金回収するつもりらしい。ふふ。

3月 3, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

今年の潮見表ゲット

Tcimg9797近くの釣具店で今年の潮見表をもらいました。今年はまだ一度も釣りに行っていないので釣具店に行く機会がありませんでした。これで一安心と思ったが・・・。

この潮見表には、満潮、干潮の時刻と潮位しか分かりません。欲しいのは月齢です。同じ大潮でも、満月か新月かで、イカ釣りには大きく影響します。メバル釣りにも影響します。

Tcimg9798そこで、この潮見表の大潮のときが満月なのか、新月なのかが分かるようにしました。満月には赤、新月には青で印をつけました。ふふ。

つづく・・・。

ところがもうひとつ必要な情報が抜けていることが判明。日の出時刻と日没時刻です。これがないと釣りの心構えがうまくいきません。

そこで、本屋で潮見表を探しました。毎年発行されているはずなのに、2~3軒行った本屋に置いていません。ちょっとあせっています。今度本屋チェーンで全国一の宮脇書店本店に行って探してみます。

3月 1, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

釣具店の広告ビラ

Ucimg9762釣りに関するファイルを整理していたら、「釣具店の広告ビラ」がたくさん出てきました。釣り具はどんどん進化するので、一昔前の釣り具を後で知るには、この広告が有効だと考えたので集めていました。

そのビラの中になつかしいのを見つけました。我が家に近い釣具店が新店舗を開店したときの新聞折り込み広告です。昭和57年4月23日開店なので、35年前のものです。ふふ。

Ucimg9763その1年後のオープン1周年記念の新聞折り込みもあります。先代の店主とは、この店に移る前の小さな店舗のときから、よく無駄話をしていました。

つづく・・・。

大きなビルの現在店舗に移ったとき、ポヤポヤと世間話しかしない店主かと思っていたが、商売というのはこういう風にして大きくなっていくもくなのかと、サラリーマンの私には畏怖の感じさえありました。

この広告ビラを現在の店主に見せるかどうか迷っています。ふふ。最近の釣具店は忙しさが目立ちます。見せても、「フーン」といわれるだけじゃねぇ。

2月 27, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

釣りのアイドル

Wcimg9723先日テレビを見ていたら、「歌って踊って釣りのできるアイドル」と言うのが出ていて、口あんぐり。アイドルの名前は「つりビット」。

Wcimg9724アイドルという存在が全く分からないオジンにとっては、、それが釣りをするというので、ますます分からなくなった。5人の少女が魚のぬいぐるみをぶら下げた竿を持って歌っています。ますます意味不明。

ネットで調べると、結構盛んに活動していることが分かる。テレビ、ラジオに数多く出演し、ライブ活動も行っている。どうやら本気らしい。なお、不思議。

つづく・・・。

「魚探倶楽部」というファン倶楽部があって、年会費5000円。そして私には全く分からないのが、ライブのチケット代金。ファン倶楽部の会員には4000円なのに、手売りは1000円。ファン会員には特典があるらしいけど、これまた意味不明。ふふ。

アイドルグループにとってセンターになるのが栄誉。その方法が釣りの実地試験などで決まるというが、以前釣り番組に出ていたのを見たが、わりとテキトー。ま、頑張ってください。オジンは何の貢献も出来ません。

2月 22, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

釣りの趣味は・・・

Cimg8137ふと気がついて、テレビでの釣り番組がどれだけあるかを調べてみました。すると、結構たくさんあります。我が家で見ることができる釣り番組は、NHKの「釣り人万歳」、民放の「四季の釣り」、「THEフィッシング」、「釣りごろ釣られごろ」、「だいちゃんの釣りに行こう」、「竹内大樹の爆釣り」、「夢釣行~一魚一会~」、高松CATVの「我ら海遊人」。

これに神戸のサンテレビで、「ビッグフィッシング」、「THE HIT」、「FISHING LIFE」、「ルアルアチャンネル」の4番組も見ることができます。

釣り番組は気が付いたときしか見ないので、これほどたくさんの番組があることを知って、ちょっと驚きましたわ。ほとんどが30分番組です。

つづく・・・。

これほど釣りの番組があるということは、それにスポンサーが付いていることを考えると、釣りを経済的に見ると結構繁盛していると言うことになり、私のこれまでの感覚と違う感じがします。釣りは徐々に衰退していると思っていたから・・・。

これだけたくさん釣り番組があるということは、釣りという趣味は他の趣味に比べてもたくさんの愛好者がいるということになります。

釣り以外にも囲碁、将棋、各種スポーツ、絵画、手芸、陶芸などなど、たくさんの趣味があるが、単一の趣味でこれほどたくさんの番組があるのは他にないと思います。どうなんかなあ。

2月 14, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

春が近いのか

Ucimg9745s我が家から100歩で着く潮入川沿いに、よく散歩します。必ず魚がいないかどうかを確認するのは釣りキチのサガです。ふふ。

3月以降の春には大型のチヌが良く見られ、それ以降もよく見ます。ところが11月中旬以降になると、急に見えなくなります。雨が降ると水が濁って見えないし、風があると水面が波立って見えなくなるが、実際にいなくなった感じです。

このチヌはよく見ることが出来るので、ときどきチヌ釣り狙いの人がやってきて竿を出しているのを見るが、その人を二度と見ないのは釣れないからだと思う。見えるチヌは簡単には釣れません。ふふ。

つづく・・・。

Ucimg9745s2しばらくは見えなかったチヌですが、1月下旬から時々見るようになりました。先日も数匹ずつの群れがあちらこちらにいます。全部で20数匹いました。サイズは30センチから40センチ弱。

宇和海では2月に入ると50センチ超のチヌがシーズンインです。この川でチヌを見るたびに宇和海に想いを馳せます。

2月 11, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

この時期でも魚種は豊富

Wcimg9702今日は、年に数回ある高松中央卸売市場の市民開放日。時々スーパーの鮮魚売り場を覗くが、この時期は魚種が少ない。仕方ないか、と思っていました。

Wcimg9709しかし、市場にはたくさんの魚種が並んでいます。アジが最も多いが、スズキ、チヌ、シタビラメ、ハギ、カサゴ、メバル、マゴチ、タチウオ、カレイ、ワタリガニなどなど。

Wcimg9701特に目に付いたのが、コノシロ。30センチ近いのが1匹100円程度。コノシロにこんな高い値段が付いていることに、コノシロ大好き釣り師としてはちょっとうれしくなりました。ふふ。

つづく・・・。

値段はスーパーよりも3割程度安い感じです。よっぽど買おうかと思ったが、おろすのが面倒です。以前来た時にはおいしいタコのてんぷらを売っていて、「山ノ神」にも好評だったのだが、今日は売っていません。

Wcimg9704_2ノドグロが9匹入った箱に3000円の値札。これは超安いと思ったが、よーく見ると1匹が3000円でした。たいていはトロ箱での値段だったので、ついこれも全部で3000円と思ってしまった。ふふ。

1月 28, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

我が家に最も近い橋の名前

Jcimg9541国道に掛かる大きな橋なら名前を覚えているのもあるが、市道に掛かる小さな橋の名前なんか気にしたことがないのが普通である。

我が家から100歩で小さい潮入り川があり、そこに小さな橋があるが名前を気にしたことはなかった。朝、散歩していて、ふと橋の足元に川の名前らしいものが書いている。

Jcimg9542「沙魚川橋」とある。「沙魚」はハゼの漢字のはずである。橋の反対側を見ると、そこにはひらがなで「はぜがわばし」とある。ふふ。

つづく・・・。

この地域は数十年前に干拓されてできた土地で、私が小さきときは枝状架式の塩田で、よく遊んでいた。塩水を溜めるための大きなコンクリートの貯水池にはハゼ科の魚がよくいた。

この橋を作った時にこのことが名前になったのではないかと思う。橋の名前に魚の名前が入っていることを発見しただけでこれだけうれしいのは釣りキチ病のひとつだろうか。

1月 20, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

ヨーロッパオオナマズはすごい、でかい

Hcimg958612月始めに見た釣り番組「夢紀行~一魚一会の旅」は、いろんな意味で久しぶりにおもしろい釣行記でした。

Hcimg9588Hcimg9589スペインのカタルーニャ地方での大ナマズ釣り。大きいのは100キロを超えるという巨大ナマズです。今回の番組でも40キロ、63キロ、67キロ、90キロなど、大きなナマズを釣っていました。冒頭の写真は同じ場所でのイギリスチームが釣った大物です。

1日に1度か2度しかないアタリをひたすら待つ。そして、ハリを掛けた後はひたすら強力な格闘。ナマズは歯がないので、ハリスが切れることはない。ただ、ひたすらリールを巻くだけ。私が驚いたのは、その釣り方。

つづく・・・。

釣りガイドがいて、ポイントを教えてくれます。そしてエサをつけたハリはガイドがゴムボートでポイントまで運び、そこに撒き餌をしてくれて戻ってきます。あとは、ひたすら待つという釣り方。

要するに釣り人は掛けたナマズをひたすら巻き取るだけのこと。釣り技術に関することは全てガイドまかせ。この方法なら何にも分からない外国でも釣ることができます。ナマズの引きに負けない体力さえあれば・・・。

1月 17, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

ジャーン。平成29年の釣り目標

Ika3034s平成29年も10日たったので、そろそろ今年の釣り目標を決めることにしました。昨年は釣行日数40日、釣魚数400匹、魚種数40、30センチ以上を30匹でした。

全ての項目でグダグダの結果になってしまいました。そこで、今年の目標をさらに引き下げるべきかどうか、ちょっと思案しました。

今年もいろいろあって、昨年以上の釣行が難しい感じになっています。本来なら目標値を下げるべきだが、あえて昨年どおりにすることにしました。ふふ。

つづく・・・。

目標なんだから、頑張らなくても達成できるものではいけません。ちょっだけ難しいのにするか、相当難しいものにするかの違いです。今年は相当難しい目標値にすることにしました。

それにもうひとつ。アオリイカの1キロ以上を釣ることも加えることにしました。大型イカのシーズンまでにはなんとか頑張りたいという目標値です。

1月 10, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

初詣

Ycimg96553日に八幡宮に初詣しました。若いときは紅白歌合戦を見た後の深夜に行ったりしたこともあつたが、そのときはすごい人混みで本宮前の階段がなかなか上れないほどでした。

最近は昼間に行くことになったが、今年はいろいろあって、3日になってしまいました。そのせいで参拝客も少なくゆったりとできました。

毎年昨年買った破魔矢持っていき、今年のものを買い、その後でおみくじを引くことにしています。今年のおみくじは末吉。ま、凶よりはいい。早速項目別の内容を確認しました。

つづく・・・。

Ycimg9653願望。早く宇和海や高知県に釣りに行きたいと思っていますが、「急には成り難し」とのこと。しゃーないです。じゃあ旅行。「思いきって行け」。ふふ。宇和海旅行には思いきって行けとのことと解釈。

そして方向。なんと「西南の方よろし」とあるじゃあーりませんか。やっぱり宇和海、高知西南部の磯の方向がいいとのご通達。ま、なんでも自分の良いように解釈すればいいことで・・・。

1月 5, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

Zhinode_4408明けましておめでとうございます。平成29年の新年です。平成は極々最近のことだと思っていたのに、もう29年にもなっていることに気がついて驚いています。ふふ。

昨年はいろいろあって釣りにあまり行けませんでしたが、それでも読者はあまり減少せずに読んでくれています。よっぽど暇な人が多いのか、はたまた私のブログが楽しいのか。

ま、冷静に考えるとどちらでもなくて、毎日ブログ記事を書いているので、読者の皆さんが一日のルーティーンとしてみていただいているのだと思います。ありがとうございます。読み続けていることに感謝。

つづく・・・。

今年も前半はあまり釣りにいけそうにありませんが、何とか近場の釣りとか、回文とかを怪聞にならないように書いたり、お魚が描いているマンホールの紹介などでお茶を濁しつつ・・・。

いえいえ、お茶を濁すなんてことは致しません。これからも読者の皆さんに元気が出るように、私の釣りの下手さをモロに出した記事にしていきたいと考えています。

今年もよろしくお願いします。

1月 1, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

今年のご愛読、ありがとうございました

Kasinoura3309今年も残すところ、数時間となりました。しばらくして国民行事の「紅白歌合戦」が始まります。歌そのものにはあまり興味がありませんが、見ていないと話題についていけないことがあるので「いつものように「山の神」と一緒に観るつもりです。ふふ。

今年の釣りは、いろいろあって満足に出来ませんでした。「いろいろ」であって、「エロエロ」ではありませんよ。とにかく今年の釣りは散々でした。

でもまあ、70年も生きていればいろいろなことがあります。釣りができないことが少しあったぐらいで、人生がそんなに狂うことは無いはずです。ふふ。

つづく・・・。

私のことが伝染したのか、今年の香川の大物ギネスへの申請数が例年に比べて少なかったような気がします。読者の皆さんはどんどん釣りに行って大物をゲットしてください。

狙いはフグ。現在の登録魚種は海水魚だけで170近くありますが、フグはクサフグを含めてほとんど申請がありません。是非、申請してください。ふふ。

12月 31, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

オキサワラ

Hcimg95785チャンネルの深夜に放映されている「今ちゃんの実は・・・」はよく釣りの話が出てくるので録画している。12月1日では、和歌山県でオキサワラを釣る話。

芸人のミサイルマンが釣り人だが、見事に14キロという大きなオキサワラを釣り上げる。釣り上げるまでその戦いぶりは、画面を通してもよく分かる。

私が驚いたのは、日本でこんなに大きなオキサワラが釣れたということ。和歌山県の人には常識なのかもしれないが、日本の海はすごいと思う。ただ、私もこの魚を釣ったことがある。

つづく・・・。

Cimg2507mアメリカフロリダのずーっと南のカリブ海の船釣りで釣ったもの。私が釣ったのは小さかったが、それでも引きはそこそこあった。

Cimg2475この経験からオキサワラは日本で釣れるというイメージが全くなく、今回和歌山県で釣れたことにびっくりです。

12月 30, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

小さな川にニシキゴイ

Hcimg9581高松市中心部を流れる御坊川にニシキゴイを見つけました。以前にもいたが、それは真っ白だったが、今回見つけたのは紅白。40センチ程度です。

Hcimg9582ここには黒いコイがたくさんいる。このときも30匹以上がいました。黒いコイは悠々と泳いでいるが、ニシキゴイは藻の下に隠れていて、時々出てくる感じ。目立つので鳥から逃れるために、小さいときから生き延びるための知恵なんでしょうか。

ニシキゴイが食べられやすいというのは、高松市の特別名勝栗林公園でも証明。一時3000尾いたのが700匹まで激減。鵜に食べられたということらしい。

つづく・・・。

このため、今年インターネットで資金募集をしたところ、目標額60万円に対し全国と台湾から250万が集まり、この資金でとりあえず今年は200匹を放流したという。鵜に食べられないように40センチ程度の鯉を放流。小さいのを放流してもすぐに食べられるからということらしい。だから、1匹あたりの値段も高い。

それにしても鵜対策は何とかならないものか。釣り人としてはいつも歯がゆい気がしている。鵜を保護することが自然環境を守ることなのか。

12月 27, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

来年のカレンダー

Hcimg9573今年も近くの釣具店が来年のカレンダーをくれました。「どこの会社のがいいか」と聞くので、毎年もらっているダイワさんのをもらうことにした。

ダイワさんのカレンダーは魚拓シリーズである。毎年同じ人が作った魚拓である。もちろんカラー魚拓でそのできばえは写真を超えている。

1ヶ月が1枚ずつになっているので12枚の魚拓が楽しめる。もちろん、その月にふさわしい魚種が選択されているので、それはそれで楽しい。

つづく・・・。

ただ、残念なことは、磯釣りに関するのがもっと多ければと思う。まず、イシダイがない。それにグレはあるが大きさを感じさせるものでない。

イシダイがないのは、釣り師全体から考えるとイシダイ釣り師が少ないということなので仕方がないことか。

12月 20, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

漁港は誰のもの

Jcimg9537毎朝、天気がいいときは家の近所をぶらりぶらりと散歩します。毎日少しずつ場所を変えます。このほうが見るものが新鮮でいい。

近くの漁港に行くと、巨大な網が長い漁港の岸壁を覆っています。網目が大きいので、魚を捕るものではなくて、ノリ養殖に使うもののようだ。こんな大きい目の網で捕れる魚は瀬戸内海にはほとんどいない。

私にはちょっと腹立たしい。網を踏んで歩くのは抵抗がある。かといって、網を踏まないことには海に近づくことができない。これが腹立たしい。

つづく・・・。

Jcimg9539折角海に散歩にきたのだから、釣り師としては岸から海沿いに歩いて小魚がいるかどうか確かめたい。だけど網のせいでこれができない。

港には多くの漁船があるが、これでは多くの漁師が不自由しているではないか。ここで釣りをしている人を時々見かけるが、この状況では釣りどころでない。

12月 18, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

来年の年賀状デザイン

Zimg133来年の年賀状のデザインを作ってみました。いつも写真を入れています。もちろん釣りの写真です。1年間に撮った釣り写真でもっとも気に入ったものを年賀状に入れています。

例年、イシダイ、グレ、チヌなど磯で釣れた大物をうれしそうに抱えた磯の上での写真にしていることがほとんどです。今年の写真は確かイシダイだったと思う。

今年はあまり釣りにいけなかったので、釣りの写真があまりありません。行った回数でいうと、サヨリ釣りが最も多い。

つづく・・・。

そこで、今年釣ったサヨリの中で最も大きかった35.5センチのサヨリの写真にすることにしました。この11月に家の近くで釣ったサヨリです。

ま、うれしそうな顔をしているので、年賀状にふさわしい写真にできそうです。ま、いいんじゃないでしょうか。ふふ。

12月 15, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

今年も残り少なくなりました。そこで・・・

Ncimg3698今年も残りが半月となりました。今年の目標のうち、どうにかこうにか達成できたのは魚種数30。と思っていたら、達成できていなかったのです。

目標は30魚種と思っていたが、40魚種でした。今年釣った魚種は31。これから9魚種も釣るのはちょっとというか、正直非常に難しいと思う。

やはり磯釣りに1回しか行けなかったのが、最大の理由。磯は多様なエサトリがたくさんいるし、意外な魚種にお目にかかる確率も、近場の波止よりは圧倒的に高い。1回だけの磯の上物釣りで、イシダイ、グレ、ヒブダイが釣れている。

つづく・・・。

この調子だと、釣行回数の40回、魚種数の40、30センチ以上の魚を30匹以上という、今年の3つの目標はすべて達成ができないことになります。ふふ。

笑っている場合じゃないが、自分できめた自分勝手な目標だし、自分がこのブログに書いたために恥をかくだけのことだから、どうってことない話ですわ。ふふふふ。

12月 14, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

今年の私の釣りを漢字で表すと・・・

Harisenbon7165今年の漢字は「金」。昨日、清水寺の貫主森清範さんが書きました。「今年の漢字」は日本漢字能力検定協会がアンケートで募集し、最も多い漢字が「金」だったとのこと。

リオの金メダル、政治と金問題、トランプの金髪が「金」が選ばれた理由とのこと。

さて、今年の私の釣りを漢字で表すのに最も適切なものは何かを考えました。毎年のことです。昨年の私の釣りは「脈」でした。脈釣り、人脈、脈絡のない釣りがその理由。

つづく・・・。

今年の私の釣りは「不」が、最もぴったりする漢字になりました。なかなか思うように釣りに行くことができなかった年でした。そのため、不完全燃焼、不服、不満、不十分、不足、不覚、不可逆、不振、不毛・・・。まだまだあるが、これくらいで勘弁してください。

ただ、こんなマイナス思考ばっかりだといけないと思い、「不」を使ってプラス思考になる熟語も探しました。ふふ。そして不屈、不抜を見つけました。どちらもくじけないという意味。来年はもっと頑張るぞー。オーオーオー。

12月 13, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

日経新聞を見て・・・

Cimg075910月上旬の日経新聞四国版を見て、ちょっと驚いた。記事の内容は高知県にある海釣り用ルアーメーカーが、新しく工場を作って、生産を倍増させるということ。

ディーパース・ファクトリーというルアーメーカーが高知県にあるということを知らなかったし、この会社がジグの販売では全国でもトップクラスだと書いています。

私はほとんどルアー釣りをしないので、最近のルアー釣りの盛況に興味が無かったことが原因です。いまだにガラ系の携帯で頑張っていてスマホのいろんな記事にもついていけません。エサ釣り師の世間知らずということでしょうか。ふふ。

つづく・・・。

記事には海釣り用ルアー出荷額が全国で400億円を超えていて、これは過去5年間で2割増とのこと。磯で撒き餌をしながらのエサ釣りは、若い人から見たら古臭い釣りなんでしょうか。

釣り雑誌にも磯でのルアー釣りの記事が増えているような気がしていたが、ルアー業界がこれほど活性化しているとは思ってなくて、釣り業界全体が低迷気味だとばかり思っていました。

12月 7, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

北西風が強いです

Kcimg9506南国四国の高松市でも、街路樹が赤くなりどんどん葉が落ちていて、道路沿いの家は毎朝その掃除に大変です。冬が近くなっていることを感じます。

先々週サヨリ釣りをしていて発見したウミタナゴの群れが目に浮かんで落ち着きません。そこで一昨日、釣りに行こうとエサを買いに釣具屋にいきました。北西風があると思ったが、家の前だと風をほとんど感じません。

ところが釣具屋の駐車場で車を降りて、びっくりしました。強風です。釣具屋は海に近いのです。しばらく、店の前で考えました。ふふ。

つづく・・・。

そして、どう考えてもこの風だと北西に向いている場所では竿を出せません。なので、静々と再び車に乗り込んで帰りました。若いときなら、こんなことは無かった。風があっても竿を出せば釣りにくくても、それなりに楽しさがあったからです。

Kcimg9502翌朝、家の近くの潮入川を見ると、強風で白波が打ち寄せています。こんな小さな川でこんな状況では釣りに行く気がしません。しばらく釣りはお預けになるのでしょうか。

11月 24, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

内藤さんから男女群島写真

Znaito2s金沢在住の内藤さんからは、1年に2回、「これから男女群島に行ってくる」。そして、「男女群島から今帰っているところ」と、車の中から行くときと帰るときはたいてい電話があります。

今回は50センチのイシダイ2匹を含めてイシガキダイとあわせて、11匹が釣れたとの報告。メールで送ってくれた写真を見ると、高級魚のアカハタも釣れています。

電話が掛ってくると、メールで写真を送ってくださいとお願いします。今回も4枚送ってくれました。

つづく・・・。

Znaita3sZmnaitao4s
残念ながら、釣り場で魚を抱えている写真はありません。ま、たいていの釣り師は釣れているときは写真よりも釣りに集中します。私のように、写真を優先するベテランはいませんわ。

今回のイシダイは、2本の竿を出してサザエのエサで釣れたとのこと。いろいろと工夫して釣り方が進化しているようです。ふふ。

11月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

サヨリ釣りで安心したこと

Ocimg9429先日、サヨリ釣りをしていてひどく安心したことがあります。今年に入ってから、視力ががた落ちした気がしていました。そのため、メガネを新しく買うなどしましたが、さっぱりよくなりません。

春に行ったサヨリ釣りでも、20メートル先のウキならまあまあ見えるが、30メートル先になると、ウキが2重ににじんでアタリがよく分かりません。さらに遠投するとウキがどこにあるのかさえ見えなくなっていました。テキトーに合わせていました。

これではサヨリ釣りの楽しさが堪能できません。「これからはサヨリ釣りをあきらめないといけない」と思ったほどです。
病院の眼科で見てもらいました。すると、「視力は1.5で、なんら問題ないと言います」。でも、見えないものは見えないんじゃあ。

つづく・・・。

「よく見えない」と訴えると、「しゃーないなあ。じゃあ、10分待ってください」といわれ、目に麻酔。10分後に別部屋で赤外線らしきもので目の表面を焼く、といいます。

下された病名が「後発性白内障」。以前白内障を手術していたが、その目の表面に濁りが出来ていると言います。その手術が5分。部屋を出た途端にまるで別世界のように何もかにもがくっきりと見えます。

そして、今回のサヨリ釣りでも、いくら遠投してもウキがくっくり見えます。アタリもちゃんと見えます。ふふ。よかったあ。

10月 31, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

市場の市民開放日

Pcimg9413朝食を食べてまったりとしているとき、「今日は市場の市民開放の日」だということを思い出しました。8時半からの開始と言うことは知っていたが、いつも午前7時半には入れるので今日も7時半過ぎに到着。

ところが入り口に係員がいて「8時半まで入れません」ととうせんぼ。「去年は入れた思うけど・・・」と言うと、「早く入った人が魚をどんどん買うので苦情が出て、時間厳守にした」とのこと。何事もつまらん苦情で融通がきかなくなることが最近特に多い気がする。しゃーないなあ。

そこで車に戻って45分間。やっと市場の中に入ると、人、人、人。時間厳守にしたことと関連しているのかどうかは分からないが、魚を売っている店が激減しています。そのせいで、なお混雑している感じ。

つづく・・・。

Pcimg9417まずは、魚の値段を見て行きます。活きた40センチくらいのチヌが1000円。高いのか、安いのかは分かりません。

Pcimg9415Pcimg9421ゲタ(シタビラメ)もたくさん売っています。ほどほどの大きさのが3匹で500円。これは安いような気がします。小さいのだと15匹以上で700円と安い。空揚げにするとおいしそうだが、今回はパスしました。

魚売り場を一通り見てから、野菜と果物売り場に行って見ます。すると、野菜売り場は大混雑。最近野菜の値段が非常に高くなっているせいかも・・・。

Pcimg9418Pcimg9419その近くで7~8人が並んでいるところがあったのでよく見ると、静岡産メロンの試食と分かったので、私も並びました。ふふ。よく熟していて甘かったが、味としてはどうなんかなあ。タダでもらって文句は言えません。

家に帰ってからもらったパンフレットを見て気が付いたことがあります。この日は年に一度の「市場フェスタ」というイベントで魚のつかみ取りがあったり、マグロの解体ショーがある日でした。私が午前7時半の朝早くから市場に入っていた日は、年に数回ある「市場特別開放」の日だったらしい。ふふ。

10月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

シリーズ「釣りの失敗談ー1」

Cimg6867 「日本企業の成功例を聞くのは誇らしいが、失敗談を聞くのは腹立たしい。企業人の成功談は参考になるが、失敗談はうら悲しい。一方、釣り人の成功談は聞き流したいが、失敗談はちょっとだけ楽しい」。私が作った格言です。ふふ。

というわけで、失敗談をシリーズ化したいと考えました。ま、最近はブログネタがチト不足気味になってきたからですわ。

失敗談ーその1
徳島県の鳴門市でポン級のアイナメ狙いで竿を3本並べていました。ポン級どころか、20センチ越えも来ません。だが新聞釣り情報を信じて待ち続けました。すると、いきなり1本の竿がグワーンと曲がりました。竿尻が浮いてもっていかれそうです。大物です。

つづく・・・。

すごい手ごたえです。こちらが強引に巻くと、じわりじわりと寄ってきます。だが、ハリス切れを心配して緩めるとものすごい力で引っ張っていきます。これは慎重にやらなければ、と思いました。

そんなやりとりを何度かしているうちに「どうも、変」と思い、掛かっているはずの道糸の方向を見ると、100メートルほど先の対岸に釣り人が小さく見えます。

そこの釣り場は入り江になっていて、対岸からも釣りをしています。その釣り人と仕掛けが絡んでいるようで、対岸の人も一生懸命やり取りをしているようで・・・。相手はまだ気が付いていないようだったので、思いっきり強引に引っ張ると相手のハリスが切れて寄ってきました。

「投げ釣りのときは対岸にも注意」

9月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

久しぶりに自分の名前で検索しました

Ucimg4323何年か振りに自分の名前でネット検索しました。すると、びっくりポンなことが・・・。びっくりポンはもう古いか。ふふ。検索して冒頭に出たのがこのブログ「四国は釣りの楽園・天国」。これは納得。

次に出たのが私の写真がズラーッ。その数、500件以上。何年か前に検索した時には、こんなものは出てきませんでした。これはどういうことなんでしょうか。不思議。

そこでどんな写真が出てくるのか見てみると、釣りブログに掲載した写真がたくさん出てきます。その中には私の写真ではなくて、ブログに掲載したいろんな写真が出てきます。

つづく・・・。

検索されたほかのものの中には、私がサラリーマン時代にやっていた役職や対外文書などが出てきます。

仕事関係は戸籍上の「谷口壽人」と、「寿」を昔の字体で検索しないと出てこなかったが、今回では「寿」も「壽」も同じとみなして検索されていることにもびっくり。検索システムはどんどん進化しているようです。

9月 25, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

釣り場での日の出写真

Zhinode_4386朝の5時半ごろに家を出て、いつものようにファミレスに行こうとするときが、ちょうど日の出の時刻です。すると、つい海から出る日の出を見たくなって、少し寄り道をして見に行きます。

私の家の近くの海岸からだと、この時期の日の出は屋島の中間から上ってきます。そのときに、美しく見えるかどうかの大切なことがあることがわかりました。

Yasima2366それは東の空に横に長い切れ切れの雲があると、朝日がその雲に反射してきれいに見えます。雲がないと反射するものがないので、あまりきれいでない。また、雲が大きくてもきれいでない。

つづく・・・。

なぜか、私は日の出が好きで、釣り場で見ると必ず日の出とか、夕日を撮ってしまいます。そのなかで、やっぱり感動的なのは、水平性の海から上がる大きな太陽です。

Zhinode_4408高知県や徳島県の磯に行くと、運がよければ太平洋のど真ん中から朝日が上がってくるのを見ることができます。だが、もちろん曇っていると見れないので、きれいな朝日を見れるチャンスはそんなにないのです。

9月 1, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

釣り学校

Tcimg4403テレビを観ていて、釣りのプロフェッショナルを育成する学校が出てきました。8月下旬にことです。大阪でのフィッシングショーでこの学校のパンフレットをもらったときにも、このブログに書きました。

テレビ番組の内容は、いろんな場所に訪れて「あなたはなぜ、ここに来たのか」を問うこと。

学生は釣りのプロになることを目指して一生懸命頑張っていることが分かりました。目標を持っていることもいいことです。ただ、ちょっと心配したことがあります。

つづく・・・。

この学校の授業料が1年間で119万8000円。1ヶ月が10万円です。専門学校としてこれが安いのか高いのかは分かりません。ただ、この学校に入るには経済的負担が相当なものであることには間違いない。

Tcimg4404そして、もっと心配したのは、テレビで「釣りのプロになると最高で6000万円の収入の人もいる」と言っていたこと。このご時世にホントかいな、と思う。アメリカのバスプロは年収が1億円を超える人が結構いるということは知っています。

だけど、日本で6000万円も稼いでいる人がいると言っていたのにはびっくりです。これを観て、若者がこの金額だけでこの学校に入らないことを希望する。

8月 29, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

昨日の海水温に驚いた

Tcimg4409香川県の地方紙、四国新聞には毎日、前日の四国周辺の海水温が掲載されます。それを香川県はもちろん、宇和海、高知県を含めて毎朝チェックしています。

そして、数日前から室戸岬の海水温が急激に上がっていることに気がついていました。そして、今日の新聞を見て仰天。なんと、昨日の室戸岬の海水温が42.0度。信じられませーん。

Tcimg44088月22日の掲載から、室戸岬の海水温を追ってみると、29.4度、30.8度、34.2度、そして今日の掲載が42.0度になっています。ふーっ。

つづく・・・。

42.0度といえば風呂の温度。それもぬるい温度ではありません。間違いではなかろうかとネットで検索して見たが、よく分かりませんでした。信じるしかありません。

これだけ海水温が上がると、そこにいる魚は全て煮魚になってしまいます。浮いてきた魚に醤油をかけるだけで夕食のおかずになります。と言うより、魚は全て逃げてしまい、全く魚がいない海になっているかもしれません。多分、頑張っても釣れないと思います。

南に向かっていた台風10号の影響だとは思うが、それにしても珍事としか言いようがありません。

8月 26, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

驚いたメバルの値段

Tcimg4381スーパーの鮮魚売り場で地魚コーナーを覗いて、あまりに高い値段なので驚きました。写真にあるように、メバル1匹が498円。税込みにすると540円です。

このメバルのサイズはだいたい17~18センチ。何で分かるかと言うと、私の手のひらを広げて親指の先から薬指の先までが丁度23センチ。

だから、手のひらを広げてそーっと魚に当ててみると、サイズが分かります。写真では尾っぽの半分は写っていないが、全体が出ているのがあったので測りました。

つづく・・・。

この時期のメバルは大きいのはいないのは分かるが、スーパーの値段札に「煮付けに、空揚げに」と書いています。空揚げを推奨するメバルなんだから、このサイズと納得しました。

1匹640円とすると、私が夜の脈釣りでいつも釣ってくる3匹だと2000円近くになります。暑いので、釣りにも行かず、こんなことばっかり考えて楽しんでいます。

8月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

高松市のサンポートで・・・

Ucimg4336「四国の中の世界一・日本一」で、高松市のサンポートの波止にある「全体が光る世界初の灯台」の写真を、今日の午前に撮りに行きました。駐車場から先端まで約15分。暑い。

本当は夜に光っているところの写真がいいのは分かっているが、以前夜釣りにきたときに撮った写真を見ると、どれもピンボケで、きれいに撮れていませんでした。デジカメでは限界があります。そこで、昼間の写真にすることにしました。

瀬戸内国際芸術祭が開催中なので、こんなにすごく暑い中でも観光客らしき人ががパラリ、パラリと歩いています。だが、釣りをしている人はいないと思っていたら、ひとりだけいました。

Ucimg4339波止の付け根で、大きなウキをつけてサビキ釣りをしています。この時期なら、アジ釣りのはずです。声を掛けました。

つづく・・・。

Ucimg4340やはり狙いはアジです。豆アジかと思っていたら、意外にも20センチくらいの大きさでした。20匹くらいがバケツの中に入っています。早朝の5時ごろから来ていたというので、5時間の釣果です。

「写真を撮ってもいいですか」と言うと、「こんな写真は恥ずかしいわ」と言われました。確かに、逆の立場だったら、私も同じことを言います。

私が声を掛ける直前に投げた仕掛けが根掛かりしたらしく、サビキ仕掛けの一番下のカゴが無くなっています。「もう、帰る」と言い、水バケツで海水を汲んでアミエビを洗い流します。これをやらないと、アミエビが腐って臭います。

8月 18, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

これだけ暑いと・・・

Ocimg0692連日の35度超え。これだけ暑いと磯に行く気になれません。釣り雑誌の釣りデータをめくってみると、真夏でもイシダイは結構釣れていることが分かります。

