2018年10月 8日 (月)

クラブの魚拓紙をイノちゃんに

Limg_0922
我が家に高松黒潮クラブ所有の魚拓紙があることに気がついて、猪子さんに電話。外出中ということで、帰宅する途中で寄ってくれました。

魚拓紙は結構な値段です。四国磯連に提出するときのものです。私が預かっていたものと、釣り大会でわたしが入賞したときにもらったものも寄付しました。ふふ。

わがクラブでは、魚拓にするような魚はなかなか釣れないので、なかなかなくなりません。頑張ってください。

10月 8, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

オカテッチャンとお茶

Limg_0914

オカテッチャンから「お茶しよう」の電話。

とりあえずはイカ釣りの話。「10月下旬には徳島南部か、愛媛県宇和島市南部に行くつもり」とのこと。うらやましいわい。会った日が雨の日だったので、「こんなシトシトと降る雨が、イカ釣りにはええんじゃあ」。

イカの話がひとしきり終わると、スマホの話。高松黒潮クラブのラインに入れと盛んに勧めます。ところが、オカテッチャンもその設定方法が分からないので、他人にやってもらったとのこと。なので、それから先に進みません。ふふ。

1時間話したら、業者と会う約束があると言います。テナントビルを3つ持っているので、そのメンテで忙しいらしい。

10月 7, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

ルアー用品を譲渡

Limg_0837
しばらくは釣りに行けそうにないので、釣具をどんどん譲っています。イシダイ竿とリール、イシダイ釣り道具一式は香川県磯釣り連盟会長の古川さんに譲りました。

その後、整理していると磯からの大物釣り用ルアー竿とリールが出てきたので、これも古川さんに譲ることにして取りに来てもらいました。

この竿とリール、実は私が持っている竿、リールの中で、両方とも最も高価だったものです。自分の退職祝いとして奮発して買ったもの。しかし、磯で2回しか使っていません。使う人がもらってくれたらうれしい。ふふ。

古川さんは、70人以上の子供たちが2泊3日の合宿活動の中で、釣りをさせてほとんどの子供が魚を釣ったとうれしそうです。これらの子供は、おおきくなっても釣りの楽しさをきっと忘れないと思います。いい活動です。

10月 1, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

秋ヤンのブログが変更

Zca8bnqets
九絵勇心会会長の秋ヤンのブログが変更していました。7月末以降、全く更新しないので、体の調子が悪いのかと勝手に心配していたら、元気。心配して損した。ふふ。

秋ヤンのブログ「九絵勇心会ブログ」は、私のこのブログの名人リンクをしていたが、新しいリンクをしました。名前は「九絵勇心会(新」)としていて、以前のブログのリンクも残しています。多くのクエの写真が見れるので。

折角新しいブログにリンクしたので、暇なら覗いてみてください。暇でなかったら、勝手にしてください。

新しいブログは
 http://yusinkai.livedoor.blog/

9月 29, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

ヨッさん、オカテッチャンと・・・

Mimg_0753

「シッチャカメッチャカのアオリイカ釣行記」が出来たので、オカテッチャン、ヨッさんとお茶をして、そのときに渡しました。予想通り、すごく喜んでくれたようです。ふふ。

オカテッチャンは、「家宝に指定する」とまで言います。「かほうに」をワープロ変換したら、「下方に」と出てきて笑っちゃいました。こっちのほうが正しいかも・・・。

本は、他のクラブ員にも例会のときに渡してくれるようにお願いしました。

ヨッさんは、御五神に娘婿とイサキ釣りに行ったらしく、渡船のホームページに掲載されている娘婿の釣果写真を観ました。ヨッさんは釣れなかったらしく、それには理由があるのだが、ここには書かないことにしました。ま、プライバシーってことですか。気になるでしょ。ふふ。

娘婿の釣果には、40センチ級も釣れていてなかなか立派です。ヨッさんの目的は達したようです。

9月 3, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

来訪者オカテッちゃん

Nimg_0732

オカテッちゃんから電話がかかってきて、「家の前にいる」。何事かと思ったら、イカの写真を見せに来たのだと言う。その写真が、手に持っているもの。

オス同士が戦っているのだが、「これは美しい」を連呼。美的感覚のない私は、何がいいのかよく分かりません。ふふ。ま、美しく撮れていることは間違いない。

高知県西部にある「黒潮実感センター」が行っているイカの産卵場所設置への寄付を毎年していて、送ってきたのだと言います。

昨日、アオリイカの本を出版するつもりだと書いたので、「その本に、この写真を使え」とのことらしい。さてさて・・・。

8月 19, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

古川さんから自慢

Odscpdc_0001_burst20180520172733094
香川磯連会長の古川さんから写真が届きました。これが50センチのイシダイで自慢なんです。

これだけだと、イシダイ釣り師から「50センチで自慢するな」といわれそうなので、彼のために言います。自慢したいのは上物釣りのハリス2号で釣ったことを自慢しています。ふふ。

四国磯連の大会の5月20日に、武者泊で釣ったと言います。竿は当然上物竿で1.75号、道糸2号。ま、自慢したくなりますわなあ。

7月 15, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

今年の香川ギネスの発行は・・・

Ucimg3704

Ufcimg0208

今年の香川釣り協の総代会に向けての打ち合わせがありました。参加者は青木会長を入れて5人。会計の藤森さんは、早く抜けたので、写真を撮れず、別枠で載せました。ふふ。

今年の最大の議題は、香川ギネスを発行するかどうかです。昨年、香川ギネスへの申請は、カンパチとコクチバスの2件しかありませんでした。近年にない寂しさです。

そこで、今年は発行せず、来年に今年分も含めて発行することになりました。昨年新記録を出した人には申し訳ありませんが、釣り協は貧乏団体のため、2件だけのために作成する費用を考えると、やむをえない処置と・・・。

2月 21, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

新年総会にて

Wcimg1183
香川磯連の新年総会で横に座ったのが、古川会長。私はまだ初釣りが出来ていないが、彼は既に宇和海で3回釣りに行ったという。寒さにかまけて行けない理由にしていたことが恥ずかしいわ。

彼は武者泊の磯で90センチ級のヒラスズキを釣ったけど、ちゃんと測らないし、写真も撮らないまま食べてしまったと言う。私には考えられませんわ。ふふ。

50センチチヌの詳しいポイントも教えてもらったので、今年行くつもりです。以前、聞いていったところが少しずれていたことが分かった。

Wcimg1186
今年のイシダイ年間大物賞をとった秋ヤンは、クラブ員が四国全域になって25人もいると、スマホでその会員名簿を見せてくれました。懇親会を開催するにしても大変だと思います。

1月 31, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

平成30年の香川磯連新年総会

Wcimg1172
Wcimg1174
昨日の日曜日は、香川磯連の新年会でした。会場は高松市南の山の中腹にある高松美山ホテル。ここの主人も香川磯連の会員なので、安くて極旨なのです。

Wcimg1175
この日の料理は、すきやき、刺身、寿司、うどんなどがたくさん。そのどれもがホントに旨い。いつもは刺身を食べない私だが、ここの刺身だけはつい手が出ます。ふふ。

参加者の29人。高松黒潮クラブからは5人の参加。クラブとしては多い。磯連全体としては130人の会員数があるが、毎年減少しているのが現状。

Wcimg1184
三宅国会議員や綾田香川県議会議員も来てくれました。国会議員は平成の次の元号を「和平」がいいと言っていたが、どうなんでしょうか。綾田議員からは、「賞品を出すから、今年は親睦釣り大会をしよう」と言ってくれました。

つづく・・・。

Wcimg1169
壁には、今年釣った大物魚拓が並んでいますが、当然私の魚拓はありません。頑張れなかったから、しゃーない。

Wcimg1180
そして、釣り大会の成績などでのポイント加算で、20ポイントになったら授与される名人位に、チームグレートヨーヘンの秋山会長が9人目の名人となりました。うらやましい。

1月 29, 2018 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

今週の日曜日は四国磯連の大会

Ztaifu2910
今週の日曜日は、四国磯連の大会日です。私も参加予定ですが、ずーーっと雨の天気予報。雨では行く気がせんなあ、と年寄りの気持ちでいると、天の神様が降臨。

台風の接近です。これで愛媛県、高知県などの四国に、強風注意報、波浪注意報が大会前日の土曜日の午後7時に発令されていると、大会は中止になって1ヶ月間に釣った魚拓で審査することになります。

すると、天気がいい日を選んで釣りにいくことができます。このため、最近は天気予報で波浪注意報が発令されているかチェックする毎日です。ふふ。

つづく・・・。

冒頭の天気予報図は土曜日の波の状況予報。現在も高知県には波浪注意報が出ています。この調子だと大会は中止になる、いや、なって欲しいと思います。

若いときは天候が悪いと釣り人が少ないので、磯が空いていると喜んだときもあったが、最近はこのていたらくです。ふふ。

10月 19, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

70センチ越えのマダイ

Ocimg0764
9日、イノちゃんから電話。「家にいるんやったら、大きな魚が釣れたんで、写真を撮って欲しい」とのこと。こんな依頼は珍しい。乗合船でタイラバ釣りに行ったらしい。

Ocimg0767
早速サイズ計測。73.7センチ。それに60センチくらいのも釣れています。ほかにも40センチ。乗合船には他に客がひとりで、この客と船頭もボウズ。ひとりで気を吐いたらしい。

釣り方はタイラバ。それも本格的にしたのは初めてということで、ビギナーズラックと謙遜しています。ふふ。この魚の写真は、四国新聞の「釣ったゾ!」に投稿しました。

つづく・・・。

Ocimg0768
そして、私には40センチをくれました。これくらいのサイズがおいしいし、なにより魚をおろすのが大きいと大変です。新鮮なので、ウロコを取るのが簡単でした。ちょっとでも時間を置くとウロコが身にへばりついてなかなか取れないのです。

2枚におろして、半分は翌日の夕食用の煮付けに、残りの半分は私の朝食用の塩焼きにすることにして、冷凍庫に入れました。

10月 14, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

たくさんのアユをいただきました

Pcimg0735
赤澤名工がアユを持って来てくれました。釣友が徳島県の川で釣ってきたのだと言います。この時期なので、落ちアユで、婚姻色が出ています。

サイズは平均は20センチだけど、最も大きいのは23センチと立派です。全部で12匹。

多いので、近所にいる石塚さんにおすそ分けしようと電話をすると、高松市沖の女木(めぎ)島で「木っ葉グレを入れ食いしている」とのこと。じゃあ、アユは要らないはず。

つづく・・・。

そこで全部私が朝食に食べることにして、4匹ずつに分けて冷凍庫に入れました。もって来たときにはすでに少し塩をして冷蔵庫の中で乾燥していたと言うので、そのまま冷凍庫です。

現在、朝食用の魚が冷蔵庫に入っているので、アユは全部を冷凍庫に入れ、今の魚を食べ終わったら順次食べるつもり。アユを食べるのは久しぶりなので楽しみです。

10月 12, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

馬屋原さんを悼む

Vcimg3581
昨日、「関西のつり」の前編集長の池田さんより、元編集長だった馬屋原さんが亡くなったとの知らせがありました。馬屋原さんは退職後、大阪から奄美大島に移住し、農業をしながら釣り三昧。

先月末に、夕涼みをしているときに知人に刺されて死亡したとのこと。ネットで調べると、犯人は「だれでもよかった」。馬屋原さんは恨みをかうような人でない。こんなことで亡くなるなんて、ただただ無念としかいいようがありません。まだ67歳。

奄美を終の棲家として、これからもっともっと奥さんともども楽しんで行くはずだった。

写真(右)は馬屋原さんが「関西のつり」の編集長時代に高松に遊びに来たときのもの。この笑顔が忘れられません。写真左は、当時「関西のつり」に投稿していた松原さん。同じクラブから私と二人が大阪の釣り雑誌に投稿していたのです。

つづく・・・。く・・・。

馬屋原さんが私の文章を気に入ってくれて、「関西のつり」に連載をはじめることになったのが、私の釣り人生の現在をかたちどっています。

この投稿をきっかけに現在の高松黒潮クラブに入り、その後多くの釣り人との交流ができました。すべて、馬屋原さんが私の文章の連載を始めてくれたお陰です。この投稿は30年近く続きました。

ただ、残念です。

9月 5, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

古川さんがギネス申請用の写真を持ってきた

Wcimg0521
昨日、香川磯釣り連盟会長の古川さんが香川の大物ギネスに申請用の写真をUSBに入れて持って来てくれました。カンパチの超大物が釣れた写真です。古川さんが釣ったのではない。

電話で「写真を持って行く」と言われたので、郵送でいいよと言ったのに、「持って行く」といいはります。高速代やガソリン代を考えたら、絶対に郵送するほうが得です。

学校の先生をしていた人が、そんなことも分からないはずはないはず。ふふ。それでも持ってくるというのは、よっぽど私に会いたいのかと思いましたわ。

つづく・・・。

データが入ったUSBを私に渡しながら、「小松島市の釣り具店までエサ箱を買いに行った」。体につける小さな刺しエサ用のエサ箱を見せてくれました。香川県内の釣具屋には置いていないとのこと。

徳島県の小松島市までわざわざエサ箱を買いにいったのには驚き。シンジラレナーイ。そのついでに我が家に寄ってくれたらしい。

Zimg_11
持ってきてくれたUSBの中を見ると、申請用のカンパチの写真以外に1枚だけ古川さんがイカを抱えた写真がありました。ま、たまたまだと思うが、このイカを私に見せたかったのかも・・・。ふふ。

8月 16, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

ビアガーデンでの集合写真

Zbeerimg_5393m
この前の日曜日に、釣りクラブのビアガーデンがありました。そのときの集合写真を、猪子さんにメールで送ってもらいました。ビアガーデンで飲む前に撮りました。

この場所は丸亀町商店街にある3階分が吹き抜けになっている珍しいアーケード街の西館4階にあるビアガーデンです。ビルの屋上とは思えない芝生が広がっています。

ビアガーデンは屋外で飲むことも出来るが、写真でチラッと左側に写っている建物が屋内のビアガーデンになっていて、大きなガラスで屋外を眺めることが出来、屋内なのでクーラーも効いています。私達はもちろん屋内を予約していていました。ふふ。

つづく・・・。

Zbeerimg_5391s
集合写真は、今年が高松黒潮クラブ結成の45周年に当たるので、その記念誌に掲載するための写真です。冒頭の写真には家族も入っていて、別にクラブ員だけの写真も撮っています。どちらの写真を記念誌に使うかは猪子さん次第。ふふ。

クラブが結成した45年前といえば、私が27歳で釣りをし始めた年です。近場で小物を釣っていて楽しかったが、もしこの時期にクラブに加入していたら、もっと大物がたくさん釣れていたはずです。
ただ、私がクラブ加入前に開発した釣り場や船頭は、現在大きな財産になっているので、あながちどちらがいいとは言えません。ふふ。

8月 10, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

29年7月の黒潮クラブ飲み会

Ycimg0412 Ycimg0414_2
昨日は、第1木曜日なので、高松黒潮クラブの例会という名前の飲み会です。ふふ。今回集まったのは最長齢のヨッさんを始めとして8人でした。場所は割烹「川照」。ここの料理は何でも旨いが、この日はカンパチの刺身とアラ煮が特に旨い。

6月の始めに脈釣りをしてメバルを釣ったが、イノちゃんからその詳しい場所を教えてくれと言うメールが入りました。イノちゃんが脈釣りをするということを聞いたことがないので、誰か友人に聞かれたと思っていました。

ところがイノちゃん本人がその場所で釣りをしたらしい。水深がない場所なので潮が高いときでないといけないと教えていたので、潮が高い午前3時に行ったらしい。ふふ。メバルは釣れなかったが、エイが掛って強い引きを存分に楽しんだとのこと。

そのイノちゃんがおいしい魚としてアカイサキをあげたが、実際に釣った人がいません。そこで宝山さんがネットで魚類図鑑を検索して見せてくれます。

つづく・・・。

イサキがよく釣れる時期になったということで、ヨッさんが徳島県牟岐の船頭の電話番号を三好さんに教えてもらっています。その番号に早速電話していたので予定が決まったのかと思ったら、電話が繋がったら「間違いました」と切りました。「予定も何も決まっていないのに、つい電話をしてしまった」と、認知症みたいな発言に全員が大笑い。

今回は大きな収穫がありました。デザイナーのイノちゃんが使っている無料写真のサイトを教えてもらったこと。これからは、今後自費出版予定の「四国の中の世界一・日本一」の写真もわざわざ自分で取りに行かなくても良くなるかもしれません。

7月 7, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

大きなアジをいただきました

Ecimg0222
赤澤名工に玉網を修理してもらったとき、彼が前日に徳島県南部の船釣りで釣ってきたというアジをくれました。無茶苦茶釣れたらしい。もらったのは8匹。どれも大アジです。

Ecimg0224
我が家ではそんなに食べられないので、近くの石塚さんにもって行きました。赤澤名工からも、そうするようにといわれています。ふふ。

ただ、赤澤名工から「味はもうひとつ。煮付けにしても、塩焼きにしてもあまり旨くない」と言われています。大アジだけに大味ということでしょうか。ふふ。

つづく・・・。

Ecimg0225
石塚さんに半分の4匹を渡そうとしたが、3匹でいいと・・・。そこで我が家には大きいのは丁度40センチから小さくても30センチを超えたのが全部で5匹。

とりあえず頭を落として内臓を出して、1匹ずつパックに入れて冷凍庫に入れました。

5月 26, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

香川県釣り協の総代会での情報

Ncimg9953香川県釣り協の総代会はもちろん懇親会付きです。ここではいろんな刺激的で楽しい釣り情報を得ることが出来ます。

香川磯連会長の古川さん(写真左)は会うなり2.7キロのイカの写真を見せられました。3週間前に釣ったとのこと。もちろん場所も教えてくれました。ふふ。

今年から香川釣協に加わった香川釣連合会の岸田会長(写真右)からは、小豆島に来れば50センチ以上のチヌが50メートル投げれば結構釣れる場所があると言う情報。岸田さんは小豆島サーフの会長です。

つづく・・・。

Ncimg9955瀬戸内遊漁船釣り団体協議会会長の福本さん(写真左)は渡船の船長なので、最近のチヌ状況を聞くと、今年は例年に比べて遅れていて、まだ全く釣れていないとのこと。青井さん(写真右)は私が福本さんの渡船に乗ったとき竿を持っていくのを忘れたことを覚えていて、「竿を忘れたらあかんで」。

グレートヨーヘンの前川さんからは、高知県の人が5.3キロのアオリイカを釣ったという情報。写真を見せてもらったが、胴長が60センチ弱、全長が1メートル越えと巨大。
本人は今年宮古島でバンバン釣って香川ギネスの多魚種更新を狙っているとのこと。頑張ってください。

4月 23, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

香川釣り協の総代会

Ncimg9949Ncimg9950_2昨日の21日、香川県釣り団体協議会の総代会がありました。場所はいつもの高松美山ホテル。総代会は今回で33回目になります。ということは創立33年になるということです。

今回の参加者は18名。昨年の事業報告、決算報告に続いて、今年の事業計画、収支予算が審議。もちろん満場一致で賛成議決です。

今年から新たに始めることとしては、香川県釣連合会が新たに加わったこと。そして、地元地方紙の四国新聞の釣り情報欄に、当団体が協力して新たな紙面づくりになること。私が書く随筆と、釣果写真の掲載です。

つづく・・・。

Ncimg9954また、香川の大物釣魚ギネスの発行も、今年は少し遅れていますが、今後進めていく予定です。当然デザインはイノちゃんにお願いしました。

今年ギネスの発行が遅れているのは、今年から加わることになった香川県釣連合会の団体紹介文章を掲載するために、今回の総代会で香川県釣連合会の参加承認決定を待っていました。

4月 22, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

内藤さんから男女群島報告

Zp1000590s金沢市在住の内藤さんから男女群島釣行報告が届きました。内藤さんは相変わらず元気なようです。

メールによれば、14日金曜日に長崎県平戸を出て、15日から16日の午前10までの釣り。15日はイシダイ1匹目を血抜き後滑って海に落とし、新調した竿を折ったりしてのトラブル続き。

16日最終日の納竿30分前に今回釣行最大の49センチのイシダイを釣り上げたとのこと。

つづき・・・。

添付で届いた写真を見ると、イシダイ2匹、イシガキダイ3匹のほか高級魚のアカハタも釣れているようです。これでよかったと見るか、悪かったと見るかは人それぞれ。

最近の私は男女群島にはいけそうにありません。人の釣果だけど写真を見ているとワクワクします。

4月 21, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

香川釣り団体協議会に新加入の申し込み

Rcimg9861香川の大物釣魚ギネスの発行管理をしている香川県釣り団体協議会は現在、香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣り連盟、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会の4団体で構成しています。

先日、この団体とは別に活動している香川県釣り連合会から、加入の申し込みがありました。そこで協議会会長の青木さんと私とでお会いして意思確認をさせていただきました。

写真の右から香川県釣り連合会副会長の近石さん、同会長の岸田さん、同会事務局の森さん、そして現在の香川県釣り団体協議会会長の青木さんです。

つづく・・・。

香川県釣り連合会は以前釣り協議会に加入していたが、8年ほど前に脱退していて、再加入の申し込みです。今年の釣り協議会の総会が4月下旬にあるので、そこでの討議で検討することになりました。

私としては釣り連合会が加入してくれることは、釣り人の総結集になりいいことなので、是非とも加入して欲しいと思っていました。なお、釣り連合会は現在3クラブ、部員数は29名だそうです。

3月 27, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

古川さんのボランタリー活動

Ycimg9662古川さんがアオリイカ2匹を持ってきてくれたとき、車のトランクに短く切られた大量の細い竹を積んでいます。50本あるのだと言います。

Ycimg9662a「何に使うのか」と聞くと、子供が穴釣りに使うための釣り具と言います。たしかに、全ての竿に仕掛けが一つ一つ付いています。

よくは分からないが、彼は小学校の教職を退職した後、第二の職場として子供たちを指導しているらしい。この釣り竿50個もこれから屋島にある施設に持っていくのだといいます。

つづく・・・。

屋島の海岸で仕掛けを垂らしてみたら、小魚が簡単に釣れたらしく、その楽しさを子供たちに伝えるために作ったのだと言います。子供の時に釣りの楽しさの思い出作りができれば、大人になってから釣りを趣味にする確率が高いといわれています。

私が驚いたのは、この竹を切るためにわざわざ愛媛県宇和島市に取りに行ったのだという。当然、彼にとってはイカ釣に行くついでだろうが、その行動に頭が下がります。

1月 8, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

内藤さんから再び男女群島便り

Ztch4j1tos石川県金沢市在住の内藤さんから、再び「男女群島に行った」の電話。今回は前回よりもたくさん釣れたらしい。55cmのイシダイを始め、イシガキダイの他アカハタも。

Zhrhp62fns写真はもう1枚送ってくれていて、こちらはハリセンボン。ま、こういう写真を送ってくるということは余裕の報告ということなんでしょうなあ。ふふ。

今回の釣行は船中泊2、磯泊1の2泊3日と、前回より1日多い釣行とのこと。狙いのクエは釣れなかったが、イシダイがたくさん釣れてご満足。

つづく・・・。

ハリセンボンの写真より男女群島の磯風景の写真が欲しかった。ここの磯は四国の磯に比べて雄大なところが多い。高知県や宇和海の磯も雄大だが、男女群島の磯はスケールが大きい。

是非次回の報告には磯風景の写真を何枚か送ってください。お願いしますよ。

12月 26, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

アジ6匹をいただきました

Icimg9569昨日の夕方、近くにいる石塚さんから電話で、「アジがいるか」とのこと。ホームグラウンドの女木島に行っていたと言います。「いる」といったら持って来てくれました。

「2匹でいい」と言っていたのに6匹。サイズは岸からの釣果としては20センチ超えの良型です。アオリイカに使う餌としてはヨッさんが喜ぶサイズです。すべて、頭を落として内蔵も取ってくれています。ありがたい。

アジが1匹釣れたのでサビキ仕掛けにすると、入れ食いになったらしい。最も多いときは6本バリに5匹。そりゃあ、嫌になるほど釣れるはず。

つづく・・・。

この日の夕食は「山の神」が既に献立を考えていて、肉を冷凍庫から出して解凍中。なので、もらったアジは翌日の夕食のおかずにすることにしました。

先日、赤澤名工からもらったアジは脂が乗っていて超うまかった。そのことを意識してか、石塚さんからは「味はわからない」とのこと。ふふ。

12月 4, 2016 釣友 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

グレをいただきました

Ncimg9450昨日の昼過ぎ、石塚さんから電話。「グレをいらんか」とのこと。「いる」と言ったら、持ってきてくれました。

27センチ級を3匹と23センチを1匹の4匹。全て、ウロコを落としていて、ハラワタものけてくれています。これは助かります。

現在、香川県内の島々では「せとうち国際芸術祭」が開催されていて、その中の一つ女木島(めぎじま)で釣りをしてきたと言う。彼のホームグランドの島です。芸術祭の人出で船は満杯だったとのこと。

つづく・・・。

彼が持ってきてくれた時に、「このグレはうまいんじゃあ」を強調します。ま、そこそこおいしいんだろうなとは思いましたが、この時期のグレなので、そんなにおいしいとは思えません。ふふ。

Ncimg9452もらった魚を2枚におろそうと握ったとき、すべっておとします。それが何度もです。それでやっと、これは脂が乗っていると気がつきました。絶対においしいはずだと確信しました。

以前、3月に宇和海でグレを釣ったとき、何度も滑って魚を持つことができなかったが、このときのグレが超美味だったことを思い出しました。

11月 6, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

香川釣協の総会で賞品配分

Kcimg3830香川県釣り団体協議会の総会のとき、ダイワさんからもらった賞品などを磯、サーフ、バスの3団体に配分しました。事前に私が勝手に分けていたので、スムーズにいきました。ふふ。

そして賞品を前にして全員で記念撮影。ダイワさんに報告資料の一部にするためです。今年も賞品の要請をするつもりなので、こういうことが必要です。

これらの品は団体の大会で賞品として使われるので、その大会の写真も入手するつもりです。

つづく・・・。

Kcimg3833仕事のためちょっと遅れた来たバス連の村橋さんは集合写真に入っていないので、個別に写真撮影をして賞品を手渡しました。

バス連は若い人が多いので、会員人数を維持していて、減少傾向が続いている磯団体、サーフ団体にはうらやましいことになっています。

4月 23, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

香川釣り協の平成28年総会

Kcimg3840_2Kcimg3838昨日、香川県釣り団体協議会の総会がありました。香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川バス連、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会のメンバーが集合です。

活動としては、サンポートの釣り大会がないので、「香川の大物釣魚ギネス」の発行と配布が主たるものになっています。今年から、これまでの釣具店配布を少し抑えて、釣り協議会の会員が釣り場で直接釣り人に配っていくことになりました。

また、釣りに興味があって店を開いている人に、店頭に置いてもらう努力をしていくことにもなりました。こちらのほうが釣具店配布より、効果が大きいということ。

つづく・・・。

また、今年から釣り団体協議会として釣り団体交流のための船釣り遊びをすることになりました。大会ではなくて、4団体が一緒に楽しく釣りをするだけの行事です。

具体的にはこれからの話ですが、9月ごろにおいしいアジが特製のサビキ仕掛けでたくさん釣れると遊漁船協会から提案があり、その方向で検討することになりました。

Kcimg3835Kcimg3836Kcimg3841宴会場はいつもの高松美山ホテルなので、豪華です。サワラとフグの刺身、肉とフグの鍋、ステーキ、巻き寿司、そしてシメは当然の讃岐うどん。ふふ。

私の横にいた古川さんは、またまた新しいヤエンを手作りしてきていてそれを見せてくれました。落としたヤエンがイカに当たると掛けバリが自動的に跳ね上がるようにしています。ふふ。どうなんかなあ。金曜日から宇和海にいくらしいので、結果報告をお願いしました。

4月 22, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

高松黒潮クラブの3月飲み会

Rcimg3609Rcimg3611昨日は、釣りクラブの飲み会でした。久しぶりにヨッさんとオカテッちゃんがクラブ会費を納めるために参加したので大人数になりました。ふふ。

写真の左から宝山さん、菅野さん、斉藤さん、三好さん、私、ヨッさん、オカテッちゃん、イノちゃん。それに店主のイサちゃん。話題は高齢者関連ばかりです。

宝山さんが、「私はまだ74歳」と自慢。それはヨッさんが話した「俺は後期高齢者じゃ」といい、「そろそろ末期高齢者になる」という話で盛り上がりました。メンバーの年齢を考えると笑っておれませんわ。ふふ。

つづく・・・。

私がイノちゃんにお願いして新しく作ったイシダイデザインの名刺を配っていると、横にいたヨッさんが「イカのデザインの名刺がいるやろ」とささやきます。ま、現在の私にはイシダイよりはイカの方があっているかも・・・。

にぎやかに時間が過ぎて行きます。イノちゃんが四国磯連の総会に参加したとき、高知磯連の別役さんから「今度高松黒潮の飲み会に参加したい」と言われたらしい。楽しみです。

Rcimg3616カウンターには小野ちゃんが愛犬ベッキーと来ています。「謹慎中か」と聞くと、「謹慎はしとらん」とのこと。ふふ。

3月 4, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

四国磯連報告平成28年2月

Ucimg3508_2Ucimg3509昨日の日曜日、四国磯連の役員会がいつもの場所の三好市池田で12時からありました。参加者は四国全体から26人。

事業報告、事業計画、会計報告、予算は例年通りなので、ここでの記載は省略。変わっていることと言えば、平成28年の第1回常任理事会は4月3日に武者泊での釣り大会を兼ねて開催することになりました。

予算について言えば、平成28年の会員数が27年に比べて50名以上の減少になっています。残念だが、減少傾向に歯止めが掛かりません。

つづく・・・。

平成27年の年間大物賞が決定しました。

イシダイの部 田原誠さん(愛媛)と和渕誉貴さん(徳島)73.0センチで同寸1位、井津禎文さん(高知)と小田智章さん(香川)が69.2センチで同寸3位。

グレの部は55センチ以上の申請がなし

マダイの部は1位上村恭弘さん(愛媛)の87.9センチ

イサキ・アイゴの部は1位松岡孝さん(愛媛)48.4センチ、2位大河正和さん(香川)46.7センチ

ヒラマサ・ブリの部 1位清水岩男さん(愛媛)94.2センチ、2位鎌田初雄さん(愛媛)92.4センチ

チヌの部 1位 松岡孝さん(愛媛)57.8センチ、2位菅野康志さん(愛媛)57.7センチ、3位氏師敏夫さん(徳島)56.0センチ

クエの部 1位川田洋一さん145.8センチ、2位秋山登さん123.6センチ

なお、クエの部1位の145.8センチは四国磯連の記録更新なので、1位の賞とは別に記録更新認定証が授与されることになりました。

2月 8, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

香川磯連総会で・・・

Wcimg3428香川磯連の総会は多くのクラブから参加するので、1年に一度だけ会う人も結構いて楽しい。だが、たいてい横の席に座る人は知っている人が多い。ふふ。

この日私の右横に座ったのは、藤森さん。宴たけなわになった頃、藤森さんが私の高松黒潮クラブの飲み会に参加したいと言っています。「なんで、またあ」というと、「以前から言っているのに相手にしてくれん」とのこと。ふふ。

そして、この4日の割烹「友釣」でのクラブ飲み会に参加するとのこと。そして、私の前に座っていた香川磯連事務局長の秋和さんにも「参加しようよ」と誘っています。

Wcimg3437Wcimg3436どうしてこれほどの気持ちになったのかを聞くと、「このブログを見ていると楽しそうだから・・・」とのこと。ふふふのふ、です。

つづく・・・。

私の左横には香川磯連会長の古川さん。7日に予定されている四国磯連の役員会の後、そのまま宇和海に走ってイカを釣りに行くと言います。

そこで、釣果を電話で知らせるようにお願いしました。古川さんは別の新しい仕掛けを作ったと自慢していたので、その結果も知りたい。ふふ。

2月 2, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

香川磯連報告 平成28年NO2

Wcimg3441香川磯連の新年総会が昨日の午前11時から、高松市の美山ホテルでありました。平成27年の事業報告、決算報告、役員改選、28年事業計画、予算が承認されました。参加人数は28名でした。

Zimg115Zimg116そのうち、役員改選と平成28年の事業計画だけをスキャンしたので、見づらいが興味がある方は見てください。

Wcimg3420正午からはいつものように宴会です。乾杯の音頭は年間イシダイの部で69.2センチを釣って1位になった小田さんです。

つづく・・・。

Wcimg3422Wcimg3423Wcimg3438ここでの宴会の楽しみは豪華なメニューです。その内容は写真を見ての通り、ブタとフグの鍋、ハマチとサケの刺身、ステーキの焼肉などなどです。

Wcimg3435宴会の途中で、昨年に「讃岐磯釣名人」になった多田利行さん、植田正さん、小田智章さん、香川俊雄さんに盾が授与されました。

2月 1, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

香川磯連報告 平成28年NO1

Ycimg3372Ycimg3373昨日の夜、香川磯連の第1回会長会がありました。私は高松黒潮クラブの会長を退いたので、もう出席しないでいいと思っていました。

ところが、2日前に事務局長の秋和さんから電話があって「あんたは会計監査人やから参加せんといかん」。会計監査になっていることをすっかり忘れていました。ふふ。

この日で会長会はいよいよ出席しなくていいと思っていたら、従来秋ヤンがしていた広報委員を来年度から私にせよとのことで、このブログで香川磯連のことを広報することになりました。

なので、この日のタイトルがややか堅苦しいものになっています。今後は香川磯連についてちょっとだけ従来よりも忠実に書いて行くことにします。

このブログの読者にとっては、香川磯連と全く関係がない人がほとんどですが、これを読んでいただけると、近年における磯釣り団体の悩みなどがお分かりいただけるかもしれません。ふふ。

つづく・・・。

この日の議題
①西日本釣り団体協議会の釣り保険について
  会員全員の早急申し込みと、1月20日までに保険金の振込みが必要です

②香川磯連の新年総会
  1月31日(日)に受付開始は午前10時半、午前11時より総会、12時ごろから宴会。
  会場は高松美山ホテル、会費7000円

③役員改選
  高松黒潮クラブ、高松磯釣クラブ、丸亀磯釣クラブの会長交代に伴う変更、がありましたが、基本的には昨年どおり。

④四国磯連常任理事
  クラブの会長変更に伴う常任理事の変更。高松荒磯親和会の和泉さん、高松フィッシングクラブの丸尾さんが追加。

⑤香川磯連の秋季磯釣り大会
  昨年の大会は26人と前年に比べてほぼ半減。渡船場を一つにしての集中方式の大会にするか、好きな磯場で釣りをして審査場に集合するスタイルの分散方式にするかの議論がありました。
 参加者の減少は基本的には会員数の減少によるものだとの指摘が秋ヤンからあって、4月に対応をきめることに。

なお、会計監査は会計担当の山崎さんが作ってきた報告書をみて押印しました。ただ、預金通帳を忘れたというので、この残高確認だけは後日することになりました。

1月 15, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

内藤さんから男女群島報告

Znaitos金沢市在住の内藤さんから、年末に行った男女群島釣りの報告メールがありました。行く前に「これから行くぞー」の電話があり、帰るときにも「釣ったぞー」の電話がありました。広島の高橋さんと一緒といういつものパターンらしい。

内藤さんからのメール内容

冬型の気圧配置になったが、風裏の釣り場は全く問題なく釣りができました。26日に男女に来ていた渡船はキングチャレンジと私たちが乗ったアジカの2船だけでした。

26日は中村瀬でクエ釣りをしたがアタリがなし。27日未明にクロホシフエダイが1匹釣れた。

27日はオッチャン渡礁してイシダイの50センチ、36センチ、イシガキダイの32センチを確保。その日の夜は船中泊。

28日は「渡邉横」でイシダイ46センチと42センチ。オサカナ君風にいうと、ギョマンゾクでした。

以上が内藤さんのメール内容です。

つづく・・・。

メールにもあったが、天気図では冬型になっていたので、大変かと思っていたが、そうでもなくていい釣果に恵まれたとのこと。釣りは行かなくては釣果もない。

分かっているが、寒さと風にめっきり怖気づいている私にはこの時期の釣りは「よいしょ」がなかなか出てこなくなっています。ふふ。

1月 2, 2016 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

香川の磯釣り連盟の忘年会

Dfcimg3230香川磯連の忘年会が、いつもの会場の高松美山ホテルでありました。
Dfcimg3231参加者は主としてクラブの役員です。参加者約20人強。

Dfcimg3229ここの楽しみは料理。シマアジの刺身、フグ、ブタ、の鍋、上質ステーキ、最後の締めはもちろん讃岐うどん。

Dfcimg3235a_2この忘年会は役員会もかねているので、事前に今年の大会結果報告などがありましたが、料理が並んでいるので、そわそわです。ふふ。

Dfcimg3237私の横に座ったのが、香川釣り協の会計をしてくれている藤森さん。早速、この日に前川さんからもらったギネス証明書の発行収入1000円を預けました。

その横にいた古川さんとは、当然アオリイカの話。今回、古川さんからウキ釣りとヤエンの泳がせ釣りの両方のいいところを生かせる方法を教えてもらいました。うまくいくかどうか試して見ます。

Dfcimg3227_2今年で私はクラブの会長を退き、事務局長の斉藤さんも代わることになっているので、新会長のイノちゃんと新事務局長の三好さんも出席になり、参加者皆さんに紹介が出来ました。

12月 16, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

サヨリ釣りを見学

Dgcimg3215釣りクラブの忘年会のとき、サヨリ釣りの話で盛り上がりました。宝山さんはこの忘年会があった日をサヨリ釣りの今年最後にしようと思っていたが、30センチ級が28匹も釣れたので翌日もサヨリ釣りをするとのこと。

