2017年10月23日 (月)

道の駅に小さい恵比寿様

Icimg0109
高松市西部にある道の駅「源平の里 むれ」でウロウロしていて、恵比寿様の像があるのを見つけました。ふふ。

 

恵比寿様と大黒様が並んでいます。これまで民家の塀の上にたくさんの恵比寿様を見つけてきたが、大黒様も結構同じ塀にあります。七福神の中でこの二つの神様は人気があるようです。

 

今回見つけた恵比寿様と大黒様は、非常に精緻に出来ています。塀の上にある恵比寿様で、これほど精緻なものはありません。
ちゃんとした置物用として作られています。

Icimg0110
これを置いていたのは、伝統工芸品としての瓦の展示場所。ただ、これが売り物なのかどうかは見るのを忘れていました。ふふ。

 

表情といい、持っているタイのウロコ一つ一つにしても、塀の上にあるものとは一線を画すものです。

10月 23, 2017 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

73番札所出釈迦寺で

Rcimg9573 地元のテレビ局製作の番組「「リンだRINだ」で、四国霊場札所を自転車で71番から77番まで巡る
内容のものがありました。
その番組で始めて知ったのですが、この7つのお寺で七福神を担当していて、それぞれのお寺で七福神の像を置いていると言っています。
恵比寿様を担当しているのは出釈迦寺ということが分かったので、高速道路を使って写真を撮りに行きました。短い距離なのに高速道路を使ったのは理由があります。ふふ。

先日、私が持っているETCカードの会社から、「年会費が必要。ただし、1度でもカードを利用すると無料になる」と言ってきました。
ETCカードを複数枚持っています。それは宇和島に行く時に時間帯によっては通勤割引を使いますが、100キロ以内しか使えないので、途中で一旦高速道路を下りてカードを変えるのに必要です。
「年会費が必要」と言ってきたカードはほとんど使わないので、今回使いました。ふふ。でも今年の5月以降は通勤割引がなくなるので、ETCカードを整理しなくてはいけません。面倒くさいわあ。

3月 6, 2014 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

香川県滝宮天満宮に恵比寿様

Qcimg7470 Qcimg7471 Qcimg7468 香川県綾川町に梅の花で有名な滝宮天満宮があります。その境内を歩いていると、「さぬき七福神」の表記があり、ここは福禄寿と書いています。

 

ひょっとしたら恵比寿様があるかもしれないと探しました。境内に入ると、まず大き目の福禄寿があります。この天満宮は福禄寿を担っているらしい。

 

恵比寿様はないのかとキョロキョロすると、境内の端っこに七福神らしいものが並んでいます。

 

つづく・・・。

Qcimg7469_2
予想していた通り、この中に恵比寿様が、一番奥にいました。早速大漁祈願をしようとすると、像の上に漫画の看板があって、「商売繁盛」と書いています。

 

大漁祈願はお願いしてもいけないらしい。でも、神様のことだから少々のことは無理を聞いてくれると思い、無理やりお願いしました。ふふ。

2月 23, 2013 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

恵比寿様の下に恵比寿様

U1cimg4754 今年最初のイカ釣りで室戸岬に行ったとき、エサの活きアジを買った釣具屋「ひげ」の裏に、大きな恵比寿様がありました。これについては以前に書きました。

 

その恵比寿様の足元に少し小さい恵比寿様がいました。この恵比寿様が珍しい形でした。釣った鯛をひざの上に置いています。これは初めて見る形の恵比寿様です。

 

たいていの恵比寿様は腕の脇に挟んでいます。これを作った人は何らかの思いがあったのでしょうか。ま、別に無かったと思いますけど・・・。

最近釣りに行く途中で恵比寿様を見つけると、その日の釣果がいいような気がします。この日は2つの恵比寿様を見つけたので、きっといい釣りが出来るような気がしていました。

 

そして一緒に行った山田さんにはアタリが2回しかなかったのに、私にはバラシを含めて10回もありました。あーりがたや、恵比寿様です。
だが、そんなことに気が付く、これからの釣行には釣り場に着くまでに恵比寿様を見つけるのに一生懸命にならないといけなくなります。そこまではしたくないわい。

3月 24, 2012 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

サオを持たない恵比寿様

Chdimg1221 愛媛県西条市の国道11号線沿いに大きな恵比寿様を発見しました。石屋さんの展示場ですが、事務所の前にどーんといます。

 

敷地の中まで入って行って写真を撮るのは気持ちがはばかれます。いきなり入って行って写真を撮っていると、「デザインを盗むのか」と言われるのも嫌だし、「よくいらっしゃいました。どういうご用件で・・・」と言われるのも困ります。なので、国道上からこっそりと撮りました。

 

そのときは気が付きませんでしたが、写真をよーく見ると不思議なことがたくさんありました。

この恵比寿様の不思議なことの第1点目。ほとんどの恵比寿様は右手にサオを持っています。恵比寿様と釣竿は、私と「山の神」との関係みたいなもの。切っても切れません。切ろうにも切れません。

 

なのにこの恵比寿様の右手は膝の上に乗せていて、「釣りはせんぞー」の態度。不思議です。これを作った石屋さんは釣りが嫌いなのでしょうか。

 

この恵比寿様の不思議なことの第2点目。それは左に抱えている魚の形。魚にヒゲがあって、背ビレも鯛の形でない。ヒゲがあると言うことは、ウミヒゴイとか、オジサンなのでしょうか。そんなことはないでしょうなあ。コイなんでしょうなあ。

 

 

3月 19, 2012 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

今年初めてのイカ狙い

U1cimg4757 U1cimg4767 日曜日に、今年初めてのイカ狙いに行ってきました。先週行くつもりでしたが、山田さんが「大潮になる翌週ならつきあうでー」というので一週間伸ばしての挑戦です。

 

今回は山田さんとは室戸岬での現地集合にさせてもらいました。私は徳島県のマンホール探しをするために早朝出発です。徳島県最東端の蒲生田岬周辺で1時間近く山道をさまよい、目当ての由岐町のマンホールをゲット。

 

落ち合う場所は高知県の室戸岬。徳島県小松島市で活きアジを30匹購入し、ついでに高松市の釣具屋には置いていないイシダイ釣り用のスクリューサルカンを購入して、いざ高知県最東端の室戸岬に向けて走ります。

 

室戸岬に向かう道は見晴らしがいいが、うねりが大きくて国道が大量の波しぶきで霧が掛かったようになっています。


U1cimg4753これだけうねりがあるのにイカ釣りが出来るのか、心配です。山田さんに午前10時過ぎに電話すると、すでに徳島県南部まで走って来ています。まだ蒲生田岬にいた私も急いで室戸岬に向かう国道に向けて走ります。

 

