2016年9月18日 (日)

セイゴがおいしかったので・・・(3)

Rcimg4447_2本津川尻で脈釣りをしてセイゴを狙ったが、小さいのが1匹のみでした。アタリがないのにエサがなくなるのには、自分のウデの無さを痛感です。

この日の釣果は小アジ1匹、タケノコメバル1匹、セイゴ1匹、カサゴ2匹、メバル2匹、キチヌ2匹、チヌ1匹。分かりますか。魚種の多さ。ふふ。

我が家から近くの釣り場で、同じ釣り方で7魚種も釣れたことになります。磯に行けば、それなりの魚種にめぐり合うこともあるが、波止の夜釣りでは珍しいことです。もし、これでいつもは釣れるフグが釣れていたら、8魚種になったはず。残念。

つづく・・・。

海は秋の気配になっているような気がします。釣りをしていても、暑さでジトーッと汗ばむことも無く気分良く竿を振ることができました。

まあ、近くの波止だから小物ばかりになるのは仕方ない。それでもいろんな魚が釣れると楽しみも大きくなります。残念だったのは、釣れた7魚種が全て今年に既に釣れたものばかりだったこと。今年の新魚種追加とはなりませんでした。

9月 18, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

セイゴがおいしかったので・・・(2)

Rcimg4440本津川尻でセイゴ狙いです。だが、アタリがないままエサがなくなります。仕掛けを沈めると、ミニメバルに続いてちょっとだけマシなカサゴです。キープしようかと迷ったが、リリース。今回の狙いはセイゴじゃ。

Rcimg4442どうやってもエサをとられることに少しイライラしながら、仕掛けを沈めると、グーンと走りました。タケノコメバルです。リリースしたカサゴと同じくらいの大きさだが、今回はキープ。理由はありません。そういう気分です。ふふ。

その後も小さいメバルやカサゴが釣れるが、セイゴの気配は間違いなくあるのに釣れません。
そこで前回小さいセイゴが5匹釣れた場所に移動することにしました。

つづく・・・。

Rcimg4447場所を変わってから1投目で、向こう合わせでかかったのが、この日狙っていたセイゴ。場所を変わればアタリが出るじゃん、思いました。

ところがそう思ったのも束の間のことで、それ以後は変わってくる前と同じ状況です。アタリがないのにエサがなくなります。

Rcimg4449そこで仕掛けを沈めると前回も釣れたキチヌ。そして小チヌ。なんか、前回の釣りをなぞっているような感じになりました。それでも釣る気が満々。

だが、ここでエサ切れ。脈釣りのときは、いつも赤ゴカイを500円買うがエサ切れになったことはありません。いつもなら半分も使えません。ところが今回はエサが3本バリ全部がなくなるので、エサ切れです。しゃーないです。

Rcimg4452持って帰ったのは、セイゴ1匹とタケノコメバル1匹だけでした。

9月 17, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

セイゴがおいしかったので・・・

Scimg4425_2前回の脈釣りでセイゴが5匹釣れました。小さいが、身が淡白で塩焼きによく合います。そこで、再度セイゴ狙いに行きました。それも30センチ以上が欲しい。

前回は本津川尻から100メートルほど上流で水深の浅いところで釣ったのて、小さいセイゴしか釣れなかったと考え、川尻にいくことにしました。

行くと、若い二人がルアー釣りをやっています。声を掛けるが反応が鈍い。私のポイントよりも少しずれた場所でやっているので、いつものポイントに陣取ります。潮がまだ低いので、時間待ちのつもりで竿を出します。

Rcimg443730分後にようやく釣れたのは、意外な魚でした。向こう合わせでグーンと引っ張ったので、てっきりセイゴだと思い竿を溜めようとしたら、スポーンと上がってきたのは豆アジをようやく卒業した小アジでした。ふふ。

つづく・・・。

アタリはないのにエサがなくなります。3本バリ仕掛けでやっているが、3本のハリ全部のエサがなくなっていることが多い。フグなら小さくてもアタリがあるはず。セイゴに違いありません。

仕掛けを探るスピードを速めたり、海面近くを探ったりするが、2度仕掛けを振り込むだけで、エサがなくなります。セイゴがどんな風にしてエサを食っているのかが、さっぱり分かりません。

昔、高松港沖にある一文字で小さいセイゴが入れ食いになったことがあります。このときのエサは今回と同じくゴカイで、電気ウキ釣りでやっていたが、ウキが沈んでから20以上数えてからでないとハリ掛かりしなかったことを思い出しました。

Rcimg4438今回は脈釣りなので、アタリがあれば何とかなるはずだが、アタリが出ないのでは手の打ちようがありません。
仕方なく仕掛けを沈めるとやっとアタリが出て、ミニメバル。

明日に続く。

9月 16, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

いつもどおり、1匹目はフグ(2)

Scimg4415_2この時期は難しいと分かっているが、久しぶりに本津川尻で脈釣りです。いつものポイントには別の釣り人が入っていたので、私はそこよりも100メートル以上の上流で竿を出しています。

釣り始めて30分くらいで、ようやく小さなセイゴが釣れました。小さいとは言え、久しぶりのセイゴなのでうれしいわい。ふふ。海面近くで釣れたので、仕掛けを落とさずにスピードを速めて探ります。

Scimg4414するとやはり小さなアタリでセイゴが釣れました。全部で5匹釣れたので、今年はまだ釣っていないチヌを釣りたくなりました。

つづく・・・。

Scimg4417そこで仕掛けを底につけてから探ります。するとチヌらしいグン、グンというアタリで上がったきたのはチヌ。ところが写真を撮ろうとしたら、尾ビレの下側の先が黄色い。

これはキープして、家でホントにキチヌかどうか確認しようと思ったが、写真を撮っている間にキープすることを忘れて海にポイ。「食べない魚はリリース。持って帰った魚は食べる」が私のモットーです。ふふ。

残念。5分前に思ったことをすぐに忘れてしまいます。老化じゃ。しかし、同じ場所を探ると再び同じ魚が釣れたので、今度は写真を撮らずにキープ。

Scimg4422こうなると今年釣った魚種を増やすためにまだ釣れていないチヌも欲しくなります。そして小さなチヌ。

希望した通りの釣果。私のウデなんでしょうなあ。サイズがこれの5倍あったら、もっと自慢できるけど・・・。

竿出してから1時間半。これだけ楽しめたら十分なので納竿としました。欲張らないことが大事です。私が帰る時には、私のいつものポイントにいた若い人はまだいました。釣れているのでしょうか。そっちのほうが気になりました。

9月 3, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

いつもどおり、1匹目はフグ

Scimg4413脈釣り行くことにしたが、この時期はなかなか釣れません。私の釣り日誌の過去10年間分をめくってみても、脈釣りでは全くと言っていいほど釣れていません。鳴門市でのサビキ釣りでアジくらいしか釣果がありません。

しかし、近場の脈釣りでも、小チヌは釣れる可能性があるはずです。運がよければセイゴも可能性があります。ウジウジと夕方まで考えた結果、いつもの脈釣りポイントの本津川尻で探ってみて、アタリがなければ場所を変えることにします。

午後7時に行くと、私のポイントに若い人が座っています。ルアー釣りなので、しばらく待っておればその人は帰ると思ったが、それまでを川尻から100メートル以上上流で竿を出すことにしました。

つづく・・・。

その場所は以前干潮の時に、海底の状況を確認しています。初めての場所はどこであっても「ホントに釣れるのだろうか」と、考えてしまいます。

なかなかアタリがありません。20分以上待っても、その場所からでも見えるルアー釣りをしている若い人が帰りません。

ようやくアタリがあって釣れたのは小さなフグ。しゃーないなあ。いつものパターンです。潮が動きません。若い人が帰らないことにはどうしようもありません。

Scimg4415それから10分、アタリがないので仕掛けを回収しようとすると、小さなアタリ。仕掛けは海面近くを引いていた感じです。釣れたのは20センチもない小さなセイゴ。セイゴの子供です。ということはスズキのひ孫か、やしゃごということか。ふふ。

既に竿を出してから30分以上がたっています。やっぱり、この時期の脈釣りは難しいか。

明日に続く。

9月 2, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

またまたまた脈釣りです(2)

Vcimg4228我が家から車で6分の本津川尻で脈釣りです。竿を出してから最初は全くアタリが無かったが、辛抱していると、釣れ出しました。

だが、型が小さい。大きくても15センチで、全てリリース。いつもなら帰る午後9時を過ぎるころから、潮が右に流れ始めると、アタリがドンドン出るようになりました。しかし、これまでキープしたのがありません。

「帰ろかなー」と演歌の歌詞を口ずさみながら仕掛けを思いっきり底に沈めました。これ以上そのままにしていると潮が流れていて根に引っかかると思って仕掛けを上げようとすると、何かが引きます。「ん?」と思ったがとりあえず合わせました。

すると、魚が下に潜り込もうとします。チヌやセイゴとは違うようです。

つづく・・・。

Vcimg4236上がってきたのはアコウでした。25.1センチと大きくはないが、やっとキープできる魚です。ふふ。9時で釣りを止めないでよかった。釣り始めて最初にバラシた魚もひょっとしたらアコウだったのかもしれません。

Vcimg4244同じポイントに振り込むと、今回はコッとメバルのアタリ。上がってきたのは17センチのメバルです。これもキープすることにしました。

Vcimg4246この日釣れたのはアコウと、15匹のメバルと2匹のカサゴ。キープは2匹のみでした。私にとってうれしかったのは今年初めて釣れたアコウ。これで今年の魚種がひとつ増えました。ふふ。

8月 11, 2016 脈釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

またまたまた脈釣りです

Vcimg4216また、脈釣りに行きました。釣り日誌で調べたら、今年に入っての脈釣り日数は11日。しゃーないなあ。

いつもの釣りポイント、本津川尻に行くと、だれもいません。まだ明るいのでしばらくぼんやりしていると、夕焼けになってきて、まっすぐ伸びる飛行機雲が明るく赤く染まるのが美しい。

竿を出すが、全くアタリがありません。辛抱して探っていると、いきなりガクンと竿をひったくったようなアタリ。あわてて合わせたが根に持ち込まれました。ちょっと大き目のタケノコメバルかも、と思いました。

Vcimg4221それ以降、アタリが全くありません。周りも真っ暗になってきたとき、やっとアタリが出て16センチのメバル。キープしようかどうか迷ったが、リリース。これが失敗でした。ふふ。

つづく・・・。

Vcimg4225その後、ポツリポツリと小さいメバルが釣れ始めました。そして超かわいいフグも。一丁前に腹を膨らませたので一層かわいく見えます。

Vcimg4223そして、竿を出してから1時間ほどするとメバルの型も少しよくなってきたが、なぜか全て15センチ。最初に釣れた16センチをリリースしたので、15センチは当然リリース。ふふ。

Vcimg4226何度も連で釣れるが、大きくても15センチでリリース。しゃーないなあ。だいたい、この時期のメバルの型は春に比べて小さくなります。15センチでもキープしようかと考えたりします。

午後9時になりました。そろそろ帰る時間です。だが・・・。

明日に続く。

8月 10, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

ワタリガニが釣れちゃった(2)

Wcimg4174_2本津川尻で脈釣りです。サオを出してから1時間以上になるのに、釣れたのは1投目のメバルと、40分後のミニメバル、そしてさらに30分後のワタリガニ。

ナントカなりませんかねえ。なんともなりません。潮が少しずつ動き始めました。すると、小さなアタリ。合わせると、少し魚が走ります。久しぶりのアタリだったので、ちょっともたつきました。