それを聞いて山田さんが、「オレも釣りに行く」と、別の場所を言います。高松市内の港です。そこで、私も山田さんのサヨリ釣りを見に行きました。

1時間前の8時からやっているが、全くアタリが無いとのこと。波止の先端の人が数匹釣っているだけらしい。30分間以上見学したが、全くアタリがありません。

Dgcimg3214山田さんが地面に落ちていたリチウム電池を拾い上げて、「この電池をよみがえらせる方法がある」と教えてくれました。真ん中あたりをペンチで少し押してから、元の形に戻すと電池が一時的に復活するとのこと。

山田さんのサヨリ釣りは全くアタリがありません。両横の年金生活者もサヨリ釣りをしているが、全く釣れません。そこで、私も退散です。水温から考えて、高松市のサヨリ釣りは終了に近いことがわかりました。

この日の夕方、やはりサヨリ釣りに行っていた宝山さんから電話。30センチ級が23匹釣れて、今年の合計は460匹になったとのこと。同じ場所で釣っていた人は釣果ゼロだったので、「サヨリ名人の自信が付いたわあ」との報告です。ふふ。

12月 9, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

日曜日に、四国磯連の役員会

Dgcimg3211昨日の日曜日、四国4県の磯釣り師が徳島県三好市に集まり、来年以降の進め方を話し合いました。集まったのは約20人です。

まず、10月の大会が1ヶ月間の魚拓大会になったが、その結果報告がありました。イシダイの部1位は徳島磯連の西部さんの64.8センチ、2位は香川磯連の香川さんが釣った61.7センチと高レベル。3位でも60.7センチです。

グレの部の1位は香川磯連の大島さんの47.8センチ、2位は愛媛磯連の西川さんの46.2センチ、3位は香川磯連の多田さんの42.0センチ。

以下、魚種別にサイズだけを記すと、イサギ・アイゴの部では48.5センチ、43.6センチ、41.1センチ。ヒラマサ・ブリの部では、92.4センチ、88.8センチ、83.8センチ。
マダイ・クロダイの部では76.1センチ、75.5センチ、55.6センチ。他魚の部ではカンダイの85.7センチ、カンダイの81.6センチ、アオブダイの70.2センチ。私が釣った60センチのコロダイは問題外でした。ふふ。クエの部では香川磯連の小田さんが釣った77.7センチ。

いずれの魚種もなかなかのサイズです。1ヶ月間の大会になると、サイズは大幅アップになります。ふふ。

年間の大物賞の中間発表もありました。これもサイズだけを記すと、イシダイの部1位は73.0センチが同サイズで2人、3位が69.2センチ。グレの部では55センチ以上がなくて、申請がありません。

マダイの部は、1位が87.9センチのみ。80センチ以上ないと申請できません。ヒラマサ・ブリの部は1位が94.2センチ、2位が92.4センチ。チヌの部は1位が57.7センチ、2位が56.0センチ、3位が55.8センチ。

クエの部では1位が145.8センチ、2位が123.6センチ。2位は香川の秋ヤンが釣ったものです。

他魚の部では1位がカンダイの90.2センチ、2位がスズキの88.8センチ、3位がタマミの87.8センチ。

1年間となると、サイズから四国の磯のすごさが伝わります。ふふ。

なお、これまで毎年発行していた潮目手帳は要望者が少なく、来年以降は発行しなくなりました。また、来年の四国磯連の総会は高知市で開催の予定です。

12月 7, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月13日 (金)

秋ヤンのクラブが新しいブログを立ち上げました

Zoitukami秋ヤンが会長の「四国九絵勇心会」が新しいブログを立ち上げました。このクラブは名前の通り、メインターゲットをクエにしています。

ブログのアドレスは以下なので、一度覗いてみてください。
http://yuusinkai.cocolog-nifty.com/blog/kue.html
その中のフォトギャラリーを見ると、その巨大な魚に圧倒されます。ふふ。

いずれもクラブ員が釣ったクエの写真ですが、昔のことではなく、比較的最近に釣った写真ばかり。それでもこのサイズですから、四国がいかに恵まれているかがわかります。

秋ヤンは今年も120センチのクエを釣っています。磯釣り団体の構成員が減少している中にあって、このクラブだけは元気さが伝わってきます。

秋ヤンとは約束があります。クエを釣ったら2キロの身をもらうという約束です。ふふ。これを私のクラブ員で食べることになっています。忘れてはいないよなあ、秋ヤン。ふふ。

11月 13, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

釣りクラブの飲み会に4人

Dqcimg2955釣りクラブの飲み会は1ヶ月に一度。今回は4人と少なめでした。片ちゃんは宝山さんに約束のイイダコを持ってきていたが、宝山さんは欠席。

Dqcimg2956そこで、そのイイダコは西脇さんがもらうことになって、西脇さんにとっては棚からボタ餅。ふふ。イイダコとは別に30センチ近いメバルも2匹入っていて、西脇さんの笑いが止まりません。

人数が少ないので、話題が集中します。人数が多いと、あちらこちらでテキトーにグループができるが、この日は全員が一緒の話題。この被害をこうむったのが若手の西脇さん。

釣り師にアルコールが入ると、昔の自慢話になるのは必然。猪子ちゃんが男女群島の話で盛り上げます。昔の話なので魚もでかいので、聞き役の西脇さんは感心仕切り。

欠席していた菅野さんから電話。欠席の理由がスマホを買ったら、そのインストールなどで3時間もかかって来れなくなったとのこと。しゃーないなあ。近いうちに天候と潮を見て、西脇さんも一緒に脈釣りに行くことになりました。

11月 7, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

香川磯連の会長会

Kcimg2573昨日の夜、香川磯釣り連盟の会長会が、いつもの会場の高松美山ホテルでありました。参加者は20名と多い。

Kcimg2574この日の議題は、チヌ釣り大会、香川磯連大会、四国磯連大会、西日本磯協大会など釣り大会の結果報告。春に行われたチヌ釣り大会に私は参加できなかったが、50センチ以上のチヌを二人も釣っていたのは驚き。

香川磯連の大会でイシダイの部優勝は62.4センチを釣った秋ヤン。このイシダイで同日に行われた西日本磯協の大会でも2位に入賞。うらやましい。

年間大物の中間報告もありました。四国磯連の現在の1位は73.0センチを釣った人が二人います。そして65センチでは10位にもなれない激戦です。いつもながら四国の磯のすばらしい実績が出ています。

香川磯連の年間大物の1位は、イシダイの部小田智章さんの69.2センチ、クエは川田洋一さんの145.8センチ、マダイは津谷浩剛さんの74.2センチ、イサギでは大河正和さんの46.7センチ、チヌは植田正さんの55.8センチといずれも大物が並んでいます。

私に唯一入賞の可能性がある魚種のチヌは、今年は既に55センチ以上が3人いて、とてもじゃないが今年の入賞は無理なようです。ふふ。

9月 17, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

昨日は香川県釣り団体協議会の総代会(2)

Icimg1784香川釣り協の総代会に珍しい人が参加してくれました。私の前会長だった松原剛さん。最近は体調を崩して全く釣りにも行っていないとのこと。

それでも高校時代の仲間と定期的に飲む会があって、参加する女性のことを「あの娘(こ)」と言っていたのには笑ってしまいました。78歳の同級生でも娘なんですかねえ。ふふ。

松原さんは私を現在の釣りクラブに誘ってくれた人です。そのお陰で私の釣り人生も随分と楽しいものになりました。感謝です。

Icimg1777香川磯連前事務局長の前川さんが実寸54センチをチヌを釣って、魚拓を持ってきていました。うらやましい。やっぱり釣りは行かないといけません。

前川さんからは知り合いが釣ったマアジ記録のギネス認定証を作ってくれとの依頼がありました。さっそく作成に取り掛かります。

4月 25, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

昨日は香川県釣り団体協議会の総代会

Icimg1770昨日は、香川県釣り団体協議会の総代会が、高松美山ホテルでありました。参加者は構成団体の香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣り連盟、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会からの18人。

Icimg1772この日をもって私は会長を退き、後任の会長には私より7歳若い全日本サーフ香川協会会長の青木さんが務めてくれることになりました。事前に喫茶店でお願いしたときは、「自分はその器でない」と固辞されたけど・・・。ふふ。

事務局長は全日本サーフの大川さんがしてくれることになり、猪子さんは監事兼任の副会長になりました。私は「香川の釣りギネス担当の名誉会長」にさせてもらいました。会計は従来どおり磯連所属の藤森さんにお願いしました。藤森さんは電話で「しゃーないなあ」。

Icimg1775その後はいつもどおり宴会です。香川県内全域から来ているので、運転手役はアルコールを飲まないことが完全に定着しています。ふふ。以前はちょっとだけならということもありましたが・・・。

Icimg1781料理はサワラとイカの刺身、しゃぶしゃぶ、ステーキの豪華版。量が多いのでいつもあまってしまいます。最後の締めは当然のさぬきうどん。このホテルで作っているので旨さが倍増です。

Icimg1788いくつかの記念撮影。左から新会長の青木さん、香川県バス釣り連盟会長の村橋さん、私です。

Icimg1789さらに、左から香川磯連事務局長の秋和さん、前事務局長の前川さん、香川釣り協会計担当の藤森さん、香川磯連会長の古川さん。古川さんからは最近行ったばかりのイカ釣りの話をたっぷりと聞きました。

4月 24, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

釣り大好き人とお会いしました

Mcimg1702昨日、岡山、香川両県をエリアとしている山陽放送に行き、池田四国支社長とお会いしました。先週香川トヨペットの灘波社長から「すごい釣り好きがいるので紹介するわ」と電話があっての約束でした。

灘波社長はマサバの香川県記録をもっていて、毎年発行の香川ギネスを楽しみにしてくれています。そこで、この日も出来たばかりの平成27年版を持っていきました。

山陽放送の会社の中で釣りクラブを立ち上げたという池田支社長もすごく興味があるらしく、長い間ずーっとギネスの記録表を見つめています。ふふ。

Zfullsizerendersそしてスマホの中の写真を出して私に見せます。松山市沖で釣ったというドラゴン級のタチウオです。これは岡山市在住のときに釣ったものなので、香川県記録にはなりません。

そして「香川ギネスの記録を超える可能性があるのはタチウオやな」とやる気満々です。他の魚種も見て「セトダイも可能性があるかな」と、この香川ギネスの話題で大いに盛り上がりました。

4月 8, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

四国磯連の総会資料が届いた

Qcimg15552月22日の日曜日に四国磯連の総会が松山市であったが、私は出席できませんでした。資料の入手を古川さんにお願いしていたので送付してくれました。

Qcimg1560sこの資料で一番楽しみにしていたのは四国磯連の歴代大物記録表で、その中に他魚として私が釣ったヒラスズキが記載される約束になっていました。

残念。記載がありません。ふふ。ヒラスズキを釣ったときのメモを渡していたが、担当者が記載を忘れてしまったらしい。しゃーないなあ。

四国磯連の歴代の大物記録として1匹でもあると言うのは栄誉です。そこでヒラスズキの掲載がなかったので、総会に先立ってあった役員会で「ヒラスズキを入れてよ」とお願いして了承されました。

これで記録掲載は1年後になってしまいました。しつこく言わないと駄目なのかなあ。

2月 26, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

西日本磯釣り協議会の総会資料表紙を手渡す

Qcimg1556今日の朝午前7時45分、我が家近くのファミレスでいつものように釣り雑誌の原稿書きをしていると、約束どおり香川磯連の古川会長、秋和事務局長がやってきました。

Qcimg15583月1日に高松市で開かれる西日本磯釣り協議会の総会資料の表紙をイノちゃんから預かったのを渡す約束でした。古川さんが昨日小豆島で入手したミカンのお土産付きです。ふふ。

今週の日曜日は松山市で四国磯連の会議があり、その1週間後に西日本磯釣り協議会の総会があるので、二人はその準備にテンヤワンワのようです。ふふ。

私はその総会に出席の予定でしたが、急遽出席できなくなりました。二人にはそのお詫びに終始するしかありませんでした。

毎年この総会には出席していて、他の県からやってくる人たちと話すのが楽しみだったのですが、仕方がありません。

2月 21, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

西日本磯釣り協議会の総会資料表紙

Qcimg1554近畿、中国、四国の各県の磯釣り団体で構成している西日本磯釣り協議会の総会は各県の持ち回りで開催しています。今年は12年に一度の香川県での開催。

総会資料の表紙デザインを私と同じクラブのイノちゃんにお願いしていました。これまで他県で開催したときの資料も見せて立派なデザインをお願いしました。

それが今日出来上がったのが、写真です。立派でしょ。感じがいいでしょ。4つの案を作ってくれたので、会長の古川さん、事務局長の秋和さんに選んでもらいました。ふふ。

本資料の印刷、製本は古川さんがしてくれることになっているので、この表紙を明日にでも古川さんがいる観音寺市まで持って行くつもりでした。観音寺までは高速道路を使って約1時間かかります。

ところが古川さんが今総会の打ち合わせのために明日高松市に来ることになっているということで、私は自宅で渡せばいいことになりました。ラッキー。ふふ。

2月 20, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

四国の磯釣り師が集合

Scimg1503昨日の日曜日に徳島県三好市で四国磯連の役員会がありました。集まったのは四国4県から約20人。いつものメンバーなので、全員の顔を知っています。

この日の主な議題は25日に松山で行われる四国磯連総会にかける資料。ま、だいたいが例年通りなのでそんなに問題になることはありません。

一番興味があるのは、平成26年の年間大物のサイズ。イシダイの優勝は76.2センチを釣った田原 誠さん。私が愛媛県愛南町の波止で小物と遊んでいたら、「谷口さんでしょ、こんなところで何をしとん」と声をかけてきました。ふふ。

総会での宴会の乾杯はイシダイの部の優勝者がすることになっているので、今年の乾杯の音頭は田原さんになります。

イシダイの部2位は74.5cm、3位は72.1センチ。私には夢のサイズが毎年釣れます。

グレの部の優勝は59.3センチを釣った香川磯連の多田利行さん。2位は56.8センチ、3位は56.5センチ。マダイの部の優勝は87.7センチを釣った香川磯連の三浦 明さん。2位は84.7cm、3位は83.6センチ。ヒラマサ・ブリの部の優勝は103.5センチを釣った愛媛磯連の鎌田初雄さん。2位は93.8センチ。

チヌの部の優勝は62.1センチを釣った愛媛磯連の河上健三さん。2位は59.9センチ、3位は58.9センチ。私が釣った53.2センチは入賞に程遠いサイズ。それでも第4位で敢闘賞をくれることになりました。ふふ。

イサキ・アイゴの部の優勝は46.4センチのイサギを釣った愛媛磯連の松岡 孝さん。2位は45.8センチのアイゴ。3位はなし。クエの部は129.0センチを釣った香川磯連の和田光司さん。2位は116.4センチ、3位は111.7センチ。クエのサイズには磯釣り師の夢があります。

2月 2, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

西日本磯釣り協議会の総会会場の打ち合わせ

Scimg1499今年から香川磯連の事務局長になった秋和さんから電話で、「3月1日にする西日本磯釣り協議会会場の打ち合わせに来い」と言うので、昨日の夜、会場になる高松市内の花樹海に行きました。

集まったのは会長の古川さん、秋和さん、前事務局長の前川さん、事業委員長の平野さん、私の5人。

打ち合わせが始まる前に、古川さんと話すことと言えばアオリイカのこと。「新しい仕掛けを作ったので、帰りにやる」と言っていたが、2時間後に打ち合わせが終わったときには、そのことをすっかり忘れてしまって、もらうのを忘れてしまいました。歳です。老化です。古川さんも・・・。ふふ。

花樹海さんとの打ち合わせは丁寧で、うまくいきました。総会の時に上映する予定のDVDもスクリーンに映ることが確認できました。ふふ。

西日本磯釣り協議会は各県での持ち回りになるので、香川県には12年ぶりの総会開催になります。なので総会資料も立派にしたほうがいいと言うので、今朝、表紙のデザインをイノちゃんに頼みにいきました。もちろん快くOKです。

1月 30, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

香川磯連の新年総会が盛大

Tcimg1485昨日の昼、香川磯連の新年総会がいつもの会場の高松美山ホテルで行われました。約40名の参加です。この日の料理はすき焼きがメイン。他にも新鮮なイカとシシャモもあります。
Tcimg1481高松黒潮クラブからは5人が参加。最後に行われたビンゴーゲームで5人中4人がビンゴー達成でものすごい確率でした。初めてこの会に参加した菅野さんは始める前に「わしはビンゴーに強いんじゃあ」と言っていたが、その言葉通りに40人中で最初にビンゴーでした。もう二度とないと思います。ふふ。揃って記念撮影。
Tcimg1492私が景品としてもらったのは高級ハサミ。ウニの棘切りにも使えます。片ちゃんとイノちゃんは配合エサ各種をもらい、菅野さんは小物入れとエサ箱。

古川さんからはアオリイカ用のヤエンをもらっていますが、この会場で「もっといいものを作った。今度やるから」とのこと。「以前やったのはヤエンを落とすとイカが驚いて逃げたが、今度のやつは100発100中」と自信満々。くれると言うので楽しみです。ふふ。
Tcimg1482久しぶりに会う三宅さんもどうにか元気そうです。彼には我が家の風呂場改造をしてもらっていて、快適な生活になっているので感謝。

1月 26, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木)

香川磯連の役員集合

Xcimg1396昨日の夜、香川磯連の役員会があり、高松美山ホテルの集まりました。15人。今年の計画などを話し合うためです。1月は釣り関係でも新年会ラッシュになります。

香川磯連の会費をこれまでの2000円から500円値上げして2500円になります。500円くらいどうってことのない金額ですが、ジワリジワリと値上げするのは心苦しい。しかし仕方がありません。

役員の改選もありました。会長の古川さんは残留。事務局長はグレートヨーヘンの前川さんから讃岐磯友会の秋和さんがしてくれることになりました。

香川磯連所属の二つのクラブが解散などで脱退となります。どちらもクラブ員の高齢化と関連しているようで、身につまされる思いです。避けられないことです。
釣りクラブの高齢化は磯釣り団体だけでなく、投げ釣りクラブでも大きな問題になっていると聞きます。若い人が中心のバス釣りクラブでもクラブに加入しない人が増えていて減少傾向。
これまでのクラブのあり方が問われているのかもしれません。それを解決するのは若い人しかない。
 

1月 8, 2015 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

香川磯釣り連盟の忘年会が盛大に

Dicimg128917日の水曜日に香川磯連の忘年会がありました。いつもの高松美山ホテルで、豪勢な料理。刺身盛り、フグ、肉の鍋、ステーキ、稲荷寿司、そして最後は当然に讃岐うどん。
Dicimg1297集まったのは香川県内各地からで久しぶりに会う人もいますので、情報交換に忙しい。いつものように、たくさんの人に声を掛けて色んなことを教えてもらいました。ふふ。
こういう積み重ねが釣りウデの向上につながると信じています。ふふ。

Dicimg1296私の横に座ったのが香川磯連顧問で県会議員の綾田さん。いろいろと話をしているうちに、毎年出ている「今年はサンポートで釣り大会」の話がありました。
どうなることかよく分かりませんが、去年よりは前向きの発言があったので、私の携帯番号が載っている釣り名刺を渡しておきました。ふふふ。

12月 22, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

徳島県三好市で四国磯連の役員会

Dmcimg1178日曜日に、四国磯連の常任理事会が徳島県の三好市で行われ、四国4県の磯釣り師が20人以上が集合しました。
Dmcimg1180最初の議題は10月26日に行われた四国磯連の大会結果報告。イシダイの部の優勝は讃岐磯友会の入船さんが61.0センチ。2位は愛媛の三好大介さんの58.5cm。大会でこのサイズは立派です。
グレも優勝は香川の高松名門荒磯会の多田さんが58.5cm。このサイズも立派です。私のこれまでの最大よりも大きいのを大会で釣るのだから、すごい。

2番目の議題は四国磯連の年間大物賞の中間報告。イシダイの1位は愛媛の田原誠さんの76.2センチ。以下、74.5cm、72.1センチ、71.3センチと70センチ以上が4匹。やはり四国の磯釣りはすごいとしかいいようがありません。
そのほかの魚種の1位のサイズは次のとおり。グレは59.3センチ、マダイは87.7センチ、イサキは46.4センチ、ブリは103.5センチ、チヌは62.1センチ、クエは129.0センチ、他魚はカンダイの94.2センチ。
どれも超大物ばかりでうらやましい。ちなみに私が釣ったチヌの53.2センチは現在のところ4位。ふふ。ま、こんなもんでしょう。

12月 8, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

昨日は西日本磯釣り協議会の会議

Okinosima7230昨日、岡山市で西日本磯釣り協議会の定例会議がありました。近畿、中国、四国の各県の磯連から合計34名の出席。
釣り保険は昨年に準じてすることに。海での釣り堀で折れた竿の漁具保証認定に巡って暫しの議論があったが、海で起きた事故についてはすべて保証することになりました。ということは、渓流釣りでの漁具保証は無いということ。従来からそうだったらしいが、知らなかった。ふふ。
機関誌「潮目」については、存続することを前提に今後進めることになりました。協議会の赤字体質についても今後対策がとられることになりました。

香川磯連がお世話して11月23日に行われた「西日本磯釣り協議会主催のグレ釣り選手権」については、岡山磯連からだけ苦情やら質問があって、私としては極めて不愉快。まずは世話した若い人に感謝すべきと思うけど・・・。ま、他の県の人は分かってくれていたようだが。
それでもこの会議に出席していいことも・・・。高知磯連の岡林会長から「NHKのマンホール放映を見た」と声を掛けてくれました。別役さんからはイシダイ釣り新ポイントを教えてくれました。ふふ。

12月 1, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

「関西のつり」12月号

Dwcimg1082大阪にある釣り雑誌社岳洋社が出している「関西のつり」に毎月随筆を書き始めて丸3年が経ちました。この随筆を書き始めて気が付いたことがあります。
Lcimg0785それは毎年シーズンごとの私の釣行がほとんど同じパターンになっているということ。去年の10月に行った釣りを今年もだいたい同じようにしているということです。
狙う魚がシーズンで決まっているので、必然的にそうなります。だが釣り随想を書いていると毎年同じような内容になってしまいます。読者が「またかあ」と思うんじゃないかと心配。ふふ。
今年の12月号も去年と同じように秋のチヌ釣り大会になりました。そこで・・・。

このチヌ釣り大会で優勝した熊ちゃんのことを書かせてもらいました。熊ちゃんからお魚グッズをたくさんくれるので、そのことも織り交ぜながら・・・。
この大会で一文字に上がった黒潮クラブのメンバーは写真が掲載されているので雑誌を見てください。気に入ったら買ってください。既に本屋に並んでいるはずです。ふふ。

11月 13, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

釣りクラブで集まりました

Dxcimg1073_2昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。写真の左から片ちゃん、私、菅野さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さんの6人です。
Dxcimg1075菅野さんと宝山さんが何かゴソゴソと相談しています。翌日にサヨリ釣りに行く相談らしい。先月にサヨリ釣りをしてから、菅野さんは宝山サヨリ釣り名人に寄り添っています。ふふ。
高松黒潮クラブは本来磯釣りクラブですが、なんの魚でも釣れて楽しければればOKです。もちろん私もサヨリ釣りは好きな釣りのひとつですが、今回は仕方なく不参加。

Dxcimg1077この日は片ちゃんが異常にはしゃいでいます。久しぶりに「姫」が店に来るらしい。そのため、船で釣った大き目のカサゴまで持ち込んでいます。私も数年ぶりに「姫」と会いました。愛媛県出身なので、「姫」と呼ばれていることを初めて知りました。
Dxcimg1078帰る時に店の大将のイサちゃんにサンポート高松の釣り状況を聞くと、「タチウオが多い人で10匹以上釣れている」とのこと。10匹以上とはなかなかのもの。ふふ。

11月 7, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

四国磯連の役員会議

Mcimg0739この前の日曜日、今年2回目となる四国磯連の常任理事会が徳島県三好市池田でありました。集まったのは四国4県の磯釣り師30人足らずです。
議題の一つ。10月26日に四国磯連の第75回磯釣り大会があります。例年通り、審査会場が四国内の5箇所にあって、どこで釣った魚を検寸してもいいことになっています。
年間の大物賞の中間報告もありました。私が釣ったチヌは53.2センチで、現在のところ第4位。最大は62.1センチと60センチを越えています。やっぱり四国全体となると、60センチを越えないと・・・。

年間大物として中間発表される魚種のうち、イシダイはすごい。1位から、76.2センチ、74.5cm、72.1センチ、71.3センチと続いていて、70cmオーバーが4人もいます。やはり四国はすごいとしかいいようがありませんわ。いつか、私もこの大台を釣ってみたい。言うのはタダ。ふふ。
意外なのはイサギ・アイゴの部で45センチ以上が審査受付されているのは、現在のところ香川磯連の前川さんが釣ったアイゴの45.8センチ1匹のみ。会議で私の横の席にいたクエ釣り師の植田さんが、「これならイサキを釣りに行こう」と軽口。自信がありそうです。

9月 10, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月31日 (日)

西日本の磯釣り師31人が集合

Pcimg0642 昨日の土曜日、岡山市に関西、中国、四国の磯釣り師31人が集合しました。年に二回行われている西日本磯釣り協議会の役員会です。
Pcimg0643香川磯連からの参加者は会長の古川さん、事務局長の前川さんの他、チーム・グレートヨーヘンの秋山さん、九絵勇心会の植田さん、私の5人の参加。
写真は会議後の親睦会のもの。当然この前に3時間の議論白熱の会議もありました。ふふ。機関誌「潮目」の運営が金銭面でいろいろと難しい。11月の会議で再審議となりました。

来年の釣り保険は基本的には今年と一緒のパターンでいくことになりました。
グレ釣り選手権は各県2名ずつの決勝進出選手の確認と認定書交付が、大会お世話役になっている香川磯連主導の下で行われました。
6月に行われた西日本磯協の大会表彰式が行われ、高松黒潮クラブからは三好さんがグレの部4位で入賞し、金券を預かりました。クラブの例会にきたときに渡すつもり。来ないときはクラブ会計に没収? ふふ。
Pcimg0640懇親会ではあまりうろうろせずに高知磯連の岡林会長と別役さんにだけあいさつを・・・。なんたって、高知の磯にはお世話になっています。
私が火曜日に行くことにしている磯のポイントを岡林さんに聞いたが、「あの磯場には行かないから知らん」とのこと。そりゃあ、そうかも・・・。

8月 31, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

香川磯連、今年2回目の役員会

Qcimg0627昨日、高松市の美山ホテルで、今年2回目となる会長会が午後7時からありました。参加者は各クラブの会長と事務局長で20人でした。
議題はすべて報告事項。5月4日のチヌ釣り大会結果報告、5月18日の四国磯連大会結果報告、6月8日の香川磯連と西日本磯釣協議会の大会結果報告、今年の香川磯連の年間大物賞の中間報告、香川磯連でやっている「讃岐磯釣り名人位」のポイント中間報告。こういう風に並べてみると、大会が多い。ふふ。
今後の計画としては西日本磯協議会の岡山会議、四国磯連の常任理事会、西日本磯協のグレ釣り選手権、四国磯連の大会、「ザ・讃岐カップ in沖の島」などが続きます。

遅れてきた香川磯連会長の古川さんが会議の後、宇和海の大雨の中で徹夜釣りをしてクーラー満タンと大物逃がしの話をします。やっぱり釣る人は根性が違います。私は雨の磯で徹夜釣りはごめんです。
年間大物賞では私が釣った53.2センチのチヌは依然として2位をキープ。だが、最近チヌの50センチ以上がノッコミ時期でなくても年中釣れています。誰も釣るなー。ふふ。

8月 20, 2014 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

大きなハタの切り身

Cpcimg0180Cpcimg0176香川磯連所属の大物釣り師、岡晴雄さんから電話が掛かってきて、いきなり「家の場所はどこな」。なんだろうと思ったら、「ハタを釣ったので、持って行く」とのこと。
50センチ程度のハタをくれるのかとスーパーの駐車場で待っていたら、釣ったのは1メートルを超えるハタで、魚は既に切り身になっています。高知県の柏島の磯で釣ったといいます。
もらった魚をおろすつもりでいたが、これならすぐに食べられます。魚は既に魚拓になっていたので、岡さんに持ってもらって写真に撮りました。ふふ。車に積んでいるメジャーで測ると1メートル10センチ少し。

Cpcimg0175別のトロ箱にはアラも入っています。これもくれるというので、手持ちのレジ袋にたくさんもらいました。身だけでなくて皮のところも・・・。
皮に塩を振ってカリカリになるまで焼くと皮に付いている脂とあいまってムチャ旨いのです。楽しみです。

6月 1, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

チヌ釣り大会に参加

Cycimg0013Cycimg9997Cycimg9994
昨日は香川県西部の仁尾町で香川磯連のチヌ釣り大会がありました。参加者36名。私は同じクラブのメンバーらと一文字波止に下りました。
ここに下りたのは最初7名でしたが、南風のため磯に上がれなかった人が急遽ここに来たので広い一文字波止もたくさんの人になりました。ふふ。ここは海面から高いので、荷物の上げ下げをロープでするので、これが大変。
船がつけた波止の東端には私、イノちゃん、片ちゃんの3人。3人ともアタリが全くありません。やっと釣れたのはカサゴ。その後、片ちゃん、イノちゃんにも釣れたカサゴをもらいました。ふふ。

Cycimg9999Cycimg0006Cycimg0007 その後も全くチヌのアタリは全くありませんでした。風で海に落ちたゴミを拾うために置き竿にしていた竿がぎゅんぎゅん曲がって釣れたのは28センチのグレ。しゃーないです。
納竿2時の予定だったが、午後1時に止めて渡船場に帰って来たのは私と熊ちゃん、前川さんらの4人。熊ちゃんはチヌ1匹を釣っているので余裕の表情。
こういう状況でも釣る人は釣ってくるのが大会。この日も全体的に数が少なく参加者のうちチヌを釣った人は36人中14人だったが、グレートヨーヘンの大西さんは6匹も釣っていた。
1位は46.2センチを釣った観音寺目示奈会の近藤さん。あとのサイズは2位43.5センチ、3位43.3センチでした。

5月 5, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

釣りクラブのメンバーで・・・

Czcimg9985 Czcimg9989Czcimg9991
昨日は高松黒潮クラブのメンバーで飲む会。場所はいつものとおり、高松市内の割烹「友釣」。大将の勇ちゃんもクラブのメンバーだから、遠慮がありません。
今回集まったのは7人。開始早々宝山さんが「話したいことがある。10分くらいいいか」というので、「2分でお願いします」と茶々を入れさせてもらいました。ふふ。その話というのが他の趣味グループの活性化に宝山さんが奮闘しているという話。
仕事のため遅れてきた西脇さんは4日のチヌ釣り大会、18日の四国磯連大会にも参加できないとぼやき。ま、子供が小さくて仕事現役のときは色々ありますわ。ふふ。

さらにオカテッちゃんが遅れてきたと思ったら、遅れてきたのではなくてすっかり念頭に無かったと、老人特有の言い訳。しゃーないなあ。
この後、久しぶりにイノちゃん、宝山さん、オカテッちゃんと4人で二次会に行きました。酒が入るといつもお互いに褒め殺し作戦炸裂で笑い声が絶えません。

5月 2, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

香川県釣り団体協議会の総会

Dcimg9958 Dcimg9956 Dcimg9960 昨日は香川県釣り団体協議会のメンバーである香川磯連、全日本サーフ香川協会、香川県バス釣連盟、瀬戸内遊漁船釣り団体協議会のメンバーが集合しました。参加者18名。
場所は例年通り、高松美山ホテルなので、料理は抜群の旨さ。鍋、刺身、ステーキ、握り寿司。最後はもちろん鍋にさぬきうどんをぶち込みました。
Dcimg9964私の横に座ったのが、バス釣り連盟会長の村橋さん。バス釣り愛好者と話することがほとんどないので、これ幸いと色々と教えてもらいました。しかし、現在の私は磯釣りとアオリイカ釣りに忙しいのてバス釣りに行けそうもない。ふふ。

Dcimg9962 瀬戸内遊漁船釣り団体協議会の青井さんと恵優丸の船長も来ています。香川磯連の前川さんは香川県東部でチヌ釣り大会をしたいと渡船の貸切りの話をしています。
ただ、船長の話では今年のチヌは例年に比べて遅れていてまだ本調子ではないということ。わたしも連休が明けたら一度くらいは行ってみるつもりです。ふふ。
Dcimg9963 私の前には左からグレートヨーヘンの秋山会長、香川釣り協会計の藤森さん、全日本サーフ香川協会会長の青木さん、香川磯連親和会会長の和泉さんが集まって談笑です。
Dcimg9948 クエ釣り師の植田さんが先日筍を持ってきてくれた時に買ったばかりのバッグに貼るシールが欲しいと行っていたので、手持ちの中からいくつかを持って行ってあげました。ふふ。
この日、植田さんは60センチ近いチヌの魚拓を持って来ています。早速情報交換があちらこちらで・・・。場所を調べないといけません。

4月 24, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

今年最初の香川磯連役員会

Fcimg9867 Fcimg9868 木曜日に香川磯連のメンバー25人が、高松美山ホテルに集まりました。今年初めての会長会で、今後の計画を審議です。
今年の11月に西日本の各県代表が参加して開催予定の「西日本グレ釣り選手権大会」に香川県代表となったのは、3月の予選会で1位と2位になった釣酔会の小山さんと宮本さんに決まりました。
5月4日のチヌ釣り大会、5月18日の四国磯連の大会、6月8日の41回香川磯連の大会は例年通りの開催となりました。讃岐カップは12月14日に高知県沖ノ島で開催することになりました。
そして今年から香川磯連に新加入のクラブ「海遊會」の紹介がありました。久しぶりのクラブ加入を全員が拍手で迎えました。参加者全員の自己紹介がありましたが、私は名刺を渡して終わり。覚えてもらうには効率がいいはずです。ふふ。

この会場にいた香川磯連会長の古川さんから「香川の大物釣魚ギネス」に申請があったメナダのメール写真が不明確だったので、再申請をお願いしました。
Fcimg9866 この場で、 私が釣ったチヌの魚拓を事務局長の前川さんにお渡しして申請終了です。我ながら下手な魚拓ですけど、一息つきましたわ。ただ、あせっていたのか、魚名を書くのをすっかり忘れていました。ふふ。

4月 12, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

四国磯連の役員会

Hcimg9825 Hcimg9826 今日の昼から四国磯連の常任理事会があって、 30人近い四国の磯釣り師が徳島県の旧池田町に集合しました。
5月18日に開催予定の四国磯連主催の大会についての議題の他は、「審査のために提出している大物魚拓を1年後に返還して欲しい 」という香川磯連からの提案は今後つめて行くことになりました。
また、今年の大物の提出状況が報告されていて、イシダイについては既に74.5cm、72.1センチが高知磯連から提出。他にはマダイの87.7センチが香川磯連(当初、愛媛磯連と書いていましたが、読者から誤りを指摘してくれたので修正しました)から、アイゴの45.8センチが香川磯連から提出されているだけで、チヌの50センチ以上の申請はないとのこと。

この役員会で毎年「香川の大物釣魚ギネス」を配布させてもらっています。愛媛県でも今後同じようなものを作る意向があるようです。
会の終了後、ギネスの香川県内釣具店配布について、観音寺を中心とした西讃地方は古川さん、東讃地方は藤本さんにお願いをしました。
中讃地域は徳島県から高松市に帰る途中で琴平町で藤森さんと落ち合って、配布をお願いしました。だから、香川県全域の釣具店で近いうちに置かれると思います。
また、愛媛県連さんにも100部持って帰ってもらったので、どこかで配布されるはずです。ふふ。

4月 6, 2014 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

西日本磯協の総会が岡山で

Ncimg9663 Ncimg9664 Ncimg9668 日曜日は岡山市のプラザホテルで西日本磯釣り協議会の総会がありました。参加者は近畿、中国、四国の12府県から約100人。香川県からは17人の参加です。
議事の後の懇親会では、備中神楽が披露されました。初めて見ました。来年は12年ぶりに香川県の担当になるので、何をすればいいのか・・・。
Ncimg9670 こういう会議では色んな情報が得られます。私もいくつかの新しい情報を得ました。ふふ。私の隣席にいるクエ釣り師植田さんのところに昨年137.3センチのクエを釣って1位になった大河さんがやってきてクエ談義。横で聞いているだけで楽しい。

Ncimg9672 懇親会では規定魚種の歴代記録を超えたものが表彰されます。今年はチヌの64.7センチが記録更新の認定をされて表彰されました。うらやましい。
往復の車中でも色んな情報がはいります。この日の朝に高知県の沖ノ島で70cm近いイシダイが釣れたとのこと。昨年のイシダイ75.8cmを釣って年間大物の1位になった小田さんも車の中で「来週から6月まで毎週イシダイ釣りやあ」 と叫んでいます。

3月 3, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

四国磯連の総会が徳島市で

Pcimg9598 Pcimg9606 Pcimg9602 昨日は11時から四国磯連の定時総会が徳島市のホテルでありました。参加者は四国の磯釣り師と兵庫磯連、大阪磯連からの友情参加を含めて70人近く。
昨年の事業報告、会計報告、今年の事業計画、予算が滞りなく議事が終了したのは企業のシャンシャン総会みたいなもの。
その後の懇親会では毎年イシダイの年間大物1位を釣った人の乾杯で始まります。去年の1位は香川磯連小田さんが釣った75.8cmなので、小田さんの乾杯です。
懇親会会場の周囲には昨年釣った大物の魚拓がズラーッと張られています。数枚の1メートル以上のクエ、70センチ以上のイシダイ、80センチ以上のマダイ。これらの横では50センチのグレでも木っ葉に見えます。ふふ。