今回の釣行はナンカいい感じになる予感があります。というのは、活きアジを買った店を探していて、その裏に大きな恵比寿様を見つけたからです。恵比寿様が抱えたタイが尾を曲げていて元気があります。さて、予感どおりの釣果になったのでしょうか。続きは明日。

1月 24, 2012 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

恵比寿様と一緒に記念撮影

Cbcimg4632 今年もいよいよ残り2日となりました。今年もたくさんの恵比寿様とお会いしましたが、今年最後のサヨリ釣りに行ったとき、釣り場の前に石屋さんがあり、その玄関に恵比寿様がいました。

 

その恵比寿様はちょうどいい高さにあります。そこで恵比寿様と初めての一緒の記念撮影をしました。狙いのサヨリが全く釣れずに帰るときに撮影。いかにも拍子抜けした私の顔がその釣果を物語っています。

 

今年最後の恵比寿様がボウズ釣果のときとは、私の釣りを象徴しているようでいい感じです。ふふ。

来年もたくさんの恵比寿様とお会いして、たくさんのお願いをしていこうと思っています。大漁祈願、大物祈願、そして多魚種での自己新記録、そしてそして何よりも健康釣行。

 

願い過ぎるから効果が薄れるのでしょうか。恵比寿様が釣り人全員の願いを聞いていたら、海が枯渇してしまいます。ソコソコに釣れるのがいいのだと思います。

12月 30, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

鯛を釣って大喜びの恵比寿様

Aaxcimg2936 香川県から高知県に行く国道32号線の綾上町で、「鯛を釣って大喜び表情の恵比寿様」を見つけました。普通の恵比寿様は右手に竿、左脇下にタイですが、これは釣り上げた鯛を高く掲げています。

 

ナンカ漫画チックやなあ、と見えましたが、その理由は恵比寿様の3頭身にあるようです。それに釣り上げた糸の太さも気になります。まるでロープのような太さです。ふふ。

 

それにもうひとつ、お顔が神様というより、どこか近所でお会いしたことがあるようなこと。このことも親近がもてます。

最近のこのブログネタに恵比寿様の記事が多くなっているような気がします。書いている私が思うぐらいですから、読者のアンタは「ええ加減にせー」と思っているかも知れません。

 

「恵比寿様」の記事のときは、アクセス数が2~3割減少します。「恵比寿様」のときはもっと読んでほしい。ふふ。そうでないと、釣りキチの大漁祈願、大物祈願が叶いませんよ。じっくりと読むように・・・。これは恵比寿様からのお声です。

6月 23, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

巨魚に乗る大黒様

Aaxcimg2944 高松市の自宅から高知方面に行く国道32号線を30分ほど車で走ると、梅が名所の滝宮神社があります。その近くを通っていて、大きなお魚の石像がチラッと見えました。

 

近くのパチンコ屋さんの駐車場に車を止めて見に行きました。すると、魚の上に「エイエイオー」をしているおっさんが乗っています。恵比寿様かと思ったが、どうも違います。

 

体に巻いたプラスチックの帯に黒いマジックインクで「大黒様」と書いているのが見えました。大黒様といえば、米俵だと思うけど、魚の上です。

魚の上に乗って「エイエイオー」は恵比寿様の領分を侵すものと思いますが、どうでしょうか。
これは石屋の展示場にあるので、もちろん売り物です。

 

石屋さんでこういう商品をみるたびに、「誰が買うのだろうか」と考えてしまいます。私が心配しても何の足しにもなりませんが、商品として作っているということは、買う人がいるということでしょなあ。

 

この大きさですから、個人家の庭と言うわけにも行かないと思います。ま、豪邸の庭でしょうけど、豪邸とこの「エイエイオー」はマッチするのでしょうか。心配です。あくまでも、勝手な心配です。

6月 16, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

石屋さんの展示場に大きな恵比寿様

Aaxcimg2948 香川県高松市から30分ほど、高知市に行く国道32号線を走ったところの石材展示場にある恵比寿様の写真を撮りました。「撮ったどー」の感じ。

 

この道はよく通るので、この大きな目立つ恵比寿様があることは随分以前から知っていました。今回この地域のデザインマンホールを探していて、この恵比寿様と遭遇。やっと写真を撮りました。

 

四国にはたくさんの恵比寿様がいて、これまでもこのブログで書いてきました。その中でも大きな方から上位10に入る大きさです。

恵比寿様が大きいと、そのご利益も大きい気がします。奈良の大仏や鎌倉の大仏が人気があるのは、それが大きいからです。小さいと単なる仏像として見られるだけで、たった一つの大仏だけであれほどの観光客が来るはずがありません。

 

恵比寿様も同じこと。この恵比寿様は石材店の展示場のある売り物なので、ご利益を発揮するのはこれからでしょうけど、とりあえず私の大物釣りを祈願しておきました。

 

「まだ売れてないときからお参りするとはウイなヤツじゃ」と特別なお目を掛けてくれることを期待して・・・。ふふ。

6月 13, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

高知県の山深くの町に恵比寿様

Cglimg1754 高知県高知市から車で1時間で須崎市。そこから北西の山に向かって約1時間半で、梼原(ゆすはら)町に着きます。

 

坂本龍馬が土佐藩を脱藩してひそかに通った道、「脱藩の道」にあります。この町のメイン道路に立派な恵比寿様がいました。こういう道路上に恵比寿様がいるのは、大変珍しいので、像を見つけたとき恵比寿様とは思いませんでした。

 

台座に「鯛つり」と書いています。左の脇にはしっかりと鯛を抱えています。でも、サオがちょっと変。竿先にお祓いのような物が付いていて、サオに見えません。

以前隣の町で見つけたカラーの恵比寿様について書きましたが、この恵比寿様と由来が同じでした。この地域に伝わる古来神楽にまつわる恵比寿様です。

 

だから持っているのは神楽の踊りに使うサオなので、こういう飾りが付いています。
京都から伝わったという神楽が、高知の山奥で海の鯛を抱えていることに、面白さを感じました。

 

 

5月 23, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

なんでこんなところに恵比寿様

Cimg0757 愛媛県松山市から、南に国道を走っていて、反対車線のビルの前に、石像が2個あるのが見えました。そのうちの一つは釣竿を持っているようです。

 

左に車を止められるとこまで走り、歩いて戻って確認。早朝なので車の通行料は少ないけど、ビルの前には従業員らしい人が箒で掃除をしています。

 

その人が像の前を行ったり来たり。なかなかシャッターチャンスが・・・。それをこっそりと写させてもらいました。
ちょっとだけ秘密探偵の気分。こんなことを勝手にしていいのかなあ。

ビルには「㈱伊予ブルドーザー建設」の名前。なんで、建設会社ビルに恵比寿さまなのでしょうか。
釣りキチとしてはうれしい像ですが、不思議な取り合わせ。

 

