2018年9月17日 (月)

ヨッさん、オカテッチャンとお茶

Mimg_0791
ヨッさんとオカテッちゃんにイカ釣り道具を渡した後、3人でお茶しました。写真は店員さんに撮ってもらいました。3人でお茶をよくしたが、写真を店員さんに撮ってもらったのは初めて。最長老のヨッさんを立たせての写真です。ふふ。

3人の話題となるとイカ釣り。10月、11月は数が釣れるので、このとき一緒に行こうと誘ってくれます。「とりあえずムニャムニャ」。ムニャムニャはよく釣れるポイントだが、ブログに書けないのでムニャムニャです。申し訳ない。

イカ釣りを始めた頃の話題にもなります。香川県西部で、アユ釣りのオトリアユを1匹350円で買って、イカのエサにしていた話。私も行ったことがあるが、釣れなかった。その後、徳島県、室戸、愛媛県南部、高知県西部とポイントを変えてきました。

また、イカ仕掛けの進歩の話しに・・・。ヨッさんはどんどん改良して私に教えてくれました。オカテッチャンは自分の仕掛けにこだわっています。

最後にヨッさんの娘さんがフライフィッシングの取材で、カナダに行っていると聞いてびっくりしました。「カエルの子はカエル」「釣りキチの子は釣りキチ」。

9月 17, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

イカ釣り道具を譲りました

Mimg_0775
しばらく釣りにいけそうにないので、釣り道具を譲渡しています。イカ釣り道具はヨッさんとオカテッチャンに譲ります。しばらく前にも渡したが、残っていたのでそれを昨日譲渡。

ヨッさんは最初キャリーカートは「いらん」と言っていたが、折りたたんでいるところを見たら、思っていたより小さかったらしく、「これならもって帰る」と言ってくれました。ふふ。

クーラーも釣り大会の景品でもらった新品があったので、それも譲渡。もうひとつ新品があったのは石塚さんにあげました。どんどん釣り道具がなくなっていき少し寂しいが、道具置き場がスッキリしてきました。

9月 16, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

宝山さんとお茶

Oimg_0343
宝山さんと、ファミレスで会う約束。ちょっと早めに着いたので、先にレストラン内。約束の時間になっても来ません。宝山さんから電話。「アンタの車を探したが、ないので(駐車場で)ずーっと待っている」。私の車は、この日から2日間、無料のエンジン交換で車屋に入っています。ふふ。

Oimg_0345
宝山さんは、現在もいくつかの現役役職の合間に、豪華な東北桜めぐりや、ワンランク上の部屋での韓国クルージングの話です。その証拠にと、韓国のりの土産をいただきました。

このノリがよっぽど高級品なのか、ものすごくおいしい。「山ノ神」はホントのおかずをそっちのけで、ノリをバリバリ食べています。

宝山さんと言えば、年間1000匹以上を釣ったことがあるサヨリの話しをしないといけません。昨年は大不漁のためほとんど行けなかったが、「今年は絶対に行く」といき込んでいました。

7月 5, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

大きなイカをいただきました

Pimg_0306
昨日の午後3時、ヨッさんから電話。「イカをもらってくれるか」。当然、もらいます。ふふ。それから30分後、アオリイカ2匹を持って来てくれました。

Pimg_0307_2
それが、大きい。1.4キロと1.85キロの2匹。2匹ともくれました。一昨日の夕食後に、「どうしても(イカ釣りに)行かないと、気が狂いそうになる」と急遽出発。

深夜の午前2時に高知県大月町の釣り場に着いて、すぐに1匹。その2時間後にもう1匹。午前9時まで竿を出して、高松の自宅に着いてからすぐに来たと言います。

相変わらずの元気老人パワーです。ついていけませーん。ふふ。

7月 2, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

ヨッさん、オカテッチャンとお茶しました

Scimg3750
ヨッさん、オカテッちゃんと、我が家近くの喫茶店でお茶しました。変な状態の写真だが、大きいテーブルを挟んでいて、3人同時に写ろうとするとこんなになります。ふふ。