Pcimg9605 Pcimg9614 Pcimg9615 高知磯連の別役さんも来ています。しばらくしてから挨拶に行こうと思っていたら、別役さんからやってきました。今年もいい情報をくれました。アオリイカ用の仕掛けの作り方です。確かに道理に合っています。ヨッさんやオカテッちゃんに言うつもり・・・。
今回香川県からの参加者は19名。徳島市までは車での相乗りで行きました。私はチーム・グレートヨーヘン副会長の大西俊充さん(写真4人の右端)が私の家まで迎えに来てくれました。 ふふ。運転者は飲めないので大変です。
宴会が終わりに近づき香川磯連が大暴走。コンパニオンを抱えて記念撮影、礼儀正しい私は付いていけません。ふふ。

2月 24, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

「関西のつり」3月号を買いました

Rcimg9593_2 「関西のつり」の3月号が2冊あります。1冊は出版社から送ってくれたもの、もう1冊は買ったもの。ボケて買ったのじゃありませんよ。そこまではまだボケていません。ふふ。
この雑誌に毎月「なんだって釣れればうれしい」というタイトルのエッセイを書いています。今月号には秋ヤンからもらったイシダイ竿に触れています。なので秋ヤンにそのことで電話すると、「買う」と言ってくれました。
だけど秋ヤンのブログを読んでいるとそこの地域の本屋2軒に行ったけど「関西のつり」がなかったと書いています。そこで・・・。

1冊を買って今度の日曜日にある四国磯連の総会で渡すことにしました。イシダイ竿をタダ同然でくれたので、そのお返しです。まあ、安いお返しだけど私の気持ちです。
エッセイに登場した人にはその旨を電話します。するとたいていの人は「買った」と言ってくれます。ふふ。

2月 21, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

牡蠣鍋とフグ鍋

Rcimg9585 Rcimg9587 Rcimg9591 Rcimg9583 イノちゃんから「牡蠣鍋を食べるので参加するか」のメールが来たので、どういうメンバーかも聞かないで「参加する」の返事を出しました。昨日指定されていた割烹「川照」に行くと、いつものメンバー7人と知らない人2人でした。ふふ。
牡蠣鍋と、もう一つは片ちゃんが釣ってきたフグの鍋でした。牡蠣は大きくてプリンプリンしているし、フグもあっさり味で旨い。
食べ始めてすぐに横のいた宝山さんからの質問。このブログに書いていた「玄関に釣り道具を3週間も放置」を読んで、宝山さんの「山の神」からの質問です。私の「山の神」から何も言われないのか、とのこと。優しい「山の神」なので何も言われませんと、一応お答えしました。ふふ。

Rcimg9580 Rcimg9589 酒が進み  、焼酎のお湯割をイノちゃんの奥さんが作ってくれます。「薄くしてください」とお願いしたのを聞いていた熊ちゃんが「幸せも薄いから」と余計なことを言います。
そして「この18日が私の誕生日で外食の予定」と聞いた熊ちゃんが「それなら絶対にここがいい」と割烹「古木坊」を予約してくれました。話を聞いていると、「奥さんが喜ぶ料理を作ってよ」と訳の分からん予約です。ふふ。
全員酒がますます進み、片ちゃんがなぜか急に島倉千代子の「人生いろいろ」の節で「人生エロエロ~」と歌います。すると間髪を入れずに小野ちゃんが「そのうち体がえろうなるわ」。
笑い声がいつまでも続き、宴会が終わったのは3時間後でした。

2月 17, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

四国の年間大物

Tcimg9546昨日の日曜日、徳島県三好市で四国磯連の役員会がありました。高松市から行く途中で、四国九絵勇心会の植田さん、秋ヤンと合流しました。秋ヤンは風邪でしんどい感じ。私も10日間以上風邪を引いていますが、症状は軽い。
役員会で、「平成25年度 年間大物賞」が発表されました。いつもながら、感心する大物ぞろいです。
このブログの読者は四国以外の人も多い。是非この大物ぶりを見てもらいたいので、各部門の3位までを披露します。

イシダイ・イシガキダイの部 ①75.8cm小田智章(香川)、②73.6cm御庄正浩(高知)、③土山毅70.3cm(香川)
グレの部 ①66.5cm大河正和(香川)、②61.1cm吉田邦夫(香川)、③58.5cm津谷浩剛(香川)
マダイの部 ①82.6cm梶谷孝啓(香川)、②82.4cm西原裕之(愛媛)、③津谷浩剛(香川)
イサキ・アイゴの部 ①46.3cm松岡孝(愛媛)、②46.1cm多田利行(香川)

チヌの部 ①61.7cm森下一也(愛媛)、②61.1cm近藤浩(愛媛)、③54.5cm氏師敏夫(徳島)
クエの部 ①137.3cm大河正和(香川)、②130.0cm岡林土佐男(高知)、③120.5cm白川貴久(香川)
他魚の部 コブダイ91.2cm櫛谷利夫(徳島)、ヒブダイ84.7cm前川博宣(香川)、タマミ84.5cm岡晴雄(香川)、ヒラメ82.6cm朝国将生(香川)

以上いずれも磯など陸から釣ったものです。船からの釣果は認定されません。

2月 3, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

香川磯連の新年総会が市内のホテルで

Caolp7zcCajadd92昨日の昼、高松美山ホテルで、香川磯連の新年総会がありました。参加者40人で大いに盛り上がりました。少し部屋が狭く感じるほどでした。
私はカメラを持って行くのを忘れていて、写真は秋ヤンがメールで送ってくれたものです。
懇親会ではビンゴーが「空くじなし」と言うので、期待したが、ほとんどの人がティッシュ3個。私もティッシュ。まあ、空クジではないけどなあ。幹事の皆さん、ご苦労様でした。
国会議員の三宅さんや香川県会議員の綾田さんも出席してくれて、ありがたいことです。議員さんは大変です。ふふ。

CajxxkdbUcimg9527この春に長崎県の男女群島に行くかもしれないと言うと、チーム・グレートヨーヘンの大西さんが、長崎県の釣具店が出したガイドブックをくれて、同じクラブで昨年加入した正岡さんを紹介してくれました。
正岡さんは年に2回男女群島に行っているというので、いろいろと教えてもらいました。ふふ。こういう釣り人ネットワークができるから、釣り団体は楽しいのです。ふふ。

1月 27, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

岡林さんからの年賀状写真

Zimg082多くの釣り仲間から年賀状が届きましたが、その中で高知磯連会長の岡林さんからのものがひときわ目を引きました。クエを抱えた写真があったから・・・。
去年の8月に釣った34キロのクエです。体長130.0センチで、11月末現在では四国磯連の中で昨年最大の大きさです。
クエを抱えた笑顔が印象的。釣りキチには垂涎の写真ですが、「魚は臭いのでイヤ」なんていう女性には考えられない抱きつき写真です。ふふ。

クエの値段は1キロ1万円として、34キロだから34万円。そりゃあ、抱きつきたくもなりますわなあ。34万円を出したからといっても釣れるわけではないし。
四国では今年もたくさんのクエが釣れています。クエ釣り師の頑張りが目立つ昨年でした。私には体力的に無理なので、釣った人にお祝いの言葉を言うだけですけど。ふふ。

1月 14, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

香川磯連の役員会がありました

Zcimg9453今日の午前中、高松市内のファミレスで香川磯釣り連盟の役員会がありました。集まったのは11人。26日に行われる総会の打ち合わせです。
今年は例年の行事に加えて西日本全体のグレ釣り選手権のお世話を香川磯連がすることになっていて、事務局は大変になりそうです。
行事数だけでも役員会を入れると年間20を越えていて、釣りのスケジュールは制約されます。リタイア組みは日曜日に制約されても平日に行けるからいいが・・・。ふふ。

総会資料には香川磯連の年間大物が発表されています。イシダイの部1位は小田智章さんの75.8センチ、グレの部は大河正和さんの66.5センチ、クエの部も大河さんの137.5センチ、ブリ・ヒラマサ・マダイの部は梶谷孝啓さんのマダイ82.6センチ、イサギ・アイゴの部は多田利行さんの46.1センチ、チヌの部は前川博宣さんの52.6センチ、他魚の部は森正文さんのカンダイ90.2センチ。

磯釣りで上位に入賞するのは大変なサイズだとあらためて認識しましたわ。でも頑張ります。それしか言えませんわ。

1月 5, 2014 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

NHKのにっぽん紀行

Cimg5913昨日の朝、何気なくテレビをつけると、NHKのにっぽん紀行「なにわのコイの物語」が放映されていました。大阪の旧淀川で大きなコイを釣る人たちの人間臭い物語です。
釣り番組と言うと、仕掛けがどうの、合わせのタイミングがどうの、釣果がどうの、が常識。この番組は釣りがテーマだが、釣り番組でないので、その切り口が大変面白かった。
コイを釣るために集まる人たちを掘り下げて行くのだが、香川県でもどこの波止にもそこの常連でネットワークが作られていて、よそ者、いちげんさんは入りにくいちょっと異常な雰囲気が漂うものを感じることがあります。

磯釣りでも、それぞれの渡船場で独自のルールがあり、磯釣りは慣れていても初めて行くとき釣り場は緊張します。船頭と顔なじみになっていないと、磯上がりするときも最後になることが多い。
ただ、香川磯連に所属していると、初めての磯場でも全く知らない人が磯上がりする時に荷物の上げ下ろしを手伝うことが普通に行えます。クラブに所属していない若い人は他人の磯上がりを手伝う人がほとんどいません。
これも年寄りのたわごとなんでしょうかねえ。

12月 29, 2013 釣友 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

イカとの物々交換になっちまいました

Becimg9445Becimg9418香川磯連の大会の時に秋ヤンから「イかをくれ」といわれたとき「いいよ」と言っていました。冷凍庫がイカでいっぱいだったのです。いつ取りに来るのか、待っていたけど、一向に来ません。
秋ヤンのブログに「くれると言っていた」と書いていたので、持っていきました。すると、お返しにイシダイの道糸を差し出します。高価なのを知っているので、何度か戻しましたが、「えんや、えんや」。
そこでイカの代わりにもらいました。ふふ。久しぶりにコーヒーでも一緒にと思っていたが、「山の神」が3日前から体調不良。病院に連れて行くつもりでコーヒーを断念。ま、しゃーないです。

もらったイシダイの道糸は私が使っているのより値段が高い。5460円と書いている。
交換したイカは、2匹でせいぜい2000円。申し訳ない感じ。ただ、イカを釣るのに、要したガソリン代、高速道路代、エサの活きアジ代、それに最も高い私の釣り労働賃金を合計すると、1匹当たり数千円。そういう計算を勝手にして、許してもらうことにしました。ふふふ。

12月 27, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

イセエビをいただきました。ふふ

Bfcimg9440昨日、赤澤名工がきたときに、冷凍していたアオリイカを1匹あげました。赤澤名工は車の中からイセエビを取り出しました。ふふ。
もともとイセエビを持ってきてくれていたのです。結果的にアオリイカとイセエビの交換になってしまいました。当然私の断然得になりましたわ。
Bfcimg9441早速、夕食に味噌汁にしました。イセエビの下ろし方を忘れていたので、インターネットで調べました。インターネットはホントに便利です。

赤澤名工は1時間ぐらい煮た方が出汁が良く出ると言っていたので、ちょっと長めに灰汁を取りながら煮ました。もう一つ気を付けたのは、欲張って水をたくさん入れないこと。
以前徳島県で買ってきたとき、お椀に5杯分ぐらいの水で作ると、出汁が薄まって、イセエビの味がほとんどしなくなってしまい、その反省です。
だから、今回のイセエビ汁は絶品になりました。その汁に、高知磯連の岡林さんから送ってもらった卵を炊きたてのご飯にぶっ掛けて最高に贅沢な夕食になりました。中性脂肪、コレステロールも増えたと思います。ふふ。

12月 22, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

高知県からおいしい卵

Bgcimg9436Bgcimg9303高知磯連の岡林会長から卵が届きました。高知県の地鶏「土佐ジロー」の卵です。放し飼いにしている鶏で有精卵で元気な卵のようです。
岡山市であった懇親会の席で「今度、送ってやる」と言ったのは覚えているけど、なんでそんな話になったのかは記憶にありません。ふふ。
インターネットで調べたけど、おいしそうです。ほかほかのご飯に乗せて卵かけご飯にして食べてみたい。楽しみです。

しかし8パックもあって、全部をなかなか食べられないと思ったら、「山の神」が大喜び。いつももらってばかりいるおしゃべり仲間にあげるものが出来たと・・・。
ま、折角いい物をもらったので、香川県人におすそ分けできればいいことです。インターネットで調べると、産む卵少なくて、なかなか入手ができないようなので貴重です。釣り人のネットワークがあると、こういう楽しみができます。

12月 21, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

日曜日に高松黒潮クラブの忘年会

Bhcimg9425Bhcimg9423昨日の日曜日の夜、高松市内の居酒屋でクラブの忘年会がありました。参加者は13人。いつもながら楽しい酒席になりました。
料理はまあまあというところ。値段は飲み放題で3800円にしてはたくさんの料理が出てきました。これもデフレの影響? これからインフレになると少しずつ値段が上がるのでしょうか。ふふ。

横に座った宝山さんに今年釣ったサヨリの匹数を聞くと、603匹ということで、目標の500匹を軽くクリア。先週、このブログの読者から「サヨリの人は何匹になったんか」と聞かれたので、ご報告です。「来年は1000匹をお願いします」と宝山さんにいうと、「イヤや、イヤや」とのこと。目標は決めないと言い張ります。でも来年もサヨリ釣りに頑張るようです。

Bhcimg9432私の前に座った3人はアオリイカに熱中3人組です。左からヨッさん、オカテッちゃん、山田さん。この3人と4人で今週高知県に行く予定にしてスケジュールと天気をにらめっこしていました。
ところが私が急に行けなくなって、この日は3人で行くか行かないかをワンワンと話しています。結局ヨッさんと山田さんが「天気が悪い」とリタイア宣言。残ったオカテッちゃんが「一人でも行く」と息巻いていたけど・・・。ふふ。

12月 16, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

香川磯連の忘年会

Bicimg9414昨日の夜、香川県磯釣連盟の忘年会が、高松市街を見下ろす高松美山ホテルでありました。参加者30名足らず。ここのオーナーは釣り仲間なのでめちゃくちゃ安い。
Bicimg9410Bicimg9411とりあえず出てきた料理を書くと、牛肉、フグ、牡蠣などの鍋。イカ、アナゴ、サケ、ハマチなどの握り寿司。カンパチなどの刺身。
Bicimg9409牛肉のステーキ、タラの白子も中盤なって出てきます。もちろんシメのうどんもあります。なんやかんやで飲み放題で5000円。これでやっていけるのかとこっちが心配になります。ふふ。

Bicimg9419
私の前に座ったのが九絵勇心会の植田さんと秋ヤン。この会は今年だけですでにクエを10本も釣っています。先日高知県の沖ノ島であった釣り大会の翌日も釣りをするために泊まった宿で、植田さんが急性胃痛で七転八倒したとのこと。それでも翌日はちゃんと釣りに行ったと言うのだから、あきれましたわ。
午後の9時を過ぎて遠方からの人が帰り始めたころ、会の顧問をしてくれている香川県議会の綾田さんが駆けつけてくれました。ありがたいことです。

12月 14, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

四国磯連の役員会が徳島県三好市で

Bmcimg9340Bmcimg9341昨日の日曜日、四国の磯釣り師が四国のヘソといわれる徳島県の旧池田町に集まりました。四国磯連の会議です。香川県からの参加者は10人を越えました。
Bmcimg9339会議は12時開始だが、11時半に着いたので会場の2階にある喫茶店で一休みです。窓からは吉野川をはさんで紅葉が広がっていました。
この池田町は高速道路が出来るまでは香川県から高知県に行く時に必ず通っていたのでなんとなくなじみ感がありますが、高速道路が出来てからは全く通らなくなりました。

Bmcimg9342Bmcimg9343四国磯連の会議参加者は4県から30人程度。今回の会議は深く審議する事項も無く、1時間程度で終了です。ふふ。よかった。
今回も私が興味を持ったのは、四国磯連の年間大物賞の11月30日現在の中間報告。表彰の対象となる3位を魚種別に見ると、イシダイ70.3センチ、グレ56.9センチ、マダイ80.9センチ、イサキは2人しか提出が無くて2位が46.1センチ、ヒラマサ・ブリは申請者無し、チヌ52.6センチ、クエ118.0センチとなっています。
私には残り1ヶ月で3位もとても無理なようです。ふふ。しゃーない。

12月 2, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

西日本の磯釣り師が集合です

Bocimg9301昨日の土曜日、岡山市内のホテルで関西、中国、四国の磯釣り師が20人ほど集まりました。西日本磯釣り協議会の岡山会議です。年に2回の会議をしています。
来年の釣り保険、機関誌の「潮目」の改善案、香川磯連が中心になって進めているグレ釣り選手権、来年度の行事予定などが審議されました。全員が紳士なので、議論沸騰しても最後はいい方向にまとまります。ふふ。
なお、グレ釣り選手権は西日本磯釣り協議会からの出資金が50万円、各県から3万円ずつを出すことで優勝賞金などを見直すことになりました。

Bocimg9303・懇親会で私の前に座ったのが高知磯連の岡林会長と別役前会長。岡林さんは今週火曜日に私一人で行くことにしている小才角の渡船をよく知っているので、渡船の予約を代理でお願いしました。ここは上がる磯の予約が出来るのです。
こういうときは磯釣り師のネットワークがホントにありがたい。磯のポイントもしっかり教えてもらいました。ただ、火曜日は強い北西風が吹くのはほぼ間違いないので、磯に上がることが出来るのかどうかは天気次第。
別役さんは「あの磯は北西風が吹くと、顔に当たってつらいぞ」と面白がって脅します。「あそこの磯なら10匹は釣れる。夕方に釣果報告を電話せよ」とまで言います。やれやれ。

11月 24, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

イシダイ釣り師の松下さんから・・・

Bscimg9214金曜日の昼過ぎ、前々日のイシダイ釣りと前日夜の酒で疲れが全身にまとわりついていて、まったりとコタツに入っていました。
そのときイシダイ釣り師の松下さんから電話。釣りのお誘いかと思ったら、「松茸を採ってきた」とのこと。「来るか」というので、もちろんもらいに行きました。
車で小一時間をかけて、待ち合わせ場所の高速道路の大内・白鳥IC近くのパチンコ店の駐車場に行きました。

5分ほど待っていると、松下さんが現れて松茸をくれます。今年は松茸が豊作と聞いていたので、それを言うと、「それは長野県などの方や。こちらはそんなに採れん」とのこと。
遠くにかすんで見える高い山を指差して「あの高い山を越えるくらい歩いてきた」とのこと。ふふ。もらった有り難さが身に沁みます。
Brcimg9218さっそく松茸ご飯にして食べました。何年振りでしょうか。旨いので、ついお替り。夕食でお替りをしたのも何年振りでしょうか。旨いものは旨い。松茸の香りが食欲をそそります。

11月 11, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

香川県磯釣り連盟のクラブ会長会

Bscimg9205木曜日の夜に香川磯連所属クラブの会長会がありました。年に数回香川県内から集まってきます。
日本一面積の小さい香川県でも端からほぼ真ん中にある高松市までは高速道路を使っても小一時間かかります。私は会場のホテルまで15分。他の人には申し訳ない気がします。
この日の議題は12月8日に高知県沖ノ島への渡船2隻を借り切っての香川磯連の大会。借りきりになるので参加者が少ないと困ります。だが、今年はすでに60人は申し込みの可能性が高いということで一安心です。ふふ。

もう一つの議題は各種大会の釣果中間報告。先月末に予定していた四国磯連の大会が1ヶ月の魚拓で審査することになったので、この日までに魚拓が提出されているもの。
それに10月から12月までの魚拓で競う西日本全体の大会。どちらもほとんど魚拓が提出されていません。頑張ったら入賞できるかも。ふふ。
別の議題で、来年に開催が検討されているグレ釣り選手権大会。これは近畿、中国、四国の県別に予選をして勝ち抜いた代表が四国に集まって競う大会ですが、香川磯連が中心になって開催することになりそうです。事務局長の前川さんが中心になっています。

11月 9, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

再び「クエ食え会」

Bzcimg9049Bzcimg9050昨日の夜、「クエを食う会」が高松美山ホテルでありました。集まったのは香川磯連のメンバーを中心に32人。この前の日曜日の夜になんと3匹のクエが釣れたのです。釣った人は白川さん、桑村さん、植田さんの3人。
Bzcimg9034Bzcimg9035クエ釣りをメインにしている四国九絵勇心会が今年釣ったクエはこれで9匹になりました。ただただすごいとしか言いようがありません。私はそのお相伴にあずかっています。ふふ。回覧で回ってきた写真を私のカメラで撮りました。
Bzcimg90423匹の中で一番大きいのを釣ったのが私の横に座った白川さん。118センチということです。徹夜で釣っていて来たのは午前5時。やっぱり釣る人は根性が違いますな。他の二人が釣った2匹は100センチに少し足らなかったとのこと。


Bzcimg9051Bzcimg9048料理の数々は明日に書きますが、その中で一番迫力があったのがクエの頭の煮つけ。ど迫力です。古川さんはその頭から歯を取り出し、乾かして飾りにするのだと言います。
今の時期に大型のチヌを狙って愛媛県の宇和海に釣行しているのは、私と古川さんくらい。その古川さんが先日48センチを釣ったが50センチ未満なのでリリース。
だがよくよく考えると、9月から12月までの西日本磯釣り協議会の魚拓大会中なので、それには入賞の可能性があったと、この場で気がついて悔やんでいます。ふふ。


10月 17, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

残念です。チヌ釣り大会中止

Cim0154Cim0162今日は何年も前から続いている観音寺目示奈会と高松黒潮クラブとの交流チヌ釣り大会の日でしたが、台風18号の接近で中止になってしまいました。残念です。
目示奈会の古川会長がなんとか開催したいと昨日の昼過ぎまで台風の進路を見ながら渡船の船長と連絡を取ってくれていましたが、昼過ぎに「中止にします」の連絡。
写真は以前開催したときのバーベキュー写真。大会が終わった後は目示奈会がいろいろと準備してくれて、楽しいバーベキューで、腹いっぱいになって帰りました。

渡船時刻を繰り下げてでも開催できないかと思っていましたが、今朝午前5時前に起きて、木の葉が揺れる音と、電線が揺れてピューと鳴る音を聞いて中止にしていてよかったと思いました。
目示奈会には若い人がたくさんいて、そのぶん体のフットワークが軽いので、年寄りが多いわが黒潮クラブは大助かりの大会でした。いつまでも続けてくれることをお願いしますわ。

9月 16, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

四国磯連の9月役員会

Mcimg8679昨日、四国磯連の常任理事会が徳島県の三好市であり、四国中から30人近い磯釣り師が集まりました。この会があるので、四国の多彩な磯釣り師と顔見知りになれます。
今回の議題で私が最も興味があるのが、今年の年間大物の中間発表です。この大物記録を見ているだけで、ワクワクしてきます。四国の磯の大物可能性に気持ちが高揚します。
イシダイの部は1位が先日クエを釣った香川磯連の小田さんが、75.8センチのイシダイを釣っています。65センチ以上が大物申請が出来ますが、現在申請が出ているのは7人。そのうち香川磯連から3人。香川は頑張っています。もちろん私とは関係ないが。

グレの部の1位は66.5センチで香川磯連の大河さん。マダイの部の1位は82.6センチで香川磯連の梶谷さん。イサキの部1位は46.1センチで香川磯連の多田さん。香川は頑張っています。
これらの記録はわくわくするが、私が申請魚を釣るのは難しい。四国磯連の申請最低サイズはでかい。イシダイは65センチ。グレは55センチ。マダイは80センチ。イサギ・アイゴは45センチ。チヌは50センチ。クエは100センチ。どぎゃんかしたいけど、どうにもなりそうにない。

9月 2, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

西日本磯釣り協議会の岡山会議

Mcimg8653西日本磯釣り協議会の役員会が岡山でありました。近畿、中国、四国の各府県から磯釣り団体が集合です。40名近い人が集まりましたが、香川県からは私を入れて5人が参加しました。12府県で最も多い人数。香川県は参加人数では頑張ります。
写真の右から香川県から参加した大西さん、前川さん、古川さん、秋山さん。6月の大会で入賞した前川さんはグレの部2位、大西さんは他魚の部4位で、表彰されました。
この時期の会議では毎年来年の釣り保険に付いて審議されます。来年も基本的には今年と同じ内容で進めることが確認されました。

最後に香川磯連が主体になって検討を進めていた「西日本磯釣り協議会グレ釣り選手権大会(案)」が提案され、来年の開催に向けて前向きに進めることになりました。
ただ、現在の案では優勝賞金が30万円、準優勝が15万円などとなっていますが、これについては今後さらに大会の収支の検討をしてから順次煮詰めていくことになりました。ま、当然です。
Mcimg8654なお、会議に先立ち、デジカメ写真から魚拓を作るサービスをする会社の説明がありました。県連の大会優勝者には無料で作成してくれるとのこと。たぶん1回だけ。そりゃあ、そうでしょ。

8月 26, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

クエを食う会に香川磯連のつわもの集合

Ocimg8605今週の水曜日の夜、香川磯連所属の小田智章さんがクエを高知県で釣りました。秋ヤンから宴会のお誘いがあったので金曜日の夜、ルンルンと出かけました。クエ専門の釣りクラブ「四国九絵勇心会」の活動が目覚しく、そのおかげで私がクエを食べる機会が増えています。ふふ。
Ocimg8598この日に高松市内の高松美山ホテルに集まったのは18人。きれいな魚拓ができていたので、宴会が始まる前に小田さんに写真を撮らせてもらいました。
サイズは1メートル13センチ、重さ27.5キロ。一人で釣っていて、このクエがきたのは午後11時20分。「恐くなかったか」と聞くと、「これくらいのサイズなら問題なし。50キロでも取れる」。私の体力では考えられませんわ。
彼の手のひらの一部に、手袋をしていたが道糸を握ったところが熱でむけていました。すごいパワーだったようです。

Ocimg8602小田さんの話では磯に1年間に50回行き、クエを釣った日も昼はイシダイ狙い、夜はクエ狙いだったそうです。このクソ暑いのにようやりますわ、と言うのが私の感想。
やっぱり釣る人は努力しています。小田さんは今年イシダイも75センチオーバーを釣っていて、現在四国磯連の年間大物になっています。
Ocimg8612宴会はそのうち、クエ釣り談義になり、秋ヤンがクエ仕掛けや、竿、竿板を持ってきて披露します。
この日に集まった人たちは磯釣りの猛者ぞろい。グレ、チヌなどの大物釣りのポイントやエサ、仕掛けなど、丸秘テクニックをたくさん聞くことができました。
さて、食べきれないほどのクエ料理がずらずらーっと並びましたが、その詳細は後日。

8月 18, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

香川磯連の役員会

Pcimg8563昨日の夜、香川県磯釣り連盟の会長会という役員会儀がありました。集まったのは香川県全域から17人。日本一面積が小さい香川県ですが、一番端からほぼ中央にある高松市までは高速道路を使っても1時間はかかります。
Pcimg8564私は会場まで車で15分。なんか、申し訳ない感じですけど、しゃーないですわ。
この日は今年になってから行ったチヌ釣り大会、四国磯連大会、香川磯連大会、西日本磯協大会の結果報告と、年間大物賞のこれまでの釣果の中間報告がありました。

年間大物の中間報告によると、イシダイの部の1位は75.8センチ、3位でも69.2センチ。とてもじゃないけど、3位以上を狙うことは私には不可能です。
グレも今年は大物がたくさん釣れていて、1位は66.5センチ、5位でも50.6センチ。とても5位も狙えませんわ。
イサキは1匹しか申請が無くて46.1センチという大物。これは無理としても40センチ以上を釣れば入賞の可能性があります。また、チヌも申請は1匹のみで52.6センチ。これも50センチ以上を釣れば入賞の可能性がありそうです。

8月 13, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

「クエを食う会」が盛大

      Bscimg8029 Bscimg8030昨日の夜、香川磯連所属の桑村さんが釣った1メートル20センチの「クエを食う会」が盛大に行われました。場所は高松市街を見下ろす紫雲山中腹にある高松美山ホテルです。会場に行くと、魚拓がきれいに出来ていて壁に立てかけています。立派です。桑村さんと一緒に写真を撮らせてもらいました。

Bscimg8039Bscimg8040Bscimg8043集まったのは香川磯連のメンバーだけでなく、高知磯連、兵庫磯連からも駆けつけて総勢20名を越える人が駆けつけました。

Bscimg8031Bscimg8032クエといえば鍋料理がやはり一番旨いし定番です。これ以外にも炙り刺身も出てきます。他にもたくさんのクエ料理が並びました。

桑村さんはクエを釣ったのは初めてということで、みんなから祝福されてちょっと戸惑っているようにも見えました。

つづく・・・。

  ・
Bscimg8036来ていたメンバーの中には香川磯連の顧問の香川県議会議員の綾田さんと、今年の参議院選挙に出馬が予定されている三宅しんごさんもいて、「クエは旨い」。当然です。

Bscimg8033私の自宅の風呂場と洗面所をリフォームしてくれている三宅さんも来ています。リフォームは丁度この日に終えていて快適になっているので、お礼を言うのにいい機会でした。ふふ。

5月 10, 2013 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

四国九絵勇心会の桑村さんがクエを釣りました

Z201305052 秋ヤンのブログ見ると、秋ヤンと同じクラブ、四国九絵勇心会の桑村さんが1メートル20センチのクエを釣ったと書いています。写真は秋ヤンのブログから勝手に拝借しました。ふふ。おいしそうです。
http://hpcgi2.nifty.com/kagawaisoren/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2013&m=5&d=5

Zbucimg5905 桑村さんとは去年、一緒に磯に上がったことがあります。そのときすぐ近くでいきなり60センチのイシダイを釣ったので、びっくりしました。やっぱりウデがいいんでしょうなあ。

今日の昼外食して帰る途中、秋ヤンから電話です。クエの話だろうと思っていたら、やっぱり。

つづく・・・。


桑村さんが釣った「クエを食べる会」への招待です。ふふ。これまで香川磯連のクエ釣り師が釣ってくると、たいていお呼びがかかります。ありがたいことです。

秋ヤンとは約束があります。それは「秋ヤンがクエを釣ったら3キロの身を私に分けてくれる」と言う内容。もらったクエで私が所属している高松黒潮クラブのメンバーでクエ料理を食べることになっています。

今回は秋ヤンが釣ったのでないので、私だけが食べさせてもらいます。ふふ。

5月 7, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

香川県釣り団体協議会のメンバーが集まりました

Bxcimg7938     昨日、香川県釣り団体協議会の総代会が高松美山ホテルでありました。集まったのは13人ですが、磯釣りクラブ、投げ釣りクラブ、バス釣りクラブ、遊漁船クラブと多彩です。

Bxcimg7943それだけにいつもは磯釣りのメンバーと接することが多い私にとっては新鮮で新しい知識を得られるチャンスが多い。今年からメンバーになった遊漁船クラブの会長はルアー釣り専門の惠優丸船長の福本さん(写真真ん中。左は当会婦人部長の青井さん)から耳寄りの話がありました。

香川県東部の磯への渡船をしていて、50センチオーバーのチヌも釣れ出しているとのこと。この情報に早速飛びついたのは、私と香川磯連会長の古川さん。今度、近いうちに一緒に行く計画になりました。

つづく・・・。

Bxcimg7945投げ釣りクラブの全日本サーフ香川協会の話は「メンバーの老齢化」の話。メンバー数減少と老齢化は、どこの釣りクラブも一緒のようです。

Bxcimg7947遅れてきた香川バス釣り連盟会長の村橋さんは、食べることに熱中です。最近は仕事が忙しく釣りにもあまりいけていないとのこと。大変なようです。

Bxcimg7946秋ヤン(写真は真ん中の顔にバンドエイド)にはイシダイ釣りに連れて行ってくれとお願いしたら、「お前と一緒に行ったら、オレの釣りが出来んからなあ」といいます。そういう野蛮な言い方はしませんが、ま、そういう内容です。

「一緒に磯に上がったら、一等席を私に譲らないといけない」という意味です。以前に一緒に行ったときにもそうしてくれました。ふふ。

4月 25, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

香川磯連の会長会

Bycimg7935 Bycimg7936 昨日、香川県磯釣連盟に所属するクラブの代表者が集まっての会議がありました。香川県は面積が全国一小さい県ですが、それでも全県から集まるのは大変です。21人が出席です。写真で手を上げているのは評決しているわけではなくて、飲み物をコーヒーにするか、ジュースにするかの意思表示。ふふ。

これからは磯釣りの大会が目白押しです。5月12日には香川県西部の磯でチヌ釣り大会、翌週の19日に四国磯連の大会、そして6月9日には香川磯連の大会と西日本磯釣り協議会の大会が同時に開催です。

私はどれも参加する予定です。楽しみではありますが、一つだけ心配なことがあります。

つづく・・・。


それは雨。職をリタイアした後の釣行は天気予報を何度もチェックして雨が降らず、風も吹かずの日を選んでいます。ま、リタイアしたからこその贅沢ですわ。

ところが大会となると、天候に関係なく日が決まっているので、雨でも行かなくてはいけません。年寄りになるとこれが苦痛。ふふ。ま、参加することに意義があるので、雨のときは磯の上で釣りをしないでジーッとしていてもいいと思うこのごろです。

この日の議題でもっとも時間を掛けたのが、これから計画をしている「西日本磯釣り協議会グレ釣り選手権大会(仮称)」。関西、中国、四国の磯釣り師が競うグレ釣り選手権です。これから煮詰まっていくと期待しています。

4月 24, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

四国の磯釣り師が徳島県三好市に集合です

Fcimg7787 昨日の日曜日、四国磯連の役員会がいつもの会場でありました。徳島県の西端にある三好市です。集まったのは四国4県から30名。

議題は5月19日に開催する四国磯連主催の磯釣り大会の件。これは役員担当が替わったので、申し込み先が変わりますが、基本的にはいつもどおりです。

参加費1500円。対象魚種はイシダイ・イシガキダイの部、グレの部、イサキ・アイゴの部、マダイ・クロダイの部、ヒラマサ・ブリの部、他魚の部。1匹長寸で3位までの表彰です。

つづく・・・。


これまでに申請があった今年の大物の報告がありました。イシダイは67.5センチの1匹のみ。グレは56.9センチの1匹のみ。マダイ、イサキ・アイゴ、ヒラマサ・ブリ、チヌ、クエの大物申請はなし。他魚はヒラメの82.6センチの1匹のみ。

今週中に宇和海か高知西南に釣行を予定しています。チヌの大物申請が1匹もないということなので、再度チヌ狙いを優先するつもり。だが、風が強そうなので、いつ出発するか思案中です。

4月 8, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

西日本磯釣協議会の総会が神戸市で

Ncimg7568 Ncimg7579 Ncimg7570 Ncimg7577 日曜日には西日本磯釣協議会の総会が神戸市のホテルでありました。近畿、中国、四国の磯釣団体が勢ぞろいです。

香川磯連からは全員で12名が参加。そのうち8名がレンタカーを借りて行きました。時間に余裕があったので淡路島のSAで休憩して記念撮影。左端が古川会長、右端が前川事務局長。

宴会では関西らしくプロの落語家と演歌歌手がきて場を盛り上げようとしてくれましたが、酒が入ってぐちゃぐちゃの雰囲気の中で話や歌をまともに聞く人はほとんどいません。名前が売れた人ではないようですが、申し訳ない感じでした。料理の中ではたこ焼きに似た明石焼きがおいしかった。

つづく・・・。


Ncimg7574 釣り具メーカーをはじめ来賓の方がたくさん来てくれていたのも関西地区での開催のおかげです。四国開催だとこんなにたくさんの人は来てくれません。

来賓の中に「関西のつり」を発行している岳洋社の松井社長が来ていたので挨拶です。「日曜日ごとに会があるので休みがとれん」とぼやいています。ふふ。申し訳ない。

私が「関西のつり」に投稿し始めて今年で丁度30年になります。長い付き合いです。ま、私の釣りに関する執筆は「関西のつり」が育ててくれたようなものです。こことの付き合いがなければ私の釣り人生は全く違うものになっていたはずです。

3月 5, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月27日 (水)

これから忙しくなる

Pcimg7514 これからの釣行計画がいくつも入ってきそうです。3月の下旬には西脇さんとチヌとイカ狙い、4月の2週目にはカンちゃん、松下さんらと沖ノ島でのイシダイ釣りが具体化しつつあります。その前に一人で宇和海での50センチ越えのチヌ狙いにも行く予定。

四国磯連の総会の宴会で私の横に座っていたのが天雲さんと稲崎さん。話が盛り上がってくるうちに思い出したことがあります。2年前に「山の神」とエジプトに行くために成田空港にいました。

そのとき天雲さんから電話があって、船釣りのお誘いでした。私が「今度行くときに誘ってください」とお願いしていたものですが、残念ながら行けませんでした。

つづく・・・。


誘ってくれた船釣りは、船の上でご飯を炊いて、釣った魚で刺身と味噌汁を作って食べさせてくれるいうことなので、誘ってくれるようにお願いしました。

その時期は大きなメバルがたくさん釣れるので、毎年二人は行っているそうです。今年も私を誘ってくれるという話になりました。楽しみです。

おりしもエジプトでの気球事故のニュースが流れています。2年前に行ったときは大規模デモの真っ最中でホテルの部屋まで喚声が聞こえてくるほどで、観光を一部省略して逃げるようにエジプトを脱出しました。その翌日から空港は閉鎖されたので危機一髪でした。今回の気球事故の原因が観光客減少による整備不足も取りざたされているようなので、成田空港で受けた船釣りお誘いの電話を思い出したことで変な感じがします。

2月 27, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月26日 (火)