この会社の社長さんが釣りキチなのでしょうか。それとも、像は恵比寿様と大黒様のようなので、単なる商売繁盛の意味なのでしょうか。
車を走らせながら、あれこれと勝手に想像しちゃいました。

1月 25, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

布袋さんに、なんでお魚

Cia1036 Cia1037 私の家から車で5分ほどの建具屋さんの前で、実に幸福そうな布袋さんの足元で魚が泳いでいるのを発見しました。
恵比寿様とお魚は切っても切れない関係ですが、布袋さんとお魚の取り合わせは初めて見ました。

 

布袋さんのモデルはもともと中国お坊さんで、身の回りのものを袋に入れてお布施を集めながら楽天的な生き方をした人らしい。
釣り人に最も欠けているのは、「楽天的」じゃないでしょうか。

釣れないとすぐにイライラして、タナを変え、エサのつけ方を変え、流す場所を変え、ハリスの太さを落とし、そして場所を変えて、そこでも同じことを繰り返す。

 

潮がよくなるまでジックリと待てばいいのは分かっているけど、我慢できません。「楽天的」に待てばいいんです。
ま、自分に言い聞かせているだけです。このブログの読者は当然楽天的でジックリと待つ人ばかりだと思います。

 

そして待ちくたびれて・・・、「あ~、今日もボウズだったけど、楽しかったなあ」と・・・。私なんぞ、エサトリだろうが小物だろうが、何かを釣らないことには気がすみません。ま、そんな人間です。損な人間・・・。

1月 11, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

極彩色の恵比寿様

Cglimg1760 昨年の12月、デザインマンホールを捜して高知県の山深く走っていました。道の駅があったので、トイレを借りようと停車。すると駐車場前の道路を隔てたところに、大きな極彩色の大黒様。

 

これまで数知れずの大黒様を見つけてきましたが、これほどカラフルな大黒様は初めてです。お正月の話題としては、最高の大黒様です。

 

ここは高知県津野町にある道の駅「布施ヶ坂」。ナンカ聞き覚えのあるなあと思っていたら、以前に宮内さんから「高知県の山奥に色つきの恵比寿様があるぞー」と教えてくれた場所でした。

我が家に帰ってから、説明書きにある「津野山古式神楽」をインターネットで調べると、国の重要無形民俗文化財に指定されているもの。

 

平安時代から舞い継がれている17の踊りがあり、全部だと8時間。この17の舞いの中に「恵比寿様の鯛踊り」がある。YouTubeで動画があったので見ました。

 

7分間の動画で、3分間ほどサオを持って踊った後、観客が釣り糸にお供え物を結びます。さらに1分半ほどして大きな鯛を糸に結んだあと、糸を引っ張って大きな鯛が釣れた感じを出します。

 

このときの恵比寿様の喜ぶ踊りが、庶民的というか、オッサンらしいというか、神様とは思えない踊り。見入ってしまいました。

1月 2, 2011 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

持っているのはタイ焼きでしょうか

Chfimg1148 香川県高松市から車で南東方向に小1時間走ると、さぬき市旧長尾町があります。四国霊場88箇所の87番札所、長尾寺がある町です。

 

この長尾寺近くの県道10号線で、恵比寿様がいました。石屋さんの展示場です。小猫や小犬に囲まれて楽しそうです。
表情を見ていると、こちらも頬が緩みます。癒されます。

 

でも、ナンカ変な感じがします。最初はその理由が分かりませんでしたが、しばらく見ていて、それが持っているタイにあることに気が付きました。

タイを見慣れている私には、その形に違和感が・・・。タイは尾の後がこんなに切れ込んでいません。

ま、大きなタイは釣ったことがありませんが、生まれてすぐのチャリコなら、私の得意中の得意対象。エサトリですわ。
だから、タイの形はよーく知っています。こんなに切れ込んでいると、フナのような感じがします。

 

それに、なんかボッテリしているので、鯛焼き君のようにも見えてしまいます。ふふ。作者には申し訳ないが、勝手に言わせてもらいました。

11月 24, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

香川県の白鳥神社に恵比寿様

Chsimg0822 香川県東部にある東かがわ市に白鳥神社があります。その中に立派な恵比寿様がありました。これは写真に撮らないといけません。

 

でもすぐ前には社務所があって人がいます。「何で写真を撮るのか」と聞かれると、返答に困ります。
「恵比寿様の写真でブログを書いている」なんて言うと、「神様を侮辱しとんかあ」と叱られるかも知れません。

 

なので、社務所の人には見えない角度からこっそりと写真を撮りましたわ。ふふ。これでも苦労しているのですぞ。

私は知りませんでしたが、「さぬき七福神」というのがあって、この白鳥神社が「恵比須神(えびすじん)」を祭っているらしい。
だったらインターネットで調べたら、検索できたはず。

 

でもそんなことは知らないで、何気なく行って見つけたほうが嬉しさ何倍にもなります。
アンタだって、バーゲンと知らずにお店に行ってたまたまバーゲンだと嬉しいでしょ。

 

恵比寿様をバーゲン品と一緒にしちゃあいけません。例えの話ですから、勘弁してください。

11月 2, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

四国霊場80番札所に恵比寿様

Ciamg0645 香川県の国分寺は、四国霊場88箇所の80番札所。そこに気楽な感じの恵比寿様がいました。表情が穏やかな笑いで、見ているとついこちらも微笑んでしまいます。

 

最近は「四国にあるおもしろ造形」を探して、アチラコチラに行って写真を撮っています。ま、暇なんですわ。リタイアしたんだから、文句はないと思います。

 

暇なことに罪悪感を感じることもないし、ゆったり、もったりと過ごしています。

そして「おもしろ造形」の宝庫は神社仏閣と分かってきたので、ついついお寺さん巡りが多くなっています。

 

するとお寺さんにも神社にも、やたらと造形物をジャンジャンと置いているところもあれば、全く何にもない所もあります。
そこの住職や神主さんの考えなんでしょうが、あまりにもジャンジャンあるのは、かえって軽薄な感じがしてしまうのは私だけでしょうか。

 

「おもしろ造形探索」としては、もちろんジャンジャンあってくれたほうが楽しいのですが・・・。

10月 16, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

四国88寺の屋島寺に恵比寿様

Che1979 四国88箇所霊場、84番札所の屋島寺は、高松市の屋島の山上にあります。
久しぶりに行ってみて、ここに恵比寿様さんがあるのを発見。そういえば、何年か前にも、現在は金沢市にいる内藤さんに教えられて、このブログに書いた記憶があります。

 

改めて見ると、なかなか立派な恵比寿様です。残念なのは、サオがどうも鉄棒で作っているみたい。そりゃあ、竹だとすぐに痛むけど、鉄棒はナンカイヤです。

 

