2019年3月 8日 (金)

今年発行予定のギネス

Timg_1667
昨年から、香川ギネスの担当を猪子さんがしています。そして、今年発行予定のデザインが、猪子さんからメールで届きました。

私が担当しているときも、カラーにすると白黒とは迫力が違うと思っていたが、今年の発行はカラーに出来るようです。ふふ。これで、県民の注目度もドーンと上がると思います。

3月 8, 2019 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

ウッカリカサゴの香川ギネス申請

Zdscpdc_0001_burst20190224104

Zdsc_0609

猪ちゃんから、ウッカリカサゴの香川ギネス申請のメールが転送されてきました。

57センチの大物です。カサゴ系には種類が多いが、これだけ大きくなるのは、ウッカリカサゴのようです。

釣ったのは、東かがわ市の浅田昌哉さんで、今年の2月23日に徳島県南部の海陽町沖での船釣りです。おめでとうございます。

3月 4, 2019 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

ちょっとうれしい500円

Uimg_1594
私が所属の高松黒潮クラブ会計の片ちゃんから郵送されてきたのが、会長でデザイナーの猪ちゃんが作ってくれたゴールドポイント証と、クラブ取り決めの500円。

クラブで魚種別の大物サイズを決めていて、それを越える魚を釣ると、1年間をまとめてくれるシステム。

Vcimg1236
去年の初めに46.1センチのチヌを釣ったので、くれたもの。去年はこの1回しか釣りに行けなかったので、ま、ラッキーなことだった。ふふ。

2月 24, 2019 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

巨大シイラ

Zimg_7_m_2

おそらく日本一と思われるイシラの香川ギネス申請がありました。ギネス担当の猪子さんからのメールです。

釣った人は東かがわ市の浅田昌哉さん。昨年の6月19日に徳島県牟岐沖の船釣り。大きさは160センチと巨大です。

シイラはテレビで観ていると、130センチで大騒ぎしているサイズ。160センチはしんじられなーい。

1月 2, 2019 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

今年1年間の釣行まとめ

Vcimg1236
今年も残り1週間となりました。毎年年末に1年間の釣行をまとめて書いてきました。ところが、今年は諸般の事情により、2日間しか釣りをしていません。

初釣りは、1月に一人で愛媛県南部で磯釣りと波止釣りをしています。磯での狙いの50cmチヌは釣れず、ガシラのオンパレード。29センチのグレが目立った魚でした。

その後に行った波止で、46.1cmのチヌがまぐれで釣れました。

6月に孫達と釣りに行ったが、そのときは私は竿を出していない。しかし、孫に釣らせたいと思って、3日前に試し釣りをしています。1時間半でピンギス、ネズッポ、など5匹。

寂しい限りですが、しゃーないです。ふふ。

12月 23, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

香川ギネスにとんでもないトラフグ記録の申請

Zsoeizotm

チーム・グレートヨーヘンの前川さんから、知人のトラフグ申請がありました。

Zo3b9vvzs

そのサイズがすごい。65.0センチです。釣った場所は松山市沖の船釣り。釣った日は12月11日。釣った人は綾歌町の榊原裕太さん。記録更新、おめでとうございます。

 

 

12月 21, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

香川ギネスにヒゲダイ記録の申請

Z1544608984758s

現在、ヒゲダイの香川県記録を持っている望月さんから記録更新のメールが届きました。現在の記録は平成25年に釣った58.5cm。今回はそれを越えているらしいのだが、「魚拓にしてグレートヨーヘンの秋山会長に預けているので、それを検寸してくれ」とのこと。

写真で見る限り、58.5センチは越えているように見えます。どれくらいの記録更新なのか、楽しみです。

望月さんからのデータは以下の通りです。

釣り場 愛媛県武者泊ヤッカン  磯釣り 
仕掛け 石鯛の天秤仕掛け 石鯛針17号  エサ 赤貝   
釣った日 平成30年 5月19日 
釣り人 望月修平
住所 香川県三豊市               
魚の大きさは魚拓で確認お願いします。
よろしくお願いいたします。

12月 19, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

香川ギネスに新魚種、アコウダイ

Zdscn4216_r2s

127.3センチのアカマンボウ、75.0センチのスジアラなどの香川県記録を持つ佐々木さんから、新魚種アコウダイの申請がありました。

香川ギネスの管理は猪子さんになっていますが、佐々木さんから「釣った」というメールが私にも届きました。猪子さんに写真の転送をお願いすると、立派なアコウダイです。

アコウダイと聞いて、アコウの間違いかと思ったが、図鑑で調べるとアコウダイという別の魚がいます。よく似た魚がたくさんいますが、写真で見るとアコウダイに間違いがないようです。

釣った日は、12月8日。場所は室戸沖でのルアー釣り。サイズは78センチ。

12月 18, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 8日 (土)

巨大なマアジの香川ギネス申請

Zimage1ms


アカマンボウの香川県記録、127.3センチを釣っている佐々木理生さんから、友人が釣ったという巨大なマアジの写真が届きました。

そのサイズが62センチ。ジギングで釣ったと言います。もちろん尺と一緒に写した写真もあるので間違いない。

釣った日は11月6日、釣った人は坂出市の横井俊彦さん。おめでとうございます。おそらく日本記録じゃないでしょうか。

12月 8, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

釣りクラブ員の交流を本にしてみました

Kimg_0929
このブログの中で、高松黒潮クラブ員との交流を本にしようとしたら、350近くの記事で、500ページ以上になって、印刷製本会社が決めている制限の460ページを越えます。

そこで若干記事を削って、460ページ内になるようにして印刷製本してみました。すると、写真のごとく、とんでもない分厚い本になりました。こんなにページ数が多いと読む気がしなくなります。そこで、色々な条件をつけて薄くすることにしました。

さて、どんな本に仕上がるのでしょうか。私自身が楽しみです。

11月 1, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

コロダイの香川ギネス更新申請

Z

コロダイの香川ギネス更新の申請がありました。

釣った人は、三木町の多田 等さん。サイズは、79.8センチと巨大です。高知県須崎市の波止で釣ったらしい。ハリスは1.7号。とんでもない奮闘だったと思います。

10月の7日に釣れたらしい。多分ですけど、狙って釣ったのではないと思う。ふふ。

10月 14, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

クエの記録

Ztgzjpezx
九絵勇心会の秋ヤンから送られてきた、植田さんが釣ったクエの写真。惚れ惚れとみていたら、このサイズが気になりました。138.5センチ。

この魚の標準和名はヤイトハタ。この香川県記録をしらべると、やはり植田さんが10年前の平成20年に釣った144.8センチ。今回釣ったのより6.3センチ大きい。

これくらいのサイズの魚になると、魚拓の取りようで6センチや7センチの違いが出ても不思議はない。ひょっとしたら、今回釣った魚が新記録だったかもしれないと、他人が釣った魚の記録に思いを馳せらせました。ふふ。

10月 9, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

秋ヤンからクエの写真が届いた

Ztgzjpezx

クエを狙うクラブの九絵勇心会会長の秋ヤンから、クエの写真が届きました。元会長の植田さんが釣った138.5センチ。迫力があります。

9月23日に高知県沖ノ島の磯から釣ったもので、さすが会長経験者というところ。なお、磯釣りクラブでは、ハタを含めて全てクエと呼びます。今回の魚の正式名はヤイトハタです。ちょっと名前の印象がよくない。

Zvtpmm902
植田さん以外にも、高知県在住会員の和田さんもクエを釣っていて、その写真も届きました。

9月 26, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

香川ギネスの受付担当が変わりました

Mimg_0763s

香川ギネスの受付担当が変わりました。これまで、このブログ、あるいは私のメールでも受け付けていましたが、今後は香川県釣り協副会長の猪子さんになりました。

しばらくは、私でも受付が可能なので、お知らせいただければ猪子さんに連絡します。詳しくは来年に発行予定の「香川ギョネス」でお知らせすることになります。

猪子さんのメールアドレスは以下の通り。

info@inoko-design.com

9月 10, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

恥ずかしい記録

Scimg3745_3
四国磯連が今年発行した、過去40年間の魚種別ランキング記録表について、これまでも書きましたが、私にはもうひとつのランキングがあります。

60.8センチでコロダイの部の8位です。これはちょっと恥ずかしい記録。というのは、私の魚よりひとつ上の7位は72.7センチで、7位以上は当然70センチ以上が並んでいて、私の記録は不自然に飛びぬけて小さい。

四国磯連の底物師の間では、60センチのコロダイくらいでは申請しないのが普通らしい。申請されたので仕方なくランキングされてしまったらしい。

私にも言い訳があります。大会が悪天候のため、1ヶ月間の魚拓大会になりました。他魚の部の最低提出サイズは60センチなので、魚拓にして審査に提出しました。コロダイのランキングのためにわざわざ提出したものではありません。

それが私の知らない間に、コロダイのランキングに入ったということ。ま、いいか。

7月 22, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

ヒガンフグのギネス登録

Tcimg3716s
香川県で比較的簡単に釣れる魚なのに、香川ギネス未登録の魚は結構ある。その中の一つがヒガンフグ。

こういう魚のギネス登録は子供にやって欲しいと思っていたら、12歳の人から申請があって、私はうれしい。

岩瀬直人君で、屋島西町の波止で釣れたとのこと。驚いたことは、そのサイズ。27.8センチは、この魚種としてはなかなか釣れないサイズです。

ギネスのホームページには既に登録しています。

6月 26, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

四国磯連40周年記念誌を見て(2)

Scimg3745_2
四国磯連の過去40年間の魚種別ランキングには、私が所属する高松黒潮クラブからも何匹か入っています。

残念ながら磯釣りのメイン魚種であるイシダイとグレへの、クラブ員のランキング入りはありません。ま、それだけ大物にガリガリするクラブでないということです。仲良くのんびり楽しめればいいということ。もちろん大きいのが釣れたらうれしいので、狙ってはいます。ふふ。

チヌでは、高木さんが57.3センチで74位、私も3匹が156位、180位、195位にランキングされています。ふふ。

他の魚種では、イサキで斉藤さんが50.8センチで16位、クエで秋友さんが125.7センチで17位、スズキの部で私が81.7センチで18位、イスズミの部で斉藤さんが52.0センチで6位、その多魚種で宮崎さんが105.5センチのツムブリが記入されています。

なお、私のスズキの部の81.7センチはヒラスズキで、ヒラスズキだけのランキングで言うと、3位だから、なかなか立派です。ふふ。

6月 14, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

四国磯連40周年記念誌を見て

Scimg3745
今年の四国磯連総会で配布された40周年記念誌を見て、ウフフとなりました。内容は、魚種別の過去全てのランキングを詳細に記録しています。

例えば、イシダイは65センチ以上でないと、ランキングに受け付けてくれないが、この最低サイズの65センチでは243位。1位は88.0センチとなっています。なおこの1位の魚はイシガキダイで、磯連ではイシダイとイシガキダイは同一部門としています。

簡単に言うと、四国磯連の会員が65センチ以上のイシダイを少なくとも243匹釣っているということ。少なくとも、というのは、同じ年に自分が釣ったサイズよりも大きいのがすでに申請されていると、自分は申請しない人がいるから。

グレは55センチ以上が受付されるが、55cm以上のグレはこれまでに90匹釣れています。
マダイの80センチ以上は123匹、
ブリの90センチ以上はは32匹、
チヌの50センチ以上は201匹、
イサキの45センチ以上は70匹、
クエの100センチ以上は57匹
などです。

これらは四国磯連の会員のみの話だから、四国全体で言うともっと多くの魚が釣れているということ。あらためて四国の釣り場に驚きました。

6月 12, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

カワハギの香川ギネス新記録

Tkawahagi39miman
カワハギの香川記録更新の申請がありました。現在の香川ギネスは39.4センチ。それを1ミリだけ越えた39.5センチです。ところが、添付の写真で見るかぎり、どう見ても、39センチ未満。

おそらく魚拓が乾燥で縮んだと推定。霧吹きで延ばしてからメジャーを当ててくださいと依頼。

Tkawahagi395
再度写真が送られてきました。どうにかこうにか、39.5センチあるように見えます。この魚拓で認定するかどうか、現在の県釣協会長の青木さんと相談して、認定することにしました。