四国磯連の総会で・・・

Pcimg7499_2 Pcimg7536 Pcimg7537 日曜日の四国磯連の総会で、私が去年釣ったヒラスズキが特別賞で表彰されました。私には初めてのことです。ふふ。

表彰状のほかに副賞としてくれたのが土佐刃物の出刃包丁とアジ切り包丁のセットです。これはありがたい。ここの包丁は良く切れるのです。

早速イシダイ釣り用のバッグに入れることにしました。だが、いかにもよく切れそうなので、警察から不審尋問を受けたとき、銃刀砲所持の違反にならないかと心配になりましたわ。

つづく・・・。


いつもは気にしない表彰状の文章を見て、笑ってしまいました。「貴殿は不断の努力により頭書の釣果をあげられました」と書いています。「不断の努力」はしていないので「運」と思っていたが、まあいいか。

だが続く文章に「優秀なる釣技と幸運を称え」と、きっちりと「幸運」のおかげだと書いています。いい表彰状です。

2月 26, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

四国磯連の総会

Pcimg7499  Pcimg7523昨日の日曜日、四国4県の磯釣り団体で構成する四国磯釣団体協議会の総会が高松市で開催されました。4県の持ち回り開催で今年は香川県の当番でした。場所は 高松市内を一望することが出来る「花樹海」です。

Pcimg7494開会宣言の役が私に回ってきましたが、まあ、なくてもいい役です。参加者は4県からと大阪府連、兵庫県連さんからも参加してくれて合計が70名近くになりました。

Pcimg7502事業計画、予算の審議の後、2年ごとに4県で交代することになっている新役員の紹介があってスムーズな進行です。

つづく・・・。

   ・
Pcimg7504 会議の後は場所を変えて懇親会です。料理は事務局長前川さんの発案でオリーブハマチなど香川県産品のものが並びました。

Pcimg7505高知磯連の大原さん(写真左)とはこの会で会うのが楽しみです。数年前に土佐佐賀の離岸堤で一緒に徹夜した松本さん(写真右)にも会えました。私はすっかりお顔を失念していたけど、思い出しました。ふふ。

Pcimg7506Pcimg7512香川磯連の顧問の綾田県会議員(写真右)も参加。ダイワの遠藤所長(写真左)とオーナーバリさんからも参加。私のいる高松黒潮クラブからはヨッさん、片ちゃん、斉藤さんと私の4名の参加です。

Pcimg7518Pcimg7521 壁の周りには魚拓がびっしりと貼られていて、釣り団体の総会らしい雰囲気が出て、いい感じになりました。ビンゴーゲームなどもあって、 楽しい宴会の2時間が瞬く間に過ぎました。

2月 25, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

四国の磯釣り師が集まりました

Scimg7446 この前の日曜日、四国の真ん中にある徳島県三好市に四国四県の磯釣り師25人が集まりました。四国磯連の役員会です。

議題は今月の24日に予定している総会の議題検討です。昨年の事業報告、会計報告、今年の事業計画、会計予算があるのは会社と同じです。
そして昨年一年間の大物表彰もありました。
イシダイのトップは80.2センチを釣った土佐コウロウ会の御庄正浩さん。80センチオーバーはすごい。

香川磯連では白川さんがすごいことに。イシダイの70.8センチ、グレの55.4センチ、チヌの55.5センチ、他魚の部でもタマミの87.0センチと底物釣りでも、上物釣りでも入賞サイズを釣っていたのにはびっくりです。こんな人は珍しい。

そして私も末席を汚すことになりました。チヌの50.8センチが敢闘賞、ヒラスズキの81.7センチが特別賞として表彰してもらえることになりました。

磯釣団体で表彰されるのは私にとってまぐれでしかなく、滅多にないことなので、ありがたく頂くことにします。ふふ。これもリタイアしての自由があったからだと思っています。

2月 6, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

香川県磯釣り連盟の総会

Tcimg7399 Tcimg7394   Tcimg7392 Tcimg7403 昨日の日曜日は香川磯連の総会でした。場所は高松市内を一望できる高松美山ホテル。集まったのは40人足らず。

ここのホテルは料理が旨い。この日はすき焼き、海エビの塩茹で、フグと牡蠣の天ぷら、シマアジの刺身。どれも文句無しに旨い。連盟の顧問をしてくれている元香川県議会議長の綾田さんも「おいしい」を連発します。

この総会で私が2年間していた会長を下りました。会長といっても事務的にはすべて事務局長の秋ヤンにおんぶしていたので、安心して会長をすることができました。感謝です。

Tcimg7397Tcimg7396私が所属の黒潮クラブからも宝山さん、斉藤さん、片ちゃんが出席です。今回の総会資料を見て、香川磯連に所属の17クラブの中で最大のクラブ人数となっていることに気が付きました。

Tcimg7401 去年一年間の大物の表彰がありましたが、一番光っていたのが白川さん。イシダイでも昨年の1年間で60センチ以上を少なくとも6匹を釣っています。これが毎年のことなので、絶対に秘密があるはずです。

そこで「60センチ以上を釣るにはどうしたらいいか」を聞きました。丁寧に色々と教えてくれました。それを聞いていると私にも釣れそうな気がしてきましたわ。ふふ。今年は秘策で頑張るぞー。ふふ。

1月 28, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

香川磯連の役員が集まりました

Wcimg7313 Wcimg7314 昨日の夕方、香川磯連の役員というか、世話人7人が丸亀市の喫茶店に集まりました。高松市から車で1時間ぐらいの距離です。

事務局長の秋ヤン、事業委員長の斉藤さん、グレートヨーヘンの秋山さんと前川さん、それに観音寺目示奈会の古川さん、クエ釣り師の植田さんと私の7人です。

私が香川磯連の会長になって2年が過ぎました。そこで会長を私がする2年前まで会長だった古川さんに無理を行って再登場してもらうことになりました。また、事務局長も秋ヤンからグレートヨーヘンの前川さんが引き受けてくれることになりました。

趣味団体の世話人というのは手間が掛かる割りにありがたがってもらえないものです。さまざまな会合に出席するだけでも釣行に支障が出ることも多い。ま、ボランティア精神がなければ出来ません。会長職はそうでもないが、事務局長は大変です。

資料の作成、各クラブに周知するための印刷、封筒詰めなど大変で、昨日も今年の総会資料案を秋ヤンが作ってきていました。

香川磯連の役員改選は2年ごとに行われるので、何とか辛抱が出来ます。私がクラブに加入した30年前は、会長になりたい人が皆の前で醜い争いしているのを目の当たりにしたこともありましたが、今はそんな元気がある人はいません。ふふ。

1月の最終日曜日の総会で承認されれば決定となります。

1月 9, 2013 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

漁港をぶらぶらしていると

Ablcimg7209 Ablcimg7210 昨日は久しぶりに風もなく晴天だったので、高松漁港を散歩しました。歩数稼ぎでもあります。

港沿いに歩いていると、大きな声で私の名前を呼ぶ人がいます。キョロキョロと探すが声の主が見えません。「こっちや、こっちー」と何度も言われてやっと漁船のトモで手を振っている声の主を見つけました。

美容師のひでちゃんです。以前は船に乗せてもらって釣りに行ったこともありましたが、最近は全くのご無沙汰でした。

船に乗り込んで行くと、「市場で買ってきたんや」と大量のゲタ(ウシノシタ)のウロコと頭をのけています。干物にするといいます。しばらく見物しながら談笑です。のんびりと時間が過ぎていきます。

ひでちゃんの船を下りて、歩数稼ぎ再開です。すると、漁船の合間で二人が竿を出しています。こんなところで釣りをしている人を見たことが無いので、「何が釣れるんですか」と声を掛けました。

返ってきた言葉に笑ってしまいました。「魚や」。で、コチトラも「まさかイノシシは釣れませんわなあ」と返しました。
「齢が70才になると、こういう釣りが一番や」といいますが、まだ何にも釣っていないとのこと。それでも「フグが釣れたが逃したわ」と自慢げです。ふふ。

12月 15, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

香川釣り協の忘年会

Abmcimg7207 Abmcimg7206 昨日は香川県釣り団体協議会の有志の忘年会。写真の左から香川バス釣り協会会長の村橋さん、香川磯連会長の私、全日本サーフ香川協会会長の青木さん、当協会会計部長の藤森さん、デザイナーの猪ちゃんの5人です。

普段は違った釣りをしている人から話を聞くのは新鮮で楽しい。サーフ、バス釣り、磯釣りでは、競う方法が違うようです。サーフでは魚種別サイズ別の年間点数制。バス釣りでは釣り大会ごとの重さ勝負、磯釣りでは1匹長寸が基本です。

この日の料理は刺身から始まり、フライ、カニ、鍋とどんどん出てきましたが、話に夢中になってしまい、写真は最初の刺身しか撮っていませんでした。ふふ。

香川釣り協の主要活動はサンポート高松港でするファミリー釣り大会でしたが、今年で終了することになりました。参加者からは惜しむ声が多数寄せられましたが、とりあえず区切りをつけることにしました。

で、来年以降の活動をどうするかがこの日の話題でした。あるメーカーから協力をいただける話があるので、今後詳細をつめていくことになります。

12月 13, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

香川の磯釣り師の忘年会

Abncimg7193 Abncimg7194 昨日、香川県磯釣連盟の忘年会が、いつもの高松美山ホテルで午後7時からありました。参加者25名。いつもながら楽しい酒席です。

Abncimg7192 この日の料理はフグ、ブタ、牡蠣の鍋に、刺身、ステーキ。それに巻き寿司、シメのうどんでもとても全部食べられません。これでお酒飲み放題で5000円。安い。

Abncimg7196 私の横に座ったのは事務局長の秋ヤン。今年で事務局長を降りたいと考えているようで・・・。後任をしてくれる人が決まるかどうかでやきもきしていましたが、二次会の席で何とか決まったようです。彼のこれまでの苦労が分かるので、良かったわ。

秋ヤンの反対側の隣に座ったのが藤森さん。仕事が忙しいようで、なかなか釣りにいけないとぼやいています。そりゃあ、釣りよりも仕事を優先しないといけませんわ。

今月の23日に高知県沖ノ島で予定している香川磯連の大会にも仕事で出られないとのこと。私も会社にいたときは出張で大会に出られないことが何度かあって、相当イライラした覚えがあります。

明日は香川釣り団体協議会の忘年会。藤森さんと私は連ちゃんの忘年会になります。齢が行くと酒を飲むのも疲れます。ふふ。

12月 12, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

四国の磯釣り師が集まりました

Abpcimg7175  先週の日曜日、徳島県の三好市で四国磯連の会議がありました。四国4県の磯釣団体から20名が集まりました。

まずは10月末にあった四国磯連の大会参加者が愛媛24人、高知70人、徳島24人、香川59人の合計177人でした。大会は強風のため1ヶ月間の魚拓審査となったため、来年2月での発表となりましたが、80センチ以上のイシダイが出ているようです。

今年の年間大物ランキングでは、イシダイの65センチ以上が9匹、グレの55センチ以上は1匹のみとなっています。私もチヌの部で50.8センチ、他魚の部でヒラスズキの81.7センチが一応登録されていますが、表彰圏内は無理な感じです。

Abpcimg7183この会議で、高知磯連から特製のカレンダーをいただきました。高知磯連は自前で毎年作っていて元気がいい。ちと、うらやましい。

この会議のとき、香川磯連事務局長の秋ヤンから12月23日に予定している「香川カップ磯釣り大会」の参加申し込み者がこれまでに40人程度にしかなっていないとのこと。

高知県沖ノ島で渡船2隻を借り切っての大会なので、もう少し人数を集めないといけません。渡船代、弁当代を含めて参加料は1万1000円です。表彰はイシダイの部、グレの部、他魚の部のみで、3位までの現金となる予定です。金額は参加人数によります。

一般参加も可能ですので、読者も四国の荒磯で竿を出して見ませんか。参加申し込みはこのブログのコメントに「参加したい」と書いてくれればこちらから詳細をお知らせします。

12月 6, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

内藤さんから男女群島報告

Zca98i2bos 金沢市にいる内藤さんから11月下旬に行った男女群島の釣行報告が届きました。今回は、金沢市から長崎県の渡船場に行く途中に「これから行くぞ」と電話があったので、よほど自信があったらしい。普通は、釣行のあとで、釣れたときだけ報告するというのが釣り人の常識です。ふふ。

以下は内藤さんからのメールです。
「今回は高橋さんと平戸から大師丸にて釣行いたしました。
23日午後6時過ぎに出港して午後10時に男女につきましたが強風で夜釣りは諦めました。
24日は早朝、風速17mで風裏しか乗れず、私は女島のペチャパイに乗りましたがこれが旨く当たって石鯛51cm~37cmを9枚
イシガキ33cm~25cm8枚と結構沢山釣る事ができました。」
高橋さんとは東広島黒潮クラブの高橋さんのことで、私も何度か一緒に行ったことがあります。
「夜釣りは疲れがでたので又サボりました。
25日は凪になり絶好の釣り日和になり私は真浦の1番に乗りましたが・・・・
海亀が磯の周りをうろつきまして・・その所為か本命のアタリは全く無しでした。
高橋さんは24日、25日共石鯛は釣れずにイシガキのみでした。
来年は4月に男女釣行を企てておりますので是非ご一緒致しましょう。」
良く釣れたようです。良かった、良かった。       

12月 5, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

西日本磯釣協議会の岡山会議

Abscimg7128  近畿、中国、四国の磯釣団体で構成している西日本磯釣協議会の役員会議が年に2回あり、昨日の土曜日がその2回目でした。

Abscimg7139会議の後、懇親会会場に行くといきなりクエの魚拓が壁に貼られました。釣ったのは田中重信さん(写真 左)。126センチ、26キロの大物です。この魚拓で雰囲気が一気に盛り上がります。
宴会中に高知磯連の人がこの日に82センチのイシダイを上げたという情報も入ります。

Abscimg7137 私の横に座ったのは磯釣団体の釣り保険の世話をしてくれている林さん。保険話で盛り上がりました。来年の保険では従来の1000円は無くなり、最低が1500円になりました。

Abscimg7140 Abscimg7142 酒が進んで席がシッチャカメッチャカになってきたとき、横に岡山磯連の大月(写真 3人の左)さんと池田さん(写真 真ん中)が来て、よく行っているという屋久島の磯について教えてくれました。

エサの調達方法や、フェリーの利用方法、民宿、渡船、磯場を詳しく教えてくれました。遠征釣行には色んなノウハウが必要で、こういう情報は大変ありがたい。大月さんは来週から1週間屋久島でイシダイ釣りをするとのこと。うらやましい。

Abscimg7144 その後は二次会に突入したが、私と一緒に行った香川磯連の植田さんがいつもの調子で大暴れ。終いには男性を捕まえてダンスを強要します。ま、大いに湧きました。

11月 25, 2012 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

植田さんがクエを釣りました

Adcimg6894 Adcimg6896 Adcimg6902 クエを専門に狙う釣りクラブ「九絵勇心会」の植田会長がまたまたクエを釣りました。このクエを食べるために、20人近くが集まりました。香川磯連の顧問をしてくれている元香川県議長の綾田議員も来ています。

植田さんが前々日の午前3時に釣ったときの状況報告の後、クエ料理に一斉にかぶりつきました。まずはなんと言ってもクエ鍋。この鍋には松茸も入っているという豪華版。ふふ。クエの肉は脂が乗っているのに、淡白。旨い、としか言いようがありませんわ。

Adcimg6905 クエをさばいたのは高松美山ホテルの粂井さん。すごく脂が乗っていたと言います。

つづく・・・。

Adcimg6897 Adcimg6904 Adcimg6903料理は頭を丸ごとの煮付け、そしてアラ煮、炙り寿司、おまけに同じ日に釣れたウツボの空揚げあんかけなどがずらりと並んでいます。

どれも旨いが、アラ煮に入っている胃袋がコリコリとして違う食感。皮はどれもゼラチン質でねっとりと旨い。最後にクエ鍋に讃岐うどんを入れて3杯。腹がパンパンになってしまいました。少々歩いて痩せる努力が吹っ飛んでしまいましたわ。

10月 25, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

宴会用のイシダイ釣り(3)

Agcimg6822 Agcimg6828 Agcimg6827 Agcimg6825 釣ってきたイシダイを食べるために、高松市内の割烹「川照」に8人が集まりました。持ち込んだイシダイをマスターが刺身、煮付け、あら煮、皮の湯引きにしてくれていました。

メインの刺身は見ただけで、いかにも脂が乗っている色をしていて、旨そうです。私は刺身をあまり食べませんが、あまりのおいしさにどんどん食べました。

集まった人の評価も、絶賛に次ぐ絶賛。「こんなに旨いイシダイを食べたのは20年ぶり」。「脂が乗っているので、箸が滑って落としたが・・・」。「全然臭みが無くて、まるでトロみたい」。表現は違うが、全員が満足の味でした。ふふ。

Agcimg6820釣り人は魚に対してはすごく舌が肥えているので、おいしくなければ2,3切れを口に入れた後は食べませんが、この日はどんどん食べてくれます。釣ってきたものとしては気分上々。遅れてきた小野ちゃんにもおすそ分けです。

煮付けにしても、脂があってホントに旨い。旨い料理は幸せにしてくれます。このときを狙って西脇さんに高松黒潮クラブへの入会を勧めて、OKの返事。西脇さんは42歳。久しぶりに若手の入会となりました。ふふ。

10月 12, 2012 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

香川磯連の役員会

Aocimg6563 香川県磯釣連盟は16の磯釣りクラブで構成しています。その役員会が高松市南部の峰山の中腹にあって見晴らしのいい高松美山ホテルでありました。ここのマスターも連盟所属のクラブ員です。

集まったのは18人。香川県は日本一面積が小さい県といっても、西端から東端までは100キロくらいあります。高松市は丁度真ん中にありますが、遠方の人は大変です。私は自宅から15分。ふふ。

香川磯連は四国磯連、西日本磯釣協議会に所属しているので、先立ってあったこの二つの会議の内容報告と承認が主な議題でした。

香川磯連では今年から「讃岐磯釣名人位」制度を始めました。大会で3位以上入賞者に大会別、魚種別にポイントをつけて、合計ポイントが20ポイントになると「名人位」の称号が得られる制度です。
徳島県釣連には同様の制度がありますが、香川磯連でも発足することになりました。

チーム・グレートヨーヘンの前川さんが中心になって進めてくれていますが、この会議で今年の獲得ポイントの報告がありました。ふふ。
私は今年の大会でイシダイの部で優勝したので4ポイント獲得しました。20ポイントはまだまだ遠いわ。ま、私が名人位を取ったら、名人位の権威が疑われるような気がするし・・・。

9月 17, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

四国磯連の会議

Aocimg6517 9月始めの日曜日、徳島県三好市で四国の磯釣り師が集まりました。1年に二回ある四国磯連の会議です。香川磯連、徳島磯連、高知磯連、愛媛磯連から22人が集まっての会議です。

5月にあった四国磯連の大会結果報告、今年の10月に行われる大会の要領確認、今年の年間大物記録のこれまでの報告、西日本磯協の大会結果報告などがなされました。

最も時間をとったのは来年の釣り保険。この件は西日本の会議でも棚上げになりました。西日本の中で会員数が最も多い四国として、今年は仕方ないにしても来年以降は積極的に意見を言っていくことになりました。

今回の会議資料で配られた中に、これまでの年間大物記録の中間発表がありましたが、この中に私が釣った魚が2匹入っていました。ふふ。

チヌの部でチヌの50.8センチ。チヌの部では最下位の4位。でも、うれしい。魚拓を提出していたのですが、四国磯連の審査としてこのサイズが公認されました。バンザイですわ。

もう一つは今年の1月に釣ったヒラスズキの81.7センチが現在のところこちらも他魚の部の第4位となっています。ま、他魚の部でこのサイズはもともと3位までの入賞はできないと分かっていましたが・・・。これからコブダイなどの大物が出て、もっと下位になると思います。

それでも磯釣を始めて40年以上になるが、四国磯連の年間中間報告に2魚種も掲載されたのは初めてのことです。チト、うれしい。

9月 11, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

高松黒潮クラブの飲み会

Aocimg6561 Aocimg6562 私が所属している高松黒潮クラブのいつものメンバー6人が、いつもの割烹「友釣」に集まりました。宝山さん、猪ちゃん、斉藤さん、片ちゃん、三好さんに私。

この集まりで写真を撮るときは、いつも「笑ってちょうだい」とお願いします。お酒が入っているのに、笑っていないとなんとなく暗いイメージが漂うからです。それでもメンバー全員が笑顔の写真になることはほとんどありません。

でもこの日は、作り笑いが出来ない片ちゃん、斉藤さんもなんとなくの笑顔になっています。他の4人は実にうれしそうな笑顔になっているけど、「笑ってちょうだい」に合わせて笑った顔です。この笑顔だったら、この会の雰囲気が出ています。ふふ。

この日の話題はパッとしません。
宝山さんはサヨリ釣りに行き始めたようだが、「今年はサヨリ釣りの数の目標を作らん」と頑固に言い張ります。頑固なので、コチトラも「そんなこと言わんと、今年の目標は去年の半分の500匹くらいで、どや」と話を向けても、拒否されました。拒否しながらも、「目標のない釣りはもう一つおもしろくない」。ふふ。

毎日のように高松漁港から船釣りに行っていた片ちゃんは「9月に入ってから一度も行ってない」とのこと。エサのコウジが手に入らないので行かないとのこと。私には理解不可能。手に入るエサでそれに合う魚を釣ればいいのに・・・、と思うのだけど、これまた頑固。

なんやかんやとなんでも話題になります。

9月 8, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

西日本磯釣協議会の会議が岡山で

Aqcimg6473 西日本の11府県の磯釣団体が岡山に集合して会議がありました。西日本磯釣協議会の会議です。参加者は31人。香川県からだと1時間で行けますが、四国の他県や中国地方、近畿地方の人は大変です。

香川県からは私と香川磯連事務局長の秋ヤン、四国磯連事務局長の植田さんの3人が出席です。会議の内容は、まずは来年の釣り保険の形をどうするか、ということです。

これについては保険会社から「漁具保証をどうするか、事故のときの救援者費用をどうするか、年間保険金1000円のコースをどうするか」などについて提案がありましたが、議論の結果修正することになって後日提示されることになりました。

私が興味を持ったのは、配布された資料の中に愛媛磯連が作ってくれた歴代の大物順位表がありました。昭和53年以降の魚種別ランクです。

1位のサイズと10位のサイズだけを書くと、
イシダイ・イシガキダイ 1位88.0cm、10位77.7cm。
グレ 1位74.5cm。10位69.5cm。
チヌ 1位63.5cm。10位62.3cm。
マダイ 1位101.5cm。10位96.2cm。
ヒラマサ 1位135.0cm。10位107.5cm。
クエ・ハタ 1位152.0cm。10位138cm。

10位にはいるのも一生無理ですな。

8月 27, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 3日 (金)

高松黒潮クラブ創立40周年記念の写真

Bfcimg6257 片ちゃんから高松黒潮クラブ40周年記念祝賀会の集合写真が届きました。郵送です。100円ショップで買った額縁にはいっていてそれなりの格好がついています。

この写真とよく似たのをこのブログに載せましたが、それを見たある人が「老人クラブの写真みたい」と言っていました。確かに・・・。公共料金が安くなる65歳以上の人がほとんどです。

本屋では釣りの雑誌はスポーツの棚に近いところにおかれていることが多いが、この写真を見てスポーツを趣味とする団体とは思えないですな。

でも、趣味の団体ですから誰からも文句を言われる筋合いはありません。いくら年寄りだろうが、本人が楽しければいいのじゃ。これが国費を使うオリンピック参加者の集合写真だったら文句を言われても仕方がありません。

ま、釣りクラブはどこも老齢化が進んでいます。私たちのクラブよりもっと老齢化をしていて平均年齢が80歳近いところもありました。それでも磯釣りは無理としても元気に釣りに出かけているのが長寿の秘訣なんです。そう、思いたい。

8月 3, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

香川県釣り団体協議会の総代会

E4cimg5647    昨日、高松美山ホテルで香川県釣り団体協議会の総代会がありました。磯釣の香川磯連、投げ釣りの全日本サーフ香川協会、バス釣りの香川県バス釣り連盟のメンバー12人が集まりました。

E4cimg5650E4cimg5651議題は30分で終えて宴会です。しゃぶしゃぶ鍋、海エビの塩茹で、筍の天ぷら、ハギとサワラの刺身、サワラの焼き切り、メバルの煮付け、稲荷寿司と巻き寿司が次々と出てきます。とても全部を食べられません。でも全部おいしい。

私の横にはバス連の村橋会長が座ったので、ほとんど知らないバス釣りの話を聞きました。バス連では「一回ごとの大会が勝負で、年間大物賞の表彰はない」とのこと。一年間の最大を狙って釣行する磯釣り師にとっては不思議な感じさえします。

植田さんと秋ヤンが6月にトカラ列島に行く予定をしていて誘ってくれたけど、残念。孫がアメリカから帰ってくる予定なので、ま、無理です。トカラ列島には一度だけ行ったことがあって、もう一度行きたいと思っていた場所なので、残念。

トカラには行けないので、秋ヤンにはイシダイ釣りとタマミ釣りの教授、上田さんにはクエ釣りの教授をお願いしました。

E4cimg5654 宴会を終えて帰るときにホテルの玄関に大きな筍がたくさんあります。植田さんが掘ってきたもので、「だれでも好きなだけ持って帰れ」と行っていたので、遠慮なくひとつを持って帰りました。

4月 26, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

香川県磯釣連盟の会議で決まったこと

H1cimg5584 この前の水曜日に香川磯連の会長会がありました。場所は桜満開の高松美山ホテル。

四国磯連、西日本磯協関連の報告の後、決定したことは次のとおりです。
決定事項1。
チヌ釣り大会を5月13日に蔦島周辺で開催します。一般参加もOKですので、読者の皆さんの参加も歓迎します。参加料は渡船代を含めて2500円です。申し込みはお知り合いの香川磯連メンバーを通して申し込みをしてください。知り合いがいなければ、このブログにコメントで「参加したい」と書き込んでください。返信メールでご相談させていただきます。

決定事項2。
今年の秋の香川磯連釣り大会は12月23日に高知県沖ノ島の渡船2隻を借り切って開催することになりました。昨年同様の多くの参加者を期待しています。

決定事項3
香川磯連認定の「磯釣名人」規定を作成することになりました。詳細は今後検討しますが、基本的には香川磯連主催大会、四国磯連主催大会、年間大物賞のそれぞれ3位までに入賞すればポイント点数が加算されて点数が一定以上になると「名人」になることが出来る制度です。

この制度が若い人たちの魅力になり、磯連への加入者が増えることを期待しています。

決定事項4
香川磯連の事務局長、会計委員は現在無報酬ですが、今後は報酬支給が認められました。

4月 13, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

四国磯連の会と筍掘り

J3cimg5514 今日、徳島県の三好市で、四国の磯釣り師が集まりました。四国磯連の常任理事会です。

今日の会議で決まったことは、四国磯連の年会費をこれまでの1500円から、来年以降2000円に500円を値上げすることになりました。これまでも毎年赤字ですが、これまでの積立金を取り崩していました。
四国磯連のワッペンの在庫がなくなっていることから、100枚発注することになりました。

それから私ごとですが、今年の1月に釣ったヒラスズキが四国磯連の正式計測で81.7センチと決定しました。従来考えていたものより1ミリ大きくなりました。ふふ。これが正式サイズです。

会議の終了後、植田さんが「山に筍がはえている」ということで、高木のあんちゃん、丸岡さんと一緒に4人で急遽植田家の竹林に筍を掘りに行きました。

竹林は落ち葉で覆われています。その落ち葉をガンジキではらいのけながら引っかかるものがあれば筍の可能性があります。現在の筍は地上にニョキニョキとは生えてなくて、ちょっこっと頭を出しているだけです。

これを見つけるのは技が入ります。植田さんが見つけたものを私が掘り出します。だけどきれいに掘り出すにはもっと技が必要で、最後のところは植田さんにお願いです。私はブレザー姿なのでどう見ても筍掘りの服装ではありませんわ。

J3cimg5523J3cimg5524ひーひー、汗を出しながら1時間半で4人で20個くらいを掘り出しました。これを丸岡さんと私の二人で山分けして持って帰りました。3人で写真を撮ろうとすると、植田さんが筍を股間に立てて写ろうとします。ご遠慮いただいて、ちゃんと手に持ってもらいました。

4月 1, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

道後に西日本の磯釣り師が集結しました

K3cimg5025昨日の日曜日、愛媛県の道後温泉のホテルで西日本磯釣協議会の総会がありました。近畿、中国、四国から100名足らずの磯釣り師が集合しました。私のクラブからはヨッさんと片ちゃんが参加。

K3cimg5030 年に一度だけ会う人もたくさんいました。宇和島市から参加した藤本釣具の藤本さんもその一人。今年の3月10に高速道路が延伸するので、途中の国道にある釣具店は大変なようです。

K3cimg5032 高知磯連会長の別役さんとは四国磯連の総会でもお会いしましたが、あまり話ができませんでした。今回は「高知県西部の波止で落ち合うことにしよう」と話が弾みました。

K3cimg5017 昨年の大物年間表彰が行われました。イシダイ・イシガキダイの部、グレの部、チヌの部、マダイの部、クエ・ハタの部、規定外魚種の特別大物賞、奨励賞と表彰されましたが、27人の表彰のうち四国の磯釣り師が21人を占めていて、四国が磯釣天国であることが改めて痛感しました。

この21人の中で香川県人は5人でした。ま、平均と言えると思います。この中では秋ヤンが釣った139.5センチのクエで優勝が光っています。

今回の記録の中で注目したのはグレの部で、1位の66.7センチから3位の65.8センチまですべてが男女群島だったことです。一時の男女群島ブームがまた戻ってくるかもしれません。

3月 5, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

四国磯連の総会が高知県で

M2cimg4988 M2cimg4987 昨日、高知市で四国の磯釣り師が集まって磯連の総会がありました。大阪、兵庫からも西日本磯釣協議会の役員も来てくれて大いに盛り上がりました。

会場のぐるりには昨年釣った大物の魚拓を貼っています。秋ヤンが釣った大物クエの魚拓が一番目立つところにありました。宴会では正調鳴子踊りが披露されて、これも初めて見るものでした。

M2cimg4993年に一度のこの会議でしか会わない人もいます。高知磯連の大原さんも、1年ぶりにお会いして近況をお聞きしました。

M2cimg4997 私の横に座ったのが、四国磯連会長の古川さん。香川磯連の新年総会でも「イシダイ釣りを始める」と公言していましたが、この日は「来年からする」とより具体的になりました。ホントに始める気らしい。

私が3年前に初めてそこそこの釣果があるので、「底物は簡単」と思っている節があります。ま、やってみなはれ。ふふ。

2月 27, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

四国磯連の役員会

R2cimg4848 この前の日曜日に、四国磯釣り団体連合会の役員会がありました。会議の目的は、26日に高知市で開かれる新年総会に向けての資料の検討です。

私に興味があるのは、なんと言っても昨年一年間の大物記録です。毎年のことですが、年間の大物記録を見ていると、「釣る人は釣っている」、「四国ではまだまだ大物がたくさん釣れる」の思いを強くします。

まずイシダイの部ですが、70センチ以上が6匹も釣れています。70センチ丁度という大物を釣っても7位にしかなれません。審査に提出できる65センチ以上が12匹ですが、このうち1匹を除く11匹が3月~5月に釣れています。やはりイシダイの大物はこの時期と言うことです。

グレの部では、60センチ以上が2匹。上位3位のすべてがうぐる島なので、グレの大物狙いはうぐるということが分かります。

マダイの部の提出可能サイズは80センチ以上ですが、昨年は90センチ以上が3匹。そのすべてが愛媛県の宇和海です。マダイは宇和島です。

チヌの部では、50センチ以上が8匹出ていますが、昨年の大物では極めて特異な現象が出ています。これまではチヌの大物はノッコミ時期の春が定番でしたが、昨年の上位3位はすべて秋に釣れています。こんなことは私の記憶にはないことです。

クエの部では、このブログでも書きましたが、秋ヤンが釣った139.5センチが第1位となりました。

他魚の部では128センチのオオニベ、116センチのツムブリ、92センチのフエフキダイが四国磯連の記録更新となりました。

こういう記録を見ているとため息が出ます。ふーっ。

2月 9, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

釣りクラブの例会

S2cimg4825 S2cimg4826 今年一番に冷え込んだ昨日、私が所属している「高松黒潮クラブ」の飲み会が割烹「友釣」でありました。参加者は少し少なくて5名。

この日の話題はヨッさんのイカ釣り仕掛け談義もありましたが、何よりも盛り上がったのは「ウンチ風呂事件」。
ヨッさんはスーパー銭湯によく行っていて、そこで牢名主のような存在になっているらしい。

その風呂で、最近浴槽にウンチがぷかぷか浮いていて風呂の水を入れ替える事件が続いているらしい。誰が何のためにやっているのか不可思議な事件を面白おかしく話をするので、ちと笑いすぎました。

一昨年にタチウオの香川県記録を作った花田さんの息子さんに、頼まれていたギネス認定証を渡すのを忘れていました。この日に花田さんが来ると聞いたので、店主の勇ちゃんに言伝しておきました。忘れてしまったのもボケか。

S2cimg4828その店を出てヨッさん、宝山さんと二次会に。行く途中、ヨッさんが宝山さんを「立派な人物や」といい、宝山さんは私のことを「人物や」といい、私は「ヨッさんこそ人物や」と3人でほめ殺しをしながら、二次会の店に突入。いつまでも「さすが、人物や」の言葉が二次会でも飛び交いましたわ。

2月 3, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

香川県磯釣り連盟の新年総会

T1cimg4816 T1cimg4821昨日は1月の最終日曜日なので、香川県磯釣り連盟の新年総会日でした。会場は高松市を見下ろす山の中腹にある「高松美山ホテル」。参加者は40人でした。

総会なので、昨年の事業報告、会計報告、今年の事業計画、会計予算が議事になるのは会社と同じ。いずれの案件も異議が無く、シャンシャン総会となりました。 ふふ。

今年からは大会での成績で点数をつけ、「名人位称号」を付与することの検討を始めることになりました。少しでも磯連が楽しくなるための方策です。

T1cimg4820 T1cimg4823 総会のあとは宴会。すき焼き、ふぐの天ぷら、海の小エビを湯がいたもの、巻き寿司にうどんと、食べきれないほどの料理が出ました。

香川県議会の元議長で我が磯連顧問の綾田さんも駆けつけてくれました。議員さんも大変です。同情します。ま、案内をするほうが悪いのでしょうか。ふふ。

私の前に座ったのが天雲さん。「高松市の西浜港から出る遊漁船で、船上でご飯を炊いてくれて汁を作ってくれるところを知っているので、今度行きましょう」と何度も誘ってくれます。船上の汁はおいしいのを知っています。機会があればお願いしようと思います。

1月 30, 2012 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

香川県磯釣り連盟の忘年会

Cacimg4643 昨日、香川磯連の忘年会が高松市内の高松美山ホテルでありました。ここは磯連メンバーの粂井さんが経営しているので安いのです。

この日もフグのてっちり鍋、ビーフステーキの鉄板焼き、地物エビのゆでたもの、巻き寿司、そして最後の締めは当然讃岐うどんです。写真が少し煙っているのは、ステーキを焼いているから。

集まったのは22人。磯釣りクラブの一年をシメル会としてはいい忘年会になりました。

私の横に座ったのが、四国磯連会長の古川さん。「来年から底物釣りをする」と宣言します。私は言ってやりました。「オレが底物釣りを始めて3年目で55センチを釣ったからといって、なめたらあかんぜよ。ウデがいる」と。ふふ。

古川さんのクラブ、観音寺目示奈クラブでは、毎月磯釣り大会を開催していると、聞いてびっくりしました。香川県の人が磯釣りに行くとなると、250キロ離れた愛媛県の宇和海にまで行かないといけません。その大会を毎月するということは、私のクラブの高松黒潮クラブでは考えられませんわ。

古川さんの反対側の隣に座ったのが、先週に高知県沖ノ島であった香川磯連の大会で、グレの部優勝した三宅さん。去年グレートヨーヘンというクラブに加入して2年目の快挙です。
私も磯釣りクラブに加入した年に優勝した覚えがあるので、つい「ビギナーズラックやあ」と言ってしまいました。三宅さんは実力だと思います。ふふ。

12月 22, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

西日本の磯釣り師と・・・

Cicimg4452 Cicimg4455 近畿、中国、四国地方の磯釣り師が岡山に集合しました。西日本磯釣り協議会の会合です。秋ヤンが会議の開始時刻を2時間間違えたため、1時間遅刻になってしまいました。

それでも香川磯連から提案のイシダイ釣りチャンピオン大会の議題についてはしっかりと議論できました。来年の7月1日に開催予定となりました。詳細は今週の日曜日に開く四国磯連の会議で決定になります。

会議の後の懇親会でまたまた偶然に横に座ったのが、高知磯連会長の別役さん。今年いっぱいは楽しめるというシマアジのポイントと釣り方を詳しく聞きました。
また、4キロ級のアオリイカが1日に4匹釣れたというポイントも教えてくれました。来年の春には行かなくてはいけません。ふふ。


Cicimg4456  ・
二次会で横に座ったのが、岡山磯連会長の内田さん。これまで釣りで話したことはありませんでした。

これがまた、すごい釣り師だと分かりました。鹿児島県の屋久島をメインに攻めていて、これまでの過去10年間で屋久島に70回行ったとのこと。屋久島に行くのは大変だと想像していましたが、鹿児島港から高速船だと2時間と聞き、イメージが変わりました。大型イシダイの確率と数釣りは、四国よりもずーっといいと言います。

ただ、離島に遠征となると、エサの調達方法、渡船の場所、民宿の場所、島に到着してからのシステムなど、さまざまなノウハウが必要となります。これについても相当なことを教えてくれました。楽しみが増えました。