鉄棒で釣っている人なんか、見たことがありません。多分この恵比寿様を作った人は釣りをしない人でしょうか。
それとも合理的、経済的な鉄棒を使うのが現代的なんでしょうか。この言い方のほうが、嫌味か。

Chc1985 屋島山上を歩いていると、やたらタヌキの像があります。この屋島寺境内にもいくつかあります。
そして説明書きを読んで、その理由が分かりました。

 

ここの屋島太三郎狸は、道に迷った弘法大師を案内した名タヌキで、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸とで「日本三名狸」というらしい。知りませんでした。高松市に60年以上住んでいるけど、知りませんでした。狸さん、ごめんなさい。

 

単なる狸の像と見ていたけど、この説明文を見て急にご利益を感じて来ました。でも、狸に大漁祈願が利くのかなあ。

9月 13, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

小さな漁港に彩色立派な恵比寿様

Chc2068 Chc2069 6月にオカテッちゃんと三好さんがゴムボートでイカ釣りをしていると言うので、香川県西部の三豊市まで見に行きました。二人と会って、その帰り際、二人は私をわざわざ砂浜の上の道路まで見送ってくれました。

 

その道路の際に祠があるので中をのぞいたら、恵比寿様が鎮座しているじゃないですか。オドロキの発見。小さな漁港の道路端にひっそりとあります。

 

早速記念撮影。恵比寿様を見つけて嬉しがっているのは、この私ぐらいでしょうか。でも記念撮影した二人も嬉しそうでしょ。
それまでボウズだったけど、私が帰った後にイカは釣れたのでしょうか。二人は恵比寿様に拝んでなかったなあ。

祠(ほこら)にはガラスが入っていて、大事にされている恵比寿様ということが分かります。
さらにその恵比寿様はカラーで色付けされています。多少色落ちがしているようですが、抱えているタイは赤色です。

 

普通に見られる恵比寿様と違って、その表情は純朴そのもの。その港に広がるのんびりした風景とともに、なんとも言えない穏やかさにその恵比寿様は溶け込んでいました。

 

 

8月 23, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

喫茶店のえびす様

Cih0352 8月の始めにビアガーデンに行ったとき、ヨッさんから耳寄り情報。喫茶店の前に恵比寿様がある。それだけなら、大した興味が湧きません。

 

ヨッさんが言うには、その恵比寿様がウキを付けたサオを持っているとのこと。これまでたくさんの恵比寿様を見てきたけど、サオの先に釣り糸などの仕掛けを付けているのは見たことがありません。

 

さらにその仕掛けにウキが付いているとは・・・。これは是非見に行かなくてはいけません。

「山ノ神」と墓まいり。その帰りにヨッさんが教えてくれた喫茶店に見に行きました。確かにウキが付いています。その浮きは小アジを釣るときの大きなウキ。これはおもろい。

 

恵比寿様が私たちと同じ釣りをしていると思ったら、急に親近感を覚えましたわ。でも恵比寿様って、釣りのウデはたいしたことがないのかも知れません。ふふ。
でも、グレ釣り用のどんぐりウキもおかしいし、イシダイ釣り用のワイヤーハリスを付けているのもおかしいし・・・。

 

折角喫茶店ということだったので、コーヒーでも飲もうと思っていたが、「本日休日」の札。休みなら仕方ありません。勝手に敷地内に入り込んで写真を撮って来ました。これって「不法侵入」になるのでしょうか。

8月 21, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

宮内さんからお魚情報メール

Zcancmngs Zcata8mnp アメリカから帰って3週間ぶりにメールボックスを開くと、宮内さんからメールが届いています。2枚の写真付きです。

 

その写真を見ると、思わずニャッとしてしまいました。よーく見てください。魚の抱え方が乱暴です。こんな乱暴な恵比寿様は初めてです。一枚の写真では、タイの胸ビレをむんずと掴んで抱えています。

 

その乱暴さにタイは口をあけて悲鳴を上げています。恵比寿様に抱えられたタイが、口をあけているのはナンカ変な感じがします。
でもよくよく考えてみると、釣り師が釣り上げたタイは、実際はこんな感じなのかも知れません。

もう一枚の写真には、恵比寿様が大きなタイの上に乗って扇子を上げて喜んでいます。これまたナンカ微妙におかしい。
タイの造形がうろこがくっきりと出ているなど、リアルです。そのリアルさが「ナンカおかしい」を増幅しています。

 

愛媛県松山市にある石手寺にあるそうです。是非、今度自分の足で見に行きたい。

 

でもこういう恵比寿様を造ろうと考えた人は誰なのでしょうか。お寺の住職さんだと思いますが、一度お話を聞きたいものです。釣り師は説教されるのでしょうか。

8月 12, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

ホテルの前に恵比寿様(2)

Cimg0698 Cimg0700 香川県坂出市のホテルの植え込みで、かわいらしい恵比寿様を発見。すぐ横の道路を歩いていても、見えるのは上半身だけで、タイを抱えているのが見えません。

 

多分ホテルを新築して、恵比寿像をここに置いたときには、埋め込みが低くて、キッチリと見えていたのでと思います。
最初から、こういう状況を予想していたはずがありません。

 

近くに寄って覗き込むと、やっとタイが見えます。そこで「恵比寿さま~」と声が出ましたわ。「こんなところに、ひっそりとおられたのですか」と言ったら、「こういう目立たないワシのような恵比寿様こそ、ご利益があるのだぞ」と言っている様に思いました。


ま、私が勝手に思っただけですけど、小さく手を合わせて今後の大物入れ食い、大漁を祈願しました。
「溺れるものは藁をもつかむ」。何であろうと、少しでもご利益があるものには、お願いしないといけません。

 

自分の技量を知り尽くしているからこそ、言える言葉ですぞ。おっほん。ヘタを自慢してどうする。ふふ。

7月 16, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

ホテルの前に恵比寿様

Cimg0691 瀬戸大橋の四国側は香川県の坂出市です。車で走っていて、急停車。恵比寿様がパシッと鎮座しているのを見つけました。
もちろん後ろに車がいないかを確認してのことです。

 

ビジネスホテルの駐車場です。ビジネスホテルに恵比寿様はダメじゃないけど、ナンカ不釣合いな感じがしないでもないなあ。
私のような釣りキチにとっては、ビジネスホテルであろうと、ちょっと怪しいホテルであろうと、立派なタイを抱えている恵比寿様が鎮座しているだけで嬉しいのだが・・・。

この恵比寿様の顔、ちょっとだけ庶民的。なので笑っている表情が、タイを釣り上げたときに見せる釣り人の「アッハッハ、どや!」と言っている感じがします。

 

各地の恵比寿様の写真を撮り歩いているうちに、恵比寿様の表情がそれぞれ皆違うことに気がつきました。
それぞれ違うのですが、共通しているのは、口をあけて大笑いしていて、親近感のある顔ということです。

 

ま、釣りは人を和ませるということでしょうなあ。どや!