だが、スーパーの駐車場に車を止めてから中に入るまでの暑さでさえぐったりしてしまいます。灼熱の磯の上は想像するだけで、ぐったりですわ。ふふ。若さには勝てません。

昼の暑さがダメならと、夜釣りの脈釣りに出かけていたが、これとて夕方になっても気温が下がらないので汗を拭きながらになって、ちょっとだけイライラ。

つづく・・・。

こんなときはジーッと秋になるのを待つしかない。釣りを始めた30歳代の頃は暑さはなんともなく、ピンキス釣りに朝から夕方まで砂浜でいて、真っ黒になっていました。

もちろん若いときでも、暑さの中での釣りはクタクタになっていたが、一晩寝れば超回復。今は想像だけで疲れてしまいます。しゃーないなあ。 

8月 17, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

環境DNA

Ucimg4328石塚さんが面白いテレビ番組があったといって、DVDに録画して持ってきてくれました。NHKBS放送で7月17日の番組です。タイトルは「水の生態調査の大革命!環境DNA」。

環境DNAという言葉は新聞で何度も見たことがあったが、「どうせ環境の汚染物質のことやろ」ぐらいにしか思っていませんでした。だが、石塚さんが録画してくれたのをみて超びっくり。

海とか川とかの水中には生物の皮膚、粘液、糞などが溶けていていて、そこからDNAを抽出することができるという。そして、すごいことが分かるようになっているらしい。分析に使う水の量は大きなコップに一杯くらい。

つづく・・・。

水中に解けているDNAはすごく希薄なので、それを何百万倍にも増やす技術が確立された結果、そこにいる魚の種類やどれくらいの量がいるかが分かるのだという。

最近で分かったことの中に、グレのDNAが抽出されたところで、グレによく似ているが別のDNAが発見されてグレの別種がいる可能性があるという。

また、湾の中で、いろんなところで調べると湾のどこにどんな魚が、例えばアジがたくさんいるのかも分かるという。コップ一杯の水でわかる範囲は直径150メートル。

これが本当なら、今後の釣りが大きく変わる可能性がある。魚がいないところで竿を出すことの無意味が無くなる。ふふ。

8月 15, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

世界最古のナマズの化石

Vcimg4253「四国の中の世界一・日本一」に、世界最古のナマズ化石があります。さぬき市で発掘されたもので、最初はさぬき市の博物館に見に行き、写真を撮ろうとすると「撮影禁止」になっていました。

写真が撮れないのなら仕方なく、私の「日本一コレクション」から消すことにしました。ところがその化石の保存箇所が坂出市の「香川県自然科学館」に移っていることが分かったので、再度挑戦することにしました。

坂出市の五色台にある香川県自然科学館に行くと、「展示品は全て山の反対側にある『五色台少年自然センター』に移した」とのこと。こうなったらあきらめるわけにいきません。どうにかたどり着きました。ふふ。

つづく・・・。

ところが館内は真っ暗で展示室には鍵が掛っています。そこで所長室の部屋をノックして事情説明。すると、展示室も開けてくれて写真撮影も快くOK。ねばった甲斐がありました。

Vcimg4257そこで、撮らせてもらいました。職員も出てきて、レプリカではなくて本物を写さなくてもいいですか、とまでいってくれました。だが、一般の人が見れるものでいいと、レプリカの写真にしました。

8月 9, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

今日は土用の丑の日

Vcimg4247今日は土用の丑の日です。新聞折り込みのスーパーの広告にはすべてウナギが掲載されています。新聞記事には近畿大学が開発したナマズの蒲焼とか、ウナギの値段の高騰とウナギがにぎやかです。

写真はウナギの形をしたパン。「山ノ神」が友人からもらったもの。百貨店で買ったというから、ウナギなら何でもあり、という感じになっています。ふふ。

先日、我が家でもウナギの蒲焼をスーパーで買ってきたが、2000円弱と高い。釣り師として、「ウナギは釣ったらいいじゃん」と思っていたら・・・。

つづく・・・。

1週間ほど前、昔はよく磯にも行っていたという中華料理店の店主と話していたら、「今月はウナギ釣りばっかり。すでにウナギを10数匹釣った」と言います。

ポイント、エサなどを教えてもらったが、「おろすのが面倒」というと、「カッターでもいいが、文房具売り場にある小さい包丁がいいと見せてくれました。

さて、・・・。面倒さが抜けません。若いときなら、すっ飛んで行ったと思うけど。ふふ。

7月 30, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

涼しそうだったので、つい・・・

Xcimg4104スーパーをぶらぶらしていて、水羊羹を見つけました。数種類がありましたが、私の目に付いたのは写真の抹茶の水羊羹です。

このブログの読者なら、どうしてこれかは、分かりますよね。ふふ。アユが泳いでいて、抹茶の色が涼しさを表現しています。普段、水羊羹を買うことはないが、つい買い物カゴに放り込みました。

早速、食べたが普通の水羊羹。当たり前です。アユの形になっているところがアユらしい味とまでは言わなくても、特長のある味かと期待したが、期待するほうが無理か。

つづく・・・。

こんな調子で、外出するとつい魚の形のものがないか、知らずのうちに探してしまいます。最近だと、海水浴グッズのウキ袋の形がジンベイザメなど魚になっているものが、天井からぶら下がっています。

また、雑貨店にもいろんなお魚グッズありますが、ほとんどの似たようなものを持っているので、これを買う気がしません。でも、暇つぶしとしてはサイコー。最高か、それとも再考か。ふふ。

7月 29, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

驚いた、アオリイカの値段

Ycimg40996月下旬、録画していたテレビ番組を観ていて驚いた。東京湾にもアオリイカが定置網に掛かるという内容で、そりゃあ、東京湾にもアオリイカはいるでしょ。

アオリイカはイカの中でも超高級であることを何度も強調しているのは、一応のイカ釣り師としてはうれしい内容なので、フムフムと言う感じ。

ところが東京でのその値段を観て驚きました。なんと、1パイが1万1200円。ちゃんと値札に書いているのだから、ウソではないみたいです。ふふ。

つづく・・・。

テレビの画面ではイカの大きさは分からないが、それにしても1万円越えには驚きです。東京には金持ちがたくさんいるので、この値段でも買う人がいるんでしょうなあ。

Ycimg4100ついでに同じ番組でハゼのてんぷらが1匹1200円と出ていたことも驚きでした。四国の釣り師はどれだけ贅沢しているということか。

7月 19, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

これなら私にも・・・。

Cimg39896月の始めに放映されたテレビ番組「土曜プレミアム 世界謎解きアドベンチャー 巨大生物を捕獲」を見ました。その中に巨大エイがあります。

日本から芸人のザたっちが挑んで4メートル10センチの巨大エイを釣り上げます。それはそれで面白かったが、私には別の思いがありました。

それは、釣り上げるために現地人が50個のペットボトルをウキにしてそれぞれに仕掛けをたらしていて、その中のウキが沈んだら、そこまでボートで行って仕掛けの糸をリールの道糸に結んでから釣り上げるという方法。

つづく・・・。

ザたっちには申し訳ないが、いかにも釣りをしたことがないのが見え見えのへっぴり腰。時間を掛けてエイを近くまで寄せたら、たくさんの現地の人が協力して網ですくってくれていた。

これなら私にもできます。世界の巨大魚は多くの本やテレビで見てきたが、いずれも並外れた体力と辛抱が要るもの。とても私にはできないとあきらめていました。

だが、今回の方法なら私にもできそうです。ただ、こんなでかい魚を釣っても魚拓に できそうにないのが残念だけど。ふふ。

7月 5, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

楽しみなテレビの釣り番組

Ashizuri1287ネット検索をしていたら、NHKのBSで放映されている「釣りびと万歳」にたどりつき、今度の日曜日、26日午後5時半からの放送予定を見て驚きました。

Pcimg0640元プロボクサーの内藤大助さんが足摺の磯でイシダイを狙う内容です。そのことに驚いたのではなく、内藤さんの先生役が高知磯連の岡林土佐男さんだったこと。写真の左が岡林さん、右は別役さん。

内藤さんがNHKの番組で四国に来てイシダイを釣るときに岡林さんが先生になるという話は聞いていたが、それを聞いたのは2ヶ月以上前の話だったので、すっかり忘れていました。

つづく・・・。

岡林さんがイシダイ釣りの先生役をよく引き受けたと思いました。そりゃあ、岡林さんが超ベテランと言うことは知っていますが、芸能人を連れて行って釣らせることの難しさが分かるだけに・・・。

NHKのホームページで放送予定の写真に岡林さんがイシダイを釣った写真はあるが、内藤さんの写真はありません。もし内藤さんが釣らなかったら、こういうときに困るのはNHKもそうだが、もっと困るのは先生役になった岡林さんのはず。

そこの心理的なことがどういう風に編集されているのかが、楽しみです。

6月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

赤澤名工からイサキをいただきました

Ccimg4045赤澤名工が30センチ前後のイサキを8匹持ってきてくれました。半分の4匹を近くにいる石塚さんにおすそ分けしたあと、赤澤名工、石塚さんと近くの喫茶店に。

釣り好きが喫茶店に行くと話は当然釣りの話しかありません。今回くれたイサキは徳島県の日和佐沖で釣ったとのこと。大きなゴマサバが外道でたくさん釣れたが、全てリリースしたとのこと。光景が目に浮かびます。

私の分の4匹は、とりあえずお腹の中だけを出して冷凍庫に・・・。イサキの腹にはいずれも卵が入っています。おいしそうだったが、卵は全部捨てました。なんたってコレステロールが高い私には魚の卵はいけません。ふふ。

つづく・・・。

そういえば、私は磯で長い間イサキを釣っていません。スーパーの鮮魚売り場に行くと今回くれたくらいのサイズが1匹680円で売っているのをみて、「イサキって高いんやなあ」と思っていました。

やっぱり塩焼きにして食べることにします。しっとりとした身が塩と絡んでおいしいのです。昔食べた味を思い出してきました。ふふ。

6月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

父の日プレゼント

Ccimg404219日の父の日にクール宅急便が届きました。アメリカにいる娘の美穂からです。中身は魚の一夜干しです。

6つの魚種が入っていて、うれしいことにその中にノドグロがあります。ノドグロの旨さはよく聞くが、私はまだ一度も食べたことがありません。楽しみです。

Ccimg4039いずれも小さいので、朝食用に丁度いいサイズです。現在は脈釣りで釣れたメバルがあるので、これが食べ終わってからにして、とりあえず冷凍庫に入れました。

つづく・・・。

ノドグロ以外の魚種はマダイ、ウマヅラハギ、マアジ、イカ、カマスで、いずれも私の釣り対象魚としても比較的馴染みがあるが、どれも釣った魚を一夜干しにして食べたことがありません。

今回送ってくれたのを食べて、おいしかったら自分が釣った魚も一夜干しにしてみようと思います。

6月 21, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

三豊市の港で釣り人の締め出し

Gcimg3960香川県西部の三豊市の箱でサヨリ釣りをしていたとき、いつもは釣り人がたくさんいる箱港に誰もいません。サヨリが釣れないので、箱の港に場所変えするつもりで行きました。

Gcimg3962_2すると、「立ち入り禁止」の立て札です。「漁業関係者以外の立ち入りをご遠慮ください」とあります。「ウソだろ」と思ったが、車も入れないようにしています。

立て札には「三豊市港湾水産課」と「詫間漁業組合」の連名です。何があったのかは分かりませんが、なにか釣り人と漁業関係者との間でトラブルがあったに違いありません。

つづく・・・。

こういうとき、公的組織を持たない釣り人は圧倒的に弱い立場になります。釣り人に意見を聞かれるわけでもなく、「漁業者と港管理者が決めたことだから、文句は言えんぞ」と言っています。

だれか、立ち入り禁止になったいきさつをご存知方、教えてくれませんか。香川県釣り団体協議会としても考えないといけないような気がします。

6月 14, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

釣りは熱意

Fcimg3992今日の昼過ぎ、高松市のサンポート近くを車で通っていたら、釣り人が竿を曲げています。車を止めて車内からみていると、釣り上げたのはアオリイカでした。

それも大きい。1キロくらいあります。そこで、声をかけるついでに今年作った「香川の大物釣魚ギネス」をもっていきました。ギネスを見せると、「知っています。いずれはこれに登録する魚を1匹でもいいから釣りたいと思っている」といいます。ふふ。

釣り方はアジの泳がせ釣り。アジをどこで買ったのかを聞くと、西に40キロも離れた観音寺市の釣具屋まで買いに行ったとのこと。1匹180円。
私も高知県まで遠出した時には、これ以上の距離を走ってアジを買いに行くことはよくあるが、地元の釣り場ではその熱意が出ませんわ。

つづく・・・。

でも、若い釣り人は、1キロオーバーのイカが釣れ、「1匹でも釣れたら、元が取れた」と喜んでいます。やっぱり釣りは熱意がないとダメですな。

昨日も雨の中、香西の貯木場西岸にいってみると、中学生くらいの子供一人が合羽を着て、釣りをしています。「釣りがよっぽど好きなんやなあ」と声をかけると、ニコッと笑って「ウン」。

この子供にもギネスを渡して「フグでもいいから、申請してね」といいました。ゲームに明け暮れる若い人が多い中で、雨に降られながらオキアミのエサでぶっこみ釣りをしている若い人を見て、私も元気が出ました。

6月 6, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

40年前と今の自分(7)

Cimg8803s_3私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(7)

40年間釣りをしていて、変わったものの中に「釣り具の片づけ」があります。

釣りを始めた頃は竿を水洗いするとか、リールをウェットティッシュで拭くなどは一切していませんでした。それは、私が無精者であることが原因。

ただ、その原因以外に仕事で忙しい上に、休日には釣りに行かないといけないし、釣り雑誌社に投稿するための原稿を書くのに忙しいということもあったような気がします。

とはいっても、その気になれば釣り具を丁寧に扱うことはできたはずで、釣り場に着いてから小物の釣具が足りなかったり、リールのハンドルに不具合があったりすることがよくありました。

つづく・・・。

会社をリタイアした後は、釣行にする前に小物の道具を含めてすべてチェックして準備ができるようになりました。そのお陰で、釣り場で困ることがほとんどなくなりました。

リタイアした最大のメリットは、自由な時間が十分に取れることで、釣行前、釣行後の釣り具手入れとチェックができるようになったことでしょうか。

だから、釣りを始めた頃と今の自分との違いは、この点に関しては、私の感覚や態度の変化というよりは、自由時間の長さの変化です。

6月 5, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月22日 (日)

40年前と今の自分(6)

Cimg8803s私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(6)

40年間釣りをしていて、変わったものの中に「調理の仕方」があります。

釣りを始めた頃は、釣った魚の内臓を取り出した後は、水を流して洗うことをほとんどしていませんでした。それは読んだ本の中に「水で洗うと、切り口から魚の旨みが逃げてしまう」とあったからです。

当然、魚の生臭さが残ってして、自分でも食べる時に生臭いと思ったが、水でよく洗わないことがその原因だと気が付きませんでした。今から考えると、「山の神」が魚嫌いになったのは、それが原因のような気がします。

つづく・・・。

その後、魚の臭みは水で洗わないことが原因だと気が付いて、丁寧に洗うようにしています。そりゃあ、内臓の一部が残っていたら魚が臭いはずです。ふふ。

だけど、「魚の旨みが逃げる」って、何だったんでしょうか。切り身にしたものをじゃぶじゃぶ洗ってダメってことだったんでしょうなあ。

魚の臭みについては、釣った直後の魚の扱い方にも原因があったようです。クーラーに氷があれば、テキトーに魚を放り込んでおれば鮮度が保てると思っていました。

今は魚を保存袋に入れた後、できるだけ氷に密着するように入れています。何事もひとつひとつなんですかねえ。それとも私の雑、テキトーのせいか。ふふ。

5月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月17日 (火)

冷や汗が出ました

Scimg3602_2このブログにはデジカメが大活躍。デジカメがなければこのブログを読んでくれる人はいなくなると思います。私の文章力はそんなものなので、写真があることででどうにか、です。ふふ。

撮った写真をいつものようにパソコンに取り込もうとすると、読み込めません。何度やっても読み込めません。以前にも同じことがあったので、SDカードを確認すると、やっぱり磨耗しています。高知県や宇和海への釣行の後でなくてよかった。

これは買いに行かなくてはいけません。急いで近くにある大型電気店に駆け込みました。探しているうちに、ふと思い出したことがあって、買うのをやめました。

つづく・・・。

それは、昨年デジカメのバッテリー予備を買うつもりで同じ型のバッテリーを使う安いデジカメを買ったことを思い出したからです。そのカメラにはSDカードが入っているはず。

家に帰って確認すると、当然8GのSDカードが入っています。ふふ。これで買わなくてすみました。約1000円の節約ですわ。ふふのふ。

5月 17, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

40年前と今の自分(5)

Cimg8803s私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(5)

40年間釣りをしていて、変わったものの中に釣りをしている時間の長さがあります。

釣りを始めた頃は、早朝から暗くなるまで、精一杯釣りをしていました。ま、子供の遊びと一緒です。納得がいくまで、とにかく遊んでいました。

今から考えると、そんなに釣れているわけではないのに、どうして頑張ることができたのかが不思議な感じさえします。若かったので、体力、気力が十分だったのが理由のような気がします。

つづく・・・。

それに比べて、最近の釣りはあっさりしています。釣れていてもある程度の釣果があれば満足して、昼前であってもさっさと釣りをやめます。釣りがイヤになって止めるのではなく、満足して止めるのです。

高速道路を3時間以上走って行った宇和海の磯で竿を出していて、そこそこ釣れていても、昼が来ると「もういいか」と船頭に迎えの電話を入れることが多い。

30年以上釣りをしていると、状況に応じてある程度の釣果が予測できます。これからよく釣れるだろうと思っても、そんなに釣っても魚をおろす手間が面倒くさいと考える。

若いときは、とにかく釣れている間は釣りを止めることは考えられなかった。余裕なんですかねえ。退廃なんですかねえ。それでも現在のほうが釣りをより楽しめているような気がします。ふふ。

5月 11, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

チヌの産卵か?

Jcimg3886昨日、いつものように早朝ファミレスに行く途中、道路沿いの潮入り川で大きな水しぶきが何度も起きています。車を止めて、見に行きました。

ここは潮が入ってくる川なので、海水のはず。だからチヌの産卵かと思いました。でも、チヌが水面でバシャバシャと産卵するなんて聞いたことがありません。

Jcimg3887よく見ると、コイです。大きなコイがまとまって水しぶきを上げています。落ち着いて考えると、そこは潮が入ってこないように水門があるすぐ上流でした。ふふ。

つづく・・・。

Jcimg3846そういえば、2週間前にも違う川でコイの産卵があったのを写真に撮ったことを思い出しました。この川では産卵が終わったらしく、最近は水しぶきが見えません。

コイでも場所によって産卵時期が微妙にずれるらしい。同じ高松市内なのに・・・。

5月 7, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 5日 (木)

メバル釣果の値段

Jcimg3882スーパーに行ったとき、ついでに鮮魚売り場を覗きます。そこにメバル、カサゴをおいています。ふふ。それが18センチと、私が脈釣りで釣ったのと同じサイズ。

値段を見てうれしくなりました。380円。税込みだと1匹400円を超えます。3匹だと1200円にもなります。私が釣りをしていた時間を労働として考えると当然のことかも。

だが、私は楽しんで釣りをしていて、なおかつ1200円をもらった感じ。釣りはやっぱりいい趣味です。

つづく・・・。

たいていの場合、釣りでもエサ代以上の価値がある魚が釣れることはめったにありません。釣りの楽しみがあるので、釣れなくても等価のはずです。ふふ。

考えてみると、他にも趣味と実益を兼ねるものがあるが、たいていは実益のために趣味要素が後退しているのが多いように思える。釣りでも釣れなくなると釣りにいかなくなるのは、実益狙いなのか、それとも釣れないと楽しくないからなのか。

5月 5, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月28日 (木)

40年前と今の自分(4)

Cimg8803s私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(4)

40年間釣りをしていて、変わったものの中に大物に対する気持ちがあります。

釣りを始めた頃は、「大物は数撃ちゃ当たる」と思っていました。何度も釣行していると、偶然の確率で大物が来る可能性があると考えていました。

だから、大物を釣っている人は釣行回数が多いことがそれを証明していると・・・。ここでいう大物はイシダイだと70センチ以上、グレだと55センチ以上など、ホントの大物です。イシダイの60センチでも大物に違いないが、ここでいう大物ではありません。

つづく・・・。

ところが現在は「大物釣りは偶然の確率ではなく、戦略と努力の結果」と考えるようになりました。大物を釣っている人は決まっていて毎年釣っています。

これは偶然の確率だと考えられないことです。大物が釣れる狭いポイント、時期、潮を考えて釣行していると知ったから・・・・。そのうえで、釣行しても必ず大物が釣れるわけではないので、釣行回数が多いということも分かりました。

4月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

全日本サーフの会報を見て・・・

Ocimg3662めったに行くことがない我が家から遠い釣具店に行ったとき、レジカウンターの下に全日本サーフの会報が置いているのを見つけました。

店主に聞くと、「売り物でないので、もっていってください」とのこと。そこであった2種類をもらって帰りました。昨年の会報です。

中を見て驚いたのは、カレイ釣り大会の成績結果。これは私が所属している磯釣り団体での会報でも掲載していたが、サーフの成績は参加者全員なのかどうかは分からないが1位からなんと265位までの釣った魚サイズと名前、所属クラブ名とが掲載しています。驚きです。でもまあ、265位でも掲載されたらうれしい?

つづく・・・。

これは会報としての役割を果たしているともいえます。ちょっとだけ考えさせられました。ふふ。

他にも驚いたことがあります。魚別に大物申請ができるサイズが決まっているらしく、その大物申請があったすべての記録が掲載されています。その中で圧巻なのは愛媛の人が申請しているワニエソの数。

一人で1ヶ月に50センチ以上のワニエソを185匹も釣って全て大物申請しています。一月にですからとんでもない多さ。確か、全日本サーフでは申請するのに1匹当たりいくらかの申請料が必要だったはずで、もし1匹当たり300円だとすると申請料が5万円を超えます。全日本サーフ協会がお金を持っている理由が分かりました。

ワニエソを釣った釣り場は、私がイカ釣りによく行く宇和海の深浦が多い。私はワニエソを釣ったことがないので、一度ここで投げ釣りしてみようかと思いました。

4月 27, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木)

「関西の釣り」からワッペン他

Lcimg3790「関西のつり」社からワッペンとステッカーが郵送されてきました。同社は今月休刊をしたばかりなので、郵送費がかかるのにと、こちらのほうが気をつかいます。

雑誌は休刊にしたが、単独で出していて釣具店で売っているDVDや本などは今後も営業しているとのことでした。

私のクーラーにはいろんなステッカーを貼っていますが、もちろん私には思い入れが強い「関西のつり」のものを、最も目立つように、また数も多く貼っています。

つづく・・・。

そのことをブログに書いたとき、編集長がそれを読んで新しいクーラーを買ったときたくさんのステッカーを送ってくれました。実は、それがまだ残っています。

ワッペンについても、私は釣り服につけることをしたことがないので、釣り具メーカーのものも含めて10個近くいろんなものが残っています。どうしようかと・・・。

4月 21, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

釣り大会用賞品の数々

Lcimg381721日に香川県釣り団体協議会の総会があります。このときに昨年の暮れにダイワさんからもらった大会用の賞品を香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川バス連で分けるつもりでした。

ところがダイワさんにもらった賞品以外に、私が個人的にメーカーや協賛団体からもらったものも、ついでにこの日に配ることにしました。全てを加えるとすごい量になります。

こんなにたくさんの賞品を総会当日にひとつひとつ配るのは時間がかかります。当日はさまざまな議案の後、宴会があるのであまり時間がありません。ふふ。

つづく・・・。

そこで、私が勝手にエイヤッと賞品を見てどの団体に最もふさわしい品かをみてあらかじめ決めることにしました。そして、写真のように団体ごとに段ボール箱に入れました。

量的には見た目で違う感じがしますが、金額的にはほぼ同じようにしたつもりです。ま、団体の代表もタダでもらうので文句はないと思います。ふふ。

4月 19, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

私のマンホールの本がテレビに

Mcimg3765香川県の西日本放送から電話が掛かってきて、「マンホールの本を貸して欲しい」とのことだったので、本社まで持っていってあげました。

何に使うのかを聞いたら、ローカルの番組で使うとのこと。番組名を聞き忘れたが、西日本放送で作成している番組ってそうはないはずなので、調べると月曜日の深夜にそれらしきものがあります。そこで見当をつけてそれを録画。

後日その番組を観ると、ご名答。ふふ。「こちらハッピー探偵社」という番組で、高松市にあるマンホールについて調べています。

つづく・・・。

Mcimg3763
番組の最後のほうで脈絡もなくいきなり私の本を持った人が出てきて「こういう本を出している人もいる」との説明。私が貸してあげたので、ディレクターが気を使ってくれたような感じでした。ふふ。

Cimg5659s紹介されたマンホールは高松市に設置されているカラーマンホールだけでした。私だったら、絶対に紹介するハマチが入っている香川県のマンホールを番組で取り上げるけど・・・。だって、天皇陛下も出席したイベントの時に作られた珍しいものだから。

4月 15, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

ネコに注意

Ncimg3727宇和海の波止で活きアジを使ってのアオリイカ狙い。アジは情けないくらい痩せていておいしくなさそうです。その場所にはネコが3匹たむろしています。

Ncimg3723昼間だったのでいつもよりハリスを長くしていたのだが、それを投げようとするとき、ハリスが長いのでエサのアジは地面スレスレになります。

仕掛けを投げる瞬間に、後からネコのくせに脱兎のごとく走ってきて、エサのアジに飛びつこうとします。そのたびにひょいとアジを上げて、「シッ」と追い払ってから投げ直さないといけません。

つづく・・・。

気を付けていても、仕掛けを投げた時に知らない間にアジを取られたことが2回。よくまあ、仕掛けの掛けバリに掛からなくてよかった。猫を掛けたらはずすのが大変です。

Ncimg3728弱ったアジを横に置いてちょっと油断をしていると、さっときてくわえて逃げて行きます。よほど慣れている感じ。くわえて逃げるところの写真が撮れました。

ネコと遊んでいるつもりが、ネコにもて遊ばれた感じです。ふふ。

4月 14, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

スーパーの魚売り場見学

Ocimg3660Ocimg3659スーパーの鮮魚売り場をのぞきました。ここの店は魚の値段が安いことで知られています。

まず、確かめたかったのは高松中央卸売市場で見た大型のサヨリがあるかどうかです。ありました。35センチ以上の立派なサヨリが1匹150円で売られています。

ということは、市場で見た時に感じたとおり、大型サヨリのシーズンインかもしれません。私の釣り日誌でも丁度この時期に30センチ以上のサヨリを釣った年があります。ふふ。

つづく・・・。

Ocimg3661大きくておいしそうなイワシも1匹が100円程度で売られていましたが、私がびっくりしたのはそのすぐ横で売られていたコロダイです。

コロダイは磯で釣れる魚の中で最もまずい魚と、私が認定した魚です。このコロダイの30センチから35センチが2匹で398円。この大きさでこんなに安いということは、やっぱりおいしくないということなのでしょうか。ふふ。

4月 12, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

40年前と今の自分(3)

Cimg8803s私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(3)

40年間釣りをしていて、変わったものの中に天候に対する気持ちがあります。

40年前から30年前に掛けて、釣りにのめりこんでいて、とにかく釣りに行くことに燃えていた頃、釣りに行く日に「雨が降るとうれしい」と思っていました。

今ではとても考えられないことですが、ホントなんです。それは快晴よりも雨の日のほうが魚の食いがいいということもありますが、他に理由があります。

つづく・・・。

それは、雨が降ると釣りに行く人が少なくなり、釣り場がすいているということ。サラリーマン時代に釣りに行く日は休日になるが、いいポイントは釣り人で混み合います。

釣り場ではゆっくりと竿を出したいが、釣り人が多いと出来ません。ところが雨の日だと、たいていのポイントでゆっくりと釣りができます。そのポイントも今から考えるとたいして大物が釣れるところではなく、小物の場所です。

もちろん今は楽しい釣りをしたいので、釣れなくてもいいから晴れていて風が強くない日を選んで行きます。これはリタイアしたからできることでもあります。

磯釣りが好きな理由の一つに、磯に上がると釣り場を独り占めでゆったりと竿を出せることもあります。

3月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

自分の指をエサにする

Rcimg35922月に観た「マツコ&有吉の怒り新党」がおもしろかった。アメリカ南部での湿地帯でのサバイバル術の話。

道具がなくても活きていけるというサバイバルで、食料にするためにナマズを釣ると言う。もちろん竿や糸、ハリなどは全くありません。どうするのかと観ていると・・・。

自分の指を動かせてエサに見せかけると言う。ふふ。要するに指がルアーになるってこと。なかなかナマズが掛からないが、「わーっ」と声が出て・・・。

つづく・・。

大きなナマズが手に食いついてきたらしく、そのままつかんで引き上げた。大きなナマズである。こんな方法で釣りができたことにびっくりです。

しかし、手には噛まれて血が出ていました。サバイバル術とはそういうものなんですな。少々の血が出るくらいのことを気にしていたのではサバイバルになりません。ふふ。

3月 20, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

40年前と今の自分(2)

Cimg8803s_2私が釣りを始めた40年前と今の自分の変化です。

40年前と今の自分(2)

40年間釣りをしていて、魚に対する思いがだいぶ変わりました。特に変わったのが、エサトリに対する気持ちです。

釣りを始めた頃は、とにかくエサトリが憎くてイライラする対象でしかありませんでした。釣れると岩にたたきつけたりして、とくかく許せない存在でした。

つづく・・・。

ところが現在は、エサトリに対してそんなに憎さを感じないようになりました。釣れても岩にたたきつけたり、岩場にそのまま放置したりするような無意味なことはせずに、そっと海に戻します。

理由は自分でもよく分からないが、エサトリのキタマクラやスズメダイも、釣りの対象魚のイシダイやグレも、どちらも海の中で一生懸命に生きて行くために努力していることがなんとなく分かったからかもしれません。

現在の私にとっては、エサトリもリリースサイズのグレも同じ感覚になっています。ホントなんです。

3月 19, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

40年前と今の自分(1)

Cimg8803s現在私は71才になりました。竿を出していると、ふと42年前に釣りを始めたときのころを思い出します。

それは、あのころの釣り方が下手だったとか、未熟だったとかというものではなく、単に釣りを長く続けてきたことによる自分の中での変化についてです。

たくさんの変化があります。それをシリーズ化して書いていくことにします。ま、簡単に言えばこのブログネタが切れてきたということ。ふふ。でも、このテーマを自分では結構気に入っています。

つづく・・・。

40年前と今の自分(1)

28歳で釣りをはじめて、30歳代から釣りにどんどんのめり込みました。そして、そのころは「釣りに行くことが楽しくて仕方がない」ということだったが、最近は釣りに行くことよりも、「楽しい釣りをしたい」になりました。

長い間釣りをしている多くの人にはおそらく共感していただけると思う。仕事の合間を見つけて、休暇を取り、釣りに行くことに一所懸命だったが、リタイアした今はとにかく楽しい釣りをしたいに変化しています。

逆にいうと、今は楽しくない釣りはしたくない。若いときは炎天下で何時間もの小ギス釣りが楽しかったが、今思うとぞっとします。ふふ。楽で楽しい釣りがしたい。

3月 16, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月10日 (木)

魚拓の目

Scimg3598Scimg3599Scimg3600大きい魚が釣れて香川磯連に年間大物として申請するには魚拓が必要です。サイズが分かればいいので、いつも短時間でテキトーに作っています。

とは言っても目をキチンと丁寧に書くと、全体が汚くてもなんとなく見栄えがする仕上がりになります。そこで目は少し色をつけて書くことにしています。

今年使っているカレンダーが魚拓シリーズなっているので、これ幸い。魚拓の目だけを写真に撮っておくことにしました。ふふ。

つづく・・・。

グレ、チヌ、マダイと写真を撮りましたが、イシダイの魚拓がありません。イシダイ釣り師は全国的に見るとそんなに多くのないのかもしれません。

これは残念なこと。磯釣りと言ったら、まずイシダイ、次にグレだと思うのは昔の釣り師気質なんでしょうか。しゃーないなあ。ふふ。

3月 10, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

四国磯連から感謝状

Scimg36042月28日に四国磯連の総会がありました。私も参加する予定でしたが、ちょっとした手違いで不参加。そこで、参加していたイノちゃんが預かってくれたものがあります。

それは四国磯連からの感謝状。ふふ。役員を5年以上していた人にくれるものです。私は11年間役員していたが、今年やめるので感謝状です。

感謝状は欲しくないが、その副賞がうれしい。楽しみにしていました。それは土佐刃物の包丁です。毎年これなのでわかっていました。ふふ。

つづく・・・。

試しに包丁で紙を切ってみると、サーッと切れます。魚が簡単におろせそうですが、この切れ味がチト心配です。というのは、切れすぎる包丁を使うといつも指を切ってしまいます。

切れない包丁に慣れているので、つい力を入れて切ると、魚の身を通り越して指を切ってしまいます。分かっているので気をつけていても切ります。しゃーないです。

3月 8, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

釣り名刺を新しくしました

Zimg122私の釣り名刺には肩書きを3個並べています。香川県釣り団体協議会、香川県磯釣り連盟、高松黒潮クラブに関する役職ですです。

いずれも会長職をしていましたが、昨年から今年の1月にかけてすべて会長職を退きました。そして名誉会長という名誉らしくない肩書きをいただきました。ふふ。

そこで、この3つの肩書きを新しくした名刺をイノちゃんに作ってもらいました。これ以上肩書きが変更することはないと思ったので、一生分として300枚を作成しました。

つづく・・・。

イノちゃんから「できた」とメールが入ったので取りにいきました。よく出来ています。と言ってもデザインはこれまでどおりのイシダイです。何度見てもカッコイー。

私が新しく印刷するというので、同じクラブの三好さんも一緒にグレのデザインで新しく作ってもらうことになっています。

私の名刺の裏には、ブログ名などとあわせて自費出版本の紹介も書いています。ところがここに最も新しい「四国の中のマンホールをコレクション」を追加するのをすっかり忘れていました。しゃーないなあ。

2月 29, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日)

ウニといえば・・・

Ucimg3497Ucimg3498「ガイアの夜明け」という番組を観ていると、全国各地の地域特産品を集めて売り出す店の話がありました。まあ、内容としては、そんなに新しいことではない。

ただ、その中に熊本県浅草の特産品としてウニが出てきました。ウニは寒い地域の特産と思っていたので、どんなウニかと思ったら、ガンガゼウニです。

ガンガゼウニはイシダイのエサとしていつも使っている種類ですが、食べるウニではないと勝手に考えていたので、ちょっとびっくりです。ふふ。

つづく・・・。

テレビではそのガンガゼウニから生殖巣を取り出しています。私はウニが好きでないのです。というのはウニが溶けないようにミョウバンにつけるらしいが、それが変な味がするからです。