釣った人は坂手魚神さん、釣った日は平成28年1月16日。場所は西予市明浜町での投げ釣りです。

6月 9, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

ハンマーヘッドシャークの香川ギネス申請

Jozayxjas

香川磯連のクエ釣り師の秋ヤンから、メールで知人の記録申請が届きました。

魚種はハンマーヘッドシャークで、サイズは98センチとのこと。釣り人名は続木喜秀さん。釣った場所は愛媛県愛南町で、活きアジを使ってアオリイカを狙っていたら、それに食いついたらしい。



Cw09kj08s_2


サイズの写真はメジャーからはみ出して、さらに写真からはみ出した尾ビレを手で書いています。笑っちまいました。いくらなんでも手書きのところは認められません。

そこで、95センチと認定。ハンマーヘッドシャークは英名で、標準和名はアカシュモクザメなので、この名前で登録。この和名は今回調べて、私も初めて知りました。ふふ。

6月 1, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

私が釣った珍らしい魚(17)

Chk1776
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 33 シラコダイ

平成22年に高知県柏島の磯で、釣れたもの。

マムシでズボ釣りを試していて、小さいイシガキダイが5匹、カワハギ8匹、40センチノタカノハなどが釣れた。ま、エサトリ中のエサトリです。ふふ。

つづく・・・。

Qcimg0675
珍魚 34 フエダイ

昨年、愛媛県の宇和海の磯で釣れたもの。

釣りを始めて45年たっても、いまだに初めての魚に会うことがあります。このフエダイも、最初の魚。サイズの割りには、最初の引きが強いので、大きいのかと騙されました。

4月 16, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

私が釣った珍らしい魚(16)

Zcimg0485
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 31 チョウチョウウオ

平成21年に高知県の土佐佐賀の一文字波止で上物釣りをしていて釣れたもの。チョウチョウウオは水槽で飼う魚としても有名なので、身近に感じていたが、釣れたのはこれを含めて2匹のみ。

この日は22センチのヒブダイ1匹だけだったので、チョウチョウウオが釣れたことがすごくうれしかった。

つづく・・・。

Chk1768
珍魚 32 アカエソ

平成22年に、高知県柏島の磯で釣れたもの。32.8センチ。

マムシでズボ釣りを試していて、小さいイシガキダイが5匹、カワハギ8匹、40センチノタカノハなどが釣れたが、このアカエソはマムシに似せた人工虫で釣れた。

3月 29, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

私が釣った珍らしい魚(15)

Zcimg0488
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 29 ソウシハギ

平成13年の11月に高知県柏島の磯で、釣れたもの。57.0センチ。

グレ狙いだったが、グレは釣れず、アイゴ、ブダイ、ダツ、オジサン、カワハギ、ハリセンボンに、ソウシバキと外道のオンパレード。

この後、ソウシハギには毒があると、新聞に大きく出てびっくり。食べた後でした。ふふ。すべてのソウシハギに毒があるわけではありません。

つづく・・・。

Zcimg0486
珍魚 30 ミノカサゴ

平成14年11月に、高知県柏島の磯で釣れたもの。

3人で行ったが、全員グレは釣れず、私はカワハギ11匹を釣って意気揚々?

3月 15, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

オトメベラは自己記録更新だった

Vcimg1220_2
愛媛県愛南町で磯に渡って釣りをしていたとき、29センチのグレが釣れた直後、さらに大きな引きで、てっきり35センチくらいのグレと思ったが、オトメベラ。

Vcimg1223
28.1センチ。「メジャーが波打っていて正確じゃないやんか」と思われるかもしれませんが、ちゃんとメジャーをひっばって測ったが28.1センチありました。ふふ。これが自己記録更新です。

これまでの記録を1.4センチの更新。うれしいわい。

2月 7, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

私が釣った珍らしい魚(14)

Cimg5087
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 27 クロアナゴ

平成19年の10月に愛媛県佐田岬の港で、釣れたもの。73.1センチ。クロアナゴとしては、小物です。

タチウオ狙いだったが、全くアタリがないので、ぶっこみ釣りをしたら釣れた。同行者は、同僚の友近さん。

つづく・・・。

Zcimg0482
珍魚 28 ウケグチイットウダイ

平成13年11月に、沖縄県宮古島の来間島で、早朝に投げ釣りして釣れたもの。サイズ、16.8センチ。

「山ノ神」と旅行して、一人抜け出して釣り。こんな小魚でも釣れればうれしい。ふふ。

1月 26, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

昨年の40魚種は達成出来てた

Rcimg0647
昨年の目標のうち、魚種数は39で、干潟でミミズハゼを捕まえてインチキの40魚種と言ったりしました。ふふ。

毎年、釣った魚種を書き入れた一覧表を作成しています。そうでないといちいち数え直すのが面倒です。昨年の一覧表を見て気が付いたことがあります。

スズメダイの記載がありません。東かがわ市でサヨリ狙いをしたとき、カゴを遠投してスズメダイの入れ食いになったはずです。写真で確認します。

確認すると、やっぱりスズメダイが記載漏れになっていました。ということは、ミミズハゼでごまかさなくても40魚種を達成していたということです。ふふふのふ。

1月 22, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

スモールマウスのギネス申請

Zimg_20160702_161822s

コイの106センチ、ナマズの73センチ、オオクチバスの65センチなどの香川ギネスの記録をもっている山中一成さんから、スモールマウスの申請がありました。場所は新潟県のダム湖で、2016年年6月29日に釣ったものです。

Zdsc_2501s
サイズは、「写真を見て決めてくれ」とのことです。よーく見て、頭のほうは1センチずれているし、尺も波打っているので、厳正に判断して32.0センチで認定としました。

なお、現在香川ギネスに登録しているブラックバスはオオクチバスに変更し、今回申請魚をコクチバスとします。

1月 20, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

今年の目標設定

Kiki6572_2
今年の目標を設定しました。昨年は釣行日数40日、総匹数400匹、魚種数40魚種、30センチ以上を30匹でした。

今年も同じにしようかと思ったが、今年は平成30年。だから、目標も30にこだわることにしました。釣行日数30日、総匹数300匹、魚種数30魚種、30センチ以上30匹です。

「屁理屈いっても、目標を減らしているじゃないか」と思われる人が多いと思います。ごもっとも。その通りです。今年はなんやかんやありそうなんです。ふふ。

1月 11, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

昨年の目標達成度

Jcimg0100
昨年の目標は、釣行日数40日、総匹数400匹、魚種40、30センチ以上を30匹の4つでした。

実績は、釣行日数25日、総匹数298匹、魚種数39魚種、30センチ以上は17匹と、散々でした。ま、それでも見方によっては頑張ったともいえます。ふふ。

特に魚種数の39は、釣行日数が25日しかないのにしては、我ながら立派だと思います。魚種は同じ場所で好きな釣りだけをしていては、増えません。釣りの多様性を楽しむ気持ちがないといけません。何の意味も無いけど・・・。ふふ。

つづく・・・。

30センチ以上の17匹もそこそこです。というのも、昨年はサヨリの30センチ以上がないから。長物なしで17なので、「まあまあ、よくできた」と思ってください。

さあて、今年の目標をどうするかなあ。いろいろあるんです。ふふ。

1月 10, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

インチキの目標達成、ふふ

Ycimg1069
昨年の目標のうち、魚種の目標40に対して39と、もう1魚種なのでカレイ狙いで行ったが、ボウズ。どうしても気になったので、何か簡単に釣れるものはないかと考えました。

そして思いついたのが、カニ釣り。いつも晩秋に行くが、1匹も取れないことはありません。小さくても1匹でいいので、「これなら、40魚種が確実」です。

Ycimg1068
年末に行ったのが、小さいのがウジャウジャ入るはずの県営球場裏の波止です。持っていったのは、冷凍庫に入っていたカンパチの切り身。脂が乗っているので匂いが強いはずです。ふふ。

30分待ったが出てきません。近日の気温低下で水温も下がっているせいか、フグも見えません。仕方なく、場所を変えて弦打の木材港の波止でも30分粘ったが、カニは出てきません。しゃーないなあ。

つづく・・・。

Ycimg1080
カニ取りはあきらめました。帰る途中に、家の近くに郷東川があります。干潮時間なのでよく引いています。そこで思い出したのが、孫との干潟遊び。

Ycimg1075
孫と行ったとき、石をひっくり返すと小魚がいました。そこでこの日も石を何個かひっくり返すとミミズハゼがいました。バンザーイ。これで目標の40魚種達成。バンザーイ。「釣ったのじゃないだろ」ですか。ま、インチキの目標達成です。

なお、私が元旦にラジオでしゃべったのが、今週の日曜日まで自由に聞くことができます。

方法は「ラジルラジコ 西日本放送」で検索し、西日本放送のホームページを出した後、「ラジオ」、「スマホでRNCラジオ『RNCラジコで配信中』」、でスマホとパソコンのどちらでも聞けるが、パソコンの場合、「radio.jpでラジオを聞く」、「タイムフリー」で出てきた画面に

番組名「気ままにラジオ、雨の日、晴れの日、曇りの日」と日付「2018年1月1日」を選択し、ENTERキー。
開始時刻は13時18分から20分間です。

面倒くさいなあ。ふふ。

1月 3, 2018 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

タケノコメバルでなかった

Kcimg1038
脈釣りで釣れたタケノコメバルは、よくよく図鑑で調べると、ムラソイでした。しかし、調べたのはてっきりタケノコメバルと思ってウロコを取った後だったので、サイズ計測はウロコ無しです。ふふ。

Lcimg1016_2
これでは魚種の認定は出来ないので、ウロコを落とす前の写真を見てください。タケノコメバルよりも口が尖ってなくて、体に2本の太い横帯があります。

釣ったときにも、ひょっとしたらタケノコメバルでないかもしれないという気がしたが、家に帰ると、そのことをすっかり忘れていました。

つづく・・・。

これまでの私のムラソイ記録は15.7センチ。今回釣れたのは17.1センチなので、1.4センチの記録更新です。貴重な更新です。うれしいわい。

何事も、ちゃんと調べないといけませんなあ。こんな面倒くさいことをしている人はいないか。

12月 24, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

私が釣った珍らしい魚(13)

Chg1916
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 25 カゴカキダイ

 平成22年の5月に高知県足摺岬の磯、フタツバエでイシダイ狙いをしていて釣れた外道。
イシダイのアタリは全くなかったが、クロモンガラ、メガネウマヅラ、にくわえて、このカゴカキダイと、エサトリのオンパレード。イヤになっちゃいました。

同行の萱野さん、栗尾さんもボウズなので、私のウデが悪かったわけではありません。念のため。

つづく・・・。

Zcimg0481
珍魚 26 メイタカレイ

 平成17年の8月に船釣りで釣れたもの。イノちゃん、片ちゃんと3人で大型のキス狙いで小豆島にいく予定だったが、うねりが大きくて小豆島にいけず、やむなく志度沖で竿を出した。

私は28.4センチを含めてキスが5匹と、このメイタカレイ。ひとり気を吐いたのがイノちゃんで、50センチ超のマダイを3匹も釣った。

12月 1, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

大きなブリが瀬戸内海で

Zsecuredownload
観音寺目示奈会の矢野さんから、ブリの写真がメールで届いた。電話で確認すると、香川県西端の庄内半島沖で釣ったとのこと。105センチと立派なサイズです。

瀬戸内海で、こんなに大きなブリが釣れていることに驚きました。エサはコノシロの泳がせ釣りとのこと。現在も釣れているとのことでした。

香川県の魚種別記録申請ではないと言うので、尺を当てた写真を求めず、四国新聞への釣果掲載になるように処理をしました。

つづく・・・。

ところが、その後「香川ギネス」のブリ記録を確認すると、91.2センチです。ということは、矢野さんが釣ったブリはこの記録を超えているので、船釣りとして新記録になります。

そこで再度、尺を当てた写真がないのかを確認すると、「ない」とのこと。それでは香川ギネスに登録が出来ません。
まだ釣れているということなので、91.2センチを超えたら、尺を当てた写真を送ってくれるようにお願いしました。

11月 30, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

私が釣った珍らしい魚(12)

Cimg2654
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 23 サザナミフグ

平成18年の9月に高知県土佐佐賀の一文字でイシダイ狙いをしていたときに釣れた。狙いの魚は、小さい子供イシガキダイが2匹釣れただけだったが、本虫のズボ釣りで釣れたのが、見たことがない魚。

腹が膨らむのでフグの仲間ということはすぐに分かったが、その脹らます大きさが尋常でない。また、模様もなんとも気持ちが悪い。サイズを測ろうとするが、この状態なので正確に測ることが出来なかった。無理やり測ったのが、34.6センチ。