Wcimg4175上がってきたのは18センチのメバルです。それにしてもアタリが小さい。この季節になると釣れるメバルは小さくなります。だから、このサイズでも満足。

つづく・・・。

Wcimg4176この後、アタリが出るようになりました。もう1匹、キープサイズ。さらにカサゴと釣れ続きます。ふふ。「釣りは潮待ち」という格言があったような気がします。

Wcimg4177結局、30分少しでメバル3匹とカサゴが釣れたが、根掛かりで仕掛けが切れたので、納竿としました。ま、いいんじゃない。

8月 3, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

ワタリガニが釣れちゃった

Wcimg4167午後7時になるのを待って、いつもの脈釣りポイントの本津川に行きました。海越しに見る夕焼けは、いつ見ても心が洗われます。ふふ。

まだ明るいのでサオを出さずに、しばらくの間夕焼け色の移り変わりをボヤーンと見ていました。そして午後7時半になったので、サオを出すことにします。明るいのでメバルは釣れないはず。

Wcimg4169ところが第1投目にメバル。17センチ。釣れたことに驚きです。釣りって分かったつもりでいても分からないことが多い。とりあえず、キープ。この調子なら、バンバン釣れる・・・。

つづく・・・。

Wcimg4170ところが、その後は全くアタリがありません。どこに振り込んでもアタリがありません。あせって岸近くを探るとたちまちにして根掛かり。次に釣れたのは、40分後です。それもミニサイズ。当然リリース。それでもサオを出していることが楽しい。

これで釣れる時刻になったと思ったが、それ以降もさっぱりアタリがありません。ミニサイズが釣れてからさらに30分がして、なにかモゾモゾとしたアタリ。

あわせると根掛かりの感じです。しゃーないなあ、と強引に引き抜くと、ズルッとした感触でちょっとだけ重い。てっきり大きな藻が引っかかったと思いました。

Wcimg4174上がってきたのは、ワタリガニ。それも普段ならキープサイズです。だが、脈釣りでさらにカニが釣れることはない。この1匹だけを茹でるのは面倒くさいのでリリースしました。

明日に続く。

8月 2, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

脈釣りは楽しい(2)

Dcimg4001_2我が家から6分の本津川尻で脈釣りです。午後7時半から竿を出して1時間。20センチのタケノコメバルと18センチのメバルをキープしています。

ナントカキープを3匹にしたいと少しずつ場所を移動しながら探ります。釣り始めたときはほとんど動いてなかった潮が少しずつ右に流れ始めました。

Dcimg4009その潮に振り込むと、向こう合わせでゴツゴツという大きなアタリ。あわててあわすと、フグです。この前に来たときも釣れたヒガンフグです。しゃーないなあ。

Dcimg4011アタリは頻繁にあって、楽しい脈釣りです。次に釣れたのは、ミニミニサイズのメバル。どうもメバルのサイズがどんどん小さくなっているような気がします。ふふ。

つづく・・・。

Dcimg4010この日のキープは2匹でもしゃーないかと思い始めたとき、久しぶりキープサイズがきました。19センチ。これでキープが3匹になったが、欲が出ます。当然です。

Dcimg4012気合を入れて仕掛けを振り込むと、竿先に絡んでしまいました。何事も意気込みすぎてはいけませんな。ふふ。これで納竿にすることにしました。神様、仏様から「欲を出すな」と言われた気がしましたわ。

Dcimg4013結局この日の釣果はメバル14匹、フグ1匹。キープしたのは、20センチのタケノコメバル、19センチと18センチのメバルの3匹でした。アタリが多かったので、釣果以上に楽しい釣りになりました。

6月 28, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

脈釣りは楽しい

Dcimg4000脈釣りに本津川尻に行きました。釣り場に着いて、冷蔵庫に入れていたエサのゴカイを忘れたのに気が付いた。ボケが始まっているのか・・・。しゃーないなあ。

エサがなくては釣りができません。家まで取りに帰るついでに、距離と時間を測ってみました。3.1キロで、2個の信号に引っかかったが、わずか6分。思っていた以上に時間がかかっていませんでした。ふふ。それでも夕日を見るつもりで最初は家を出たが、戻ってきた時には太陽は既に沈んでいます。

釣り場には、誰もいません。以前来たときは平日でもズラーッといました。釣り人がいないということは釣れてないということか。とはいっても、釣る気は満々。私が見つけたポイントに陣取ります。

Dcimg40012回目の振込みにアタリ。小さなメバルのようで、ハリに掛らず。その次に振り込むと、小さいがゴッという確かなアタリ。合わせると、魚が横に走ります。上がってきたのは20センチのタケノコメバルでした。幸先がいい。

つづく・・・。

Dcimg4003その後も仕掛けを振り込むたびにアタリがあります。しかし、なかなか掛りません。合わせのタイミングを少し遅らせると、14センチのメバル。リリース。

ひとりの釣り人がやってきました。どうもルアー釣りのようで、ビシッと投げる音が間断なくします。しかし、全く釣れてないようで、30分ほどして帰っていきました。なんでルアー釣りがはやっているのか、理由が分かりませんわ。テレビの影響なんでしょうかねえ。エサ釣りだとこれだけアタリがあるのに、もったいないと思うわ。

Dcimg4004少し場所をずらして振り込むと、キープサイズがやっときました。18センチ。ふふ。

しかし、かかってくるのは14~15センチが多い。全てリリース。そのうち、何匹釣れたのかが分からなくなりそうだったので、とりあえずリリースした匹数だけを数えることにします。

1時間がたったが、キープしたのはまだ2匹。ナントカ3匹はもって帰りたいので、もう少し辛抱します。

明日に続く。

6月 27, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

作戦成功(2)

Ccimg4023
我が家から車で6分の本津川で脈釣りしています。アナゴが釣れた後、脈釣りに戻ります。いつものポイントでは釣れないので、少し場所をずらすと久々のキープサイズ。19センチのカサゴです。やっと1匹目のキープ。

Ccimg4024
次に来たのはもっと大きい。今回の仕掛けはちょっとだけ工夫をして作り直しています。これまでよりも50センチくらい道糸を長くしてその分遠くまで探れると思ったからです。これが成功して遠くのポイントで掛けたのはいいが、竿を立てても掛けた魚は1.5メートルくらいも魚の重みで下になります。

道糸を持って放り上げたのは久々の20センチ超えメバルです。21センチ。もちろんのこと、キープ。これをリリースしたら、罰が当たります。ふふ。

ついでにチョイ投げ仕掛けを上げてみます。缶は転んでなかったが、アナゴが掛っています。最初に釣れたのよりも少し大きい。これも当然リリース。

つづく・・・。

Ccimg4025
Ccimg4028
その後もリリースサイズのメバルは釣れます。いよいよ止め時かなと思っていると、空き缶が転んだ音。今度のアナゴは40センチ近い。これなら食べることができると思ったが、アナゴをおろすのは面倒くさい。

目打ちをしてカッターで腹を割けば何とかなるとは思うが面倒くさいのでリリース。それにしても1本の竿でこれだけ釣れるのなら、4本の竿で投げ込んでおけば忙しいくらい釣れるはず。

Ccimg4031
その後もキープサイズも釣れたが、型がドンドン小さくなります。2連でリリースサイズが釣れたのを機に納竿。

Ccimg4035
今回の釣果はメバル12匹でキープ3匹とカサゴ1匹、それにリリースしたアナゴ3匹でした。チョイ投げに使った空き缶は私がもって帰りました。ふふ。

6月 20, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

作戦成功

Ccimg4017
今年の春以降、すっかり私の脈釣りポイントになった本津川尻に行くことのしました。昨日は梅雨の合間の晴れで、今週はこれからずーっと雨模様の天気予報だったので・・・。

明るいうちはメバルは釣れないので、いつもは暗くなるまでボヤーンと待つのだが、今回はその間、チョイ投げをすることにしました。午後7時に釣り開始。

土曜日なので、釣り人がたくさんいます。多くの人がエギを投げているので、アオリイカが釣れているのかもしれません。

チョイ投げには全くアタリがないまま、暗くなってきたので、脈釣りを開始。だが、チョイ投げも続けたい。脈釣りは神経を集中するので、波止に置いたチョイ投げの竿先を見ていることができません。

Ccimg4018
波止に誰かがポツンと持ち帰らずに捨てていたコーヒー缶があります。このコーヒー缶にチョイ投げの道糸を回してアタリがあったら缶が転んで音を出すというスルスル釣りをすることにします。ふふ。

つづく・・・。

Ccimg4019
脈釣りを開始します。すぐにアタリがあったが、14センチ。リリース。アタリはあるが、ポツリポツリと釣れるが全てリリース。すると、脈釣りで振り込んだ糸が絡んではいけないので10メートルくらい離していたチョイ投げの空き缶が転んだ音がします。ふふ。

脈釣り仕掛けを上げてチョイ投げに飛んで行きます。何か魚が掛っているようだが、ビンビンという引きではありません。巻き上げていると、グーンと重みが増したり軽くなったりするので、アナゴだと分かりました。

Ccimg4021
小さいアナゴです。クネクネするのを押さえつけてサイズを測ると32センチ。ふふ。今年初めての魚種なので、私としてはうれしい。リリース。

明日に続く。

6月 19, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月30日 (月)

いい脈釣り場を見つけたので・・・(3)

Hcimg3871_3やっと今回釣行の目的地で竿を出します。ここは車の通行量も少なく、車をすぐ横で止めることができます。真っ暗です。

とりあえず仕掛けを振り込みます。すると何かが引っかかった感じ。仕掛けを上げると藁のゴミと藻。これを数回。まさかゴミの通り道とは思っていませんでした。たまたま潮が悪かったようです。

これでは釣りになりません。そこで我が家から歩いて60歩の潮入り川の川尻にいくことにしました。ここは足場の岸壁が狭いので、最近は敬遠していたところですが、しゃーないです。

仕掛けを振り込むがアタリがありません。場所を少しに横にずらして振り込むとアタリが出ました。ふふ。

つづく・・・。

Hcimg392914センチ。リリース。ここでの平均サイズです。アタリは振り込むたびあります。キープサイズは出ないかもと思っていたら、ちょっと引きがいいのが掛かりました。

Hcimg3936そして19センチのメバル。平均サイズがどんどん釣れます。そして18センチ。ここでわずか30分で7匹。キープが本津川で釣った1匹とあわせて3匹になったので納竿としました。

Hcimg3937新しい釣り場の開拓は難しい。でも、もう一度階段のところで試してみるつもりです。

5月 30, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

いい脈釣り場を見つけたので・・・(2)

Hcimg3918_2我が家近くの川で脈釣りにいい感じの場所を見つけたので、そこで試すことにし、その前に実績のある本津川尻でベテラン風の人の横で竿を出し、まずは17センチのメバルをゲットです。

Hcimg3928しかし、その後は仕掛けを振り込むたびにアタリはあるがハリに掛りません。それでも20分ほどでボツリボツリと3匹。だが、14センチ程度でリリースです。

横のベテラン風の人は全く釣れてないようなので、脈釣りの優位を実感です。ふふ。しかし、その後はこれまで経験したことがない全く変なことが起こります。

つづく・・・。

アタリは全然ないのにエサがなくなります。それも振り込んでしばらく横に探っただけでエサがないのです。それも、3本バリの全てのエサがなくなることが何度もあります。

メバルは小さくても脈釣りだとちゃんとアタリが出ます。フグでもアタリは出ます。こんなときは小さいセイゴの可能性がありますが、この状態が30分。

ただ、一度だけいきなり竿をガクーンと持っていかれるほどの強烈なアタリがあったが、ハリ掛かりしませんでした。何の魚かは分かりません。

Hcimg3871_2あきらめて、今回釣行の本来目的の新しい釣り場に行くことにしました。ベテラン風の人とは反対の場所で竿を出していた人に聞かれて「4匹」と言うと、「すごいですね」。