この3人が集まると、イカ釣りの話しになるけど、私は全く行けない状態。二人は高知県にも行ったけど、芳しい釣果はなかったとのことだが、話しを聞くだけでも楽しい。

ヨッさんは、夜釣りでボート釣りして、釣りを止めて帰ろうとしたが真っ暗になってしまい、どこから降りたかわからず2時間さまよったと言います。後期高齢者のすることじゃありません。ふふ。

この日、私も「山ノ神」にやいのやいのと言われて、電話をようやくガラ系からスマホに変えるつもり。なので、オカテッちゃんに釣りにいいいろいろなこと教えてもらいました。ヨッさんはガラ系で頑張るとのこと。ふふ。

6月 10, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

イノちゃんがカンダイ

Dsc_0612s
5月20日の四国磯連大会に参加していたイノちゃんから、「ブログネタ」がメールで届きました。当日は強風だったらしく、苦労して釣り上げたのが、82センチのコブダイ。

Dsc_0620s
場所は御五神の磯で、最近は釣れてないので客は少なかったとのこと。一緒行った斉藤さんは、小さなグレ1匹だけだったらしい。やっぱりこの時期は底物釣りの方が正解のようです。

残念ながら、私は不参加でした。しゃーないです。

6月 5, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

平成30年の新年会

Ycimg1091Ycimg1093
昨日、高松黒潮クラブの新年会が、高松市内の中華料理店でありました。参加者は11人と、まあまあの人数です。

私の席の近くにはオカテッちゃんと西脇さんがいたので、当然イカ釣りの話しになります。西脇さんはひとりでヤエン釣りを始めたらしい。そして、その秘伝を教えてくれたので、その方法を確かめたいと思います。ヤエンを沈めるタイミングと、イカが抱きに来た後に引っ張るときの竿の角度です。ふふ。

今年はサヨリ釣りに行けなかった宝山さんは、来年はサヨリ釣りに行くと宣言。楽しみです。また、熊ちゃんからは、脈釣りの誘いがありました。

ヨッさんは、私のラジオ出演を車の中で奥さんと一緒に聞いてくれて、「よかった」と褒めてくれました。私の「山ノ神」は家で聞いてくれたけど、「滑舌が悪かった」と散々でした。ふふ。

1月 8, 2018 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木)

宝山さんとお茶しました

Jcimg1046
昨日、同じクラブの宝山さんとお茶しました。我が家近くのスーパの駐車場にある喫茶店「元町コーヒー」です。ここは、内装がしっかりしているので、宝山さんは感心しきりです。ふふ。

今年はサヨリ釣りに2回しか行けなかったとのこと。釣果は20センチが2回で7匹。これでは「サヨリの宝山」の名誉称号が泣きます。1年間に25センチ超を1000匹以上釣ったことがあったが・・・。でも、今年は小さいのがたくさんいるので、サヨリ釣り仲間と「来年が楽しみ」と話しているとのこと。