だから、ウニの産地に行ったら、そこでは食べてみようと考えていました。それがガンガゼウニが食べられるのであれば、今度イシダイ釣りに行ったとき、食べてみる楽しみが出来ましたわ。ふふ。

2月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月27日 (土)

アオリイカの型

Scimg3579Scimg3580毎週録画して観ている「今ちゃんの実は・・・」と言う番組。2月中旬に芸人のミサイルマンが和歌山県でアオリイカを狙う番組がありました。

「和歌山県のこの時期にだけやってくるレッドモンスター」といういかにも仰々しいタイトルはバラエティ番組としては仕方ないことだが、それがアオリイカとは想像ができませんでした。

その中で、アオリイカにはクワイカ型、シロイカ型、アカイカ型の3種があることを初めて知りました。この中でアカイカ型は巨大になるといい、番組の始めに観た魚拓がおもしろい。

つづく・・・。

アカイカ型は本来熱帯性で深いところにいるらしく、四国で釣れるのはほとんどイロイカ型らしい。だが、徳島水産試験場のブログにアカイカ型が取れたという記事があったので、四国での可能性は皆無ではないようです。

そういえば黒潮が直接当たる高知県西部の古満目港で4キロ級が毎年のように釣れたと、釣った地元の釣り人本人から聞いたことがあるがひょっとしたらアカイカ型だったのかもしれません。想像ですけど・・・。

2月 27, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

クエ釣り漁師

Tcimg3551和歌山県はクエで有名です。日高町にはクエの祭りがあり、本物のクエを担いで神社に奉納する祭りをテレビで見たことがあります。

クエの造形もあって、機会があれば私もその祭りを見たいと思っていたが、今回の話題はそこでのクエ専門の漁師のこと、和歌山県で唯一のクエ一本釣り師だそうです。

これを見たのは、テレビの「たけしのニッポンのミカタ」という番組です。実際に漁師の船に乗って撮影ですが、海が荒れた日は釣れないので出漁せず、何日もチャンスを待ちます。

つづく・・・。

Tcimg3553


6日間待ってやっと釣り上げたのが8.5キロ。地元の民宿にキロ当たり8000円で売って、6万8000円の収入。だが、エサは活きアジを使って釣るアオリイカなので、イカが釣れないとクエ釣りができないとのこと。

こんな厳しい釣りの漁師をやっている人がいることに、尊敬の念をこめて驚きました。それにクエ釣りに最高のエサは活きたアオリイカということも知りました。

こんどアオリイカが釣れたら、それをエサにして仕掛けをぶっこんでみますかねえ。ちょっともったいないなあ。

2月 25, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

釣行のガソリン代

Vcimg1452昨年は愛媛県の宇和海や高知県西部にアオリイカ狙いで行くことが多かった。高松の自宅を出て帰るまでの走行距離はだいたい700キロ程度になります。

私の車だと、市内だけだとリッター当たり7キロ程度だが、長距離を走ると平均的にリッター当たり10キロ程度なので1回の釣行で70リットルのガソリンが必要です。これが1年だと10回いくとしたら約700リットルということになります。ふふ。

最近、ガソリンが値下がりしています。都会では100円を切っているところがあるようだが、高松市だと現在110円程度です。

つづく・・・。

700リットルの110円だと7万7000円。昨年の平成27年1年間のガソリン代に使ったお金は25万円弱。その1年前の平成26年は40万円弱でした。

昨年当初のガソリンは1リットル当たり、最も高いときで164円。今年は100円程度になるとしたらもっと少なくてすみそうです。政府は物価上昇が起こらないと心配しているが、年金生活者にはありがたことですわ。ふふ。

2月 24, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

まだまだ知らない釣りがある

Zucimg3493外国にはとんでもない超々大型の釣り魚がいることは随分知られてきました。開高健さんのオーパや松坂實さんの大型ナマズ釣行記などの本が出てからのことです。

その多くはビラルクなどアマゾン流域やタイ、ラオスなどのメコン川での大型ナマズや淡水エイ、アラスカのオヒョウ、キングサーモンなどで、これらの魚の釣りはなんどかテレビで観たことがあります。

ところが1月の末に観た「大陸横断アドベンチャー 巨大危険生物を捕獲せよ」という番組でこれまで見たことがない巨大魚の釣りがありました。

つづく・・・。

それがカナダ西岸で狙うチョウザメです。チョウザメと言えば卵がキャビアで、テレビで観る採卵の大きさはせいぜい1メートルちょっとと言う感じでした。

それが今回狙うのは3メートル級のチョウザメというタイトルだったので驚きました。この番組で釣り上げたのは2メートル42センチ。チョウザメがこんなに大きくなる魚とは知らなかったし、ましてや釣りの対象魚になるとは全く知りませんでした。

世の中にはまだまだ私が知らない釣りがあるようです。

2月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月)

夜釣りでの自撮りテクニック

Tcimg3071私にとって夜釣りで困ることがありました。このブログ用の写真を自撮りすると、カメラの焦点が全く合わないのです。デジカメが狙う私とか魚が真っ暗なので仕方ありません。

このため何度撮ってもピンボケばかり。もちろん努力をしました。ヘッドランプをカメラのレンズに当てればいいのではないか。それは全くダメでした。

次に試したのがヘッドランプのライトをカメラのレンズに直接当てずにちょっとだけずらしたら焦点が合うのではないかと・・・。これもダメ。何度も何度もシャッターを押してその中から比較的ボケが少ないものを縮小して、このブログにアップしていました。ところが大発見。ふふ。

つづく・・・。

Tcimg3523簡単なことです。釣った魚を手に持って、そこにヘッドランプを当て、デジカメのシャッターを半押しすると、焦点の距離がが合った合図のピッと言う音が出ます。

そのままヘッドランプを消すなり、方向をカメラ以外に向けてシャッターを押すとバッチリ。なんでこんな簡単なことに今まで気が付かなかったのか。ふふ。

2月 22, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

再び外来魚問題

Zbluegill_lepomis_macrochirus1月28日付のヤフーニュースに「世界最大級の淡水魚、在来種襲う」というタイトルがありました。

その内容は「アリケーターガーなどの大型外来魚が日本固有の在来魚を食い荒らす被害が深刻化している」ということで、ペットとして飼われていたのが放流されたらしい。

ワニのような大きな口と鋭い歯を持ったアリゲータガーはペットショップで売られているのは15センチだが、1年で50センチ、成魚になると最大3メートルになるとのこと。これじゃあ、家で飼えませんわ。

つづく・・・。

かといって、放流せずに殺せるかと言うと、かわいそうなので近くの川に逃がすということになるものと思う。買う前にこの事態が予想できるはずだが・・・。

ブラックバスのときは大騒ぎしたが、このガーについても環境省は輸入と飼育を禁止する方針を固めたらしい。もっと早く決めろや。環境省は後追いばかりの政策になってませんか。ま、この魚がブームになったときは環境省はまだなかったか。ふふ。

2月 21, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

川遊びの新しい発見

Xcimg3414Xcimg3415テレビの衛星放送で映画「釣りバカ日誌」が放映されています。その映画が始まる前に釣りバカ日誌とは関係のないちょっとした前段があります。

シリーズ3の放映前にあったのが、俳優の中本賢さんの川遊びがありました。長い間この遊びをやっているらしく、手馴れた感じでやっています。

川を上っていきながら、浅くても小魚を捕らえます。それを小さな水槽に入れて魚を横から見て観察。それも楽しそうです。孫が里帰りしてきた時に楽しめそうです。ふふ。

つづく・・・。

そのやり方は流れに網を突っ込んで、網の上流側の小石を足でガサガサと掻き出すと、小魚が網に入るという簡単な方法。中本さんはこれを「ガサガサ」といっています。

水深はなくても良さそうなので、我が家の近くにある川でも楽しめそうです。これまでは川に入らないで石をひっくり返すことはしていたが、川の中に入ればもっと楽しめるかもしれません。ちょっと大変かな。

2月 19, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

色コイの戦略か

Ycimg3388毎日のように通る小さな川にコイがたくさんいることは、これまでに何回か書きました。その中に真っ白い錦ゴイがいるのを時々確認していました。

しかし、それを見るのは1ヶ月に一度程度なので不思議に思っていました。というのは、コイがいるのはせいぜい2畳程度に少しだけ深くなっているところに集まっています。

その場所の上流下流ともすごく浅くて、雨の後で水量が多くなった時にしかコイは移動できません。それなのに雨が降らなくてもいたりいなくなったりしていました。

つづく・・・。

Ycimg3389そして、発見。たくさんのコイがいる深みの暗いところにひっそりといます。たくさんの黒いコイは上流から流れ込んでくるところに集まっているが、この錦ゴイは反対側のよどんだところでジーッとしています。

色が目立つので生き延びるための戦略なのでしょうか。なぜかかわいそうになりました。このコイは飼われていたのが放流されたのか、それとも逃げ出したのか。黒いコイは丸々と太っているのに、白いコイは痩せているようにも見えます。ふふ。

2月 17, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

タコのメモ

Xcimg3410私は筆記具にそれなりのこだわりがあります。それも書く対象によって筆記具を使い分けています。その中の一つ、太字の水性ペンがなくなったのでイオンに行きました。

私が最もよく使う三菱鉛筆のユニボールeyeはイオンにはないので遠くの文具専門店で1ダースずつを買ってきますが、太字ペンはイオンに置いています。

ここの売り場にあった3個全てをレジにもって行き、「これ以外に在庫のないのか」と聞くと、「ない」。しゃーないので3個だけ買いました。ふふ。そして、帰る途中にメモ帳があります。

つづく・・・。

Xcimg3412メモ用紙は自分で作っているので必要ないが、タコの絵柄に目が引き寄せられました。ふふ。中を見るとすべてのページに表紙と同じ図柄が印刷されていて楽しそうです。

それに安い。88円。試しに1個買いました。こんなものかって、使うのか、自分でも疑問ですけど・・・。良いんじゃないでしょうか。ふふ。

2月 16, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

メーカーからの協賛品がどっさり

Ycimg3351釣り具メーカーのダイワの四国事務所が昨年なくなり、大阪の事務所に統合されてしまいました。その後、大阪の事務所と何度もやり取りをしました。

そして、たくさんの釣り大会用の景品を送ってもらえることになりました。昨年暮れのことです。送ってくれた品が写真です。大きな段ボール箱にいっぱい入っていました。

私の交渉努力の結果です。ふふ。香川県釣り団体協議会として送っていただいたので、これを今後構成団体と分けたいと考えています。

つづく・・・。

これを分けるのは毎年4月から5月に開催している香川県釣り団体協議会の総会で行ないたいと思います。その間、我が家の書斎に置いていますが、正直ちょっと邪魔な感じです。

香川県釣り団体協議会の皆さん、総会を楽しみにしていてください。ただ、むやみに配るのはだめで、ダイワさんにも活用結果を報告したほうがいいので、今後どうするか考えたいと思います。

2月 15, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

「四国の中の世界一・日本一」の名刺受け取り

Xcimg3419四国にあるさまざまな世界一や日本一をこれまで300個以上集めていて、現在その確認作業に没頭しています。これが大変なんです。

新聞に掲載されていても、既に閉館されていたり、そのものがなくなってしまっているのもたくさんあります。その確認はもちろんネットでしますが、写真を撮りに現場に行くと「ありません」というのも・・・。

現場に行って写真撮影の許可を得ようとすると、不審者扱いの目にあいます。そこでマンホールコレクションの時にも役に立ったように名刺の作成をイノちゃんにお願いしました。ふふ。

つづく・・・。

名刺は2種類です。
1つは誰でもが知っている世界一の写真を4県一つずつで、世界一狭い海峡の土淵海峡、世界一大きい狸の像の金長たぬき、世界で唯一鍾乳石と同化している土器の「神の壺」、世界初の三連吊り橋の来島大橋です。

もう一つはあまり知られていない日本一の写真で、日本一深い井戸がある丸亀城、日本最大のコンクリートアーチ橋のへそっ湖大橋、日本一高い銅像の竜馬像、宇和島市にある日本一大きい石造りの鳥居です。

Cimg9449本当は日本一大きいカサゴの石像の写真を入れたいと思ったが、公認でないのでもうちょっと調査が必要なので、残念ながら今回は入れないことにしました。ふふ。

2月 10, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木)

日本一の絵馬にお願いを書いた

Vcimg3447香川県東かがわ市の白鳥神社に、毎年日本最大の絵馬が奉納されます。地元の人によるもので、高さ5.5メートル、幅7.5メートルです。

今年も奉納されたと新聞に掲載されたが、1年中置いているわけはありません。「四国の中の日本一」の写真が撮りたいので、神社にいつまで置いているのかを電話で聞きました。

すると、この日曜日7日の午前中になくなるということなので、急遽写真を撮りに行きました。予想していた以上に大きい。私を入れて写真を撮ったのでその大きさが分かると思います。ふふ。

つづく・・・。

この絵馬には自由に願いを書き込めるので、絵馬全体にびっしりと願い事が書き込まれています。受験合格とか、家内安全などが圧倒的に多い。中には「お金」と不謹慎なものも。

Vcimg3445私も願い事を書くことにしました。「大物チヌ、大物グレ、大物イシダイ まとめてお願いします」。ふふ。絵馬が大きいので、欲張ってお願いしました。

2月 4, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

四国の中の日本一コレクション名刺

Zimg113現在、寒くて釣りに行けてないが、実生活は無茶苦茶忙しく過ごしています。というのは、マンホール探しの後、これまでも何度か書きましたが、「四国の中の世界一・日本一」のデータ整理に取り掛かっています。

新聞には日本一と掲載されていても、その後なくなっているのも少なくありません。折角現場に行っても「現在は有りません」といわれるとがっくりきます。

ただ、現場に行って「写真を撮らせて下さい」とお願いすると、明らかに不審者扱いの目で見られます。ま、確かにそれは仕方ないことだと分かります。ふふ。

つづく・・・。

そこで、マンホールコレクションの時にもイノちゃんに作ってもらった名刺が非常に役立ったので、今回も世界一・日本一の名刺のデザインをお願いしました。

4県それぞれで世界一の写真を入れたものと、あまり知られていないが日本一のものの2種類を作ってもらうことにしました。そしてできてきたのが6つの案があって、写真はその中の一つです。

Cimg6774写真に私が思っている「日本一大きいクエの像」を入れたいと思ったが、公的には誰もそのように言っていないので、今回の名刺デザインには残念ながら入れませんでした。自費出版本には入れるつもりです。ふふ。

1月 29, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

潮の香りは?

Dgcimg319612月にテレビ東京の「答えられないと恥ずかしい ありえへん世界 衝撃映像&裏ニュース」を観ていてびっくりぽん。

さわやかな潮の香りの原因が、植物プランクトンの死骸だといいます。だとすると、これまでさわやかに思っていた匂いが、死臭ということになります。

長年海の近くで住んでいた私にとっては、すごくショック。インターネットで調べるとこのことがたくさん書かれていて、知らなかったのは私だけの気分になりました。ふふ。

つづく・・・。

植物プランクトンがもともと少ない南洋の海では潮の香りがしないとのこと。あまり意識していなかったが、言われればカリブ海では潮の香りが全くしなかったような・・・。

最近では我が家の近くの瀬戸内海でも昔ほど潮が匂わなくなっている気がします。瀬戸内海がきれいになりすぎてノリの育ちが悪くなっているという新聞記事もありました。なんだか、寂しくて複雑な気分です。

1月 28, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

ウニにブクブクが有効

Dbcimg3320イシダイ釣りのときに使うウニにはブクブクが必要だと秋ヤンが教えてくれました。昨年の香川磯連での忘年会でのことでした。

それまではウニを入れたバッカンの海水を、何度か変えるだけでしたが、最後にほとんどのウニの棘が取れて坊主になってしまいました。釣り場が海面より高いところだと海水を入れ替えるのは大変な作業になるので、つい面倒になります。

昨年の暮れにイシダイ釣りに行ったとき、秋ヤンが教えてくれた通りブクブクを弱にして試してみました。ブクブクはイカ釣りに使っているので、共用できます。ふふ。

つづく・・・。

すると、これが効果絶大でした。最後までウニは元気です。ブクブクが有効だとは思ったが、これほど効果があるとは思いませんでした。

ちょっと分かりずらいが、冒頭の写真で左のほうにいるウニは元気いっぱいで、右のほうにいるウニは少し元気がなくなっていますが、ブクブクを入れたのが左のほうだったからだと思われます。ウニは酸素不足に弱いらしい。

1月 26, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

今年のカレンダー

Ycimg3374私がほとんどの時間を過ごす部屋には、毎年釣具屋でもらうカレンダーをかけています。今年も近くの釣り具店でカレンダーをいただきました。

ダイワさんのカレンダーです。釣具屋さんからはどのカレンダーがいいかと聞かれます。昨年は色んな釣りの釣り風景写真のカレンダーでした。

今年は魚拓のものをもらいました。カラー魚拓です。私には縁のない芸術作品です。これをもらったのには理由があります。ふふ。

つづく・・・。

魚拓のカレンダーをもらったのは、釣り団体に提出するために魚拓が必要なときがあります。丁寧にとる気はさらさらなくて、サイズがわかればそれでいいと言う感じです。

ただ、目の玉の書入れだけはちょっとだけ色をつけて入れることがあります。と言うのは、体が汚くても目をキチンと書けばそれなりに見栄えが良くなるからです。

そこで今回もらった魚拓の目だけを写真に撮って、それを参考に今後の魚拓を作成する参考にしたいと思いました。ふふ。

1月 25, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

寒い、寒い

Oitukami735212月には今年の冬は暖かいと思っていたが、やっぱり冬が本格的になると寒くなりました。最近の寒波はとんでもなく、私の体と気持ちから自由を奪っています。ふふ。

もともと寒さが大嫌いな私なので、この天気で釣りに行く気がしません。ヨッさんとイカ釣りに行く約束があるにはあるが、現在は天候と気温、水温変化の様子見です。

釣りに行くには気力が充実していないといけません。というより、行く気になれません。

つづく・・・。

釣りに行く気力が充実しているときは、条件が悪くても釣りに良い条件を探します。風があっても風裏の釣り場がある。寒くても水温がそれほど下がってないので釣れるはず。などなど。

逆に気力が無いと釣りに行けない条件ばかりを探します。こんなに寒かったら、釣れないと悲惨さが増す。水温が下がってきているので魚の活性が落ちているはず。などなど。

わかってはいるが、寒いのが嫌いな私は行かないほうがいいと思う条件を探しています。もう少し暖かい日になると、気力が出てくると思います。ふふ。

1月 24, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

映画「釣りバカ日誌2」を観て・・・

Ycimg3392_21月16日にテレビのBSジャパンで、映画「釣りバカ日誌 2」がありました。録画していたのを昨日見ました。

テレビ開始前に、浜ちゃんこと西田敏行さんと、当時の映画助監督の鈴木敏夫さんとの対談がありました。映画製作当時の思い出話でしたが、興味深いことがたくさん。

この映画はアドリブが多かったように記憶していますが、それについても語っています。2作目の映画を作り始めたときにはまだシナリオが完成してなくて、それがアドリブを多用することになった理由と言います。

つづく・・・。

そして最も興味深いことだったのは、1作目は香川県高松市での話だったのに2作目はいきなり本社勤務になっていることについて、「2作目を作る時に、1作目はなかったことにする」と言う話。ふふ。

そしてこの映画はシリーズとして毎年2作程度作られますが、寅さんシリーズと違って、それぞれが前の話とは全く繋がりがないという珍しいシリーズ作になったといいます。

それにしても今回見た映画で釣れるタイがいずれも黒くて養殖のタイなのは、ストーリーとしてはどうでもいいという、いいがげんさが、この映画を面白くしたように思いました。ふふ。

1月 23, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

ルアーの有効利用

Ycimg3385昨日、今日と高松市にも強風が吹き荒れています。特に我が家は海に近いので北西風だと一層風が強く感じます。

昨日の朝、「山ノ神」が「ベランダに干していた洗濯ネットが風に飛ばされて、隣の屋根に見えるので、何とかして」といいます。しゃーないなあ。

二階に上がってみると、我が家の隣にある倉庫の屋根にネットが落ちています。さて、どうするか。思いついたのはルアーで引っ掛けること。早速実行。

つづく・・・。

Ycimg3386ルアーは道具入れの一番上にあるものを使いました。竿を延ばして引っ掛けると簡単に取れました。あっけないくらいです。ふふ。

Ycimg3387ルアーを結構買っていますが、ほとんど使うことがありません。飛んだ洗濯ネットの回収に使うのはルアーにちょっとかわいそうな気がしましたわ。ふふ。

1月 20, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

平成28年の釣り目標

Oitsukami6555今年の釣り目標を決めなくてはいけません。昨年は5つの目標のどれも達成できませんでした。イシダイ、グレ、チヌの50センチ以上、50日釣行、50魚種、500匹以上、ヤエン釣り習得の5目標でした。

ここ数年、目標がほとんど達成できていません。ということは、目標値が悪いということに気が付きました。ふふ。

目標は容易に達成できるのもよくないが、頑張っても達成できないのもよくありません。特に、70才を越えた身ですから、簡単にしようと思います。

つづく・・・。

そこで、今年の目標は例年に比べてグーンと数値目標を下げることにしました。従来は50、500など、5にこだわっていましたが、今年はそれを4にします。

すなわち、1年間に40日釣行、400匹、40魚種、そして40センチ以上の魚を40匹以上です。この中で、40センチ以上を40匹はとてもじゃないが、これまでの実績から考えて暴挙。

そこで40センチ以上を40匹の項は、30センチ以上を30匹にすることにしました。他人の目標なんてどうでもいいと思うでしょうけど、私としては頑張った目標です。ふふ。

1月 9, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

平成28年、明けましておめでとうございます

Bvcimg7952明けましておめでとうございます。年末は暖かいといっていたのに、それなりに寒くなりました。辛抱です。ふふ。

それはさておき、今年も皆様にとっていい年でありますように・・・。健康で大物をわんさと釣ってください。私は今年も小物とエサトリをわんさと釣ることになりそうです。

釣りの楽しみ方は人それぞれ。エサトリが釣れてもうれしいのだから、しゃーないです。今年もエサトリを差別せんぞー。敬うぞー。逃がすぞー。命の恩返しを期待するぞー。

つづく・・・。

ただ、私は寒いのが大嫌い。なので毎年エンジンが掛かるのは3月以降。1月、2月は余程天気がよくて暖かくないと、釣りに行く気がしません。歳が増えるほど、その傾向が強くなっている気がします。

釣りが出来る体に感謝して、今年も楽しい釣り仲間と四国の各地に出かけたいと思います。そして、昨年に一応終了の区切りをつけたマンホールコレクションの次のターゲット「四国の中のB級、C級世界一・日本一」の整理に取り掛かっているので、それも楽しみな作業です。

ま、とにかく、今年も楽しい釣行を書き続けたいと思います。よろしくお願いします。

1月 1, 2016 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月31日 (木)

今年もご愛読ありがとうございました

Ycimg9491今年も残すところ、数時間となりました。歳をとるごとに1年が過ぎるのが早くなるのは、毎日が単調になって新しい発見がないからだ、と本で読んだことがあります。ふふ。

今年は色々なことがありましたが、ま、若いときに比べれば単調な年になっているようで、1年が過ぎるのが早い。

今年もしばらくして国民行事の「紅白歌合戦」が始まります。歌そのものにはあまり興味がありませんが、見ていないと話題についていけないことがあるので観るつもりです。ふふ。

今年の釣りはそれなりに楽しいものになりました。楽しい仲間と楽しい釣行。それもリタイア老人の特権を生かして好きな時に天候を見て釣りにいける幸せを感じることが多くなりました。

来年は2月に71才になります。私は以前から「磯釣りは70才まで」と思っていました。とはいっても、磯釣りの醍醐味はやめるわけにいきません。

無理をせずに磯釣りを続けるつもりです。体力が落ちてきているのは十分に認識しているが、時間に余裕があるので天候を見ながら釣り場が比較的空いている平日を選んで磯に行くつもりです。

今年も相変わらず全国から多くの方に、また海外からも読んでいただき、それを励みに毎日書き続けることができました。来年もよろしくお願いします。

12月 31, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

ウニの活かし方

Dfcimg323512月の香川磯連の忘年会で秋ヤンと話したとき、以前から疑問に思っていたことをぶつけました。それはイシダイ釣りに使うウニの活かし方。

以前、高知県宿毛市のウニを買う港で、秋ヤンがその場でウニの棘を切り落としていて、「こうするほうが長持ちする」と教えてくれました。私も早速試して見ることにして半分だけを棘を切り、残りの半分は棘を切らないで磯にもって行きました。

すると、棘を切ったほうが早く死んでしまったので、どういうことかと疑問に思っていました。それを話したのです。すると、意外な答えが返ってきました。

「ウニを入れるバッカンにブクブクを入れたか」と言われました。イカ釣り用のアジには入れるが、ウニに入れたことがありません。「ウニの棘はウニ同士で傷つけあうので棘は切った方がいい。しかし、酸素不足には弱いのでブクブクをいれて海水も適度に交換しないといけない」。とのこと。

私はこれまで海水を入れ替えることはしていたが、釣り場が高いところだとこれが面倒で時間があくと、すぐにウニが弱っていました。ブクブクがいることに気が付きませんでしたわ。ふふ。

イシダイ釣り初心者はまだまだ勉強が必要です。

12月 30, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

平成27年の漢字

Vcimg230212月15日に2015年の世相を表す今年の漢字が発表されました。毎年日本漢字能力検定協会がアンケート募集して、最も数が多かったものを選んでいます。

2015年を1字で表す漢字は新聞報道の通り、「安」でした。「安」保法案とテロに対する不「安」などが、「安」が選ばれたとしています。

さて、毎年私も自分の釣りの1年間を振り返って、勝手に漢字を発表しています。だいたい1年間の釣り日誌を眺めていると自然にその年の漢字が思いつきます。ふふ。

今年の私の漢字は「脈」です。

今年最も多くした釣りは「脈」釣りでした。その日数は22日です。サヨリ釣りも例年に比べて多かったが、脈釣りのほうが多かった年になりました。

今年は人「脈」のありがたさを感じることが多かった気がします。イシダイ釣りにしても諸先輩から仕掛け、磯のポイントなど、いろいろと教えてもらうことが色々とありましたが、香川磯連の人脈でした。

アオリイカ釣りも古川さんから場所や仕掛けをたくさん教えてもらいました。もちろん同じクラブのヨッさんやオカテッちゃんからの啓示も楽しみを倍増させてくれました。

だが、「脈」絡のない年でもありました。例年なら2回程度しか行かないサヨリ釣りに何度も行ったし、前記の脈釣りのほかにも、イシダイ釣り、イカ釣り、グレ釣りと思いつきで、色んな釣りをしました。

12月 24, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

高校、大学同期の川上君と・・・

Dhcimg3182高松高校、京都大学で同期だった川上君が里帰りしてきていると言うので、会いました。場所は熊ちゃんのお好み焼き割烹「くるみ高松本店」。

会った日は、私が高知県でのアオリイカ釣りから帰った翌日。熊ちゃんがいつもお魚グッズをくれるので、釣れたアオリイカ3匹をお土産にもって行きました。ふふ。

Dhcimg3184すると熊ちゃんが早速そのイカで刺身を作って出してくれました。ふふ。横浜在住の川上君もこの極上味に次から次ぎに口に入れます。そりゃあ、前日釣ったばかりのアオリイカだもんな。ふふ。その後、ゲソも軽く炒めて出してくれました。これも柔らかくてうまい。

Dhcimg3186しばらくすると、片ちゃんが一人でやってきて、いつもの定位置の席に座ります。片ちゃんからは、今年イイダコをもらったが、再度「イイダコを釣ったら頂戴」、というと、「宝山さんからイワシの煮つけをもらったので、宝山さんのほうが先や」。ふふ。

川上君は根っからのヨットマン。今でも油壺にヨットを持っていて1ヶ月に1度くらい海に出ているらしい。楽しい時間でした。

12月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

マダイにエサやり体験

Dtcimg2822昨年、四国にあるデザインマンホールについての本を自費出版して、この趣味については一段落しました。その後の趣味として、「四国の中の世界一・日本一」を20年以上をかけて集めてきたものを整理することにしました。

データとしては、これまでに四国の中で324個の日本一を集めていますが、これらを整理し、確認して、写真に撮ることを順次始めています。

先日、高松城跡の玉藻城に行きました。ここには3個の日本一があります。その中に、「日本で唯一、城の堀でマダイにエサやりが出来る場所」があり、それを体験しに行きました。ここの堀は海水なのです。

Dtcimg2801マダイのエサはガチャガチャに入っています。1個100円。それを買って、すぐ近くの水門から投げるとマダイが争って食いに来ました。まるで池の鯉にエサをやるような感じです。

Dtcimg2807どんどんとマダイが集まってきます。中には海面から頭を飛び出してでもエサを食べます。

Dtcimg2809これは楽しいし、おもしろい。ふふ。お城の堀にマダイがこれだけいること自体がおもしろい。このタイは何年か前に養殖場から持ってきたものです。

12月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

知らなかった。こんなところにクエ魚拓

Dqcimg2958高松黒潮クラブが毎月飲み会の会場にしている割烹「友釣」でのこと。飲み会を終えて帰るとき、誰かが大きな声でクエの魚拓の話しをしています。

天井に魚拓があると言うので、見にいきました。毎月必ずと言っていいほど何十年もこの店に来ているのに、クエの魚拓には全く気が付きませんでした。

天井に貼ってあるので、わざわざ上を見上げてみることがないのが原因です。壁にもたくさんの魚拓や写真があるので、天井までは見ません。ふふ。

魚拓のクエは131センチ、42キロ。やはり迫力があります。平成9年に高知県沖ノ島のノコバエで、橋義雄さんが釣り上げたものと魚拓に書いています。

これからこの店に来たときは、まず天井を見上げてこの魚拓を確認することになりそうです。ふふ。

12月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月29日 (日)

魚市場の市民開放がありました

Dkcimg3104土曜日、いつものように早朝にファミレスに行ってその帰り道にある高松市中央卸売市場をを通ると、市民開放の日でした。そこで寄って見ました。朝早いのに、多くの人で賑わっています。

Dkcimg3110ざっと見て回ると、この時期に捕れる魚と値段が分かります。目だったのはスズキです。60センチくらいのが1匹1000円。高いのか安いのかが分かりません。

Dkcimg3109続いて目立ったのがタチウオ。その値段がすごく安い。20センチ程度の切り身が10個で500円。切り身にしているのは、値段が安い理由があるのかもしれません。ふふ。

Dkcimg3112魚売り場では買う気になるものがなくて、隣の棟でやっている野菜と果物売り場に行ってみました。そこで「紅マドンナ」があります。1個250円。

これも安いのか高いのかが分からないが、一度は食べてみたいと思っていた品種なので2個買いました。「山ノ神」の分も買っておかないといけません。ふふ。

11月 29, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

中国敦煌の壁画

Dzcimg2746上海に在住していた寺戸さんが帰国する前にお魚グッズを送ってくれたが、その中にお魚が描かれた入場券が入っていました。不思議な絵です。

これは古墳の壁画の一部で、そこへの入場券だそうです。この魚には足と翼があります。寺戸さんが入ったときにいたガイドによると、「作者は魚を見たことがないから、足と翼をつけたのだろう」とのこと。

ここは砂漠地帯らしくて魚が簡単には見られないということは分かるが、それにしても雑な説明に聞こえるのは私だけか。ふふ。

この場所は、敦煌市から空港に行く途中にある「敦煌西晋壁画墓」というところで、昨年から一般公開されているとのことです。西晋は西暦265年から316年の中国王朝時代。

この時代と言えば、日本で言えば弥生時代後期。そりゃあ、砂漠にいる人が魚を見たことがないのも仕方ないか。

11月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

百田尚樹さんの「大放言」

Ncimg2490新聞広告に百田尚樹さんの「大放言」(新潮新書)をみて、買いに行きました。とにかく面白くてうなづくことばかりです。百田さんは何度も放言で朝日新聞などでたたかれていますが、それへの反論にも納得です。

この中で、差別用語に対する自主規制についても書いています。タイガースファンをあらわす「虎キチ」と言う言葉はマスコミでは「キチ」が使えないらしい。しかし、英語のマッドとかクレージーはOKというのも変と書いています。納得。

そういえば「釣りキチ」という言葉も使えなくなっています。私が投稿している釣り雑誌でもつい「釣りキチ」と原稿を送ると、「釣り好き」などに修正されます。

以前ラジオ番組の生放送で「釣りキチ」としゃべった後、アナウンサーから「不適切な発言があり、お詫びします」と言われました。その後は「釣りファンと言うようにしてください」との要望。

「釣りキチ」と「釣りファン」とはニュアンスが全然違います。それ以来「釣りがものすごく好きな人」など、もって回った言い方にしました。「釣りキチ」がいけないのなら「釣りキチ三平」はどうなんかなあ。

百田さんは何もかにも自主規制し過ぎといっています。例えば、現在はスイカ割りや福笑いはテレビでは放映できないらしい。目を見えなくするのがダメらしい。

マスコミが言葉尻だけをとらえることにも反論。石田純一さんの「不倫は文化」と言うのも実際はそういう言い方ではなかったしい。「文化や芸術が不倫から生まれることもある」と川島なお美さんから前日に聴いた言葉としてそのまま発言しただけらしい。百田さんへのバッシングもすべてこういうものらしい。

10月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

釣り人の写真

Lcimg2560「釣りにはよく行くけど、釣りの写真はない」という人がほとんどである。もともと釣りにカメラをもって行く人が少ないのだからしゃーない。

私はこのブログを書くようになってカメラは釣行に欠かせないものになっている。ふふ。ブログに写真がないと面白みや楽しさが全然違ってくる。

釣りにカメラを持っていったとしても、釣った魚の写真や釣り場からの景色を撮るのが精一杯。だが、釣り人がホントに欲しい写真は・・・。

釣り人が欲しい写真は自分が魚を掛けて大きく竿が曲がっている写真。釣り雑誌のグラビアではよく見るが、これは雑誌社のカメラマンがいるから撮れる写真である。

最初の写真は松山から来たという人が40センチのグレを掛けてすくっているところ。こういう写真は自分ではとれません。メールアドレスとブログ名をお教えしているので、もし、本人がこれを見て、写真が欲しいとコメントしていただければメールで送ります。ふふ。