ここでのキープ釣果は1匹だけ。シャンシャンと3匹キープして行こうと思っていたが、しゃーないです。

明日に続く。

5月 29, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

いい脈釣り場を見つけたので・・・

Hcimg3871家の近くに流れる郷東川沿いに歩きながら、「チヌがいないか」と探していました。ここではよくチヌを見ます。すると、小さな階段があって、そこからだと脈釣りがいい感じでできるはずです。

岸近くには2メートルくらいの石積みがあって、その沖は砂地になっているので、底を探ることができます。

ここで脈釣りを試すことにしました。だが、どうせ釣りに行くならその階段でする前に、前回1時間少しで14匹が釣れた本津川尻でチョコチョコッとキープサイズを3匹釣ってから、この階段でやってみることにしました。ふふ。

本津川に行くとすでに数人が竿を出しています。そして私が前回見つけたポイントにも、ベテラン風の人が竿を出そうとしています。やっぱり、この場所がいいポイントのようです。私は数メートル横に陣取りました。

つづく・・・。

私より5~6歳年上に見えるベテラン風の人に挨拶。「何狙いですか」と聞くと「メバル」。「風がないし、メバル日和ですね」というと、「月が出る」と即答。

そうです。メバルは月が出た途端にアタリがなくなることがよくあります。やっぱり、メバル釣りのベテランのようです。

Hcimg3918まだ明るい。夕日がきれいです。海から見る夕日はいつ見てもきれいですが、この日は特に西にうす曇りがかかっていて真っ赤に染まっていてきれいです。

しばらく暗くなるまで竿を出すのを待ちます。ベテラン風の人はウキ釣りで流していますが、アタリがないようです。

Hcimg3919私も竿を出します。するとすぐに小さなアタリがあるが、ハリ掛かりしません。数回目の振込みで、ひったくるようなアタリの向こう合わせで釣れました。17センチ。キープです。

明日に続く。

5月 28, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月19日 (木)

再び、メバル釣り(2)

Icimg3896_2我が家から車で10分の本津川尻でメバル釣りです。暗くなるのを待って2投目で18センチのメバル。幸先がいい。

Icimg3897その後も仕掛けを振り込むと必ずアタリがあります。だが、メバルが小さいせいか、ハリに掛かりません。やっと釣れたのは15センチ。これはリリース。

Icimg3899その後も順調に釣れるが、キープサイズがなかなか釣れません。ようやく引きの強いのが来たと思ったら、20センチのタケノコメバル。ふふ。これはメバルより味が落ちるが、うれしい。

つづく・・・。

Icimg3898その後も釣れ続くが、メバルが徐々に小さくなってきます。リリースしたメバルばかりがどんどん増えて8匹。キープした魚はタケノコメバルを入れてまだ3匹。

Icimg3902その後、いきなり竿をひったくるようなアタリが出て、強い引き。てっきり20センチを超えるメバルと思いました。ところが上がってきたのは小さいメバルが2連。

Icimg3904その後はメバルがもっと小さくなってミニになったので、納竿にしました。この日の釣果、キープ3匹、リリース11匹。これが1時間だったので、楽しい釣りになりました。

5月 19, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

再び、メバル釣り

Icimg3892前回釣ったメバルの塩焼きがムチャおいしかったので、再び家から車で10分の本津川尻に行きました。ふふ。

気候がよくなってきたせいか、釣り人が多くなっています。この日も前回は一人しかいなかった釣り場にたくさんの人が竿を出しています。しかし、私のポイントには誰もいません。

釣り人は波止なら先端に、川尻なら海との境に行くことが多い。確かにそこは潮通しがいいが、必ずしもそこがポイントとは限りません。特に岸近くを探る脈釣りは、海底にあるちょっとした変化があるところがいい。

つづく・・・。

Icimg3893釣り場に着いたときはまだ明るい。メバルは暗くならないと食いません。しばらくボーと穏やかな海を眺めていたが、少しだけ竿を振ってみたくなりました。

Icimg3896案の定、数回探ったが、アタリが全くないので、竿を置いて暗くなるのを待ちました。午後7時半、日もすっかり落ちたので、探ってみます。2回目で、18センチのメバル。

やっぱり、メバルは暗くならないといけませんな。とりあえずキープ。1匹釣れたので、気分が楽になりました。

明日に続く。

5月 18, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

脈釣り竿穂先の結び方

Pcimg3639Pcimg3638久しぶりに近くの釣具店にいったとき、レジカウンター前にあるパンフレット置き場に目がいきました。いつくかを手にとってみると、子供向けのパンフレットがあります。

それをもらって帰って中身を見ると、初歩的なことばかり書いているので、「ふむふむ」と余裕を持ってみていました。そして最後のページに振り出し竿に道糸を結ぶ方法があります。

これもどうってことのないことです。ところが、その方法を見て「えっ」と思いました。私は常に男結びをしています。

つづく・・・。

これまでこの男結びで道糸が抜けたことがないし、この方法に疑問を持ったことがありませんでした。ところが、このパンフレットに書いている方法を見て、思い出しました。

脈釣り竿を初めて買ったときには、本で調べてパンフレットに書いている方法で結んでいました。それがいつの間にか男結びに・・・。パンフレットに書いている方法のほうが簡単のようです。改めます。ふふ。子供向けパンフレットに気づかされたという話。

5月 9, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

ドジな釣り

Jcimg3870そろそろセイゴが釣れる季節になりました。そう思い出したら、自然に足が釣り場に向きます。ふふ。セイゴは潮通しがいいところがポイントなので、車で10分ほどの本津川尻に行きました。

Jcimg3872最初の20分はアタリがありませんでしたが、最初に釣れたのは14センチのメバル。これはリリース。次に釣れたのも同じ大きさ。セイゴのアタリはありません。

Jcimg3875しかし、ちょっとだけ引きがいいのが来て18センチのメバル。これはキープ。前回19センチのカサゴが釣れたが、おろすのが面倒でリリースしたが、キープしておけばよかったと反省。

つづく・・・。

潮がよく流れるのでセイゴが釣れる予感がします。だが、釣れるのはメバルばっかり。それでも型は18センチ前後と釣り始めに比べれば大きくなっています。

1時間ほどして「やっぱり」。エサのゴカイがなくなってしまいました。というのは、以前使った残りがあったので、それを撒き餌にジャンジャン撒いたのです。

Jcimg3880ところが、以前の残りと思っていた袋が、この日に買ったゴカイだったのです。買ってきたばっかりのゴカイをジャじゃん撒いたということ。ドジ、ドジ、ドジ。これからよくなると思っていたのに、ゴカイがないことには釣りはできません。

Jcimg3881納竿です。この日の釣果。メバル14~18センチを5匹。キープは3匹。

5月 3, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

ミニ魚ばっかりの脈釣り(2)

Lcimg3798高松市西部の亀水の波止で竿を出したが釣れないので30分であきらめて弦打木材港で竿を出しました。すぐに小さいガシラが釣れたが、その後はアタリが全くありません。

少し遠めに振り込んで仕掛けを底に着けて待っているとアタリ。ふふ。だが、上がってきたのはなぜかハゼ。この時期にこんなに小さいハゼが釣れるのが不思議です。でもどんな魚でも釣れたらうれしい。

Lcimg3800「メバルよ、来い」と暗示を掛けて振り込んだらホントにメバルが釣れたが、これまたミニ。今日はミニのオンパレード。

Lcimg3802アタリが良く出るようになってきました。次に釣れたのもミニのガシラ。と思ったが、顔の相がちょっと違う感じです。よーく見るとタケノコメバルのミニでした。いろんなミニが釣れます。ふふ。

つづく・・・。

Lcimg3807「今日は持って帰る魚はないな」と言う感じです。すこし引きのいい魚が掛かって、それまではミニばっかりなのでちょっと強い引きに驚いたが、14センチのメバル。これもリリース。

Lcimg3809そろそろ止め時かと思いながら仕掛けを振り込んだら、ガクッと強いアタリ。魚を掛けたが、藻に潜りこんだみたい。なんとか引っ張り出したのはこの日で最も大きい19センチのガシラ。

当然のキープサイズだが、1匹だけを調理するのが面倒くさいのでリリースして納竿。結局ここで1時間釣りをして、メバル3匹、タケノコメバル2匹、ガシラ2匹、ハゼ1匹。ま、久しぶりの脈釣りが楽しめました。

4月 17, 2016 脈釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

ミニ魚ばっかりの脈釣り

Lcimg3794昨日の朝、いつものように早朝にファミレスに行き、1時間半を新聞を読んだり、いろんなメモ作成などで時間を過ごして帰るとき、家のすぐ近くの汐入川を見ると潮が高い。ということは、夕方も潮が高いはずなので、脈釣りにもいいはず。

Lcimg3792風もなくて、いい感じなのでゴカイを買って高松市西部の亀水に着いたのは、丁度日の入り時刻。波止の入り口に鮮やかな花が咲いています。ここには何度もきていますが、このような花があることに気が付きませんでした。ふふ。

Lcimg3795まだ少し明るいので、暗くなるまでアタリはないと思ったが、2度目の振込みでアタリ。上がってきたのは小さなガシラ。しゃーないなあ。

つづく。

それから30分。ときどき小さなアタリがあるにはあるが、魚がいる気配がありません。私としては場所を移動して丁寧に探ったつもり。ここで粘ってもあかん、と思い、場所変えをすることにしました。

次に行ったのは、20分ほど自宅近くまで戻って、いつもの弦打木材港。波止の先端に行こうと思ったが、車が数台止まっているので、あきらめて手前で竿を出すことにしました。

Lcimg3796あまり期待をしていなかったが、ここでも2投目に小さなアタリで釣れたのが、またまたミニサイズのカサゴです。どうも、今日は赤ちゃん魚に好かれているみたい。しかし、その後はアタリがありません。

明日に続く。

4月 16, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

新しい釣り場で試し釣り

Rcimg3618新しく見つけた脈釣り場に行ってみました。新しい釣り場はいつも期待と不安が入り混じります。1投目から小さなアタリ。ハリ掛かりはしませんが、ふふ。

2投目で小さなメバル。ここにもメバルはいるようです。ところがその後、アタリはあるがハリに掛かりません。どうも魚が私が思っているよりも小さいようです。

Rcimg3619少し場所を移動して釣れたのが、カサゴ。これも小さい。それでも釣れたらうれしいわい。場所を少しずつ移動しながら探ります。

つづく・・・。

この場所での釣りは、釣れないときは1時間と決めていました。アタリはあるが、釣れないのできっちり1時間後にここでの試し釣りは終了です。

そしていつもの弦打木材港に行きました。ここなら塩焼きサイズが釣れると確信があります。ところが全くアタリがありません。これなら試し釣りをしたところの方がずっといい。

ようやく釣れたミニメバルも上げた後で跳ねて海に戻っていきました。しゃーないなあ。ここで竿を出したのが30分。アタリがあまりにも少ないのでやめました。本日は釣果なし。