宝山さんは今でも国立大学の講師をやっていて、「タイ人、ベトナム人、中国人の教え子が美人なんやあ」と写真を見せます。日本の企業文化も教えているらしい。

12月 21, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

石塚さんよりグレをいただきました

Ocimg0857
石塚さんからグレの塩焼きが届きました。我が家は現在リフォーム中のため、キッチンが使えない状態なので、わざわざ焼いたのをもってきてくれました。

おそらく高松市沖の女木(めぎ)島で釣ったもの。石塚さんは最近自転車でよく行っています。高松港まで自転車で10分。そこからフェリーに乗れば20分で着きます。

持ってきてくれたグレは、結構大きい。頭と尾びれを切り落としてこのサイズだから、おそらく30センチ近くあったはずです。ふふ。

先日も女木から帰ってくるときに出合ったが、グレが入れ食いだったと言っていた。最近のグレは30年前と違って、この時期でも全く臭みがない。

脂が適当に乗っていて、また、塩加減もいい感じだったので、おいしく食べました。ふふ。

11月 8, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

平成29年10月のクラブ飲み会

Pcimg0741Pcimg0742
5日は高松黒潮クラブの月に一度の飲み会。場所は3日前に「イシダイを食べる会」をした割烹「川照」。参加者は9人と多い。いつもは3人ごとに分けて写真を撮るが、試しに私が全員を写して見ました。これでも撮れることが分かりました。
シャッター係りの私が写っていないので、オカテッちゃんが撮ってくれます。ひとりじゃかわいそうということで、イノちゃんと西脇さんとの3人です。ふふ。

Pcimg0739Pcimg0743
最初にハマチとカンパチの刺身が出てきたが、端っこにイワシの刺身もあります。これが脂が乗っていて、浸けた醤油に脂が浮きます。まずいはずがない。イワシ刺身のお替りです。

そろそろアオリイカが少しだけ大きくなっているはずです。私の前にはヨッさん。その横にはオカテッちゃん。当然イカ釣行の話になります。釣ってきたイカでパーティをするという話。「捕らぬ狸の皮算用」です。

宴会の最後の方になってイカのてんぷらが出てきたが、柔らかくておいしい。そこで、またまたイカ釣行話の蒸し返しになります。ヨッさんは徳島県の牟岐大島の磯で良い思いをしたらしく、オカテッちゃん、三好君との計画確認をしています。

10月 11, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

「イシダイを食べる会」の開催

Qcimg0725Qcimg0728
私が宇和島市で釣ってきたイシダイ2匹とイシガキダイ1匹を食べる会を開催。魚は40センチもないので、少し量が少ないかなと思ったが、6~7人ならなんとかなるだろうと思いました。

そこで釣り場から、割烹「川照」の大将に電話をして宴会の場所取りをした後、順次高松黒潮クラブのメンバーに出欠の電話を入れました。全員が即答で「参加」。

この時期に私が釣るイシダイは、場所が養殖場近くのせいか、すごく脂が乗っていて超旨いと、クラブの中で評判なのです。宝山さんは、このイシダイを食べたいためだけにクラブに在籍すると公言しているくらい。クラブの例会でも、「イシダイを食べる会」のことが何度も話題になります。

結局、この日の参加は、予定していた人数の倍近い12人の大盛況。ふふ。

Qcimg0729Qcimg0730Qcimg0731

刺身とアラがまず出てきたが、予想通り脂が乗って旨い。割烹の大将も「今日の魚は脂が乗っていたので、料理する前から絶対に旨いと思ったわ」とうれしいことを言ってくれます。

12人の中で職が現役は3人。その人を除いて計算すると、平均年齢は70歳を軽く超えています。だから、話題の中心が健康になるのはしゃーないこと。だれもが一つや二つ、不具合があるのだから。

Qcimg0733
最後のほうになって、これも私が釣った小さいフエダイが空揚げになって出てきました。これも旨い。「旨い、旨いの連発会」になりました。

他にも、魚でない料理も出てきて、飲み放題でひとり2000円。こんな勘定で大丈夫なのかと心配になりました。最後に女将が大きな声で「魚は谷口さん提供なので安くなった」と叫んでくれます。ふふ。

さて、私がどのようにして釣りをしたかを、明日から順次書いて行きます。楽しみでしょ。ふふ。

10月 3, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

三豊市仁尾のケーソンで釣り(2)

Scimg0616
24日の日曜日、高松黒潮クラブと観音寺目示奈会の計8人が仁尾でチヌ狙いです。ケーソンに下りた私はひとり渡船の船着き場。他の3人は遠い岸寄りで竿を出しています。

カマスの大群がいることの報告がてらに、3人がいるところに行き、状況を聞きます。斉藤さんは25センチ級チヌを5匹釣っているが、イノちゃんと片ちゃんは私と同じようにサバと遊んでいるとのこと。しかし、足元を覗くと、私の釣り場にはいないエサトリがびっしりといます。