10月 7, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

イシガキダイの毒

Ncimg2495バラエティ番組「ザ・世界仰天ニュース」を見いてると、食中毒の内容です。どうせ、フグの話だろと思っていたら、イシガキダイでした。

割烹料理店で出されたイシガキダイを食べた後、激痛と激しいかゆみにおそわれたが、長い間その原因が分からずに苦しんだとのこと。その毒はシガテラ毒。

料理店に損害賠償訴訟を起こして賠償が認められたらしいのだが、イシガキダイで苦しむのなら、これからその魚を釣りにいこうと思っている私には大問題。

そう思っていたら、番組でのその話しの最後のほうになって、シガテラ毒をもっているのはクチジロの大物だけで、小さいのは問題ないとのこと。

シガテラ毒は食べ物で徐々に蓄積されて行くので、小さいのは大丈夫ということらしい。ふふ。どんどん釣ってどんどん食べるぞ。

9月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

釣り番組を観て、たじろいだ

Ncimg2481テレビの釣り番組のいくつかは録画して、朝食の時に見ることにしています。今朝、見たのは波止からのサヨリ釣りです。ま、一般的なシモリウキを使っています。

釣り上げたサヨリは小さかったり、30センチ近かったりしていい感じで映像が流れます。そのうち、ウキが流れているところがアップになりました。

それを見て、思わず食事の箸が止まりました。海の色が褐色です。空は薄曇りと言うか、どちらかと言えば晴れの感じなので、この色は海そのものの色です。

サヨリ釣りには多くの子供が来ていて楽しそうに釣りをしています。だが、この海の色に泳ぐ魚って臭くないのだろうか。香川県の海でも、雨が降ったあとは濁ることがあるが、こういう色とは少し違う。

そういえば、大阪湾でのボート釣りでセイゴ狙いをしている番組のときも同じ色の海でびっくりしました。釣り人も、魚は臭いので逃がすと言っていました。

兵庫県でのロケですが、せめてもっときれいなところで釣りを楽しむ番組にしてもらいたい。そうでないと、釣りのイメージが悪くなるわ。

9月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月13日 (日)

チヌの居着きと回遊の体色ー続き

Ocimg2443以前にチヌの体色に黒色と銀色の2種類がいて、これは居着きと回遊の違いという見解が多く、また、居着きが黒い原因としては浅場にいることが多いので、日焼けが原因という見解が多いと書きました。

Ocimg2450こんなことはどうでもいいや、と思っていたが、その後も気になっていて、何度も「ホントかいな」の疑問が湧いてきます。先日、寝ていてふと気が付いたことがあります。

近くの川で見かけたチヌははっきりした黒色か、はっきりした銀色のどちらかで、その中間の色がいませんでした。もし、日焼けによるものであれば、養殖鯛の黒色化が色んな段階の魚がいるので、これは変です。

そこで思いついたのが、ひょっとしたらこれは別種ではないかということ。だって、メバルにも色が3種類いて、従来は同じ魚と考えられていたが、アカメバル、クロメバル、シロメバルと別の種類になりました。

チヌについても、徹底的に追求してひょっとしてヒレの棘や軟条の数の違いに法則が見つかったら、論文して魚博士になれるかも知れません。ふふ。やっぱ、面倒くさいわ。

9月 13, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

シリアからドイツへの難民写真を見て

Ckcimg4408今朝の新聞に、シリアからの難民8500人がドイツに到着して、笑顔があふれる写真が掲載されています。ハンガリー、オーストリアを経由する長距離を経てやっとたどり着いた安堵感があふれています。

今年1年間でドイツは80万人の難民を受け入れることになるらしい。ドイツはすごいと思う。だが、今後こうした難民がドイツ社会の中でどのような生活が出来るのか、ちょっと心配。

ドイツに入った難民は、最初は戦争のない生活だけで十分に満足できるが、年数が経つうちに差別感を味わうことがないのだろうか。人間の満足感は環境によってどんどん変化していくから・・・。

私はこれまで何度も病気で入院したことがある。入院しているときは退院して普通の生活が出来ることがどれだけ幸せなことかと、しみじみと思う。ところが退院してしばらくすると、近場の釣りに行き始める。

それが慣れると、遠くの磯釣りに行く。磯釣りに慣れると、もっと大物が釣れないかと思い始め、あちらこちらと体力を消耗してでも走り回る。

病気で入院していた時に思っていた「普通の生活できるだけで十分満足」の想いはどこへやら。
今朝の新聞を見て、こんなことを考えてしまいました。

9月 7, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

チヌの居着きと回遊の体色

Ocimg2443我が家の近くを散歩していて、川沿いに歩いていると30センチ強のチヌがたくさんいます。ふふ。見ていて楽しいわい。

Ocimg2450中にはグレと同じくらい黒いのもいれば、よーく見ないと分からないくらい色が薄くて銀色がいます。不思議なのは中間色は全くおらず、黒色か、銀色かのどちらかです。

ま、一般的には居着きのチヌは黒くて、回遊してきたチヌは銀色といわれていて、私もそうかなと思っていました。居着きは浅場でうろうろしているだけなので、日焼けして黒くなっているといわれて納得していました。だが・・・。

その知識を言ってる人も根拠は「他人から教えてもらった」と言う人が多く、学術的な説明がありません。そこでインターネットで本当かどうか調べてみました。

ところが、どうも分かりません。「黒色は居着きと決め付けないほうがいい」という意見も結構あるし、日焼けの理由にしてもあくまでも推測です。
分かんねえなあ。ま、どうでもいいか。ふふ。

9月 1, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月31日 (月)

「釣りバカ日誌」がテレビドラマになるらしい

Ncimg2464マンガ「釣りバカ日誌」を買い続けています。新しい92巻がすでに出版しているか、ネットで検索。すると検索画面の最初に出てきたのは、テレビドラマ化の話。

テレビ東京で10月から夜の8時に放映されるらしい。ハマちゃんの新入社員時代の話になるという。私は俳優の名前を全く知らないので、配役を見てもあまり興味がない。

ま、それでも一応第1話は見ようと思います。そして面白ければ続けてみるが、そうでもないようなら無理してまで見るつもりはありません。ふふ。それよりも私が興味があるのは・・・。

映画シリーズの第1話は香川県高松市から始まりました。ハマちゃんは高松市沖にある女木(めぎ)島から出勤して、遅刻するということから始まります。

それがテレビドラマでは、どういう始まりになるのかが最大の興味です。ふふ。まさか、同じ女木島ではないと思うが、ドラマとしても大事な場面でしょうから。

8月 31, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

高潮対策で釣りに影響

Scimg2342高松市は平成16年の台風16号で大変な高潮の被害に会いました。そのとき私も港に見に行きましたが、言いようのない光景でした。うねりが砕けて岸壁を越えてくるのではないのです。

実に静かにどんどん海水が港から道路に流れます。海面が道路よりも高いので、自然の摂理で普通に道路に流れています。それが港全体で起きているのだから、大量の海水です。

これ以降、急ピッチで高松市の港は防潮堤が延々と作られました。ところどころに堤が空いているところにはいざの時には閉められるように水門が取り付けられました。これで一安心にはなったが、困ったことも・・・。

Scimg2343我が家の直ぐ近くにある潮入川の護岸もかさ上げされました。ここからは海水の流れ込みはなかったが、念のためなんでしょうか。

このお陰で、それまでは普通に立って川に向かって脈釣り竿を振り込むことが出来たが、護岸が高くなったのでそれが出来なくなってしまいました。

仕方なくここで釣りをするときは脚立を持ってきて、護岸の上に上がって釣りをしています。だが、護岸の上は幅が30センチくらいで狭いので、姿勢が不安定で海に落ちそうになります。最近、自分の足に自信がなくなってきたので、ここでの釣りはほとんどしなくなりました。

セイゴやチヌの好ポイントだったのに残念。「釣りが出来んようになったんじゃあ。補償せい」とわめいても変人扱いされるだけだし・・・。ふふ。しゃーないなあ。

8月 30, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

釣りで「あるある」。その3

Cimg9952釣りで「あるある」の第三弾。

3.自分が思いついた新しい釣りエサは、釣行前に入れ食い間違いなしと確信する。「あるある」。

磯にいるフナ虫は好エサである。ということは魚は姿がよく似ているゴキブリも大好きかもしれない。その証拠にゴキブリをみて「キャア」と声を上げる女性はフナ虫を見ても「キャア」と言う。

これも最初は「ひょっとしていいかも・・・」が、時間がたつにしたがって「絶対にいいはず」に変化して行く。読者の中でもし良かったら、ゴキブリを試してみてください。

ゴキブリなんてエサになるはずがないと思っているかもしれないが、ハエの蛆虫だって立派なエサになっています。ふふ。

4.高価な釣具が好きな人だけが、高価な竿ほどよく釣れる理由を明確に言える。「あるある」。

私はある程度の値段の竿であればいいので、超高級と言うより超高価な竿を買う気は全くない。ただ、釣り具業界としては高価な竿を買う人がいないと困るわけで、そういう人がいて欲しいということも分かる。ふふ。

8月 29, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

海水温の怪

Okinosima3030毎日、日記に香川県内3箇所、高知県足摺岬、愛媛県宇和海の遊子(ゆす)などの海水温を記録しています。最近不思議なことに気が付きました。

最近の香川県の海水温は27度前後から少し下がり気味になっています。それでも随分と高い温度です。一方、足摺岬は27度弱と香川県とほとんど変わらない。

黒潮暖流がぶつかる足摺岬よりも瀬戸内海のほうが海水温度が高いときも多くありました。夏の高温で暖められた海水は黒潮よりも高くなって、なかなか冷めないらしい。私が不思議なのは別のこと。

愛媛県宇和島市南部の遊子の海水温がすごく低い。香川県の海水温が27度前後で推移しているのに対し、24度から高くても25度程度と2度以上低い。

足摺岬では27度なので、それより少し北に行っただけの地域で、何故これほど海水温が低いのか。
アオリイカ釣り用に日記に書き始めた海水温だが、これからのイカ釣りシーズンには海水温を見ることが欠かせません。ふふ。

8月 27, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月25日 (火)

カワウ問題

Qcimg2393釣り場に着くとたいてい気分がルンルンとなるものだが、唯一気分が悪くなるのが鵜の存在。このブログでも何回か書きましたが、鵜は釣り場を荒らしまわっています。

NHKのテレビ番組「所さん! 大変ですよ」でこのテーマが7月下旬に取り上げられていました。鵜の急増は実感していたが、1970年代には全国で3000羽と絶滅寸前になっていて、その対策の結果現在は少なくとも15万羽になっているとのこと。

その結果、全国各地で糞の悪臭や樹木が枯れるなどの問題が出てきていると言う。この番組では何故鵜がこれほど増えたかという原因にも触れています。

増えた原因のひとつが生息地の鉄塔や樹木に網を張って鵜が帰れなくしたところ、新しい場所にどんどん移っていきその結果さらに魚がたくさんいる場所を見つけてしまったこと。

さらに、川が護岸工事でコンクリートで固められた結果、魚が逃げ込むところがなくなり、鵜は魚を食べ放題になったとのこと。

鵜急増の対策としては鵜の巣を鉄砲で打ち落として子供を減らすことをしている映像があったが、これは全国的に見てもごく一部。
環境省の対策も見たが、「自然にいる魚を自然の鵜が食べてなんにも悪くない」と書いていて、ますますイラッとしました。

8月 25, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

釣りをテーマのクロスワード作りのために

Scimg2346毎月、釣り雑誌「関西の釣り」にエッセイとともに、クロスワードを2個投稿しています。釣り人を対象にした「釣りクロスワード」と、釣り人の奥さんを対象にした「奥様クロスワード」です。

奥様クロスワードは基本的にはどんな言葉でも使えるので比較的容易に作ることが出来ます。一方、釣りクロスワードは出来るだけ釣り用語を入れて作ります。

なので、釣り用語でクロスワードに使えそうな言葉を私なりにまとめて「釣りクロス用語集」としてまとめています。釣りクロスワードの作成はこれが無いとできません。ふふ。

「釣りクロス用語集」にはあいうえお順に言葉を並べていますが、これを字数ごとに並べています。クロスワードを作成するときには字数によって言葉を探す必要があるからです。

この用語集を作るのには大変な時間がかかりましたが、現在はこのお陰で大変助かっています。

クロスワードの作成には、「答えは名詞」、「黒塗りのマスが縦、あるいは横に続いてはいけない」、「黒塗りのマスで全体が分断されてしまってはいけない。答えは必ず全てが繋がっている」の3原則があります。

稚拙なクロスワード問題にはこの3原則が守られていないものもあります。ふふ。

8月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

釣りで「あるある」その2

Cimg0340以前に書いた釣りでの「あるある」が大好評。読者からの大好評じゃなくて、私の中での大好評。ふふ。そこでこれから釣りで「あるある」をシリーズ化することにしました。ふふ。

1.自信がない釣りのときは、買っていくエサが多くなる。「あるある」。
自信がある釣りのときは、最小限のエサで行く。釣る予定の時間から必要なエサの量もキチンと分かる。

だが、自信がないときは、「あれを釣るのが第一目標。だが、ひょっとした別のあの魚が釣れるかも知れない。もし釣れなかったら、別のあの魚を狙う」。
こんな時に大漁になることはまずない。

2.コーンとか、サナギは自然に海にいることはないのに、これをチヌが好きと言うのは誰が発見したのだろうかと疑問。「あるある」。

こういうのは、誰かが偶然に試してみてたまたま釣れたということに違いない。最初に使う時に「コーンで入れ食いにさせるぞ」と思ったはずがない。

スプーンでスズキが釣れるのは小魚に似ていると言うことで理解できるが、コーンやサナギを最初に試した人に拍手。

8月 9, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

アオサギに魚をやるのはやめた

Xcimg2247鳴門市に豆アジ釣りに行くと、必ずアオサギやゴイサギが待っています。スズメダイが釣れてポーンと投げてやると争って食べます。

その姿をみて、いいことをしている気分になっていました。あるとき、鳥がいなくなったので不思議に思っていると、真っ黒い犬が私の直ぐ後ろにちょこんとおとなしく座っています。

Xcimg2258まさか、犬が生の魚は食べないだろうと思ったが、スズメダイを投げてやると急いでくわえて遠ざかり、魚にかぶりついています。何気なくの行動だったが、それを見てこの波止で鳥に魚をやることをしないと決めました。

犬は首輪がなく野良犬だと気が付き、この地域の人にとっては野良犬にエサをやることは迷惑なことのはずで、犬にエサをやったことを後悔しました。

そして以前ここに来た時に、港に迫った山に中腹にたくさんの鳥が止まっているのを見ました。ということは、これらの鳥はこの地域の人にとっては迷惑な存在かもしれないと思い至ったのです。

鳥にエサをやることは鳥を増やしてしまうことになります。釣り場を提供してくれている地域の人に迷惑を掛けられません。そこで、今後ここで鳥に魚をやらないと決めました。ふふ。

8月 7, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

かわいらしいと思っていたが・・・

Vcimg2280高松市の栗林公園近くを流れる小さな川には、春に産卵で集まっていたコイが今もいますが、どれも小型で単独でいます。産卵の時にいた1メートル近いコイはどこに行ったのでしょうか。

Vcimg2276_2コイは目立たなくなったが、最近目立つのが亀。4匹、5匹と集団でいます。亀はかわいらしい動物と思っているので、亀の集団はほほめましい。

亀をしばらく見ていて、NHK番組のの「所さん! 大変ですよ」で、最近問題になっているミドリガメのことを取り上げていたことを思い出しました。

ミドリガメは愛称でミシシッピアカミミガメと言い、アメリカから大量に輸入されていて、それが繁殖力の強さから日本の亀を蹴散らしていると言う内容。ミドリガメの特徴は頬に赤い色がある。

それを思い出して亀の頬を見ると、全ての亀に赤い線が入っています。それを見て急に憎たらしくなりました。コイの稚魚もこいつらに食べられているに違いありません。亀に罪はないと思うが、日本の亀が蹴散らされるのは憎たらしい。

8月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

ハマフエフキの産卵シーン

Scimg23457月19日の日曜日の朝、NHKテレビを何げなく見ていたら、ハマフエフキの産卵シーンを画像に撮ることに成功したとのこと。

Scimg2370メートル近いハマフエフキが数百匹も集まっている映像には迫力があります。私はこの魚の大型を釣ったことはないが、四国磯連では毎年大型が釣れています。

産卵はメスが垂直に上昇して産卵するとそれを追いかけていたオスが一斉に放精します。1匹だけでも魚拓で見ると大きさに圧倒されるのに、それが数百匹も集まるとは・・・。

メスは1回の産卵で数百万匹の卵を産み、その中で大きく成長できるのはせいぜい数匹とのこと。ま、1万匹のうち9999匹は他の魚に食べられてしまうということ。

こんなに小さい確率で大きくなった大型ハマフエフキをバンバン釣りに行くのは罪なことといえないこともない。ふふ。

7月 22, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

四国の海水温メモ

Scimg2347香川県の地方紙四国新聞に四国内主要地の海水温が毎日掲載されているのはありがたい。私は簡単なメモ日記をつけているが、その中に海水温も書いています。

私の日記は10年日記なので、同じ日の10年分が一度に見ることができるので、海水温の年度別推移がいつも見ることが出来ます。私がメモをしている地点は香川県の3地点。

それに高知県の足摺岬と室戸岬。これはイカ釣りにとってとても貴重な情報です。イカ釣行は海水温を睨みながらどこに行くかを決めることが多い。

Scimg2348ところが足摺岬と室戸岬は欠測になることが結構ある。一度欠測になると3ヶ月くらい欠測が続きます。大きな台風が来たあとに欠測になることが多いので、大きなうねりで機器が故障しているのが理由かと勝手に想像しています。四国に上陸した11号台風の後も欠測になりました。

足摺岬は欠測になることが多いが、宇和島南部の遊子(ゆす)は欠測になることがほとんどないので、最近はこの地点の水温も日記に記入することにしています。

この夏の時期はイカ釣りはできないので、高知県の水温は必要ないのだが、書き続けています。ふふ。

7月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

3連休だったのか

Cimg5913今朝、いつものように早朝にファミレスに行くと、いつもとは客層が違います。旅行中らしいファミリーがいて、「月曜日なのに・・・」と不思議に思ったが、今日は3連休の最終日だったんですな。

サラリーマン時代で、この天気だったら1日は絶対に高知県か宇和海の磯釣りに行っていました。こういう連休のときは磯は混むと分かっていても、行くこと自体が目的になっていました。

「行けるときに行く」がサラリーマン時代の鉄則。そうでないと釣りにいけません。それに対して、現在はどうだ。

5月の連休のときもリタイア後は全く行っていません。磯が混むのもなんか損をした気分になるし、なによりも道路の交通渋滞がイライラします。宇和島市は高速道路が南に延伸して渋滞緩和しているが、それでも南方面からきて高速道路に乗るまでが渋滞します。

サラリーマン時代には「しゃーない」とあきらめていたが、リタイア後は「わざわざこんなときに釣りに行かなくても・・・」と思ってしまいます。「どうだ、贅沢だろ~」。ふふ。

7月 20, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

今朝、まずしたこと

Tcimg2338今朝もいつものように午前4時半に目が覚めて、階下に行ってまずしたことは、車庫の中を確認したこと。濡れていません。安心。

とうのは、11年前の平成16年8月の台風16号による高潮被害はすごかったのです。海水がドンドン市街地に流れ込み、高松市中心部で水深2メートルにもなったところがあり、死者が3名も出ました。市の中心部で海水魚が泳いでいたという話も聞きました。

この時に我が家は海岸に近いところにあるが、決して低地ではないことが分かりました。しかし、高潮のために排水溝を流れる大量の雨水が近くの川に排水できずに道路にたまってしまい、その水が我が家の車庫にも入ってきました。

そのときは全くそんなことがあるとは思わず、朝に車庫に行くと靴が全て車庫のシャッター近くにありました。流れ込んだ雨水に浮いて流れたらしい。ふふ。

さて、今朝起きると台風はまだ香川県内にいることを知ってびっくり。こんなに遅いとは・・・。それでも雨、風はそんなに強くないのでいつものようにファミレスに行きました。

ところが閉店しています。24時間営業なのに・・・。ま、こんな天候の日に行くほうが変人か。ふふ。そうだろうなあ。そのままUターンして家に帰りましたわ。

7月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

台風が近づいています

Tcimg2331今朝、いつものように朝五時半に、ファミレスに行こうと家を出ると、強い風と雨に驚きました。まさか、こんなに早くから台風11号の影響があるとは思っていませんでした。

テレビのニュースでは足摺岬からの映像が何度か映ります。岬直下の磯に大きなうねりが砕けて磯全体を乗り越えて行きます。「ヒェーッ」。

磯釣りで渡ると大きな磯で、まさか磯の頂上にまで波が来るとは考えられない大きな磯です。繰り返し、ニュースでは今回の台風の大きさを伝えています。

台風が来るたびに思い出すことがあります。

釣りに最も熱中していた40歳代のとき、「雨の日は最大チャンスの釣り日」と思っていました。それは、晴れ日よりも雨の日がよく釣れるはずということと、何よりも雨の日のほうが釣り人が少なくて釣り場がの好ポイント空いているということ。今じゃあ、とても雨の日を選んで釣りに行くなくてバカらしくて考えられませんわ。ふふ。

そんなとき、台風ならもっと釣り人が少なくていいし、台風なら魚が避難する場所があるはずと思いつき、「なんで、こんないい考えを今まで思いつかなかったのだろう」と愛媛県宇和島市の筏に行きました。

湾の奥に設置されている筏なので、直接に台風の影響はないはずだし、狙いの大型チヌもうねりを避けて湾内のここにきているに違いないという読みです。

案の定、釣り人は私一人だけ。筏に意気揚々と渡りました。台風はまだ高知沖なので空は晴れています。

だが、筏に乗ってから30分でダウン。なぜかと言うと、船酔いならず、筏酔い。筏の不規則な揺れですっかり気分が悪くなって、とてもじゃないが釣りが出来ず、携帯電話もなかったので、筏の上で横になって船頭の迎えをただひたすら待つだけでした。ふふ。

7月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

釣りで「あるある」

Cimg1255釣りで「あるある」を考えてみました。

初心者に釣り方とコツを丁寧に教えた日に、初心者に釣果で負ける。「あるある」。
初心者は天狗になり、教えたほうは「ま、そういう日もあるさ」となぐさめる。

釣れない理由はたくさんあるが、自分のウデが理由になることはまずない。「あるある」。
釣れない理由で最も多いのが水温。そう言っておけばだれも傷つかない。船頭がよく使う手。

数で圧倒的に負けても、1匹でもサイズが勝ったのがあれば十分に納得。逆にサイズで負けていても数で勝っていれば納得。「あるある」。
数はウデの差、サイズはまぐれの差が基本だが、時と場合で自分が納得する理由になる。

釣り日和といわれる快晴、無風で釣れたことがない。「あるある」。
釣り日和は釣果よりも釣り人の気分の問題。

複数で釣りに行って一人だけボウズだと、帰りのその人の運転は暴走運転になる。「あるある」。
そりゃあ、そうでしょうなあ。

7月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

孫と水族館

Cncimg2078昨日、孫のユーキ、ショーエイと高松市西部にある新屋島山上水族館にいきました。私もこの水族館に来るのは久しぶりなので、入り口に近いところにある大水槽のビラルクーを楽しみにしていました。

Cncimg2065_2ところが以前は大物のビラルクがたくさん泳いでいたが、2匹いるだけです。それも依然いたのにくらべると小さ目が2匹。残念。その代わり大きなアメリカマナティが別の水槽に2匹いました。

Cncimg2069タッチプールに黒いナマコがいます。孫はなかなか触ろうとしません。私が摘み上げてやっと手にのせます。ふふ。

Cncimg2083その後はショーを見ました。観客は私たち3人だけかと思ったが、時間が迫ると10人くらいになりました。イルカショーでは前列にいた私達は尾ビレで水を掛けられてしまいました。ふふ。

Cncimg2088その後は亀にエサをやったり、アザラシのショーとエサやりをしたり。規模は小さいが、職員の頑張っている感じが伝わってきます。来年には閉館するとのマスコミ発表があっただけに、その感を強くしました。

6月 24, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

50センチのチヌが入れ食い

Cpcimg2062先週オカテッちゃんから電話。「今夜、50センチのチヌがバンバン釣れる釣り番組があるぞー」とのこと。私が50センチ以上のチヌにこだわっていることを知っての電話です。

Cpcimg2064その日に録画していたのを、昨日見ました。釣り場は長崎県の五島列島。確かに50センチ超のチヌを二人で二日間かけて数匹釣っていましたが、それなりに苦労したことが分かりました。

五島列島は大型チヌのイメージではなくて、グレのイメージだったので、ちょっと意外な感じでした。

オカテッちゃんの情報はありがたいが、いくらなんでも長崎県、それも五島列島まではなかなかいけませんわ。それに行けば必ず釣れるということでもなさそうです。ふふ。

同じ労力をかけるなら宇和海に数回通うほうがずーっといいような気がします。歳がいくとイヤになると直ぐに家に帰ることが出来る状況がいい。ふふ。

6月 21, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

アカマンボウ

Zimg109毎日新聞を見る時に気になるのは魚や海に関する記事です。先月、「アカマンボウは温血魚」というタイトルの記事がありました。

学校で学んだのは哺乳類や鳥類は温血動物で、魚類は周りの水温で体温が変化する変温動物と言うこと。しかし、この記事はアカマンボウは魚なのに温血動物と言う内容。

何事も例外のないものはないという英作文の宿題がありましたが、魚で温血となると、なんかややこしい。ふふ。

つづく・・・。

Zcay28v22_2アカマンボウという魚を知ったのは、平成24年に香川の大物釣魚ギネスに申請が合ったからです。坂出市在住の佐々木理生さんが高知県室戸沖の船釣りで釣った127.3センチです。

こんなへんてこで真っ赤な魚を申請の写真でみたときはすごく驚きました。海の中にはまだまだ私が知らない大きな魚がいることを教えてくれました。

6月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

釣り風景のはがきコレクション

Oitukm65555月下旬の日経新聞文化蘭に「水辺の風景 釣り上げる」のタイトルで釣り絵葉書600枚をコレクションをしている金森さんの文章がありました。

金森さんは釣り本の日本一コレクターでもあります。今回の記事はなぜか絵葉書だけのコレクションのことしか書いてないが、もっとすごいのは釣り本コレクションなんです。

なんで釣り本について書かなかったのかは知らないが、以前に釣り本については既に書いているのかもしれません。

それにしても金森さんは釣りに関するものは何でもコレクションをしていると言うことを知っていましたが、釣り風景の絵葉書だけで600枚と言うのは素直にすごいとしか言いようがない。

最後の文章に「収集品の始末をどうつけるかを考えなければならない年齢になってきた」と書いています。どういうものであってもコレクター共通の悩みです。「コレクションをして困らないのはお金だけ」と金森さんもいっています。ふふ。

6月 13, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

知らなかったなあ

Cxcimg1946家の近くを自転車でぶらぶらしていると、郷東(ごうとう)川の川尻で工事をいているようなので見に行きました。すると、川尻の地形が様変わりしています。

護岸改修のようだが、既に川の中央に向かって10メートルほどが埋め立てられています。今後どういう風になるのかは分かりませんが、この場所は色んな釣りのポイントです。

「聞いてないよー」と叫びたい気持ちですわ。おそらく漁業者には補償があるのでしょうけど、釣り人には何の補償もなし。どうなんだろうかなあ。

ま、埋め立てられてもっと釣れるようになることが皆無ではない。それを期待するしか、釣り人としてはない。捕らぬ狸の皮算用。

県の工事のようなので、釣り人代表として押しかけて行って、釣りの楽しみを金額換算して補償せよと言いに行っても相手にしてくれないだろうし・・。

6月 12, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

アオサギは知っている

Cycimg1935香川県西部の三豊市でサヨリ釣りをしていたとき、私の背後にアオサギが来ました。釣れたエサトリのスズメダイをポーンと投げてやるとタッタッと寄ってきて飲み込みました。

その後、しばらく私の背後から離れません。「もっと、くれー」と言っています。言葉では発しないけど、間違いなく「くれー」といっていました。ふふ。

ところがその後仕掛けが絡んでハリスが短くなってしまったが、面倒くさいのでそのままやっていると、ハリスが10センチではさすがにスズメダイも浮き上がってきません。ところが・・・。

Cycimg1938大量に群れを成して泳いでいたフグが食いつきました。後ろを見るとまだアオサギが「くれー」と待っています。さて、どうするか迷いました。

フグを投げて食べてしまったらとんでもないことになると思うが、実際に食べるかどうか試してみたい気もします。足元には他の人が釣って干からびたフグが何匹もころがっています。

ということは、鳥はフグに毒があると知っていて食べない証拠。それでももし私が投げたフグを間違ってアオサギが飲み込んだら目覚めが悪くなります。そこでそのままフグは海にリリース。ふふ。

6月 10, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

「トラフグよりうまいショウサイフグ」って・・・

Czcimg1925テレビ番組「今ちゃんの「実は・・・」」と言う番組で、5月中旬に放映された中に、ショウサイフグがトラフグよりうまいということで、芸人が釣に行くという内容のものがありました。

Czcimg1926ショウサイフグは私も釣ったことがあるはずだと、魚種別の自己記録を見るとこの魚の記録がありません。これだけ鮮明に魚の名前を覚えているのに・・・。

そこで図鑑を出してみていると、よく似た魚でコモンフグがいます。そして私の自己記録に愛媛県佐田岬の磯で釣ったコモンフグ24.6センチの記録がありました。ふふ。

ショウサイフグの名前が記憶にあるのは、コモンフグを釣った時にショウサイフグと比べて、どちらの魚なのかを詳細に考えたので、それが記憶に残っていたらしい。

体の斑紋もよく似ているが、腹びれの色がショウサイフグは白色で、コモンフグは黄色ということで判別していました。しかし、図鑑で調べると、コモンフグの全長は15センチとなっていて、私の記録の24.6センチは巨大なコモンフグということになります。ホントかなあ。

6月 9, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

葛西水族館のマグロ復活

Bxcimg57455月下旬の新聞に「マグロ群雄 復活なるか」の見出し記事がありました。東京にある葛西水族館の大型水槽でマグロが次々に死んだが、原因不明だった。この水族館には私も行ったことがあって、その大きさに驚きました

原因は分からないまま、再度マグロに近いスマを水槽に入れてマグロ群雄の復活を目指すという内容。このことについては舛添都知事のコメントまで掲載されています。

このことについては新聞、テレビで何度も取り上げられ、「あと10匹」、「あと3匹」など、詳しく報じられました。

私はこの記事を見るたびに苦々しく思っていました。というのは・・・。

このニュースが東京の水族館だからこそ、こんなに何度も全国に流されたが、もし地方の水族館で同じことが起きたとしたら、こんな風に何度も全国ニュースになったでしょうか。

マスコミの東京依存、地方マスコミの怠慢が透けて見える気がします。ま、年寄りになると、何事にもひがみたくなるのが原因だと思うが、東京の水族館にほとんど行く気がしない地方の人はこうした記事に、どうなんでしょうかねえ。あまり、気にしていないと思うけど・・・。気にして欲しいわ。

6月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

孫と干潟遊び

Cucimg1977先週、アメリカから孫のユーキとショーエイが夏休みで帰省してきました。さっそく干潮時刻をみて近くの川の干潟に行きました。カニと魚取りです。

Cucimg1979小さなカニが予想通りたくさんいます。いくらでも取れます。いくつかの種類がいます。去年買った干潟の生き物図鑑でしらべます。直ぐに名前が分かったのもいますが、2本の白い筋があるカニが図鑑にありません。

ひょっとして新発見のカニかと思ったが、そんなはずがないわなあ。ユーキはカニよりもゴカイを探しています。

Cucimg1980干潟に大きなタイヤがあるのをみつけて二人でひっくり返しました。こういうところに意外な生き物がいる可能性が高いことを孫は知っています。

Cucimg1981そのとおり、大きなモクズガニが2匹隠れていました。孫は「恐いので手でつかめない」というので、私がつかんで写真を撮りました。ふふ。

6月 2, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月31日 (日)

ラジオでしゃべる

Cvcimg1974昨日の午前中にRNCラジオの番組で釣りに付いてしゃべってきました。約15分間です。だいたい思っていたことがしゃべれることができました。ふふ。

「釣りをこれから始める初心者に話してくれ」と言うことだったので、「釣りは難しいぞ」なんてエラソーに言ったら、釣りをしなくなります。だから、「釣りは簡単。釣れる場所で釣れる方法でやれば必ず釣れます」といいました。当たり前のことですわなあ。

問題は釣れる場所、釣れる方法をどういう方法で知るかと言うこと。「文学の師匠はいらないが、釣りには師匠が必要」という格言を気に入っていたのは開高健さんで、自分の著書の中で何回も書いています。

初心者にお勧めの釣りとしては、砂浜でのチョイ投げ釣り、波止でのアジのサビキ釣り、波止での木っ葉グレ釣りといいました。それぞれにコツは必要ですが、時間的に詳しくはしゃべれません。

とにかく「釣りは簡単で楽しい」ということが伝わればいいと思いました。最後になってアナウンサーが「この番組は全四国に放送されている」といわれてあわてました。なので、宇和海が釣りのパラダイスだということを強調しました。

5月 31, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月25日 (月)

ラジオに出演要請

Jcimg0853先日、西日本放送のRNCラジオのディレクターから電話。何事かと思ったら、釣りをテーマにしゃべって欲しいとのこと。

昨年の9月にマンホールの本を出版したことで出演しました。写真はそのときのもの。ラジオは随分昔に長い間釣り情報パーソナリティとして出ていたのでそんなに緊張しませんでした。ふふ。

今月最後の土曜日の午前10時10分からで、「週刊ブラボレーション」というコーナーへの出演依頼です。10分から15分程度ということなので引き受けさせていただきました。

具体的な話の内容は今後つめることになりましたが、釣りを初めてするときの心構えとか、気をつけたらいいこと、などが中心になるようです。

ディレクターさんは女性なので釣りガールにも興味を持っている感じ。「釣りを舐めんじゃないぞ」と言ってしまっちゃあ、先がなくなります。ふふ。子供と女性が今後釣りを始めるとしてのアイデアなどを話したいと思っています。お暇なら聞いてよね。

5月 25, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

魚市場の市民開放日

Cwcimg1952今朝、いつものように午前5時半から近くのファミレスで過ごした後、7時半に家に向かっていると、高松中央卸売市場に臨時駐車場の表示。

Cwcimg1953その表示で、今日が市場の市民開放日だと分かりました。そこで車を止めて見に行きました。午前8時かららしいが、近くにいた整理員にきくと、「もういいよ」とのこと。

市場に行くと、最近どんな魚がよく水揚げされているのかがわかります。ということは、どかな魚が釣れるかも分かるということ。ふふ。

マダイ、イカ、セトダイ、スズキ、キュウセン、シタビラメが並んでいるが、まだ準備中なので値段が分かりません。私はこれまでシタビラメを釣ったことがないので、この魚を狙ってみようかと思いました。

Cwcimg1956魚の中で特に目を引いたのがサワラ。大物から小物までほとんどの店でたくさん並んでいます。大きいのは1メートル近くあって5500円の値段が付いているのがありました。