3月 6, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

新しい脈釣り場を見つけました

Scimg3581Scimg3582暇なので、近所の海岸を車で見て回りました。すると、近くの河口の海岸沿いがきれいに整備されていて激変しています。

丁度干潮時刻だったので海底の様子もよく分かります。足元近くには石積みの捨石があり、その上に藻が生えています。そしてその沖は少し深くなっています。

メバルの脈釣りにはこういう場所が理想です。足場はいいし、波止が長いので釣る場所がたくさんあります。

つづく・・・。

私の経験からいうと、脈釣りのポイントはピンポイントのところが多く、なかなか分かりません。何度も行って実際に竿を振ってみないと分かりません。

よく釣れたときがあっても、潮やら時期やらで全く釣れないときもあります。今回もしばらくここでやってみるつもりです。ただ、ここは北に向いているので冬の北西風が吹くとまったく釣りになりません。どうなんかなあ。でも、楽しみ。

3月 2, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月12日 (金)

今年初めての脈釣り

Tcimg3522昨日、急遽思い立って脈釣りに行きました。場所はいつもの弦打(つるうち)木材港です。最初は波止の手前でやって見たが、アタリがありません。

そこで水深がある波止の先端に行くと、ウキ釣りの先客がいます。声をかけると釣れてないようです。そうは言われてもそのまま帰るわけにはいきません。風がなくてむしろ暖かい。

2投目でミニサイズのメバル。もちろんリリースですが、釣れただけで十分にうれしい。しゃーないなあ。続けてもう1匹。これもリリースサイズ。

つづく・・・。

Tcimg3523アタリがなくなったので、港の外側に振り込んでみます。すると、ちょっとだけ大きなアタリが出て、最初の2匹とは違う引きです。ふふ。上がってきたのは18センチ。

これはキープです。このサイズはキープするかどうか迷うが、この日はキープ。ま、釣られたメバルにとっては運が悪かったと思ってもらうことにしました。

続いて16センチ。これもついでにキープ。このサイズでキープされてもっと運が悪いメバルでした。

結局、この日は5匹釣れて2匹をキープ。塩焼きにして食べるぞー。

2月 12, 2016 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

この時期の脈釣りは楽しい(2)

Dlcimg3077脈釣りで釣れた24センチのウミタナゴを塩焼きにすると、期待通りの味でした。旨い。そこで再び同じ場所に脈釣りにいきました。ふふ。

Dlcimg3078ウミタナゴが釣れた場所はここだったな、と仕掛けを振り込むと5秒もしないうちに向こう合わせでウミタナゴが釣れたのにはびっくりぽんです。サイズは前回より少し小さめの22センチ。それでもうれしいわい。

アタリは前回よりも頻繁にあります。メバルがよく釣れるがどれもリリースサイズばっかりです。そこで5メートルほど移動しました。

Dlcimg3084すると、22センチのメバル。脈釣りで久しぶりに20センチオーバーのメバル。ふふ。釣れた場所を覚えるように確認しました。20センチ超えのメバルポイントはこれまでの経験だとすごく狭いピンポイントのことが多いからです。

Dlcimg3088同じ場所でメバルよりも引きが強いと思ったが、タイでしたが、これはリリース。

Dlcimg3092続いて21センチのメバル。なんやかんやで1時間半でメバル10匹、ウミタナゴ1匹、タケノコメバル1匹、マダイ1匹で、キープしたのはウミタナゴとメバル2匹でした。

11月 30, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

この時期の脈釣りは楽しい

Dmcimg3061近くの港に脈釣りにいきました。今回は手前から先端までじっくりと攻めるつもりです。仕掛けを振り込むと、すぐにアタリがあって、釣れたのはミニミニミニサイズのメバルちゃん。

この後も仕掛けを振り込むたびにアタリがあるが、なかなかハリに掛かりません。釣れてもとてもじゃないがキープサイズに及びません。そこでちょっと場所を移動。

Dmcimg3064すると向こう合わせで釣れたのが24センチのウミタナゴ。いい型です。ふふ。この魚の塩焼きは私の大好物。

Dmcimg3066さらに場所を少しずつ移動。釣れたのがカサゴ。これは味噌汁にするとホントにいいダシがでて旨いのでキープ。さらにもう1匹。ところが、家に帰ってからよーく見ると、カサゴでなくてタケノコメバルでした。

Dmcimg3075アタリは確実にあるし、風もなく寒くもなく、楽しい釣りです。1時間半でメバル6匹、ウミタナゴ1匹、カサゴ1匹、タケノコメバル2匹でした。

11月 25, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

ハゼがいる場所

Dpcimg2988同じクラブの西脇さん、菅野さんと近くの川尻に夜釣りにいったとき、菅野さんが良型のハゼを釣りました。夜にハゼが釣れたことにびっくり。

その直後に私にもハゼが釣れました。この場所にはよほどハゼが多いという感触でした。このときに使ったゴカイがまだ冷蔵庫に入っています。

そこで、昼間にハゼが釣れるかどうか試しにいきました。釣り方は夜釣りのときと同じ釣り方の脈釣りです。

Docimg3004_2すぐに釣れたのがフグ。これは仕方がないこと。ハゼがいないかと丁寧に探ります。しかし釣れてくるのはフグばっかり。夜釣りで釣れたハゼが来ません。

もっとも、脈釣りなので探れるのは岸からせいぜい5メートル程度まで。潮が高かったので、もっと深いところにいるのかもしれません。天気がいいので、ゴカイがなくなるまでやったが、ハゼは1匹も釣れませんでした。ふふ。まあ、そんなもんやろうなあ。

11月 22, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

3人で脈釣り(2)

Dpcimg2974同じクラブの西脇さん、菅野さんと3人で夜釣りです。場所は高松市西部の弦打木材港。小さいメバルがよく釣れるがリリースが多い。そんな中、電気ウキ釣りをしていた西脇さんがチヌ。リリースです。

なんやかんやと3時間。私が釣ったのはメバル15匹、カサゴ4匹、フグ2匹。ま、楽しめました。あまりにも小さい魚ばかりなので、場所変えを提案。すぐ近くを流れる郷東川尻です。

そこは2歳物のチヌがよく釣れるはずです。私が一人で行ったときには仕掛けを振り込むとすぐにアタリがあって簡単に釣れました。ふふ。

Dpcimg2988ところが、なかなかアタリがありません。少し離れたところで釣っていた菅野さんがチヌとハゼのダブル。チヌは以前、私が釣ったのより小さいが、ここにチヌとハゼがいることは証明されました。それにしても夜釣りでハゼが釣れるとは知りませんでした。

Dpcimg2990私も場所を移動してやると、すぐにハゼ。そして当歳もののチヌ。ここで30分。天気予報どおり雨が降り出したので納竿となりました。

Dpcimg2999私がこの日にキープしたのはカサゴ3匹とメバル2匹でした。キープしたと言ってもぎりぎりサイズのキープでした。ふふ。

11月 16, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

3人で脈釣り

Dpcimg2965同じクラブの菅野さん、西脇さんと3人で、夜釣りにいきました。私と菅野さんは脈釣り、西脇さんは活きエビでの電気ウキ釣りです。菅野さんは前回脈釣りをしてから、「脈釣りはオレに合う釣り」と張り切っています。

Dpcimg2963そして、最初に釣ったのは菅野さん。リリースサイズのメバルです。私にも小さくてかわいらしいカサゴ。最初のキープサイズは菅野さんがウミタナゴ。この魚を初めて釣ったようで、興奮しています。

大の男が女性じゃなくてウミタナゴで興奮できるのだから、安上がりです。ふふ。西脇さんは仕事の関係で30分遅れの到着で釣り開始です。

Dpcimg2968小さいメバルはたくさん釣れるが、リリースサイズばっかり。私にようやくキープできる魚が釣れたのはカサゴ。やっぱりうれしい。

Dpcimg2969そして釣り始めたばかりの西脇さんがまあまあサイズのメバル。逃がそうかどうか迷っていたが、私と菅野さんが声をそろえて「立派なもんや」といったので、キープ。静かな夜釣りも3人でやるとにぎやかになります。

Dpcimg2973アタリは頻繁にあるが、メバルが小さいためかハリ掛かりする確率が低い。ようやく釣れてもリリースサイズ。そんな中、久しぶりに私にもキープサイズのメバルが釣れました。

明日に続く。

11月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

虫エサがあったので・・・(2)

Dycimg2759強風でメバル釣りをあきらめて帰る途中、以前に2才もののチヌが4匹続いて釣れた場所があります。そこは川の西岸なので後ろからの風になります。

こんな日でもチヌが釣れるのか確かめることにしました。仕掛けを振り込んで海底に着くと同時にアタリ。軽く合わせると、いきなり沖に向かって5メートル以上走ったので、竿がのされそうになりました。ふふ。

釣れたのは24センチのチヌ。リリースしようと思ったが、チヌの臭いを確かめると磯臭さがないので、試しに食べてみる気になりました。

その後2回仕掛けを振り込んだが、2回ともチヌらしきアタリがありました。だが、これで十分に満足したので、釣りをやめました。ここで竿を出したのは10分間くらい。この場所はチヌの魚影が濃いのは間違いない。

Dycimg2762翌朝、このチヌを塩焼きにしました。釣った日にハラワタを出した後、何度も丁寧に洗ったこともあって、チヌ独特の磯臭さは全くありません。

十分に食べることが出来て、合格点というより、むしろおいしい。ま、おいしさでいうと、上の下ということでしょうか。今後もこの時期に釣ったチヌはもって帰ることになりそうです。ふふ。

10月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

虫エサがあったので・・・

Dycimg2749宝山さんとサヨリ釣りをしたとき、帰り際に宝山さんより青ゴカイをくれました。「もらったものだ」と言います。冷蔵庫には、西脇さん、菅野さんと釣りをしたときに余ったゴカイも入っています。

夕食の後、気になったので、その虫の状態をチェックすると、ホンマの「虫の息」。これは早く使わないといけません。そこで、エイヤッと準備して弦打港に行きました。釣具店に注文した新しい竿はまだ届いていませんが、仕方ない。
この日は寒そうだったので、この秋初めての防寒着スタイルです。

Dycimg2751強風です。持っている竿が風で持っていかれそうになります。これでは楽しくないが、とりあえず仕掛けを振り込むとすぐにアタリらしきもの。風が強くて竿先に来るアタリがよく分かりません。それでも小さなメバルが釣れました。ふふ。

Dycimg2752その後に釣れた小さなフグはアタリが全く分からなかったのだが、ハリにエサがついているかどうかをチェックをしていると、ハリにこのフグが付いていました。風が無い日だと、どんなに小さくても魚が釣れれば分かりますが、この風ではどうしようもありません。

Dycimg2757しばらくして明確に分かるアタリで釣れたのが19.8センチのメバル。これくらい大きいとアタリも分かります。ふふ。キープサイズだが、この後は釣れそうにないのでリリース。

釣り始めて30分。風に根負けして、納竿です。ま、こういう日に釣りに来たのが悪いのだが、行くと思いついた日が釣り日和なんだから、しゃーないわ。

10月 14, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

今年2度目のハゼ釣り(2)

Hcimg2638いつものハゼ釣りポイントで竿を出しています。9月始めに行ったときハゼが全く釣れなかったので、もうこのポイントにはハゼがいないかどうかを確かめるためです。

竿を出してから30分間で釣れたハゼは1匹。そのハゼが釣れたちょっと遠めに投げるとポツリ、ポツリと釣れだしました。以前は足元で釣れるので、効率がよかったが仕方ありません。