やっぱり私の釣り場にだけカマスがいるようで、エサトリは恐くて出てこれないようです。

Scimg0617

私の釣り場に戻って竿を出すと24センチのグレ。キープするには小さい。釣った魚を切り身にしてカマスを狙うつもりだったが、切り身にしてしまうのはかわいそうなサイズなのでリリース。

Scimg0618
その後釣れた23センチのサバを切り身にしてカマスを狙ったが、いつの間にかエサトリの大群が出てきています。ということは、カマスの群れがいなくなったようです。しゃーないなあ。

Scimg0622_2
しばらくして、再びエサトリが見えなくなったと思ったら、オキアミのエサでカマスが釣れました。ふふ。

その後も木っ葉グレやサバが釣れるが、肝心のチヌらしきアタリはないままで、納竿の午後1時半。

Scimg0628Scimg0631
港に戻ると、ケーソンに上がった人以外は全員がチヌを釣っています。大会ではないが検寸をすると、目示奈会の古川会長が45センチ、黒潮クラブの三好さんが44センチ。なかなかの良型です。

この日は風はなく、かんかん照りでもなくて釣り良い1日だった。
この日のことは、28日(木)の四国新聞にエッセイ「釣れたら もうけもの」として掲載予定です。

9月 26, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

三豊市仁尾のケーソンで釣り

Scimg0632Scimg0607Scimg0609
高松黒潮クラブ員5人と、観音寺目示奈会3人の8人が、三豊市仁尾の大蔦島周辺で釣りをした。先週の両クラブのチヌ釣り大会が台風で流れたリベンジです。ただ、大会ではなくて、希望者だけの釣りです。

私、猪子、片山、斉藤の4人はいつものケーソンに下り、その他の4人は磯に行きました。私は渡船の船着き場に陣取り、他の3人ははるか遠い岸寄りに行ってしまいました。

海を覗いて撒き餌をするが、エサトリが全くいません。この時期はエサトリがワンワンいてその対策に苦労するのだが、エサトリがいなくて釣りやすい。

すぐに釣れたのはサバ。31センチなので、引きが強くて楽しめたが、サバではねえ。だが、握ってみると太っていて脂が乗っている感じです。そこで頭を落として、内臓を出すと手がベトベトになります。おいしい魚の特徴です。ふふ。

サバの入れ食いです。だがほとんどは23センチ。これはパサパサ感なので、リリースです。

そのうち、サバが来なくなりました。それでもエサがすぐになくなります。エサトリは全く見えないのに不思議です。そこでエサトリ対策として買ってきたコーンでやってみます。

だが、コーンでもすぐになくなります。よく見ると残っているコーンにかじられた跡があります。こんなことをする魚を思いつきません。ベラ科とも思ったが、仕掛けを入れてすぐにエサがなくなるほどいるはずがありません。

Scimg0614
釣り始めて3時間。釣り船がやってきて、私が釣りをしているすぐ下に来ます。そして「魚探にカマスの大群がびっしりと映っている」といいます。そしてサビキの仕掛けを振り込むとすぐに2連。次も数秒もしないうちに釣れます。カマスの入れ食いです。カマスがいるとは思いつきませんでした。コーンをかじっていたのはカマスらしい。

9月 25, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

釣りクラブの飲み会(平成29年9月)

Ucimg0556Ucimg0559

昨日は、高松黒潮クラブの月例飲み会。参加者は8人。会場は割烹「川照」。ま、だいたいいつものメンバーばかりです。ふふ。

今日の料理はてんこ盛り。女将さんが私達のために、メニューを色々考えてくれます。まずは、シマアジの刺身。コリコリして甘みがあって、いかにも新鮮というのが分かります。釣り人ばかりだから、魚で噓はつけません。

Ucimg0552Ucimg0553Ucimg0561
他にも、タイミングを見ながら次から次に料理が出てきます。当然にアルコール量も増えますわ。そして、しゃべりも順調。ホラはないと思うけど、あったとしても、味付けのようなものです。