会場30分前というのに多くの人がいて、既に身動きできない感じ。私はたまたま通りかかったので知ったが、多くの人はちゃんと調べてきていることに感心しましたわ。

5月 23, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

コイの産卵

Fcimg18104月の中旬に高松市内を流れる川に菜の花が咲いて、コイが集まりだしたと書きました。例年、産卵が始まる兆候なので楽しみにしていました。

先週、川沿いを歩いているとあちこちでバシャバシャと水しぶきが上がっています。見に行くと、大きなコイを中心に数匹から10匹程度のコイがぴったりと寄り添っています。

そして盛んに水しぶきを上げながら、周りにいるコイが場所取りをしているように見えます。

想像ですが、中央にいる大きなコイがメスで周りのオスが自分の子孫を残すために頑張っているのだと思います。自然の摂理は大変だと思います。

頑張らないと自分の子孫が残せないことが自然なんだと知って、人間ももっと頑張らないといけません。40台の未婚が普通になっている今の社会はおかしいでしょ。

5月 6, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

すごい釣り風景

Mcimg1664_23月の日経新聞に開きの全面広告に紙面いっぱいの写真が掲載されていました。写真はそのときの一部分です。全面を写真に撮ると著作権に関わるかなとの配慮です。ふふ。

写真はiphon6で撮影と言うコメントしかありません。iphonでもこれぐらい精度の高い写真が撮れるという広告だとだと思います。確かにこれだけ写真を引き伸ばしてもキチンと写っています。

だが私が興味を持ったのは、その写真の風景です。大きな川の流れに向かって小さく写った釣り人がいます。場所も書いてないし、当然何を釣ろうとしているかも分かりません。

どうも風景から推測すると外国のようです。釣り人が持っている竿からぶら下がっているのはウキのようにも見えるし、ルアーのようにも見えます。

釣り人の後ろに置いている釣り道具を見ると、大きなリュックがあって、この釣り場まで相当の距離を歩いてきたのではないかと想像できます。

それにしてもこの急流でどんな大物を狙っているのでしょうか。気になってしゃーないわ。

5月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

「魚と人の知恵くらべ」展で・・・(2)

Kcimg1753「瀬戸内海民俗歴史資料館」での特別展「魚と人と知恵くらべ」の展示の中にダツ漁に関するものがありました。その方法がユニークで笑ってしまいました。

「梅雨時に産卵のため浅場に集まるダツの漁。モリで突いたメスの背中にウキをつけて沖に泳がせる。オスが近づくとウキに変化が出る。そのときメスを手繰り寄せると、オスが群れを成してメスに付いてくるので、それをモリで突く」とのこと。

そしてその漁は昭和初期まで香川県西部の伊吹島で行われていたと説明しています。それを見て思い出したことがあります。

わたしはダツは太平洋など温かいところにいる魚だと思っていたが、この漁が瀬戸内海の香川県でされていたのはちょっと驚きです。高松市でも小さいのは見ることがありますが、そんなに大きいのは見たことがなかった。

Img022ところが平成20年に香川県記録として香川磯連所属の矢野さんが申請してきた118.0センチは香川県西部の豊浜町で釣ったものだったことを思い出しました。

5月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

「魚と人の知恵くらべ」展で・・・。

Kcimg1746瀬戸内海歴史民俗資料館で5月10日まで開催している特別展「魚と人の知恵くらべ」展を見に行きました。一番奥の部屋がその展示室になっています。

Kcimg1747部屋に入って直ぐのところにサワラの木製模型が展示しています。その使い方が書いています。「船のへさきから自然に流しておくと仲間と勘違いしてサワラが突進してくるので、それをモリで突く」。ふふ。この模型は徳島県南部から高知県で行われていたと書いています。

しばらく見て行くと、最近盛んに行われている釣り仕掛けの原型が飾っています。

Kcimg1750エギです。最近の釣具店にはカラフルなエギがズラーッと並んでいて、いかにも現代的な感じがしていますが、もともとは漁師が使っていたもの。

鹿児島で創案されてアオリイカ漁に使われていたものが全国の広まったという説明があります。私は漁師が使ったいたものということは知っていたが、鹿児島が発祥地とは初めて知りました。

5月 3, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

川を覗いたら

Hcimg1791今朝、いつものようにファミレスで時間を過ごした後7時半ごろに家に帰る途中、「ひょっとしたら、いるかも」と家の近くにある川を覗いてみました。

ふふ。いました。30センチ強のチヌがウヨウヨいます。例年、この時期になると見えるのでそれを楽しみにしています。このブログでも毎年書いています。

Hcimg1792しばらく見とれた後、10メートルほど移動すると1匹だけ大きなチヌがいます。50センチはとてもないが、40センチは超えているサイズです。チヌも大きくなると、群れじゃなくて1匹だけで泳いでいるみたいです。

Hcimg1795さらに少し移動すると、「ヒャ~、60cmのチヌがいる」と腰が抜けそうになったが、よくみるとボラでした。でしょうなあ。いくらなんでもこんなところに60cmオーバーのチヌがいないわなあ。

ゆったりと泳ぐボラを見ながら、「あれを釣るとボラの自己記録更新にできる」と思ってしまいました。ふふ。

4月 26, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

チヌ釣り用の撒き餌を買いました

Mcimg1713ちょっとだけだが、あせっています。というのはそろそろ宇和海でチヌの大物シーズンが始まっているはずです。昨年に53センチのチヌを釣ったのが4月の8日。

ということは既に今年は過ぎています。昨年に比べて今年は水温が低めに推移しているとはいえ、そろそろ宇和海に行かなくてはいけません。

というわけで、とりあえずオキアミに混ぜる配合剤を買いに行きました。写真の2種類です。たくさんの配合剤がある中でどうしてもこれがいいと選んだということではありません。

1個が600円少しの、まあ安めのもの2種類を選びました。なにやらマル秘剤を入れているからと値段が1000円以上するのがたくさんあったが、そういうのは信じないことにしています。ふふ。

選んだのは配合剤から刺し餌としてコーンが拾えるものと、白く濁るものの2種類です。以前は3キロのオキアミに配合剤1種類だけにしていましたが、最近は1.5キロのオキアミに配合剤1袋を混ぜて使うようにしています。理由はない。なんとなく、ですわ。

4月 23, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

菜の花が咲いて

Lcimg1715毎日のように通る小さな川沿いを歩いていて、菜の花がたくさん咲いているのに気が付いて、思い出したことがあります。毎年、この時期はたくさんのコイが集まるはずです。

Lcimg1716そこでいつもコイが集まる場所に行ってみました。すると、いる、いる。たくさんのコイが集まっています。それに冬には全く見なかった亀もたくさんいます。

集まっているコイを数えると20匹以上います。だが、例年ならもっともっと集まるはずです。去年は150匹くらい集まっていました。

もうしばらくすると、コイの産卵が始まるはずです。自然は毎年季節とともに繰り返されて過ぎて行きます。ということは、宇和海の大型チヌもシーズンインしているはずです。

そしてもうじき孫が里帰りしてくることになっていますが、ヒブダイのフライが好きなので、これも釣りに行かないといけません。ふふ。

4月 18, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

オカテッちゃんからイカ釣りの報告メール

一昨日の昼過ぎ、オカテッちゃんから電話があって「これからイカ釣りに出発する」といいます。天気予報ではその日の翌朝から厳しい寒気がやってきて雷雨になると繰り返し言っています。

そのことを言うと「えーっ、知らなかった」といい、インターネットで確認しているようで、「雨かあ」とつぶやいています。なので、出発はてっきり断念したと思ったら、昨日の昼前にメールが届きました。

そのときの写真がこれです。ふふ。どこの景色やらさっぱり分からないが、600グラムと1キロを釣ったとのこと。そこで・・・。

Zhjim96njsメールを返信して、「釣ったイカの写真を送って」とおねがいしました。で、届いたのがこの写真。背景の空はよく晴れているようだが、風が強いとのこと。ふふ。

だろうなあ。だが、釣りキチは「行くぞ」と決心したら天気がどうであろうと突っ走ってしまうものだと、つくづく思いました。ま、頑張ってください。

4月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

さかな君のアマゾン

Mcimg1706数多くあるテレビのバラエティ番組の中で好きなひとつに「アイ・アム・冒険少年」があります。MCはナイナイの岡村さん、ココリコの田中さんなどですが、とにかくおもしろい。

無人島からナイフ一つで食料も自分で調達して3日間をかけて脱出するとか、雪深い山中から何の装備もなく脱出するのを、食料のほか様々なフル装備をもらった素人の女性と速さを競ったりする。

最近の番組はさかな君がアマゾンに行くと言うので何を冒険するのかと楽しみにしていました。ふふ。

Mcimg1708すると、さかな君は養殖場にいる大きなピラルクをビビリながらようやく抱いたり、物干し竿のような棒の先にハリをつけずに小魚を結びつけて水中に垂らすとピラルクが強力に引っ張るという映像。

もちろんハリがないのでハリ掛かりせずに単に引っ張るだけ。ちょっと期待はずれだったかなあ。さかな君は「ピラルクが暴れたら肋骨が折れる」とつぶやいたのが印象的でした。

確かに芸人が無謀に色んなことをする映像に慣れてしまっている自分にちょっと反省。

4月 12, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

香川県に新たな水族館構想

Cimg8803s高松市にある新屋島水族館は今年中に閉館することになっています。この水族館は高松市の観光名所の屋島山上にあって日本一標高が高い場所にある水族館でしたが、その後箱根に標高700メートルを越えるところに水族館が出来て一番でなくなっていたました。ふふ。

そして昨年から今年にかけて香川県内に新たな水族館構想が2件出て来ています。一つは県西部の三豊市が水族館建設のために造船所跡地を購入することを決定したとのこと。広さは2万平米を越えていて非常に広い。

もう一つの水族館構想は県中央部にある宇多津町に民間主導で進められています。その広さは5500平米で三豊市構想に比べると4分の1の広さ。

香川県には水族館に欠かせないアクリル板の世界一シェアを持っている会社、日プラがあるので心強いのです。新屋島水族館の経営にもかかわっています。

さて、今後2件ある水族館構想がどうなるのか私には全く分かりませんが楽しくて集客力の高い水族館ができることを願っています。

水族館では魚がエサを食いつくところを見て釣りの参考に出来るかも・・・。ふふ。

4月 11, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

今朝の霧を見て思い出した

Mcimg1700我が家は海から200メートルくらいのところにあります。今朝、新聞を取りに家を出ると、すごい霧が出ています。海の近くなので、春には時々あります。

直ぐ近くの海も霧で全く見えません。ふふ。この霧をみて、思い出したことがあります。

もう30年以上昔のことですが、愛媛県宇和島市の渡船で沖にある御五神の磯を目指しましたが、ものすごい霧です。だが、船頭は慣れているのか、港を出ると一直線に真っ白い霧の中に突っ込んでスピードを上げます。

当時の渡船はスピードが遅いので磯場まで1時間近く掛かります。船頭の見込みでは港の地形から見て方角を決めて走れば島が見えるはずと確信していたようです。

ところが1時間走っても周りは霧で覆われていて島影が見えません。自信をなくした船頭は左に舵を切ってさらに20分間全速力で走ります。

だが、それでも霧の中で自分がいる場所の手ががりになる島が全く見えません。それからやたら滅多ら走ること1時間。やっと後方に御五神島の頂上がわずかに見え、その方向に走ると見慣れた島がありました。磯場に渡ったのは予定よりも3時間近く遅くなっていました。

その間、私達釣り人も不安で、九州まで連れて行かれるのかと本心から心配しました。ふふ。

4月 6, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

30年以上前の本を読んで・・・

Qcimg1559書斎の本棚に「イシダイの島を訪ねて」を見つけて読みました。もちろん買った時に読んでいるはずだが、ほとんど忘れてしまっています。

発行年は1982年なので買ったのは30年以上前です。著者は橋 與司男さんで出版社はアテネ書房。すごく値段が高くて買うかどうか迷ったことを記憶としてはっきりと残っていて、1800円。30年以上前の1800円だから迷うはずです。

最初に写真があるが、釣り場の写真のがトップに私がよく行く愛媛県御五神のピラミッド。そこで、260ページの中で御五神の釣行記を最初に読んでみました。昭和40年のことなので50年以上前の話です。

当時は渡船システムもきちんと整備されておらず、島まで3時間もかかったと書いています。今はゆっくり走って1時間少し、最高速で走ると30分です。3時間も掛けていくとはすごい情熱。ふふ。

磯では潮が引くのを待って、麻のメリケン袋4袋に撒き餌にするフジツボやカメノテを取り、刺し餌にする大型フジツボを2袋取ったと書いています。1袋がすべて30キロです。

3日間頑張って著者は1.5キロのイシガキダイ1匹のみ。当時の御五神はとんでもない離島感覚だったようで、現在の安直簡便な磯釣りにどっぷりと浸かっている自分をちょっとだけ反省しました。ふふ。

4月 5, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

「Rがつかない月の牡蠣」

Cimg3821一昨日、私が毎月投稿している「関西のつり」の池田編集長から電話がありました。この雑誌にはエッセイのほか、クロスワードパズルも釣り人向けと奥様向けの2つを投稿しています。

池田編集長からの電話は4月10日に発売される5月号に掲載予定のパズルのヒントについてです。発売までに1週間程度しかないはず。そんな時期に電話をしてくるのは余程のこと。

内容は答えが「牡蠣」のヒントを「rがつかない月は食べない」としていたのが納得できないということでした。ふふ。確かに夏牡蠣もあります。

外国のことわざに「Rがつかない月は牡蠣を食べない」ということわざがあり、これをヒントにしていました。英語でRがつかない月の5月から8月までは牡蠣の身は痩せていて、食中毒にもかかりやすいという内容です。「r 月 牡蠣」で検索すると300万件がヒットして、ことわざが出てきます。

だが、考えてみると外国のことわざなので、ヒントとしては不適切だったようで・・・。日本でもすっかりポピュラーなことわざだと思いこんでいました。ふふ。反省。

4月 2, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

初めての脈釣り、思い出場所

Ecimg0998高松市西部の郷東町に昔あった貯木場に行って見ました。釣りが目的ではなく、なんとなくぶらぶら散歩です。港の右側に波止が出ていて白い灯台が見えます。

これを見たとき、いきなりのフラッシュバック。思い出したことがあります。おそらく30年近く前のことです。この波止の先端で初めての脈釣りをしました。

脈釣りという釣り方があると本で知って、自分なりの仕掛けを作って意気揚々と出かけました。竿は当時使っていたチヌ竿。その竿先に道糸を直結して2本バリだったと思います。

エサはゴカイ。竿がちょっと固い気がするが、それほど間違ったものではありません。

何度か振り込んだ後、ジーッと待っていてもアタリがありません。そのときは竿を少しずつ動かせて探るということはせずにただひたすらに「いつ、ガクッとアタリがくるのか」と、真っ暗い中を待ち続けて30分。

辛抱を切らして仕掛けを上げてみることにしました。すると竿を立てても仕掛けがつかめません。つかめないというより、仕掛けが竿先からぶら下がって無いのです。竿を横にして竿先まで手探りしていくと、なんと、竿先に仕掛けがぐちゃぐちゃに絡んでいます。

ということは仕掛けは海中になくて竿先に絡んだ仕掛けでジーッと待っていたってこと。釣り始めの頃竿をしゃくったときに、仕掛けが飛び上がって絡んだらしい。今ではちょっとした微妙な感触も分かりますが、初心者だったときは、まあ、こんなもんでしょう。ふふ。

3月 30, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

初めての磯釣り

Cimg9330釣りを始めてからずっと、釣り日誌をつけています。私の初めての磯釣りは釣りを始めてから2年目に、わらじを持って行った種子島の磯ですが、これは珍道中でホントの釣りになりませんでした。

ちゃんとした磯釣りでよく覚えているのは釣りを始めてから4年目の昭和51年4月17日に愛媛県西海の「ツルの首」だったことが、釣り日誌をめくってみて分かりました。

このときは急流のような流れで釣り方が全く分からず、当然そこでは何も釣れず、場所変えして行った「のこぎり」でサンノジの30センチと25センチを釣ったと記録しています。当然大事にクーラーに入れて持ち帰ったはずです。

このときの磯釣りに対する気合いが持っていったエサの量でわかります。この時代はまだオキアミが売ってなくて、アミエビ20キロ、撒き餌用の冷凍湖産エビ7枚、刺し餌用の冷凍湖産エビ2枚ととんでもない量です。

何故かアミエビの値段は書いていないが、湖産エビだけで3600円も買っています。給料がせいぜい3万円程度だったはずで、よくまあ・・・、と絶句です。

このときは「磯に行けばだれでも大きな魚がバンバン釣れる」と思っていたのが、ぶち壊されました。ふふ。まあ、釣りってそんなもんです。

3月 27, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

四国磯連から魚拓用紙をいただきました

Ncimg1646この前の日曜日は高松市で西日本磯釣り協議会の総会がありました。私は出席できなかったので、先週にあった四国磯連のチヌの部の年間大物表彰4位の賞品を古川さんからイノちゃんに預かってもらいました。

イノちゃんから「預かった」という電話があったので取りにいきました。今年の賞品は四国磯連で作成している魚拓用紙でした。5枚です。結構な値段がする特注品ですので、大物の魚拓をするときにはありがたい品です。

魚拓に必要な年月日、場所、釣り人名が書けるように事前に印刷されています。ふふ。

何年か前にも50センチオーバーのチヌを釣って表彰されたときがありました。そのときの賞品は包丁でした。高知県は土佐刃物が有名で、その包丁です。

そのときにもらった包丁は今でも磯釣りのバッグ入れていますが、切れがよくて重宝しています。だから、今年も内心は包丁を期待していたのだが・・・。ふふ。

3月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

ガソリン代が下がったが・・・

Kiki6572ガソリンが昨年から比べると1リットル当たり30円以上値下がりしている。愛媛県南部や高知県西部への釣行が多い私にはうれしいこと。

そこで気になったので昨年一年間で使ったガソリン代を計算してみました。37万8000円でした。1ヶ月当たりだと3万1500円と予想以上の多さ。

今年の値下がりがこのまま1年間続くとしたら、30万円そこそこで済むはずです。ふふ。それにしてもエコじゃないなあ。

その一年前のガソリン代を集計してみると、1000円違いの37万7000円と、昨年とほぼ一緒でした。ま、それだけ私の釣行パターンが毎年同じということでしょうか。

アオリイカ釣りで高知県西部に行くとだいたい走行距離が750キロ程度になります。リットル10キロとして75リットル。やっぱりエコじゃないなあ。

2月 25, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

ダンゴウオ3種は同じ魚・・・

Cimg5739s今朝の新聞各紙に「ダンゴウオ3種は同種」という記事が掲載されています。なんか、化かされた感じ。ということで、この記事の写真は狸にしています。

というか、私はこれまでダンゴウオを水族館で見たことはあるが、釣ったことがないので写真がないので、仕方なくというのが本音です。ふふ。

これまで同じ魚と思っていた魚が実は別の魚だったということは何度かありました。最近では2008年にメバルがアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種の違う魚に分けられました。

今朝の新聞記事ではこれまでダンゴウオ科の別種と考えられていたコンペイトウ、コブフウセンウオ、ナメフウセンウオの3種が同じ魚だったとのこと。

北大と兵庫県立大学の研究チームが卵を採取して飼育したところ成長していく過程でこの3種になることが分かったと言います。海の中の世界はまだまだ分からないことだらけのようです。

ということは、ひょっとしたらイシダイがどんどん大きくなってクエになったり、ブリがどんどん大きくなってカジキになったりしないのかと、想像したりしました。ふふ。

2月 22, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

去年はいい年だったようで

Tcimg1497香川磯連の新年会の表彰式で、二つの熨斗袋をいただきました。
ひとつはチヌの年間大物の3位に入ったもの。53センチを釣ったのは4月だったので、年内にはこれ以上に大きいのを他の人がどんどん釣ると思っていたが、3位に滑り込みセーフでした。ふふ。

もう一つの熨斗は香川磯連讃岐カップの大会でイシダイの部3位になったもの。このブログにも書きましたが、雪のため高知県沖の島で開催予定の大会が雪のため高速道路が封鎖されて、魚拓大会になりました。

この時期はイシダイが釣れる可能性が少ないと見て、36センチのイシガキダイを魚拓にして提出。スケベ根性がよかったということ。ふふふのふ。

熨斗の中には期待以上の7000円と8000円が入っていました。合計1万5000円。もちろん、釣行にはこれの何倍ものお金を使いました。ふふ。

香川磯連から表彰をもらったのは何年振りか忘れるくらい随分昔のことのように思います。さて、今年もこんなにうまくいくようには思えないけど、頑張ります。頑張っても釣れないものは釣れないけど。

2月 17, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月16日 (月)

マンホールコレクションの次に

Ucimg1480四国のマンホールデザインのコレクションが一段落したので、今後のライフワークとして何をしようかと去年から考えてきました。四国各地にあるお魚や動物の造形物コレクションを数年間続けているので、まずこれを集大成することを考えました。

だが、思い直して四国の中にある「世界一・日本一」を今後のターゲットにすることにしました。これは20年間以上、四国にある世界一、日本一に関する新聞・雑誌の切抜きや四国各地の地域パンフレットを合計で1000枚以上集めて、これまでもいくつかは現地に行って写真を撮ってきました。そのサンプルはブログ「四国はおもしろ造形の楽園・天国」の右下のほうに記載しているある「日本一世界一」カテゴリーをクリックすると見ることが出来ます。

そして瀬戸大橋が世界一の鉄道道路併用橋であることのように有名なものもたくさんあるが、それ以外にB級、C級の世界一、日本一がたくさんあることも整理しています。例えば香川県だけでもこういうのを集めると80個以上、四国全体だと300個くらいあります。

A級の日本一・世界一については以前の職場にいたとき、まとめて印刷したところマスコミでも大きく取り上げてくれて好評でした。今回はコツコツと集めてきたB級、C級、ものによってはD、E級も含めて整理するつもりです。

写真にある本は去年に発行されたものですが、これにはまだ見つけていなかった日本一に触れたものが各県2個ずつくらい書いていたので、購入しました。今後は膨大な新聞、雑誌の切抜きや地域パンフレットで発見した「四国の中の日本一・世界一」を整理していくつもりです。

そしてその一つ一つのところにいき、写真を撮って行く予定です。もちろんその中でお魚や海に関連するものがあればこのブログで書いていきます。

B級「日本一」の手始めに、東かがわ市にある白鳥神社の境内の「日本一低い山」の登山証明をゲットしました。ふふ。

2月 16, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

新手の詐欺か

Qcimg15534~5日前に東京の局ナンバーから電話。「東京の虎ノ門のナニナニという会社です。アンタが出版した『おもしろ釣り道場』という本を国立国会図書館で見ました。すごく内容が充実していて大変感心しました。是非とも全国の釣り愛好家に読んでもらいたい」。

ここまで聞いただけで怪しいと思いました。だいたい虎ノ門にある会社といきなり言うだけで十分に怪しい。普通、いきなりそんなことはいいません。

こっちが田舎者と思い、「虎ノ門」と出せば立派な会社と思っているらしい。それに10年以上に出版した本をいまさら「すごい、すごい」と言われても。

「2月14日の全国紙にカラーの全面広告をするので、その区割りにアナタのすばらしい本の広告を出したい」と、新聞社の名前を言います。ここで「お金がいるのですね」とこちらから言うと、ちょっとあわてた感じ。

そこですかさず「この本は売れ行きがよくて絶版になりました」というと、直ぐに電話を切ります。

しかし、ちょっと気になったので2月14日付の新聞を買ってチェックすると、そんな広告は全くありません。それに掛かってきた電話番号とホームページ掲載の電話番号も違います。我が家は匿名では掛からないようにセットしているのです。おそらく、広告代を振り込ませるということだったのでしょうか。

年寄りだけど、ほとんどが売れないで在庫に残ってしまう自費出版につけ込む詐欺だったとしか思えませんわ。ふーっ。

以前読んだ百田尚樹さんの「夢を売る男」が自費出版を巡る詐欺まがいのだったことを思い出しました。

2月 15, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

「今年のカレンダー」と潮見表

Dicimg1301今年の釣りカレンダーを近くの釣具屋さんでいただきました。「どこのメーカーのがいいか」と聞かれたので、魚拓のダイワのをもらいました。

今年の一年間はこのカレンダーを見続けることになります。そう考えればカレンダーによるメーカー宣伝は効果があると思います。私は毎日カレンダーを何回も見るからです。

新聞広告なんて、一回見ただけで捨てられることを考えると、カレンダーは費用対効果が高い。私にどんどんカレンダーを送ってください。ふふ。

それに今年の潮見表もいただきました。だが、これは船釣り利用が中心のもので、私にはちょっと使いずらい。昨年はそのために1000円も出して本屋で買ったくらいです。

でも、今年は別の釣具屋で私にも使いやすい潮見表をくれたのでラッキー。ふふ。これで今年の釣行計画は万全に立てられます。

2月 10, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

クラブから3500円の賞金稼ぎ

Wcimg1415私が所属する高松黒潮クラブは主要魚種の年間大物賞と、主要魚種で一定以上のサイズを釣った場合に「ゴールド賞」与えられます。

年間大物賞は3000円。ゴールド賞は1匹当たり500円。どうってことのない金額ですが、もらうとちょっとだが、うれしい。

平成26年は3500円をもらいました。年間大物賞がチヌの部でゲット。そのチヌがゴールド賞対象になる45センチを越えていたので、こちらの賞もゲット。

イシダイで年間大物賞をゲットしたのは5月に牟岐大島で63センチを釣ったカンちゃん。グレの年間大物賞は12月に46センチを釣った斉藤さんになりました。

やはり年間大物賞は渡船で磯に行かないと釣れないようで・・・。ま、チヌは波止からでもつれる可能性がありますが、私が釣ったのは磯。

2月 4, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

昨年目標の50魚種が達成できなかった二つの理由

Gcimg9832昨年の目標の一つに「50魚種を釣ること」がありました。実績は40魚種と、残念ながら目標には程遠い結果に終わりました。

魚種は狙って釣るものではなくて、イシダイ、グレ、チヌなどを狙っていて偶然に釣れるものなので、目標が達成できなくてもそんなに悔しいというものではありません。ふふ。

目標が達成できなかった理由を考えると二つあります。一つは昨年10月に義父がなくなり、1ヶ月以上釣りに行かなかったこと。釣りに行かなかった11月は波止で釣りをすると多様なエサトリが釣れて、魚種数が稼げる時期です。

たが、50魚種の目標が達成できなかったもっと大きな理由は別にあります。

それは50センチを越えるチヌが大物のシーズンとしては早い4月8日に釣れてしまったこと。例年なら年無しのチヌを狙って、一年を通してイシダイ釣りやアオリイカ釣りの前後で、いろんな波止で竿を出していました。

その時に色んなエサトリや珍しい魚が釣れて、魚種数が増えていたのだが、昨年は4月始めに釣れたためにそれ以降はチヌ狙いの釣りを全くしていません。

これが魚種数の目標未達成になった最大の理由に間違いない。ふふ。

2月 1, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

平成26年はそこそこの型がそろいました

Ycimg9494昨年の釣り日誌をパラパラとめくっていて、楽しいことに気が付きました。ふふ。それは色んな魚でそこそこサイズのものが釣れたということ。

そこそこのサイズというのは人によって違います。イシダイ釣り師は私のように40センチの人もいれば、60センチなければそこそことは言わないという人もいます。

グレも私のように40センチを越えればいいという人もいれば、30センチを超えればそこそこの型と思う人もいます。それはその人の経験で変わるものです。・。

私のそこそこサイズの40センチを越える魚が昨年はたくさん釣れました。まずは宇和海の御五神の磯で釣れた43センチのグレ。そしてやはり宇和海で釣れた40.2センチのイシダイ。さらに愛南町の磯で釣れた53.2センチのチヌ。

この3魚種は磯釣り師が狙う代表的な魚ですが、その3魚種でいずれも40センチを越えることが出来ただけでなく、マダイの48センチ、ヒブダイの41センチ、イラの41センチも釣れました。ふふ。

ま、「数打てば当たる」ということで、どれも狙って釣れたものでなくて偶然に釣れたということが私らしい。ふふ。

1月 24, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金)

ダメよ~、ダメダメ

Oitukami7352平成26年の流行語大賞は「ダメよ~、ダメダメ」となりました。私はそうだろうなあと思っていました。新年早々「ダメ、ダメ」もどうかと思うが、釣りに関する「ダメよ~、ダメ、ダメ」。

「釣り場にゴミを捨てちゃあ、ダメダメ」なんて、釣り人に対するダメ出しを、ここでは書きたくありません。そこで釣り人からの苦言での「ダメよ~、ダメダメ」で・・・。

「渡船料は油が上がった時にそれを理由に値上げしたのに油が下がっても値下げなし。いいだろ~」。「ダメよ~、ダメダメ」。

「港の波止を漁協が勝手に有料駐車場にしたり、釣り禁止にしている。港は漁師のものだから、いいだろ~」。「ダメよ~、ダメダメ」。

「イシダイ釣り用のウニ1個が140円。渡船が用意しているのだから、他で買ったちゃ~ダメだから、いいだろ~」。「ダメよ~、ダメダメ」。

「船釣りで港を出ると大荒れで釣りは無理な感じでも、漁師は船酔いしないからいいだろ~」。「ダメよ~、ダメダメ」。

1月 23, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

指紋がなくなった

Ycimg1369昨年12月に一週間もあけずにイカ釣りとイシダイ釣りに行きました。イカ釣りでは活きアジをつかんだり、釣ったイカをつかんだりで、塩水に触れることが多い。だから、釣りから帰ると指先がザラザラになります。

イシダイ釣りでもウニをつかんで棘を切り落とすために塩水に浸かることが多い。これを1週間に2回続けたので、いつもよりも指先がツルンツルンになりました。

1回だけの釣行だったら、すぐに直るのだが、今回はなかなか直りません。2週間たっても風呂に入るたびに指先に痛みが走って「ワオーッ」となります。ふふ。だが、時間が経つともっとひどいことに・・・。

Xcimg1384_2最近は指先の皮が剝けてきました。風呂に入ったときの痛みは全くなくなったが、お湯でふやけた皮がどんどんむけてきます。どうにもなりません。

ま、病院に行くことはないが、自分でもナンカ気持ちが悪いくらい剝けます。釣りを楽しみとすることの代償なんだから、辛抱します。ふふ。

1月 14, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

昨年の目標達成度と今年の目標設定

Ocimg0685昨年の目標は「イシダイ、グレ、チヌのいずれかの魚種で50センチ以上を釣ること」、「年間50日以上の釣行をすること」、「魚種を50以上釣ること」、「500匹以上釣ること」の4つでした。

このうち、チヌの53.2センチを釣ったので1番目の目標は達成したが、釣行は44日、魚種は40魚種、匹数は479匹とことごとく目標未達成となりました。

ま、自分で勝手に決めたことなので、未達成となっても何のペナルティもありません。ふふ。

今年の目標を決めなくてはなりません。昨年は4つの目標のうち3つも未達成なので、昨年以上の目標を設定するのもいかがなものか。勝手に自分で決めるとはいえ、節度ってものがあります。

そこで今年の目標は昨年と同じとします。「進歩がない」と言われればその通りです。
ただ、アオリイカのウキ釣り以外の釣り方のヤエン釣りやその他の釣り方をを勉強しようと思っているので、「アオリイカの新しい釣り方の習得」を目標にしたいと思っています。どうだろうなあ。

1月 13, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日)

NHKはやっぱりすごい

Wcimg14061月7日の朝、NHKの「あさイチ」を見ていました。事前にNHKよりマンホールが話題になると連絡があったからです。すると、オカテッちゃんから電話で「マンホールをやっていて、お前がチラッと出た」との話。ふふ。

Wcimg1407以前仕事で関係のあった宮内さんからも携帯電話にメールが届いていましたが、私は一切携帯でメールをしないので気が付きませんでした。

Wcimg1408以前四国全体で放映された私のマンホール探しが「あさイチ」の最初にチラリと出て、一瞬だけど宇和島市でカラーマンホールを探した場面の中で私が映りました。ふふ。

松山放送局が四国4県で放映したのが局内で評判がよく、愛媛県内では夕方の時間に再放送。さらに全国版の「あさイチ」に持ち込み企画として採用されたらしい。ま、私のマンホール本の自費出版が発端になったのは間違いない。

ところで、「あさイチ」は女性を主な視聴者にしているということで、私がメーンになることはできず、テーマは「マンホール女子」になってしまったが、デザインマンホールが全国的な話題になったのでうれしい。

それにしてもNHKのパワーはすごいと実感したのは、その後に「NHK あさイチ マンホール」で検索すると20000件以上がヒットしたこと。私のコレクション目的の「マンホールのデザインは地域自慢の掘り起こし」という趣旨があまり伝わっていなかったのが、残念と言えば残念。

ただ、「高松市にあるQRコード入りのマンホールは全国の先駆け」というのを松山放送局の中澤アナウンサーがきっちりと宣伝してくれたのがよかった。

1月 11, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

寒中お見舞い申し上げます

Zimg105「寒中お見舞い申し上げます」。
今年は年賀状を皆様に差し上げることができませんでした。その代わり、年賀状をくれた方には写真のようなデザインで寒中見舞いを送らせていただきました。

例年だと前年に年賀状をくれた方にこの年の年賀状を書いていましたが、今年は年賀状をくれた人だけに寒中見舞いを書きました。するとすごく楽。ふふ。

前年に年賀状をくれた人の中には、私が出したから仕方なく後からくれた人もいると思うが、その判断が難しい。こんなに楽なら来年からは年賀状を止めてすべて寒中見舞いにしようかと思ったくらいです。ふふ。

それに寒中見舞いだと、写真も入れることが出来ます。去年はアオリイカだったので、今年は小さいけどイシダイにしました。
だいたい、1年間になくなった方がいて、年賀状を書かないということも、私にはなんか不合理な感じです。

慣習と言えば、それだけのことだが、私が子供のころはそんなことをしていた記憶があまりないなあ。ま、いいか。

1月 9, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

平成26年の漢字は・・・

Cimg9676日本漢字能力検定協会が毎年発表する「今年の漢字」の平成26年はご存知の通り、「税」になりました。ま、いろいろ賛否があるようですが・・・。

で、私も毎年、一年間の釣りを振り返って「今年の漢字」を考えています。平成26年の候補としては、「覚」、「新」、「満」の三つ。

「覚」はアオリイカやイシダイの新規釣り場やアオリイカの新しい釣り方の泳がせ釣りの一端を「覚」えたこと。「新」は「覚」と同じ理由で新しいことが色々とあったこと。「満」は総じて今年の釣りは満足だったこと。