1時間で9匹。ハゼ釣りの匹数ではありません。それでもどれも良型なので引きが結構強い。掛けるたびに小チヌと間違う強い引きです。ふふ。

Hcimg2640その後も釣れてハゼが全部で12匹。そして小さなアタリに合わせるとハゼとは違う引き。セイゴです。セイゴというより、セイゴの子。ま、スズキの孫です。

Hcimg2646これで釣りを終了。近くでハゼのウロコを取って頭から切り落とします。これだけしておくとそのまま冷凍庫に放り込めばいい。

Hcimg2647この作業をしている時に、仕掛けを放り込んでいたが、それにハゼが釣れています。ハゼは少ないがいるようです。釣れたハゼもウロコを落として追加。この日の釣果はハゼ13匹、セイゴ1匹。

10月 1, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

いい釣り場ポイントを見つけた(3)

Icimg2622_3家の近くを流れる郷東川で脈釣りをすると、全く期待していなかったのに2才のチヌが釣れました。思った以上の引きだったので、ちょっとうれしい。リリース。

Icimg2623どうせ、まぐれだからこれで終わりと思ったが、その後奇跡の3連発。以前散歩していた時にみたチヌよりも小さいが、群れでいるようです。ハリを掛けた後、一気に沖に走るのがおもしろい。

ここで竿を出しのは20分。これでここがよく釣れることが分かりました。西脇さん、菅野さんと一緒に竿を出すのにいい場所と分かったので、釣りを終了。ふふ。

Icimg2625もって帰ったのはウミタナゴ。この魚は身が柔らかく旨みがあるので大好き。早速翌日の朝食に塩焼きにしました。どうだあ、のおいしさ。

これまで朝食にはイシダイを毎日塩焼きにしていたが、それも脂が乗ってもちろん旨いが、久しぶりに食べるウミタナゴはイシダイと違ったおいしさです。

9月 28, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

いい釣り場ポイントを見つけた(2)

Icimg2614_2高松市西部の弦打(つるうち)木材港の波止の先端で探り釣りをしています。ウミタナゴが釣れた後、グンとはっきりしたアタリに合わせると、根掛かり。脈釣りにある程度の根掛かりは仕方ありません。

Icimg2628魚はまだついているはずだと、ちょっと強めに竿をしゃくるとパキーンと音がして竿が折れてしまいました。先端部分が飛んで、海に落ちたのを拾い上げたが・・・。

大事にしていた竿なので、がっくりです。これでは釣りはできません。おそらく以前に砂が詰まったとき、強引に引っ張ったので、竿に傷が付いていたせいと思います。

ウミタナゴ1匹だけをもってとぼとぼと車まで戻ってきました。車には、予備の竿と仕掛けを積んでいます。

車を走らせて家に帰る途中、我が家の近くに流れる郷東川があります。この川に沿って散歩をしているとき、30センチくらいのチヌがたくさんいたのを思い出しました。

予備の竿を出して釣りするかどうか、車の中でしばらく考えました。この場所で釣りをしている人を見たことがない、どうってことのない場所です。

竿を出してみることにします。仕掛けを振り込むこと2回。アタリがありません。そう簡単には釣れるはずがないわなあ。

Icimg2622その次にアタリ。すぐに合わせてしまいました。チヌのときはしばらく待たないといけません。そこですぐ振り込むと再びアタリ。竿先を少し下げて送り込んでから合わせると、グーンと魚が一気に沖に向かって走ります。小さいがチヌです。

明日に続く。

9月 27, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月26日 (土)

いい釣り場ポイントを見つけた

Icimg2613昨日の夕方、潮を調べると満潮時刻が午後9時。私の脈釣りは浅いところでするので、潮が低いと出来ません。午後の9時満潮ならOK。翌日には満潮が午後10時なるので、私の就寝時刻になってしまいます。

そこであわててゴカイを買いに行きました。同じクラブの西脇さんと菅野さんと脈釣りを一緒にする新しいポイントを見つけることも目標なので、高松市西部の弦打(つるうち)木材港の長い波止を先端から順に探って行くことにしました。

Icimg2618まずは波止の先端で探ってみます。3投目で小さいメバル。魚がいることいるようです。沖に振り込んでもアタリがないので波止の際を探ると小さなフグ。しゃーないなあ。

アタリがそこそこあるので、場所を移動できません。ふふ。丁寧に探っていると、メバルとは違うモゾモゾとしたアタリ。合わせると脈釣り竿がグーンと一気に曲がって驚き。

Icimg2614釣れたのは21センチのウミタナゴ。私はこの魚が大好きで、もちろんキープ。ウミタナゴは私にとって今年初めてです。ふふ。

Icimg2620波止の先端から徐々に移動するつもりだったがアタリがあるのでできません。小さなカサゴが釣れました。かわいい。

風が少し出てきました。釣りを続けるかどうか迷いましたが、そのまま波止の際に仕掛けを流していると、グンとアタリ。合わせると・・・。

明日に続く。

9月 26, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月26日 (水)

台風は過ぎたが・・・

Ocimg2452台風が過ぎました。香川県でも相当強い風と雨がありました。それは事前に分かっていたので、台風が来る前の月曜日に西脇さん、菅野さんと3人で脈釣りに行くことになりました。

菅野さんは脈釣りが初めてなので、釣れるかどうかが心配。初めての釣りを楽しく思えるかどうかは、釣れることが第一条件。そこで、前日の日曜日に一人で試し釣りに行きました。

風が少しあって、釣りずらい。暗くなってからもアタリが全くありません。そして30分が経ちました。この時期はもともとアタリが少ない時期です。ようやく小さなアタリ。

Ocimg2454_2そして釣れたのが小さなメバル。魚がいないわけではなさそうです。同じ場所でもう1匹追加。だが、その後はアタリがありません。

Ocimg2459少し場所を移動して、向こう合わせで釣れたのが小さなチヌ。チヌは小さくても少しだけ引きが強いので、まあ満足。

結局、1時間でメバル2匹と、チヌ1匹。まあ、何とかなるかもと納竿しました。

3人で釣りに行く予定の当日、私に急用ができて釣りにいけなくなりました。ま、いい時期ではないし、風も少しあったので、結果オーライかも。

8月 26, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

脈釣りのいいところ(2)

Vcimg2300脈釣りのいいところは「手軽さとエサの安さ」と書きましたが、まだまだあります。

脈釣りの3番目にいいことは、気楽に釣りにいけるので、なかなか釣りにいけないときのストレスのガス抜きにいいのです。特にサラリーマン時代だと、天候との都合で磯釣りになかなかいけないとき、ちょっと空いた時間に近場で脈釣りすると、ストレスが解消します。

「釣りをしたーい」と思ってるのになかなか釣りにいけないのは釣り人にしか分からないストレス。ちょっとでも竿を握ることができれば、ストレスは霧消します。ふふ。

そして脈釣りの最もいいところと言うか、楽しいことは、脈釣りが徹底的に「攻めの釣り」ということ。釣りには「攻めの釣り」と「待ちの釣り」があるが、脈釣りは徹底的に「攻めの釣り」です。

アタリが無いと仕掛けを振り込む方向、距離を変え、探るタナとスピードを変える。これを電気ウキを使ってやろうとすると面倒くさくて出来ません。アタリの頻度もウキ釣りに比べて圧倒的に多い。

そして脈釣りの最大の醍醐味は、魚を掛けたときの重量感です。竿が柔らかいだけに握る手に伝わる引きの強さがすごくて、25センチの魚でも「ヒェーッ」となります。

そうかと言ってそこそこの型の魚でも釣り上げることが出来ます。50センチのセイゴ、40センチのチヌならこの脈釣りでも十分に上げることが出来ます。

8月 13, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

脈釣りのいいところ

Vcimg2300私が一番したい釣りはやっぱり磯釣り。そしてイカ釣り。その次は・・・、と考えて脈釣りと考えました。脈釣りにはいいところがたくさんあります。

まず、釣り道具が軽い竿1本と玉網だけでいいので釣行するにもすごく気分がいい。磯釣りだと忘れ物がないかと何度もチェックするが、脈釣りのときは気楽です。

この手軽さは歳がいくとともに重要な要素になっています。年寄りはグダグダといろいろ考えるのが面倒になってきます。「簡単」がなによりですわ。ふふ。

次に脈釣りのいいところは、エサ代の安さ。私はゴカイを500円だけ買って行きます。これで十分です。私の脈釣りは、せいぜい長くても2時間程度しか釣りをしないので、500円分でも余ります。

そこで残ったものを冷蔵庫に入れておくと、ゴカイは1週間は生きているので、その生きている間に3回は脈釣りにいけます。手軽さと安さ。ふふ。

8月 12, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月31日 (金)

脈釣りの竿を砂浜で使うときは・・・

Tcimg2327孫が帰ったあとで、久しぶりに脈釣りに行こうと延べ竿を試しに伸ばしてみたときのことです。すると、ガリガリという音がしてきれいに竿が出てきません。明らかに中に入った砂が噛んでいるようです。

そこで竿を立てて中の砂をゴミ箱の中に落とすと、びっくりするほどたくさん出てきました。ジャンジャン出たが、それでも竿を延ばそうとすると、ガリッ、ガリッと音がします。

Vcimg2291_2そこで徹底的に砂を出そうと、テーブルに立ててドンドンとやると、パラパラといつまでも出てきます。集めると結構な量です。どれだけの量の砂が入っていたのか。ふふ。

これは孫達と釣りに行ったときに、砂が入ったに違いありません。ユーキが「ここに置いていい?」と聞いたので、「いいよー」と答えました。延べ竿は砂浜に置いちゃあ、ダメです。ふふ。

そのときはこんなことになるとは想像していなかったが、小さな傷が竿に付いてしまいました。しゃーないなあ。今後、気をつけます。

7月 31, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

一応、「師匠」と呼んでください(2)

Ucimg2314_2西脇さんと弦打木材港で脈釣りをしています。西脇さんには早く1匹を釣ってほしいと思っていたが、暗くなってから小さいがメバルを釣りました。よかった。

その後、私にはアタリがありません。西脇さんもアタリがなかったら楽しくないだろうなあと心配していたら、「入れ食いやあ」と意外な答え。「エーッ」。

Ucimg23165匹釣ったが、1匹だけキープしたとのこと。15センチくらいのメバルをレジ袋に入れています。そして、言葉の節々に脈釣りの楽しさが伝わってきます。.