このとき一緒に行っていた内藤さんが37センチの特大カワハギを釣ったのがうらやましかった。

つづく・・・。

Cxcimg0026
珍魚 24 トウゴロウイワシ

平成26年の5月に50センチを超えるチヌ狙い。場所は愛媛県愛南町の深浦の磯。この時期はヒブダイが多いのだが、この日も40センチ弱が3匹。

おまけに48センチのマダイも釣れたが、チヌの気配は全くなかった。海面がざわついて、エサがすぐになくなる。空合わせで釣れたのが、群れで泳いでいたトウゴロウイワシ。

イワシいう名前が付いているが、うろこが鎧のように硬い。イワシの仲間ではないらしい。

11月 24, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

愛南町の磯で釣ったフエフキもどき

Qcimg0658
愛媛県愛南町で、フエフキダイに似た魚が釣れました。私はこれまで釣ったことがない魚種です。魚種別自己記録に新たに追加です。ふふ。

Qcimg0663
船頭に聞いてもよく分かりません。背中の後のほうに白い点がひとつだけあります。これを見て、船頭は「イサキに似ているから、モンツキイサキや」とテキトーなことを言います。

モンツキイサキはイッテンフエダイのことで、点は黒い。私もよく分からないので、その場は「そうやろか」で終わりました。サイズは26.6センチです。

つづく・・・。

Qcimg0674
この後、すぐに同じ魚が釣れて、こちらは27.1センチ。同じ日に記録更新です。面倒臭いけど、ちゃんと写真を撮ります。自己記録なので、しゃーないです。ふふ。

ところで、魚名はフエダイと分かりました。車中泊したときに、車に積んでいる魚類図鑑で確認。

10月 22, 2017 釣り記録 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

私が釣った珍らしい魚(11)

Zcimg0484
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 21 タカサゴ

25年前の平成4年5月に長崎県男女群島で釣ったもの。イシダイ狙いで行ったのだが、イシダイのアタリは全くなく、持っていたオキアミで上物釣りをした。

このとき7匹のタカサゴが釣れた。私がタカサゴを釣ったのは、このときだけである。サイズは35.0cm。もちろん私の自己記録である。

ただ、香川県ギネスには登録していない。釣ったタカサゴにメジャーを当てた写真がないからしゃーないこと。ふふ。

Icimg3953
珍魚 22 ロクセンフエダイ

平成23年9月に高知県大月町の波止で釣れた。マムシで投げ釣りをして、遊んでいた。狙い通りカワハギが4匹。

そのとき、見たことがない魚が釣れたのが、このロクセンフエフキダイ。この魚には特徴の大きな黒斑はないのだが、図鑑で「幼魚のときだけに黒班がある」と書いているのを見つけた。

サイズは18.0センチ。私にとっては、貴重なエサトリである。

9月 30, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

今年目標の魚種数まで・・・

Scimg0625
香川県西部の三豊市仁尾の一文字でチヌ狙いをしたとき、チャリコが釣れました。マダイです。小さくても立派なマダイです。ふふ。文句はないと思います。

これは納竿直前に置き竿をしていて釣れたもの。置き竿だろうが、釣れたのには間違いない。もちろんリリースしたけど、釣れたという証拠写真は撮りました。

なんでこんなことをグダグダと書くのかと言えば、これが私が釣った31魚種目になるからです。今年の目標は40魚種なので、残り10を切りました。そのご報告です。そんな報告はいらん?でしょうねえ。

つづく・・・。

Scimg0622
30魚種目は、これもこの日にまぐれで釣れたカマス。これも小さいけど、文句なしの今年初めて魚種です。カマスを釣った記憶がないので、ひょっとしたら、カマスの自己記録かとも思ったが、そんなことはない。

7年前の平成22年に船に乗せてもらって多度津沖で25.1センチを釣っていました。ふふ。

9月 29, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

私が釣った珍らしい魚(10)

Cxcimg0042
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑲ミナミイソスズメダイ

愛媛県愛南町の磯で、50センチ超えのチヌ狙いをしていて釣れたエサトリ。よく釣れるスズメダイにしては色が黒すぎるので、図鑑で調べた。

スズメダイの仲間はたくさんいて、色が黒っぽいのもたくさんいる。そこでなんやかんやの条件を図鑑と照らし合わせて、これはミナミイソスズメダイとの結論を出した。

その決め手は、背ビレの一つ一つの先端が曲がっていること、エラの上に黒い小班があること。

この日もチヌは釣れなかったが、フライにするとおいしいヒブダイの40センチ前後が3匹と、48センチのマダイが釣れて、納得した釣行でした。

つづく・・・。

Zcimg0483
珍魚 ⑳クロサギ

昭和58年8月に愛媛県西海外泊で、夜に投げ釣りして釣れた。昭和58年と言えば、まだ釣りクラブには入ってなくて、ひとりで四国中をウロウロしていた。

ただ、これを釣った日は家族で旅行に行き、民宿での夕食後、娘と私の二人でチョコッと投げ釣りして釣れたもの。

これを釣ってから35年ぐらい経つが、それ以降は全く釣れていない。見た目もよくなくて、まずそうで、あまり釣りたくない魚です。

9月 24, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

今年釣った30魚種

Ucimg0571
先週、ハゼ釣りに行ったとき、ミニのチヌが釣れました。尾ビレが黄色いので、今年釣った魚種一覧にキチヌを記入しました。これで、今年に釣った魚種は30魚種。

今年の目標は色々あるが、この魚種数だけが順調に増えています。釣りの回数の割りには魚種数が多いのです。ふふ。

ところが先日、図鑑をめくっていて、これはキチヌでないことが判明。シェー。シェーは古いけど、古い人間だからしゃーないわ。シェー。

つづく・・・。

私が愛用の小西正人さん監修の「釣魚1400種図鑑」をめくっていて、このことを発見。ふつうの図鑑にはほとんど掲載されていないことを釣り人目線で書いてくれています。稚魚が成魚と見た目が違えば、そのことをきちんと書いてくれています。

オスとメスの違いは多くの図鑑でも書いているが、稚魚と成魚の違いを正確に書いているのは少ないのです。

チヌのページにも、わざわざ「尾ビレが黄色いからと、キチヌと間違えないこと」と書いています。キチヌは腹ビレも尻ビレも黄色くて、尾ビレの黄色いのは下の半分と書いています。

なるほど。私が釣ったチヌは腹ビレも尻ビレ黄色くありません。単なるチヌでした。今年釣った魚種は29です。ふふ。

9月 16, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

私が釣った珍らしい魚(9)

Bmcimg5991

私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑰マハタモドキ

香川磯連の大会前日に、愛媛県愛南町の波止で、全遊動ウキを使ってグレ釣りを試した。チヌ釣りでは有効と分かったが、これがグレでも通用するのかを知りたかったから。

25センチ以下の木っ葉グレがよく釣れて、全遊動はグレ釣りでも使えることが分かった。このときに釣れたのが、このマタハモドキ。

釣れたときはマハタの子供だと思ったが、図鑑で調べると、横縞のセンのありようがマハタモドキ。尾ビレに近い横縞が2つに分かれていないから。それでもまだ、私の中では疑問なところもある。

図鑑では「マハタモドキの幼魚は、なかなか見ない」とあったから。

つづき・・・。

Chx0697
珍魚 ⑱シロダイ

平成21年11月に長崎県の男女群島で釣れた魚。現在は金沢市に在住の内藤さんと二人で、女島のハナに上がって夜釣り。そして釣れたのが34センチの見たことがなかった魚。

ま、イシダイ狙いの男女釣行だったので、おまけの魚です。ただ、本命のイシダイも2泊3日で内藤さんが10匹に対し、私は半分の5匹。それも30センチ前後ばかりで、男女群島の釣果としては「そりゃあ、ないだろ」。

私がこれまでにシロダイを釣ったのは、この1匹だけです。

9月 4, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

うっかり逃した自己記録

Xcimg0453
毎朝午前5時ごろに行くファミレスで、なにげなく魚種別自己記録の一覧表を見ていて、「えーっ」と驚きました。

あいうえお順に書いているので、アイゴ、アイナメ、アオブダイ、アオヤガラ、アオリイカ・・・、と続きます。そして、アコウの次がアジ(カスミ)になっています。

それをみて、鳴門に豆アジ釣りをしたときに、エサトリのアサヒアナハゼが釣れたことを思い出したのです。アコウの次はアサヒアナハゼでないといけません。ふふ。

つづく・・・。

このアサヒアナハゼは、これまでに何回か釣っているので、当然自己記録に登録していると思っていました。だから、釣れたときもメジャーで測らないで即リリースしました。

残念。長さを計測していないと自己記録になりません。記録については、キチンとしていると自負していたのに、

がっくりです。だとすると、他にもエサトリで自己記録に登録していない魚がいるかもしれません。ある意味、それを見つけるのが楽しみになってきました。

8月 31, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

私が釣った珍らしい魚(8)

Chg1883Chg1881

私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑮メガネハギ

平成22年5月にイシダイ狙いで足摺岬の磯に行ったときに釣れました。この日は同じクラブのカンちゃんのほか、松下さん、栗尾さんのイシダイ釣り仲間も一緒です。

私はひとりでハナレに上がり、イシダイも49センチが釣れて、気分サイコー。このときにズボ釣りをして釣れたのが、これまで見たことがないハギ。

図鑑で調べてメガネハギと分かりました。こんな名前は聞いたことがなかったので、多分珍魚とは思っていたが、その後もこの魚は釣れたことがありません。

つづく・・・。

Chg1861Chg1863

珍魚 ⑯メガネウマヅラハギ

この魚も珍魚⑮のメガネハギが釣れた日に釣れました。これも図鑑で調べてメガネウマズラハギと分かったのだが、メガネハギと名前は似ているが、色が全く別でカラフル。

この魚も釣れたのはここでの1匹だけで、その後は全く釣れたことがありません。珍魚だと思います。ふふ。

この周辺は魚種の豊富さが日本でも有数のところなので、他にも見たことがない魚が釣れる可能性があります。珍魚を釣りたい方は狙いどころです。そんなヤツはいないか。

8月 30, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

私が釣った珍らしい魚(7)

Bqcimg9230
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑬マダラエソ

平成25年の11月に高知県大月町で釣れたもの。アオリイカ狙いで釣れた外道。仕掛けを回収しようと巻き上げている途中にいきなり食ってきて釣れました。

この日のアオリイカは絶好調で1キロ近い良型が10匹も釣れたので、このマダラエソのことは、このブログにも一切書いてない。

一緒に行っていた山田さんが、「それはマエソと違うぜ」と教えてくれたので、この自己記録が作れました。サイズは34.2センチ。魚のサイズとしてはたいしたことがないが、そんなに数多くは釣れない魚種だと思います。

つづく・・・。

Docimg3006
珍魚⑭ シモフリシマハゼ

平成27年の11月に我が家から近い郷東川の河口で釣れたもの。脈釣り仕掛けでハゼが釣れるかどうかを確かめるために遊びのつもりで竿を出した。

ハゼは釣れず、フグしか釣れないので止めようかと思っていたら、ゴミだと思ったほど小さくて、引っかかってきた藻の陰に釣れていた。ふふ。

ま、だいたい記録と言うもののほとんどは、狙って釣るときよりもたまたま釣れることのほうが多い。特に、こういう珍魚はたまたまでしか釣れない。ふふ。

8月 22, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

カンパチの香川の大物申請がありました

Zkanpatifbdac4d1s
香川磯連会長の古川さんが、香川の大物申請用にカンパチの写真を持って来てくれました。

釣ったのは観音寺市在住の安藤高博さん。古川さんと同じクラブの人と一緒に行って釣れたと言います。釣った日は7月24日。釣った場所は高知県入野沖。

入野は高知県西部の磯に行く途中にあるが、サーフィンで有名なので砂浜のイメージしかありませんでした。ここの港から大物釣りの船が出ているらしい。

サイズ申請は158.0センチとなっていましたが・・・。

つづく・・・。

Zkanpatip1050793
魚拓にメジャーを当てて写真を撮ってくれています。頭の部分だけをアップにした写真もあります。これでみると、155.9センチ。これだけ大きい魚になると、測りようで1センチや2センチは違ってきます。

しかし、このギネス認定はあくまでも証拠が必要で、この場合はたまたま撮った写真では155.9センチしかなかったので、これが認定サイズとなります。ふふ。

「香川の大物釣魚ギネス」のホームページは、赤澤名工が既に登録を終えてくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