Cicimg4458二次会の後、香川から一緒に行った秋ヤン、植田さんがラーメンを食べたいと言うので、3人で行きました。私は塩ラーメンでおいしかったが、とんこつラーメンを頼んだ二人は脂っこいと残してしまいました。これが太るモトなのに、私は全部食べてしまいましたわ。

11月 28, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

石川県の内藤さんからイシダイ自慢

Zcaty6a4q Zcae2cwt0 以前香川県高松市に住んでいて、現在は石川県金沢市にいる内藤さんから久しぶりの釣果自慢メールが届きました。イシダイです。

長文の気合が入ったメールなので、そのままを掲載させていただきます。

「写真の石鯛は11月1日の釣果で、実寸54cm、拓寸54cm 魚拓にする時は縮んでおりました。重さは2.8kgです。

今年5月の五島列島から7連敗中でした石鯛も先日(11月1日/舳倉島)やっと脱することができました。

7月に同じ舳倉(へぐら)島で石鯛を磯の上まで跳ね上げたのですが・・・直後針が外れて海の中に・・・・。やっと悪夢から解放されました。
舳倉島は能登半島・輪島から約50km(連絡船で1時間30分)沖合にある周囲4km程の絶海の孤島です。
島には車は1台(診療所)のみで荷物運びはリリヤカーです。
島内にはお店は無く漁師と海女さんの島ですが、最近はバードウォッチングで世界的に有名になり釣り人よりも、探鳥の人たちの方が多いかもしれません。
島には民宿が2軒あり、磯渡しもしてくれますが、これが安い1,000円です。餌のサザエも民宿のお母さんが潜っている時は、700円/kgで年金暮らしの私にとってはありがたい格安の宿です。」
ウム。暖かくなると行ってみたい気もします。
相変わらず、スタミナがぎらぎらしているようで・・・。内藤さんは全日本サーフ所属なのに、磯釣りの領分にまで入り込んできます。ふふ。
メールには、他にも、
「イラを早く食べて感想を聞かせてください。」と書いています。内藤さんから「イラは旨いので、だまされたと思って」、と言われてキープした話のことです。
さらに、
「これから寒くなりますが、冬は寒いもの。また冬は冬のお魚が釣れます。
最近の防寒具は本当に良くなってます、お互いに寒さに気後れせずに釣りに行きましょう。」と・・・。
私が寒さに弱いのを知っていての叱咤激励でしょうか。寒いのはイヤじゃああああ。
「男女群島釣行は、何とかなりそうです。11月26-27日の予定です。
まだ、余裕があります、ご一緒されませんか?11月は数釣りのシーズンです。」
私は行きません。ふふ。

11月 24, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

久しぶりに宮内さんから釣りのメール

Zcaibx67l 久しぶりにサラリーマン時代にお付き合いがあった宮内さんから写真添付のメールが届きました。ま、自慢でしょうなあ。ふふ。

香川県の西端に角のように出ている荘内(しょうない)半島があります。その沖での船釣りで、体長82センチ、重さ5.5キロのハマチを釣ったとのこと。いやあ、うらやましい。これだけ大きいと引きはすごかったはずです。

エサは生きたコノシロと書いていました。呑ませ釣りです。瀬戸内海でもこんなに大きなハマチが釣れるとは知りませんでした。宮内さん、おめでとうございます。

宮内さんは香川県西部の三豊市に住んでいて、そちらの釣りポイントに詳しい。私が行くサヨリ釣りのポイントも、宮内さんが教えてくれたもの。ここでのサヨリは型が大きくて、今でも教えてくれたことに感謝。

また、今回のメールで陸からのタチウオ釣りの情報を教えてくれました。私は今日から徳島県南部にイシダイ釣りの予定が入っているので、来週ぐらいに「連れて行ってください」とお願いしました。

釣りキチは、秋はとにかく忙しいのです。釣りたい魚、釣れる魚がたくさんあって、体がいくつあっても足りませんわ。この歳になると、体力と相談しながらの釣行になります。

11月 14, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

釣りたての魚は旨い

Cocimg4367 Cocimg4369 昨日、いつもの釣り友が高松市内の割烹「川照」に集合。久しぶりに岡山市から増原さんも駆けつけたので、総勢9名となりました。

釣りキチが集まると、まずは釣り情報交換。今年に1000匹のサヨリゲットを目指している宝山さんの横には、最近岡山県でサヨリ釣りにはまっている増原さんが座って、サヨリの釣り方議論。

ヨッさんはイカ釣りの仕掛け講習。市販の製品をどう改造するかでワイノワイノ。オカテッちゃんは、「釣れ過ぎる仕掛けは好かん」と贅沢な話。でも、すぐに釣行計画ができます。

Cocimg4365m Cocimg4364 この日の肴は、片ちゃんが今日釣った大型メバル、イイダコの煮つけがあります。全員に1匹ずつのメバルは26センチの大型。「これを東京の割烹で食べたら3000円はするで」と、四国ならではの会話。「旨い、旨い」の連発。

これ以外に宝山さんも昨日釣って一夜干しにした大きなサヨリと、この日に釣ったばかりのサヨリの刺身を持ってきました。一夜干しは一味唐辛子を振りかけていて、淡白なサヨリの味がピリッとちょうどいい感じ。これまた贅沢な釣り人ならではの料理。

おいしい料理は会話を弾ませます。釣行計画の話で弾みました。昨日は祭日だったので、二次会には行かないで、午後9時にすっきりと帰りました。

11月 4, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

松茸です。うふふ

Cpcimg4357昨日、10月にあったサンポート釣り大会の報告書が出来あがったので、協力会社などに持って行く準備をしていました。そのとき松下さんから電話。
「松茸が2本あるんやけど・・・」。

すぐに高速道路に乗って取りに行きました。松下さんは高速道路の出口近くまで来てくれています。私が高知県にイカ釣りに行く日にも、「松茸を採りに行かないか」というお誘いがあったのですが、イカ釣りが先に決まっていたので、行けませんでした。

松下さんはすごいことに、「松茸山」を持っているのです。この日は10本以上採れたらしい。大きな松茸を2本。久しぶりの松茸です。香りがすごくて手に持っているだけでぷんぷん匂います。

松茸をもらうついでにイシダイ釣りの計画を聞きます。「明日、カンちゃんらと行く」とのこと。残念。次回の計画を決めてきました。

Cpcimg4359松下さんからは、「松茸はすき焼きにするのが最もおいしい」と聞いたので、「山の神」と相談して、夕食は豪華な「松茸すき焼き」になりました。香りが迫ってきます。ふふ。贅沢。大量の松茸が入っています。

久しぶりの松茸だったので、その歯ごたえと香りに圧倒されました。値段が高くても買う人がいるのもうなづけますわ。4分の一は残していたので、今朝私がお吸い物にしました。ふふ。

昨晩、久しぶりに豪華夕食を食べてゆったりとしていると、山田さんから電話。「さっぱり釣れんのやあ。一回もアタリが無い」。徳島県南部でイカ釣りをしているらしい。「もう少ししたら車の中で寝て、明日の朝釣りをしてから帰る」。80歳近いとはとても思えません。
山田さんとは来週のイカ釣りの計画ができました。

これからもイシダイ釣り、イカ釣りと忙しくなりそうです。

11月 2, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

香川県の磯釣り師が釣り大会を開催します

Cqcimg4354 Cqcimg4352 香川県磯釣り連盟は12月11日(日)に、高知県沖ノ島で磯釣り大会を開催することになりました。今回の大会は渡船2隻を借り切りしての開催です。その細部の打ち合わせをしました。

参加は磯釣り連盟のメンバーだけでなく一般参加も可能ですので、磯釣り愛好者には参加のチャンスです。優勝賞品は豪華になるように検討しています。

また、磯釣りを経験していなくても、救命胴衣、磯靴などの安全用具さえきちんとしていれば、磯釣りのベテランが同じ磯に上がって教えることも可能なようにしますので、こんなチャンスはめったにありません。ただし、教えたからと言って絶対に釣れるかと言うと、その保証はゼロですけど・・・。ふふ。

大会の概要は、参加費は合計で11,000円。内訳は渡船代8000円、弁当代700円、エントリー代2300円。
対象審査魚はイシダイの部、グレの部、他魚の部の3部門です。最低長寸は25センチ。

当日は高知県宿毛市の片島港に午前4時集合。上がる磯のくじをして、出船5時半。納竿時刻は午後3時。港に帰って検寸後表彰となります。

参加希望、問い合わせは、香川県磯釣り連盟事務局の秋山さん、携帯電話 090-6286-1204。もしくは香川県磯釣り連盟会長の谷口、携帯電話 090-7781-6347まで。申し込み期限は11月20日。

時期的には大グレがバンバン、イシダイが入れ食い・・・、と期待できるかも・・・。かもよ。

10月 31, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

磯釣り大会は集中しての釣り場がいい?

Kcimg3899 香川県の磯釣り師が集まりました。西日本磯釣り協議会や四国磯連の会議結果報告に続いて、今年の釣り大会の方法を審議。最近香川磯連への参加がどんどん減少しています。
これは全国的な傾向で、「どぎゃんかせんと・・・」の心境です。

審議の結果、今年は同じ磯場に集まってする集中方式に戻すことになりそうです。以前はこの集中方式でしたが、渡船の貸切りが難しくなったことで、釣った魚を審査する場所だけを決めておいて、釣り場は好きなところで行う「分散方式」にしていました。

大会参加者が同じ渡船で競うほうが楽しい、との声が大きかったからです。これで参加者が増えることになればいいのだが・・・。

会議の終了後、渡船屋さんと交渉の結果、今年は12月11日(日)に高知県の最西端にある沖ノ島で開催することになりそうです。

沖ノ島への渡船は大きいので、乗船定員は35名。これを貸切りにするためには30名が必要です。これを2隻貸切りの仮予約をしたので、60名の参加者を集めないといけません。

以前は100名以上の参加がありましたが、最近は50名以下となっています。さてさて、今年は60名の参加者があるのでしょうか。エイエイオー、です。

9月 9, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

四国の磯釣り師が集合です

Kcimg3892 Kcimg3890 昨日の日曜日、徳島県三好市に四国の磯釣り師20名強が集まりました。「四国磯釣団体連合会」の会議です。

この場所は、ちょうど四国の真ん中辺りにあり、四国4県都を十文字に結ぶ高速道路が交わるところの近くなので、四国中から集まるのには便利なところ。

私が最も関心があるのは、今年の年間大物のサイズ。今年の初めから8月末までに四国の磯釣り師が釣った大物記録を、魚種別に中間発表がありました。

イシダイの記録を申請できるのは65センチ以上。これまでの最大は75.5センチ。2位が1ミリの差で75.4センチ。1ミリは魚拓技術で差が出ます。ふふ。2位の人の残念さが伝わってきます。でも、魚拓を提出した後では仕方ないです。

今年もイシダイは大物ラッシュで、70センチ丁度では7位にしかなれません。四国はイシダイの宝庫です。ま、私には「夢のまた夢のサイズ」ですけど・・・。

グレの部(申請は55センチ以上)の最大は62.0センチ。2位は60.8センチと、これまた激戦。マダイの部(80センチ以上)の最大は95.4センチ。

ヒラマサ・ブリの部(90センチ以上)の最大は92.2センチ。チヌの部(50センチ以上)の最大は56.7センチ。イサキ・アイゴの部(45センチ以上)の最大はイサギの50.4センチ。

クエ最大の報告は120.2センチですが、これは秋ヤンがその後139センチを釣っています。
他魚の部では、タマミの92.0センチが最大となっています。

どの魚種も私には一生掛かって、一生分のウンを注ぎ込んでやっと釣れるかどうかというサイズ。折角四国に住んでいるのだから、なんとか・・・、ならないなあ。

9月 5, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

西日本磯釣り協議会の会議

Lcimg3843 昨日は近畿、中国、四国の磯釣り団体が結集している西日本磯釣り団体協議会(略称 西協)の会議が岡山市でありました。四国4県はもちろんのこと、全部で12府県の磯釣り師が集まりました。

磯釣り団体に加入していない人にはあまり興味がないかも知れませんが、どういうことが釣り団体に課題となっているかがわかると思いますので、一端を議事録として書きたいと思います。

最初の議題は釣り保険。保険会社より説明があり、来年からは漁具保障の追加料金を今までの1000円から2000円に値上げしたいとの提案があり、了承されました。

この後、東日本大震災への寄付金50万円の寄付先について、効果があり、目に見える相手先を検討していくこと。対象をイシダイだけに絞った「イシダイチャンピオン大会」を来年に開催すること。来年の潮目手帳(年間の潮時間や渡船店の電話番号など)の発行について。などが審議されました。

Lcimg3844 そして6月にあった西協釣り大会の成績発表がありました。4つの会場の中で一番激戦区の四国の釣り場の第2会場では、
イシダイの部優勝は62.5センチ、
グレの部優勝は53.6センチ、
イサギ・アイゴの部優勝は44.0センチのイサギ、
ニザダイ・イガミ・チヌの部優勝は56.7センチのチヌ、
他魚の部優勝は75.3センチのマダイ
となりました。

私がまぐれで釣ったイシダイの55.0センチはイシダイの部の5位に入賞。賞金5000円を獲得です。ふふ。賞金の荒稼ぎにはほど遠いですわ。

8月 29, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

盛大に「クエを食べる会」

Lcimg3825 Lcimg3840Lcimg3828秋ヤンが大きなクエを釣ったので、盛大に「クエを食べる会」を開催。香川磯連だけでなく、高知、大阪、兵庫からも駆けつけて、約40人が集まりました。釣ったクエのサイズは139センチ、48.8キロの巨大魚。

磯釣り師の釣り団体では、クエの部として整理される中には、クエだけでなくハタの仲間も一緒に整理されます。今回秋ヤンが釣ったのは正真正銘のクエ。おいしさ100パーセント保証です。

クエ鍋、クエのたたき、クエの握り寿司、クエのあら煮とクエ料理のオンパレード。どれも一切れが大きくて、たたきでも一切れを口に入れるとそれだけで口の中がいっぱいになります。

秋ヤンから釣れたときの詳しい状況報告があり、参加者全員から大きな拍手で祝福。うらやましいわ。
実は私もこの釣行に誘われていましたが、松下さんとのイシダイ釣行が重なりそうだったので、行きませんでした。もし行っていたとしても、こんなに大きな魚が来たら、引きずり込まれます。今頃、私の葬式になっていたかもしれませんわ。ふふ。

Lcimg3838 
私の前に座ったのが、高知磯連会長の別役さん。魚が嫌いと言って、旨いクエ料理にも一切手を出しません。そして持参のフランスパンをかじりながら酒を飲んでいます。「パンで酒は変だろ」と言うと、「何を言うか。フランスではワインを飲みながらパンをかじっておる」と悠然。

横に座ったのが藤森さん。今年の西日本磯釣り協議会の大会でグレの部の優勝魚を釣ったらしい。あっと驚く秘訣を教えてもらいました。仕掛けではありません、釣り方でもありません。「渡船の中で最後まで残って、しょーもない磯に上がれ」、だって。

8月 28, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

いつもの釣り友と・・・

Wcimg3425 Wcimg3427 Wcimg3429 いつもの釣り友6人が、高松市内の割烹「川照」に集まりました。今回の料理で一番のお気に入りは、マダイのアラ炊き。薄味でマダイの身の旨さが引き立っています。

私が最初に着いたので、まずは生ビールを一人で飲んでいると、宝山さんがやってきました。私が孫と釣りに行ったときの記事を見て、「場所を教えて・・・」と地図持参。孫が夏休みに里帰りしてくるので、そのためとのこと。ふふ。似たもの同士ということでしょうか。

そのうち、皆がそろいました。ヨッさんがタイの胸鰭の部分を持ち上げて、「タイのタイ」の話。これでひとしきり・・・。

そのうち、釣行計画ができてきます。片ちゃんがよく行っている船釣りでキスが絶好調と聞いて、斉藤さん、宝山さんが日取りを決定。
それを聞いていたヨッさんが御五神島でのイサキ釣り計画の話。

私はヨッさんの話に乗ることにしました。ただ、昼釣りよりも夜釣りのほうがよく釣れているので、オジンにはつらい釣りになります。

去年もヨッさんと一緒に夜釣りに行き、イサキが釣れましたが、波でバッカンを流されたり、頭から海水をかぶったりと、ちょっとだけスリルのある釣りになりました。夜の磯で波が荒れるとチト怖いのです。

7月 9, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

釣り友が開いたお蕎麦屋さんに

Aaucimg3073 Aaucimg3069 Aaucimg3070 全日本サーフに所属の青木さんが蕎麦屋を自宅に開店したというので、猪ちゃん夫婦と、宝山さん夫婦と私で出かけました。私だけ夫婦でないのは、決して喧嘩したわけではありませんので、念のため。

Aaucimg3063 青木さんは蕎麦を自宅近くの土地で栽培していて、もちろん手打ち蕎麦です。この日は夕食で出かけたので、たくさんの料理が7品ぐらい次から次に出てきて、メインの蕎麦にたどり着くまでにお腹が九分目以上になっていました。

だがどれもおいしくて、この値段だと申し訳ない感じです。1日1組限定の予約制なので、落ち着いて料理を楽しめます。釣りに行かないといけないので、宣伝は一切しないんだって。その気持ち、よく分かります。

この日は猪ちゃんの奥さんが運転を引き受けてくれたので、心置きなくいい気持ちになるまで飲めました。

宝山さんは「今年の目標、サヨリ1000匹」にまだ一度も着手していないのに、「釣れていないときに行ってもしゃーない」と余裕。
気が短くて何でも先に先にしないときがすまないコチトラとしては、心配です。アメリカにいる宝山さんの息子さんも、このブログを読んでいて、「サヨリ1000匹達成を気に掛けている」とのこと。

釣れてなくても早く一度くらいは行ってくださいよ。でないと、心配で心配で・・・。ふふ。そんなことはありません。

6月 1, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

香川県釣り団体協議会の総代会を盛大

Abcimg2811 Abcimg2812 Abcimg2808 Abcimg2809 昨日の夜、香川県の釣り団体、磯釣り、サーフ、バス釣りの3団体で構成する釣り団体協議会の会がありました。集まったのは19人。料理はしゃぶしゃぶ(もちろん讃岐うどん付き)、フグと筍の天ぷら、サワラの刺身とカツオのたたき、それに寿司。

これで飲み放題で5000円というのだから、コチトラが心配します。会場の高松美山ホテルのオーナーが磯釣りの仲間だからだと思います。それにしても安い。安過ぎます。ふふ。安いのに文句はないです。

この前の日曜日に宇和島方面に行っていた古川さんが51センチのチヌの魚拓を持参。くそーーっ。やっぱりウデの差のようですなあ。どぎゃんかせんと・・・。

Abcimg2814 秋ヤンが自分のデジカメの写真を見せてくれます。その中にブログ「秋ちゃんRoom」に載せていた瀬戸貝の写真もあります。秋ヤンはこれで今年も65センチのイシダイを釣り上げています。

私がよっぽどもの欲しそうな顔をしていたのを見かねたのか、秋ヤンが「今度行くときがあったら、分けてやる」とのこと。ふふふ。今年もいいことがありそうです。

イシダイ釣りに「牡蠣の半ボイルはどうやろか」とか、「イカの切り身はどうやろか」と言ったら、横にいた岡さんが「牡蠣を撒いたら、魚が逃げて行きよった」と、すでに実践済みのようでした。「イカでイシダイが釣れるかい!」。
そうやろなあ。牡蠣やイカでイシダイが釣れるなら、とっくにエサとして定着しているはずです。浅はかな素人考えはいけません。

4月 28, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

香川県の磯釣り師が集まりました

Aecimg2692 先週の木曜日、香川県の磯釣り師仲間が集まりました。その数、20人。香川県磯釣連盟の役員会です。日本一面積が小さい香川県ですが、それでも西端からや東端から高松市までは車で1時間掛かります。仕事を終えて駆けつける熱意には、頭が下がります。

事務局長の秋ヤンが手際良く議事を進めます。会議の長さはひとえに司会しだい。特に趣味の会議となると、仕事の会議と違って無駄話が多くなりがちなので、だらだらした会議になる可能性が高い。

それはそれでいいときもあるが、私の性分には合いません。なんたって、釣りキチは短気なんです。ふふ。

この日に決まったこと。
5月1日に香川県西部で予定していたチヌ釣り大会が渡船の船頭の体調不良のため中止となりました。残念ですが、渡船が1件しかないので仕方ありません。きっと、対岸の岡山県側からの渡船がジャンジャン来るのでしょうなあ。

6月12日に香川磯連主催の釣り大会がありますが、これまでの対象魚種が5部門から、「イシダイ、イシガキダイの部」、「グレの部」、「他魚の部」の3部門になりました。賞品をより豪華にするためです。
参加費2000円はこれまでどおり。なお当日に同時開催の西日本磯釣協議会の大会への参加費は別途1000円となります。

なお、5月15日には、四国磯連の大会も予定通りあります。

これらの大会は、基本的には磯連の会員参加ですが、一般の人でも可能ですので、ウデ試しをしたい人は是非ご参加ください。このブログに「大会に参加したい」とコメントしてくれば、私のほうからメールで詳しくお知らせします。

4月 19, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

四国磯連の会議

Agcimg2574 昨日の日曜日、四国のほぼ真ん中にある徳島県三好市で、四国の磯釣り師が集まりました。四国磯釣団体連合会の役員会です。その数30名以上。狭い四国でも四国中からこれだけの人数が集まるのは、労力も、お金も掛かります。四国の磯釣り師たちの気合です。

四国の磯釣りクラブの団体構成は次のようになっています。各県毎にクラブで構成する磯釣り連盟があります。「香川県磯釣連盟」は17のクラブで構成しています。
そして4県の磯釣連盟で「四国磯釣団体連合会」を構成。中国地方は5県で磯釣団体を作り、関西も同様に団体があります。

そして四国、中国、関西の14県の磯釣団体で西日本磯釣協議会を構成しています。この構成人数は磯釣団体として日本一となっています。これも諸先輩方の努力のおかげです。現在も釣り大会はもちろんのこと、今回の東日本大震災に対しても多額の寄付予定など、活発に活動が行われています。

Agcimg2576会議では、今年に入ってからこれまでの3ヶ月間に釣った大物申請受理の報告がありました。イシダイは74.5センチが徳島県の磯で釣れています。
グレの部もすでに60センチ以上が2匹申請されています。
チヌはこの日の会議で、私の前に座った丸尾さんが52.7センチを申請です。

この大物記録を見ていると、四国の釣り場は天国です。楽園です。私にも簡単に釣れる気がしてきます。ふふ。でも難しいんです。

この日の会議で決まったことは、5月15日に行われる四国磯連の釣大会要領。表彰は「イシダイ、イシガキダイの部」、「グレの部」、「イサギ、アイゴの部」、「ヒラマサ、ブリの部」、「マダイ、黒鯛の部」、「他魚の部」の6部門。各部門について上位3位までの表彰。
5月6日までに各県連事務局まで申し込んでください。

4月 4, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

ちょっとだけ変わった、大変楽しい集まり

Am008 Am010  3月10日(木)に意味もなく8人が集まりました。場所は、熊ちゃんがやっている割烹「くるみ本店」。新聞社勤務の西脇さん、英さん、大学教授の飯田さん、本多さん、会社役員の塚元さん、教育評論家の宝山さん、デザイナーの猪子さん、それに私の8人です。

面々を見ても分かりますが、話題が豊富です。出て来たイカナゴが新鮮で旨い。丸ごと口に入れても、頭も尻尾も口の中で違和感が全くありません。

このイカナゴを見て、塚本さんが一言。「東京の割烹で出てきたイカナゴを見て、一緒にいた人が四国じゃこんなに古いのは食べないよ」と言って、店から追い出されたと言う話。そりゃあ、店主も怒って当然でしょ。思うのはいいけど、言ってはいけません。

話題は海外での釣りの話。ニューヨーク勤務経験がある宝山さんと、本多さんは「外国の魚はウブやから、日本の仕掛けを持っていったら、入れ食いで釣れる」と豪語。
私が海外旅行中に釣った話の及ぶと、「あんたのウデじゃなーい。単に魚がウブなだけ」と言う暴言。ふふ。

Am011この店のトイレは楽しい。以前にも書きましたが、壁のお魚が尻尾と頭を振りふり、ジャズを歌ってくれます。

Am002Am003この会に先立ち、昼には新聞社勤務の英さんの先導による盆栽見学会がありました。手違いで参加者は私と宝山さんだけになりましたが、大変有意義でした。

高松市は松の盆栽では8割のシェアの全国一。今年の秋には、世界盆栽会があって世界中の海外から1000人が来るとのこと。英さんの解説で、盆栽のこだわりや奥深さの一端が分かりました。

3月 13, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

忙しくてかなわん

An037 An027_2 島根県出雲市で西日本の磯釣り師が集まる総会がありました。会場に到着してから時間があったので、喫茶店で時間つぶしです。

そのとき観音寺目示会の古川さん(四国磯連会長)、矢野さんに、教えを請いました。香川県西部で、私の魚種別記録を更新できそうなポイントを教えてもらいました。ふふ。

私の記録を超える確率が高いものでないといけません。ウナギの記録46.9センチを超えるのは琴引公園の近く、ハゼの記録の24.0センチを超えるのは財田川、スズキは観音寺の港など。

そして最も有望なのが、コブダイ。私の記録は44.3センチしかありません。これだったら簡単に記録更新できると教えてくれたのが、愛媛県川之江市のポイント。

シーズン的にもそろそろいい時期です。楽しみになってきました。記録更新のためには少なくとも2~3回は行くつもりです。

そして3月と言えば、大物マダイのシーズンでもあります。これについては一緒に行っていた丸尾さんから、愛媛県御五神島の磯名と仕掛け、タナを詳細に教えてもらいました。

3月はイカ釣りの約束もできています。コブダイも行かなくてはいけないし、マダイ釣りも3月をのがせません。忙しくてかなわんわ。

3月 11, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

島根県出雲市に西日本の磯釣り師集合

An039 An034 An027 この前の日曜日、島根県出雲市のホテルで西日本磯釣り協議会の総会がありました。香川県からは10人が参加。全体では関西、中国、四国を合わせて150人の大集合となりました。

行く途中の蒜山では雪が積もっていて、南国四国の釣り人にとっては、珍しい風景。なので、途中のトイレ休憩のサービスエリアで記念撮影までしました。

会場では35キロのマグロの解体ショーあり、出雲蕎麦打ち実演ありで大いに盛り上がりました。マグロはどんどん握り寿司になったので、次から次に・・・。
おおトロが脂が乗って旨い。刺身は食べない私ですが、このおおトロはげっぷが出るほど食べさせてもらいましたわ。

An047四国の磯釣り師とは大会や役員会で年に何度も会いますが、西日本の磯釣り師とはこの年に一度の総会だけです。
それでもついついお話しするのは四国の人となってしまいますなあ。だって、それが楽しいのだからしゃーない。

近くの席に愛媛磯連の藤本さんがいます。藤本さんは愛媛県宇和島市の釣具屋さんですが、毎年大物を釣っています。早速ポイントを教えてもらうことにしました。

ついでにもうすぐシーズンインの大型チヌの釣り方も教えてもらいました。チヌはウキ下を2~3ヒロで浮かせて釣ると言う人が多い中、藤本さんは底を取って釣っているとのこと。

私はずーっと「チヌは底」と思っているので、気を良くしました。今年も50センチオーバーのチヌを釣るために愛媛県に通うぞー。エイエイオー。

3月 10, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

神戸からの釣り友

An002 An003 以前高松市にいて同じ釣りクラブだった野上さんから電話。「今度高松に行くから、夜の酒の席をセットしてくれー。翌日は女木(めぎ)島で釣りやあ」とのこと。

先週の金曜日の夜、熊ちゃんの割烹「くるみ本店」に集まったのは、片ちゃん、石さん、門脇さんを入れて5人。
野上さんは高松市から大阪に転勤になっても釣りをしているのだが、最近17連敗中とのこと。ま、場所が釣り天国の四国じゃないからなあ。

翌日の土曜日は高松市沖4キロの女木島の予定だが、この時期はいくら釣り楽園の四国でも、水温が下がる瀬戸内海では期待できません。ま、野上さんの18連敗は確実ということでしょうか。

帰る間際に一緒に釣りに行く門脇さんと、「野上さんの連敗18をなんとしても止める会」を結成しました。
神戸からわざわざ四国に釣りに来たのに、18連敗ではかわいそうです。

それでももしも釣れなかったときの保証を打ちました。同じ日に船で釣りに出る予定の片ちゃんに「島まで魚を持ってきてよねー」と。

野上さんが何かの間違いでバンバン釣れて、片ちゃんに「持ってこないでいいぞー」と電話することになったら、そりゃあそっちの方がいいのだが・・・。

3月 7, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

四国の磯釣り師が集まりました

Aq009Aq014昨日の日曜日、愛媛県松山市の道後で、四国磯釣り団体連合会(四国磯連)の総会がありました。四国中の磯釣り師が集まる年に一度の会議です。大阪府、兵庫県からも参加してくれました。会議といっても、もちろん楽しいお酒の席が中心。

Aq008お世話役の愛媛県磯連さんが「水群太鼓」を呼んでいたりして、大いに盛り上がりました。写真を見てくれても分かると思います。会場の壁には、昨年に釣られた魚拓がわんさと貼られていて、雰囲気を盛り上げます。

宴会に先立って議事がありましたが、去年の事業報告、会計報告、来年の事業計画、予算もしゃんしゃんと決議。そのときの議長を務めましたが、とにかく早く終わらせることばかりに集中。良かったのかなあ。

Aq013宴会が盛り上がってきたので、高知磯連の席に。高知磯連の別役会長に聞きたいことがありました。4年前に教えてくれたイシダイの釣り場を、今年は4月、5月に攻めたいと考えていたので、「どうだろうか」ということ。教えてくれたときは「6月以降がいい」と言っていたのを確認です。

私が予想していたとおり、「4月、5月の方が大物が来る」と確認できました。ふふふ。なので、今年はここにジャンジャン行く予定。
別役会長からは別の釣り場を教えてくれて、今年はそこに行く約束もできました。これまでにイシダイが10匹以下はない場所だそうです。ふふ。

Aq011別役会長の横にいたのが松本さん。2年半前の秋、高知県黒潮町の離岸堤で、徹夜で秘密の釣りをして、別役会長持参の特製鳥鍋で大宴会しました。何の秘密かって? 教えられないからこそ、秘密なのです。

2月 28, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

四国の磯釣り師が集まりました

Ashizuris 四国の磯釣り師約30人が、四国の真ん中にある徳島県の三好市に集まりました。高速道路ができて便利になったとはいえ、遠い人は愛媛県宇和島市からも参加していて大変だと思います。

香川県の高松市からは1時間半の距離。磯釣りに行くのに掛かる時間が少ない県の人が、この会議には時間が掛かる感じ。ま、いいんじゃないのー。

今回の会議は、2月27日の四国磯連の総会に掛かる議事についてです。この席で、去年の大物賞が発表されました。このサイズを見ると、四国の磯はまだまだ健在です。
四国の磯でどれだけの大物が釣れているかに興味がある人は、「続く・・・」を見てください。

「四国磯連の平成22年度年間大物賞」 ()の中は所属県連
イシダイ、イシガキダイの部
①77.8cm 中山貴博(香川) ②77.2cm田原誠(愛媛) ③71.2cm 小松信雄(高知)
グレの部
①70.4cm山本義史(愛媛) ②66.1cm徳久多加志(高知) ③56.4cm吉田邦夫(香川)
マダイの部
①87.1cm川又浄二(愛媛) ②86.3cm増本和義(愛媛) ③82.8cm中本剣二(愛媛)
イサギ・アイゴの部
①54.5cm桧垣比呂志(愛媛) ②47.6cm宇都宮洋二(愛媛) ③47.5cm大塚康倫(愛媛)
チヌの部
①60.6cm佐々木善之(愛媛) ②59.2cm百々正光(香川) ③58.3cm藤本恭司(愛媛)
クエの部
①115.5cm植田正(香川)
他魚の部
カンダイ96.3cm岡晴雄(香川) タマミ86.7cm川井昇(愛媛)

四国磯連の総会について
2月27日(日) 午前11時受け付け開始 12時開会
場所は 愛媛県松山市道後 「にぎたつ会館」

年間大物の提出可能サイズの変更について
平成23年度より、西協のヒラマサの部にはブリを含む。最低寸法はこれまでの95cmを変更し90cm以上とする。
クエ、ハタの部は西協はこれまでの120cmから110cmに変更されたが、四国磯連はこれまでどおりの100cmとする。

2月 10, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

磯釣り仲間が集まりました

002 Aw001 磯釣り仲間がいつもの割烹「友釣」に集まりました。ヨッさん、片ちゃん、猪ちゃん、斉藤さん、宝山さんに私。店主の勇ちゃんを入れたら、全員で7人。

皆さんにエジプト土産のマグネットなどをあげたけど、だれも喜んでくれません。いまどきオジンがマグネットぐらいでは喜びませんわなあ。ふふ。

Aw003飲んでいるときに、片ちゃんに船頭から電話。「メバルが釣れている」ということで、翌日の打ち合わせらしい。メバルが釣れているのなら、私もメバル釣り(岸からの脈釣り)に行かないと・・・。

片ちゃんが「美人が来とる」と、勝手に私のカメラで写しています。ま、いいでしょう。

そのうちヨッさんが「山田さんは、今高知県でイカ釣りをしているはず」というので、電話をしました。すると、「一晩だけやって帰ったきたところや」とのこと。

釣果は4匹釣れたとのこと。2週間前に私がエジプトに行く前に誘ってくれたけど私は行けなかったが、そのときには6匹釣れたとのこと。絶好調のようです。
今度行くときは誘ってくれるということで、だいたいの日も設定しました。

この時期はグレも好シーズン。グレ釣りもいいけど、イカ釣りもいい。悩み多き釣りキチオジンです。

2月 9, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

香川磯釣り連盟の新年総会が盛大に

Ax300 先月の30日(日)に、「香川県磯釣り連盟」の新年総会が開かれました。会場は高松市と瀬戸内海を眼下に一望できる「花樹海」。

Ax302まずはお坊さんを呼んで、「お魚供養」をしました。ずーっと昔にしたような気がしますが、久しぶりのお魚供養。最初は時間の関係から一部の人だけの焼香を考えていましたが、お坊さんの読経が思ったより長かったので、参加者が次から次に焼香しました。

去年868匹のサヨリを釣った宝山さんも神妙に焼香。「メバルだけで1,000匹以上殺したわあ」という片ちゃんも・・・。
ま、焼香したぐらいで死んだお魚が救われるのかどうか。責任持てません。

Ax309
今回の新年総会で、私が「香川磯連」の会長に選出されました。私の磯の成績から見ると、ほかにもっと適任者がいると思うけど、皆さんの推薦で引き受けることになりました。

顧問をしてくれている香川県議会の綾田さんも来てくれて、「おめでとう」と言ってくれました。おめでたくはないのだけど、形からはそうなるのでしょうか。

Ax311とにかく最近の磯釣り団体は、活力が減退しつつあります。いろいろな事情が考えられますが、それを少しでもとどめるために、様々なことに取り組んでいくつもりです。

読者の皆さんもいいアイデアがあればコメントに書き込んでくれればありがたい。「なんで、最近の若い人がクラブに入らないのか」の理由が知りたいのです。

Ax315香川磯連の会長になったので、これからはこのブログにも「香川磯連(香川県磯釣連盟)」、四国4県の磯連で構成している「四国磯連(四国磯釣団体連合会)、それに近畿、中国、四国の磯釣団体で構成している日本一の磯釣団体である「西協(西日本磯釣団体協議会)」で決定された事項についてもできるだけ書いていきます。

書く場合は最後に書きますので、興味のない方は読み飛ばしてください。

「今回の香川磯連の総会での決定事項」

平成22年香川磯連大物賞
イシダイの部 ①77.8cm 中山貴博 ②70.8cm 土山毅 ③66.7cm 香川俊雄
グレの部 ①56.4cm 吉田邦夫
チヌの部 ①59.2cm 百々正光 ②57.3cm 辻政重 ③52.7cm 近藤憲由
ブリ、ヒラマサ・マダイの部 規定の長さ以上(青物85cm、マダイ75cm)該当なし
イサギ・アイゴの部 ①45.7cm 多田利行 ②45.6cm 大島雄二 ③41.4cm 高木義文
クエの部 ①115.5cm 植田正
他魚の部 ①カンダイ96.3cm 岡春雄 ②タマミ83.8cm 土山毅 ③タマミ80.3cm 大島雄二

平成23年役員名簿 
会長 谷口寿人(高松黒潮クラブ)、
副会長 村岡一則(高松磯釣クラブ)、谷口重弘(高松荒磯親和会)、桑村保弘(高松名門荒磯会)
事務局長 秋山登(京極磯釣クラブ)、
事務局補佐 矢野定男(観音寺目示会)
ブロック長 東讃 藤本正夫、中央 粂井敏英、西讃 秋山正伸

海防部長 丸尾隆二(高松フィッシングクラブ)
会計委員長 山崎亨(荒磯親和会)
事業委員長 斉藤清文(高松黒潮クラブ)
広報委員 前川博宣(チーム・グレートヨウヘン)
会計監査役 宮本國彦(酔釣会)