7月 15, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

楽しい宝船

Cia1035 家の近くの道路端で、ちょっと変わった石像を見つけました。多分恵比寿様と大黒さまが乗った宝船だと思います。
船の下には、魚が頭を出しています。

 

恵比寿様はサオを持っていませんが、おそらく右手でサオを持ち、魚を釣ったところなのでしょうか。
見ていて楽しい像です。眺めていると、幸せが寄ってきそうな気さえします。

他人が笑うのを見ていると、こちらもつい笑ってしまいます。楽しくなります。だから、この像のお二人の笑顔を見ていると、こちらも笑ってしまいます。

 

芸術的な像はよく分かりませんが、こういう像は「楽しくさせてくれる」というだけで、十分な存在価値があるような気がします。
でもねえ、我が家には置いておく場所が無いんです。何ともなりません。

7月 8, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

巨大恵比寿さんを、見っけ!

Cimg9450Cimg9453    愛媛県今治市の大島宮窪港に、私が勝手に「日本一大きいカサゴの像」宣言をしたカサゴ像があります。これに会いに行ったとき、すぐ横にこれまたでかい恵比寿様の石像がありました。

近づいていくときは、木の陰になっていて気が付かなかったので、いきなり巨大恵比寿様がにゅーぅと現れてびっくりしました。

 

Cimg9452写真を何枚か撮りましたが、恵比寿様の大きさが伝わってきません。恵比寿様には全然興味のなくて、車の中で待機中の「山ノ神」に撮影をお願いしました。
私と一緒に撮れば、その大きさが伝わるはずです。どうです? でかさが分かるでしょ。

 

こんなにオモロイ恵比寿様がいるのに、観光パンフレットには全く載っていないし、インターネットでも全然PRしていません。なんでなんでしょうかねえ。もったいないと思います。
それとも、恵比寿様にこれだけ興味を持つ私がおかしいのでしょうか。ふふ。

Cimg9451改めて恵比寿様を見てみるて、確かにタイを持っています。でも、そのタイ、ちょっとタイらしくありません。
魚の体高が低いし、尾びれの形も何となく違うような・・・。全体的にコイの感じがします。

 

いや、決して恵比寿様にイチャモンをつけているわけではありません。ご利益が減るということでもありません。
この大きさですから、ご利益も巨大だと思います。だから、「今年は絶対に大物を釣らせてください」とお願いしました。

 

これで釣れなかったら、「ウドの大像」と呼ぶなんて失礼なことは、これっぽっちも考えていません。

7月 2, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

建具屋さんの玄関に欲張り(?)な恵比寿様

Cia1033 家の近くの建具屋さんの玄関で、恵比寿様を発見しました。左手でタイを抱え、右手には釣竿を持つための穴があります。
だけど、見慣れた恵比寿様と、ナンカ違います。

 

その理由はすぐに分かりました。米俵の上で、雄叫びを叫んでいる感じ。「七福神の中で米俵を踏んで立つのは、確か大黒さまのはず」。なんで、恵比寿様がタイを抱えて米俵の上にいるのでしょうか。ナンカ、欲張りっぽい恵比寿様のような気がするのは、私だけ?

だけどインターネットで恵比寿様を検索して、意外なことを知りました。恵比寿様が漁業が好きなのは知っていましたが、得た魚を物々交換でお米に変えたので、「商売繁盛」の守り神になったらしい。

 

失礼しました。そんなことは知りませんでした。だから、恵比寿様がタイを抱えて、米俵の上に立っているのは、当然なことなのです。
強いて言えば、タイをお米に交換したのなら、タイかお米のどちらかしか持っていないという理屈もあるけどなあ。

6月 28, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

商店街に立派な恵比寿様

Chc2038 香川県の西端、愛媛県と接しているのが観音寺市です。そこで「おもしろ造形」を探索していて、七福神を見つけました。
「上市商店街」が作ったものらしい。それぞれの神様が、色んな店の前にバラバラにいます。

 

Chc2044もちろん恵比寿様もいました。恵比寿様と弁天さんだけは、二人並んでいます。
二人とも、大変幸せそうです。恵比寿様は大笑いしているし、弁天さんはふっくらとにこやかです。「二人はデキとんとちゃうか」と思えるほど幸せそうです。神様に向かってそんな不遜なことは言っちゃあだめですな。

この恵比寿様はサオを持っていません。そしてタイを両手で持っています。恵比寿様のほとんどは右手にサオ、左脇腹にタイという形。
ま、恵比寿様も年がら年中釣りをしているわけでないでしょうし、漁でタイを取ることもあるでしょうし・・・。

 

この恵比寿様には、特別なお願いをしました。今度外国で釣りの予定があるので、そこでの大物祈願をしました。

日本の恵比寿様が、外国の釣りにまでご利益があるのかどうか分かりませんが、弁天さんとのツーショットの幸せそうなお顔を見ていると、ナントカしてくれそうな感じがしました。お願いしますよ。

6月 24, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

ひっそりと恵比寿様

Chl1719 Chl1720 愛媛県松山市から国道56号線で南下すると、約1時間で内子町に行きます。昔は木蝋(もくろう。ハゼの木から作る蝋)で財をなした地域です。

 

この町を「山ノ神」と散策していて、ひっそりと並んだ七福神を見つけました。当然恵比寿様もいます。片膝を立てた横着と思えるポーズ。
でも恵比寿様なので、ここでも「大物祈願」しました。

 

ご利益はあるのでしょうか。アッチコッチの恵比寿様にお願いするので、今年の釣果は私としてはいい方です。これも恵比寿様のお陰だと思っています。

でも恵比寿様を見つけるたびに、「大物祈願」、大漁祈願」をしています。これまでに50以上の恵比寿様にお願いしたような気がします。
これだけお願いしたら、そりゃあすごいご利益のはずです。

 

でもひょっとしたら、恵比寿様同士で混乱しているかも知れません。「アイツはいいヤツだから、ワシが願いをかなえてやる」、「いやいや、アイツは特別にヘタだから、ワシが特に面倒見てやりたい」、「どうせなら、このワシが一番大きい魚を釣らせてやりたいが、あのウデでは苦労するわ」・・・。

 

ま、勝手に祈願しているので、恵比寿の皆々様、よろしくお願いしますわ。ウデが悪くても、ウンがあればナントカなるかも知れません。

6月 14, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

愛媛県の国道沿いに恵比寿様

Cht1394 愛媛県から高知県に行く国道56号線を走っていて、大きな石のフクロウが見えました。
最近はお魚だけでなく「おもしろ造形」のネタも集めないといけないので、急停車。

 