参加した8人のうちで、仕事現役バリバリは2人です。西脇さんは仕事の合間に釣りも行っているとのこと。驚いたのは、17日の日曜日に香川県西部の三豊市で予定しているチヌ釣り大会のため、瀬戸大橋の途中にある島で、ふかせ釣りを2回練習したと言います。気合が入っています。ふふ。

オカテッちゃんとは秋になったら、イカ狙いに行く予定。10月に入らないとイカが小さくてかわいそうです。私もぜひ参加の予定です。

イノちゃんは、私が教えてあげた本津川尻に行ったらしいのだが、堤防に上がる場所を間違えて、そこに上がるためにわざわざDIYの店ではしごを買ったと言います。子供でも上がれる場所があるのに、ちゃんと伝えてなかったのがよくなかった。申し訳ない。

9月 8, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

釣りクラブでビアガーデン(平成29年)

Wcimg0500Wcimg0493Wcimg0502
毎年8月第1週目の日曜日は、黒潮クラブのビアガーデンの日です。このときは釣り大会よりもはるかにたくさんの人が参加します。ふふ。場所は高松市内の丸亀町商店街のグリーンスペースにあるビアガーデン。

昨日の参加人数は家族を含めて21人。クラブ員の中には、年の一度のこの日しか会わない人もいます。ふふ。60歳はまだ若者。70才台は平均なんだから、釣り大会に参加しないのも分かります。だから、冷房が効いた部屋でのビアガーデンは最高。ビルの屋上のビアガーデンは年寄りには無理です。ふふ。

席が横長いので、全員と一緒に話しをするわけにいきません。個別です。小野ちゃんは9月にイイダコ釣りの船を出してくれる約束になりました。西脇さんは部長さんになったせいか、忙しくて釣りに行けてないとのこと。しゃーないです。

私の横に座った熊ちゃんは、脈釣りでケミホタルを付けることを勧めてくれた先生。だから、すぐに冗談でエラソーにいうので、わたしもそれを茶化して場が盛り上がるといういつものパターンです。

ヨッさんは先月御五神の磯夜釣りで、イサキを27匹と、入れ食いさせたらしい。私におすそ分けはなかったので、ちょっぴりイヤミをぶち込んでおきました。ふふ。

Wcimg0495_2
私の前に座った菅野さんは、この日のビアガーデンのためだけにわざわざ松山市からの参加。ま、それくらいクラブに魅力があるってことですわ。ホテルに泊まると言っていたけど、今朝から電車、高速バスとも不通で、夕方になって動き始めました。ま、何とかして帰ったと思います。若手の60歳代なんだから。ふふ。
オカテッちゃんは秋からは「ゼッタイに」イカ釣りを再開すると、意気込んでいる様な、いないような・・・。

8月 7, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

クラブの例会(平成29年6月)

Dzcimg0251Dzcimg0252
昨日は、高松黒潮クラブの例会です。参加者は8人。写真の左から三好さん、中田さん、斉藤さん、オカテッちゃん、イノちゃん、私、片ちゃん、ヨッさん。場所は割烹「川照」。

クラブは今年で45周年を迎えます。ということは、20歳で加入した人は65歳。そりゃあ、クラブ員の高齢化が進んでいるはずです。ふふ。

この45周年記念誌をイノちゃんがデザインしています。これまでのなつかしい写真が中心になりますが、最近の集合写真は今年の8月のビアガーデンで退会者にも声を掛けて撮影の予定です。いいアイデアでしょ。

ヨッさんがイカ釣りで磯での徹夜釣りをする人を募集したけど、だれも手を上げません。ふふ。オカテッちゃんは最近高松市郊外に釣り道具も置ける倉庫を買ったが、水道がないので釣り具を洗えないことを理由に、「釣行は秋まで無理」と叫びます。

私の前に座っている片ちゃんは「夏は暑いから・・・」。これには私も同感。とりあえずは6月11日の香川磯連の釣り大会での釣り場を決めかねています。

6月 2, 2017 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

クラブの例会(平成28年6月)