Ucimg2318「向こうのほうは入れ食いです」と言うので、私も場所を移動します。すると、ホントに入れ食いです。8回仕掛けを振り込んで5匹が釣れました。

そのサイズはぎりぎりのキープではなく、ぎりぎりのリリースサイズ。これからの時間は脈釣りがもっと楽しくなるはず。

ところが30分ほど前からお腹が痛くなって釣りに集中できません。そこで私は残念ながらギブアップ。竿は西脇さんにしばらく使ってもらうことにして、私は帰ることにしました。

Ucimg2320そのことをいいに行くと、西脇さんは「いいのが釣れた」と見せてくれます。20センチ級のメバルを釣っていて、文句なしのキープサイズです。西脇さんは脈釣りの楽しさを知ったようです。

Ucimg2322その途中、花火が打ちあがっています。前日に上がると思っていたが、祭りは二日間あって、二日目に上がるらしい。

7月 15, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

一応、「師匠」と呼んでください

Ucimg2309一人で我が家から車で10分ほどの弦打(つるうち)木材港で脈釣りをしたとき、アタリがよくあったのでこれなら初めての人でも釣れると思い、翌日の日曜日に西脇さんに電話で誘いました。「行く」とのこと。ふふ。

今月の初めにクラブで飲み会があったときの約束です。一緒に行くことになっていた菅野さんは17日まで仕事の関係で「行けない」と聞いていたので、とりあえず西脇さんと二人で行きました。

午後7時集合。まだ、明るい。西脇さんには、私の7メートルのメバル竿と仕掛け一式を使ってもらうことにします。西脇さんは「5メートルのチヌ竿1号でする」と言っていたが、脈釣りは長い竿が圧倒的に有利です。

Ucimg2308メバルは暗くなってからが勝負です。それまでにはまだ1時間近くあります。釣れてもカサゴだろうと思っていたが、小さなメバルが釣れました。

脈釣りは実際に魚を掛けないとその醍醐味が分かりません。小さくてもいいから、早く西脇さんに釣ってほしい。そう思っていたら、すっかり暗くなってから西脇さんが近づいてきます。

Ucimg2314私には全然アタリがないので、「アタリがないなあ」と声をかけると、「釣れたあ」とのこと。小さいメバルを手に持っています。リリースサイズだが、1匹でも釣れてよかった。

明日に続く。

7月 14, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

涼しくて気分がいい脈釣り(2)

Vcimg2299脈釣りに出て、最初の場所は漁師の祭りで打ち上げられる花火時刻になったので、場所を移動して弦打(つるうち)木材港にやってきました。

すぐにアタリがあって、小さなメバルです。最初の場所で釣れたのよりは少し大きいがリリース。最近キープするサイズが少し大きくなっています。調理するのが面倒くさいだけのことです。ふふ。

少しずつ移動しながら探っていきます。すると、ゴッという明確なアタリに合わせると、強い引きです。小さなメバルではありません。

Vcimg2300上がってきたのは21センチのメバル。これくらいのサイズになると、柔らかい竿なので引きを楽しめます。同じ場所で今度は18センチ。この2匹はキープです。

Vcimg2302_2その場所ではアタリがなくなったので、場所を少しずつ移動します。あたりはあるが、なかなかハリに掛かりません。やっとつれると小さなメバル。

1時間で釣りをやめました。最近は根性がない。ふふ。結局ここではメバル6匹、フグ1匹の釣果。キープは2匹でした。

7月 13, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

涼しくて気分がいい脈釣り

Vcimg2296昨日の夕方、涼しくて気分がいいので、久しぶりに脈釣りに行きました。最初に行ったのは、いつものポイントです。我が家から直ぐ近くの潮入川の河口です。

Vcimg2293エサのゴカイを買いに行く途中、港の中の広場がにぎやかです。漁師の祭りのようです。祭りのときは午後8時から花火の打ち上げがあるので、そうなると魚が釣れません。

そこで最初の釣り場では花火が始まるまでと決めましたが、まだ明るいのでメバルは釣れないはずです。ところが釣りを始めて10分ほどで小さなメバル。

脈釣りに行って、明るいうちにメバルが釣れることはほとんどありません。今日は幸先がいいと思ったが、それ以降はアタリがありません。やっぱり、という感じ。

Vcimg2298しばらくして暗くなりかけてやっとアタリ。メバルかと思ったが、フグ。その後、小さいメバルが釣れたが、そろそろ花火が始まる時刻になったので、車で10分ほど走って場所を移動しました。

弦打(つるうち)木材港です。私が思っていたポイントには小さな子供がいる家族が投げ釣りをしています。そこで少し場所をずらして始めました。

花火打ち上げの時刻になったが、花火の音が聞こえません。距離が遠いからなのか、この日は花火がなかったのかは分かりません。ふふ。

明日に続く。

7月 12, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

孫が桂浜の水族館で釣り

Clcimg2154孫のユーキ、ショーエイと高知市の桂浜水族館に行くと、「魚釣り」のコーナーがあります。館内を一応一回りした後、孫は魚釣りにコーナーに興奮です。

Clcimg21521回300円。エサはオキアミ3匹と1センチ近くの魚の切り身が3個。すでに大人も混じってたくさんの人が釣りをしているがなかなか釣れません。円形の水槽の中にはカサゴ、グレ、マダイがいます。

仕掛けを垂らすと魚が寄ってきますが、近くまで来て、プイッと横を向いて食いつきません。他の子供たちが時々釣るのはカサゴばっかりです。

ショーエイにやっとカサゴが釣れました。ユーキはグレを釣りたいと仕掛けを少し浮かせて待っています。だが、グレはすぐに寄ってくるが食いつきません。

ショーエイは2匹目のカサゴを釣ります。ユーキも辛抱が出来なくなってエサを底に付けるがカサゴは食いつきません。ペンギンショーが始まると言うので残ったエサを投げ込むと、グレがすばやく寄ってきて争ってパクリ、パクリ。

魚には仕掛けが見えていたということがわかりました。仕掛けの糸は太かったし、なぜか10センチおきに結び目があってハリスが見えやすくなっていたような・・・。ふふ。

Clcimg2155ペンギンショーに行きましたが、触るのは恐くて近くで見るだけ。

7月 1, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月30日 (木)

また、脈釣りに

Gcimg1813再び、脈釣りに行きました。前回行った西浜港では小さいメバルしか釣れなかったので、別の場所に行くことにしました。熊ちゃんが「釣れるはず」と言っていた港で昔、木材を浮かべていた弦打木材港です。今でもコンクリートの杭がたくさんありますが、木材はありません。

たくさんの釣り人が来ているので、釣れているのかもしれません。全員が波止のほうにいるので、私はその前の岸壁で竿を出すことにします。

あまり釣れないだろうという気がしていましたが、1投目から小さなメバル。うれしいが、これでは西浜港と同じです。だが、足場がいいのでもう少し頑張ります。ふふ。

Gcimg1818小さなメバルやガシラがポツリ、ポツリと釣れます。すべてリリース。少し場所を移動して振り込むと、ググッという小さなアタリ。合わせるとグーンと引きます。

Gcimg1821上がったきたのは21センチのガシラです。このサイズならキープできます。続いて20センチ足らずのガシラ。これもキープ。これは調子がいいと思ったが、アタリが遠のきます。

Gcimg1828やっと釣れたのがミニミニサイズのメバル。これを見て、納竿にしました。釣りをしていた時間は丁度1時間でした。

4月 30, 2015 脈釣り | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

20センチオーバーのメバルを狙って(2)

Hcimg1799_2高松中央卸売市場前にある西浜漁港に脈釣りに行きました。1投目から必ずアタリが出て入れ食い状態だが、型が小さい。すべてリリースです。

Hcimg18071投目からメバルが12センチ、14センチ、14センチと続いてハオコゼ。場所を変えようかと思いました。続いて13センチ。その後は8センチとますます小さくなります。

そのとき見物人。釣り場が暗いので顔がよく見えませんが、親しそうに話しかけてくるので、対応していたら釣りに集中できなくなって、アタリがなかなか取れません。

そして、その見物人が私の横にくっついてなかなか帰りません。30分近くいて、その間に2匹のリリースメバルを釣ったが、場所を変えることにします。竿を納めたら、やっと帰っていきました。ふふ。

Hcimg1809そして次に行ったのが、西浜港から西に数百メートルの小さな川尻です。そこも20センチオーバーのメバルが狙えるポイントがあります。そこでの1投目が14センチと同じサイズ。

それでも辛抱していると、車が近づいてきて止まります。嫌な予感がしたと思ったら、最初の釣り場での見物人です。よほど暇なのか、そこでもいつまでも離れません。

そこで3匹小さいのを釣った後、竿が大きくガクーンと引っ張られる感じであわせたが、根に潜られてしまいました。それでやっと見物人がいなくなったが、私も戦意喪失。

結局、この日は2つの釣り場で10匹のメバルを釣ったが、全部リリース。今度は違う場所でやってみることにします。ふふ。

4月 29, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

20センチオーバーのメバルを狙って

Hcimg1797夕方に満潮になって脈釣りにはいい潮なので、我が家に近くの西浜港に行きました。道糸につけるケミホタルとエサのゴカイを買って釣り場に着いたのは7時過ぎ。

行く途中で夕焼けがきれいだったので、写真。釣り場は引き潮のときにこれまで20センチ以上のメバルが入れ食いになったことが2度あったポイントです。

Hcimg17981投目、直ぐにアタリがあったが、12センチ。しゃーないなあ。もちろんリリース。2投目14センチ。これもリリース。

おかしい。20センチ以上が釣れるはずなのに・・・。小潮のせいか、潮がどんどん流れません。それでもアタリは仕掛けを投げ込めば必ずあります。

3投目、14センチ。入れ食いには違いないが・・・。そして、4投目にはミニガシラ。手でつかもうとしたが、念のためにヘッドランプで照らしてみます。

Hcimg1800やっぱり・・・。ハオコゼです。手でつかんでいたら、大変なことになります。つかまなくてよかったあ。

明日に続く・・・。

4月 28, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

久しぶりの探り釣り

Pcimg1598久しぶりにゴカイのエサで探り釣りをしに行った。まずは家の近くの小さな川の河口で竿を出したが、全くアタリがないので、見切りをつけて場所変えすることにした。

行ったのは亀水(たるみ)湾。行くとだれもいない。波止の中央で竿を振るがアタリがないので、波止の先端に行く。するといないと思っていた釣り人がいたのでちょっとびっくり。

その釣り人が以前同じ職場で働いていた井上誠一さんだったのはさらにびっくり。井上さんは疑似でのメバリングである。彼が釣り好きだったとは知らなかったなあ。ふふ。

Pcimg1602全くアタリがなかったが、しばらくしてはっきりしない重さを感じて合わせると、びっくりするほどの引きの強さ。井上さんに玉網ですくってもらいました。タケノコメバルです。ふふ。

その後小さなガシラ2匹が釣れたがリリース。午後8時に納竿とした。予想外のタケノコメバルが釣れてうれしー。

3月 22, 2015 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

残っていたゴカイで

Xcimg0429_2孫はアメリカに帰りました。一緒に釣りに行ったときに残ったゴカイが冷蔵庫に入っていて、「山の神」から「早く処分して」といわれていました。
そこで昨日の夜、潮時刻を見ると満潮が夕方の8時頃だし、風もないようなので、我が家の近くの潮入り川河口に、久しぶりに脈釣りに行きました。アタリが全くありません。
辛抱してあちらこちらに仕掛けを投げていると、やっとアタリ。小さなカサゴです。写真を撮って放流です。ふふ。しゃーないなあ。でも釣れただけでうれしい。

Xcimg0431_2そのすぐ後にカツッとはっきりしたアタリに合わせると、思った以上に引きが強いので、ちょっとだけあわてました。だが、上がってきたのはそれほど大きくないタケノコメバル。
今年初めての魚種なので、チトうれしい。これは朝食塩焼き用にキープしました。この後小さなカサゴが2匹。キープできないサイズなので、引きを楽しませてくれたことに感謝して放流。
1時間足らずの久しぶりの脈釣りは楽しかった。
なお、諸般の事情から私の携帯電話は金曜日ごろまで不通になっていますので、緊急の場合は家の固定電話かメールでお願いします。

7月 9, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

メバルの値段に釣られて

Dcimg9974 昨日、スーパーマーケットの魚売り場を覗いてびっくり。2日前に釣ったメバルと同じくらいのサイズ2匹でなんと680円の値段。
エサのゴカイは前回使った残りが冷蔵庫に入っています。なので昨日の夜も、暗くなるのを待って近くの潮入川河口に行きました。エサをつけようとビニール袋に入れたゴカイを探ります。
全部死んでいます。これまでの経験だと冷蔵庫に入れておけば1週間ぐらいは活きているはずです。不思議。余程弱ったゴカイを買わされたのか。 しゃーないなあ。
ま、ゴカイは死んでいても釣れます。だが、今回は3回ほど振り込むとドロドロ状態になってエサが解けて行く感じで腐った臭いも強烈になっています。