8月 17, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

私が釣った珍らしい魚(6)

Chy1199_2
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚⑪ カモハラトラギス

平成22年の3月に、高知県西部の足摺岬の磯で釣れたもの。イシダイ釣り師4人で行き、それぞれ別の磯に上がりました。狙いはもちろんノッコミの大型イシダイ。

だが、イシダイからの音沙汰は全くなし。昼を過ぎてズボ釣りをやったところ、瀬戸内海では見たことがない紋様の魚が釣れました。それがカモハラトラギス。この日に2匹。

つづく・・・。

Aecimg2635
珍魚⑫ コガネスズメダイ

平成23年の4月に長崎県の男女群島で釣れたもの。もちろん狙った魚でないのでエサトリ外道です。私にはうれしい外道です。ふふ。目がクリッとしていて色も鮮やか。

こんなエサトリで大喜びする磯釣り師は全国でもそんなにいないと思います。この魚より私のほうが珍しいか。ふふ。

この日の狙いはもちろんイシダイだったが、イシダイ1匹に、イシガキダイ8匹。どれも大きくはないものばかり。

8月 14, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

私が釣った珍らしい魚(5)

Fcimg0914
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑨ヤマブキベラ

平成26年の10月に愛媛県愛南町深浦の磯で釣れたもの。この日は28センチまでの小ぶりのグレが一時入れ食いになりました。釣れた数が21匹。

沖はグレばかりなので磯際を流してみました。それで釣れたのがこのヤマブキベラ。緑色が鮮やかでベラということは一目で分かったが、それまで釣ったことのないベラでした。ふふ。食べないのでリリース。

サイズは26.2センチ。ベラとしては大きいので、「香川県大物釣魚ギネス」に登録申請をして、現在も香川県記録となっています。

魚のサイズとしては、そんなに数多くは釣れない魚種だし、また、釣れても香川ギネスに申請する人も少ないので、しばらくはこの記録が健在だと思います。ふふ。

つづく・・・。

Bxcimg5736
珍魚⑩ ニセカンランハギ

平成24年の5月に高知県西部の足摺港で釣ったもの。釣ったというより、釣れてしまったと言うほうが正しい。50センチ以上のチヌを狙っていてたまたま釣れたから・・・。

背ビレと腹ビレが鮮やかな黄色で、いかにも熱帯魚のような色彩。釣れたときはその色がうれしかった。

サイズは36.6センチ。この魚のサイズとしては大きいのかどうかは分からないが、掛けたときは結構な引きでした。ふふ。これも「香川の大物釣魚ギネス」に登録申請をして、現在も香川県記録になっています。もちろん食べないのでリリース。

8月 6, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

今年の目標達成度は・・・

Jcimg0100
今年の目標は、釣りに行く日数が40日、釣る匹数が400匹、それに40魚種と、30センチ以上を30匹、1キロ以上のアオリイカを釣ること、この5項目にしています。

今年も8月に入り、既に半年以上が経っているので、これまでの実績を集計してみました。

釣りに行った日数は15日。目標の半分も行けていません。但し、今年はイロイロ、なんやかんや、どうもこうもがあって、初釣りが3月11日と遅かったので仕方がない面もあります。ふふ。

匹数は、7月に行った豆アジ釣りの99匹が貢献して約200匹を釣っているので、まあまあです。匹数が危うくなればアジ釣りが特効薬になります。しゃーないなあ。

つづく・・・。

続いて魚種数ですが、これまでに27魚種が釣れています。目標の40の半分以上になっているのは、この魚種数だけです。ただ、魚種は一度釣れたものはカウントできないので、後半になるほど伸びなくなるので、ちょっと心配です。

30センチ以上の魚ですが、これまでに11匹と健闘しています。ただ、ヒブダイが6匹、チヌが3匹だから、自慢にはなりませんわ。30センチ越えの魚で唯一良かったのは、チヌ釣りの外道で釣れたアイナメだけ。

1キロ以上のアオリイカは当然にまだ未達成です。

全体的にはこれから頑張らないといけないことが分かりました。エイエイオー。どうなんかなあ。

8月 3, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

私が釣った珍らしい魚(4)

U1cimg4771m
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑦アオヤガラ

高知県東端の室戸岬でアオリイカ狙いをしていて釣れた。124.1センチ。ま、釣り界では長物といって釣果に入れないことが多い。

アカヤガラはおいしいが、アオヤガラは食えないと聞いたので、早くサイズを測って逃がそうとしたが、ヌルヌルがすごい。とんでもなくヌルヌルがいつまでも出てきてサイズが正確に測れない。

何とかサイズを測ってリリースしたら、しばらく水面でボヤーンと漂った後勢いよく潜っていった。

つづく・・・。

Aaycimg2867
珍魚 ⑧ニシキハゼ

50センチ以上の大型チヌを狙って、愛媛県宇和島市の北隣の旧吉田町の港で竿を出した。午前10時から午後4時まで頑張ったが、目当てのチヌは全く釣れず。

竿を出した6時間で釣れたのがカサゴ1匹、20センチの木っ葉グレ1匹、そしてこのニシキハゼが1匹のみ。チヌが釣れないので、全遊動ウキで底まで沈めていたら、このハゼが釣れた。

釣行としては全くのしょーもない釣りだったが、ニシキハゼが釣れて納得した日でした。ふふ。

7月 31, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

奇跡だった?メバル釣果

Xcimg0472
脈釣りにいってメバルが9匹。病院での待ち時間にその写真を見ていて、気が付いたことがあります。もし、これが本当なら私にとっては奇跡みたいなこと。ふふ。

メバルにはシロメバル、クロメバル、アカメバルの複合種群があります。これは長い間論争になっていたのを、2008年に京都大学の二人の学者によって分類されたものです。

この3種の見分け方は胸ビレの軟条数が15本がアカメバル、16本がクロメバル、17本がシロメバル。但しこれも絶対と言うわけではなく、体全体の色と腹ビレと尻ビレの色でも見分けられます。

つづく・・・。

Xcimg0471s
家に帰ってから、図鑑で調べると、この3種が一度に写っています。写真でいうと、上の3匹がアカメバル、下の左がクロメバル、そして下の右がシロメバルです。胸ビレの色です。

この3種についてはメバルが釣れるときに時々確認していたが、同時に3色が釣れたのを確認したのは初めてです。ふふ。図鑑によると、この色にしても絶対的な区別方法ではないと書いていますが、だいたいは合っているらしい。

7月 27, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

ハオコゼの自己記録登録。しゃーないなあ

Xcimg0459
徳島県鳴門市北泊の波止で豆アジ釣りをした後、ズボ釣りでハオコゼが釣れました。

この魚は背びれのほかにも毒の棘があるので、簡単にはハリをはずすことが出来ません。昔、無理やりはずそうとして魚が滑って一瞬手に当たったことがあったので、それ以来気を付けています。

ハリスを切ってしまえばいいが、仕掛けを作り直すのも面倒です。あれやこれやとやっているうちに、ハオコゼがまだ自己記録に登録されていないことに気がつきました。

つづく・・・。

このハオコゼを登録すると、私の魚種別記録が171になります。7.5センチ。サイズはどうでもいいです。自己記録への登録が目的ですから。ふふ。

この後、ハリをはずそうとするが毒棘が気になってうまくはずれません。ハオコゼには申し訳ないが、口を切ってしまいました。南無阿弥陀仏。

7月 24, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

狙ったら釣れるはずだけど・・・

Matoudai4878
私が35年間でこれまでに釣った魚種数は170。魚種数を増やすことも、私の釣りの楽しみです。その170魚種は実に多様で、その魚の名前一覧を見ているだけで楽しい。

だけど、わりとポピュラーな魚にもかかわらず、私はまだ釣ったことがない魚がいます。その筆頭がマトウダイ。写真は平成24年2月に一緒に行った高知県西部の波止でオカテッちゃんが釣ったもの。

活きアジでアオリイカ釣りをしていると、たまにこのマトウダイが釣れることがあります。オカテッちゃんが釣ったのもアオリイカ狙いの外道でした。

マトウダイは愛媛県北部の佐田岬が魚影が濃くて、いつかマトウダイ狙いで行きたいと、そのポイントと時期、仕掛けを知るために多数の雑誌切抜きをもっているが、まだ本格的に狙ったことがありません。

つづく・・・。

他にも、狙って釣れるはずの魚が、ウミヘビ。爬虫類のウミヘビでなくて、魚類のウミヘビです。愛媛県南部の由良半島で夜に投げ釣りをして釣れたが、残念ながらこのときのサイズ記録がなくて私の記録に残っていません。だけど、同じ場所で同じ時期に行けば釣れる気がします。

他にも、ワニゴチ。1年間で100匹以上釣れている場所を知っています。本格的にやれば、これも釣れるはずです。

などなど、私の魚種数はまだいくらでも増やすことが可能です。ふふ。

7月 18, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

私が釣った珍らしい魚(3)

Zcimg0346
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑤テンジクダツ

平成5年6月に高松黒潮クラブのメンバーと行ったのが鹿児島県トカラ列島。このときに釣れました。サイズは93.8センチ。

釣れたときはダツと思っていたが、胴が丸っこい。図鑑で調べてテンジクダツと判明。このダツは南方にいるということなので、トカラで釣れたことで納得しました。

それにしても24年前の私は若い。当然だけど。

つづく・・・。

Zcimg0348
珍魚 ⑥アカモンガラ

これもテンジクダツと同じときに釣れたもの。最初何の魚か分からなかったが、口の中から真っ赤な牙が2本出ていたので、だれとはなしにドラキュラと名前を付けた。

35.8センチで、意外に引きが強かったことを覚えている。今でもトカラに行くと釣れるのだろうか。

7月 14, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

私が釣った珍らしい魚(2)

Abwcimg7079
珍魚③ ウミスズメ

ウミスズメを私は1匹しか釣ったことがありません。図鑑でハコフグに似ている魚がいることは知っていたが、実際に釣ったウミスズメを見ると、何となくユーモラス。

平成24年11月に高知県西部の宿毛新港で、朝の5時半から2時間半イカ狙いをしたが、全く釣れませんでした。アタリも全くなし。

そこで磯釣りで有名な柏島に近い古満目(こまめ)港に移動して、ふかせ釣りを3時間半。このときに釣れたのがササノハベラやキタマクラ。ズタズタの釣行でした。しかし最後にウミスズメが釣れて気分が晴れました。18.2センチと小型ながら貴重な1匹となりました。

つづく・・・。

Cimg0403
珍魚④ ヨソギ

平成21年8月、灼熱地獄の中でイシダイ狙い。場所は高知県黒潮町の一文字波止。イシダイは釣れず、31センチのイシガキダイが1匹のみ。

そこでズボ釣りをしてみました。このとき釣れたのがこのヨソギ。12センチ足らずなので、最初はアミメハギの色違いかと思ったが、家に帰ってから図鑑で確認して、ヨソギと判明。

このサイズで成魚ということも分かりました。私がヨソギを釣ったのはこの1匹のみです。

7月 6, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

私が釣った珍らしい魚(1)

Cimg5485
私がこれまで釣った魚種は170。この中には珍魚もあります。珍魚と言っても、人と場所によっては珍魚でないこともある。私はこれまで35年間釣りをしてきたが、たった1匹とか2匹しか釣ったことがない魚を珍魚と認定。

珍魚①
私にとって最初の珍魚はコバンザメ。平成19年の2月に高知県うぐる島の磯で上物釣りをしていて釣れました。34.7センチ。

コバンザメは大きな魚にくっついていて、大きな魚が食べた残りを食べるという知識しかなくて、コバンザメが釣りの対象になると思ったことがなく、実際にコバンザメが釣れたときはすごく驚きました。もちろん私がコバンザメを釣ったのは、この1匹だけです。

つづく・・・。

U1cimg4797
珍魚②
2つ目の珍魚はイヌカサゴ。カサゴとよく似ているので、魚種に興味がない人はカサゴが釣れたと思うはずです。

平成24年4月に高知県佐喜浜(さきはま)の港で投げ釣りをして釣れたもの。釣り上げたときは私もカサゴと思ったが、どう見ても顔相が違います。

そこで魚類図鑑の編集者にメールをして魚種認定をお願いしたら、その人がさらに京都大学の魚博士に写真を見てもらい、イヌカサゴと分かりました。魚種認定には細かなことが決め手になることが多いので、いろんな角度から魚の写真を撮っていました。ふふ。