平成26年の私の釣り漢字は「覚」とします。イシダイ釣り場の高知県樫ノ浦を覚えて一人で釣行したことで、イシダイ釣りの幅が広がった気がします。他にも今年は行けなかったが高知磯連の別役さんから教えてもらったイシダイ釣り場があります。

また、来年の釣行につながるアオリイカの泳がせ釣りを体験したことも大変意義があることです。この釣り方も覚えたいと思います。

1月 6, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

スケベ根性で魚拓提出しました

Ycimg1362昨年12月の香川磯連大会が雪のため高速道路が通行止めになって、1ヶ月間の魚拓大会になりました。おりしも年末年始の忙しい時期です。それに丁度天候が荒れるという予報も既にありました。

私がサラリーマン現役の頃は、こういう事態になると「釣りにいけなくて残念」と悔やむだけですが、いつでも釣りにいける身分。小さくてもいいから釣りたいと高知県樫ノ浦の磯に行きました。

そこで36センチを少しだけこえるイシガキダイ。普通なら魚拓を作って審査に提出サイズではありません。でも・・・。

ひょっとしたら、他に提出者がなかったら、3位にはいるチャンスがゼロではありません。香川磯連事務局長の前川さんに電話すると、「まだ、だれからも魚拓の提出がない」とのこと。イヒヒ。

そこで魚拓にしました。磯の上で測ったら36センチを越えていたので魚拓にすると37センチ、場合によっては38センチと思っていたが、魚拓にしてから測ると36センチ。おかしいなあ。

釣ってすぐにシメて氷水に浸けたので縮んだんかなあ。しゃーないわ。それでも魚拓を前川さんに送付しました。

1月 2, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます

Bkcimg9362明けましておめでとうございます。正月3日間は残念ながら強風で釣りに行けそうにありません。今も台風並みの風です。辛抱です。ふふ。
それはさておき、今年も皆様にとっていい年でありますように・・・。特に大物バンバン、小物バンバン、エサトリバンバンとにぎやかな楽しい釣りになりますように。

私は会社をリタイアして早くも8年目になりました。お陰で平日に釣りに行けて楽しい釣りを続けています。一人釣行も自由で楽しいが、楽しい仲間との釣行はもっと楽しい。

ヨッさん、オカテッちゃん。今年もイカ釣行よろしくお願いします。また、高松黒潮クラブや香川磯連の楽しい仲間との釣行も楽しみにしています。

ただ、私は寒いのが大嫌い。なので毎年エンジンが掛かるのは3月以降。1月、2月は冬ごもりになります。この時期の寒グレは脂が乗っておいしいのは分かっているので磯に行くが、たいていは1度で「もういいや」となります。ふふ。

寒さ対策で防寒着をこれでもかというくらい着るので香川磯連の口が悪い連中からは「おまえは雪だるまか」と笑われます。ただでさえ、運動能力が劣っているのに、着膨れの状態での磯は危ないのです。

ま、とにかく、今年も楽しい釣行を書き続けたいと思います。よろしくお願いします。

1月 1, 2015 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

今年もご愛読ありがとうございました

Dhcimg1352今年も残すところ、数時間となりました。歳をとるごとに1年が過ぎるのが早くなります。
そしても国民行事の「紅白歌合戦」が始まります。若い人の歌は全く分からなくて退屈ですが、今年も「山の神」と一緒に観ます。ふふ。
今年の釣りは大変楽しいものになりました。アオリイカとイシダイを中心に、ハゼ、サヨリ釣りも楽しい釣りでした。楽しい仲間と楽しい釣行。それもリタイア老人の特権を生かして好きな時に天候を見て釣りにいける幸せ。

来年はいよいよ70才になります。私は以前から「磯釣りは70才まで」と思っていました。とはいっても、イシダイ釣りは楽しいのでやめるわけにいきません。
無理をせずに磯釣りを続けるつもりです。体力が落ちてきているのは十分に認識しているが、その点時間に余裕があるので天候を見ながら釣り場が比較的空いている平日を選んで磯に行くつもりです。
今年も相変わらず全国から多くの方に、また海外からも読んでいただき、それを励みに毎日書き続けることができました。来年もよろしくお願いします。

12月 31, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月24日 (水)

「黒潮実感センター」から約束のイカ

Djcimg1286Djcimg1288高知県のダイビングスポット柏島にあるNPO法人「黒潮実感センター」から冷凍パックが届きました。アオリイカの産卵床の寄付をした時に大きくなったイカ1キロを郵送してくれることになっていました。
先日、「今年のイカは成長が遅いので、郵送は遅れる」という内容のお詫び文書が届いたばかりなのに早々に届いてちょっとだけびっくりです。
私より先に寄付をしていたオカテッちゃんからも電話があって「イカが届いた」とのこと。ふふ。

冷凍パックの中は544グラムと490グラムのイカが入っていました。「1キロのイカを送る」ことになっていましたが、今年の成長の遅さのせいらしい。オカテッちゃんに届いたイカも同じように2匹と聞きました。
それにしてもちゃんと約束を守ってくれました。よかった、よかった。私の寄付は私が会長をしている香川県釣り団体協議会の名前ですることを会員皆さんの承認を得ましたが、寄付金1万円は私が拠出したのでイカは私がいただくことにします。ふふ。

12月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

高知県の「黒潮実感センター」さんから

Zimg102今年の春に高知県大月町の「黒潮実感センター」にイカの里親を申し込みました。1万円の寄付です。この寄付はイカが卵を産むための環境づくりのためです。
この黒潮実感センターから郵便物が届きました。中にはセンターが沈めた産卵床にイカの卵がたくさんついた写真があります。なんか、うれしい。
Zimg101そして、私が作って郵送したネームプレートの写真もあります。海中の産卵床に付けられています。これも寄付のときの約束を守ってくれています。ふふ。

同封の文書「アオリイカの里親になって下さった皆様へ」には、寄付の時に約束した1キロ級のイカの送付が遅れていることのお詫びが書いています。
それによると、今年は夏の大雨や長雨、冷夏によってアオリイカの成長が非常に悪く不漁続きになっていて、宿毛湾全域から水揚げされるイカを市場から仕入れる努力までしていると書いています。
確かに今年は私たちが高知県西部に釣りに行っても例年に比べて型が小さいと思っていましたが、そのとおりになっているようです。

12月 20, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

潮見表を見て・・・

Dpcimg1166高知県にアオリイカ釣りに行く予定なので、大潮の日を調べました。アオリイカ釣りは潮が動く大潮がいいのです。それも夜釣りは満月の大潮がいいので、調べると12月6日がその日になっています。
そういうことを調べていると、日の出と、日の入りの時刻が目に留まりました。この時期の日の入りは16時54分。1年で日中が最も短い12月22日の冬至を調べると、日の入り時刻は16時58分。ということは、現在が1年で最も早い日の入りです。
冬至よりも12月上旬のほうが日の入りが早いということを初めて知りました。冬至が日の入りも1年で最も早いものと思い込んでいました。冬至の日は日の出が遅くなっている。

日の出が10分違っても現在の私の生活にはあまり関係がありませんが、日の入りは釣行のときすごく関係します。
ついでに気温も調べました。現在の最高気温の平均は13.3度。これと同じになる春はいつかを調べると、3月中旬です。3月中旬と言えば気分はもう春でルンルンの感じのはず。
今の時期が3月中旬と同じ気温とは思えません。暗い真冬に向かうときと暖かい春に向かうときとでは、同じ気温でもこんなに気分が違うということでしょうか。

12月 4, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 3日 (水)

釣行準備万端

Dpcimg1163_2今週の火曜日から高知県西部にアオリイカ釣りに行く予定でした。その前の週にヨッさんとの約束も出来て、オカテッちゃんも行くことになっていました。ふふ。
ところがご承知の強烈冬型天気。いくら北西風に強いポイントでも、この風と波では竿を出すことが出来ません。出発の前日にヨッさんから「これでは釣行は無理」の電話。もちろん同意。
オカテッちゃんにも連絡して、出発を翌週にすることにしました。今のところ来週には気温も上がってくる感じです。

久しぶりのイカ釣りなので、イカ釣り具を一つ一つチェックして、100円ショップでウキ用のボタン電池を買ったり、イカの仕掛けをヤスリを使って作りました。
用意万端で釣り具は我が家の玄関に積みあがっています。ふふ。出発まではこの状況のまま。しゃーないことなので、「山の神」も黙認してくれています。ふふ。

12月 3, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

テレビでも誤りはある

Dscimg1145写真は11月下旬に放映されたある番組の一場面。釣り人はすぐに誤りが分かります。この魚がカマスかい!!! どうみてもハマチでしょ。ふふ。
テレビでもこういう誤りがちょくちょくあります。普段魚の切り身しか見たことがない人にとっては、「これがカマス」といわれればそれを信じるのでしょうなあ。
でもなあ、こんな簡単な誤りだけは勘弁してほしいわ。チェックする人がいないのでしょうか。政治関係だったら、きっと厳密にチェックするのでしょうけど、バラエティだからかな。
だけど、同じ時期にもっとひどい誤りがあった。

Dscimg1146別の番組で、日本が世界に誇るもののひとつとしてカラーマンホールが紹介されました。ふふ。いいことです。もっともっと世界に宣伝したらいいと思います。
その中で紹介されたのが去年高松市に設置されたQRコード入りのマンホール。高松市のマンホールが全国放送で紹介されました。だが、画面をよーく見てください。
「香川県松山市」になっています。テレビにかかわる人はせめて全国の県庁所在都市の名前くらいは覚えておいてほしい。それとも四国をバカにしてるんですか。

11月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

干潟のカニの名前調べ

Ducimg109710月に「川辺の生物」という図鑑を買っていたのを思い出して、近くの川尻にいるカニの名前を調べに行きました。夏前に孫が来ていた時にたくさんいたカニです。
Ducimg1104ところがあれほどうじゃうじゃいたカニが全くいません。石をはぐればいくらでもいたのに、全く見当たりません。不思議です。水温が下がったので、どこかに行ってしまったらしい。
当然、石の下にいたギンポらしい魚も全くいません。石の下にはいないが、砂浜に穴を開けている小さなカニを見つけました。早速図鑑で調べました。
穴の周りには米粒くらいの小さなダンゴがたくさんあったので、コメツキガニということがわかりました。ふふ。

Ducimg1093_2小さなシャコのようなものもいます。図鑑でハサミシャコエビらしいということが分かりました。
それにしても、孫と捕まえたカニは今回見つけたカニとは明らかに違います。名前を調べにいったけど、これは分かりませんでした。チヌのエサになるかもと思ったが、来年までおあづけです。しゃーないなあ。

11月 25, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

喪中の影響で・・・

Sunport6607t喪中があって、11月は全く釣りに行けません。普段の年だと11月は釣行回数も魚種も稼げる月ですが、今年はそれがゼロになってしまいます。
今年の10月末までの釣行日数は38日、釣った魚種数は38。なので10月時点で今年の目標の釣行50日、魚種数50も何とかなりそうだと思っていました。
ところが11月の釣行が吹っ飛んでしまったので、ぎりぎりの感じになっています。
しかし、11月が喪中のお陰で助かったこともあります。ふふ。

10月、11月はマンホールの本の自費出版に関する取材が多く、釣りとマンホール対応の両方だと非常に厳しいし状態でした。だから、喪中になったのも結果オーライでした。
テレビの取材でテレビクルーと一緒に四国を回ることもありました。
結果として11月22日にあった西日本磯釣り協議会主催のグレ釣り選手権に出席が出来なくなり、事務局の前川さんに迷惑をかけることになってしまいましたが、私にとってもマンホール探しに5年の情熱を掛けた集大成ともいえるもの。ふふ。

11月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

釣り写真を飾ってみました

Ecimg0994コタツの調子が悪いので買い換えました。そのついでにコタツの上に置く額を100円ショップで買ってきて釣りの写真を飾ることにしました。ふふ。
どの写真を額に入れるか迷ったが、やっぱりイシダイがいいと思い、徳島県の牟岐大島でまぐれで釣れた55cmのイシダイ写真をプリントアウトして入れてみました。
こんなことをするのは初めてなので。なんとなくウキウキします。コタツの上が見違えるほど感じがよくなりました。ふふ。

もうすこし大きいほうがいいのは分かっているが、これより大きいのを釣っていないのだからしゃーないですわ。とりあえずこの写真で我慢ということです。
60センチのイシダイが釣れれば即交換するし、アオリイカの3キロオーバーが釣れればそれに交換するつもり。そしてこの額には常に私が最もいいと思う写真を入れていくことにしました。

11月 23, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

釣果を決める「あいうえお」

Cimg0643語呂合わせで言われると、なんとなく納得感が増します。例えば調味料を入れる順番の「さしすせそ(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)」は誰でも知っています。他にも家事の「さいすせそ(裁縫、しつけ、炊事、洗濯、掃除」)も割合有名。
犯罪に使われる毒物「さいすせそ」というのもあります。サリン、シアン化ナトリウム、水銀化合物、青酸カリ、ヒ素らしいです。
もっと納得するのは女性が男性を恋人にする「さいすせそ」があるとのこと。財布(金が無いと興味なし)、しゃべり(話が面白く無いと興味なし)、素敵な笑顔(要するに顔)、誠実(浮気は許さん)、そっちもいける(想像にお任せ)ということらしい。
そこで釣りの「あいうえお」を発表です。

釣果を決める。「あいうえお」です。
「あ」は、合わせのタイミング。釣りのウデの要素はいろいろあるが、なんたって合わせのタイミングでしょ。
「い」は位置の選択。要するにポイントの見極めです。ただ、磯に釣友と上がったとき、さっさと自分がいいところを取ってしまうのはホントの名人とは言えませんわなあ。

「う」は運。名人といっても大物、大釣りは運が左右します。と、名人でない私は思う。
「え」はエサ。エサを間違えると横でバンバン釣れているのにボウズということも。特に地方色の強い釣りはそんな感じがします。
「お」はお天気。ふふ。魚にはそれぞれ釣りやすい天気が違います。
以上の「あいうえお」。納得してくれたら、どんどん使ってください。ただし、このブログのことも宣伝してちょーだい。

11月 22, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

マンホール探しのテレビロケ、712キロ

Dtcimg1120今週、私が自費出版したマンホールの本に関連してNHKがロケをしてくれました。ロケは高松市から始まって、徳島県へ。それぞれの地域に特有のマンホールを写していきます。
Dtcimg1133丸亀市ではカラーのマンホールが歩道ではなく車道にあって、これは大変珍しいので取材になりました。行く先々でそこにいた人たちにNHKアナウンサーからインタービューもします。
サンポート高松では私の釣り姿もカメラに収めました。遠いところからのズームで撮影してくれましたが、どんなに映っているのでしょうか。楽しみです。
NHKからは中澤アナウンサー、カメラマン、音声担当の3人。中澤アナウンサーと私とのやり取りで話しを進めていきます。ふふ。

Dtcimg1142愛媛県南部にも行きました。宇和島商店街はカラー版が非常に多いので、時間を掛けてのロケになりました。その後、西予市、旧野村町など、丸2日間早朝から、夜まで掛かりました。当初は3日間の予定でしたが、急遽2日間になって高知県は写真だけの予定です。
私は四国内のマンホールは理由があって撮影できないもの以外は完全制覇している自信があったので、順調に進みました。だが、最後になってどんでん返し。あるはずが無いマンホールが・・・。
車の全走行距離は712キロ。その内容は29日土曜日の午前7時半からのNHK「おはよう四国」で放映されることになっています。どういうふうに編集されるのかは分かりませんが・・・。

11月 21, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

サヨリの値段

Gcimg0890_2インターネットであることを調べていてお魚の通販サイトに入りました。そこでふと、「サヨリの一夜干し」の値段が気になって調べました。ふふ。
広島県の会社が丸干ししたものを12匹で1890円。すごく安い。もっと値段が高いものと期待していました。12匹で1890円だと1匹アタリ160円弱です。
写真で見ると丸干しなのでおいしそうに見えません。表面も干し過ぎてしわが見えます。これでは食べる気がしません。ふふ。

そこでもっと調べていると、きれいな一夜干しの写真に行き着きました。若狭小浜の津田孫兵衛で、大きなサヨリが腹開きにしていて艶があります。
その値段を見て納得。8匹で3403円。1匹当たり420円強。そうでしょ、そうでしょ。これくらいはしないと・・・。宝山さんが昨年釣ったのは1000匹以上。ということは全部で42万円ということになります。
1年間頑張って42万円。なんか、安いような気もします。ふふ。

11月 17, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

アオリイカに3種類。知らなかった

Ycimg9469アオリイカに3種類いるということを最近知りました。これだけアオリイカ釣りが好きなのに、知らなかったなあ。シロイカ型、アカイカ型、クワイカ型の3種類いるらしい。
体型はそっくりだが、学会では別種と認められているという。そういえばメバルもアカメバル、クロメバル、シロメバルの3種類に分けられたのは最近のこと。
アオリイカも近いうちに3種類に分けられる可能性が高いようなのです。ふふふ。ただ、クワイカ型は沖縄だけにいるイカなので、四国には関係ない。

四国にはシロイカ型がほとんどで、アカイカ型は南方系だが四国南部にいる可能性はあるとのこと。アカイカは巨大になるとのことなので、3キロが釣れたときに考えます。
形からは全く区別が出来ず、イロイカ型は死ぬと白くなるが、アカイカ型は死んでも赤いままらしい。これからはアオリイカの自己記録もシロイカ型、アカイカ型に分けないといけません。

11月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

魚が大きく見えすぎて

Kcimg08282枚の写真を見てください。イノちゃん、山本さんと一緒にイシダイ釣りに行ったときの写真です。大きいイシダイと小さいイシダイに見えますね。
Kcimg0829ところがこれは同じ魚。山本さんがシャッターを押す時にえらい近くまで寄ってくると思ったので、撮った写真を確認しました。すると37センチが50センチくらいの大きさに見えます。
「これはいくらなんでも詐欺じゃあ」と叫んで、もう一度撮り直してもらったのがもう1枚の小さく見える写真です。ちと、小さく見えすぎるとおもったが、これでよしとしました。ふふ。

Kcimg0827山本さんが釣った38センチのイシダイの写真です。これも実際のサイズよりも随分大きく写っています。見ようによっては50センチ近くに見えます。
彼にとって初めてのイシダイを釣った写真なので、これぐらい大きく見える写真でいいと思います。ふふ。

11月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

釣りの状況を電話で・・・

Ecimg0981昨日は以前収録したFM香川の放送日だったので,昼の12時半からラジオを聴いていました。香川の大物ギネスの話がカットされていないか心配だったが、バッチりとカットされていませんでした。ふふ。
そのときヨッさんから電話。風の音がビュービューと聞こえるので「アオリイカをやっているのか」と聞くと、高知県大月町で1キロ以上をゲットしたとのこと。うらやましいわ。1投目に釣れたらしい。
釣りで思い出したので、宝山さんに前日のサヨリ釣りについて電話で聞きました。一緒に行った菅野さんも25匹を釣って大釣りだったとのこと。うらやましいわ。

夕方に再びヨッさんから電話。ひどい向かい風で休憩中だが、最初に電話をくれた後、2匹を追加したとのこと。そのことよりも釣り場で高知磯連の別役さんと会って話しをしたとのこと。
そこで別役さんに電話。やはり向かい風がひどいので釣りを止めて知り合いの家で酒を飲むとのこと。翌日が高知磯連の大会なのでちょっと遊びで竿を出していたのだと言います。そして、ここの磯でもイシダイが釣れると聞きました。
用事がなくても電話をしてみるものです。今度ここでイシダイ狙いを絶対にするつもり。ふふふのふ。

11月 9, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

講演でマンホールの話

Zimg098木曜日の昼、ある団体からマンホールの話で講演を頼まれました。ホテルで昼食を取った後、30分間ほど話しました。会場の写真は事前に撮りました。ふふ。
Dxcimg1066マンホールのデザインは地域の魅力が凝縮しています。実例のスライドを見てもらいながら楽しく話が出来ました。だが久しぶりの講師だったので少し緊張して早口になったかな。反省。
そして最後に「釣りも地方の文化」と訴えて、「香川の大物釣魚ギネス」を参加者全員に配布させてもらいました。

「香川の大物釣魚ギネス」は香川県民が釣った魚種別最大記録表です。毎年更新して釣具店で無料配布していますが、今年で開始してから早くも23年目になります。
釣り団体の大物記録整理はありますが、ひとつの県全体で県民の大物記録というのはおそらく香川県だけだと思います。このことを来年はもっと全国に向けて情報発信したいと秘策を練っています。ふふ。

11月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

「ヒトは魚類」報道

Cimg93308月24日の日本経済新聞を見てひっくり返りました。そこには動物や植物の科学的分類の仕方が遺伝子的解析技術の発展で変わってきているという内容。
そして人間は大きく分類すると魚類になるという。そして原始的な魚と思っていたシーラカンスは、マダイやグレの魚よりも、より人類に近いというのだから、何が何やら分かりませんわ。
ウィキペディアによると、「釣りとは、釣り針、釣り糸、釣竿などの道具を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法のことである。」と書いています。ということは・・・。

人間が魚類なら、釣り人は魚類の人間まで釣ってしまうことになります。いいんでしょうか。ふふ。
そのうち野生の馬を釣るビッグフィッシングがテレビで放映するときがくるのでしょうか。釣り具はもっともっと進歩しないと釣れないと思います。そのときのために、釣り具メーカーさん、頑張ってください。

10月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

鵜がたくさん

Ecimg0995我が家の近くに流れる香東(こうとう)川沿いを散歩していて、ついでに足を伸ばして以前貯木場だったところを見に行きました。
貯木がたくさんあったときはその上に乗ってチヌやウミタナゴがたくさん釣れました。多いときは40匹のウミタナゴを釣ったことがあります。懐かしい感じで見ていて、がっくりきました。
港の中には貯木が流されないように結ぶために作られたコンクリートの構造物がたくさんありますが、その上に鵜がたくさんいます。釣り人として鵜は腹立たしい存在。

鵜をざっと数えただけで39羽。悠々とくつろいでいます。これだけたくさんの鵜がいるということはここの魚は食べつくされてしまっているに違いありません。
あれだけたくさん釣れた魚はほとんどいないと思わざるを得ない。なんとか鵜を駆除する方法は無いものか。環境省は釣り人の味方はしてくれないもの。しゃーないか。

10月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

市場フェスタに行ってみました

Ecimg1006昨日の26日は我が家に近い高松中央卸売市場で年に一度のお祭りがあったので見に行きました。毎年10月第4日曜日にあるのですが、この日はいつも四国磯連の大会日と重なるので行ったことがありませんでした。
Ecimg1003年に3回ある市場の市民開放とは違ってすごい人、人、人です。色んなイベントがあるようで、マグロ解体ショーの会場があったり、生きた魚のつかみ取りで子供がはしゃいでいたりします。
Ecimg1010長い行列があったので私も並ぼうかと思ったが、先端を見に行くと綿菓子の無料プレゼントのようなのでやめました。いくらなんでもこの歳で並ぶのは恥ずかしいわ。

Ecimg1007安い魚を探しましたが、たいしたものがありません。ワタリガニがおいしそうだったが、1匹が2000円から3000円。ちょっと高い。ふふ。
Ecimg1000外に出ると「おさかなシャトル」という魚の形をした車に水槽があります。なかにはマアジ、チヌ、タイが泳いでいてちょっとした水族館気分。

10月 27, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

「あいなん磯釣り大会20414」のパンフ

Zimg096愛媛県宇和海で磯釣りして帰る途中、「山の神」から「蜂蜜が入っていない梅干があったら、買ってきて」といわれていたのを思い出して道の駅に寄りました。
その玄関のパンフレット置き場に写真の「あいなん磯釣り大会」のパンフがあったのでもって帰りました。愛南町全域での磯釣り大会です。
主催に町役場が関係しているようなので、賞品がいいに違いありません。町興しの予算は釣り団体主催のお金に比べるとずーっといいはずです。ふふ。

表彰対象魚はグレの部、他魚の部、レディースの部になっています。レディースの部があるのが、お役所らしいのかもしれません。
私はグレ釣りが下手なので、この大会に参加することはないです。イシダイの部があれば参加したいけど・・・。
それにしてもこのパンフの写真には見入りました。磯釣りの醍醐味が良く出ています。こんな写真はなかなか素人では撮れません。いい写真です。

10月 22, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

イイダコ釣りにいけなくて

Gcimg0888今週の後半に小野ちゃんの船でイイダコ釣りに行く予定にしていたが、私の都合で行けなくなりました。そこで先週、片ちゃんに電話して、前回一緒に行く予定だったが、強風でいけなくなった宝山さんと菅野さんの仕掛けの面倒をお願いしました。
その上で宝山さんに電話をすると「東京にいる」とのこと。昨日、もう高松市に帰っただろうと再び電話すると、「サヨリ釣りをしとる」とのこと。良型が調子よく釣れているらしい。
「アメリカから東京に転勤してきた孫達にサヨリを食べさせるために釣らないといかんのじゃあ」とあせっています。ふふ。
イイダコ釣りについては早速手配するとのこと。

釣り師はこの時期にはいろいろ釣らないといけない魚が多くて忙しいのです。特にサヨリ釣り師の宝山さんは30センチ級が数釣れるこの時期を逃すといけません。ふふ。
宝山さんにはイイダコを釣ったら、私達夫婦用に10匹だけ港にもらいに行くとお願いしました。ふふ。

10月 21, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

桂こけ枝さんと・・・

Ecimg0981昨日の夕方、桂こけ枝さんとの対談がありました。FM香川の番組「あなぶきホームのIt’s My Home Party」という番組にゲストとして呼んでくれました。
こけ枝さんと筒井智子アナウンサーにはさまれてのご機嫌トーク20分間でした。話す内容はもちろんマンホールの話。釣りの話ではなかなか呼んでくれませんわ。ふふ。
こけ枝さんの絶妙な「乗せ」に便乗して楽しく話が出来ました。さすがプロは違います。写真ではすましていますが、本番は笑いっぱなしでした。

トークの最後の最後に釣りの話に強引にもっていき、「香川の大物釣魚ギネス」の紹介をさせてもらいました。こういうふうに県単位で魚種別記録が何年もの間きちんと整理されているのは全国的に見てもすごく珍しく意味があることだと宣伝しました。ふふ。
そして釣りの話だったらもっと楽しい話をする自信があるのでぜひもう一度釣りの話で呼んでくださいとお願いしました。ふふ。
なお、昨日収録したトークは11月8日(土)の12時30分から12時55分までの放送になるとのことです。聴いてもらえるとうれしい。

10月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

昨年下期分のブログを本にしました

Ucimg0502平成25年の7月から12月までのこのブログ記事をいつものように本にしました。前回から出版社を変えたので、表紙に写真を入れることが出来ます。
どの写真にしようかと迷ったが、年末に沖ノ島で香川磯連の大会が会った時に釣れたイシダイの写真にすることにしました。サイズはとどうってことがないが、背景の磯が気に入ったからです。ふふ。
表紙に写真が入るとグーンと本が引き立ちます。この本全体を象徴している感じがします。

今回本にした期間に、イシダイ狙いの釣行が4回、イカ狙いが2回、小野ちゃんの船でイイダコ狙いが2回、Fさんの船でタチウオ狙いなどがいい思い出になっています。

10月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

海水に浸かった携帯とデジカメ

Qcimg0636携帯電話3個とデジカメ2個があります。どれも故障で動きません。希少金属が取れるというので、どこかに持って行って寄付しようと思ったがそのままになっています。
デジカメの2個はどちらも海水に浸かって動かなくなってしまったもの。携帯電話のほうは全部が海水なのかどうか忘れたが、少なくとも海水に浸かったものがあるのは間違いない。
現在は落下防止のために螺旋ワイヤーを付けています。それでも海面で近いところでうつむいたときに落とすと海に浸かる可能性があります。

電話機もデジカメも海に落とすとどうなるか知っていますか。必ず明かりが点いて「早く、助けてくれー」と叫んでいる感じ。そして数秒後に消えるのだが、そのときの切なさはなんともいえない。
現在の携帯は完全防水のものだが、それでも海水に落としたときは、30秒以上ランプが点いていて頑張っていたが、明かりが消えると頑張っていただけに切なさが倍増です。ふふ。

10月 9, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

台風でお魚は・・・

Gcimg0897昨日の台風18号は香川県にはあまり影響がありませんでした。深夜に強い西風で目を覚ましたが、心配した高潮も全くありませんでした。
台風が東に抜けた後、我が家近くを流れている香東(こうとう)川の河口に流れを見に行きました。予想以上の濁流がすごい勢いで流れています。
川の上流では想像以上の雨が降ったらしい。いつもはきれいな水がさらさらと流れている感じなのに、写真のような状況です。

Gcimg0899_2驚いたのは、その濁流がおそらく1キロ近く沖まで流れ、その先の青い海とくっきりした境が見えました。小さな川なのに、こんな広範に沖まで濁流が影響していることに驚きました。
この濁流の範囲にはものすごい数の魚がいると思うが、ただひたすら海水の濁りが澄んでくるのを待つしかないと思います。こんなときに釣りに行っても釣れるはずがないでしょうなあ。ふふ。

10月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

西日本放送のラジオに生出演

Jcimg0853昨日の午前10時10分から15分間程度、RNCラジオに生出演しました。ふふ。ラジオ局のスタジオは、以前釣り情報のパーソナリティをしていたときにも行っていたスタジオと同じだったので懐かしく感じました。
昨日の話題はマンホールの本を出版したということで、新聞報道を見てディレクターから声が掛かりました。釣りの話もするということになっていて意気込んでいましたが、ほとんどがマンホールの話になってしまいました。
そしてあっという間の15分間。自分の趣味の話を多くの人にできるのは楽しいことです。

先日はテレビにも特集で出させてもらい、今回はラジオ。こういうのを「時の人」というのでしょうか。ふふ。これだけマスコミに取り上げてもらえるとは、正直思っていませんでした。
ただ、多少のことは考えてから行動を起こしました。例えば、単なるマンホール探しではなく、それが地域の魅力や自慢の発信になるとか、近年の地域の特徴が平成の大合併で見えにくくなりつつあると、いうことなど・・・。普段思っていたことが、マスコミの人たちにも伝わったのかもしれません。

9月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

三宅島の置き釣り漁

Pcimg06478月下旬の日曜日の朝、いつものようにファミレスを出て家に帰ってくる時にテレビの音声を聞いていると、何か珍しい漁の話をしています。
Pcimg0653そこで家に着いたとき、カーナビのテレビを付けてみました。おもしろいので数分だけど最後までみてしまいました。
その漁は三宅島の一風変わった漁です。溶岩に、トコブシの切り身エサをハリに付けた仕掛けをぐるぐると巻いて、海に潜って沈めます。そして少し離れて石をぶつける音を出すと大きなハマフエフキが寄ってきます。

魚が音に寄ってくるのは、海女漁師がトコブシを取るときに石をはぐるときの音に寄ってきて取り残したトコブシを食べるためだという。これは経験でしか分からないこと。
魚が食いつくと仕掛けを巻いた溶岩をつけたまま逃げようとするが、溶岩が海底に引っかかってしまって逃げられなくなったところを手づかみするという漁。
その名前が「置き釣り漁」。これって釣りなんですか、漁なんですか。ふふ。

9月 13, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

ご当地検定は・・・

Cimg1632ふと、以前「カニ検定」というのがあったのを思い出して、どうなっているのかをインターネットで調べてみました。ちょっと意地悪いことですが、これが新聞に大々的に掲載されたとき疑問に思ったからです。
というのは、発想としては大変おもしろいが、これは続かないと思いました。検定試験は英語検定などたくさんありますが、「カニ検定」はある程度の人が受験した後は検定者が急減するはずと思ったから。
だってカニ検定を受けようかと思う人は何万人もいないはずで、せいぜい5年続けばいいほうかと・・・。ふふ。

私は「カニ検定」を否定するわけではありません。というより、色んな地域で特産品の検定試験をやればいいと思っています。マスコミが取り上げてくれれば、大きな宣伝になります。
「カニ検定」は兵庫県香美町が実施したものですが、この検定のお陰で私はこの町でカニがたくさん捕れるということを知ったのですから。
インターネットで調べた結果はもう「カニ検定」試験はないそうです。やっぱりなあ。

8月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

三大がっかり

Cimg8509本を読んでいて、「世界の三大がっかり」が出ていました。ご存知のでしょうが、シンガポールのマーライオン、デンマークの人魚姫の像、ベルギーの小便小僧です。
これをみて釣りの三大がっくりはナンだろうと考えました。色んながっかりがあるが、今回は愛媛県南部や高知県西部など高速道路を使って200キロ以上走って行ったときのがっくりです。
まず、がっくりするのは当然ながらボウズ。それも単なるボウズでなくて、たった一度のアタリもなく、エサトリのアタリさえもなく一日の釣りが終わってしまったときのがっくり度は自己嫌悪に陥ります。ふふ。

二つ目のがっくりは勢いよく渡船場に到着したのに、船頭から「渡船中止」を告げられること。天気予報は見て行くが、船頭によっては「まあ、来てみれば・・・」と、親切なのか、無責任なのか分からない人がいます。エサを買ってきているし、ホントにがっくり。
三つ目のがっくりはアオリイカ釣りに行って、5時間後にようやく目指す波止に到着すると、先客の釣り人が陣取っていたとき。イカ釣りのポイントは狭いので、他のポイントに移るしかないが、期待度が高い場合のがっくり度はナンバーワンです。

8月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

メバル釣りに行くぞー

Qcimg0628昨日の夕方、メバル釣りに行こうと準備を済ませました。私の釣り日誌を見ると、この時期に20センチ前後のメバルが20匹ぐらい釣れています。
夕食を済ませて西の空を確認すると晴れています。突然にくる雨が心配なんです。この空なら大丈夫と思ったが、エサを買いに行く前に念のためインターネットで雨雲の移動を確認。
すると、写真の画面が出てきました。午後9時には高松市上空に強烈な雨雲がかかるとの予報。最近の天気を見ていると、「さも、ありなん」と仕方なく釣りをあきらめることに・・・。

それで、午後9時を待ちました。行く気が満々で準備万端だったのに行くのをやめた手前、午後9時に雨が「ドーッ」と降ってほしい気もします。
ところが雨が一向に降ってきません。インターネットで雨雲を確認すると高松上空には雲が全然ありません。どうなっとんじゃあ。
リタイアしてから極端に雨に弱くなっている自分にちょっとだけ反省。ふふ。雨で釣りはしたくないんじゃあ。

8月 23, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

近くの釣り場を視察

Qcimg0621 昨日の高松市は曇り空でジリジリした暑さを感じないので、近くの釣り場を見に行くことにしました。まずは高松市西部の香西埋立地。サヨリが釣れているかどうかを確認するためです。
チヌ狙いが3人いて、サヨリ狙いは一人だけ。10分ほど見ていたが、全く釣れていません。サヨリは潮で釣況が大きく変わるのでこの短時間では判断できませんが、少なくても大きな群れはいないようです。
Qcimg0624_2次に見に行ったのが、香川県営球場近くのハゼ釣りポイント。ここに鵜がいるかどうかです。去年はたくさんの鵜がいたせいか、釣れる数が少なかったので、鵜の確認です。
鵜は全くいなかったので、一安心。その代わりアオサギが1羽いました。アオサギは海を潜ってまでは魚を取らないのでいい。このまま鵜が来ないでくれー。