Gcimg3979Gcimg3980Gcimg3981昨日、高松黒潮クラブの例会に久しぶりに参加しました。すると、長い間出てきていなかった片ちゃんも半年振りに参加。

釣り友達との久しぶりの飲み会はやっぱり楽しい。菅野さんは引越しをした松山市からの日帰り参加。いくら例会が楽しいと言っても、松山市からの参加とはとても信じられませんわ。ふふ。

地元新聞社勤務の西脇さんが今年春の昇進したことを祝って、場が大いに盛り上がります。松山から参加してくれた菅野さんと、昇進した西脇さんには、私がダイワさんから個人的にもらっていた釣り帽子を進呈しました。

来週の香川磯連の大会参加は高松黒潮クラブからは3人。クラブ員は多いが、釣りクラブというより、飲みクラブの様相。これはクラブ員の高齢化などで仕方ないこと。ふふ。

私もしばらくは釣り大会に参加できそうにありません。近場でのチョコッと釣りを楽しむつもりです。

6月 3, 2016 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土)

黒潮クラブ員の集合写真

Rcimg3614高松黒潮クラブの飲み会を終えて帰る時に、カウンター席にいた小野ちゃんも入って全員集合写真を撮ることになりました。これは私からのお願いです。

今回は参加したメンバーが多く、また、毎月の飲み会で写真を撮るときはいつも半数ずつの写真になっています。どうも、一体感が出てきません。

そこで、こんなに多くの人数で集合写真を撮るチャンスは少ないという意味で、「これが最後になるかも知れん」というと、話題が高齢者話ばっかりだったこともあって、「不吉なことを言うな」といわれました。ふふ。

集合写真は店に来ていたお客さんにシャッターを押してもらいました。出来具合が心配でしたが、よく写っています。そして期待していた通りの一体感があります。

デジカメのお陰で写真を撮る機会はすごく多くなっていますが、こういう写真はなかなか意識していないと撮れません。今回は満足です。

3月 5, 2016 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

クラブの飲み会に外道とエサトリ(平成28年2月)

Ucimg3500Ucimg3502昨日は、高松黒潮クラブの飲み会でした。約束どおり讃州石鯛会の藤森さんと讃岐磯友会の秋和さんが参加してくれました。写真で私の左が藤森さん、右が秋和さんです。

本来のクラブ員でないので「アンタらは釣りで例えると外道や」というと、藤森さんが「私はエサトリ」というので、秋和さんは外道で藤森さんはエサトリと言うことになりました。ふふ。

このブログを毎日見ているせいで、クラブ員の名前もよく知ってくれています。藤森さんが「宝山さんって、本名か」と聞くので、宝山さんに名刺を上げるようにお願いしました。

いつもよりも人数が多くて、二人が入ってくれたことで話題が豊富になって大いに盛り上がりました。菅野さんが「毎月来てよ」とムチャ振りしています。

秋和さんが「今年は1年間で100魚種を釣るぞ」というので、「それは無理やろ」というと、「今年は1回の釣行で10魚種を釣った」と言いながらスマホで釣った魚の写真を見せてくれます。

そのスマホには磯での動画も入っていてイシダイ竿がガクーンと一気に舞い込むところが写っています。釣れたのは、この日秋和さんに名付けたとおりの外道でしたけど・・・。ふふ。

Ucimg3503この日は大いに盛り上がっていつもよりも1時間近く長くいました。カウンター席には小野ちゃんと飼い犬のベッキーが来ています。「不倫はしてないんか」と言ったら、小野ちゃんが「潔癖や」。何のことなんでしょうか。

2月 5, 2016 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

クラブの新年会(平成28年)

Ycimg3358昨日の夜、高松黒潮クラブの新年会がありました。参加者は9名とちょっと少な目。それでも新年会らしく昨年の事業報告や今年の計画などが承認されて、宴会開始です。