たいていの釣り人はイヌカサゴという魚種は知らないというか、興味がないと思うので、魚博士でない限り、今後とも「イヌカサゴを釣った」と言う人は出てこない珍魚だと思います。ふふ。

6月 20, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

私の自己記録にない魚

Haokoze5840
私はこれまでに釣った魚種別最長記録を整理しています。その記録を更新していくのが、私の釣りの楽しみの一つでもあります。

現在170魚種が登録されています。先日、その一覧表を眺めていて、ふとハオコゼがないことに気がつきました。ハオコゼは当然これまでに何度も釣ったことがあります。

エサトリでも1魚種に違いないという信念を持っている私も、さすがハオコゼの長さを測って登録するのを忘れていたようです。ふふ。

つづく・・・。

そういう目で、これまで釣ったはずの魚で登録していないのがあるかを探しました。するとネンブツダイもまだ登録されていません。記録魔の私としては大失態。

早速次回の釣りが楽しみになりました。ネンブツダイが釣れてもうれしい魚になるんだから。ふふ。

6月 17, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

オナガグレの自己記録を少し更新

Fcimg0181
四国磯連の大会前日に愛媛県宇和海の磯で上物釣りをしました。ま、贅沢な暇つぶしです。うらやましいでしょ。

そのときに30センチ弱のオナガグレが釣れたのですぐにシメて、クーラーに入れました。だが、ひょっとしてオナガグレの自己記録更新かもしれないと思いついて、これまでの記録をベストの内ポケットに入れているメモで確認。

2年前の5月に27.2センチ。それまではグレをオナガとクチブトと一緒にしていたので、これが私にとって初めてのオナガ記録として登録しました。

つづく・・・。

今回釣れたグレをクーラーから出して計測。28.9センチ。ふふ。オナガとしては子供サイズだが、私の自己記録更新です。ジャジャジャーン。

エサトリでも何であっても、自己記録の更新が出来れば、私とってその釣行は大変有意義なものになります。「暇つぶし釣り」が一気に「記録達成満足極上釣り」になりました。ふふ。

5月 29, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

香川ギネスを小豆島の釣具店に配布依頼

Ecimg0230
今月作成した「香川県大物釣魚ギネス」を県内の釣具店に置く手配をしています。高松市と香川県東部の釣具店は香川県釣り協会長の青木さんが引き受けてくれました。

そして丸亀市、坂出の釣具店は香川磯連の藤森さんに、香川県西部の三豊市、観音寺市は香川磯連会長の古川さんにお願いしました。

香川県釣連の事務局長森さんに電話をすると、28日の日曜日に小豆島で釣り大会を予定しているとのこと。そこで、いいことを思いつきました。ふふ。

つづく・・・。

森さんは、翌日の大会準備のために今日のフェリー便で小豆島に行くとのこと。そこでフェリー乗り場で待ち合わせをして、香川ギネスを持って行ってもらいました。

県釣連会長の岸田さんは小豆島のクラブなので、電話で岸田さんに小豆島の釣具店配布をお願いしました。ネットで調べると小豆島には10軒の店がある。

そういうことで、これまでは小豆島の釣具店配布をしていなかったが、今年から配布できることになりました。

5月 27, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

今年の香川ギネスの印刷が出来ました

Zimg005
今年の「香川県大物釣魚ギネス」の印刷が出来、イノちゃんが持ってきてくれました。今後、県内の釣具店などでの無料配布に向けて動くつもりです。

今年の色はピンク。理由は特にありません。私がピンクづいたわけでもなく、なんとなくのピンクです。誤解しないようにしてください。ふふ。

Zimg006
そして裏表紙ですが、昨年と同じくこれまで香川ギネスのメーンになった写真のオンパレードです。ただし、過去7年間なので、平成21年は消え、その代わり昨年の写真が追加されました。いいアイデアでしょ。

つづく・・・。

今後、こうして1年ずつ削除と追加をしていくつもりです。もし広告が取れればこのスペースに入れるので、そのときはこれらの写真はなくなります。

Zimg007
もう一つ変更点があります。今年から香川県釣り団体協議会に再加入した香川釣連合会の説明文を追加しました。

5月 14, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

証拠がある自己記録

Jcimg0100香川磯連のチヌ釣り大会で大きなアイナメが釣れました。自己記録更新は間違いないので、メジャーを当てて計測しようとするが暴れてなかなか測ることが出来ません。

Jcimg0096
観音寺目示奈会の山根さんが手伝ってくれます。アイナメを両手で押さえつけて、「パッと手を離すよ」といいます。でも暴れそうなので、手で押さえつけた状態で写真に取りました。

39.6センチです。ふふ。これまでの記録は昭和57年に現在の高知県四万十市の下田港で釣ったもの。35年ぶりの記録更新です。最近は投げ釣りをしていないので、記録の更新は出来ないと思っていたので、超うれしいわい。

つづく・・・。

このアイナメは大会で2位になったチヌと一緒にスカリに入れて泳がせていました。そしてチヌの検寸のときについでにアイナメも計測してもらいました。

すると、38.8センチの宣告。ま、香川磯連としての公認記録としては、これが正式記録になります。でも、今回は自己記録の更新だし、ちゃんとした証拠写真もあるので自己記録としては39.6センチとすることにしました。だれも文句はないと思います。ハイ。

5月 10, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

香川の大物釣魚ギネス29年版のデザイン案

Kcimg0065クラブの飲み会の日、横に座ったイノちゃんが、今年発行予定の香川ギネスのデザイン原稿を見せてくれました。

私からお願いしていた通り、メーンの写真は佐々木さんが鹿児島県トカラ列島で釣った75センチのスジアラにしてくれています。そしてその下には、119センチのサワラ、65センチのブラックバス、102センチのソウギョの写真です。

いずれもその魚種としては立派な記録なので、香川ギネスと呼ぶのにふさわしい写真が並びました。いいと思います。ふふ。

つづく・・・。

以前にも書きましたが、今回のギネスには記録更新がスジアラ、ソウギョ、ブラックバス、コショウダイ、サワラの5魚種。そして新規登録となる魚種としては、ウミスズメ、クマノミ、バラハタの3魚種です。

今後、原稿の校正をした後、印刷して香川県内の釣り具店などで無料配布をする予定です。楽しみにしてお待ちください。

5月 6, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

今年の香川ギネスの発行に向けて

Epgovvh0s「香川県釣魚大物ギネス」の平成29年版の作成に取り掛からなければなりません。昨年のギネス発行以降で、記録更新が4魚種、新魚種が4種です。

表紙のメインの写真は、鹿児島県トカラ列島で佐々木理生さんが釣った75.0センチのスジアラにしました。佐々木さんの写真はいつもきれいで迫力があります。

ギネスの申請に当たって、新記録の写真が添付されていてもきれいにバッチリというのは意外に少ない。今後申請される方は、是非きれいな写真を送ってくれると、採用される確率がグーンと上がります。ふふ。

つづく・・・。

さて、今年の記録更新は、表紙になるスジアラ以外に、多度津町の陸から青井満さんが釣ったサワラの119.0センチ、宿毛市のイカダの掛かり釣りで藤井幸一さんが釣った72.5センチのコショウダイ、坂出市の府中湖で山中一成さんが釣った65.0センチのブラックバス、観音寺市で八嶋吟さんが釣った102.0センチのソウギョです。

また、今年新たに新魚種として記録が登録されるのは、高知県鵜来島で白川貴久さんが釣った69.3センチのバラハタ、愛媛県愛南町で私が釣った15.5センチのクマノミ、愛媛県中泊で石原誠さんが釣った27.4センチのウミスズメです。

以上の案で、イノちゃんにデザインをお願いしました。きっといい感じに仕上がると思います。

5月 1, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

コショウダイの香川ギネス申請

Zsecuredownloads今月の3日、高松市在住の藤井幸一さんから、コショウダイの香川記録更新メールが届きました。

釣ったのは4月1日、釣った場所は高知県宿毛市のイカダに掛けた船からの釣果ということです。サイズは写真判定で72.5センチとしました。

魚を手に持った写真をお願いしたが、サイズ計測の後、即リリースしたとのこと。私だったら考えられませんわ。絶対に魚を両手で持って写真を撮ります。ふふ。

つづく・・・。

ところで、今年の香川ギネスの作成に取り掛からないといけません。これまでとはいくつかの変更をしたいと考えていますが、その変更点の一つに釣った本人が魚を手に持った写真添付をお願いしたいと考えています。

手に持った写真提出は義務ではないが、香川ギネスに魚だけの写真掲載は魚の大きさ感が分からなく、楽しい写真になりません。

4月 13, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

バラハタの香川県大物釣魚ギネス認定

Scimg9839香川県磯釣り連盟が所属している西日本磯釣り協議会の魚種別大物記録が今年の3月号機関誌「潮目」に掲載されています。

それを見ていて、香川磯連所属の白川貴久さんがバラハタの記録保持者と分かりました。バラハタは香川県の大物釣魚ギネスにまだ登録されていない魚種です。

Scimg9840ただ、釣った年月日、釣った場所などが掲載されていません。残念ながら私は白川さんの電話番号を知りません。そこで白川さん所属の四国九絵勇心会会長の秋ヤンに電話して調べてもらいました。ふふ。

つづく・・・。

サイズ69.3センチ。釣った日は平成27年1月3日、釣った場所は高知県うぐる島マルサゲと調べてくれました。

香川ギネスは香川県釣り団体協議会が作成管理をしていますが、この協議会に所属している香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣り連盟が公式に認定している魚については自動的に香川ギネスに認定されることになっています。

したがって、白川さんのバラハタも写真はありませんが、香川県記録として認定することになります。香川ギネスのホームページも既に赤澤名工が更新してくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

3月 15, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

香川ギネスへの申請ならずの2匹

Zamadaiimg001s今年もそろそろ「香川の大物釣魚ギネス」の作成にとりかからないといけません。全日本サーフ香川協会の青木会長に昨年記録更新した魚種がないかと問い合わせをしていました。

届いたのが1魚種のみ。今年は記録不作です。記録更新はシロアマダイの53センチ。早速申請書を作成して記録認定することにしました。

念のために現在登録の記録を確認しました。すると、現在登録しているのが57.4cm。今回申請があったのよりも大きい。残念ながらその旨を青木さんに伝えて、今回の記録申請はボツになりました。ふふ。

つづく・・・。

香川県磯釣り連盟が所属している西日本磯釣り協議会の機関誌「潮目」の3月号が届きました。しばらくクラブの例会に参加できていないので片ちゃんから送ってくれています。

その3月号に西日本磯釣り協議会全体のこれまでの魚種別大物記録が記載されています。そこに香川県会員の記録もあるのでそれを確認すると、ブダイに前川さんが84.7センチとあります。

ブダイでこんなに大きくなるはずがないので、アオブダイの間違いと想像。現在のアオブダイの記録は84.5センチなので2ミリ更新ということらなります。これも前川さんに魚種を確認してから申請書を作成することにしました。

ところがよく調べてみると、前川さんの記録はヒブダイで、既に香川県記録として登録されています。残念。それにしても磯釣り団体の魚種記録が魚種にいい加減なのが不思議。ヒブダイをブダイというのはマダイをチヌと言っているようなもの。ふふ。

3月 14, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

ソウギョの香川県記録申請

Zsougyo1488670869574sソウギョの香川県大物釣魚記録の申請がありました。釣ったのは八嶋吟さん。16歳の高校生です。若い人が記録を更新してくれるのは大変うれしい。

釣ったのは2月25日、観音寺市の一ノ谷川で、サイズはなんと1メートル越えの102.0センチ。相当強い引きだったはずです。魚を持ち上げている写真だったら、もっと迫力あるものになったはず。

Zsougyo1488584133101s申請は105センチだったが、メジャーのメモリが鮮明でなく、よく見えません。

つづく・・・。

Zsougyo1488584146011尾ビレの部分だけの写真も送ってくれていたが、それでもよく見えません。私のほうで写真の鮮明度を上げてようやく95センチのメモリが見えます。

そこで推測して少なくとも102センチはあるということで、申し訳ないが102センチの認定とさせてもらいました。これまでのソウギョの記録は94.0センチなので、立派な記録更新です。八島さん、おめでとうございます。