平成23年度事業計画
香川磯連新年総会 1月30日
四国磯連常任理事会 2月6日(徳島県三次市)
四国磯連新年総会 2月27日(松山道後)
西日本磯釣協議会総会 3月6日(島根県出雲市)
「四国の磯釣 大物魚拓展」 3月19日~4月10日
四国磯連常任理事会 4月3日(徳島県三次市)
香川磯連チヌ釣大会 5月1日(香川県仁尾町)
四国磯連第68回大会 5月15日(愛媛県宇和島市津島支所で検寸)
香川磯連第38回大会 6月12日(愛媛県愛南町のサンパール)
第33回西協磯釣大会 6月12日(同上)
西協夏季岡山会議(岡山市) 8月28日(岡山市)
四国磯連常任理事会 9月4日(徳島県三次市)
西協魚拓大会 10月1日~12月31日(全国)
四国磯連第69回大会 10月23日(分散大会)
サンポートファミリー釣り大会 10月予定
第21回ザ・讃岐カップ大会 未定
西協秋季岡山会議 11月27日(岡山市)
四国磯連常任理事会 12月4日(徳島県三次市)
上記以外に、香川磯連会長会は随時開催

2月 7, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

釣りの楽しみ方

Cik0242 去年の12月、同じクラブの宝山(ほうざん)さんが言っていたのを聞いてびっくりした。「今年の目標は800匹」。サヨリのことです。それも30cm級の大型サヨリのこと。

11月末で既に700匹以上釣っていて、「800匹は達成可能」と言っていました。その後確認したら、868匹を釣ったとのこと。
ほとんどの釣りは、サヨリ釣りらしい。

釣りに目標を持つことは、釣りを楽しくします。私は魚種別の自己記録更新という目標が楽しみになっています。何を言われようとも、これが楽しいのだから仕方ありません。

宝山さんは、「来年は1000匹を目標にする」と豪語。香川県に大型サヨリがいなくなってしまう・・・。ふふ。

ただ漫然と釣りに行くよりも、自分だけの目標を持つと釣りが断然楽しくなります。目標を持つと戦略も考えないといけません。それを考えるのも楽しいのです。

高知県西南部の波止でカワハギが釣れていると聞いても、それだけで車を6時間も運転していく気にはなれません。でも、私のカワハギ記録29.5cmを超えるサイズも釣れているとなれば、私には釣行するに十分な情報です。

1月 6, 2011 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

香川磯連の忘年会

Cglimg1719 Cglimg1722 Cglimg1724 先週、毎年恒例の香川磯連の忘年会がありました。集った会員が30名近く。会費5000円なのに、豪華料理が並びます。

トラフグのテッチリ、ステーキの鉄板焼き、クエの焼き切り、サケの刺し身、トロが入った巻き寿司。ホントに会費5000円でいいのでしょうか。ここは磯連会員がやっているホテル。超激安の原因です。

私の前に座ったのが、先日底物釣り用の竿受けをくれた辻さん。そりゃあもちろんお礼を言いましたわ。

辻さんがイイダコ釣りの「秘伝」とやらを教えてくれました。最近のイイダコは卵のイイが入るようになって釣りづらくなっているらしい。
テンヤだけだとすぐに離してしまうと言います。

そこで辻さんが言うには、テンヤの上にハリを付け、そこにサンマの切り身を付けると、エサを離さないのでよく釣れるとのこと。ま、これが「秘伝」だそうです。

「秘伝」を教えてくれたけど、私がこれを使うことはないようで・・・。「秘伝の持ち腐れ」になるので、公開しちゃいます。

12月 20, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

いつもじゃない釣り仲間と・・・。

Cgpimg1670 Cgpimg1671 釣り仲間5人が、居酒屋に集りました。今回はいつものメンバーでなく、いつもの場所じゃない集合です。猪ちゃん、青木さん、藤森さん、宮本さん、私の5人。

猪ちゃん、藤森さんは磯釣り仲間。「釣れないのでよそ見をしているときに限って、大きいのがガーンと来る」の体験談は釣り人共通の体験。

猪ちゃんは、刺しエサのオキアミを食ったカモメにサオを持っていかれた話。カモメが海面近くを飛んでは海に、飛んでは海に・・・。自分のサオが引っ張られている。携帯電話で渡船を呼んで、サオを取り戻したとのこと。

投げ釣り専門の青木さんがいいことを言いました。「釣れないときは、釣れる確率がどんどん高まっているとき」という名言です。そんなアホな。釣れないときは頑張っても釣れん、と思います。

だが、理由を聞いてみると、納得。「魚は潮によって食い気が出る。潮が悪いと食欲が出ない。かと言って、一日中エサを食べないでいることは出来ない。ということは、ちょっと潮が良くなるだけで、ガブリと食いつく。だから、アタリがないということは、釣れる可能性が高まっているとき」と断言します。

名言です。確かに一理あります。だけど、釣れないときは、釣れないし・・・。名言でなくて、迷言でないことを、アンタは信じますか。

12月 8, 2010 釣友 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

再び「クエを食う会」

  Cguimg1610 Cguimg1601香川磯連の植田さんが、今年2匹目のクエを釣りました。そこで11月23日の祭日に、再び、「クエを食べる会」を開催。1年の間に2回もクエが食べられるなんて、「望外の幸せ」。

Cguimg1608釣った植田さんの家に7人が集って、昼から大宴会となりました。集ったのは秋ヤン、辻さん、龍満さん、岡さんに、私と同姓の谷口さん。全員が香川磯連の仲間です。

予定の正午に行くと、既にクエのアラ煮、クエの炙り寿司、クエの塩焼き、タコとキュウリの酢の物の他に、鍋の料理が出来ています。
鍋の中身を覗くとクエでなくて、今回はイノシシ鍋になっています。贅沢。
Cguimg1606植田さんは、土産用に「クエの炙りとイカの寿司」のパックまで用意してくれています。ふふふのふ。

クエ釣り談義が終わった後、秋ヤンが最近はまっているというメバルのルアー釣り仕掛けを持ってきて、ナンヤカンヤの実践話。ついていけませーん。

秋ヤンはイシダイの77.7cmを釣っていて、現在の香川県民イシダイ記録保持者になっているれっきとした底物師。小さなメバル仕掛けとのアンバランスがおかしい。

Cguimg1612次に、溶接技術者の辻さんが手作りしたというイシダイ用の竿受けの話。いろいろと工夫がしてあって、特許を取れる感じがします。
超大物が来たときには、竿が一気にすごい力で持ち込まれるので、竿を竿受けからはずせなくなってしまい、バラシの原因になります。こういうときにサオを簡単に竿受けからはずせるようになっています。

その話をしているときに、2個持っているという辻さんが、「じゃあ、お前にやる」と口を滑らせて仕舞いました。ふふふ。「酒の席での言葉だった」と言われないように、帰るときに釘を刺しておきました。

秋ヤンのブログhttp://hpcgi2.nifty.com/kagawaisoren/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2010&m=11&d=24
を見ていると、既に辻さんから秋ヤンに「谷口に渡してくれ」と持ってきているらしい。ふふふ。これで間違いありません。

11月 29, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

サヨリ釣り談義

Chbimg1383 Chbimg1385 一昨日、いつもの割烹「友釣」に、7人が集合。この日の話題の中心は、宝山(ほうざん)さんが熱愛しているサヨリ釣り。
8月の猛暑の日を除いて、サヨリ釣りに日参しているらしい。

その目標を聞いて驚きましたわ。10月の1ヶ月間で釣ったサヨリが、295匹。どれもエンピツサヨリではなくて30cm級のもの。
今年の1年間の目標が700匹。

これをすべて丁寧に一夜干し。中骨まで取り除くというのだから、絶品には違いないでしょうけど・・・。冷凍保存にしているらしい。

Chbimg1387 カウンター席には、いつもの常連の花田さん、花岡さんがいます。サンポート高松港の情報には、店主の勇ちゃんを含めて、そりゃあもう詳しい人たちです。

毎週の土、日曜日、祭日には、必ずそこでサオを出しています。それも猛暑の夏、酷寒の真冬もですから、頭が下がります。ま、下げはしませんけど。

最近の情報では、エイはいなくなって、タチウオのシーズンインらしい。勇ちゃんが「エイ狙いは真面目に来なかったけど、タチウオはちゃんと来いよー」、と説教口調。確かに、最近の私は不真面目です。

11月 6, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

秋ヤンからシールをいただきました

Chhimg1107 いつも持ち歩いているカバンの中を整理していて、3枚のシールを見つけました。私が所属している「香川県磯釣り連盟」、「四国磯釣り団体協議会」、「西日本磯釣り団体協議会」の3枚です。

随分前に秋ヤンが自作したものをくれたものです。今度クーラーを買い換えようと思っていたので、新しいクーラーを買ったときに貼ろうと考えていましたが、シールの存在を忘れてしまっていました。

人にもらったものを簡単に忘れちゃあ、ダメですな。あげたことは忘れないが、もらったことはすぐに忘れる。これって私の特技。自慢にはなりませんが、自慢です・・・。

忘れてしまった最大の原因は、クーラーをまだ買い換えていないこと。買おう、買おう、と思っているうちに、30年前に買ったクーラーでも使えるので、ついついと・・・。

昔のクーラーは現在のものに比べて、保冷力が弱いことは知っています。でも、その分最近のクーラーは重くて、私のような老齢者には大きな負担です。それも原因です。

今年の大阪フィッシングショーで軽いクーラーを見つけたので、それに買い換えようと思っています。でも釣具屋に幾たびに忘れてしまう。健忘症なのか、はたまた・・・。

ところで今週の後半は、カンちゃん、松下さんとイシダイ釣りで高知県の予定でしたが、台風で断念延期となりました。来週決行予定です。そのときは多分60cmを釣った写真をお届けできると思います。
「そんなん、届けて要らん」と言われてもお届けすると思いますわ。言うのはタダ。

10月 27, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

四国磯連記録の中間報告

Zimg067 9月初めに、四国の真ん中にある徳島県の三好市で、四国4県の磯釣り師が集りました。そこで、今年の大物釣果中間発表がありました。
拡大してみてください。

圧巻なのは、イシダイの部。65cm以上ないと申請できませんが、これまでに申請されているのが11匹。このうち70cm以上が6匹もいます。四国の磯のすごさを再認識します。

と同時に、私のウデのふがいなさを思い知ります。毎年のことですが、今年は特に70cm以上がたくさん釣れているようです。これも地球温暖化の影響なのでしょうか。
だとすると、「地球温暖化賛成」と・・・、言えませんわなあ。

Ciamg0664この会合に行くときに寄ったクエ釣り師の植田さんちで、庭先にトマトがなっています。「ちぎって持ってけー」と言ったけど、「トマトはいりません」。家にもたくさんあります。

だけど一粒を食べてびっくり。甘くて皮が薄くて、これまでに食べたトマトの常識が役に立ちません。65年生きてきた常識が役立たずです。
劇ウマなので、前言を翻して、なっているのを全部ちぎって来ました。

翌朝のおかずは、このトマトと、前日に冷凍庫から出していたイシダイの塩焼き。なんとも贅沢な朝食となりました。
「山ノ神」は買ってきたミニトマトを、おやつ代わりに1パックを食べてしまうことがあります。

この劇ウマトマトを食べられたらいかんので、ちゃんと釘を刺しておきましたわ。

9月 18, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

コブダイ釣り秘策

Cibmg0629 Cibmg0630 先日、いつもの割烹「友釣」に、いつものメンバーが集りました。
この日の最大テーマは、20日に予定しているチヌ釣り大会。毎年この時期に、若い人が多い観音寺目示奈会と、老人中心の我がクラブとの熱い戦いになります。

この時期はあまりチヌが釣れません。ウデの差が出る時期なので、毎年我がクラブは惨敗です。
足腰の弱いわが老人クラブは、足場のいいケーソンに上がりますが、若い観音寺目示奈会の連中はそれを小バカにして磯場に行ってバンバン釣るのです。

足腰ハンディをくれてもいいのですが、我がクラブも気持ちだけは若いと思っているので、屈辱的なハンディ嘆願はできません。
そんなことで毎年負けています。決してウデの差ではありません。

Cibmg0633 で、今年は秘策を練りました。足場のいいケーソンではチヌがあまり釣れませんが、大きなコブダイの巣になっていて、何度もパツン、パツンと切られます。

だから、今年はこのコブダイを釣って観音寺目示奈会の鼻をへし折る秘策です。
今度の大会は我がクラブが幹事役なので、大会要領はこちらが決めます。だから、チヌ釣り大会の賞品にチヌの部の他に、他魚の部を作って、他魚の部優勝を狙うことにしました。

うふふ。どうです? 常日頃コブダイをバカにしている観音寺の面々には思いつかない秘策です。
コブダイを釣るための秘策も、全員一致で決めました。楽しみになってきました。

帰りに見るとカウンター席には花田さん、花岡さんの花コンビが座っています。コブダイ秘策を考えた後なので、気持ちよく挨拶して帰りました。

9月 4, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

「フグは旨いぞ」だって

  Cha2104 昨日の夕方、久しぶりに熊ちゃんがやっているお好み焼き割烹「くるみ本店」に行きました。
しばらくすると片ちゃんがやってきて、いきなり取り出したのはフグの刺し身。この日に船で釣ってきたもの。ま、新鮮なことは間違いありません。

Cha2102それを私に「食べろ、食べろ」と勧めてくれます。躊躇していると、「心配やったら、ワシが食べてから5分後に食べろ」と・・・。フグの毒症状は、そんなに早く出てきませんって。

私は刺し身が好きでないだけです。結局1切れだけ食べたけど、残りは全部片ちゃんの腹の中。店が出してくれた生姜醤油で食べてしまいました。

Cha2103片ちゃんは、この日に釣った大きなメバル3匹も持参。これを熊ちゃんが煮付けにしてくれました。絶品。
3匹は少しずつ大きさが違っていて、一番大きい27cmは片ちゃん、次のサイズはたまたま来ていた女性のお客さん、一番小さいのを私がいただきました。私のでも25cmはあります。

私の「山ノ神」も魚の煮付けが上手だけど、それに劣らず負けず旨い。熊ちゃんに聞くと、出汁(ダシ)を使うと教えてくれました。

最後の締めくくりは、熊ちゃんお勧めのお好み焼き、ふわふわネギ焼き。太いヤマイモの15cmぐらいを一気に摺り下ろします。フワフワドロッの不思議感触のお好み焼きでした。これまた旨い。家に帰って体重計に乗ったら、昨日より1キロ以上重くなっていました。

6月 17, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

船頭がくれたハチビキで酒盛り

Chj1793 Chj1795 四国磯連の釣り大会から帰った翌日の夕方、割烹「川照」に、猪チャン夫婦、片ちゃんが集合。
船頭がくれた「ハチビキを食べる会」です。

まずは自分達で釣ったカワハギの煮付けを1匹ずつ。パンパンではないけど、肝があって、こってりとおいしい。
尿酸値の高い私には、魚の内臓、特に肝はダメと知っているけど、そんなことは言ってられませんわ。きれいに食べてしまいました。

カワハギは20cm以上の大きさなので、これだけでお腹の半分が埋まりました。ビールが進みます。焼酎のお湯割りも進みます。

次にいよいよ本命のハチビキ。船頭は「刺し身がいい」と言っていましたが、30時間以上経っていたので、刺し身にはできないということで、塩焼きにしてくれました。
1人ずつ大きい半身。

Chj1797ノルウェー産のサバには負けるけど、脂が尋常でないほどに乗っています。身はアジのように柔らかい。大将の塩加減もいい塩梅。ホントにおいしい。

私が持って帰ったハチビキ1匹は、切り身にして冷凍庫に入れてあります。これも塩焼き決定です。

しばらくして小野ちゃんが来店。娘のようにかわいがっているベッキーちゃんとのお出ましです。

5月 19, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

香川県の釣り師が集合

Chr1463 Chr1464 先週、香川県釣り団体協議会のメンバーが集りました。磯釣り、投げ釣り、バス釣りの各界から代表者が集っての総会です。夜7時の遅い開始だったので、資料審議は早々と済ませ飲み会に突入しました。

とは言え、どうしても審議しておかないといけないことがあります。今年作成予定の「香川釣り団体協議会」のシールデザインの決定。
猪(いの)ちゃんがいくつかのデザインを作ってくれていたので、挙手での多数決で決定しました。

これなら文句ありません。スッキリした感じのデザインに決定しました。同じ釣りクラブの岡田さんに、格安で作ってもらうことにしています。趣味の団体って、いいですなあ。

Chr1466 飲んでいるときに、私の前に座ったのが秋ヤン。その両横には丸尾さんと藤森さん。3人ともイシダイ釣りをするので、話題は当然イシダイ釣り。

大型のイシダイが釣れる場所やらを、聞いていました。秋ヤンは77.7cmの香川県記録保持者です。いろいろと教えてくれていましたが、それを聞いているうちに私にも50cmのイシダイが簡単に釣れそうな気がしてきました。

丸尾さんも「50cmなら簡単や。目標を60cmにせい」と意気がますます上がります。
だから、その場の成り行きで、「この私に50cmのイシダイを釣らせる委員会」が結成されました。慎んでご報告いたします。秋ヤンが「今度、オマエに50cmイシダイを釣らせるために、釣行を段取りするわ」、とのこと。

カンちゃん、松下さんからは5月下旬に連れて行ってもらうことになっています。今年のイシダイ釣りの希望が見えて来ました。
50cmのチヌに続いて、今年は50cmのイシダイですわ。釣りキチのネットワークが全開です。

4月 29, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

磯釣りの会で、AED講習会

Chu1331 Chu1328 今週、香川県の磯釣り師が県内各地から集合。そこで救命処置のAEDの使い方講習がありました。
会場に合宿で来ていた高校生の野球部も加わって50人近い人数。

実際の使い方をしているのは、秋ヤン。なかなか使い慣れています。心臓マッサージを30回、口を付けて肺に空気を送り込むのを2回、これを繰り返すのだそうです。

よーく分かったけど、自分が使われるときには、役に立ちませんわなあ。他にも、秋ヤンが口付けで人形にキッスをしているときのうっとりと激しく潤んだ目が気になりました。こんなんで、キスされるのもイヤだし・・・。ふふ。

Chu1334 この講習会が始まる前、秋ヤンから3種類のシールをいただきました。「香川県磯釣り連盟」、「四国磯釣り団体協議会」、「西日本磯釣り団体協議会」の3種類。

彼がどうして持っているのか、分かりませんが正式に作ったものではありません。多分、手作り。「いるか?」と言うので「いる」と言ったら、くれました。

6月に新発売されるクーラーを買うつもりなので、そのクーラーに貼るつもり。そのころには、猪ちゃんにデザインをお願いしている「香川県釣り団体協議会」のシールも出来るはずです。
賑やかなクーラーになります。クーラーの中身が賑やかにならないので、せめて外見だけでも賑やかにしとくんじゃあ。

4月 10, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

イシダイ仕掛け一式をいただきました

Chv1284 この前の日曜日、三宅さんの家で焼肉パーティをしたとき、秋ヤンがイシダイ仕掛け一式を見せてくれます。
フン、フンと聞いていたら、「これを全部やるから、よーに勉強せい」とのこと。

ファイの中には、何種類かの仕掛けと、その仕掛けを作るための部品一式が入っています。
そして、一つ一つ取り出して説明してくれる。だけど私は自他共に認める超不器用人間。とても作れそうにありません。

だが秋ヤンはお酒が入ってますます快調。私にワイヤーをサルカンに付ける方法を実演。理屈は分かりますが、私に出来るのかねえ。
努力する気があるのか。

秋ヤンは私のこのブログを呼んでくれていて、私が昨年からイシダイ釣りを始めたことを知っています。
で、ブログを読んで、私の稚拙さにイライラしたに違いありません。

その思いはそこにいた全員が共有しているらしく、イシダイアタリの合わせ方を実演。
イシダイ釣り師に会う度に、全員が教えてくれるので、ま、いくらどん臭い私でも、頭では分かって来ました。

今度でかいのが来たら、頭のイメージどおりにビューティフルに釣れるような気がしてきましたわ。ふふ。

4月 8, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

イノシシ肉とウツボで焼肉パーティ

Chv1279 この前の日曜日、四国の磯釣り師が徳島県の三好市に集合。そのときに報告された今年の釣果にびっくりでした。

今年になってまだ3ヶ月しか経っていないのに、イシダイの70cm以上がすでに5匹も釣れています。改めてイシダイ釣り場としての四国のすごさを再認識しました。

Chv1281その後、香川県の磯釣り師が三宅邸に集合。三宅さん夫婦、植田さん、丸尾さん、高木のあんちゃん、に私。
クエ釣り師の植田さんがこの冬に釣ってきたウツボと、もらってきたイノシシ肉で焼肉パーティ。

まずはウツボ。全部がコラーゲン。植田さんが、口癖で「磯魚の中で、ウツボが一番旨い」と言うのも分かります。
次に、イノシシの焼肉。脂身のところがジュワッジュワッとはじけているのを口に放り込みます。脂はオジン体には良くないと言われようが、「ほっといてくれー」と言える旨さ。ふふふのふ。

Chv1289 しばらくして、三宅さんの孫や、遅れてきた秋ヤンも合流して、賑やかになってきます。
女性、子供もいるのに、相変わらずの下ネタで、私にはさっぱり意味が分かりません。「なら、どうして下ネタと分かるんじゃあ」の疑問も出てくるでしょうけど・・・。

植田さんが今日掘ってきた筍を、これまた皮付きのまま焼きます。実に旨そうに焼けていくのを見ながら、なんで「割礼」の話になるのか、上品な私には理解不可能。

午後3時前から飲み始めて、午後7時にはギブアップ。私1人だけ抜け駆け。だって、このメンバーは「飲み始めたら朝まで」というのが何度かあるらしいので、私にはとてもついていけません。

4月 7, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

大阪でもらったもの

Cif0986 日曜日に西日本の磯釣り師が集りました。この会での楽しみは、久しぶりの顔なじみとお会いすること。年に一度しか会えない人もいるので、近況報告です。
趣味を同じくする人との話は、尽きることがありません。

もう一つの楽しみがあります。毎年各県からの参加者が、それぞれ地元の特産品を持ち寄って、抽選会をします。
香川県磯連からは、「醤油豆」を持って行きました。「讃岐うどん」と並ぶ香川県の特産品です。

今回は抽選無しで、私の袋の中には、島根県から持ってきてくれた「カレイの一夜干し」が入っていました。主催者の大阪の人が抽選の我慢をしてくれて、他県から来た人に優先して配ったのだと推測。ありがたく頂きました。

Cif0985今年は、それとは別に、釣具メーカーさんが提供してくれた品物の抽選会がありました。私に当たったのが、「阪神タイガースのマークの入った傘」でした。

そして横にいた秋ヤンに当たったのが、バッカン。「傘よりは、バッカンの方がいいなあ」とつぶやくと、交換してくれました。感謝の気持ちで記念撮影。

その「タイガースの傘」を狙っていたのが、熱烈阪神ファンの藤森さん。「ええなあ、ええなあ」と繰り返し訴えて、ついに秋ヤンからもらってしまいました。
秋ヤンはええヤツですわ。

3月 9, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

西日本の磯釣り師が集りました。

Cif0970  Cif0982昨日の日曜日、関西、中国、四国の磯釣り師が大阪のホテルニューオオタニに集りました。来賓も含めて総勢155人。香川県からは8名の参加。
四国の田舎者がキョロキョロしながら、広いホテルをウロウロしましたわ。

プロ歌手の児嶋幸子さんや河内音頭の天竜小若丸さんがステージに立つ、釣り団体らしからぬ盛大な総会でした。

Cif0983そんな中、京都府磯連会長の柳さんがお連れしてくれたのが、大阪釣り団体協議会会長の佐藤功さん(写真、中)。初対面です。
私は毎月釣り団体の機関誌に「おもしろ釣り問答」を寄稿していますが、その機関誌が、佐藤さんに送られていて、私のファンとのこと。ふふふのふ、です。

Cif0973私が毎月投稿している「関西のつり」の池田編集長も来賓としてきていたので、ご挨拶。2月のフィッシングショーで会ってからの再会です。
「関西のつり」の販売数が、若干ながら増加に転じたと聞いて、投稿者としてはホントに嬉しい限りです。記事の内容を、これまでの専門的なものから、少しだけファミリーフィッシングに軸足を移したのだといいます。努力しているのですなあ。

  Cif0979 そして会場にコンパニオンらしくない和服の美人がテーブルに回ってきます。お聞きすると、大阪府磯釣り連盟の塩田会長さんの娘さんとのこと。

あまりの美人に、植田さんが「名刺をもらってくる」と意気込んだものの、「1人では、よう行かんわ。付いていってくれとのこと」。ワケが分からん。とりあえず記念写真を撮りました。

Cif0984私の横に座ったのが、愛媛の菅さん。私を愛媛県の佐田岬の渡船で見たとのこと。多分私が1人で行っていたときのことだと思います。
菅さんは、その磯場によく行っているというので、いろいろと情報をお聞きしました。またまた、楽しみが増えました。今度、1人で行こうっと。

3月 8, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

四国4県の磯釣り師が集りました

  Cimg0870  Cimg0867先週の日曜日、徳島市のホテルに四国の磯釣り師が集りました。年に一度の総会です。趣味の会の総会ですから、議事はシャンシャンと済ませて、恒例の阿波踊りも出て大いに盛り上がりました。
香川磯連からも大勢が参加して、集合写真。

年に一度ですが、毎年会う懐かしい人との出会いは、同じ趣味をしているからこその楽しみです。
私と同じテーブルには、高知磯連の大原さんもいて、近況を・・・。

Cimg0862部屋の周りの壁には、去年釣った大物魚拓がずらりと貼られています。これを見ているだけでも、釣りキチはワクワクします。自分が釣ったわけでもないのに、ウキウキします。何ででしょうかねえ。

つづく・・・。

Cimg0860遠くのテーブルに高知磯連会長の別役さん。挨拶・・・、というのは名目で、どうしても聞きたいことがありました。
高知県四万十町での、イシダイ釣り仕掛けです。何月頃から釣れるのかも聞きたいところ。

すると、「前に教えた方法より、もっといい方法があるんやあ」とのこと。これがあるから「ご挨拶」が必要不可欠。
瀬戸貝を使った新たな仕掛けです。ふふふ。またまた楽しみが増えました。早速確かめないといけません。こっそりとひとりで・・・。

そのためには、なんとか瀬戸貝を手に入れなければいけません。取り方を知らないしなあ。

3月 4, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

投げ釣り、バス釣り、磯釣りのクラブが集って・・・

Cimg0848 先週、「香川県釣り団体協議会」の役員会を開催。この香川県釣り団体協議会では、毎年魚種別の「香川の大物ギネス」の発行したり、県民を対象にした釣り大会を開催したりしています。

役員会といっても、私を入れて5人。役員会というより、世話人会というほうが正しいか。
それも「雑用世話人会」、「趣味の世界介護会」みたいなもの。趣味の世界は、この雑用が結構多いもの。オジンになると、面倒臭くてあきませんわ。

今回の集りは今年の総会に向けての資料作りと今年の計画です。この計画の中には、「香川県釣り団体協議会」のシールを作ることにしました。猪ちゃんのデザインで、すばらしいものが出来るはずです。

香川県釣り団体協議会は、磯釣りを愛する人たちの「香川県磯釣り連盟」、投げ釣りを愛する人たちの「全日本サーフ香川協会」、バス釣りを愛する人たちの「香川県バス釣り連盟」の団体が集って作っています。

今回の集まりで、意外なことを聞きました。磯釣り団体の会員数は昨年も減少を続けていますが、投げ釣り団体、バス釣り団体は昨年会員数が増加に転じたとのこと。

どちらも釣具屋を通じての広報が、効果を発揮しているとのこと。磯釣りを愛する私としては、なんか考えないといけません。
「最近の若者は、クラブに入るのを嫌う」と片付けていますが、どうもそうではないらしい。考えないといけませんな。アイデアを募集します。釣り団体はお金が無いので、賞品はありませんけど、私の愛情でよければ、どうぞ。げーっ。

3月 2, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

雑誌「関西のつり」の編集長にご挨拶

Cii0528 大阪のフィッシングショーに行ったとき、釣り雑誌「関西のつり」を発刊している岳洋社のブースに立ち寄りました。
編集長の池田さんに会うためです。

毎月原稿を送っていますが、それを受け取ってくれるのが池田さん。2年前に池田さんが新編集長になってから、なかなか会う機会がなくて、今回やっと会えました。

ブースで、「池田さんという人がいますか」と声を掛けたら、しばらく私の顔を見て、「あ~~、私です」。毎月送っている原稿のなかに、執筆者の近況写真を入れているので、池田さんは私の顔を知っています。

釣り雑誌「関西のつり」には、25年間以上投稿し続けています。当初は様々な釣り雑文を書いていましたが、現在は短文の釣り用語解説、釣り人向けと奥様向けのクロスワードパズル2題、それに釣りと魚をテーマにしたパズル「閑釣万釣お遊びコーナー」を送っています。

釣りワザとしてはどうにもならない私にとって、「本から得た若干の釣りと魚の知識を生かせる分野とは、何ぞや」を考えていると、こんな形になってしまいました。

「書く」ことは、成長させてくれます。その機会を与えてくれた「関西のつり」には、本当に感謝しています。
それにしても25年以上はすごいでしょ。フフフ。私はやり始めるとしつこいのじゃ。

2月 13, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

フィッシングショーで「粗品ゲット緊急対策隊」を結成

Cii0526_2 大阪のフィッシングショーに、行ってきました。広い展示場を最初はブラブラと歩いていましたが、一緒に行った三好さんが、「ナンカもらえんと、嬉しくないなあ」と何度も言います。

それまでも既にいくつかの頒布品をゲットしていましたが、それからはひたすらサンプル品などを求めることにしました。
で、「粗品ゲット緊急対策隊」を結成。徹底的に「何かをもらえるところだけを攻める」ことに集中しました。

多くのブースで、「カタログを買うと、サンプルを差し上げます」というのがありますが、これはすべてパス。とにかく「緊急対策隊」のマニフェストとして、「タダでもらえるものをもらう」に決定。
これを固く守って動き回りました。

Cii0548_2いくつかのブースでは、「アンケートにお答えした方には、**を差し上げます」とあります。
私には全く興味のない釣りでも、すべてアンケート。質問には、真面目に、テキトーに答えました。

その結果が、写真の戦利品です。チヌバリ4号が8本、ジクフック10号が2本、グレバリ4本、チヌバリ2本、タオル、オモリ4個、眼鏡拭き、そしてシールが4枚。
書いたアンケートの数は・・・、忘れましたわ。

新製品も見ながらですから、疲れました。でも、漫然と見て回るよりは、オモロイ散策になりました。
釣具メーカーも経営環境が厳しいのか、簡単にはバンバンともらえませんでした。私達のような行動を取れば、景気も分かります。どうです?

2月 8, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

香川県の磯釣り師50人の新年会

Cimg0484  昨日の日曜日、香川県の磯釣り師50人が集りました。ちょっと遅い新年総会です。
雨模様で、山の中腹にある会場からの、折角の見晴らしがくすんで、きれいな瀬戸内海の一望は叶いませんでした。

でも、釣りキチは天気がよい日にこういう会があると、「釣りに行けるのに、残念」という思いをするもので、そういう残念はなかったので、雨の日万歳です。

さて、これだけの磯釣り師が集ったので、私にとっては情報収集の絶好のチャンス。この日も色々と収穫がありました。このオジンになって、磯釣りの勉強しなおしです。

Cimg0483まずは、我がクラブの若手、三好さん(若手と言っても、平均年齢が60歳を超えているので、当然の中年)から聞いたハリスの長さ。
私は1ヒロ半でしているが、「2ヒロ半はいるでー。ま、どんくさいアンタはとりあえず2ヒロからやな」と、完全に上目線アドバイス。

「老いては子に従え」。とりあえず、このアドバイスに従うことにしました。これで釣れなかったら、こらえんからな。釣れなかったら、「ウデじゃあ」と言うだろなあ。

Cimg0488   次に大物イシダイ釣り師の藤井さんに聞きました。藤井さんは平成21年のイシダイの部で、2位になった70cmのイシダイを釣リ、昨年だけで50cm以上のイシダイを5匹釣っています。

Cimg0486まずは、「船頭を釣れ」の金言。大物のイシダイが釣れる磯は決まっているので、その磯に上がるためには船頭と仲良しになることが第一条件。
いくら磯に通っても、釣れない磯に上がっても無駄、とのこと。考えると、おっしゃるとおり。今年から、少しずつ船頭の開拓をしましょうか。

次に藤井さんが言うには、「釣った大物を食べるなんてことを考えるのは、とんでもない」とのこと。一瞬、耳を疑いました。
よく聞くと、大物を氷が入ったクーラーに入れてしまうと、2cmは小さくなる。大物記録として魚拓にする対象魚は、クーラーに入れないで持って変えるとのこと。これが常識、と言われて私は口あんぐり。

なるほど。記録にこだわる人は、違います。ま、この私にそういう大物が釣れる日が来るのでしょうか。

2月 1, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

寒グレを頂きました

Cimg0279 愛媛県の宇和海に釣りに行っていた植田さんから、寒グレ3匹の土産が届きました。一番大きいので33cm。

寒グレがおいしいのは分かっているけど、この寒さじゃあ、出足の一歩がなかなか出ません。一歩出ても、二歩下がる。こたつに潜り込んでしまいます。

会社をリタイアしたので時間はいくらでもありますが、そのことが寒さを和らげてくれるはずもなし。寒さにグズグズ・・・。

「なんとか時間を作って釣りに・・・」というようなことは、言えなくなりました。「なんとか寒さ対策をして・・・」と情けないことを言わなくてはいけません。

少しずつ暖かくなったのを見て、さーっと磯釣りに行くつもりです。「つもり」です。「つもり」だから、行かないかも知れません。
行かないと「つもり積もって」ストレスに・・・。

寒くても頑張っていきます。ただし、暖かくなったら・・・。どの程度暖かくなったら行くかというと、ま、私の体がホンワカホンワカしたら、ということです。

そうそう、植田さんからもらった寒グレは、期待していたよりは脂が乗っていなかったけど、十分に合格ライン。
一部を食べた残りは、切り身にして冷凍庫に入れました。ウフフ。

1月 22, 2010 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

35cmのサヨリ便り

Zcaikdg2x 先週の水曜日、宮内毅さんから久しぶりのメール。香川県西部で、超良型のサヨリを40匹釣ったという内容。
写真を見てびっくりしましたわ。大きいのは35cmを超えています。他も30cm前後とのこと。

写真では実感がわからないと思いますが、30cmを超えるサヨリは実物で見ると、その大きさに驚きます。大型サヨリを形容するときに「サンマサイズ」と言いますが、長さよりもその幅の広さに感動します。
私の幅も、最近太り気味でオドロキの幅に近くなってきていますが、だれも感心してくれませんけど。

私が過去に徳島県の筏で釣った最大は、39.6cmですが、釣り上げたときしばらくその大きさに見とれました。

宮内さんはメールの中で、釣った場所を詳しく書いてくれていましたが、これはナイショ。私が見つけたポイントならいくらでも言えますが、他人が見つけたポイントを簡単に言うのは「釣りキチ道」に反します。

香川県の波止でも、釣れているとなれば、平日でもドドドーッと釣り人が押し寄せます。そうなると、自分が見つけた穴場でも、なかなか場所取りが出来なくなってしまいます。

美人のママがいて、料金安くて、お客さんが少ないスナックには友人を連れて行かないのが常識なのと同じです。ふふ。

12月 22, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

香川県の磯釣り師忘年会

Chq0184香川県の磯釣り師20人が集って、忘年会。壁には、今年提出の大物魚拓を貼って、大いに盛り上がります。

場所は市内の高松美山ホテル。ここのオーナーが磯釣り師の仲間なので、この日の料理がオドロキの豪華、安価。

Chq0186まずは鍋。材料は、フグ、カニ、ハマグリ、牡蠣。次に網焼きは、カニ、ホタテ、など。刺し身は大ヒラメに、活きている車えびの踊り食い。もちろん最後は讃岐うどんも・・・。

これで飲み放題で5000円。 こんなに安くていいのでしょうか。コチトラが心配になります。デフレが心配ですわ。ふふ。

Chq0190会も終盤になって、秋ヤン(写真 左)から、大物イシダイの仕掛けをご教授願いました。今年からボチボチと始めた底物釣り。何事も勉強です。
「聞くは一代、聞かぬは末代の恥」。聞けば何でも教えてくれます。

すると、横にいた藤森さん(右)が写真撮影を懇願してきます。「なんでや」と聞くと、「ここに来た証拠写真が要るんや。女房もアンタのブログを時々見ているんです」とのこと。

はいはい。分かりました。でもなあ、この忘年会の日は書かないから、アリバイ証拠にはならんなあ。ふふ。

12月 21, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

四国の磯釣り師が集りました

Cht0874 四国の磯釣り師が、徳島県の旧池田町に集りました。四国の高速道路は四県の県庁所在地が十文字に結ばれています。

旧池田町はその交わる近くにあるので、四県から集るには都合がいいのです。周囲は山に囲まれて、全山紅葉真っ盛り。海が好きな私も、この山々にはチト感動しましたわ。

Cht0875この日の議題に、10月にあった四国磯連の大会結果が発表されました。イシダイの部は、60cm以上が3匹も釣れていて、四国の磯釣り場の健在は相変わらずです。
アッシには関係ございませんけど・・・。

ここに来るのに、車に同乗させてくれたクエ釣り師の植田さんはアイゴの44cmを釣ってこの部門優勝。
私はここ何十年と表彰から遠ざかっています。実力なんじゃい。

そして他魚の部門を見て、残念なことを見つけました。ブダイの45.2cmを釣った香川県人がいます。
何が残念かというと、これまでの香川県記録は、私が昭和60年に釣った45.0cm。これを2mm越されました。

45.2cmを釣った百々(どど)正光さん、おめでとうございます。本人からの申請がないので、多分香川県記録を釣ったことを知らないのだと思いますが、私が勝手に申請書を書いておきます。

本人が知らないうちに、自分の子が生まれていたようなもの。感動でしょ。それとも、「やめてくれーー」でしょうか。

12月 14, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

釣りキチ集合で、熱く語りました

Chz0589 先週の金曜日、いつもの釣りキチじゃない釣りキチ4人+1人が、高松駅隣の割烹に集合。
釣りキチが変わると、同じ釣りの話題でも内容ががらりと変わります。