Qcimg0625同じ港の波止で竿を出している人がいたので見に行きました。ふかせ釣りでのチヌ狙いです。声をかけてから横で見ていると、すぐ20センチ強のチヌを釣りました。
「小さいのはたくさん釣れたけど、逃した」とのこと。それからも仕掛けを投げ入れるたびにウキがいい感じで消し込んで行きますが、なかなかタイミングが合わないようです。ふふ。
高松市の気温も一時ほどは上がらなくなっています。もう少しの辛抱。

8月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

ANAから釣り案内

Ashizuricimg1287_2 ANAからメールが届きました。ANAの会員になっているので、メールがよく届きます。だけど、今回は変わったメール。「ANA釣り倶楽部」となっていて、since 2014と書いているので今年から始めたらしい。
中身を覗いてみると、東京の雑誌社との提携で淡水魚釣り場案内。申し訳ないが、淡水魚には興味がないし、その案内内容の貧弱さには驚き、桃の木で、これを見て飛行機で行く人がいるなんてとても思えません。ふふ。
釣り場案内でなく釣りツアーを探すとありました。「甑島3日間」と「東北海道トラウトフィッシング」の2つ。トラウトは興味がないので、甑島のほうを見ると船釣り。こっちは興味があるが飛行機利用なので関空発か羽田発。四国の人には関係ないツアー。

ま、ANAも釣りツアー案内をするようになったのかとうれしく思いました。ゴルフツアーはたくさんあるが釣りはあまり見ません。
でも、一つだけ気になることがあります。何故、このメールが私に届いたのか。我が家の「山の神」もANAの会員なので、メールは必ず2通届きます。だけど、今回のメールは私だけ。
もし私が釣りを趣味にしていると知ってのメールだったら、どこで知ったのか。男性限定でメールをしたのなら分かるけど・・・。最近個人情報の漏洩が問題になっているので、ちょっと気になりました。

8月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

オーナーばりから大会案内が届きました

Zimg092 オーナーばりから「オーナーカップグレ金勝杯」大会の案内が届きました。10月19日に愛媛県日振島での開催と書いています。
参加費が渡船料金込みで9000円。日振島の渡船料は7000円なので大会参加費は2000円ということになります。メーカー主催の釣り大会は参加賞がいい。
この大会も参加賞として帽子、LEDスリムライト、ステッカーをくれるという。もちろん大きな魚を釣れば3位までの人には賞品があって、この大会では金貨をくれるらしいし、景品の抽選会があります。興味がある人はオーナーばりのHPからも申し込みできるらしいので、見てください。

釣り師には大会に興味がある人と、あまり興味がない人がいますが、私は後者。大会は多くの釣り師でごった返すのが苦手です。ま、釣りのウデに自信がないってことですかねえ。
それに今回はグレの大会。ますます自信がありません。最近のグレ釣りはイメージとしてちまちました感じが拭えません。柔らかい竿に細いハリス。ついていけません。

8月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

メバルポイントが占領された

Rcimg0606 昨日は高松港で8000発の花火が打ち上げられました。我が家は高松港から2キロ離れているが、それでも花火が見えるので多くの見物客があふれます。あまりに車が増えすぎたのか、今年から我が家近くの海岸線は駐車禁止となりました。
いつもは家の2階から隣の家の屋根越しにちょっとだけ見ることが多いが、今年は久しぶりに海岸線までいって見物をしました。歩いて5分くらいのところです。ふふ。
実は、ここは私のメバル丸秘ポイント。過去の釣り日誌をめくってみると、そろそろ数が釣れる時期になっているので、メバル釣りに行くチャンスを狙っていました。

昨日の潮は夕方が干潮だったのでここでのメバル釣りには良くなかったので、多くの花火見物客であふれていても気になりませんでしたけど・・・。
10年以上前のこと、多くの花火見物がいる中で、一人だけ釣りをしている若い人がいました。チヌを探り釣りしているようでしたが、花火でドンピカと明るくなり、ドーン、ドーンと大音響もしている中で、その釣り師の根性には感心したが、一方で「バッカじゃないの」とも思いましたわ。

8月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

縁のない魚ってあるよなあ

Chy1199釣りを長くやっていると、釣れる魚に馴染みのある魚と馴染みのない魚がある。理由はさっぱり分からないが他人には釣れないのに自分だけ何度も釣れる魚と、他人が釣るのを何度も見るが自分には釣れない魚がいる。
イシダイとか、グレとかの本命の魚ではなくて、ついでに釣れる魚での話。本命の魚で自分だけ釣れないのはそれはウデ。今回の話題には入りませんわ。ふふ。
私に馴染みのある魚と言えば、カモハラトラギス。イシダイ釣りを始めてからイシダイが釣れない時に本虫でズボ釣りをすると相当の確率で釣れる。他の人が釣ったのを見たことがない。もっとも、イシダイ釣りに来て、ズボ釣りする人がいないからか。ふふ。

P2cimg4878_2私に馴染みのない魚で思い出すのはマトウダイ。この魚をこれまで一度も釣ったことがない。イカ釣りをしていて外道で良く釣れる魚で、私も他人が釣ったのを何度も見たことがある。写真はオカテッちゃんが足摺岬近くの波止で釣ったもの。
おいしい魚と聞いているので、何とか釣りたいと思うのだが、一度も釣れないのは縁がない魚としか言いようがない。今はシーズンでないので年末くらいから本格的にマトウダイ狙いに行くつもり。ふふ。誰か、付き合ってくれないかなあ。

8月 11, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

台風が四国直撃

Scimg0577 台風11号が四国直撃しました。今回の台風は、高知県安芸市に上陸したばかりで、遠く離れている高松市でも風のゴーゴーという音で、毎日早朝に行っているファミレスにも行く気になれませんでした。
台風になると、テレビで流れる映像が海。それも磯だと大きなしぶきが上がって迫力があるのですが、磯の映像はそんなに簡単に撮れるところは少ない。
テレビでよく見るのが足摺岬灯台に設置されたお天気カメラから写した磯。映像でもしぶきが分かりますが、磯釣り師はその磯の大きさを知っているので、そのすごさも実感できます。このブログの写真は別の場所ですが・・・。ふふ。

磯釣り師は「これで磯の臭さが一掃される」と期待しているところもあります。磯での撒き餌は完全には流しきれないので、夏は腐って悪臭がすごいところがあります。
全部の磯がそうではないが、撒き餌が釣り場の後ろにある水溜りにある時は掃除が絶望的。これが台風できれいに洗い流されるので、その面ではありがたい。
こんなに大荒れのとき磯魚はどこに避難しているのでしょうか。深いところに逃げると言っても限界があるだろうし、岩陰といっても大量の魚が逃げるところがあるのか、と勝手に心配。ま、私なんぞが心配しなくても自然はきちんとしているでしょうけど・・・。

8月 10, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

釣りを趣味にしていて良かったわ

Cimg81402、3年前ごろから「第2の人生」だの、「リタイア後を有意義に」とか言う内容の出版や小説が目立つようになっています。団塊の世代がリタイアするのを意識したのだと思います。
65歳以上の人が人口の4分の1を越えているそうで、お金もこの層がたくさん持っているとかで、当然ターゲットになっている感じです。ふふ。
それらを拾い読みしていると、濡れ落ち葉(チト、古いか)にならずに、「何か新しいことを始めよ」、「趣味を持て」などと嫁からの独立を書いています。

私は27歳に釣りを始めて、それから40年。よくまあ、続いてきたものです。サラリーマン時代は仕事と釣りの両立に苦労しました。ふふ。
でも、ずーっと続けてきてよかった。会社をリタイアしてから釣りを趣味として始めたとしても、正直な気持ちとして十分に楽しめなかったと思います。

釣りは色んなトラブルがつき物。最初の頃は釣り場でいる時間の3分の一は仕掛けのオマツリを直したり、うまく投げられなかったりで、釣りができていなかったような気がします。
若いときはそれでも十分に楽しかったが、老人になると、イライラすることが多くてオマツリが続くとイヤになると思います。
どんな趣味でもそうだと思いますが、楽しめるようになるには10年、20年の経験が必要で、そのためには少なくとも40歳代から初めてないとリタイアしてからの趣味にならないと思います。どうでっしゃろ。

8月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

「釣り好き」は気をつけてください

Cimg3007外はあまりにも暑いので、釣りのデータをいろいろ整理しています。その中に釣りに関する新聞の切り抜きがあったので見ていると驚きの記事がありました。
重大な交通事故を起こして実刑判決をうけた受刑者を調査した内容です。それによると受刑者の趣味は「釣り」が34パーセントで圧倒的に多く、2番目に多い音楽鑑賞の8.3パーセントを大きく引き離しています。
他にも質問していることがあって、重大事故を起こす人を総括すると、「釣りが趣味、まじめ、気が弱い」となっています。どうですか。読者の皆さんに心当たりはないですか。気をつけてくださいよ。

と、まあショッキングなことをいいましたが、実はこの記事は昭和54年5月27日朝日新聞の記事なので、35年以上前のこと。この間に世の中は大きく変わっているはずなので・・・。
現在は別の趣味の人になっていることを祈ります。でもまあ、釣り人気質は何十年経っても変わっていないような気もするし・・・。まあ、車の運転には気をつけたほうがいいに決まっています。特に飲酒運転は生半可な気持ちでいると取り返しが付かない釣り人生になるかも。

8月 5, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月29日 (火)

ビートたけしさんのCM場所で・・・

Ucimg0508最近テレビで流れている大塚製薬のポカリスエットのCMでビートたけしさんが砂浜でピアノを弾いているのがあります。最初に見た時に見覚えがある景色と思いました。ふふ。
Ucimg05092年前にアメリカのロスアンゼルスからクルージングで行ったメキシコのカボ・サン・ルーカスの港から小船観光船で行った半島の岬とそっくりです。
でもここは観光地なので、多くの人がいて、CMのような無人のときがあるのかと・・・。でも空似ということもあるので、私が撮っていた写真と比べました。ふふ。

Zcimg5150_2そこでやっぱりここはカボ・サン・ルーカスに間違いないと確信しました。写真以外の場面で出てくる岩の形を比べても一緒でした。
ここにはこっそりと釣り竿を持って行って、釣る気満々だったのですが、あまりの観光客の多さにとても仕掛けを投げることができず、やむなく釣りを断念したところなので、よく覚えています。
行ったところがテレビに映るのは、観ていて楽しいことですが、それが外国で釣りをしようとしたところなので、このCMを観るたびに気分がほっこりします。

7月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

海水温を見て妄想

Oitukami9630今日の四国新聞を見て、「やっぱりかあ」と思いました。毎日香川県内の3箇所の前日の海水温が掲載されるのですが、香川県西部の燧灘の海水温が30.4度と30度を越えています。
何故か燧灘は毎年この時期に30度を越えるのですが、香川県中央と東部の海水温は上回りません。この日も高松市沖は24.8度、東部は26.5度となっています。
そしてこの日の高知県足摺岬の海水温は27.6度。黒潮が当たる高知県よりも香川県西部の水温のほうが高くなるのは毎年のことです。熱帯魚が瀬戸内海で泳いでいても不思議でないはずです。

そして、宇和島市の遊子(ゆす)の海水温がずーっと21度少ししかなかったことも驚きです。気温では猛暑になってもあまりあがってないのです。これではイシガキダイの数がでません。
しかし2,3日前から22度をやっと越えて昨日の海水温がやっと22.6度と上がってきています。もう少し辛抱すると宇和島でもイシガキダイが釣れるような気がします。熱くて釣りに行く気がしないので、妄想で楽しんでいます。ふふ。

7月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

「彼女を釣りに連れていってはいけない」

Rcimg9594 以前読んだ本、「仕事ができるようになりたければ釣りをしろ」に、「そうなんだろうなあ」と思った項目がありました。それは「彼女を釣りに連れていってはいけない」。
釣りに夢中になってしまい、彼女は二の次になる。釣りを楽しみにしていた彼女はほっとかれて「もうこんな人はイヤ」と思う。だから彼女と一緒に釣りにいってはいけない。そういう内容です。
釣りをしていたらついつい釣りに夢中になって彼女の面倒がおろそかになる。彼女にしてみたら「あんなに優しい人だったのに・・・。なんで」と・・・。ふふ。

だから、もし独身の人が彼女を連れて行くなら、自分は釣りをしてはいけない。あくまでも彼女のしもべとなる覚悟が必要です。これは初心者と一緒に行くときも一緒。
初心者に釣りが好きになってもらいたいと思って一緒に行くのであれば、自分が釣りを楽しむことを半分以上押さえないといけない。
自分が存分に釣りを楽しむということは、初心者をほったらかしにするということ。それではよほど運がよくないと初心者には釣れない。これは自分にも課していることです。

7月 20, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

今年目標の中間報告

Gcimg9832a今年の始めに1年間の目標を決めました。チヌ、グレ、イシダイのどれかで50センチ以上を釣ること。50日以上釣りをすること。魚種を50以上釣ること。この3つの目標です。
最初の50センチ以上は早々と53センチのチヌが釣れたので達成。だからいつもの年だったら大型チヌを求めて愛媛県南部をうろうろするが、今年は余裕です。ふふ。
釣った日数は1月から6月までで27日間となっているので、なかなかいいペースになっています。この調子で行けば今年も50日以上釣りをすることになりそうです。

最後の目標の50魚種ですが、6月末までの魚種数は23魚種となっています。この中にはよく釣れる魚種がほとんど入っているので追加の魚種を釣るのはだんだん難しくなります。
だから50魚種の達成が難しい状況。ただ、秋になると毎年いろんな魚種が釣れるので、秋の釣行次第ということです。ふふ。

7月 19, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月18日 (金)

夏の釣りは・・・

Kiki6572夏の磯は灼熱地獄です。風が抜けるところだとまだいいが、風が来る方向に磯が高くなっていて風が来ないと磯が熱せられて熱中症になりそうになります。若いとき、飲み物をたくさん持って行ってなくて、死ぬ思いをしたことがありました。ふふ。
だから、高松黒潮クラブのメンバーと飲んだとき、夏の磯はダメなので、「夜釣りに行こう」という話で盛り上がりました。
だが、年寄りは暗い磯でうろうろするのは危険ということもあって、それなら釣り場が平坦な一文字波止で夜釣りをするのがいいなあ、となりました。

そこで今週末にイノちゃん、ヨッさん、西脇さんと私の4人で宇和島市にある一文字で夜釣りをする準備をしています。さて、どうなることやら・・・。
初めてのことなので、あれやこれやと考えて、もって行く道具もエサも多くなりそうです。釣る魚を一つに決めた方がいいのは分かっているけど。ま、楽しい釣行になればそれが一番。ふふ。

7月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

アメリカ土産の「釣具広告チラシ」

Cqcimg0164孫がアメリカから里帰りしたときに、アリゾナで見つけた釣り具の広告紙を持って帰ってくれました。私にはいいお土産です。
Cqcimg0165広告チラシといっても36ページもあり、中身はぎっしりと製品と値段が書いています。ダイワ、シマノ、がまかつの製品もありますが、圧倒的に多いのはそれ以外のルアー製品。
ほとんどがバス釣り道具で、150万円から400万円のボートも掲載されています。

バス釣り道具なので、値段を見ても日本より安いのか高いのかわかりません。なんとなくですが、ルアーは日本より安いような感じはするけど・・・。ふふ。
そこそこの形のものが3ドルとか5ドル。日本じゃ、1000円はしているような気がするけど、私の思い違いかも。どちらにしても、バス釣りには興味がないし、興味があったとしてもアメリカまで行って、買うこともないし・・・。ふふ。

7月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

イシダイ釣り仕掛けで釣ったもの

Cimg32692日前から不通になっていた携帯電話が復旧しました。ふふ。夜釣りをしている時に不用意に胸ポケットに入れていて、ヨイコラショと岸壁に上ったとき前かがみになってポロリです。ふふ。
いつもは落ちないように、携帯に付けている落下防止用ワイヤーをボタンの穴に固定するのだが、この日はちょこっとの夜釣りのつもりだったので・・・。
ま、何か事故が起きるときってなんでもない気の緩みです。分かっているけど、しゃーないです。自己責任。

電話機を落としたところは浅いところなので、翌日干潮時刻をみていくとちゃんとありました。最初は玉網ですくおうとしたが、石の間に入ってうまくいきません。
そこでハリが大きいイシダイ仕掛けでやると、うまく引っ掛けることが出来て回収成功。ふふ。まさか、イシダイ仕掛けがこんなときに役が立つとは思っていませんでしたわ。
携帯機は海水に浸かったので、もちろんパー。耐水機種だけど、海水はダメと言われていました。しかし、電話機の保証をつけていたので格安で郵送してくれました。ふふ。
困ったことは電話帳。携帯機に入っているSDカードに記憶されているものと思っていたら、本体記憶から転送しないとダメなんだって。しゃーないから全部打ち込みなおしましたわ。「他人の不幸は蜜の味」とやらで、読者の皆さんはちょっとだけ蜜の味を感じましたか。ふふ。

7月 11, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

アジの安さにがっくり

Xcimg0423高松市南部の姉の家に行ったとき、近くのスーパーに寄ってみました。魚が安いことで有名な店舗です。50センチ弱のマダイは2000円近くしていて、まあまあの値段。
しかし、30センチ弱のアイゴが1匹100円。シタビラメ11匹が480円と安い。相変わらず釣る気をなくす値段です。
Xcimg0424なんといっても安いのがアジ。トロ箱にいっぱい入っていて匹数も数え切れないほどで、たったの380円。これには口あんぐり。これで店は採算が取れるのでしょうかねえ。

時期的にはそろそろ豆アジが釣れるはずで、いつ行こうかと思案中だったので、このアジの値段にはがっくり。まあ、釣った魚は新鮮さが違うんじゃあ、思うことにしました。ふふ。
スーパーの魚売り場は生臭い臭いもしなかったので、古いから安いということでもなかったようで・・・。しゃーないなあ。
ま、豆アジ釣りは年に一度は行くことにしているので、この値段に負けずに行きます。ふふ。

7月 10, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

干潟で捕まえた魚

Ycimg0369我が家の近くを流れる郷東(ごうとう)川の干潟でショーエイが捕まえたのが黒い魚。腹に丸いヒレがあるのでハゼ科の魚と分かります。私もよく見たことがある魚で、「どんこ」と呼んでいました。
今回正式の名前が気になったので図鑑で調べました。特徴は胸ヒレに赤っぽい模様があること。魚種認定にはヒレの特徴が決め手になることが多いので、ちょっとだけ気をつけて写真を撮りました。
やっぱりこの特徴が決め手になって、この魚はヌマチチブと分かりました。私がとった魚でないし、釣ったものでもないので私の記録にはなりません。ふふ。

Ycimg0381干潟では別の種類の魚も捕まえました。こちらの方は石をはぐると石の下のわずかな水溜りにいます。私も何度か捕まえました。
こちらの正式名はミミズハゼのようです。人間の勝手で情けない名前になっているけど、しゃーないですわなあ。こちらの魚は今年の目標の一つにしている50魚種が49魚種でもう1魚種で達成するていうときは私の釣魚1魚種として入れようかと思っています。ふふ。

7月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

釣り人だから残念なこと

Mcimg9692 釣りは楽しい。誰がなんと言おうと楽しい。間違いない。ただ、一つ残念なことがあることに気が付いた。
テレビで海中の映像が流れることがよくあります。写真は番組で流れたもの。色とりどりの魚の群れがカメラの前で乱舞していかにも楽園の雰囲気です。
ほとんどの人は当然美しい映像としてみていると思いますが、釣りキチの私にはそうとは単純に思えないのです。

きれいな魚の群れはほとんどがエサトリです。写真に写っているのは、ニザダイの仲間や、中にはゴンズイまで写っています。まあ、色的にはきれいかもしれませんが・・・。
こんなにたくさんのエサトリがいるところばかりを見ていると、「もうやめてくれー」と言いたくなります。釣りをしない人には分かんねえだろうなあ。

7月 3, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

釣った魚を水溜りに入れないでください

Ecimg9905 Ecimg9904 高知県の足摺岬の近くの磯で釣りをしていたとき、昼過ぎになって釣りをやめようと何気なく釣り場の背後にあった小さな水溜りに目が行きました。
そこに魚がいます。30センチ強のニザダイです。誰かが釣ったのをこの水溜りに入れたものに違いありません。逃してやろうと手を突っ込むと、すぐにつかめます。
水溜りが小さいので逃げようにも逃げられないからです。つかむと激しく尾を振って手から落ちます。これが2度、3度。

これだけ元気ということは、おそらく前日に釣られたもの。丸1日間この小さな水溜りで過ごしたらしい。
釣り人が釣った魚で持ち帰らないものを水溜りに入れるのは良くあることです。釣った魚だからどうしようと勝手です。だが、出来れば海に逃してやったほうがもっと気分がいいと思うのは私だけなんでしょうか。
エサトリを逃してもそれによってエサトリが増えて釣りに支障が出るということはありえないこと。持って帰らない魚は海に逃してあげましょうよ。

6月 27, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

アオリイカ釣りの方法比較

Oitukm6696 アオリイカ釣りには大きく分類して3つあります。エギ釣り、ウキ釣り、ヤエン釣りの3つです。私はウキ釣りオンリーですが、この3つの方法を比べてみました。
まず、「しんどさ」比較。
一番しんどいのはエギ釣り。ついでヤエン釣り。一番楽なのはウキ釣り。私がウキ釣りしかしない理由はコレです。エギは投げてはしゃくりの連続で、見ただけでやる気がしません。老人がすると絶対に肩が懲ります。ふふ。
ヤエン釣りもアジを細かく操作しないといけないので、放置することが出来ません。根掛かりするからです。

その点、ウキ釣りは投げ込んでおけばウキが沈むのを待てばいいので、クーラーに座ってぼんやりとしておればいい。アタリがないとすることがないが、コレが老人には至福。ふふ。
釣りの楽しさには「しんどさ」以外にも「簡便さ」や「お金」の要素もあります。
私の考えでは「簡便さ」はエギ釣り、ウキ釣り、ヤエン釣りの順だと主います。
「お金」の面では釣り方にもよりますが、活きアジを必要としないエギ釣りが最も安価で、次にヤエン釣り、そして活きアジも電気ウキも必要なウキ釣りが最もお金が掛かる。どうでしょうか。ふふ。

6月 25, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

再び、干潟遊び

Cmcimg0249Cmcimg0250昨日の土曜日、再び孫達と近くの川に干潟遊び。前回一緒に行ったユーキの友達のユイちゃんとその妹で小学生4年のリンちゃんも一緒です。
前回同様、たくさんのカニ、ゴカイ、ヤドカリ、アナジャコが取れます。採り放題です。ふふ。干潟遊びが初めてだというユーキの友達も干潟遊びの楽しさが分かったようです。
この日の干潮時刻は午後5時半。4時に来たので時間がたくさんあります。

Cmcimg0264Cmcimg0255日曜日に釣りに行く予定なので、ゴカイは釣りエサ用にキープします。しばらくして一人海水に浸かって遊んでいたショーエイがモクズガニを見つけました。
2日前にきたときは全くいませんでしたが、今回は3匹。2日間でこんなにも海は変わるのでしょうか。

6月 15, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

孫と干潟遊びです

Cncimg0242アメリカから孫が来て2週間になります。その間、干潮の時間が合わないので干潟遊びが出来ませんでした。昨日の干潮時刻は午後4時。それに大潮です。ふふ。
娘のミホ、孫のユーキ、ショーエイ、そしてユーキと学校で友達になった近所のユイちゃんと、近くの川に行きました。潮が大きく引いています。
早速こぶし大の石をひっくり返して小カニ探し。ショーエイがすぐに見つけました。たくさんいます。採ったカニは釣りに使うバッカンに入れます。

Cncimg0247去年も同じ時期に来たときは、産卵のために川から海に下りてきていたモクズガニがたくさんいましたが、今年は全くいません。不思議。
Cncimg0246その代わりゴカイがたくさんいます。アナジャコもたくさんいます。なんやかんやで30分少しで30匹以上の色んな生き物が捕れてバッカンはにぎやか。帰るときは釣りエサに使うことにしたゴカイを除いて海に逃しました。

6月 13, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

大物の証拠戦利品

Ocimg9657 釣り人は大物を釣った証拠をものにして残したいと思います。剥製や魚拓がその最もポピュラーなものですが他にも色々あります。
例えばマダイなどはアゴの骨に付いている「鯛の鯛」。小さな穴がある骨が魚の形に見えるものです。当然魚が大きければこの「鯛の鯛」も大きくなります。
イシダイの場合は食べた後の歯だけを取り出してコレクションしている人を見たことがあります。ふふ。それではアオリイカのときは・・・。

2月末に高知県で釣った2.6キロのアオリイカを調理しているとき、大きな軟骨が取れました。これまで見たことがないほど大きかったので、洗っておいていました。
すると乾いてくると曲がってきました。ふふ。それでも大きい。曲がったままでも36センチあります。でもなあ、これを見せて「どや!」と自慢できそうもないなあ。

6月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月31日 (土)

久しぶりに高松駅前の海水池

Cqcimg0169Cqcimg0168昨日、高松駅近くのホテルで会食があったので、行く途中に久しぶりぶりに駅前の広場にある海水池を覗いて見ました。
リタイアする前はすぐ前が四国内を走る高速バス乗り場だったので出張のたびに覗いていましたが、最近に行くこともほとんどありません。
足元近くの砂場にベラのメスを発見。よーく見ると、ベラがたくさんいます。小さな池ですが、藻がたくさんあるのでエサが豊富なのかもしれません。

Cqcimg0172ベラが見つかったので、チヌを探しました。いました。25cm程度のチヌがあちらこちらにいます。数匹が群れで泳いでいるのも見ました。結構たくさんいます。
この池が出来たときは釣り人が釣った大きなチヌをこの池に入れたり、ボランティアで100匹の小鯛を入れたりしてにぎやかだったが、心無い人に夜中に全部釣られてしまった。
私も夕方に親子が釣っているのを見て声をかけようとしたら、駆け足で逃げました。そんな親と一緒にいた子供はそれでも楽しい思い出になるんでしょうかねえ。

5月 31, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

高松中央卸売市場の市民開放

Crcimg0160 Crcimg0157 今朝の7時半、いつものようにファミレスで2時間を過ごした後家に帰る途中卸売り市場を通ると、いつもよりにぎやかです。
一般市民開放の日のようなので、車を降りて見に行きました。一般開放は午前8時かららしいが、担当者の方が「中に入って準備をしているところ見てもいい」と言うのでなかに入りました。
並んだ魚で圧倒的に目立っているのがサワラ。1メートル前後のこれまで見たことがないような大きなサワラがたくさん店頭で準備されています。
1メートル弱で5000円程度の値段。よく分かりませんが、安い気がします。ふふ。

Crcimg0159 サワラの次に目立っていた魚がネズッポ。いくつものトロ箱に中にたくさん入っています。一つだけ値段がついている店があってトロ箱全部で400円。安い。これだけ安いと釣りに行く気がしなくなりますわ。
まあ、これだけたくさんのネズッポが捕れているということは、今年はひょっとしたらたくさん釣れるのかもしれません。孫がもうじきアメリカから帰ってくるので釣りに行くつもりです。

5月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

テーブル珊瑚に囲まれて

Kcimg9763 4月にヨッさん、オカテッちゃんと高知県宿毛市の磯に行きました。最初にヨッさんと一緒に上がった「たたみ」磯ではエサトリの猛襲にギブアップ。
そこで私だけ「蛇の首(じゃのくび)」という磯に変わりました。ここは浅く、ベラが入れ食いです。しかしちょっと油断をするとベラに潜られてすぐに根掛かりします。何度もハリスを変えました。
偏光グラスに換えて磯の周りをよく見ると、テーブル珊瑚が群生しています。ベラがこの下に潜るために根掛かりすることが分かりました。

写真にはうまく写りませんでしたが、テーブル珊瑚が重なり合うように磯一面にあります。高知県では波止でもテーブル珊瑚を見ることがよくありますが、こんなにたくさんのテーブル珊瑚を見たのは初めてです。
テーブル珊瑚の磯で釣りをするという贅沢。なかなか四国では味わえません。ふふ。目は癒されましたがエサトリには癒されませんでしたわ。ふふ。

5月 16, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

ナマズをやっと見つけた

Czcimg9976 Czcimg9937 高松市内にコイが集団になっていました。しばらくして産卵と思われる行動が見られるようになったとき、集団から離れてゆらりゆらりと泳ぐ魚がいます。ナマズです。
この川で最初に見たのは3年前、それ以降、川を覗くたびにナマズを探していましたが、ずーっといませんでした。今回が2度目の出会いです。
なぜ、それほどまでナマズが気に掛かっていたかというと、子供のときの思い出と関わっています。

小学校、中学校の遊び場は自転車で15分ほどの川でした。毎年夏になると川の流れのほとんどが干上がり、川はいくつかの大きな水溜りになります。
その中で比較的大きな水溜りになった水深1メートル50センチほどの真ん中に大きな石があり、その下にわずかな隙間があって逃げ場を失った魚がたくさんいました。ナマズもたくさんその石の下にいました。

潜ってそこに手を突っ込むのは勇気がいったが、ナマズを穴から引きずり出すときの快感が忘れられません。40~50センチで今回発見したものと同じくらいでした。
穴から引きずり出すのにはナマズの捕まえ方にコツが必要で、ナマズが激しく抵抗するので手の甲には擦り傷が出来ますが、そんなことでひるんでいては捕まえられません。楽しい思い出です。

5月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

もらってばかり・・・

Gcimg9857 Gcimg9848 愛媛県愛南町でチヌ釣りをしたとき、渡船の船頭さんが氷が詰まった巨大な箱からマサバ4匹を取り出して土産にくれました。その日の朝に捕ったといいます。
1月と2月には御五神の渡船の船頭からミカンをもらいました。3月には高知県宿毛市の渡船の船頭からコウイカ4匹をいただきました。そして今回も何も言わないのに雑談していると急にくれました。
私がそんなに物欲しそうにしている顔なのでしょうか。それとも貧乏臭い顔をしているからでしょうか。ふふ。今年は運がついているのかもしれません。ふふ。

チヌ釣りをした後、高知県大月町でアオリイカ狙いをしているとき見物に来た地元の漁師と1時間ぐらい雑談をしました。「50センチ以上のチヌが釣りたい」と言うと、「あそこには絶対にいる」と漁師らしいポイントを教えてくれました。今度行ってみるつもりです。
そしてその漁師が帰るとき、「家に寄れやあ、コーヒーもある」というお誘い。なんでこんなにいい人ばっかりなんでしょうか。ふふ。

5月 7, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

ゲームセンターで釣り

Scimg9548 高松市郊外にあるショッピングセンターにゲームコーナーがあります。ここにすごく気になるゲームがあり、近くを通るときは必ず見にいきます。
「釣りスピリッツ」というゲーム。大きな画面の周りに8個のリールらしきものがあります。これを振ると魚が泳ぐ画面上に糸が伸びて、ヒットするとリールを巻いて網に入るとコインが得られるシステム。
休日にはたくさんの子供がこのゲームをしていますが、大人はほとんどしていません。恥ずかしいので私は見るだけです。 だけど「山の神」と一緒に行ったとき、びっくりしたことを言います。

「これをしたら・・・」と100円を財布から出します。休日でないのでこの周辺には誰もいません。しかし、なんで急にそんなことを言うのか、不思議。
リタイアしてから私の釣果が格段に良くなったので、「釣りのウデがよくなった」と勝手に思っているらしく、このゲームでも簡単に魚をどんどん釣ってコインを得ると思ったらしい。ふふ。
渋々というか、仕方なくゲームをしたが、小さい魚を1匹釣っただけで簡単にゲーム終了しました。ふふ。

5月 4, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

アオリイカの産卵床のプレート

Ecimg9869 Ecimg9870 以前に高知県柏島の「黒潮実感センター」が募集していたアオリイカの産卵床作成の寄付をしたことを書きましたが、その産卵床に付ける木材を輪切りにしただけのプレートを送ってきました。
名前を書いて送ると、それを産卵床に付けて沈めてくれるらしい。名前は私が会長をしている「香川県釣り団体協議会」にさせてもらいました。
私個人の名前でするよりも香川県の釣り人として高知県のイカの産卵に協力するというほうが意志が伝わると思ったからです。ふふ。

沈めたところの写真を撮って送ってくれると書いていました。なので、水性ペンでなく油性ペンで書いてくれとのこと。鮮やかに目立つようにと考えて、魚拓用に買っているアクリル絵の具を使うことにしました。
これだと色鮮やかだし、乾いた後は水に溶けないはずです。ふふ。自分ではちょっとだけマシなプレートになったような気がしたが、出来上がってからよくよく見ると、やっぱり下手です。ふふ。

4月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

コイの大集合

Dcimg9931 Dcimg9935 4月はじめにも書きましたが、高松市内の小さな川にコイが集合しています。先週の土曜日には、ものすごい数になっていました。
ざっと数えると147匹。もっといる感じです。以前は小さな水溜りのようなところにだけいましたが、先週の雨のせいで少しだけ増水したのか、川の水深も深くなっていて、いたるところにコイがいます。
まだ産卵行動にはなっていませんが、もうじき産卵が始まる気配です。釣り師は魚がウヨウヨいるのを見ただけで興奮しちゃいます。ふふ。

たくさんのところで数匹から十数匹の集団が出来ていますが、特に大きなコイには寄り添うように集まっています。魚も出来るだけ力が強い子孫を残そうとしているのでしょうか。
それにしてもこんなにたくさんのコイがどこからやってきたのでしょうか。そしてコレだけのコイがいっせいに産卵するとものすごい数の卵が生まれると思います。
そのほとんどが別の生き物に食べられるのでしょうか。いつもこの時期になるとたくさんの亀が見えるようになるのも関係があるのかもと、勝手に想像しています。ふふ。

4月 26, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

イカの産卵床に寄付

Ycimg9469 オカテッちゃんから地元の四国新聞の切抜きをもらいました。「イカの産卵床を買って」という記事です。
内容は高知県大月町の柏島にあるNPO法人「黒潮実感センター」がアオリイカの産卵床となるヒノキやスギの幹の購入を呼びかけている。1万円で買ってくれた人には今年の秋に1キロのイカを送るというもの。
オカテッちゃんは大月町の釣り場にお世話になっているのだから 寄付するのが当然と、気合が入っています。そして申し込みを済ませたとのこと。ふふ。