3月 10, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

大物データの新聞切り抜き

Xcimg9669これだけ寒いと釣りに行く気がしません。ふふ。そこでこれまでの新聞切抜きを久しぶりに引っ張り出してみました。大物を釣った記録です。

クエ、イシダイ、グレ、マダイ、チヌ、キス、アイナメ、アカメ、など、魚種別に整理してファイリングしています。以前は参考にしていたこともあったが、最近は私が行く場所もだいたい限定的になっていて、そこでの大物データは別のファイルにしています。

そこで今回、30年以上集めてきた過去の新聞切抜きは、一部を除いて廃棄することにしました。その数、258枚。その1枚、1枚を新聞から切り抜く手間はかかりましたが、必要性が少ないものは捨てます。ふふ。

つづく・・・。

これらの切抜きには、私が磯釣り団体で知っている人の切り抜きもあります。ま、本人は当然切抜きしているだろうから、私が持っている必要はありません。

この大物データ以外にも、釣り場データなどたくさんの新聞切抜きがあります。これからそれらについても捨てる方向で見ていきたいと思います。

2月 15, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

香川の大物釣魚ギネスの分析(2)

Mcimg3750「香川県の大物釣魚ギネス」に登録されたデータを分析し、大物が釣れる確率が高いのは5月、6月、11月の3ヶ月と分かりました。

そこでまず、5月と6月に釣れた魚種を県別に整理しました。要するに、この時期はどこの県で確率が高いのかを調べました。すると、意外なことが分かりました。

5月、6月に四国内で釣った魚で登録されているのは、香川県で6魚種、徳島県2魚種、高知県6魚種、愛媛県6魚種となっています。香川県で意外に多いのは、香川県民の記録なので香川県内で釣りをすることが多いことによると思われる。

つづく・・・。

高知県の6魚種は5月に3魚種、6月に3魚種と平均的に釣れています。ところが、愛媛県の6魚種は全て5月に釣れたもので6月はゼロでした。

この明確な理由は私には分かりませんが、とにかく記録を作るなら5月は宇和海と高知県、6月は高知県のみで頑張ったらいいということがわかりました。どうです? 参考になったでしょ。参考にならない? しゃーないなあ。  

2月 13, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

香川の大物釣魚ギネスの分析

Mcimg3750今年の釣り目標は設定したが、できるだけ大きい魚を釣りたいと思うのは釣り師共通の望みです。

そこで大物が釣れる月を、昨年作成した香川の大物釣魚ギネスで分析してみました。私は淡水魚釣りをしないので、海魚に登録されている170魚種を分析です。

これらの魚が何月に釣れたのかを統計をとってみました。1月の登録数17魚種、2月4魚種、3月10魚種、4月11魚種、5月21魚種、6月20魚種、7月16魚種、8月16魚種、9月12魚種、10月10魚種、11月22魚種、12月11魚種でした。

つづく・・・。

この数値をまとめると、大物が釣れている月は5月、6月、11月ということになります。これは私には意外な数値です。というのは会社をリタイアする前は5月の連休には必ず釣りに行っていたが、いつも散々な結果でした。その5月が最も多いというのが意外。

一方、極端に少ないのが2月。その他の月は少なくても10魚種はあるのに、2月はたった4魚種。寒いときは無理して釣りに行くこともないようです。ふふ。

2月 12, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火)

昨年の自己記録更新した魚

Xcimg4130昨年の平成28年に自己記録を更新した魚種はトビヌメリというネバゴチの一種のみでした。全然無いのかと思っていたけど、一種でもあっただけでウフフの感じ。

前年の27年にはクマノミの15.5センチ、コロダイの60.8センチ、オトメベラの26.7センチ、メナダの50.8センチ、タケノコメバルの29.7センチなど、にぎやかに自己記録を更新。

それ以外にも27年には、シモフリシマハゼという、私には初めての魚も釣れています。28年は同じような釣りばかりしていたせいで新魚種もありません。

つづく・・・。

トビヌメリの更新も従来の13.0センチから13.3センチに3ミリの更新。寂しい話ですわ。

最も昨年に釣った魚種で最も多かったのはメバルで95匹。コツコツと多くの回数で稼いだ匹数です。だが、持って帰ったのは半分もなかった。ほとんどがリリースサイズ。ふふ。ヤケクソのふふ。

1月 24, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

私の平成28年釣行総括

Rcimg4444昨年の釣行全体を釣り日誌から集計しました。釣った総匹数、釣りに行った日数、魚種数、釣りをしていた合計時間、エサ代などです。

釣り1日当たりの釣った匹数は10.5匹。これは前年27年の9.6匹より多く、また前々年26年の10.9匹と比べてもほとんど同じでした。ふふ。

ところが釣り1日当たりのエサ代は716円。これは27年の1479円、26年の2165円に対しては激減です。要するに安い釣行しかしなかっとというか、できなかったということ。

それは渡船回数を見てみるとはっきりします。27年の9回、26年の17回に対して、28年はたったの1回のみ。磯釣りにいけなかったことが結果の全てです。近場の脈釣りが多い。

つづく・・・。

さらにアオリイカ釣りをした日数を見ても、27年、26年ともに13日だったのが、昨年の28年はたったの1日のみ。楽しいが効率の悪い磯釣り、アオリイカ釣りをしなかったことが統計に出ています。

今年はなんとか宇和海、高知南西部の磯、アオリイカ釣り場に行けるようになりたいものです。ふーっ。

1月 23, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

平成28年の釣り目標達成度

Ncimg3698昨年の目標は、釣行日数40日、釣る魚400匹、魚種数は40、そして30センチ以上を30匹でした。これは例年より全てダウンしての低め設定。

まず、実際の釣行日数は26日しかありませんでした。目標の40日には届きませんでした。ま、努力不足と言うことでしょうか。ふふ。

釣った魚数は274匹。これも目標の400匹には届きませんでした。ま、努力不足です。

そして魚種数は32魚種。これも目標の40に届きませんでしたが、釣行日数から考えると、まあまあ頑張ったほうだと思います。

つづく・・・。

そして最後に30センチ以上を30匹の目標に対してはグダグダの結果です。磯釣りにいけたのが1回しかなかったのが影響しています。

じゃあ、30センチ以上を何匹釣ったかというと、11匹。意外と頑張っているでしょ。その内訳は1回の磯釣りで釣ったイシダイ、グレ、ヒブダイで30センチ以上が1匹ずつ。そしてサヨリが5匹、アナゴが3匹。ふふ。

サヨリとアナゴを入れるのはおかしいやろという人が多いと思います。わかっています。でも、努力目標の時に長物を除くとは言ってません。ふふ。

1月 3, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ブラックバス記録の別の写真

Zbeautyplus_20161224224958_saves先日申請があったブラックバスの香川県記録。すでに、香川県大物ギネスのホームページの更新は、赤澤名工がしてくれています。時間があれば覗いてください。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

ブラックバスを釣った山中さんに、記録魚を手に持った写真があれば送ってくださいとお願いしていました。

香川ギネスの来年版の表紙にする写真にできないかと思ったからです。そこで送ってくれたのが冒頭の写真です。ふふ。

肝心の魚の頭と尾ビレが写っていませんが、そのことで一層バスの大きさが引き立つ写真になっています。それにしても、こんなに暗くなるまでルアーを投げていたのかと思うと、山中さんの熱意に感心します。

つづく・・・。

Z17kagbzls実は先日、サワラの大物申請があったが、そのときも釣魚を手に持った写真の送付をお願いしました。届きましたが、こちらの写真は少し画素数が粗く、香川ギネスの写真に使えるかどうかデザインの猪子さんに相談しないといけません。

今年は大物申請が少ないと思っていたが、年末になってサワラとブラックバスの超大物申請がありました。香川県の釣り人は頑張っています。

12月 28, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

香川の大物ギネスに申請がありました

Zdsc_0060_1s赤澤名工からメールで、香川ギネスのホームページに大物申請が届いているとのこと。確認すると、ブラックバスの申請が届いています。

釣り人は山中一成さん。山中さんは既に香川県の大物記録をコイの106センチ、ソウギョの94.0センチ、ナマズの73.0センチ、ニゴイの70.0センチで記録保持しています。

今回釣ったブラックバスは本人申請で65センチ。写真で見るとミリ単位ではもっと大きいと思えるが、メジャーとの位置関係がよく分からないので、本人からの申請どおり65センチとすることで受付しました。

つづく・・・。

釣ったのは今年の11月15日に坂出市の府中湖とのこと。釣ったのが夕方だったので写真が暗かったらしい。これまでの香川県記録は三豊市の馬渕さんが高知県の早明浦(さめうら)ダムで釣った63.0センチでした。

写真が暗かったらしいというのは、メールで送ってくれた写真がうまく開けなかったので赤澤名工に「写真の開き方を教えて」とメールしたら、写真も明るくして送ってくれました。ふふ。

12月 25, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

サワラの大物申請がありました

Zimg132香川県釣り団体協議会の青木会長から電話。「サワラの大物申請を預かった。現在、近くまで来ている」といいます。私は外出中だったので、郵便受けに入れてもらいました。

今回の大物はサワラ。それが超ビッグサイズの119センチ、8.1キロ。それも船からではなくて岸壁からのルアー釣りというのだから驚きました。

釣ったのは丸亀市の青井満さん。釣った日は11月8日。場所は多度津町の西護岸だそうです。香川県ではサワラは高級魚で、スーパーでも高い値段が付いています。この重さだとどれくらいするのでしょうか。

つづく・・・。

岸壁からこのサイズの魚が来ることは予想していなかったはず。それでも取り込むことができたということは、よほどの釣りウデのようである。

早速、赤澤名工に香川ギネスのホームページの更新をお願いしました。なお、これまでのサワラ記録は93センチで船釣りの記録でした。今回の記録は岸壁なので、これまでの船の記録は消去することになります。

もともと船からの記録は岸からのものより大物が釣れて当たり前という前提で記録整理しているので、岸壁記録より小さい船釣り記録が残ることはないのです。

12月 2, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

気になって調べたら、やっぱり・・・

Rcimg4442m本津川尻で脈釣りをしてタケノコメバルが釣れました。釣れたとき、タケノコメバルにしては頭が少し丸っこいと思ったが、タケノコメバルと思い込んでいました。

そのままでブログにもタケノコメバルとして書きましたが、その後もずっとモヤモヤした感じがあって、どうしても気になるので、図鑑で調べました。ふふ。しつこいでしょ。

すると、体に太い2本の黒くて不定形の横帯があり、背ビレや尾ビレの色から見て、タケノコメバルではなくてムラソイと判明しました。頭がタケノコメバルと違うと感じたことが正しかったということ。

つづく・・・。

ムラソイだとすると、私のムラソイ記録の更新になったのは間違いなかった。これまでの自己記録は香川県西部の仁尾の磯で、26年前に釣れた15.7センチ。

残念。タケノコメバルと思ったので検寸をしていません。しゃーないです。この魚は狙って釣れる魚ではないし、まあ、また釣れることを期待するしかありませんわ。

9月 24, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

いつもどおり、1匹目はフグ(3)

Scimg4427_2我が家から車で6分の本津川で脈釣りをして、キチヌが釣れました。尾ビレの下側の一部が黄色いので分かります。この魚を釣ったのは久しぶりです。

徳島県の吉野川では結構たくさん釣れているらしいので、魚としてもそんなに珍しいという感覚はありません。だけど、私の行動範囲ではほとんど釣れません。

そこで、以前にこのキチヌを釣ったのがいつか調べると、とんでもなく昔のことでした。

つづく・・・。

それは高知県四万十川で釣ったもので、昭和52年11月27日です。ということは、なんと40年前のことになります。このときに釣れたのが38.0センチ。

四万十川の川尻には巨大なテトラポットが300メートル近く積んでいて、その上から釣ったもの。釣り場所まで釣り具を持って、大きなテトラを飛んで行くのだが、足を滑らせて深く落ち込んでしまい命がなくなりかけたところです。ふふ。

9月 4, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

香川ギネスに大物スジアラの申請がありました

Epgovvh0s坂出市在住の佐々木理生さんから、香川ギネスへの記録申請がありました。魚種はスジアラ。佐々木さん、香川記録の更新、おめでとうございます。

Kbb6cu1ysサイズは75.0センチです。釣った場所は鹿児島県のトカラ列島沖。船からのルアー釣りです。佐々木さんと言えば、平成25年に室戸沖で釣った127.3センチのアカマンボウの記録を持っています。

それにしてもトカラ列島にまで行って釣りをする元気さ、パワーはすばらしい。若さっていいことです。ふふ。

つづく・・・。 

Bbb3lh22sトカラ列島にはグループで行っていたらしく、香川ギネスの記録申請メールには、仲間との写真が添付されていました。なんか、楽しそうだし、うれしそうだし・・・。