Cht1393フクロウの写真を撮りに行ったら、すぐ近くに恵比寿様と大黒様が並んでいます。見えなかったなあ。
だいたいこの道は何度も通っているはずなのに、ここに恵比寿様がいるなんて全く気が付きませんでした。

 

この場所は山の中の国道。恵比寿様が鎮座するにはふさわしくない所です。だからついついフクロウには目がいったが、恵比寿様には気が付かなかったのだと思います。

この恵比寿様の顔を見て、なんとなくホッとしました。作者には申し訳ないが、神様の顔でなくて、そこいらにいるオッサンに見えてしゃーない顔です。ふふ。

 

でも親しみがもてます。癒されました。52cmのチヌが釣れたのは、この2日後。この恵比寿様のごりやくだったのかも知れません。いや、「かも」じゃなくて、「ごりやくでした」の断言。

 

今度お目にかかったときは十分に感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。皆さんも道端に恵比寿様を見つけたら、大事にした方がいいですぞ。

6月 11, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

歴史ある(?)恵比寿様

Chl1698 「山ノ神」孝行の愛媛県大洲市。町を散策していて「大洲神社」を見つけました。
小高い丘ノ上にある境内に上がってみて、びっくり。大きな恵比寿様があーるじゃないですか。

 

早速「山ノ神」にお願いして、恵比寿様との写真を撮りました。恵比寿様をあちこちで見てきましたが、ここの神社の恵比寿様が一番歴史があるような感じ。

 

恵比寿様が抱えているタイは、風化が進んでジーッと見ないとお魚ということさえ分かりにくくなっています。
それだけにこの恵比寿様に重みを感じ、力をこめて「大物祈願」をしましたわ。

この神社の恵比寿様を見つけて、ここに来るまでの民家にあった恵比寿様の理由も何となくわかった気がしました。
それだけ地域の人に信奉されている恵比寿様ということ。納得。

 

それにしても、チト疑問。大洲市は海からずいぶんと離れた山地です。恵比寿様は漁師の神様と思っていたので、何でこんな山の中に恵比寿様を祭る神社があるのでしょうか。不思議。

 

私にもう少しの向学心があれば、その探求に突き進むのでしょうけど・・・。申し訳ないけど、私の興味は恵比寿様の存在を探求するだけ。

5月 22, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

民家の軒下にちょこんと恵比寿様

Chl1695 久しぶりの「山ノ神」孝行で、愛媛県南部の大洲市に行って来ました。四国の人なら分かりますが、四国外に住んでいて、それなりにお歳を召している方は、NHKドラマ「おはなはん」の舞台といえばなんとなく分かってもらえると思います。

お歳を召してない方には、「松山市と宇和島市の中間」といえばいいのでしょうか。分からないかも知れませんが、分かった感じになってください。

 

その大洲市の「おはなはん通り」近くを歩いていて、民家の軒下に恵比寿様を発見。その登場がいきなりだったので、笑ってしまいました。

 

写真で見ても分かるとおり、普通の民家としか見えない家の玄関前にちょこんと鎮座。

大洲市にはつつじの名所があります。冨士(とみす)山の山頂付近が6万本のつつじで埋まるはず・・・。

Chl1678sでも、予想はしていましたが、既にシーズンは終わっていて、所々に咲き遅れつつじが残っているだけでした。「咲き遅れつつじ」を見ながら、何となく自分を見ているような気分。盛期が過ぎたけど、ちょっとだけ頑張っている・・・。しゃーないなあ。

 

それでもきれいな藤棚があって、少し救われた気分になりましたわ。ま、「山の神」も喜んでくれたので、結果オーライです。
そして、私には「ちょこんの恵比寿様」とも出会えたので、文句無し!

5月 21, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

石の町に恵比寿様

Cij0508 高松市の東端にある庵治(あじ)町、牟礼(むれ)町は、昔からの石の町で、石屋さんがズラーッと並んでいます。
そこで珍しい恵比寿様を見つけました。タイを肩の上に掲げています。

 

多くの恵比寿様は、理由は分かりませんが左脇腹に抱えています。この恵比寿様は、タイの持ち方がちょっと変わっているのと、この表情が、実にいい。釣り人が大物を釣り上げたときのうれしそうな表情そのものです。

 

見ているだけで、コチトラも癒されます。ついウフフとなってしまいます。これこそ「恵比寿像」の本領発揮じゃないでしょうか。

残念だったのは、写真を撮るのに夢中で、恵比寿様に大漁祈願をお願いすることを忘れてしまったことです。
ま、石屋さんに並んでいるということは、単なる商品ということなので、拝んでも御利益はないのでしょうか。

 

この恵比寿様も誰かに買い取られて、そこで初めて効果を発揮するのでしょうか。
買われる前にお願いするのは、道義違反だとしたら、申し訳ないことです。

 

でも、恵比寿様も作られてから、誰も拝みに来ないのでウズウズしているかもしれません。
こういう時って、拝むと効果100倍、てなことはないでしょうか。

2月 23, 2010 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

変わった恵比寿様、見っけ!

Cimg9069 Cimg9071 自宅から高速道路のインターチェンジに行くまでの途中、石屋さんらしい庭に、恵比寿像がチラッと見えました。
車は時速60キロ近くは出ていたので、ホントにチラッとです。

このときは、他人の車に乗せてもらっていたので、「止めてくれー」とは言えませんわ。こんな像に興味を持っているのは私ぐらいなものですから・・・。これで「止めろ」と言ったら、イジメに会います。
分かっています。だから、後日1人でこっそりと確認に行きました。やっぱり恵比寿様です。

 

それも珍しい恵比寿様です。大黒様と合体していて、タイを高く持ち上げています。恵比寿様がタイを抱えている像はよく見ますが、こんなお姿の恵比寿様は初めてです。

多分、大黒様ご利益でお金に恵まれて、なおかつ恵比寿様ご利益の大漁にもなるという、一挙両得狙いの像のようです。ま、釣り師の願いがそのまんま。もちろん写真に撮りました。

でも、像があるのは、他人の家の中なので、車を道路に止めて、写させてもらいました。
この道路は、毎週のように車で走りますが、このような像があるのを、初めて知りました。家の奥にあるので、自分で運転していると、全く見れない場所です。

 

チラッと見たときは、他人に運転していてもらっていて、キョロキョロしていたら見つけることが出来ました。ふふふ、です。
これも、多分売り物でしょうから、いずれはここからなくなってしまうのでしょうけど・・・。

4月 2, 2009 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

カツオのステンドグラス

Cimg7839_3   高知県に出張したとき止まった「かんぽの宿 いの」。ここで、金箔入りのカツオを315円で買って満足していたら、玄関脇にいいものを見つけました。

 

ナント、ステンドグラスのカツオです。ステンドグラスに魚を見たのは、初めて。それも、熱帯魚とか、金魚や鯉なら、なんとなく分かる気がしますが、生臭いカツオなので、びっくりし、うれしくなりました。
ちょっと想像してください。ステンドグラスにイシダイとかグレだったら、もっとうれしいでしょ。