確かに私のイカ釣りのほとんどは大月町でしているので、お世話になっているのは間違いない。ただ、黒潮実感センターがある柏島では釣りをしていない。
それを言うとオカテッちゃんは「イカはあちこちに泳いで行くんじゃああ」と断言。そうかも・・・、と思い、私も寄付を申し込みました。いいんじゃない。

4月 13, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

桜が満開、コイが集合

Icimg9810 Icimg9800 高松市は現在桜が満開です。桜は咲いていないときは目立たないが、咲くといきなり自己主張をして「こんなところにも桜があるんやで」と目立ちます。
この時期になると高松市内を流れる小さな川にコイが目立つようになります。わずか3畳くらいの広さのところにコイがたくさんいます。大きいのは80センチは超えています。数えるとその数42匹。
ここには一年中コイがいます。雨が降らないときは小川なので水深がせいぜい20センチ程度。コイがいる3畳くらいのところだけが水深50センチくらいあります。不思議なことがあります。

毎日のようにここを通るたびにコイの数えます。冬はたいてい20匹程度しかいません。水深50センチ程度だし、コイが隠れるような大きな石もそんなにありません。
ところがこの時期になると数がどんどん増えてくるのです。そして雨が降って水深が少し深くなると産卵が行われるのを見ることが出来ます。
しかしこの時期になって増えるコイがどこから来るのかが分かりません。この水溜りのようなところの上流、下流のどちらも100メートル以上歩いて調べましたが、ずーーっと浅くてコイがいません。不思議。

4月 3, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

釣りのプロにはなれないなあ

Oitukami7352 2月末に放映されたNHKの「プロフェッショナル」は多くのプラスチック製品のヒット商品を生み出しているアイリツオーヤマの大山健太郎さんでした。
この番組では毎回最後に「プロフェッショナルとは・・・」という質問を登場者に投げかけます。そして大山さんの答えを聞いてなるほどと思いました。ふふ。
「知っていることとできることは違う。いくら知っていてもできなければ何の意味もない。最後まであきらめずにやりぬくことがプロフェッショナル」という答え。

今はイシダイもグレも大物が釣れる時期です。釣り場も過去の記録から大体は分かります。エサもわかっています。釣り方も勉強しました。リタイアしている身ですから、いつでも行ける状況です。
だけど70cm級のイシダイにしても60センチ級のグレにしてもなかなか気合が入りません。チヌ釣りなら何とか行く気になるが、イシダイ、グレはなんでか分からないがしんどい。自信を持てない釣りはしんどいのです。これではプロになれませんわ。

3月 18, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月14日 (金)

自分が情けない

Cimg6325 ベッドが小さく揺れたのに目が覚めました。「地震だ」と思うと同時にベッドがゆっさゆっさと大きく揺れます。阪神大地震の時に比べると揺れは少ないがそれでも大きい揺れです。
テレビを付けると同時に時計を見ると午前2時過ぎ。まだ起きていて階下にいる「山の神」が「地震ヨオーーー」と叫んでいます。分かっておる。こんなに揺れたら目が覚めます。
テレビは「震源地は愛媛県」。震度5が出て、すぐに5強に訂正。高松市の震度は4。しばらくして「津波の心配なし」と出てきます。てっきり南海沖地震かと思ったので、一安心。

白状すると、地震で目が覚めたとき南海沖地震だと思ったので、最初に思ったことは「釣りに行けなくなる」でした。来週の前半にヨッさん、オカテッちゃんとで愛媛県南部に釣りに行くことになっています。
南海沖地震だと釣りにいけません。後から考えると情けない。地震の被害より先に釣行のことが思い浮かんでしまったということはどうなんでしょうか。反省です。

3月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

「潮目」に掲載「おもしろ釣り問答」の終了

Rcimg9569 Scimg9566 西日本磯釣り協議会の機関誌として毎月「潮目」が発刊されています。私はこれに毎月「おもしろ釣り問答」を長い間投稿してきました。
それがもうすぐ250回になります。250回と言えば20年以上投稿し続けたことになります。この投稿のおかげで、見知らぬ人から声を掛けられることがありました。
「よくまあ、書き続けるネタがあるなあ」と感心もされました。書くネタはないことはないが、いつまでも続けることはいかがなものかと思い、止めさせてもらうことにしました。

原稿は問答形式で、2ページの見開きに丁度になるように129行にすることと、内容に合ったイラストを描き続けました。イラストは恥ずかしいほどチャチですが、書き始めたときの編集者からの依頼によるものです。
行数を合わせることとイラストのため、この原稿には結構時間が掛かりました。一つの荷が下りて一安心です。「潮目」の読者には長い間読んでいただき本当にありがとうございました。

2月 20, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

磯釣り道具が玄関に3週間

Rcimg9576 ヨッさんと愛媛県宇和海の磯に行くつもりで、その準備をして釣り道具を玄関にまとめています。この状態で3週間。私のスケジュールと天候とにらめっこです。
心優しいヨッさんは、私が延期の電話するたびに「ええんじゃないか」と言ってくれます。ふふ。
天気予報を見ては、「雨は絶対にイヤ。宇和島市は雪がよく積もるので気をつけないと・・・、雨や雪の翌日は風が吹くからイヤ、天気図の等圧線が日本列島に4本以上掛かっているのは風が吹くのでイヤ、土日は釣り人が多いのでイヤ」などなど・・・。

そんなことを考えていると、最近の天気はテンポが速く移り変わるので行くチャンスを逃してしまいます。
昨日の木曜日は行くチャンスだったような気がするが、風が強くて午後から雨が降ったようなので、行かなくて正解」なんて思ってしまいます。
御五神の船頭からは「宇和島の天気予報ではなく、日振島の天気予報を見ろ。風が8メートル、9メートルも吹くことが多い」と言われているので、日振島を見るがたいてい強風が吹いています。
来週も火曜日、水曜日は雨のようです。

2月 14, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

釣りがオリンピック種別

Scimg9551 Scimg9552 ロシアソチでのオリンピックが開幕しました。1990年開催のパリ大会で釣りがオリンピック種別にあったということは、30年ぐらい前に本で読んだことがあります。
ただ、それは未確認情報としていてモヤモヤした感じの書き方でした。その後、色々と調べましたが、確認できないでいました。
ところが今年の1月末に観たバラエティ番組「ネプ&イモトの世界番付」で写真付きでオリンピックの釣りが紹介されてびっくりしました。さすがテレビ局の情報力はすごい。

その番組を見たのであらためてインターネットで調べると、パリ大会で釣り種目があったということがたくさん書かれています。インターネットって、すごいと思います。
最初に本で読んだときはインターネットは全くなかったので、調べようがありませんでした。
なお、パリ大会はパリ万博の付属大会として開催されたもので、開催期間が5ヶ月もあったということもテレビで言っていました。だから、正式種目で調べるとわからなかったということも分かりました。ふふ。

2月 11, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

寒くて釣りにいけません

Scimg9562 Scimg9563 今朝5時に起きると、雨が降っています。天気予報では雪になっていたのにおかしいなあ、と思いつついつものように朝食後ファミレスで2時間。
ファミレスを出る時には雪が降ってたが積もってはいません。だがその後じゃんじゃんじゃなくて、シンシンと降り続いて午前10時過ぎには我が家の小さな庭も写真のような光景。香川県内の高速道路は全面通行止め、高松空港も一時閉鎖。
今日は全国的に雪なので、珍しくもおかしくもないと思うが、四国高松市としてはちょっと興奮しました。

3週間前からヨッさんと釣りに行く計画が私の都合で延び、そうこうしているうちに気温がグングン下がって、ますます釣りに行く状況じゃなくなって来ています。
来週も月曜日に用事があるので、それ以降に磯とイカ釣りの抱き合わせで行くつもり。早く暖かくなってくれないとオジンは外に出る気がしません。ふふ。

2月 8, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

香川県の水温

Ucimg9530香川県の水温は地元の四国新聞に毎日掲載されています。これは「香川県水産試験場」のホームページでも見ることが出来ますが、新聞で見るほうが便利。http://www.pref.kagawa.jp/suisanshiken/
香川県内の水温は県中央部の屋島沖、県西部の燧灘、県東部の引田沖の3個所で水温が記録されています。これを毎日見ていると、釣りには大変役に立ちます。
この水温は私の10年日記にも書き写しています。この日記を見ると同じ日の水温を過去に遡って一度に見れるので便利。

水温はあまり急激には変化しないと思っている人が多いと思いますが、場所によって違うこともあります。香川県中央と東部では大きく変化したときでも1日の変化はせいぜい0.2~3度です。
ところが燧灘では1日で3度も変化することがあります。多分水温を計測しているところの流れが速くて一気に変わるのではないかと勝手に推測しています。ふふ。

2月 4, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

年末年始の釣りと魚のテレビ

Ucimg9515Ucimg9521年末と年始に釣りと魚に関する番組がたくさん放映されました。どれも特番らしくお金をかけているのが分かります。
12月29日の「大陸横断アドベンチャー 巨大生物を捕獲せよ」ではカナダで巨大ダコ、鹿児島県宮古島で巨大サメを芸人が捕獲する内容で、十分に楽しめました。
元旦には嵐の大野さんが神奈川県茅ヶ崎でイシナギを船から狙う番組がありました。これは半日で、エサのアジを釣ってから沖に行ってイシナギ狙いという、もともと無理なスケジュール。釣れなくて当たり前と思っていたら、やっぱり釣れなくて、グダグダの感じだが、まあ、ご愛嬌。

1月10日には「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」で、巨大マグロを素潜りで突いて捕獲するという内容。なかなかの圧巻でした。
1月12日には、漁師によるカニ漁、13日にはマグロ漁が相次いで放映されました。
釣りや漁はもともと自然に左右されて釣果の確実性は難しいので、テレビ番組にはリスクが多い。そんな中で年末年始にこれだけの魚に関する番組があったことはうれしい。
ただ、年始の特番が過ぎると、全くこういう内容のものがなくなったのは仕方ないことか。ふふ。

1月 29, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

今年の釣り目標

Cimg4209今年になってからのこのブログを読んでみて、今年の釣り目標をまだ発表していないことに気が付きました。私としては今年の始めに目標を立てたが、発表を忘れていました。
こんな個人的な目標なんて、読者は全く興味がないと思いますが、それでも盛大に発表することにします。ふふ。
去年は意味もなく「45」にこだわって、釣行日数45日、魚種数45、イシダイ、グレ、チヌのどれかで45センチ以上にしたいましたが、45センチ以上の魚は釣れずに目標が達成できませんでした。

今年の目標は4つ。意味はないが「50」にこだわることにしました。釣行日数が50日。魚種数が50以上。イシダイ、グレ、チヌのいずれかで50センチ以上を釣ることを目標にします。
それに加えて、釣る魚の匹数を500以上とします。50にこだわるとしても匹数が50匹ではいくらなんでも少なすぎるので500にします。ふふ。

1月 28, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

今日の日経新聞にびっくり

Ucimg9522今朝の日経新聞を開いて驚きました。釣り具の広告が紙面全面に、それもカラー広告です。ゴルフ関係のロボットとの合わせ広告です。全国版のカラー広告費はすごいお金がいると聞いたことがあります。
景気の動向は新聞広告の量に比例して表れると気がついて、以前調べたことがあります。バブルがはじけたとき、企業業績が最も良く出る日経新聞の広告は激減していていました。
バブル前は2ページに1ページは全面広告で、それ以外にも記事よりも広告が多いページもありました。それが広告の減少で新聞紙面が20ページ少しのときがありました。それが最近広告の量が増えてきていることに気が付いていました。

それにしても最近の釣り具業界は芳しくないと聞いていたので、今日の電動リールメーカー「ミヤマエ」のカラー全面広告は見てうれしくなりました。
ただ、私は船釣りをほとんどしないので、電動リールとは縁のない釣りになっています。考えてみると、最近の釣り番組に船釣りが結構多いような気がするので、電動リールは売れているのでしょうか。
この広告は400キロのマグロをこの会社の新製品電動リールで釣り上げた内容になっています。釣り具業界が元気がいいと思えるのは、なんだか、気分がいい。

1月 24, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

本屋のおまけで釣りのDVDって・・・

Zcimg94521月4日にショッピングセーターに入っている本屋で本を買ったとき、店員さんがレジでいろんな品が入ったかごを出して、「お好きなものを」といいます。
かごの中には様々なポーチやCD、DVDなども入っています。予想外のことだったので、店員さんに「なんでですか」と聞くと、「お正月だから」。
「タダより高いものはない」の疑惑を持ったが、貧乏人根性が出てもらうことにして、かごの中を探りました。

数個のポーチの後ろにいくつかのDVDがあり、その中に釣りのDVDが出てきたのには驚きました。迷うことなく、そのDVDをもらって「いいお正月」と思いました。
そのもらったDVDが写真。バス釣りなので、あまり興味がないがタダなのでうれしい。もらったけどしばらく見る気がしないのでねそのままにしていたが、昨日やっと見ました。
そして、このDVDがある釣り雑誌1月号の付録ということがわかりました。雑誌の中から付録だけを抜いてお年玉にしていたみたい。そういえばかごの中にあったポーチもナンカの雑誌の付録のような気がしてきました。
DVDの中身は、ま、期待していなかったので期待通り。

1月 21, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

年末年始のテレビ特番が楽しみ

Bdcimg9448昨今のテレビ番組はコマーシャル収入の減少からか、金の掛けずに作っているのが多い。バラエティ番組に出てくる有名人は番組宣伝で呼び、おそらく出演料をケチっているか、出していないという感じがします。
昨年の後半から、景気が良くなっているのか、有名人の海外ロケが急速に増えているように思えます。そんな中で、年末年始の番組はテレビ局もお金を掛けるので、楽しみにしていました。
すると、年末の番組に「岡村隆史の世界の秘境で巨大生物を捕獲せよ」の番組は期待通りの内容でした。

「怪魚狩り」の著者で怪魚ハンターの小塚拓矢さんが中米のコスタリカで2メートル越えのターポンを釣り、アフリカケニアで1.5メートル超のナイルパーチを釣り上げるシーンは圧巻。
簡単には釣れない大物をテレビ番組制作の日程スケジュールの中で釣り上げるには精神的にも大変だったことが想像できます。体力と精神力は、この老人の私には無理です。テレビで見るのが精一杯の楽しみ方ということでしょうか。ふふ。

1月 4, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

今年もよろしくお願いします

Zimg081明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。という挨拶は年賀状でしていますが、よくよく考えてみると、年賀状を送ったのは250枚程度。
ということは、このブログの読者の多くには届いていないということに気が付きました。そこで今年の年賀状スタイルでの挨拶です。
デザインには毎年釣り写真を入れています。今年の写真は初めてアオリイカにしました。昨年の11月13日に高知県大月町で撮った写真の中の1枚です。夜なので真っ暗ですが、イカがすごく大きく写っていて感じがいい。ふふ。

50センチ以上のイシダイ、グレ、チヌのどれかで釣れていればその写真を使うつもりでしたが、昨年は釣れなかったので、アオリイカにしました。
ま、真冬と真夏を除いてはアオリイカ釣りに邁進したので、結果的にはよかったかなという感じ。来年の年賀状デザインにはイシダイの写真が入るようがんばらなくっちゃあ。ふふ。

1月 2, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

明けましておめでとうございます

Ecimg7838明けましておめでとうございます。読者の皆様にとっていい年でありますよう祈っています。
昨年は宇和海や高知県西部でいつもの年以上に釣りができた感じがします。大物釣果は全くありませんでしたが、楽しい釣行が続きました。
気の合う楽しい釣友といくのはもちろん楽しいし、一人釣行もその自由さで別の楽しさがあります。これからもこういう釣りが続けることが出来れば釣り人生として最高と思っています。

元旦ですので、今年の釣り目標を決めなくてはいけません。昨年は釣り日数45日、魚種数45魚種、イシダイ・イシガキダイ、グレ、チヌのどれかで45センチ以上を釣ることを目標としていました。
釣り日数、魚種数は達成できましたが、45センチ以上の魚は釣れませんでした。ま、私の不徳というところ。ウデ足らず。それなりの努力はしたので、ウデ不足のいっそうの発露というところでしょうか。
ま、釣りは楽しければいいので、そういう意味では目標の100パーセント達成といえないこともない。どうじゃあ。だれも文句は言えんはず。ふふ。

1月 1, 2014 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

来年もいい年でありますように・・・

Rcimg8509今年も残すところ、数時間となりました。もうすぐ「紅白歌合戦」が始まります。最近の歌は全く知らないのであまり面白くはないが、国民の義務として「山の神」と一緒に観ます。ふふ。
今年の釣りは大変楽しい釣りでした。アオリイカ、イシダイ、グレ釣りに始まり、ハゼ、サヨリ釣りも楽しい釣りでした。それに小野ちゃんに釣れて行ってもらった船でのイイダコ釣り、さぬき富士さんの船でしたタチウオ釣りも期待以上の釣果でした。
リタイアしてからの釣りで最大にいいことは天候を十分に吟味して行けること。だから、釣りの楽しさも余計堪能することが出来たような気がします。

そして、このブログの読者に感謝です。昨年から見られるようになった全国のブログランキングで、だいたい1000位程度、一番いいときで500位になっています。
そりゃあ芸能人でもないし、釣りという趣味の話題がそれほど普遍的ではない中で、それも四国に限定したこのブログでこれだけのランクがあるのは読者のおかげです、ふふ。
来年も毎日書き続けるつもりです。良いお年をお迎えください。そして私が大物をバンバン釣ることを期待してください。期待しないでしょうけど・・・。

12月 31, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

今年の釣り目標達成度

Okinosima3023年初に今年の釣り目標を決めて、このブログにも書かせてもらいました。
目標は、釣りをする日を45日以上、釣る魚種数を45以上、イシダイ・イシガキダイ、チヌ、グレのどれかで45センチ以上を釣ること、の3つの目標でした。すべて45という数字にこだわりました。
何故45にしたかと言うと、それが全く意味がないもの。ふふ。去年の目標が全部50にこだわっていたので、目標を下げたがっただけ。しょーもないでしょ。
さて、今年の目標達成は・・・。

・ず釣りをした日は50回以上あるので目標達成です。釣った魚種も今日現在で57魚種なので、余裕のヨッちゃんで達成です。魚種は6月末で24魚種しか釣っていなかったので、ちょっとあせりましたが、秋になると新たな魚種がどんどん釣れました。ま、釣りは秋がいいということですかね。
さて、最後の目標のイシダイなどで45センチ以上を釣るという目標は達成しませんでした。ま、ウデですわ。

12月 30, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

今年の釣りを漢字で表すと・・・

Bqcimg9227日本漢字検定協会が毎年発表している今年の漢字は「輪」と決まり、清水寺で揮毫されたと新聞で読みました。
そこで私も今年の釣りを漢字で表すと何になるのかを考えました。たくさんの釣行とたくさんの魚種が釣れたので「多」。孫との楽しい釣りや、楽しい遠征も出来たので「楽」も考えました。
しかし今年の釣り日誌をずーっとめくって50数回の釣行を振り返って、ある漢字を思いつきました。

それは「運」。幸運と不運が魚種別にはっきりとした年だった気がします。
アオリイカでは幸運に恵まれた年でした。釣行回数9回。釣ったイカが28匹。ボウズは1回だけでした。アオリイカ釣りの難しさを考えると幸運としか言いようがありません。
次にイシダイ釣りも幸運でした。8回の釣行のうち、ボウズは2回。釣った匹数は42匹。ほとんどが40センチ級ばかりで大きいのは釣れなかったが、これだけ釣れれば十分です。ふふ。
不運だったのはチヌ。高松市から300キロを走り、宇和海で磯釣り5回を含めて16回も釣りをしたのに、すべてボウズ。読者は「不運」じゃなくて、「ウデ」と思っているはずでしょうなあ。

12月 25, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

欲しいクリスマスプレゼント

Cimg1894ls今日はクリスマスイブ。世の中は沸き立っているようですが、老人の私には全く関係ないこと。だれからもプレゼントをくれることもないし・・・。
今日の朝のニュース。ニューヨークの恵まれない子供たちが郵便局に欲しいプレゼントを書いて郵送すると、多くのボランティアが手紙を見て気になる子供に贈っているという。その数、5万人。
私がクリスマスプレゼントをもらえなくなって、すでに55年。そういえば、クリスマスだけでなく、最近はプレゼントとは縁のない生活をおくっています。ふふ。

もし今クリスマスプレゼントをくれるとしたら、何が一番欲しいかを考えてみました。釣り具は欲しい物があれば自分で買えばいいので、特にプレゼントは欲しくありません。
欲しいのは、「1年間有効の釣運ラッキー券」。これがあると60センチのイシダイやチヌが釣れてしまうというラッキー券。2年とか、3年有効なんていう欲張ったことはいいません。有効1年でいいのです。誰かこの老人にくれませんか。

12月 24, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

魚の匂い

Cimg735610月26日土曜日の日経新聞四国版に興味深い記事がありました。四国の各県で養殖の魚に県の特産物をエサとして与え、ブランド魚を作っているという内容。
香川県では特産のオリーブをエサに加えることで魚臭さが無くなりさっぱり味になるオリーブハマチの養殖を2008年から取り組んでいる。
高知県の宿毛市では特産のユズを与えたカンパチとブリの養殖を始めている。かんきつ系の味がするらしい。
愛媛県では特産の温州ミカンの皮をマハタに与えた「ひめ柑育ちマハタ」を開発し、旨み成分のアミノ酸を2~3倍にすることに成功した。

要するに魚の味はエサによって相当変わるということらしい。思い当たることは、30年前の夏に釣れるグレは臭くて食べられなかった。グレを入れていたクーラーを家に持ち帰って開けると、その臭さに顔をそむけるほどでした。
それが最近は夏に釣ったグレでも全く臭みが無くなりました。これは釣り人が大量に撒くオキアミのせいに違いありません。釣り人による磯魚の養殖みたいなことになっています。
とすると、これまでまずいと思っていた磯魚が知らない間に美味の魚になっているかもしれません。身が固くて旨みが感じられないタカノハが超高級魚になっているかも。だれか試しておいしかったら教えてください。ふふ。

12月 23, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

香川磯連の沖ノ島釣り大会(余話)

Bkcimg9374_2高知県の西端に位置する沖ノ島は磯釣りのメッカとして有名です。磯も雄大で気持ちがいいが、私の感じでは常に風が強くてのんびりと釣りをしたことがありません。
しかし、今回の大会日は前日の強風、翌日の雨にはさまれて奇跡的にいい天気でした。すこし風があって、アタリが分かりにくかったが、それでも暖かくて気持ちがいい磯でした。
Bkcimg9380そして真正面はもちろん太平洋。くっきりと見える水平線を見て、「オーストラリアが見えるかも」とボケをかましたが、だれもツッコミを入れてくれる人はいません。ふふ。
そんないい気分の中で、ちょっと気分が悪いものがありました。

Bkcimg9375磯の上に釣られた魚がカラカラに乾いています。鳥に目玉だけを食べられて、不気味な姿となっています。なんで、釣った魚を磯に放るのか、その釣り人の心理が全く理解できません。
いらないのであれば海に戻せばいいし、食べるつもりがあればクーラーに入れればいい。釣り上げた後に魚が死んだとしても海に戻せばそれを食べる魚がいくらでもいます。なんで死んだ魚が磯にあるのかが分かりません。
「オレが釣った魚をどうしようと文句を言われる筋合いはない」というのなら、そういう人は死んだ魚に取り囲まれて釣りをするのも気分がいいのでしょうなあ。バカだと思う。

12月 15, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

魚屋にクエがいた

Bjcimg9403Bjcimg9405久しぶりに大型DIYの店に入っている魚屋さんを覗いてみました。釣り用の防寒着に貼っていた修理用のシートが破れたので、買いに行ってのついでです。
ここの魚屋は値段がすごく安い。この日も40センチのチヌ、カワハギ2匹、30センチのタイが入ったトロ箱がたったの680円。隣のトロ箱には大きなニベ、マゴチ10匹、キス、トラハゼなどが入ってたったの598円。釣る気力が薄れます。ふふ。
他にも20センチ近いカサゴが7匹で480円。1匹が100円もしません。これには驚いたが、もっと驚いたのはクエが売られていたこと。クエが香川県で売られているのは大変珍しい。

Bjcimg94021メートル弱の魚です。クエと表示しているが斑点があるのでヤイトハタのようです。ま、磯釣り師の間ではこの魚もクエとして扱うので、まあ、いいとしました。
1匹、12000円。そんなものだと思います。だが、驚いたのが「台湾産」とあり、そして「養殖」と書いていること。台湾から四国の高松までどういうルートで運ばれたのか知りたくなりましたわ。

12月 13, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

氷を長い時間もたす画期的方法

Bqcimg9252Bqcimg9253高知県大月町にイカ釣りに行ったとき、コンビニで買った氷の袋が破れてクーラーの中が水浸しにならない方法を考えました。
家の冷蔵庫で氷を作るために以前買っていた、アイスバッグの5リットル袋があります。これで氷を作ろうとすると大きすぎて冷蔵庫の中が混み合うので使わずに置いていました。
この5リットルアイスバッグにコンビニで買った氷を入れました。これだと氷の袋が破れてもアイスバッグの中にとどまります。我ながらいい思い付きです。
釣行後に家で確認すると、袋が破れないだけでなく、中の氷もほとんど溶けていません。何故氷が溶けないのか不思議に思いそのままクーラーに入れていて、翌日に確認するとまだ半分以上解けていません。氷を買ってから50時間がたっています。写真はそのときのものです。

Bqcimg9256なぜ、こんなに氷が溶けないのか不思議でしたが、あることを思い出しました。それは今年の夏に買って使っていたコップです。ガラス製ですが、2重になっています。
これにお茶を入れて氷を入れておくと、何時間たっても氷が溶けません。普通のガラスコップだと2時間ともたない氷がいつまでも溶けません。2重になっているので外の熱が中に伝わりにくいらしい。
今回、釣りに行く時にコンビニの氷をアイスバッグに入れたのは袋が破けたときの策でしたが、保温にもすごく有効だと分かりました。もちろん溶けにくいということはそれだけ放熱が少ないということなので、使い方の注意が必要ですが、我ながら大発見の気分です。ふふ。

12月 3, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

私だけなんでしょうか

Bqcimg9220Bqcimg9221Bqcimg9224Bqcimg9251私だけなんでしょうか。最近のテレビコマーシャルにやたらと魚が出てきている気がするのは・・・。
録画をしているテレビ番組に出てきたお魚の写真を撮ると瞬く間に4つありました。エプソンのコピー機にエイ。サントリービールにイイダコ。日立の冷蔵庫にマダイ。日清のカップヌードルにサメ。
他にも写真は撮りませんでしたが、清酒白鶴にマダイなど、たくさんの魚がコマーシャルに登場しています。

こんなことに気が付くのは、釣りに興味がある私だけなんでしょうか。それとも、もともとコマーシャルには魚が出てきているのに、気が付いたのが最近ということなのでしょうか。ふふ。
バブルのときはコマーシャル画像にゴルフが圧倒的に多くて、釣りが全くないことにちょっとした僻みを感じていました。最近めっきりゴルフシーンが無くなり、番組の中にも釣りがよく出てくるようになっています。
テレビはその時代の世相を表すといいますが、釣りがよく出てくるというのは、どういうことなんでしょうかねえ。

11月 26, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

高松市中央卸売市場の市民開放

Bvcimg9089昨日の日曜日に中央卸売市場の市民開放がありました。8時半開場の10分前に行くと、すでに300人以上の人がいてびっくりです。
Bvcimg9090Bvcimg9091私がお魚グッズのコレクションに入れたいと思っている「おさかなシャトル」もきています。ま、冗談です。こんな大きなものを置く場所がありません。中の水槽にはアジ、スズキ、ハマチなどが泳いでいます。
開場に来ている人は、小さな子供連れが圧倒的に多い。イベントのパンフレットを見ると、小学生以下の「魚のつかみどり」や「おさかなタッチングプール」が目当てのようです。マグロの解体ショーも午前と午後の2回。
それにしても一般市民が魚を対象にしたイベントにこんなにたくさん集まっていたのにびっくりです。

Bvcimg9095もっと驚いたのは、開場してから魚売り場に入ると、たくさんの人で身動きが出来ません。おそらく数百人の人がいます。とろとろと進みながら、めぼしい魚を探します。
Bvcimg9092まず目に入ったのが、50センチ級のチヌ。これに1500円の値札。横にある40センチ足らずの小さなタイには1200円の値札。やっぱりチヌは安い。売れないんでしょうなあ。
Bvcimg9094人ごみを分けてやっと目についたのが、アオリイカ。瀬戸内海でもたくさん取れているようです。1キロ級のものが約1000円。意外と安い。明後日から高知県の西端までヨッさんと釣りに行く予定なので、もっと値段が高くあって欲しかったわ。ふふ。



10月 28, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

サヨリの値段

Jcimg8778片ちゃんからもらったイイダコを宝山さんにおすそ分けした時に開きサヨリを10匹いただきました。それを朝食のおかずにししました。あっさり味でいいです。
サヨリを食べながら、これを買ったらいくらぐらいするのだろうかと気になって、外出するたびにスーパーの鮮魚コーナーで探しましたが、全く置いていません。
理由は分からないが、高松市内のスーパーにはサヨリの一夜干しを置いてないのです。売れないからなんでしょうかねえ。

そこでネット販売にあるか調べると、たくさんあります。楽天だと、だいたい1匹が200円から、300円という感じ。ところが瀬戸内産だと、ある店で1匹500円で売っているところがあります。ふふ。
宝山さんから10匹もらったので、1匹500円とすると5000円ももらったことになります。ふふふ。

10月 26, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

やきもき

Okinosima723027日の日曜日は、四国磯連の大会日になっています。ご存知のとおり、台風が接近中です。大会が開かれるかどうかは、前日の午後7時のNHK天気予報で決められることになっています。
この天気予報で愛媛県南部、高知県で強風、波浪のどちらかでも注意報が出ていれば自動的に中止になる規定です。現在のところどちらの地域にも注意報が出ています。
明日土曜日の午後7時には台風は四国からだいぶ離れているはずなので、その時点で注意報が継続されているかどうか、ということ。私は継続されていると見て、どこの渡船にも予約を入れていません。ふふ。

だが、もし明日の午後7時に注意報が解除になっていると、そのときから釣りの準備をして行けるかどうか。道具の準備はもちろんのこと、問題はウニの手当て。
だが、もし大会が開かれるとしたら、うねりはまだ残っているはず。
やきもきしながら、高知磯連前会長の別役さんに電話で状況を聞くと、「無理、無理」と簡潔な答え。明日の夕方までに注意報は解除されないとの観測。で、私もその方向で・・・。ふふ。

10月 25, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

秋は忙しすぎる

Cimg0745台風が次々にやってきて、釣りに行けません。秋は対象魚が多くて何を釣ろうかと迷っているのに、ストレスがたまります。
まず行きたいのが、イシダイ釣り。50センチ以上狙いと、40センチ前後でも旨いイシダイを冷凍庫にストック狙いの二つがあります。それにグレ狙いもそろそろシーズンインです。
近くの釣り場でも、「車が横付けできる場所でタチウオが釣れとるぞ」と山田さんから電話が掛かってきたので、行くチャンスを狙っています。
ハゼ、サヨリも行かないといけません。どちらも今年はまだ中途半端な釣りしかできていません。ふふ。タチウオ狙いのエサにする小型のサヨリも釣らなくてはなりません。それに家の近くで小アジがたくさん釣れているようなので、これも気になっています。

さらにさらに、なんといってもアオリイカも大きくなってきているはずです。山田さん、ヨッさん、オカテッちゃんと先週行く予定だったのが、台風のせいで延期しました。早く行きたい。昨日、ヨッさんから新しい仕掛けを郵便受けに入れてくれていました。ふふ。
宇和海や足摺方面ではいい型のカマスが釣れているはずです。30センチを越えるカマスを釣りたいのです。
なんやかんやと考えるだけで、パニックになりそう・・・。

10月 22, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

チヌ用ダンゴに気をつけろ

Icimg8844Icimg8846愛媛県宇和海で市販のチヌダンゴで釣りをした後、自分の指を見てびっくりしました。何本もの指先の皮がむけています。
まるで水虫にかかったような状態です。チヌ釣りをする前には全くこんなことは無かったので、私としてはチヌダンゴのせいと思いました。ま、私の思い違いと言うこともあるので、メーカーの名前を出すわけにはいきませんが。
釣りから帰って2週間以上この皮むけが直りません。いくらなんでもダンゴによる肌荒れだったらこんなに長い間続くはずもない。さて・・・。

病院に行こうかとも思ったが、かゆみもないし、痛くもないので、放っていました。毎日皮を剝いていますが、いつまでも直る感じがしなかったが・・・。
薬局に行って薬を買ってこようかと思ったが、水虫なら足指になると思うけど、全く足に異常はないし。
インターネットで調べると、「ばい菌じゃなくて、クリームを塗っておけばいい」と書いています。ま、このまま放っておくか。少しずつ良くなっている気がするし・・・。やっぱり、あのダンゴのせいや・・・。

10月 21, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

イイダコの値段

Bycimg9053イイダコ釣りを一緒に行った石塚さんからメールでイイダコの値段が届きました。スーパーで5匹を490円とのこと。思っていたのより高い。ただし大き目のイイダコらしい。
このメールが届く前日、「クエ食う会」の席で、横にいた白川さんが「イイダコはトロ箱1杯で1000円」と聞いていたので、ま、そんなものかなあと思っていました。
そこで私もスーパーに値段を見に行きました。そこでは8匹が480円になっています。写真はそのときのもの。

釣り人としては、魚の値段が高いほどうれしいもの。今回のイイダコ釣りで私が釣ったのは55匹だったけど、小さいのが多かったので、大きいのに換算するとせいぜい30匹。
とすると、スーパーの値段に直すと2000円程度。ま、こんなものでしょうか。労働対価としてはいけませんな。だから、釣りが労働になるような一生懸命はいけないのです。あくまでも楽しみでなくっちゃあ。ふふ。

10月 19, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

イギリスの巨大アナゴは桁違い

Kcimg8760Kcimg87619月の始めに放映された「所さんの学校では教えてくれない そこんトコロ」で、巨大なアナゴが出てきてびっくりしました。
サイズは2メートル。これを竿で釣り上げたのには、世界にはまだまだ知らないびっくり巨大魚がいるものだと思い知りました。
日本で釣る40センチのアナゴでも釣り上げたあと手首に巻きついてくると、「ギャオー」と言いたくなるほど、気持ちが悪い。これだけ巨大だと恐怖です。

Zimg009ここまで書いて、思い出したことがあります。平成7年に経済視察団でオランダに行ったとき買った釣り雑誌のことです。そこにも巨大なアナゴ釣りの写真が掲載されていました。
こちらのアナゴはテレビで放映されたものより一段と大きいような感じです。オランダ語で書かれているので内容はさっぱり分かりませんが、写真はすべてを物語ります。

9月 23, 2013 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)