全日本サーフ所属の青木さんの話は新鮮。投げ釣りで180m以上投げると、臆病なキスでも良く釣れるんだってさ。
コチトラは100mを投げるのに必死なのに、180mとは信じられない世界。「モノには、限度と言うものがある」。

それに、キス釣りは、蟻の速さで仕掛けを引くと聞いたことがあります。蟻が180m歩くのに、どれだけの時間が掛かるのでしょうか。秒速5cmとしたら、180m歩くのに3600秒、ということは1時間かかるやんか。やってられんわあ、の感じがせんでもない。ふふ。

この日の集合は、「釣り界として取り組むべき未来像は何か」と言う、超真面目な話題もチラッとだけど出ました。
お酒が入ると、真面目な話題ほど、ちゃらんぽらんに盛り上がるのは必然。ワアワア、ワイワイ、ガンガンと・・・。

最近は釣具メーカー、釣具店ともども不景気なようで、何をするにも環境はよくない。それだけに将来の釣り人口を育てる取り組みを、釣具メーカー、釣具店とタッグを組んでやっていこう、エイエイオー、となりました。

これだけじゃ、何のことか分からないでしょ。ま、お酒の席での話はそんなもんやて。でも、多少の資金メドがついたので、「小さなことから、コツコツと」やるつもりです。エイエイオー。

11月 14, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

イイダコ釣りの仕掛け

Cia0579昨夜、いつもの「友釣」に、釣りキチが集合。今日の話題で有用だったのが、イイダコ釣りの仕掛け。
天気のいい日は毎日船で出ている片ちゃんは、「イイダコテンヤの下に、ヒラヒラの付いたスッテを付けるがいい」と言います。

Cia0585このことは以前に聞いていました。明日、私は以前いた職場の人と、イイダコ釣りの予定なので、今日その仕掛けを買いに行ったばかり。

問題はタコテンヤとスッテを結ぶ糸の長さ。釣具屋のオバチャンは25cm程度と言いました。だけど片ちゃんに言わせると、もっと短い方がいいとのこと。

そんな話をしていると、横からヨッさんが、「何を言うか。タコテンヤの下にはエギやんかあ」とのこと。
タコを釣るのに、イカ釣り用のエギを使うことは、聞いたことがありません。

Cia0583でも、これは確かめる必要があります。明日の仕掛けには、イイダコテンヤ、イイダコ用スッテ、エギと賑やかになりました。
でも、今回連れて行ってくれる「酔軍艇」船長の杉村さんと、ブログ「さぬき日記」管理人の「さぬき富士」さんが、この仕掛けにイチャモンをつけるかもしれません。

まずは、こっそりと使ってみることにします。そして、バンバン釣れたら、ウフフのフと、披露。さてさて、そんなにうまくいくでしょうか。

11月 6, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

長崎県の男女群島への釣行準備

Cid0478 11月の下旬に、長崎県の男女群島に行く予定になっています。会社をリタイアすると、スケジューリングが簡単。
釣行後の疲れが仕事が差し支えないか、と言う心配はご無用です。バテたら、いくらでも寝ておれます。ふふふのふ、ですわ。
リタイアオジンの特権です。

今回の狙いは、イシダイ。これまで上物魚釣りをやってきたので、私にはイシダイの仕掛けや道具がさっぱり分かりません。そこで、今回の釣行に誘ってくれたカンちゃん(萱野さん、写真 右)に、教えてもらいに行きました。

そこにいたのは、やはり一緒に行く予定の松下さん。二人は男女群島によく行っているベテランです。

まずは私が持っているイシダイ道具すべてを、見てもらいました。サオ、OK。リールは道糸の巻き直しを指示。カンちゃんがPE糸をタダでくれます。
定価が5500円もするもの。いいんでしょうか。

仕掛けも私が持っているのは、ダメということで、松下さんが作ってくれることになりました。これまた、ふふふのふ。
「自分で作れ」と言われても、ワイヤーハリスをどうすればいいのか分かりません。

他にも、バフンウニの刺し方、タナの取り方など、男女群島でのイシダイ釣りとして、初歩中の初歩を、教えてもらいました。
本格的なイシダイ釣りは、全くのド素人なので、素直に聞けます。

二人とも、「こんなことも知らんのか」、なんていう野暮なことは言わずに、丁寧に教えてくれました。

絶海の離島での釣りが、大いに楽しみになって来ました。

10月 21, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

香川県の磯釣り師の役員会議

Cim0121 先週、香川県の磯釣り師が集りました。写真で見ての通り、「酒無し」の真面目な会議。
このブログ読者のほとんどの人は、全く興味がない議題ですが、それをなんとか興味を持ってもらうように書くのが、私の役目。分かっております。

分かってはいるけど、面白くないものを、面白くは書けません。ちっとも面白くないものを、あたかも世間の大問題かのように書けるのであれば、今頃小説家、随筆家で名を成すか、それとも政治家で大成していますわ。

最近のノリピーのマスコミの異常な狂乱を見ていると、「世間が興味を持っていないものを、持っていない方が悪い」と言い含める努力をいとわないのは、マスコミが一番だと感じています。

でもまあ、今回の会議について言えば、自分が面白く書けないことをタナに上げて、「面白くないことは、どんなにしても面白くないんじゃああ」と開き直っています。
ま、オジンの得意技です。あんたの会社、家族にもいるでしょ。

とまあ、私は自分が分かっているので、勘弁してください。今回の会議は面白くないのです。写真を見れば分かるでしょ。全員がナンカ、深刻、しかめっ面をしているのが分かります。

ま、全員疲れているのでしょうなあ。民主党の先行き政治がどうなるかも不透明なのも、きっと原因だと思います。そんなこと、無いか。

9月 23, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

四国の磯釣り師34人集合会議

Cimg3007 6日(日)に、徳島県の阿波池田に四国の磯釣り師が集りました。阿波池田は吉野川の上流にあって、四国のど真ん中に位置。なので、4つの県から集るには、都合がいいのです。
集ったのは四国磯釣り連合会の役員会。その人数34人。

色んな議題がありましたが、その内容は、このブログの読者のうち99%には興味がない話。で、四国の磯釣り師が釣った今年の記録なら、少しは興味があると思います。無い? そんなことは無い! 無理矢理無い!

ということで、ブログ読者の全員が興味あるようなので、ジャッジャジャアアアンと発表します。

四国磯連では、審査に出せる最低サイズを決めています。イシダイは65cm以上。グレ55cm以上、マダイ80cm以上、ブリ90cm以上、チヌ50cm以上、イサギ・アイゴ45cm以上、クエ100cm以上となっています。

もちろん船とか筏などの上からのものは認められず、陸の上から釣ったものに限られます。関東で盛んな船釣りよりも、磯から大物を釣るのは、はるかに難しいのですぞ。
それで、このサイズですから、相当の難しさです。

イシダイの65cm以上が10匹。うち70cm以上が3匹もあります。四国の釣り場天国が証明されています。
審査サイズ以上の引数だけを言うと、グレ2匹、マダイ3匹、ブリ1匹、チヌ9匹、イサギ2匹、アイゴ1匹、クエ2匹が審査に提出されています。

その中に私が釣ったのは無い! 当然無い。悲しいけど無い。残念だけど無い。どれだけ言っても無いものは無い。

9月 15, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

しし鍋+アナゴ、ウツボに磯キチ集合

Cim0061Cim0062 愛媛県の宇和海で夜釣りをして帰った日の夜、香川磯連の釣りキチが「イノシシのすき焼き」を囲みました。植田さんが持ってきたイノシシの肉に、各自酒や食材を持ち寄っての鍋です。

集った場所は、磯釣り仲間の三宅さんの家。工務店経営の彼は、自宅の庭に「釣りキチ集合部屋」を作っています。

これだけの人数が集って、ガスコンロ2台をガンガン燃やせば、そりゃあ部屋の中は、クーラーが効きません。下着まで、1人脱ぎ、2人脱ぎ・・・。
Cim0053話題は、お互いの裸に欲情したのか、下ネタが圧倒的に多い。私の「品格」では、とてもご紹介できません。悪しからず。

「そんな下ネタでは、ブログに書けん」と言ったら、「わしらの存在が既に下ネタじゃあ」と言い出す始末。

Cim0049さて、イノシシの肉は、長く炊いても硬くならないことを知りました。自然の肉は、旨いわ。ビールがどんどん入ります。

Cim0046そして、私が釣ったイサキを刺し身にし、ウツボとアナゴは植田さんが下ごしらえをしてきました。これを網に乗せて、醤油をかけながら焼きます。
恐る恐る口に入れたウツボ。柔らかくて、旨い。もちろん臭みは無し。アナゴの蒲焼と比べても、それ以上においしい。

「高知県では、ウツボは値段が高いんぞ」と言っていた植田さんの言葉がしみじみと分かりました。
「今晩は、ここに泊まる」という人を置いて、私は帰らせていただきました。翌日に会うと、午前3時まで飲んでいて、朝も午前10時に行くと、「迎え酒じゃあ」と、既に飲んでいます。ついていけません。とほほほ。

9月 12, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

いつもの釣りキチ小集合

Ca948vys Cazcj0ns 割烹「友釣」に、いつもの釣りキチ5人が粛々と集合。片ちゃん、ヨッさん、宝山さん、斉藤さん、それに私の5人。

まず、「この前に高松サンポート港でもらったグレの色が、変に薄かった」と言う話をすると、宝山さんが「瀬戸内海のグレは、臭くてかなわん」。

確かに、以前は香川県で釣れる夏のグレは、食えたものでなかった。クーラーを開けただけで、ファ~~ンの異臭。それは愛媛県の宇和海で釣れたグレも同じでした。

だけど、釣り人が撒き餌にオキアミを使い始めて、臭わなくなりました。グレにとっては、高級食材のオキアミの贅沢三昧の幸せ食卓が続いた結果でしょうか。

だから、恐竜が現代まで生きていたら、「最近の日本人は旨いなあ」と思うはずです。

次に、最近磯に頻繁に行っているヨッさんの話。徳島県南部、高知県の西南部、宇和海と行って、イサキをたくさん釣ってきています。

で、釣ったときのタナを聞いて、びっくり。深いところでは、サオ5本から6本とのこと。サオの長さが約5メートルなので、水深25~30メートルということになります。
「とりあえず、底近くにしろ」とのご忠告。

このときは、「フム、フム」と聞き流しましたが、この忠告が役の立つ日が来るのでしょうか。
釣りは、「ちょっとしたヒントが釣果の分かれ目」。だから、「夏のイサキは底」をメモしとこ。

9月 9, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

バス釣り大会の開会式に参加

Cimg0316 Cimg0318 先週の日曜日、香川県バス釣り連盟の大会があり、開会式の見物に行ってきました。
おりしも、四国地方は大雨注意報が発令中。

バス釣り連盟の村橋会長に、「一度大会を見学したいので、日にちが決まったら教えて・・・」とお願いしていました。で、今回の見学です。
見に行ってびっくりしたことがあります。まず、参加者50~60人の年齢層。ほとんどが30才台のぴちぴちした若者。

磯釣り大会の参加者と言えば、平均年齢は50歳代が中心。釣り服を着ていなかったら、どこの敬老会かと間違うかも・・・。それに比べて、私から見たらチョー若い人ばかりの大会は、ホントにうらやましい感じでした。

村橋会長の大会開会宣言に続いて、いきなり私に挨拶をせよ、とのこと。チト、焦りました。
なので、つい本音が出て、「磯釣りにも参加してください」と、バス釣り大会参加者に言ってしまいました。あとで、「しょーもないことを言ったなあ」と後悔。「後悔、先たたず」、「口は災いの元」。こんなことを言うから、オジンは若い人に嫌われる。

釣り大会への出発風景も、磯釣り大会と違っています。磯釣り大会のときは大きな渡船がドドドーッと、順に出船していきます。
だが、バス釣りの2人乗りの船はスススーッと静かに出船。エンジン音が全く聞こえません。

あらためて釣りの裾野の広さを感じた一日でした。釣り大会の最も面白いのは競技が終わった後の検寸時間。だが、この日は、孫の3年ぶりの里帰り中。仕方なく、そちらは断念。来年にジックリと見学させてもらうことにしました。
ま、オジンは楽しみをジワリジワリと楽しみたいんじゃあ。ふっふっふ。

8月 15, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

釣りキチ+ビジョ多数

Cimg0178Cimg0180 先週の土曜日、総勢21名、うち釣りキチ約半数。他は、私にも素性不明が若干。ま、釣りキチの友達は、みんな友達ということで、高松市内のビアガーデンに集まりました。

Cimg0181なので、話題は釣りキチ集団ばかりのときと違って、釣りの話はほとんど出ずに、多彩な話題。

女性が半数もいるので、なんとなく華やか。ま、なんとなく、です。よーく見ないで、ぼやっと全体を見ると、華やかということでしょうか。ふふ。

でも、釣りキチの友達って、こんなに女性が多かったかなあ。

Cimg0192ビアガーデンのあとの二次会をどうしようかと考えていると、オカテッちゃんが、「行かないかんところがある」とのこと。

商店街の活性化で開いているビアガーデン。ビアガーデンの二次会が、またまたビアガーデン。普通じゃ考えられませんわ。商店街に住んでいるオカテッちゃんについて行きました。

Cimg019410人が参加。商店主がボランティアでやっていると聞いては、ついついアルコールの売り上げ協力。
久しぶりのアルコールは、余計に効きます。

近くの人が犬の散歩に寄ったりして、アットホームのビアガーデン。これはこれは、またいいものです。   

8月 6, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

女木(めぎ)島で、豪華バーベキュ

Cimg0085先週の金曜日は、私が以前いた職場主催の異業種交流会に参加。地元新聞社の英(はなふさ)さんの提案で、高松市沖の女木島でのバーベキュでした。

私は皆が来る2時間前の船便で来て、チョコッと釣りをしたあとで参加するという豪華スケジュールです。

Cimg0084料理は、この島で捕れたマナガツオ、マダイの刺し身に、サザエ、タコの炭火焼。私はサザエを5個以上食べました。それでも、食べきれず、サザエがいくつも残っています。こんな贅沢していいのでしょうか。四国では、いいのだ。

最後には、なつかしの西瓜割りまで登場。目を閉じて棒の周りを5度回るとヨレヨレ。なかなか西瓜に当たりません。やっと割れた後は、この島で取れたという西瓜が、すごく甘い。

Cimg0086この日の収穫は、この島の観光協会会長、川井芳清さんとお話が出来たこと。息子さんが釣りをすると言うことで、いくつかのいいポイントを 教えてもらいました。

もう一つの収穫は、この島に通年の民宿があるということ。「この島には通年民宿がない」と聞いていましたが、間違い情報だったようです。

Cimg0098高松市からこの島に来る第一便は午前8時発。だから、釣り始めるのは8時半過ぎになります。
これでは、釣りのいい時間帯を過ぎています。それに、帰りの最終便は午後5時。これでは、夕方のいい時間帯に釣りが出来ません。民宿に泊まれば、夕まずめ、夜、早朝に釣りが出来ます。

午後9時に打ち上げて、高松行きの最終便はとっくに出ているので、チャータした船で帰ってきました。これまた、豪華でしょ。この日の参加費、5500円。この豪華さで、この値段。四国は楽園です。ふふ。

7月 30, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

記念の写真を贈呈しました

Cimg9987 釣りキチが「釣りをしているときの写真」は、意外と少ない。釣果の魚を持って、うれしそうに笑っている写真はあるが、釣り場での写真は、ホントに少ない。

ましてや、「魚を掛けている時の写真」を持っている人は、ほとんどいない。私も、残念ながら1枚しか持っていない。
今年の春に、オカテッちゃん夫妻と、イカ釣りに行ったとき、私がイカを掛けたときに、奥さんが取ってくれた1枚です。

今回、クエ釣り体験をさせてくれた植田さんに、お礼としてイサキを掛けたときの写真を引き伸ばしてプレゼントさせていただきました。

これが大物の写真だったら、クエを掛けたときの写真だったら、そりゃあもう、すごい写真になります。でもイサキでも竿先は曲がっているし、バックの空には、夕日の赤みが若干ですけど、写っています。

こういう写真を撮るのは、意外と難しい。釣り人の姿勢、サオ全体の曲がり具合、背景の雄大さ、そういうものが全体として写っていないといけないから・・・。

私はブログのせいで、いつも釣り場にカメラを持ち歩いています。私と一緒に釣りに行くと、ひょっとしたら記念の写真になるかも知れません。ま、魚を掛けないといけませんけど。

7月 21, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

内藤さんから、四国の釣果

Ca3bqi24 Ca2922pw 石川県の内藤さんから、うれしげな写真がメールで届きました。1週間、四国で釣り三昧した結果の大物です。

香川県の島で釣ったカンダイを持つ内藤さん、高知県の黒潮町で釣ったタマミを持つ奥島さん。二人とも、メッチャうれしそうです。
多分二人は、このブログのタイトル「四国は釣りの楽園・天国」を、そのまま堪能したと思います。

私はリタイアしてから、釣りについての考え方が若干変わってきました。クエ釣り体験でも実感したが、「釣りには先達が必要」ということです。

大物狙いは、特にその感が強い気がします。2ヶ月ほど前に、知らない人から電話がありました。

「室戸岬沖でクエ釣りをしているのだが、一緒に行ける人を知らないか」とのこと。その人の話を聞いて、びっくりしました。

香川県高松市に住んでいるその人は、午前1時ごろに自宅を出発。午前3時に徳島県南部の伊座利港を出て、3時間後に和歌山県沖に到着。そこでエサとなるイカを釣る。
それから1~2時間かけて釣り場の室戸岬沖40キロに到着。そして3~4時間釣りをした後、3時間掛けて港に帰る、とのこと。

1メートル以上のクエが釣れる確率は高く、また超大型のカンパチ、マダイ、ヒラマサが釣れる。
私に電話してきたその人は、私とほぼ同年齢。体力的に1人ではつらくなったので、同行者を探しているとのこと。

「四国は釣りの楽園・天国」ですが、四国にこんな大物釣りがあることを、全く知りませんでした。何の情報もないと、1人でこの釣りを開拓するとしたら、とんでもない時間がかかります。私には、先達が必要です。

7月 20, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

釣りキチ三平、我が家に・・・

Cimg9980 木曜日の早朝、石川県金沢市にいるはずの内藤三平さんから電話。「イシダイの特製仕掛けをくれー」とのこと。
話を聞くと、釣り友の奥島さんと、先週の土曜日に四国に来てから、ほとんど徹夜続きの釣り三昧とのこと。

徳島県鳴門市の離岸提、香川県東かがわ市の磯、高知県室戸岬近くの海岸と釣り歩き、それぞれの場所で、大物をゲット。そして、これまでの場所とは遠く離れた高知県黒潮町に、イシダイを釣りに行くのに、仕掛けを私から頂戴することを思いついたらしい。

電話から1時間後、我が家に着いた二人は元気。既に6日間もほとんど徹夜で釣り続けているとは見えません。私なんぞ、一晩でも徹夜で釣りをするとクタクタなのに比べて、この元気さはどこから来るのでしょうか。
ひょっとしたら、異星人? サイボーグ? やっぱりギラギラのスタミナおじん?

内藤さんが我が家に来た、翌日金曜日の午前7時、内藤さんから電話。これから磯に上がるのかと思ったら、既に釣りを終えて渡船で帰ってきたとのこと。この日も徹夜だったらしい。

奥島さんが、75cmのタマミを釣ったとの報告。そして、これから岡山県の下津井の離岸提で夜釣りの予定と聞いて、思わず「死ぬぞー」と、言ってしまいましたわ。

うらやましい釣り三昧のようだけど、私には真似できません。

7月 11, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

割烹「友釣」に釣りキチ集合

Cimg9900 Cimg9901 私がリタイアしてからは、初めての釣りキチ集合。
リタイア前は、背広での参加だったが、今日はリラックス服。なので、私も写真に入れとのことで、「釣りキチ集合」では、久しぶりの写真参加。

「リタイア後は仕事をしないのか」と、野暮な質問が飛んで来ます。「オマエの官僚体質では、どこも雇ってくれんやろな」と追い討ち。ま、当たってないこともないか。

「せめて、高級官僚と言ってくれ」と応酬したら、、「ノーパンしゃぶしゃぶかい」と、宝山さん。今日は、何を言っても勝ち目がなさそうな感じ。

店主の勇ちゃんが、料理を部屋に入れる小窓から顔を出して、いきなり「62cmのセイゴを釣ったので、文句はないやろ」とイヤミの一言。

Cimg9902前回の「釣りキチ集合」のときに、私が釣った51.5cmのセイゴと、勇ちゃんが釣ったセイゴとの間で、微妙な判定があった件。ふふ。
「はいはい」と申し上げました。「62cmなら、文句はありません」

帰りに、カウンター席にいた小野ちゃんを発見。私と同じ日にリタイアしました。釣り船を持っているので、再度「てってって(「連れて行って」の意味。「連れて行って」を早口で言うと、「てってって」になるでしょ)」とお願いしておきました。

7月 8, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

「巨大ハタを食べる会」に呼んでくれました

Cimg9802Cimg9784Cimg9801私が会社をリタイアした翌日の火曜日、植田正さんが釣ってきた120cm、36キロの「ハタを食べる会」がありました。植田さんは去年も144cmのハタを釣った香川県を代表する大物釣り師です。

Cimg9799高松市郊外の居酒屋「玉藻」に、兵庫県から西日本磯釣り協議会の「潮目」編集長の徳永さんなど3名や、高知からも高知磯釣り連盟会長の別役さんと島本さんも駆けつけての祝宴となりました。

植田さんの奥さん、娘さん、お孫さんも参加の20数人。ハタ料理が所狭しと並んで、酒が入れば楽しくないはずがない。

Cimg9803植田さんから「釣った」という一報が入ったのが日曜日。私は常々、「食べる会には、絶対に呼んでよ」と言っていました。私には、こんなでかい魚を釣る技量も、道具も、体力もありません。

こういう大きな魚は、船から釣るよりも、磯から釣るほうがはるかに難しいのです。道具も自作の特製。長年の経験と知識も必要です。たいていの釣りは、ウンがあれば釣れないこともないが、巨大魚はウンでは釣れません。

そこを分かっているので、いつも会うたびに、「食べる会にはお願いしますよー」といい続けています。

というわけで、今回も呼んでくれました。居酒屋の場所まで、車で30分以上掛かる。自宅まで車で私を拾っていってくれたのが、元香川磯連会長の三宅さんの奥さん。車で送り届けてくれて、帰りもまた自宅まで送ってくれました。感謝。
釣りキチの奥様方の鑑です。

6月 21, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

香川県の磯釣り師、投げ釣り師、バス釣り師が集まりました

Cimg9401 Cimg9402 香川県の釣り団体が集まりました。釣りにもいろんな種類があって、磯釣り、投げ釣り、バス釣りと同じ釣りでも、専門領域が全く違います。
釣りをしている人は、どんな釣りにでも、通じているかというととんでもない話。

ま、同じ球技といっても、野球と卓球、バスケットボールとは全く違うことと、同じようなものです。プロ野球選手が卓球もプロかとは言えないのと同じです。卓球の愛ちゃんがバスケットでも活躍できるかというと、難しいのと同じです。

だから、違う釣りをしている人との話は、刺激になります。久しぶりに会ったバス釣り連盟の村橋会長に、今年の夏のバス釣り大会に、見学招待をお願いしました。ふふ。磯釣り大会とは、全然違うんでしょうなあ。

Cimg9400この会に、四国磯連の審査委員長をしている岡さんが、大きなイシダイの魚拓を持ってきていました。73.7cm。今年一番の大物魚拓です。

四国では、毎年70cmを超えるイシダイが釣れています。50cmのイシダイさえ難しいのに、どんな人が釣るのか、という話題になりました。
「うーむ。釣ってくる人は努力している」とのこと。狙ったシーズン、狙った磯に集中して何度も何度も通っているとのこと。

納得。大物場所と聞いて出かけても、一度ボウズをくらうと二度と行きたくなくなる私は、大いに反省。サルでもできるが、人間には難しい反省。

4月 29, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

香川県の磯釣り師集合

Cimg9297 4月8日の水曜日、香川県の磯釣り師が集まりました。今年の大会などの打ち合わせです。
5月3日の連休真っ只中に、香川県の西端に近い仁尾町で、チヌ釣り大会があります。私も参加しますが、巨大ケーソンでのんびり竿を出す予定です。

シャカリキにやっても、「釣れないときは、努力が実りません」。いい加減にやっていても、「ボヤーッとしていたら、釣れるときもある」ということで、毎年テキトーにすることになっています。

テキトーにやってて釣れたら、喜び倍増、3倍増。だから、釣りは止められない、という気分になれます。

この会の席で、出来上がったばかりの「香川県の魚種別大物記録ギネス」を配布しました。配りながら、ふと気が付きました。誤り発見です。
ニゴイを海水魚の部に入れてしまった、というミスについては書きましたが、もう一つのミスに気が付きました。

私がタイ国のメコン川で釣ったナマズを入れたのですが、これも海水魚に入れてしまっています。自分でもあきれましたわ。
このナマズは、外国で釣った魚の登録第1号として、敢えて入れましたが、これがミスじゃあ、しまらんなあ。

4月 15, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

西日本の磯釣り師が徳島市に集合

Cimg9059Cimg9053 近畿、中国、四国の13府県の磯釣り師が、徳島市に集合しました。
約120人の磯釣り師集合です。山口県や和歌山県からだと大変な距離です。よっぽど暇でないと来れない距離です。ふふ。

Cimg9057香川県からの参加者は10人。四国の磯釣り師とは、年に数度会う機会がありますが、近畿、中国の人とは、年に一度のこの会しかありません。

それでも、やっぱりついついお話しするのは、四国の磯釣り師となってしまいました。4人の写真は、四国磯連の菅会長、鈴木事務局長、秋ヤン、藤本さん。
藤本さんは宇和島市の釣具屋さん。これを見たら、オキアミ、おまけしてください。ふふ。

Cimg9050この日、来賓として来てくれていたのが、オーナーばり会長の 中道弘蔵さん。
早速挨拶に行って、四国の釣り界への協力をお願いしました。「なんでも、言ってくれ」との心強いお言葉。次の大会のときにお願いしょ-っと。

クエ釣り師の植田さんが、使っているのがオーナーばり社製ということで、挨拶に一緒にいってくれとのこと。しゃーないなあ。一緒に行きました。

そして、植田さんが「60号のクエバリを作ってくれ」とお願いしました。すると、45号までは機械で作れるが、それ以上になると、職人がひとつひとつ曲げて作る手作りになるとのこと。
それでも60号のクエバリを作ると快諾してくれました。4ヶ月から半年かかるんだって。これを聞いて、植田さん、ルンルン。私には関係ないバカでかいハリです。

3月 2, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月28日 (土)

金沢市から内藤さんが釣りに来ました

Cimg9040 昨日の金曜日、内藤さんが私の職場に・・・。石川県金沢市から、車で6時間かけて来たと言います。思っていたより、時間がかからないみたい。
四国に高速道路が出来る前は、香川県から愛媛県の磯場に行くのでも、6時間かかっていたから、6時間の距離はそんなに遠く感じません。

四国に来る理由は、釣りだろうと思っていたら、案の定、これから愛媛県の南部に釣行すると言います。

内藤さんが四国から、金沢市に移り住んでから、テレビで全国の天気予報が出るたびに、金沢市の天気を見る習慣が付いています。
本人が行く前は、「金沢市は、こちらで思うほどは雪が降らんのぞ。冬でも釣りにバンバン行くんや」と言っていたからです。ホンマかいな。

で、最近の状況を聞きました。

今年の金沢市は、雪が少ないらしい。天気予報で「金沢、雪」の表示を見るたびに、「釣りには行けてないやろなあ、ヒッヒッヒ」と、想像していたけど・・・。心配してやるだけ、損しました。ま、損得の話じゃないけどね。

この1年間で、北海道2回、長崎県対馬にも3回行ったと言います。そんなに行ってたら体も心もパンクすると思うのだけど、もともとのタフさは、健在らしい。
こちらにいたときより、少々太り気味で、まあ「幸せ太り」なんでしょうか。

石川県で50cm超のイシガレイを釣ったと聞いたので、私も時間が出来たら、石川県に行ってみたくなりました。でも、行って釣れなかったら、こらえんぞ。ふふ。

2月 28, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

四国の磯釣り師が集まりました

Cimg9015 今日の日曜日、四国4県の磯釣り師、約100人が、香川県の金比羅さんの町、琴平に集まりました。
来賓で来てくれたのが、何故か香川県副知事の高木さん(写真、左)と、元香川県会議長の綾田議員。

副知事とは仕事上でお会いするので、よく知っています。だけど、釣りの会に来賓で来てくれたのには、驚きです。もちろん、すぐに挨拶させてもらいました。
Cimg9024それにしても、釣りは全くしないというのに、釣りクラブの顧問をしている綾田議員に、仕事半分で引っ張り出されたらしい。ま、申し訳ない感じです。本人曰く、「色んな会合に出るけど、趣味の会合はないなあ」とのこと。趣味の会にまで出ていたら、体が持ちませんわ。

それでも、挨拶の中で、しっかりと香川特産のハマチをアピールしていたのは、さすがです。そりゃあ、そうだよなあ。そうでないと、わざわざ出てくる意味がないものなあ。

Cimg9019その近くに座っていたのが、高知県磯釣り連盟会長の別役(べっちゃく)さん。高知の穴場ポイントを教えてくれるので、挨拶を・・・。
今年もいいところを紹介してくれるように、しっかりとお願いしました。ふふ。  

Cimg9025  今年のこの会で、一番の脚光を浴びたのが、昨年144cmのハタを釣った植田さん。
釣った日に自宅で魚拓を取っているときに、私も車を飛ばして写真を撮りに行きました。今での、そのときの興奮を思い出します。

これまでの四国磯釣り会の記録を更新して、特別表彰もあったりして、大変目立っていました。
「うらやましー」。「うらめしやー」、じゃありませんよ。しゃーないなあ。

Cimg9027

ワイワイとやっていたら、私のファンという、奇特な人がやってきました。
愛媛磯釣り連盟の平井会長さん。私が毎月釣り機関誌に連載しているのに、ファンだそうです。まあ、お世辞だと思いますわ。ファンというより、コチトラはフアン(不安)になりましたわ。でも、「一緒に写真を撮らせてくれ」と言われたので、本気かいな。ふふ。

2月 22, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

私の本を贈呈しました

Cimg8927   何ヶ月も前、四国新聞の西脇さんから、私の自費出版本「おもしろ釣り問答」 と「おもしろ釣り道楽」を売ってくれ、というありがたいメールが届きました。

西脇さんは、私が昨年、高松港の清掃を呼びかけたときに、たった一度しかお会いしたことがなかったのに、このボランティアに参加してくれました。
だから、「今度お会いしたときに、贈呈します」とメール。先週やっとお会いしたので、贈呈させていただきました。

Cimg8922何ヶ月も前の約束を覚えているって、すごいでしょ。昨日食べた夕食のおかずさえ覚えてないのに・・・。私は、「しないといけないこと」のメモを作っていて、一度これに書き込むと、し終えるまでいつまでも、ずーーっと消えません。忘れようにも忘れられない仕組みです。

もし私との約束で、まだ守られていない人があったら、それは多分、私のメモに書き込まれなかった、「どうでもいい約束」ということになります。ごめんなさい・・・。ふふ。

Cimg8925西脇さんとお会いしたのは、私の職場の呼びかけで行っている「異業種交流会」の場。

毎回違う場所で、だいたい5000円程度の飲み放題で実施。色んな職場の人が、「友達の友達は、友達」という、どこかで聞いたようなキャッチフレーズで、声を掛け合って集まります。

Cimg8920今回は30名強と、少し少なめの参加でしたが、いつもは40名程度が集まります。
今回参加の中で、唯一の女性が田中さん。私の釣り仲間でもある岡田さんが、無理矢理引っ張ってきたらしい。無理矢理にしては、腕と腕が必要以上にひっついてるなあ。見て見ぬ振りは、「腹ふくるる想い」です。ふふ。

1月 31, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

香川県の磯釣り師が集合しました

Cimg8918 この前の日曜日、金比羅さんで有名な、香川県琴平町のホテルに、磯釣りキチが集まりました。
去年一年間に釣った大物表彰もありましたが、コチトラには全く関係ないこと。残念、無念、怨念、観念。ま、単なる語呂合わせです。

年に一度のこの会でしか会えない人もいて、懐かしい顔にもお会いしました。それでも磯釣りのクラブへの加入者は、ピーク時に比べて半分近くまでになっています。こっちの方は、残念、無念、晩年でんねん。

Cimg8916磯釣り師の老齢化は、現代日本を象徴しているようで、この先はどうなるんでしょうか。
それでも、今回若い人が入ったと言ってきました。前川さんが連れてきた上 真之さん。名刺をいただきました。がんばってやー。

Cimg8917もう1人、うれしい人とお会いできました。シマノ四国営業所長の滝沢勇さん(写真真ん中)。

去年の香川釣り団体協議会主催の釣り大会に、たくさんの賞品提供をしてもらいましたが、手紙だけのやり取りだったので、お会いしたのは初めてです。
そりゃあもう、お礼を何度も言いました。今年の大会にも、賞品を提供してくれる約束も、していただけました。ふふ。

Cimg8915最後の写真の3人は、左から斉藤さん、秋ヤン(秋山さん)、ヨッさん(吉岡さん)のいつものメンバー。
ヨッさんの紹介で、女性の新入会員がありそうです。楽しみ、楽しみ・・・。

だけど、女性と一緒に同じ磯に上がったら、困るなあ。ウ○コどころか、オシッコも出来なくなります。さあて・・・。女性がするのを見れるか。見たく無いわい。

1月 27, 2009 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

来年のカレンダーに内藤さんの魚が・・・

Cimg8648  釣り具メーカーのシマノが出した来年のカレンダーの話です。石さんが釣具店からもらってきてくれました。

この3月のページに載っている魚拓に、内藤さんが釣ったウサギアイナメが採用されています。香川県に住んでいた昨年の9月に、北海道で釣った魚です。

お祝いのメールを入れたら、「そうなんやけど、わしの了解もなし。知らなかったんや」とのこと。まあ、ええやん。それぐらい価値があると認めてくれたと言うことですから~~。

このウサギアイナメは日本記録。私が魚拓を測ったときは55.1cm。このカレンダーには55.6cm。現物を測った方が魚拓寸よりも大きい。
魚拓は乾くと、紙が縮みます。たいていは、魚拓の方が魚の丸みに沿って測ることになるので、現物の実寸よりも長くなるもの。

まあ、そんなことはどうでもいいことです。日本記録って、こんなところでも祝福してくれるということでしょうか。

ハコフグの記録は、だれもサイズを測ったことがないでしょうから、まあ、私が釣ったサイズが日本記録ということです。どこかの釣り具メーカーさんにお願いです。カレンダーにしてくれませんか。写真の版権は、200円で、ええですから・・・。

12月 22, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

釣りキチ3人+1人で、お酒

Cimg8302 香川県釣り団体協議会が、今年も10月に高松サンポート港で釣り大会。その反省会を開きました。正直に言うと、「反省会という名の酒宴」です。ふふ。

写真を見ていただくと分かると思いますが、酒宴というより、雰囲気は酒席ですかね。さわやか、ささやか、さきイカ風の飲み会です。
集まったのは、写真の右から事務局長の青木さん(専門は投げ釣り)、会計担当の藤森さん(専門は磯釣り)、そして今回の大会で大変お世話になった宮本さん、と私の4人。

釣りの会のメンバーは、職場も違うし、釣りの種類も違うので、話が新鮮で楽しいのです。同じ職場の仲間でグダグダいうのもいいけど、話題は新鮮な方が良い訳で・・・。お互いの伴侶も新鮮な方がいいのと、同じですわ。

このときに、サーフの青木さんから、今年、20cmのキスを40匹釣った場所を教えてもらいました。最盛期は100匹以上釣れたポイント。
私は投げ釣りにあまり行かないけど、こういうポイントを聞くと、ナンカうきうきします。しっかりとメモをしましたので、来年が楽しみです。

藤森さんからは、チヌの味についての話。私には、チヌの姿には惚れ惚れするけど、その味には辟易(へきえき)。だから、最近は釣れても逃がしています。
「夏、秋のチヌはいかんけど、冬のチヌは臭みはないし、身が透き通る」と言います。これに、青木さんも同調。

にわかには信じられません。だって、あの臭みがホントになくなるように思えません。それに冬の瀬戸内海で、チヌが釣れるような気もしないわけで・・・。で、今度冬のスーパーでチヌを見たら、食べてみましょうか。自分で釣らんのかい!