 

ヨーロッパの教会に行くと、たくさんの美しいステンドグラスに出会います。でも、どれも情緒的なものが多い感じ。

今回は、ステンドグラスにお魚。この前は、東京築地のビル一面に、大きなマダイの絵。

 

他にも探せば、突飛もない所にお魚がいるかも知れません。例えば、飛行機の機体にお魚とか、巨大なお魚地上図とか、お魚の形をしたお星さんとか・・・。

 

もし、読者の方が見つけたら、教えてください。だけど単純な絵は、うれしくありませんよ。とにかく巨大なお魚の図なら、是非教えてください。
お金と暇と体力と、若干の好奇心があれば見に行きます。

10月 7, 2008 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

ひゃ~~、金色の恵比寿様だあ

Cimg7437 Cimg7435 高知県の西部を車でウロウロしていて、急ブレーキ。だって、金色の恵比寿様が、金色のタイを抱えています。

 

これは、珍しい。近くの空き地に車を止めて、ジックリと見させてもらいました。そこはパチンコ店。恵比寿様以外にもたくさんの神様がいて、七福神が揃っています。

 

写真を撮るために、近くによってアップ。通りを隔てて全景。などとカメラを構えていると、通っている車が「なんで、こんなものを撮るん?」と不思議そうに見て行きます。
もちろん、微笑み(と言っても得意技の曖昧笑い)で、返してあげました。

それにしても、なんで金色なんでしょうか。ありがたさも100倍アップ。もちろんお金のありがたさ。

 

だが、この幸運はパチンコのお客さんというより、パチンコ店にとっての幸運じゃないんですか。と、思ってしまうのは、最近めっきり釣り幸運から見放されている私だからの発想なんでしょうか。

 

なんとかしてくれー、なんとか私に釣らせてくださいーー。金色だろうが、銀色だろうが、ピンク色だろうが、私の願いをかなえてくれる神様、お願いします。

 

緊急募集。10日(日)、午前8時からのサンポート高松での、清掃ボランティアのこと、忘れないで下さいよ。

8月 2, 2008 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

徳島の恵比寿様

Cimg3376徳島市に出張したとき、会議前の早朝に散歩。歩数稼ぎです。最近出張が多いので、一日一万歩のノルマが、難しい。で、滅多にしない早朝散歩となりました。
もちろん、私の場合、「陸に上がった魚」探しも兼ねます。駅近くの商店街の飲食店街には、魚の造形看板発見のチャンスが比較的多い。

 

駅のホテルから700歩で、恵比寿様の看板を発見。「おっ、恵比寿神社があるのか」。その通りの名前も「通町 参道」となっています。まず、間違いない。
そんなことより、何で700歩と分かるのか不思議ですか? ふふ。駅から2000歩まであるいて引き返そうと思っていたので、歩数を数えていました。バッカみたいでしょ。

Cimg3379その参道を進んでいくと、大きな神社が・・・。恵比寿神社とは、どこにも書いてない。鳥居には、「事代主神社」とあります。
こことは違うのかと思いつつ、誰もいない神社と向かい合いました。このまま入っていくと、「不審者扱い」されないかと、心配です。でも、ずかずかと入っていって、神社の中を、顔を押し付けてのぞきました。まるで「不審者」です。

Cimg3378そして、大きな木彫りの恵比寿様を発見。カメラのフラッシュがガラスに反射しないように。カメラをガラスに押し付けてフラッシュ撮影。いよいよ「不審者」です。文句なしの「不審者」です。
その「不審者」扱いされたときの言い訳に、おみくじを引きました。50円。「願い」の項に「願いかなう」とあったので、よしよし。今年も、大物が釣れるということです。神様が言いました。間違いないです。

5月 25, 2007 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

香川県特産、庵治石の町に、恵比寿様

香川県の庵治石は、石屋さんなら100%知っているはず。知らない人がいたら、王さんを知らないプロ野球選手。そんな人はいません。安倍首相を知らない日本人。そんな人は・・・、いるかも。
Cimg2507その庵治石の産地には、石屋さんがずらーり。以前にも書きましたが、その中には、恵比寿様を売っている店も当然あって、今回の恵比寿様も、その中の一つ。道路を見つめています。いつまで、道路を見つめ続けるのでしょうか。

 

お顔は、これまで見てきた、たくさんの恵比寿様の標準。抱えていらっしゃる鯛も標準的に普通。ま、教科書的な、恵比寿様。誤解しないでくださいよ。標準とか、教科書的とかいうことで、バカにしているとか、批判しているとかではありません。
何事も標準があっての世の中です。この世から標準が無くなったら、困ります。読者のアンタが美人か、そうでないかも分からなくなってしまいます。その方がいい? そんなことは、ないでしょ。根拠はありませんけど。

ところで、これまでもたくさんの恵比寿様を紹介してきました。その数だけ、恵比寿様の御利益を期待している人が、たくさんいるということです。日本は周囲を海に囲まれ、海の幸の恵みを、たくさん受けてきました。

 

もちろん、漁師さんのための恵比寿様と言うことでしょうね。そういえば、明らかに、釣り人の御利益を願った恵比寿様に、まだ出会ったことがありません。だれか、作ってくれませんか。作った人には、大漁の御利益だけでなく、「釣り人専用恵比寿様を建立した人」として、この世に名を残すことになります。
団塊の世代の方は、そろそろ退職時期。退職金のごくごく一部で、作ってみませんか。多分、釣り人は、だーれもありがたがってくれないと思いますけど。バッカじゃないの、と言われるのを覚悟すれば、名を残せます。ふふ。

2月 11, 2007 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

庵治石の町に、恵比寿様がにっこり

Cimg2505色落ちがしないことで有名な庵治石。その産地に行けば・・・、と探しに行ったことは、すでに書きました。
そこのメインストリートには、石屋さんがずらーっと並んでいます。その中の一つに、恵比寿様が道路に向かって、鎮座していました。この恵比寿様は、石屋さんにあるのだから、多分、というか、絶対に売り物のはず。なんか、変な気分。恵比寿様が売られていいものでしょうか。

 

でも、いいんですよね。「御利益は、信心から」ですから。信じれば、売り物であっても、御利益はあるはず。そう、思うことにしました。

これまでも、東京の恵比寿様も含めて、たくさんの恵比寿様を紹介してきました。そのどれもが、全く同じ物はなくて、一つ一つが、表情豊かに、違うお顔をしています。

この石屋さんで見つけた恵比寿様は、どちらかというと、「親しみやすいお顔」。言い方によっては、「漫画チックなお顔」と言えないこともありません。そんな、失礼な・・・。
こんなバチ当たりな事ばっかりを考えているから、今年の釣果がさっぱりなのでしょうか。「おまえのウデじゃ」 ごもっとも。