写真を見るだけで、その場の雰囲気が伝わってきます。だいたい釣り師はあまり写真を撮りません。もっと撮って欲しいものです。

なお、これまでのスジアラ記録は元香川磯連事務局長の前川さんが石垣島で釣った64.0センチでした。もし、この記録が磯から釣ったのであれば、今回の申請とは別に磯記録として残したかったが、残念ながら前川さんも船から釣ったとのことでした。

香川ギネスのホームページの更新は、赤澤名工が既に完了です。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/
是非、一度のぞいてみてください。

8月 21, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

1日だけで今年初めての6魚種

Xcimg4121東かがわ市でチョイ投げ釣り、そして徳島県鳴門市で豆アジ狙いをした日、私にとって今年初めて釣った魚がなんと6魚種もありました。

私は今年初めに立てた目標の一つとして「30魚種を釣ること」があります。東かがわ市でのチョイ投げ釣りは、この目標だけのために行きました。狙いはシロギスとネズッポ。ここでの目標達成。

そして鳴門市では、目的のマアジ。10センチもない豆アジだけど、マアジです。マルアジが混じっておればよかったが、それはなし。この場所でホンベラも釣れました。

つづく・・・。

Xcimg4142そして、他にも外道としてカタクチイワシとスズメダイ。これで今年新たに6魚種が1日で釣れたことになります。しょーもないけどうれしい。

自分で勝手に決めたしょーもない目標で、一人で楽しんでいます。これぞ、「釣りの楽しみ方名人」と言ってください。「釣り名人」とは呼ばないでください。 

7月 26, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

トビヌメリの自己記録更新です

Xcimg4130しろとり動物園の正面写真を撮った後、近くの海水浴場で釣ったネズッポがトビヌメリと分かりました。サイズは13.3センチ。

念のため、これまでの自己記録を確認すると、丁度1年前に釣った13.0センチ。しょーもないでしょ。でも、3ミリの自己記録更新です。ふふ。

この調子で行くと、この魚で何度も自己記録の更新が出来る。1ミリでもいいので、少しずつ大きなトビヌメリが釣れることを願う。それが楽しみ。

つづく・・・。

トビヌメリがどれくらい大きくなるのかは知らないが、最初に釣ったのが最も大きいと、その後は自己記録の更新が出来ません。最初は小さいのが釣れて、徐々に大きいのが釣れるのが楽しい。

私の例でいうと、ニザダイ。20年以上前に鹿児島県のトカラ列島で釣れたのが55.0センチ。それ以降、これ以上のニザダイが釣れることはないし、今後もないと思う。

7月 25, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

ルンルンのクサフグ?

Gcimg3955Gcimg3957香川県西部の三豊市の波止でサヨリ釣りをしていて、ウキ下30センチのウキがゴボッと沈みました。てっきり大型サヨリかと思ったらゴンゴンの引きでサヨリでありません。

上がってきたのはフグ。それもフグとしては大きい。ここらで釣れるのはクサフグだと思い、自分の記録をベストのポケットに入れているメモで確認すると17.4センチ。

計測。17.8センチ。ジャジャジャーン。クサフグの自己記録更新。もちろんフグを持っての写真と、メジャーを添えての写真を撮ります。いい感じでうれしそうな写真が撮れました。ふふ。

つづく・・・。

この時期のフグは「菜種フグ」とよばれて毒が特に強くなるといわれているので、すぐに放流しました。家に帰ってから写真を確認すると、どうもクサフグではありません。

ヒガンフグでした。ヒガンフグは女木島で23.2センチを釣っているので、自己記録の更新にはなりません。フグでの自己記録更新だと思い、釣り場ではしゃいだことが、ちょっと恥ずかしくなりました。

6月 13, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

香川ギネスに新魚種 クマノミ

Zcimg2848香川ギネスのホームページにクマノミの申請がありました。申請をしてくれたのは高松サーフの尾崎弘幸さん。高知県の安満地で釣ったもので、サイズは13.1センチ。

Zcimg2850この申請を見て思い出したことがあります。私が昨年にクマノミを釣ったことです。サイズを確認すると、15.5センチ。なので、尾崎さんには申し訳ないが、私のクマノミを申請登録することにしました。

私が釣ったのは愛媛県愛南町。クマノミは釣った時に熱帯魚らしい色彩に惚れ惚れしました。

つづく・・・。

尾崎さんが申請をしてくれた時に但し書きで「(サイズを)測る人がいればすぐに更新されるかもしれません」と書いていました。サイズを測る人が私だったとは・・・。

じゃんけんの後出しみたいで申し訳ない気がするが、あきらめてもらうことにしました。ふふ。

6月 2, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

香川ギネスに新魚種 ウミスズメ 

Zimg_0520s香川ギネスのホームページにウミスズメの申請がありました。ウミスズメは名前からは想像ができないハコフグ科の魚です。香川ギネスには初めての登録です。

よく似た魚にシマウミスズメがいますが、申請の魚はウミスズメです。

釣った人は石原誠さん。サイズは27.4センチ。釣った場所は愛媛県中泊。釣った日は5月4日。石原さんは高松サーフの会長さんということなので、投げ釣りで釣ったのでしょうか。ふふ。

香川ギネスのホームページは既に赤澤名工が登録掲載を終了してくれています。

つづく・・・。

Zcimg7079mウミスズメは私も釣ったことがあります。4年前に高知県の古満目港で釣ったもので、サイズは18.2センチと小型。

この魚、狙って釣るものではないので、なかなか釣れません。私も釣ったのはこの1匹だけ。こういう魚が釣れるのは偶然なので、何度も高知県や宇和海に釣りに行かないといけません。ふふ。

6月 1, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

今年15魚種目の魚

Jcimg3877我が家近くの本津川尻で脈釣りをしたとき、エサのゴカイがなくなって以前の残りの干からびたゴカイをつけて釣れたのが、ヒガンフグ。

近場の海で釣れるのは圧倒的にクサフグが多いので、ちょっと色が変わったフグが釣れたので、この日の最後がいいシメになりました。ふふ。

ヒガンフグはあまり釣れません。珍しいフグではないと思うが、私にはあまり釣れません。

つづく・・・。

このヒガンフグが今年の何魚種目かを数えてみました。この日に釣れたメバルに以前釣ったシロメバルにくわえてアカメバルもいたので、ヒガンフグが15種目でした。

アカササノハベラ、アカメバル、シロメバル、クロメバル、タケノコメバル、カサゴ、クサフグ、ヒガンフグ、サヨリ、ネンブツダイ、ヒブダイ、メジナ、マダコ、マハゼの15魚種。ナンカ、ごちゃごちゃやなあ。

5月 4, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

平成28年の香川ギネスが出来上がりました

Mcimg3750イノちゃんにデザイン、印刷をお願いしていた今年の「香川の大物釣魚ギネス」が出来上がり、我が家に持ってきてくれました。

表紙のデザインは以前にお知らせした通り、135.0センチのタチウオがメインで、下の段に55.1センチのヘダイと57.6センチのアコウとなっています。

今回の香川ギネスで変更したことは、最後のページ。例年ならダイワさんからの広告が掲載されていましたが、今回はそれがないので、別のものになっています。ふふ。

つづく・・・。

Mcimg3751それは平成21年以降に作成された香川ギネスの表紙を飾った写真の7年間分を全て掲載しました。どれも大物ぞろいです。

平成21年は144.8センチのヤイトハタ、平成22年は109.6センチのオオニベ、平成23年は96.3センチのコブダイ、平成24年は139.5センチのクエ、平成25年は127.3センチのアカマンボウ、平成26年は105.8センチのスズキ、平成27年は110.0センチのクエです。

4月後半に釣具店などで無料配布の予定です。

4月 8, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

平成28年香川ギネスの表紙

Ocimg3651今年の「香川の大物釣魚ギネス」のデザインをイノちゃんにお願いしていたが、そのデザインが届きました。少しだけ、校正があるので、それを伝えて印刷に掛かることになります。

今年の表紙は写真の通り、135.0センチのタチウオを釣った松宮孝秀さんがメインになりました。このドラゴンサイズのタチウオは迫力があります。

その下には55.1センチのヘダイを釣った続木善秀さん。残念ながら魚実物ではなくて、魚拓を持っている写真ですが、ヘダイとしては立派です。

つづく・・・。

そして、57.6センチのアコウを釣った花田喜裕さんの写真も入っています。この写真は花田さんのデジカメに入っていたのを私がデジカメで撮ったもの。

もし、元の写真があって、くっきりとして写真があれば、メインになったかもしれません。花田さん、残念。ふふ。

3月 24, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月18日 (金)

平成28年の「香川ギネス」のデザインをお願い

Mcimg1694今年の香川の大物釣魚ギネスの印刷に取り掛からなければいけません。今年は記録更新が少なかったので、その点は割合簡単でした。写真は昨年作成のもの。

しかし、今年は以前から気になっていたことの一部をキチンと直すことにしました。魚種別はあいうえお順に並べていますが、8箇所で不適正になっているので、これを修正しました。

もっと大事なことは、魚種名の標準和名への統一です。ただし、チヌ、グレ、アコウの標準和名はクロダイ、メジナ、キジハタですが、これは修正せずにそのままにしました。この方が釣り人になじんでいるからです。

つづく・・・。

それ以外の魚種で標準和名になっていないものは今回、修正することにしました。
アナゴはマアナゴに、イサギはイサキに、イズスミはイスズミに、イトヨリはイトヨリダイに、ウマズラハギはウマヅラハギに、エソはマエソに、シロカワカジキはシロカジキに・・・。

これらを織り込んで、イノちゃんに今年のデザインと印刷をお願いしました。今年からダイワさんの広告がないので、そこのスペースは出来上がってからのお楽しみ。ふふ。

3月 18, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月17日 (木)

西日本磯協から奨励賞です

Rcimg3625運というものは分からないものです。四国磯連の年間大物賞で敢闘賞をもらった60センチのコロダイが、まさかの西日本磯釣り協議会の年間大物賞にもエントリーしていました。

四国磯連で敢闘賞に該当するかどうかを検討する会議のとき、「本人を前にして言うのも何だが、こんな小さいコロダイはなあ」と散々なイヤミ。ふふ。

ところが、四国磯連にエントリーしていたので自然に西日本でもエントリーしていたということ。私は全く考えていませんでした。その魚が奨励賞をくれることになりました。

つづく・・。

西日本磯釣り協議会の総会は京都でありましたが、私は都合で参加できず、参加していたイノちゃんから「賞状を預かっている」のメールがあったので取りにいきました。

副賞は金券の4000円。望外の喜びです。このコロダイは通常魚拓にしないサイズですが、大会が魚拓大会になったのでたまたま魚拓にしたもの。運ってわかりませんなあ。

3月 17, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 9日 (水)

昨年のコロダイで敢闘賞

Scimg3603
昨年の四国磯連の大会は、天候が悪くて1ヶ月間の魚拓大会になりました。そこで一人で高知県西部の磯に行って釣れたコロダイを魚拓にして提出しました。

あくまでも、他魚の部での大会入賞を期待しての話でした。ところが、この魚拓が年間大物の部門にもエントリー。これは私が思ってなかったことでした。

役員会でこの魚を敢闘賞にするかどうかが議論されました。寄ってたかって、「こんな小さなコロダイをなんで提出するんや」の雰囲気です。ふふ。

つづく・・・。

その役員会に私も出ていたので、参加者の慈悲で敢闘賞に入りました。その表彰も2月28日の総会でありましたが、私は出席できなかったので、イノちゃんが代理で受け取ってくれました。

敢闘賞はいつも四国磯連特製の魚拓用紙5枚です。今後魚拓にするような大物が釣れる可能性は少ないが、ま、いいんじゃないですか。ふふ。

3月 9, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

今年の「香川ギネス」作成に向けて

Z7lkba1t5sそろそろ今年の「香川の大物釣魚ギネス」の作成に取り掛かる時期になってきました。それは楽しみですが、昨年の記録更新は非常に少ない。

新しい魚種としてはただ1つのみです。キリンアナハゼですが、加藤さんが11月に坂出市で釣った20.7センチ。9月に石塚さんが16.3センチを申請したが、残念ながらすぐに更新されてしまいました。