この会で私は会長を退き、イノちゃん(前列右から2人目)が新会長になりました。また、事務局長も斉藤さんから三好さん(後列右端)に交代です。私は会長を11年、斉藤さんは22年間もしていました。役員体制が若返りました。

会場は高松市内の中華料理店。飲み放題付きで5000円。料理もおいしく参加者に好評。特に最後に出てきた中華粥が湯葉を揚げたものを崩して入れてかき混ぜて食べたがおいしかった。

私の横の席の菅野さんが三好さんと今日サヨリ釣りに行くという話しをしていました。私は用事があるが、時間をずらせば行ける事に気が付いて合流することになりました。今年は海水温が高いので、サヨリもまだまだ釣れるはずです。30センチオーバーがバンバン釣れると期待しているが・・・、さて。

最高齢のイサちゃんはこの日も新年会が終わって帰るとき、「これからサンポート港に釣りに行くかも知れん」と元気です。

1月 11, 2016 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

熊ちゃんからナマズの箸置き

Dhcimg3183Dhcimg3187ヨッさんとのイカ釣りから帰って来た翌日、昔の同級生と熊ちゃんところで飲みました。そのとき、熊ちゃんから箸置きをいただきました。

熊ちゃんからはいつもお魚グッズをくれるので、釣ったイカをお返しのつもりで持っていったのに、またまたお魚グッズをくれて恐縮です。といいつつ、もらいっぱなしですけど・・・。ふふ。

今回もらった箸置きはナマズです。ナマズはその形がユーモラスで、心が和みます。それだけに箸置きになっているのも多い。

箸置きを自分で買うときの最大の選択要因は、それが何の魚の形かということ。私がまだ持っていない魚種のものだったら、100パーセント買います。

私が既にもっている魚種の場合、それがユーモラスだったら買う確率が高い。だから、フグとか、ナマズの箸置きは多くなっています。ふふ。

12月 17, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

片ちゃんからイイダコ

Dfcimg3218Dfcimg3220
釣りクラブの忘年会の時に、片ちゃんにイイダコが釣れたらちょーだい、とお願いしていました。忘年会の翌日、片ちゃんから電話で「港に着いたよ」。

そこで港に行くと片ちゃんが待ってくれています。「30匹ある」。メバル釣りをしていて、ちょっとだけイイダコ釣りをしたとのこと。それも「船頭と二人で釣ったのを全部持っていけ」といいます。

船頭が生簀に入れているイイダコを網ですくってくれます。ありがたいことです。ふふ。

Dfcimg3222家に帰ってから数を数えたら31匹。片ちゃんと船頭が数を数えていたらしい。30匹もあれば夫婦二人には多すぎます。そこで、半分を近くにいる石塚さんにおすそ分け。

前回もらったときも半分をおすそ分けしました。15匹もあれば夫婦二人だけだと1回では食べられないくらい十分な量です。軽く煮付けると柔らかくて実に旨かった。片ちゃん、ありがとう。ふふ。

12月 15, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

釣りクラブの平成27年忘年会

Dgcimg3213日曜日の夜、高松黒潮クラブの忘年会がありました。会場は熊ちゃんの紹介による串揚げの店の「暁」。忘年会出席は11人でした。

席に着くなり、宝山さんから「サヨリの報告がある」とのこと。ということは、今年は絶不調と言っていたサヨリ釣りが好調のようで、10月末までに161匹しか釣れてなかったが、11月以降好調でこの日時点で437匹になって、目標の400匹を超えたとのこと。ふふ。おめでとうございます。

私の前に座ったのが、イカ釣り名人の山田さん。これまでの釣った最高の数が28匹、2番目が27匹と圧倒的に数を誇っています。この数はなかなか抜けそうにありませんわ。

脈釣りの熊ちゃんから意外な言葉。「電気ウキでやってもおもしろいぞ」。確かにウキは脈釣りに比べて広く探れるので根が遠い場合いいかも知れません。今度、試してみることにしました。