10月 5, 2006 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

小さな小さな恵比寿様

Cimg2446高知県の黒潮町に釣りに行こうと、地図検索をしていて、恵比寿神社を発見。釣りの帰りに寄ってみました。車から見ると、小さな祠(ほこら)があるだけで、恵比寿像はいません。 恵比寿さんがいない恵比寿神社なんて、「エレベータガールのいない百貨店のエレベータ」と同じで、楽しみが無い。がっかり。

 

でも、地元の漁師さんは、多分大事にしているんだろうなあ。こういう小さな神社だからこそ・・・。

Cimg2448とりあえず、車を降りて、祠の中をのぞきました。もし、人通りがたくさんあったら、そんなことはしないけど、周りにはだーれもいません。そーっと、覗きました。言っておきますが、私にのぞきの趣味はない。ないけど、ちょっとワクワク、ドキドキ。
中を見て、にっこり。ちゃんと、恵比寿様がいました。タイもかかえています。恵比寿様の御利益は、値段、華美さ、大きさで決まるわけではありません。怪しい宗教の御利益は、値段です。大仏の御利益は、圧倒する大きさです。でも、恵比寿様は、そんなケチなことを言いません。
そう言えば、100円ショップに恵比寿様が売っていたなあ。これを買って、家で、毎日大漁をお願いしてみようかなあ。

8月 5, 2006 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

恵比寿様に意義あり?

11月の末に紹介した恵比寿様に対して、「ちょっと、おかしいんじゃないの」と、意義を唱えるという、だいそれた人が出てきました。某大手商社の内藤支店長です。恵比寿様の「タイの持ち方」がおかしい、と言うのでCIMG1426A す。タイは、「海の幸」として、大事に、大事に、抱えないといけないのに、あの恵比寿様は、タイの尾を持ってぶら下げているのは、おかしいというのです。
疑問を持つってことは尊敬すべきことですが、よりによって、恵比寿様に、いちゃもん・・・。絶句。バチで、釣れなくなっても、私は知りませんからね。

 

確かに、この恵比寿様はタイをぶら下げているけど、これって、変ですか? 先週の日曜日に、ちょこっと、確かめました。

我が家から近くで、七福神の有名なところと言えば、「讃岐(香川県)の稲作の発祥地」とも言われている高松市の田村神社です。そこには、恵比寿様がいるはずで、その恵比寿様が、タイをどういうふうに持っているかを、見に行きました。田CIMG1510  CIMG1511 CIMG1512 村神社には、3人の恵比寿様がいました。確かに、どの恵比寿様も、タイの尾を持って、ぶら下げている人はいません。

 

しかーし、その中のひとりは、タイの尾をもってぶら下げてはいませんが、口の中に入れた棒か、縄のようなもので、ぶら下げています。よく見てください。左手は、タイの尾を抱えるようにしていますが、右手は、口いっぱいの太い棒か、縄のようなもので、ぶらさげています。これって、手で尾を持つよりも、残酷に見えますけど・・・。

 

仮の結論。「手でタイの尾を持っても、決して不遜ではない。」 なお、四国だけでも、20ほどの七福神に関する神社がありますし、全国には多分、数百の七福神がいますので、機会があれば、順次確認していくつもり。これでいいですか?

12月 21, 2005 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

通勤路に、もう一人の恵比寿様

以前、私の通勤路の植え込みの中に、恵比寿様がいることを、お話ししました。今日の恵比寿様も、私の通勤路にいます。変わっているのは、普通の家の玄関ドア前に、CIMG1488 いつもいるのです。
その家の人が、漁師さんなのか、はたまた、すごい釣りキチなのか、もしくは単なる物好きなのかは、知るよしもありません。でも、私は通り過ぎるときに、気持ちでは恵比寿様に、会釈をしています。実際に会釈したら、気味悪がれるので、気持ちだけですけど。

持っている竿を、見てください。普通の竹ですが、緑色で、どこかから切ってきたばかりです。そうです。ここの家のひとは、常に竿を新しいのと、変えているのです。それだけ恵比寿様を大事にしていることが、よく分かります。

 

ちょっとおかしいのは、恵比寿様のすぐ横に、何故か小さいカエル様がいることです。そのカエルの顔が、「恵比寿様に、どこまでもお仕えします」というように思えるのが、また楽しい。

 

場所は、高松駅の北側の通りを、西に行ったところです。普通の民家ですので、あまりジーッとは見ないように、気を遣います。見ていて、その家の人にとがめられても、当局は一切関知しませんから・・・。ふふ。

12月 11, 2005 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

街に、いい顔の恵比寿さま、知ってますか?

釣りが好きになると、魚を愛するようになります。だから、街なかの看板に、魚が描いているのを見つけただけでも、ワクワクします。ましてや、それがCIMG1426A 形のある像だったりすると、見入ってしまいます。

 

高松駅から、車で2~3分のところに、恵比寿様の石像があるの、知っていますか?その恵比寿様は、立派な大きなタイを釣っています。その表情が、実にいいのです。恵比寿様の表情です。当たり前か。

その恵比寿様は、高松駅からさぬき浜街道を西に行き、跨線橋を渡り終えてすぐの、道路の北側(海側)の、植え込みの中にあります。私が毎朝、歩いている通勤道にあるので、いつも、大漁祈願をして通り過ぎます。そのおかげで、私は釣り名人になって・・・、ないなあ。釣りの上達には、、御利益はないようです。
それでも、恵比寿様の幸せそうな顔を見ていると、「ほっ」とします。是非、一度見に来てください。「癒しの顔」です。

 

普段の生活の中でも、気を付けていると、街角や道路、神社やお寺、店の中にも、いろんな魚がいます。像だけでなく、造形看板であったり、剥製であったり、巨大な魚拓だったりします。それらを「陸(おか)に上がった魚」と名付けて、探すことにしました。
そして、写真とともに、楽しみたいと思います。読者の皆さんも、見つけたら、是非コメントで教えてください。見に行きます。
魚だけでなく、カニ、エビ、タコ、イカも、OKです。もう、お分かりですね。「かに通」さんや、「かに道楽」さんの店の造形看板も、写真を撮りに行かなくてはいけません。クジラは釣りませんから対象外です。それに、看板に描いているだけのものは、たくさんありすぎるし、おもしろみも少ないので、対象外です。

先週松山に出張したとき、たこ焼き屋にある大きな「タコのネオンサイン」をみつけました。残念ながら、カメラを持っていなかったので、証拠写真が撮れませんでしたが、次の松山出張が楽しみになりました。

 

 

11月 29, 2005 陸に上がった魚 恵比寿様に抱かれた鯛 大きい像   | | コメント (1) | トラックバック (0)