Dcimg9973_2 それでも10分ほどやっていると、ようやくアタリがあって前回と同じくらいのメバルが釣れました。ふふ。口からは腐ったエサを吐き出しています。
かわいそうになったし、こんなエサを食った魚を食べる気がしません。逃してやって、納竿としました。竿を出していたのはせいぜい15分。釣りに出かけるときは事前にエサを確認しないと・・・。ふふ。

4月 27, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

久しぶりの脈釣りしました

Dcimg9965 昨日、昼前にコタツに入ってまったりとしているとオカテッちゃんから電話がありました。宇和海にゴムボートを出してアオリイカを釣っているとのこと。
それを聞いて私も釣りに行きたい気分に・・・。過去の釣り日誌をめくってみると、大きなコノシロ狙いか、夜に脈釣りでメバル狙いがいいようです。
風がないようなので、我が家からすぐ近くの潮入川に久しぶりに脈釣りに行くことにしました。ふふ。

Dcimg9968 アタリがありません。少し移動。アタリがありません。さらに少し移動。そこでやっとアタリ。小さなガシラです。その後もガシラの追加。
しばらくしてクッというアタリがあって釣れたのは久しぶりのメバルです。17センチ強と小さいがこれをキープ。この日は1時間でメバル1匹、ガシラ3匹でした。
Dcimg9971 そして今日の朝、メバルを塩焼きにしました。焼いているときに脂が落ちる音がしていたが、旨みがあっておいしい。ふふ。

4月 25, 2014 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 2日 (金)

釣り日誌をめくって(2)

Rcimg8518香川県営球場近くの波止で脈釣りをしたが、30分でアタリが無くなりました。そこで我が家のすぐ近くにある潮入川の摺鉢谷川の河口に行きました。
1投目からちょっと強い引きがあります。20センチを越えるカサゴです。ふふ。場所変え成功。ここは50センチ級のセイゴもいるはずです。
Rcimg8520だが、その後はアタリがありません。やっと釣れたのが小さいメバル。リリースです。メバルは汁にすると、カサゴと違って身がぐちゃぐちゃになってしまいます。

Rcimg8521その後はもう2匹カサゴが釣れたが、1匹のみキープ。最初に釣れた20センチ超のカサゴは塩焼きにして、残りの4匹を汁にすることにしました。ここでもアタリがなかなかでないので、1時間もしないうちに納竿。
なんか、ちゃらちゃらした釣りになってしまいました。ま、この日の最高気温は36度。だが、夜は結構風があって涼しく感じました。この季節の釣りとしてはいいんじゃない。

8月 2, 2013 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 1日 (木)

釣り日誌をめくって

Rcimg8509今日から8月になるので、過去の釣り日誌の8月分を見てみました。磯釣りはもうひとつ。波止での脈釣りだと、2年前のこの時期に25匹のメバル、カサゴが釣れています。前回脈釣りで釣ったカサゴの汁が期待以上においしかったので、昨日の夜、行きました。
場所は前回と同じく香川県営球場近くの波止です。我が家から15分で着きます。7時に着いたが、まだ明るい。明るい時にはほとんど釣れないのは経験で分かっています。4回振り込みましたが、やっぱりアタリがありません。
そこでしばらく座り込んで、夕日の赤が時々刻々と変わっていくのを眺めていました。いつ見ても美しい景色です。
Rcimg85137時半になったので仕掛けを振り込むと、すぐにアタリ。狙い通りです。ふふ。大きくないカサゴですが、汁には丁度いいサイズで、キープ。

Rcimg8517その後もアタリがよくあります。だが小さいしカサゴばかりです。出来ればウミタナゴが欲しい。30分で6匹。キープが3匹。汁にするのにこれ以上はいりません。
だが、突然アタリが全く無くなりました。理由が分かりません。7時半が満潮時刻なので、潮止まりで待てばよくなる可能性が高い。だが、どうもカサゴしか釣れない気がします。
そこで場所替えを決定。釣り始めて1時間もたっていません。脈釣りは釣れないときはさっさと場所変えも大切です。
明日に続く・・・。

8月 1, 2013 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

久しぶりに脈釣り(2)

Tcimg8480香川県営球場近くの波止でメバル狙いの脈釣りです。1時間たってもメバルが釣れないので帰ろうと思いました。
帰る前に数メートル移動して竿を振りました。するとアタリにあわせた途端、魚が一気に沖に走っていきます。
てっきりセイゴだと思ったが、上がってきたのはヒガンフグ。がっかり。フグでもこんなに走るのかとちょっとびっくり。もちろん海にお帰り願いました。

Tcimg8486だが、そこのポイントがよかったのか、その直後にやっとメバル。20センチ近くあります。久しぶりのメバルなので、大きく見えます。
そして続いてウミタナゴ。これも久しぶりのウミタナゴはうれしい。そしてちょっと小さいカサゴ。これまで逃していたサイズだが、汁用にキープすることに。
Tcimg8490結局1時間半で、カサゴ12匹でキープは2匹、メバル、ウミタナゴ、ヒガンフグ1匹ずつでした。いいんじゃない。

7月 23, 2013 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

久しぶりに脈釣り

Tcimg8476私の過去の釣り日誌をめくってみて、磯釣りはさっぱりの釣果ですが、唯一よさそうなのが、香川県営球場近くでの脈釣りでした。去年行って、メバルが22センチを含めて11匹釣れています。
マンホール探しに愛媛県のしまなみ海道に行ったとき、チョイ投げ釣り用にゴカイを500円買っていきましたが、ほとんど使わずに冷蔵庫に入っています。
潮順を確認すると、満潮が午後10時過ぎで夜釣りをするにはいい塩梅です。そこで急遽夕食を終えてからバタバタと用意して出かけました。
波止の先端には先客がいます。声を掛けると、「さっき、来たところ」と言い、「コウイカが流れていたのですくった」というので、見せてもらいました。胴長が20センチ強のコウイカです。産卵を終えて命が尽きた直後だったみたい。まだ、新鮮です。ふふ。

Tcimg8475Tcimg8478私は先端から離れて手前のほうで竿を出すことにしました。まだ時間が早くて明るいので、しばらく待ちます。そのうちに太陽が沈み夕焼けがきれいです。午後7時半になってやっとうす暗くなってきたので竿を出しました。
すぐにアタリがあって、小さなカサゴ。これは逃します。その後もアタリはあるが、すべて小さなカサゴでキープサイズじゃありません。
Tcimg848320センチ足らずでやっとキープできたのは7匹目。本命のメバルがいません。1時間がたって、あきらめて帰ろうと思いました。
明日に続く・・・。

7月 22, 2013 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

久しぶりにメバルの探り釣り

Axcimg6371Axcimg6374 昨日の夜、久しぶりにメバルの探り釣りに行きました。場所は我が家から西に車で15分の県営球場近くの波止です。

到着したのは午後7時。西の空はまだ明るい。こういうときはメバルは食いません。案の定、数回仕掛けを放り込みましたが、アタリはない。だけど心配は全くありません。暗くなるのを待ちます。

最初に釣れたのはその30分後の午後7時半。予定通りの時刻です。それからは毎回アタリがありますが、全部カサゴ。メバルじゃないけど、グルッのアタリが楽しい。

Axcimg6384 メバルが最初に釣れたのは午後8時になって、真っ暗になってからです。昨日は風が無く、月も出ていないので、メバルには絶好のはずです。

だが、風がないので蚊がどんどんやってきます。半そでに半ズボンの無防備だったので足踏みをしながらの釣りになりました。知らない人が見たら、近寄れない感じのはずです。ふふ。これを踊り釣りというんじゃあ。蚊の猛攻で9時で釣りを切り上げました。この日の釣果、メバル6匹、カサゴ8匹。小さいのは逃がしたので、持って帰ったのは半分くらいです。

9時に釣りをやめて、道具を仕舞い、車まで歩いて戻り、運転して家に帰って、魚を下ろし、風呂に入って寝たのが午後10時半。四国って、いいなあ。

8月 10, 2012 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

潮がいいので、つい・・・

Chlimg0945 火曜日、夕食前になって新聞を広げていると、「今日の潮」。満潮が午後9時半。夜釣りの脈釣りには最高の潮です。とりあえず迷ったが、とりあえず釣り具屋にゴカイを買いに走りました。ふふ。

第1投目からアタリがクンクンとありますが、ハリに乗りません。やっと釣れたのがチャリコ(タイの子)。これがたくさんいると、釣りになりません。

何匹かチャリコが釣れた後、モゾモゾとしたアタリで、メバルです。16cm。それにしてもメバルらしいアタリじゃないなあ、と思っていたら再度モゾモゾ。またメバルです。
今日のメバルは変。いつもの元気な「クッ」という鋭いアタリがありません。

Chlimg0952
しばらくアタリがないと思っていたら、グツグツというアタリ。フグです。放っておいたらハリがありません。
「じゃあ、フグでも釣ってやる」とグツグツのアタリを合わせたら、思ったよりも大きいフグです。これなら天ぷらのネタになります。

そのうち7~8cmのミニミニメバルが釣れ出します。脈釣り仕掛けを放り込むとすぐにこのミニメバルが食いついてきます。ギブアップ。
「お母さんの乳でも飲んでおれ」と逃がします。

だが油断していたら、「バキューングーン」の強烈なアタリ。竿先が一気に引き込まれます。「やったあ」と思いましたわ。
だが、竿先が空を切ります。上げてみると、一番下のハリスがヨリモドシから抜けています。ナンタル不覚。この名人としたことが、ナンタル不覚。深く不覚を反省。

持って帰ったのはメバル3匹、フグ2匹ですが、たくさん釣れました。

10月 7, 2010 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

家の近くでメバル狙い

Chq1560 高松市西端の波止の脈釣りで釣れなかったので、家の近くの波止に行って見ました。セイゴがそろそろ釣れる時期です。

第1投。どんな釣りでもワクワクする瞬間です。小さなアタリ。自信を持って合わせたが、空振りです。おかしいなあ。次も空振り。おかしいなあ。次も・・・。おかしいというより、コチトラのウデか。

数投目、やっとお魚が掛かりました。上がってきたメバルを見て納得です。ミニメバルです。これじゃあ、ハリに掛かるはずがありません。

Chq1563この後も数回のアタリにメバル1匹が釣れてきますが、どれも小さい。もちろん海に帰ってもらいます。
30分ほどしてやっと大きな引き。「お持ち帰りの魚が釣れた」と思いましたわ。

柔らかいメバル竿をギュンギュンと鳴らして上がってきたのは、ミニメバルとミニガシラ。
メバルも私が相手にしてくれないので、ちょっとだけ引きの強いガシラに協力依頼して2匹で引きの強さを演出したみたい。騙されましたわ。

2時間頑張ったけどセイゴのアタリはありませんでした。ミニメバル7匹にミニガシラ2匹の釣果。楽しめたけど、持って帰るお魚は無し。せいせいするわ。

ところで、「セイゴのアタリかどうか分からんじゃないかあ。空振りの中にセイゴがいたんじゃないの」と思っているでしょ。

セイゴかどうか簡単に分かるのです。3本バリで探り釣りをしていると、セイゴのときは、メバルよりも小さなアタリなのに、3つのエサのうちの2つ以上が取られているのです。ホントです。