新魚種ではないが記録を更新したのが5魚種あります。これも例年に比べると非常に少ない。

つづく・・・。

記録更新で最も大きいのは三豊市の松宮さんが山口県の船で釣った135.0センチのタチウオ。いわゆるドラゴンです。高松市の花田さんが釣った57.6センチのアコウもでかい記録です。

他の記録更新は、三豊市の続木さんが釣ったヘダイの55.1センチ、高松市の加藤さんが釣った26.0センチのギンポ、高松市の矢野さんが釣った47.9センチのブダイ。

以上の魚種以外で記録更新した人はお手数ですがこのブログにコメントでその旨を書き込んでください。こちらから申請のためのメールを差し上げます。

3月 3, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

平成27年の釣行総括です

Ducimg2795平成27年の1年間での釣りをした日数が47日、釣った魚種が40、釣った魚が453匹、釣っていた時間は167時間で、そこそこの釣りをしたことが分かります。そこで、毎年行っている統計分析をしました。

釣行1回当たりの匹数は9.6匹で、ここ数年で初めて10匹を下回りました。だが、これは匹数を稼げる豆アジ釣りとハゼ釣りに行ったのが1回だけだったことによるものなので、どうってことないこと。

1時間当たりの匹数では2.7匹で、これは26年の2.2匹よりも多い。釣行1回当たりに釣りをしていた時間数では3.6時間で、26年の4.9時間に比べると少なくなっています。ふふ。

つづく・・・。

昨年1年間に買ったエサ代は6万9500円で、ここ数年では最も少なくなりました。26年は9万5000円でした。これは磯に渡船した回数が減ったことと関連しているように思います。渡船回数は昨年は9回で、前年の26年の17回の約半分です。

この結果、釣行1回当たりのエサ代は1479円で、26年の2165円に比べて随分安上がりの釣行になりました。ふふ。

これだけ数字を並べると、自分でも何がなんやら分からなくなってきましたが、全体的に見ると、総じて安、近、短の1年間だったようです。

2月 11, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

平成27年に自己記録を更新した魚たち

Dscimg2850昨年の私の自己記録更新はよくありませんでした。新しい魚種を釣ったのは2魚種、サイズを更新したのが4魚種しかありませんでした。

その内訳は、新魚種はボラに似たメナダの50.8センチと、近くの川で脈釣りをしていて釣れたが、ゴミのように見えたシモフリシマハゼの8.0センチ。

サイズの更新は、クマノミの15.5センチ、コロダイの60.8センチ、オトメベラの26.7センチ、タケノコメバルの29.7センチの4魚種でした。

つづく・・・。

1年前の平成26年の記録更新は12魚種だったので、昨年はその半分でした。記録の更新は狙って出来る場合もあるが、ほとんどはたまたま釣れることが多い。

今年も「たまたま、偶然、何とか、幸運」を狙って釣行しますかねぇ。私にとって記録の更新ほどうれしいものはないのです。ふふ。

2月 7, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

残念、クエの記録

Wcimg3421香川磯連の新年総会で、四国九絵勇心会の川田さんが釣った145.8センチのクエが西日本磯釣り協議会の新記録と報告がありました。

そのときは何げなく聞き流していましたが、家に帰ってから西日本の新記録ならば当然香川県記録と思い、香川ギネスをチェックしました。

すると、クエの部の記録は四国内と四国外に分けていて、四国外は146.5センチだが、四国内は142.0センチなので、鵜来島で釣った川田さんの記録は上回っています。

つづく・・・。

そこで九絵勇心会会長の秋ヤンに写真をお願いすると、「川田さんは徳島県人や」とのこと。香川磯連所属のクラブだが、メンバーは香川県人だけでないことを思い出しました。ふふ。

久しぶりの大物香川県記録更新と思ったが、徳島県人の記録では認められません。残念。

2月 6, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

香川磯連総会で・・・(2)

Vcimg1486香川磯連の新年総会で前事務局長の前川さんが寄ってきて、「香川ギネス・・・」と言うので、てっきり今年作るものの話かと思ったら、昨年作ったギネスのことでした。

彼の友人がやっている飲食店に置いてくれているらしいのだが、なくなってしまい楽しみにしている人がいるので余ってないか、とのこと。ふふ。

まだ余部があるので、郵送することにしました。今年のギネス作成にそろそろ取り掛かろうと思っています。昨年の記録更新は少ないのでどうしますかねえ。

つづく・・・。

Vcimg3442とりあえず総会の翌日、郵便局に行って30部くらいを送ってきました。ゆうパックだと、配達追跡も出来るし簡単です。送れる厚さが3センチ以内と言うことで、郵便局員が3センチをあけた木枠に通します。

余裕があったので、「追加しますか」といってくれて余分に入れて送ることができました。前川さんは「そんなにたくさんはいらん」と言っていたけど・・。ふふ。

2月 3, 2016 釣り記録 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

魚種別自己記録分析

Dkcimg3101これまでに釣った魚の魚種別記録をしつこく丁寧に記録しています。他人にいかに笑われようと、これが楽しみ。記録を更新するたびに、このブログでもそれを書いています。

だが実をいうと、最近は全体をあまりじっくりと見たことがありません。そこで、今回はじっくりと観察しました。これまでに記録している魚種数は172。

マアジとタチウオは船釣りと陸釣りに別の記録にしていて、チヌは瀬戸内海と外洋に分けているので、記録数としては175になっていました。

つづく・・・。

そして最長寸と最小寸を見ると、最もサイズが大きいのは124.1センチのアオヤガラ、2番目以下はナルトビエイの113.3センチ、タチウオの109.9センチ。要するにでかいのは長物とエイ。これでは自慢になりませんなあ。ふふ。

小さいサイズで見ると、最小はスジハゼが11.1センチ、カワハギに似たヨソギが12.7センチ、ヒイラギが12.7センチとなっています。ふふ。

そこで気が付いたことがあります。エイを除いて、サイズが大きいのも、小さいのも全てそれを狙って釣れた魚ではなく、他の魚を狙っていて釣れた外道です。釣りの意外性が楽しいのです。

1月 22, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

魚の名前が分かりません

Dscimg2844昨年の10月に愛媛県宇和海の波止で釣りをしていたとき、イワシが釣れた、と思いました。だが、手で握ってもウロコが一切落ちません。そこでマイワシやウルメイワシ、カタクチイワシではないと思いました。

そこで思いつくのは、トウゴロウイワシの仲間です。しかし、図鑑で調べるとどう見てもトウゴロウイワシではありません。今回釣った魚は頭から尾に向けて鮮やかなブルーの縦線があります。

こんな色の線があるのはイワシにいません。そこでコバルトブルーの線がある魚を図鑑を調べると、タカベには同じ色の線があります。しかし、魚の体高が全然違います。

つづく・・・。

色々と調べたが、結局何の魚か分からないままになっています。ふふ。ま、素人の私にはしょーがないことです。色の違いは結構多くあって、図鑑にもそういうことが書かれています。

図鑑で調べ始めたときは、私にとって新魚種かとワクワクしたが、何の魚か分からないのでは記録にできません。しゃーないです。

1月 18, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

平成27年釣果のなんでも1番

Dqcimg2940s昨年の釣り日誌を眺めていて、この年はどういう釣りだったのかを確認することにしました。そこで、1年間の釣果の中から1番のものを探しました。ふふ。

まず、昨年釣った中で最長寸の魚です。情けないがコロダイの60.8センチが最大でした。もっと高級な魚種でこのサイズだったら文句はないが・・・。

1年間で最も多く釣った魚種は、メバルの69匹。2番目がグレの51匹でした。もちろんリリースサイズのものも含まれているので、自慢になりませんわ。

次に1年間で最も多くした釣りは脈釣りで14日。次に多くした釣りがイカ釣りで13日。日数的にはほとんど同じですが、脈釣りは家の近くで1時間程度に対し、イカ釣りは高知県西部で長時間の釣りなので、その比重は全然違います。

1年間で最も多く行った釣り場は、脈釣りで行った弦打木材港で10回。次が愛南町でのイカ釣り場が9回、そして3番目が高知県大月町のイカ釣り場が7回。2箇所のイカ釣り場を合わせると16回になるが、同じ日に移動して釣った日があるのでイカ釣り日数としては13日。

こう考えると、平成27年はイカ釣りに最も力が入った年といえます。そしてアオリイカの釣果はリリースを入れてもたったの11匹。しゃーないなあ。2年前は10回の釣りで30匹も釣ったのに・・・。ふふ。

1月 14, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

平成27年の釣り目標達成度

Cimg5858新年が過ぎたので、昨年の釣り目標を検証しないといけません。そして、反省すべきことは素直に反省し、自信を持つべきことはさらに自信を深める。これが進歩の源泉というものです。

さて、昨年の目標は5個ありました。①イシダイ、グレ、チヌのどれかで50センチ以上を釣ること。②50日以上の釣行をすること。③50魚種以上を釣ること。④1年間に500匹以上を釣ること。⑤そしてヤエン釣りを習得すること。

昨年の釣り日誌から検証しました。50センチ以上の釣果はなし。コロダイというまずい魚は60センチを釣りましたが、目標の対象魚種ではありません。

つづく・・・。

釣行日数は47日。魚種は40。釣った匹数は453匹。そして、ヤエン釣りは習得するどころか、その難しさにげんなりです。

ということで、ことごとく目標を達成できなかったというなさけないことになりました。

1年前の平成26年も釣り日数、魚種数、匹数は達成できなかったが、チヌの53センチを釣って一つだけ目標を達成しています。

これで自分が勝手に決めた目標が2年続けてグダグダということ。自信を深めることは何一つなかったという結果に終わりました。残念、無念、怨念、観念。

1月 4, 2016 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

魚種別自己記録メモを2年ぶりに更新

Dkcimg3101私個人の魚種別記録をいつでもどこでも見れるように縮小コピーして、釣りベストのポケットに入れています。魚種が多いので、自己記録でも全部覚えておれません。ふふ。

この度、2年振りに更新して作り直しました。2年間に記録を更新したり、初めて釣った魚種を追加したりしました。これだけでも、結構手間が掛かりました。

1年前の平成26年に記録更新したり、新魚種で記録したのを合わせると12魚種。これに比べて今年の平成27年は6魚種と少ない。ふふ。

それにしても、釣りを始めて40年以上になるのに、これだけの記録更新が毎年出来ることが新しい発見といえなくもない。40年も釣りをしていると、そう簡単には新魚種に出会えないはず。

それがクマノミだったり、トウゴロウイワシやムツなど、いまだに新魚種が釣れています。これが私の釣りの楽しみ方。ふふ。

12月 28, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

コロダイの自己記録が3ミリ大きくなった

Dqcimg2960高知県で釣ったコロダイの魚拓をとってサイズを測ると60.5センチ。魚拓をとってからしばらく乾かしていたが、それを陽が当たる場所に置いていました。

そのため魚拓用紙が乾きすぎて縮んだようで、ちょっと失敗したと思いましたが、仕方が無いとそのまま香川磯連の審査部長の藤森さんに郵送。

そのとき、審査表の添付を忘れていて、全て藤森さんが書いてくれ、それを四国磯連の審査委員長の愛媛磯連の三好さんに郵送してくれました。ふふ。

四国磯連の審査委員長からハガキで審査結果が送られてきました。そのサイズが60.8センチ。私が測ったときより3ミリ大きくしてくれています。ふふ。

そういえば、四国磯連の審査では公平を図るために縮んだ魚拓は霧をかけてちゃんと延ばしてから測ると聞いたことがありました。そうしてくれたに違いありません。ま、私のコロダイ自己記録はその結果60.8センチになりました。

12月 23, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月24日 (火)

キリンアナハゼの記録更新

Zfxtbxlhmトラフグなどの香川県記録をもつ加藤さんから、息子さんが釣った魚の香川県記録申請がありました。魚種はキリンアナハゼです。

この魚は私と同じ釣りクラブの石塚さんが9月に初めて香川県記録として申請した魚種ですが、そのサイズは16.3センチ。今回のサイズは20.7センチと大幅な更新です。

香川県大物ギネスを作り始めて随分年数がたちましたが、初めて登録された魚が同じ年に更新されるのは珍しいこと。

今回申請の記録データ

魚種 キリンアナハゼ釣り人 加藤人さん
釣り場 坂出市沙弥島
釣り日 平成27年11月21日
サイズ 20.7センチ

今回の息子さんの申請は、今年になってギンポに続いて2匹目の申請になりました。加藤さん、おめでとうございます。
赤澤名工が香川ギネスのホームページの更新を終えてくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

11月 24, 2015 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)