11月 23, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

釣りキチ8人+2人が集まりました

Cimg7959 JRの半井常務さんから、「釣りキチばかりを集めるから・・・」のお誘いがありました。釣りキチが集まるのであれば、何が何でも参加します。場所は魚専門の割烹「あきやま」。

釣りキチ8人と、お付き合いで参加の若手2人。サラリーマン世界の若手はつらいものです。しゃーないわなあ。
写真の左から、岡村、半井、山西、秋山、兼田、高倉、田邉、上野、筧の各氏。話題はもちろん釣りの話ばっかり。田邉さんは松山市から、わざわざ仕事を作っての参加。知らないーっと。

飲み始めの話は、半井さんが最近ハマってしまっているというタイラバー。船で出ると、近場でも、60cm級が釣れたと意気揚々。
だけど、その釣り方を聞いて、腰が引けましたわ。ルアーを底に落としてから、ユルリユルリと同じスピードで、ひたすら巻き上げちゃあ、底に落とすのを繰り返すだけ、と言う。磯の上物釣り師には、ちょっとつらい釣りのようで・・・。

「磯には行かん」という半井さんに、磯釣り師たちが磯の魅力を話していたのはいいけど、そのうちに、磯から落っこちた話になってしまいました。磯釣りへの誘いが、磯釣りはアブナイの話に・・・。

宇和海で、山西さんが落ちたのを見て、一緒に上がっていた田邉さんが笑っていたら、その2時間後に、田邉さんが掛けた魚を取り込もうとして落ちた。

そのとき、田邉さんは、片手に魚が付いたサオ、もう一方の片手には飲みかけのビール缶を握ったまま、海の中でも離さなかった、というのには笑っちまいました。「ビール缶ぐらい、捨てろよ」に・・・。

10月 9, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

割烹「友釣」に、釣りキチ

Cimg7934  木曜日に、割烹「友釣」に集合したのは、6人。私はいつもより1時間前に行ったので、皆が来るまで、店主の勇(いさ)ちゃんと釣り談義。

Cimg7935先週の土曜日、私が高松サンポート港に行ったときに、勇ちゃんと会いました。
今年はエイの数が例年と比べてすごく少なく、チヌ釣り仕掛けが切られることも、非常に少ないと聞いていました。

ところが、私が帰ったあと、3回もエイが来て、仕掛けを切られたとのこと。私は9時半過ぎに帰ったけど、やっぱり「釣りは、納豆、山芋」。粘りが大切なんですなあ。

それに、勇ちゃんは、私の仕掛けに注文。私はハリス8号。これを「3号にせー」とのこと。
「アホにみえるエイも、太いハリスには食わない。それにエイには歯がないので、細いハリスでも時間をかけてやりとりすけば取り込める」と言います。

それで、どうしようかと迷っています。ハリスの太さを少し落とそうかどうか、すごく迷っています。真剣に迷っています。平和な迷いでしょ。四国って、いいなあ。

10月 4, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

金沢市の内藤さんからのメール

P9170037久しぶりに、金沢の内藤さんからのメールです。北海道釣行の内容です。

先週1週間、恒例となっております、アイナメ・カレイ釣りに行ってきました。

今年は天候にも恵まれて楽しい釣行となりましたが、カレイを入れたスカリを流したり、糸を漁船に引っかけられて竿立てを海に落としたりで・・・大変でした。
釣果はウサギアイナメ 55cm~30cm 45匹。クロガシラカレイ 36cm~30cm、31匹。カジカ 37cm、1匹。
以上で過去最高の釣果でした。
添付写真はウサギアイナメの雄です。体色が赤。因みに雌は黄色でこれから10月の産卵期が近ずくと、この体色が更に強くなります。
                   内藤三平」
相変わらず、頑張っているんやなあ。まあ、もともとスタミナがすごい人やったから、どうってことないのかもしれません。

内藤さんのメールに「来年は男女群島に行く予定ですので決して忘れないでください。」。
これは、彼が高松から金沢市に転居していくときにした約束。男女群島は長崎県の絶海の孤島。磯釣り師のあこがれの地です。
来年は私もユラリユラリの釣りから、少しは頑張りますか。

でも、無理してはいけませんよ。オジンはガクッと突然に来ますから。私のようにホンワカとユラリユラリと釣りを楽しんでいると、ガクッとはきません。

10月 2, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

サンポート釣り大会の準備

Img031Cimg7715 今年も高松市のサンポート港で、釣り大会を計画しています。いつものように、猪子(いのこ)チャンのデザインによるポスター、チラシのデザインが出来上がりました。

写真をクリックして拡大していただくと、今年の大会概要が分かります。日にちは10月19日。募集人員300人、参加費300円、賞品多数、小雨決行などは例年通りです。

参加申し込みは、往復はがき。これも例年通り。ただし送付先が変わりましたので、よく見てくださいよ。このチラシ、ポスターを出来上がり次第、主要釣具店においてもらいますので、それを確認してください。

日付は昨年と違いますが、それ以外はいつも通り。参加者の多くは、毎年参加。「いつも通り」と言えば分かるぐらいに、この釣り大会も定着しました。今回で12回目。

何事も、「いつも通り」とか、「例年通り」というのは、いつのまにかマンネリ、陳腐化していくものです。だけど、この釣り大会は参加人員の300名がまたたくまに応募してきます。

そして、実に不思議なのは、母親と子どもだけの参加が多いことです。なぜか、父親不在の参加が多い。
父親は仕事、ゴルフとかで、釣りに参加できないのでしょうか。なんたるオヤジ像。オヤジ頑張れ。今年は、頑張って父親にも参加して欲しいものです。

9月 6, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

金沢の内藤さんから、イヤミなメールですわ

この3月まで高松市で某大手商社の支店長をしていた内藤さんからメールがきました。以下は、その内容。()は、私の独り言です。

「猛暑が続いております。四国の水不足は大変そうですね・・もうヒトゴトになってしまい・・早明浦ダムの映像をTVで見ると懐かしく思い出しております。
(たった4ヶ月でヒトゴトかよ。ミネラルウォーターでも送ってこいよ)
暑くても釣りはサボってはいけません、暑いとか寒いとか、雨が降るからとか言ってサボると釣りに行けなくなります。それは老化現象です。
私も体に鞭打って釣りに励もうと・・努力?しております。
(暑いときは暑いといって、何が悪いか。老人は、無理をすると、ボケが早まるんじゃい)
7月は対馬に1週間キス中心で釣行しましたが、30cmは出ず最大で28cmでした。その後能登にて28cmオーバーのキスを一つ釣ることができ遠征も考えものです。
(ふふ。内藤さんも、遠征疲れが出てきておるのー。文章に垣間見えるわ。)

8月4,5,6日と舳倉島に行ってきました。
4日は午後と海が荒れている所為で堤防に。サンバソウ3つ(最大で25cm)。
5日は磯に渡礁、何とか42cmを釣ることができました。別な磯に渡った2人各々が55cm、58cmを釣っており、魚影は結構、濃い印象です。
6日は午前の釣り故結局堤防でしたがこれまたサンバソウだけでした。
餌はサザエ(700円/kg)で民宿が手配してくれます、合計10kg使いました。
(そうか、そうか。頑張ったんやなあ。敬意を表して、アンタがカンダイを掛けたときの写真を出してみました)

舳倉島での石鯛は最大で60cmクラス、過去70cmアップは出て無い様子ですが、夜釣りのマダイは80cmクラスが釣れてます。
(意外とすごいやないかい。四国と張り合うつもりやな)
蚊も思ったより大した事はありません、でも少しでも油断するとすぐに刺されます
それでも何故かここの蚊は痒みはすぐにひきます。
(アンタは蚊に異常なほど、好かれる体質やからなあ。アンタと一緒に寝たら蚊に咬まれるのはアンタだけ。私には、心強い虫除けになりましたわ)
舳倉島は多分高知より釣れる確率は高いと思われます。
是非一度北陸へお越しください、ご案内させていただきます。
(イヤミなヤツじゃ。)
                          

8月 17, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

緊急応募、サンポート高松清掃ボランティア

Cimg2713 今日は、チト真面目な話。正座して読んでください。ま、あぐらでも結構です。なんなら、好きな人の膝枕でも、かまわん。

新聞の釣り情報によると、現在、サンポート高松港で、豆アジがたくさん釣れているらしい。「らしい」というのは、最近行っていないので、知らないのです。

サンポート高松は、絶好の釣り場であると同時に、市民の散歩コースになっています。日が暮れた後、釣りをしていると、次から次に散歩をする人が通り過ぎます。

そこを毎日散歩していて、私が釣り好きだと知っている人から、きつい苦情が寄せられました。
「アジ釣り用のエサ(アミエビ)が強烈な異臭を放っていて、散歩するにも鼻・口をふさいで通らないといけないぐらい場所がある。釣り人として、なんとかせー」とのこと。

ま、私には責任が全くないことだけど、「釣り人の共同責任」と言われれば、「そうかも」と思ってしまいます。

確かに、腐ったアミエビの臭いには、頭がクラクラします。その悪臭、異臭、奇臭、激臭には、即撤収しか対応がありません。その臭さの強烈を知っているだけに、文句に対しては「ごもっとも」としか言えませんでした。

で、緊急募集です。8月10日(日)の午前8時から、サンポート高松のアミエビ悪臭追放のための清掃を行います。次の次の日曜日です。
基本的には、私一人でも行いますが、手伝ってもいいという人を緊急募集します。水汲みバケツと、ブラシ、雑巾などを持参の上、サンポートの波止に来てください。道具は無くても、お手伝いしていただけることがあります。手ぶらでも結構です。

私は、目印として、そうやなあ、写真の水バケツでやっています。声を掛けてください。多分1時間か2時間あれば終わります。
また、一度掃除しても、すぐに汚れると思います。でも、だからといって、何もしないよりはした方がいいでしょ。

このサンポートでは、毎年秋に釣り団体主催の釣り大会をしています。募集枠の300人は、すぐにいっぱいになるぐらいの人気です。でも、釣りを趣味としない人には、釣り人は邪魔な存在になっているのも確かです。

ここらで、「釣り人イメージ向上作戦」も必要かと思います。決して、エエカッコシーの気持ちではやれない臭さと想像しますので、その覚悟でご参加をお願いします。誰か、一人でも参加してくれたら、十分にうれしい・・・。

8月 1, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

香川県釣り団体協議会の会長に・・・

200807272 不肖私が、香川県釣り団体協議会の会長になってしまいました。身が引き締まる思いです。しんどい思いです。重い思いです。ふふ。ホントです。松原前会長の推薦があってのことです。

香川県釣り団体協議会は、香川県の釣り団体がまとまって構成している団体です。磯釣りクラブの香川県磯釣連盟、投げ釣りクラブの全日本サーフキャスティング連盟香川協会、ルアー釣りの香川県バス釣り連盟が、その構成員。

私をその会長に決めてくれた、全員の気持ちは、「まあ、しゃーないなあ。なんとか、なるやろ」ぐらいだと思う。みんな、いい人なので、なんともならなくても、全員でナントカしてくれるはず。気楽でしょ?

総会には、サンポート釣り大会のスポンサーである、シンボルタワー開発㈱の多田社長も出席。「これからも、サンポート釣り大会を長く続けたい」との宣誓。そりゃあ、みんなの前で、発言を促されたら、しゃーないわなあ。ふふ。

それにしても、ありがたいことです。だって、釣り大会の運営費は、釣り団体にとって貴重な収入源なんですから・・・。

この総会の後、秋ヤン、植田さん、藤森さんと二次会に・・・。植田さんが知っている店があるというので、ついていったら、ナント、以前一度だけ来たことがあるという店。びっくりしましたわ。一度来たぐらいで、常連みたいなでかい顔をしているのも、得な性分なんでしょうけど・・・。ふふ、植田さんのツメの垢でも、飲むのはイヤだから、せめて舐めさせてもらいましょうか。
だから、私は静々とついて行っただけですから、このブログとリンクしている「秋ちゃん’s room」の日記に、私が「先頭で街に繰り出した」とありますが、間違いです。慎んで訂正いたします。ふふ。

7月 30, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

知らなーいっと

Cimg3435京都の芸子はんどすえ。去年の京都での、磯釣り師の集まりでのことです。藤森さんが、「芸子さんと写真を撮りたい」と何度も何度も言うので、私は嫌々だっただけど、お願いして撮ってあげました。
嬉しそうにしているでしょ。首を少しだけ、芸子はんの方に向けているのが、彼の気持ちなんだと思います。これぐらいのことで喜んでくれるのなら、簡単なものです。

Cimg3427そして私は仕方なく、もっと若くてきれいな舞妓はんと写真を撮りましてん。ふふ。

このあと、事件が・・・。藤森さんが、写真は「絶対に内緒にしといてや」と、懇願するのです。奥さんに見せるのは、「非常に愛されてる手前、申し訳ない」とのこと。ワケが分からん。何が何で、京都の芸子はんとどないなるというのでしょうか。

Cimg7500 それから、一年少々。先週の土曜日。高知市で土佐孤礁会設立20周年祝賀会でのことです。去年の芸子はんとのことを思い出して、彼のツーショットを隠し撮りしようとしました。

すると、ナントいうことでしょう~~~。彼は大胆にも、「ピース」で応えました。そして、ブログ掲載をOKしたのです。どうなっても、知らないーっと。

この祝賀会の翌日、せっかく高知県に来たのだから、柏島に夜釣りに行くといっていましたが、釣れたのでしょうか。その釣果よりも、この写真が大丈夫なのかの方が、ずーっと気がかりなんですわ。

7月 25, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

邑田さんブログ

Cimg7498 高知市の土佐孤礁会20周年会で、土佐大潮磯釣クラブ会長の邑田知久さんが、声を掛けてきました。
「ブログ、見とるでー。900回連続はすごい。そこまではいかんけど、ワシも45回連続執筆中や。まあ、とりあえず100回連続を目指しちょるがやあ」とのこと。

邑田さんのブログは、最近香川磯連の秋ヤンから聞いて、2~3日前に見ていました。邑田さんは、私なんぞの小物釣り師とちがって、れっきとした磯釣り師。だが、ブログの中身は、釣りブログというより、飲み会ブログ。高知の男は、酒がないとあかんらしい。

で、ブログ作者同士として、大いに盛り上がったのが、「ネタ探し」。釣りは、毎日行けるわけではなし、釣行ネタばかりで、毎日書くわけにはいきません。


で、二人で写真を撮りました。お互いのブログを紹介することで、一日分のブログネタができたわあ、という次第。
読者にとっては、しょーもないと思うでしょうけど、ブログ書きとしては、切実。
こんなことに切実になるよりも、「人生には、もっともっと切実にならないかんことがある」と、アンタは思っているでしょ。そうかも。でも、楽しければ・・・、が何よりです。

というわけで、邑田さんのブログ「808おんちゃん」を、覗いてみて下さい。http://blogs.yahoo.co.jp/tomochan_808/12699249.html

7月 23, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

高知の磯釣りクラブの20周年祝賀会

Cimg7493 先週の土曜日、高知である祝賀会がありました。高知磯連所属の土佐孤礁会の設立20周年記念です。西日本全体から集まった来賓(?)が、ナント100人。
クラブ員が20人程度の祝賀会に来賓が100人には、笑っちまいました。普通の祝賀会なら、迎えるほうが100人で、来賓はせいぜい10人でしょ。迎える側の5倍の来賓名簿。これじゃあ来賓じゃないでしょう。「来賓」じゃなくて、単なる「来員」。
ま、これも、島本二郎さんなど、このクラブ員の圧倒的な人柄です。

私も、今年の2月にあった四国全体の磯釣り師の会合で、島本さんから抱きつかれて「来てくれやー」に、「はいはい」と・・・。島本さんが、もし女性だったら、アンタはものすごくアブナイ人です。男でありながら、これだけのファンを作ってしまう人ですからなあ。

Cimg7506香川県からの参加も10人。大阪からの参加者に、「関西のつり」を発行している岳洋社の松井社長を見つけました。3人の真ん中の人です。
近くにいた植田さんを紹介。植田さんが釣ったデジカメの144cmのハタを松井さんに見せたら、「原稿を書けやあ」と言われてました。

Cimg7492 祝賀会はよさこい踊りなどのアトラクションがあって、すごく盛り上がりました。知っている人と挨拶するだけで、すぐに2時間半。
そのあとの二次会、三次会と流れて、ヘトヘトになりましたわ。また、太ってしまう。

7月 22, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

金沢の内藤さんからのメール

PhotoPhoto_2  四国の高松市から、北陸の金沢市に行っちまった内藤さんから、写真付きのメールが届きました。

メールの全文です。
「6月15日から23日まで対馬に釣りに行ってきました。本命はキスですが5月同様に魚影は薄く、苦戦、苦戦でした。それでもさすが対馬です。何とか30cmオーバーは一つ。26cm以上のキスも11匹釣ることができました。添付の画像は29cmと26cmのキスがダブルで釣れたものとイトヨリ42cmです。
昨日は釣った魚の処理(一夜干し)に一日掛かりました。7月は舳倉島に釣行する予定です。」

釣り三昧が窺(うか)がえます。こんにゃろー。6月に長崎県の対馬にいき、5月にも行っていたらしい。そして今月は舳倉島。
だけど、確か6月の中下旬の長崎県は、豪雨じゃなかったっけ。よう、やるわ。暇に任せて、いい加減にしてよね。うらやましー。うらめしいー。うらめしやー。
頑張ってください。

7月 8, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

磯釣り師集合です

Cimg7244Cimg7246  香川県の磯釣り師、19人が集まりました。6月8日にあった釣り大会の結果報告です。

イシダイは46.5cmの岡田誠さん、グレは46.0cmの大島雄二さん、イサキは36.4cmの六車広美さん、チヌは51.0cmの高木忠さん、他魚はアオブダイ53.0cmの白木陽一さん。

私は船頭から「来るな」と言われたので、高知県の柏島から愛媛県の宇和海に変更した日のことです。あれだけ荒れていた海で、これだけのものを釣ってくるとは、さすがです。四国は釣り天国です。ま、私のことは聞かないで下さいよ。

私は、この大会のとき、木っ葉グレをギャンギャン釣りました。もし大会規定が、釣った魚を全部縦につなげたサイズだったら、優勝していたかも。しよーないなあ。

香川県磯釣り師の大会の審査は、1匹長寸と決めています。実力だろうが、マグレだろうが一発大きいのを釣った人が優勝です。だから、おもしろい。

釣り大会の中には、総従量制というのがあったりします。サイズは25cm以上と決めていたりしますが、これには賛成できません。だって25cm以上が100匹釣れたら、全部持って帰らないといけません。
そんなに持って帰っても、食べ切れません。入れ食いになったら、テキトーに大きいサイズだけをクーラーに入れるようにするのが常識というもの。木っ葉をクーラーに満タンというのは、恥ずかしいと思うのだけど、どうでっしゃろう。

7月 2, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

通りかかっただけです

Cimg7263Cimg7264 家の近くに漁港があります。この前の日曜日に近くの道を通りかかると、見覚えの姿。近寄ると案の定、佐々木船頭と、片ちゃんと、猪ちゃん。釣りから帰ってきたところ。

声を掛けると、片ちゃんが、「魚がいらんか」。「何があるん?」と私。「キスはどうな」、「キスやったらもらうわ、2匹でいいわ」と言ったのに、3匹。それにタイとフグのおまけもついでに。
それだけで十分と思っていたのに、船頭がセトダイも持って帰れと、生簀から掬ってくれます。

キスは、どれも23cmと大きい。これぐらいの大きさがあると、塩焼きにしても、食べ応えがあります。最近、私の釣果はさっぱりなので、キスが食べられるのはうれしい。

ついでにキュウリ、トマトまで、片ちゃんが「もらい物やあ」と言いつつ、レジ袋にいれてくれます。野菜と魚。これだけあれば、夫婦2人なら、3食分以上あります。

さて、この魚をどうして食べようかと思案。冷蔵庫には、現在グレ、メバルの塩焼き用が入っています。キスを塩焼き用にすると、食べるのは1週間先になりそう。

なので、チト贅沢にするぞー、と天ぷら用に。三枚に下ろして、腹骨を切り取ります。フグはすでに頭を落として皮もむいてくれていたのを、三枚に。三枚におろして贅沢三枚じゃなくて、贅沢三昧の天ぷらネタ。久しぶりのオジンギャグ、笑ってやってください。
もし、こんなキス、フグの天ぷらをお店で食べたら、いくらの値段になるのでしょうか。ふふ。

近いうちにアナゴ釣りにも行こうと思っているので、これにアナゴが加わると、大大大贅沢ネタになります。釣り人の特権ですわ。

マダイ、セトダイは、ウロコと内臓を取って、そのまま冷凍庫に・・・。私が釣らなくても、冷凍庫の中は色んな魚で賑やかになってきました。

7月 1, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

漁師助手になった? 片ちゃん

Cimg6918_2この3月で職場をリタイアした片ちゃん。どうしているのかを聞いたら、「毎日乗合船で釣りに出ている」と言います。
波があると船が出ないので、1週間に平均して5日間、釣りに行っていると聞いて、あきれました。

だから、私と一緒に釣りに行ったときの行動も手馴れたものでした。エサのイカナゴを沖に浮かべた生簀から掬い取るときも、船頭の手伝いをテキパキ。そして大量のイカナゴを、生きたものと死んだものに丁寧に掬い分けます。

船が走り出すと、船尾で悠然と寝ています。船頭からは、「助手になったんや」と、冗談で言われていました。冗談が冗談でなくなるときが、来るんじゃないかと思いました。

Cimg6931 いくら釣りが好きだからといっても、毎日同じ船で釣りに出るなんてことは、私にはできません。笑っちまうぐらいの「釣り人生まっしぐら」の片ちゃんです。

職場からは、2年間の職延長を言われていたけど、これを蹴っての釣り人生。

私もリタイアしたら、やってみたい釣りがたくさんあります。でも、どれだけ出来るのか、自信が満々かというと、そうでもない。びみょ~~~、です。もちろん釣りをガンガン続けるとは思うけど、片ちゃんのように、毎日釣りばっかりでは過ごせそうにありません。

ま、そのときの「出たとこ勝負」で行きましょうかねえ。「人生、なるようにしかならん」。オジンのタワゴトです。

5月 18, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

「ようへん」さんからの贈り物

Cimg6760 今週の月曜日、このブログに書き込みがありました。「ようへん」さんからです。香川県磯連の仲間です。

その内容は、「今日のNHKの朝ドラに、たまたま背景に写っていました。マンションの壁に巨大なタイの絵がありました。これを蒐集しない手はないですよ。再放送はBSで今夜7時半からと多分土曜日かな。」ということ。

早速、「山ノ神」にお願いして、録画しました。私は、テレビの録画が出来ないのです。覚えるのがうっとおしいのです。これを老化というのだったら、おっしゃってください。老化なんじゃい。だけど、テレビを録画してまで見る必要を感じないのです。だから、今や、「テレビ操作超名人」になっている「山ノ神」にお願いしました。

録画したものを早送りしつつ、確認作業。連ドラのストーリーには、一切興味がないので、いつタイが出てくるかと、ひたすら目を凝らしてみました、
すると、一瞬タイが出ました。早送りしているので、一瞬です。あわてて少し巻き戻しをして、ゆっくりと見ました。

マダイが出てきました。壁に書かれた巨大なマダイです。「一時停止」にして、写真に撮りました。そして、肖像権があるかも知れないので、俳優さんの部分はカット。それにしても「意味が分からん」。なんで、マンションの壁にマダイなのか、意味が分からん。
イラストっぽいのであれば、それなりに意味を想像することが出来ます。でもこれは、リアルなマダイ。リアルと言うより、写真をそのまま壁に貼り付けた感じ。意味が分からん。

だれか、分かる人がいたら、教えてください。また、悩みが増えました。「ようへん」さん、責任を持って調べてくださいよ。

4月 26, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

香川県の磯釣り師ステッカー

Cimg6753一昨日の火曜日、香川県の磯釣り師が集まりました。その中の議題のひとつが、ステッカーのデザイン。
今年から、磯釣り師の証として、クーラーにバンバン貼って、クラブに入っていない若い人にもアピールしようと言う考え。猪(いの)チャンが作って持ってきた、目がくらむほどのたくさんのデザイン。その中から、どれにするかの相談をしました。

Cimg6755 そこで意見が分かれました。オジン組は、分かりやすくてはっきりしているもの。すなわち漢字で、ちゃんと書いているものがいいと言う。ローマ字なんぞ、面倒臭くて読めんわ、と主張。
だけど、若い人は・・・。若い人といっても、比較的若いだけだけど、それでもローマ字だけのデザインを主張。何がカッコイーのか、分からなくなりました。私は、当然、オジン組。

つづく・・・。   

Cimg6752で、決まったのが、比較的若い人の意見。そりゃあ、そうだよなあ。若い人にアピールするために作るのだから、オジンの意見ではいけません。オジンにはアピールしなくていいのですから。
オジンは我慢しないといけません。決定した後でも、漢字で書いてるほうが感じがいいと・・・、ブツブツブツ。ま、オジンは我慢することに慣れていますから、お気になさらないで下さい。。

このようにして、オジンは世の中から切り捨てられていくのでしょうなあ。でも、このステッカーを若い人が見て、クラブに入ってきてくれる人が増えたらうれしい。
このステッカーの作成は、もともと私が提案したものです。だから、なおさらです。出来上がるのは1ヶ月先にもなると思うけど、もしこのステッカーをクーラーに貼っている人がいたら、声をかけてくださいよ。

そしたら、「それがどしたん」なんて、冷たいことは言いません。猫なで声で、クラブに勧誘させていただきます。こう書くと、なおさら誰も声を掛けてこなくなりますかねえ。

4月 17, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

高知市の魚屋居酒屋で、うれしい人と

Cimg6462先週、高知市にある魚屋の居酒屋で、同じ職場の人とウツボを食べて、気合いを入れました。そこは、2階。トイレに行こうとして、2階のトイレには人が入っていたので、階下のトイレに。
階段を下りてトイレに行こうとしたら、小さなカウンターに珍しい人が座っています。

Cimg6468ここで声をかけたら、オシッコがまけてしまいます。なので、トイレを済ませてから、声をかけました。「えーっ、なんでここにいるん?」の大声。高知県磯連の大御所、大原さんです。写真の左端です。
そばにいて、「何で知っとるーん」と声をかけてきたママさんに、シャッターをお願いしました。

大原さんにしてみたら、私が高知市の、この目立たない居酒屋にいることが不思議と思うのは当然です。

大原さんとは、一緒に釣りをしたことはありませんが、長いお知り合い。四国の磯釣り団体は、香川、高知、愛媛、徳島4県の磯釣り団体で、四国磯釣り団体連合会という組織を作っています。

その役員会が定期的にあるほか、年に一度の総会では、必ずお会いします。今年は、私が総会に参加できなかったので、昨年の総会以来の1年ぶりの再会です。

いくら四国が小さいからと言っても、端から端まで車で走ると、高速道路を使っても結構広いということが分かります。人口も400万人いても、同じ四国にいても、そう簡単には会わないもの。

それが、高知市の居酒屋で、後ろから肩をポンポンと叩かれたのだから、大原さんがびっくりするのもわかります。「このあとは、どこか行くのか。あとで電話するからのー」との、ありがたいお誘いも高知人ならではのこと。

3月 22, 2008 釣友 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

西日本の磯釣り師が集合

Cimg6406Cimg6412昨日の日曜日に、近畿、中国、四国の磯釣り師が山口県に集合しました。「西日本磯釣り協議会」の、年に一度の総会です。まずは、香川県から行った7人で記念撮影。
この会は、各県の持ちまわりになっているので、当番の県になると準備が大変。今年もいろんな出し物がありました。ジャズの演奏が良かった。ドラムは中学2年生と聞いてびっくりでした。

1年に一度のこの会でしか、会えない人も多いので、皆さんにご挨拶。このときに、コソッと新しいマル秘情報を言ってくれたりします。今年もいい釣り情報を入手しました。ふふふ。
「絶対に言うなよ」と言われているので、このブログで書くことができません。私は書きたいのです、皆さんにお知らせしたいのです。「四国は釣りの楽園・天国」の証明ができる情報です。

でも、言えません。すみません。「あやまって済むなら、警察はいらん」という、お決まりの・・・。

Cimg6409最初に情報をくれたのは、四国磯連会長の別役(べっちゃく)さん。イカ釣りの次の新しいジャンルの釣りで、ムチャクチャおもしろいんだって。
でも、それが何か言えません。言いたいのだけど、言えません。だって、だれにだって、秘密を守らないといけない場合があるでしょ。私の信頼の問題。読者をコケにしているわけではありません。誤解をしないで下さいよ。

Cimg6413次に情報をくれたのが、前高知磯連会長の島本さん。「しょーもないことばっかり、書いとるなあ」といいながら、このブログを読んでいることを伝えに来ました。
そのついでに、高知県で20cm近いキスが500匹は釣れるというところを教えてくれました。ホンマかいな。眉に唾がついているかも。
でも、場所は言えません。今年の夏が楽しみです。

他にも情報があって、私の秘密メモが6枚できました。

ま、今日の話は、ストレスがたまる話でしょ。たまには、こういうことがあってもいいでしょ。それが人生というものです。ふふ。
読者には、特別にいいことをお教えします。世の中には、「袖の下」という言葉もありますよ。お分かり?

   

3月 3, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

「太公望及び太公望を目指す会」

Cimg5921Cimg5919先週の水曜日、あるところから、集合がかかりました。集合命令の文書を見て、笑っちまいました。ホントにニヤッ程度ですけど、笑いました。
その名も「太公望及び太公望を目指す会」。命令を下したのは、某鉄道会社常務の半井(はんい)さん。

Cimg5920行くと、釣友の内藤さん以外は、某鉄道会社の釣りキチらしい人。「らしい」というのは、ほとんど私の知らない人。早速、私の釣り名刺をお渡しして、このブログ宣伝。

名刺を見ると、某鉄道会社の山西部長さん、某鉄道会社の筧(かけひ)課長さん、某鉄道会社の猪谷副長さん、某鉄道会社経営の宇和島にあるホテルの田辺社長さん、そして某鉄道会社のシステム会社の岡村社長さんに、私の職場に某鉄道会社から出向してきている兼田さん。
どこまで、「某」を付けるんか。読者全員が、どこの会社か、わかっとる?

そこに、「お呼びでない? そんなことないやろ」と闖入してきた、これまた某鉄道会社の梅原会長。

ま、とにかく釣りキチ主体が、10人集まりました。「旨い魚を食わす」で、「知っている人は知っている(この表現を使うたびに、当たり前やあ、と思ってしまうけど)」という、高松名店の割烹「あきやま」。

Cimg5918まず出てきたのは、大きなソイの刺身。魚を生で食べる刺身は、「火の使い方を知らない原始人の食べ物」。だから、私はほとんど食べません。
だけど、このソイの刺身は食べました。おいしそうだったし、実際口に入れたらおいしかった。だけど、私にはこの後出てきたウシノシタの煮付けの方がおいしかったけど。

料理もおいしかったけど、釣りの話でも、大いに盛り上がりました。内容は、釣りキチの「釣った、釣った、釣った」の話。決して釣らなかっただの、釣れなかっただのという話は出てきません。今後新たなお付き合いが始まります。

2月 3, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

香川県の磯釣り師が集結

Cimg5904昨日の日曜日、香川県の磯釣り師が集合。金比羅さんで有名な琴平のホテル。毎年、ここで新年の総会を開いています。
年に一度のこの時にしか会えない懐かしい顔ぶれも会って、毎年楽しみにしています。

正午頃に始まって、午後2時半までが、すぐに過ぎました。その間、席をあっち行ったり、こっち行ったりとと、忙しい。でも、たくさんの人とお話が出来ました。

それにしても、参加者の平均年齢が毎年、確実に1歳ずつ上がっています。ということは、若い人が新たに参加してこないってことになります。色んな趣味のクラブの共通の悩み。若い人が参加してこない。

趣味の世界ですから、強制は出来ないし・・・。かといって、このままじゃ「高齢者釣り師懇談会」になってしまいそう。そう。懇談だけってことに。

Isoshinnen1最後に、 私が〆の音頭。一本締めで、今年の総会を締めくくりました。そして全員集合写真。あまりじっくりと見ないで下さいよ。
この写真を見て、まさか磯釣り師の集団とは思えないと・・・。でも、気力は磯釣りに燃えています。

この中にも、確実に大物釣り師がいます。だけど、私のような雑魚釣り師もいるわけ。磯は大物の確率が高いというだけで、全員が超大物を超える魚を狙っているわけではありません。

ま、バランスがいいってことですか。ものは言い様。ふふ。

1月 28, 2008 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

香川県の磯釣り師が集合忘年会

Cimg563812日の水曜日、香川県の磯釣り師が集まりました。久しぶりに会う人が多くて、色んな話で盛り上がりました。

まず、会場の壁に貼られた魚拓。今年に釣ったもの。審査委員長の三浦明さんは、魚拓作りの名手。壁に貼っている魚拓Cimg5639でも、きれいなものは、ほとんどと言っていいぐらい、三浦さんがとったもの。
香川県の磯釣り師は、大きいのが釣れると、まず三浦さんに電話するらしい。「らしい」というのは、私は魚拓にするほどの大きいのを釣ったことがないので、分からないのです。

三浦さんは、「できるだけ、大きくなるように、ていねいにとる」と言えば、秋ヤン(秋山さん)が、「タイやチヌのようなウロコが大きい魚は、引っ張れば大きくなるが、イシダイのようにウロコが小さい魚は、時間が経つと原寸よりも小さくなる」という知識を披露。知りませんでした。飲みながらでも、勉強になります。


Cimg5642_2藤森さんとは、去年京都で西日本の磯釣り師が集まったときの話。私のこのブログに、舞妓はんとのツー・ショットでとった写真を載せました。これを愛する奥さんに見せるのに、勇気がいったとかと・・・。おかしいでしょ。
でもまあ、ご迷惑をおかけしたみたい。私と一緒にいるときは、プライバシーはありません。

現会長の古川さんとは、今年の春に、あるメーカーが、香川県の西部で主催したチヌ釣り大会での話。ここは、チヌ釣りのメッカ。私たちも大会をするが、最大長寸1匹のみの審査で、たいていのチヌは放流します。
だけど、このメーカーの大会は、釣った総重量で審査ということで、1人18キロも釣ってきた人までいて、ひんしゅくもの。のっこみチヌ釣り大会で、総重量はあかんわなあ。

丸橋さんは、「このブログでリンクしているのが、間違っている」の指摘。1年前に「早くリンクせんかい」と、さらにその1年前の約束をせまられていました。1年後にやっとリンクした先が間違っているとのこと。そのあと、1年間間違ったまま。はよ、言って欲しかったわ。
で、リンクしなおしました。「曜変天目茶碗再現完了日記」です。皆さんも一度覗いてください。

12月 15, 2007 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

釣りキチ、緊急集合

Cimg5172  大阪から、「関西のつり」の元編集長、馬屋原(まやはら)さん(写真、左から3人目)が来ることになり、釣りキチが緊急集合。集まったのは、馬屋原さんプラス6人、ブラス1匹。
緊急集合場所は、高松市内にある、割烹「川照」。

Cimg5169馬屋原さんは、釣り雑誌社を近く退社して、奄美大島に移住。そこで生まれたわけでもなく、親戚がいるわけでもないのに、奄美にあこがれての移住だそうです。
夫婦揃っての第二の釣り人生を、奄美大島の田舎で、のんびりとしたいという。私の「山ノ神」なんぞは、「アンタだけいってらっしゃい」だろうなあ。うらやましいわ。

奄美に向けて、11月1日に出発・・・。それまでの、忙しい合間をぬっての、高松市釣りキチへのご挨拶。
もちろん、私も仕事をやめたら、あちらこちらでロングステイ・フィッシングの予定。その場所の候補に奄美を入れさせてもらいました。

Cimg5173馬屋原さんに聞いた事は、当然「移住先の奄美でのの釣り状況」。磯釣りの渡船もあるらしい。遠浅のきれいな砂浜もあって、でっかい貝が捕れるらしい。潜れば、色鮮やかな熱帯魚がワンサカ。もう、聞いているだけで、「絶対に行くぞ!」と思いました。

ところで、釣りキチと一緒に、集合した1匹。小野ちゃんが、愛してやまない「お犬さん」2代目。「お犬さん」を寂しがらせたら、かわいそうというので、釣りにも行かなくなったというぐらい、愛しちゃったのよ~~。

写真は、「川照」のマスターから、エサをもらう「お犬さん」。犬の名前を聞いたけど、忘れてしまいました。

10月 18, 2007 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

「なせば なる」? クエ釣り

Img036s 8月上旬の地元新聞に、クエを釣ったという記事が載りました。釣った人は、植田正さん。釣りの会合では、よくお会いして、話もします。

クエの大きさ、114cm、28.8キロ。高知県の西端にある沖ノ島で釣ったとのこと。
ま、新聞に載った写真を見ても、そのうれしさが伝わってきました。うらやましいというより、努力に拍手を贈りたいと思います。クエは狙ってすぐに釣れる魚じゃないことぐらいは知っています。
政治家にとってみたら、大臣席ぐらいの価値。想像ですけど、狙ったから、努力したから、といって、ゲットできるものではありません。大臣になれなかったからと、文句を言った人もいたらしいけど。私には、考えられない行動です。シンジラレナーイ。

四国は釣りの楽園で、たくさん釣れるところだといっても、クエはそうそう釣れるものじゃありません。四国磯釣り師の約1500人で作っている四国磯釣り団体協議会にも、クエの申請が出るのは、せいぜい年に1匹か2匹。それだけ、釣るのが難しいということ。

植田さん、おめでとうございます。

思い出したことがあります。私が、現在所属している磯釣りクラブに入ったのは、クエを食べたいからでした。30年前は、クエがもっと釣れていて、クラブに入っていると、そのうち誰かが釣ってきて、クエが食べられるかも・・・。それが、狙いでした。

だけど、それまでは釣れていたクエが、私のクラブでは、誰も釣れなくて、30年が経ってしまいました。他のクラブの人が釣ったのを食べたことはありましたが・・・。ま、そんなものか。

うーむ、こうなったらしゃーない。自分で釣るしかない。しかし、でかいのが来たら引きずり込まれます。だから、クエ狙いに行く前に、体力の増強が必要。体力増強するには、まずは現在の出っ腹をなんとかしなくてはいけません。

ちょっと時間がかかりそう。だけど、クエが釣れたら、このブログの読者全員を集めて、クエ鍋。そして、「クエ、食え」、と言います。ま、オジンギャグを言いたいだけだけど。。

8月 28, 2007 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

釣り大会の準備って、楽しい?

Cimg47518月だというのに、10月の話。来年の話なら、鬼が笑います。2ヶ月先の話をしたら小悪魔が微笑んでくれるかも・・・。小悪魔はかわいいよ。付き合ったことはなくて、想像ですけど。
で、10月の話。10月14日(日)に、香川県高松港のサンポート地区で、釣り大会の予定です。去年までは、釣り団体はお手伝いだけ