5月 2, 2010 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

男女群島から帰るまで3時間弱の釣り

Chx0749 男女群島での3日目の釣り。この日も、内藤さんと二人で、午前6時前に「おっちやん」バエに磯上がり。

昨日とうって変わって快晴、無風。最高の天気。周りの磯の相も、四国の磯より一段と勇壮な感じで気分サイコー。
サオを出してすぐに、内藤さんが小型を1匹。それ以後は、二人とも全くあたりなし。

Chx0751磯際を釣らなければ・・・、と仕掛けを際まで持ってくると、100発100中の根掛かり。エサトリは多いが、イシダイのアタリは出ません。

この日は、午前10時に迎えの船が来るので、遅くとも9時半には納竿しないといけないので、実質3時間足らずの釣り。だからあせります。

Chx0753 8時半を過ぎると、イシダイ特有のカツンカツンのアタリが出ます。私はつい早合わせで、失敗続き。これまで30年以上続けてきた釣りでの、アタリの取り方では、イシダイに通用しない。むむっむっーっ、イラッ。
午前9時過ぎに何度目かの根掛かりとなったので、潔く納竿としました。やれやれ。

私が納竿した後、内藤さんは置き竿で、「サオが引き込まれるまで待つ戦法」で、1匹目より少し大き目をゲット。粘り勝ちとなりました。
3日目も、完全に内藤さんに完敗。ウデです。

これで、男女群島での釣りが終了となりました。後は、渡船に乗って、ひたすら長崎港を目指し、車で四国まで走ることになります。

12月 2, 2009 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

男女群島の渡船で1泊

Chx0743 二日目の釣りを終えると、磯でそのまま釣りをするか、渡船で寝るかを選択できます。
内藤さんは、珍しく「ずーっと寝てないから、船で寝る」と弱音を言います。2年前には「何日も寝なくても大丈夫」と豪語していました。

Chx0741 ま、彼も齢でしょ。ふふ。それでも、石川県の金沢から、四国香川県経由の長崎市までの往復運転を、すべて1人でしたのですから、スタミナ怪人は、まだまだ健在には違いないようで・・・。

Chx0744私もこの日は船で寝ようと思っていたので、彼の申し出に依存はありません。船で寝ると、夕食に温かいおでんが出るということを聞いていたこともあります。

話の通り、おでんが出てきて体が温まります。磯の上で一日中雨に打たれていた体が生き返りました。おでんのあとに、モツ鍋も出てきて、満腹、満足。

Chx0779s食事の合間には、当然この日の釣果の話になります。クエ狙いの高橋さんは、2本のクエを上げていました。さすが、です。クエを狙ってクエを釣る。簡単なことではありません。

1本は90cmオーバーの10キロ、2本目は72cmの6キロ。写真を撮れなかったのは、残念。今後写真が手に入れば、このブログに掲載させていただきたいと思います。

私も夜釣りで「あわよくば」と思わないわけでもありませんでした。でも今考えてみると、エサをイカの切り身にしないで、せめて1匹丸付けにしとけば良かったかなあ。

イシダイの最大はカンちゃんが釣った46cm。超大物は出なかったようで、磯釣り師あこがれの男女群島と言えども、このシーズンは大物が出ないようです。
でも参加者全員がボウズでなく、イシダイ、イシガキダイを釣っていたのは、さすが男女群島というべきことでしょうか。

この日は、午後7時過ぎには夢の中。揺れる船が揺りかごとなり、翌日の午前5時まで寝てしまいました。男女群島まで来て、寝過ぎじゃあ。

12月 1, 2009 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

海は、我が家の生け簀

Cimg2321昨日、冷蔵庫を覗くと、明日の朝の魚が無い。私は、毎朝、釣った魚の塩焼きを、定番に。だから、冷凍庫に小分けして入れている魚を、その都度冷蔵庫に移して食べています。こ の日も冷凍庫には、脂ののったグレ、イサキが入っているが、この際、新鮮な魚が食いたい。で、釣りに行くことに。ゴカイを買って、近くの釣り場に。
1時間足らずで、写真の釣果。13~18cmのメバル5匹。これだけあれば、朝食としては3日分はある。これ以上釣っても、また冷凍しないといけない。
釣りに来ればいつでも、釣れるのだから・・・。ふふふ、この余裕。近くの海は、「我が家の生け簀」状態。四国って、良いところでしょ。

Cimg2322で、早速塩焼き用に、おろしました。おろすと言っても、ウロコと内臓を取って、切れ目を 入れて塩をパラパラと振るだけのこと。ほんの10分もあれば、できます。

実を言うと、本当はセイゴが釣りたかった。でも、来るものは拒まず。メバルが5匹釣れてしまったので、釣りを止めました。セイゴのアタリもあったのだが、空振りばかり。このままセイゴを、狙い続けていたら、メバルがどんどん、どんどん、いくらでもどんどん、釣れて、処理に困ります。で、ここで止めました。

ふふふ。ぜいたくと言えば、ぜいたく。これも、私の確かなウデがあるからです。誰でもが、こうはいきません。そうです。「小物限定釣り名人」だから、できることです。放っておいてください。そのうち、大物を釣ってお見せするプランが、着々とすすんでいます。あくまでも、「プラン」なんだが・・・。

7月 5, 2006 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

ボウズのときもあるから、釣りはおもしろい。ふーっ。

お盆明けのきょう、呪縛から晴れていつもの高松漁港へ。だが、全然アタリがなくて、1時間半で納棺、いや納竿。で、写真がないので、今の気分を表している写真をつけます。

CIMG0143

狙いは少なくとも、40cm以上のセイゴ。ところがどっこい、アタリが全然ない。1時間後にやっと釣れたのは、40cmなんて「夢のまた夢のまた夢のまた・・・夢」サイズの12cmのセイゴ。アタリがあったので、あわせたのだが、全く引かない。スカを食らったと思ったのだが、エサの確認のため仕掛けを上げたら、魚がついていたという情けない状態。ま、こんなときもあるさ。ふふっ。30分後に、同サイズ。やになっちゃう。

「ボウズのときがあるから、釣れたときがもつと楽しくなる。ふーっ。」
「魚をおろす手間がなくてええわ。ふーっ。」
「釣ってきても、冷凍庫がいっぱいで、もう入らん。釣らんでよかった。ふーっ・」
「釣り名人は釣れないときの理由が分かるというが、さっぱり分からん。ふーっ。」
「それにしても、この暑さ。夜中だというのに、汗がにじみ出てきて、アタリがないみじめさを何百倍にもふくらませる。ふーっ」

でも、釣りから帰ってきたら、「山ノ神」が、「メールが来ていた」とのこと。見ると、初めてのトラックバックの申し出。几帳面な人はやることはやってるんだと、ちょっと反省。もちろん、わたしも望むところなのでお受けするが、初めてなので、トラックバックの仕方をこれから勉強しないと。ふーっ。

しばらくして、同じクラブの野上さんから電話。飲み会が終わったらしい。飲み会がなければ一緒に釣りをする予定だった。まだ釣りをしているのなら、見に来るという。ふーっ。

8月 17, 2005 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

8月12日はお盆じゃないので、釣りしました

「お盆に釣りしちゃあバチが当たる」とだれが言い始めたのか知らないけれど、世間一般では、そうなっている。で、お盆とは、何日から何日までか。これを調べると、13日から16日、地域によっては15日までとある。ということは、この土、日は釣りに行ってはいけないってことになる。少々あせる。急遽、とりあえず12日の今日、先週買ったエサの残りをにぎりしめて、釣りに行きました。

CIMG0762 今日の釣果。1時間半で、リリースも含めて、セイゴ4匹、チヌ1匹、メバル6匹、カサゴ1匹。

お盆には、釜の口が開くから殺生すると放りこまれるだの、お先祖さんにお参りするのに、殺生はあかんやろとか、言われる。
実を言うと、2~3年前、親父の法事に来てくれたお坊さんに、
「お盆には、なぜ釣りをしてはいけないのか」
をたずねました。すると、あっさり
「そんなことは、なんにもない。どうぞお盆でも釣りしてください」
とのこと。家族みんながいる前でのご発言だったので、あっさり解決でした。
とは言っても、世間の目ってものがある。釣りに出かけるときに近所の人に会うと、そのたびに「お盆でも釣をしてもいいと、お坊さんが言いました」と言い訳しないといけない。これも面倒くさいので、とりあえず、お盆の日は、釣りをしないことにしているだけ。

今日の仕掛け。
7.5mのメバル竿での脈釣り。3本バリの一番下が根がかりで欠けていたので、2本バリで。

8月 12, 2005 波止釣り, 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 1日 (月)

またも、セイゴに振られる

昨日の夜、「大山ノ神」が寝たあと、高松漁港にセイゴ狙いに行きました。CIMG0701写真は、今回も私に望まれたわけではないのに、仕方なく釣られてしまった、かわいそうな16~19cmのメバル7匹。

昨日は、「大山ノ神」のご要望で再度、コチとキス釣りの予定でした。前回釣ったコチのてんぷらが大変お気に入りで、パクパクと10匹近くも食べてしまいました。再度釣りに行きたいという強いご希望がありましたが、朝から雨なので、急遽、屋島山上の水族館に変更。巨大なピラルクーに目をまん丸にするなど、大変お気に入りでしたが、雨がやんだら行くつもりの釣りには、行けずじまい。

前回釣ったセイゴ、メバルは、冷凍庫がいっぱいで、他家にもらわれていき、食べられずじまい。で、セイゴの塩焼きを食べたい一心で、再度出かけました。2時間ねばったが、久しぶりに降った雨のせいか、アタリが、ほとんどない。仕方なく仕掛けを底に着けて、メバルを7匹釣って、引き上げました。ざんねーん、メバル切りー。

これを読んでくれている釣友から、「使った仕掛けぐらい書け」と言われました。今日の仕掛け 7.5mのメバル竿で、カミツブシ1個、3本バリの脈釣り

8月 1, 2005 波止釣り, 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

苦心のセイゴ1匹

昨日の満潮時刻は、夜の12時を過ぎていました。潮が低いときは釣れないので、眠たいのを我慢して、10時より高松漁港近くに出かける。今日はセイゴ狙いと、決めていました。セイゴはメバルと違って、中層を探らないといけない。アタリはショッチュウあるのに、合わない。釣り始めて1時間半、やっと26cmが釣れたので、納竿とした。

CIMG0629 写真は、こちらが望んで釣れたセイゴと、こちらが望んでいないのに、釣れてしまった、かわいそうなメバル6匹。望むものはそうそう簡単には、手に入れられないというのは、人生を感じる。「釣りは人生修行である」 単に遊びで釣りをしているわけではない。ウォッホン。

7月 23, 2005 波止釣り, 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

メバルなぎで、メバル入れ食い

7月16日の夕方は、まさに「メバルなぎ」。こんな好条件なのに高松漁港近くのマイポイントには、だれも来ていない。釣れていないのかなと思ったが、暗くなるにつれ、まさに入れ食い状態。家を出てから、家に帰るまで1時間半。実質釣っていた時間は1時間ちょっとで、写真の釣果。やっぱり「ウデ」は隠せません。自分で誇示するつもりは、さらさらないのに、出てしまう。

CIMG0510 写真の釣果。ウミタナゴは22cm。その下のメバル23cm。左から2列目は18cm~20cm。釣れたのは、写真に写ってないのもあって、全部でウミタナゴ1匹、メバル17匹。
これ以上釣っても、食べきれん。

7月 16, 2005 波止釣り, 脈釣り | | コメント (0) | トラックバック (0)