宝山さんと山田さんはサヨリの話で盛り上がって、翌日もサヨリ釣りに行くと張り切っています。クラブ最長老のイサちゃんはこの忘年会が終わってからもサンポート高松港に釣りに行くと行ってさっさと帰りました。私にはまねが出来ません。

12月 8, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

片ちゃんから約束のイイダコ

Dqcimg2953_2片ちゃんから電話。「港に着いている。取りに来て」とのこと。先月の釣りクラブで飲んだとき、片ちゃんからイイダコ30匹をくれる約束になっていました。

Dqcimg2952港まで車で3分。行くと、片ちゃんと船頭の佐々木さんが待ってくれています。バケツの中にイイダコがはいっています。「その中から10匹を残して、全部持って帰っていい」。

10匹は、これも先月に約束した宝山さんにあげる予定らしい。そこで、私は約束の30匹だけをもらって、残りの25匹を宝山さん用に残しました。ふふ。宝山さんにはこの日の夜にあるクラブの集まりで渡すとのこと。

もらったイイダコ30匹の半分は近くにいる石塚さんにお裾分けしました。わが夫婦には15匹あれば十分です。早速「山の神」が煮付けにしましたが、柔らかくて旨い。

タコは煮すぎると固くなります。生煮え程度に軽く煮付けるのが柔らかくするコツです。そのとおりにおいしく煮付けています。ふふ。

片ちゃんには我が家の冷蔵庫に入れていたアオリイカを1匹進呈。すごく喜んでくれました。イイダコは現在、スーパーで1匹80円から100円程度の値段。30匹で2500円程度。

11月 6, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

「イシダイを食べる会」を今年も開催

Dscimg2879Dscimg2880イシダイとイシガキダイを3匹釣った翌日、これを食べる会をクラブ員で開催しました。会場は釣った魚を調理してくれる割烹「川照」。急だったが、7人が集まりました。

イシダイ、イシガキダイ、カンパチの刺身、アラの煮付け。2匹のカワハギは煮付けてくれました。釣り人としては、釣った魚を「旨い」と言ってくれるのがうれしい。

Dscimg2875宝山さんは「普通の人はこんなに旨い魚があることを知らないんや。クラブに入ってよかったわ」と参加者の中で一番喜んでいる割りには箸が進みません。ホントかどうか分からないが「遠慮しとるんや」とのこと。ふふ。

Dscimg2876しばらくして片ちゃんが船で釣ってきたというフグのてんぷらが出てきます。これがまた旨い。フグのてんぷらが食べ放題というのも、このクラブでないと食べられませんわ。

片ちゃんに今年のイイダコについて聞くと、「今年はよく釣れる」というので、今度釣ったときに30匹をお願いしました。ふふ。港まで取りに行くつもりです。

Dcimg1915私の横に座ったヨッさんは最近釣りに行ってないようだが、「クエを釣りたい」と意欲はあるようです。今年の5月に波止からクエの子供を釣ったことが忘れられないみたい。

ま、クエは無理としてもイカ釣りのシーズンになってきました。久しぶりに飲み会に出てきたオカテッちゃんとも相談して行く予定。ふふ。

10月 30, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

宝山さんとサヨリ釣り

Ecimg2726_23人で夜釣りに行った翌日、宝山(ほうざん)さんと、高松市西部の垂水(たるみ)港にサヨリ釣りに行きました。先日私がここで30センチ前後を5匹釣った場所です。

私が案内したので、ちょっと責任と不安があります。宝山さんが「30センチがウヨウヨいるんだろ」と圧力を掛けてくるので、ますます不安です。ふふ。

しかし、2投目で私に33センチの良型が釣れたので、宝山さんは「これなら30センチが40匹は固い」の発言が飛び出します。私も、そこそこ釣れると思いましたわ。

ところが、その後はアタリがさっぱりありません。30分後にやっと私が1匹を追加。自称、他称サヨリ釣り名人の宝山さんは、ちょっとだがあせっているのが分かります。

Ecimg2728しかし、やっと宝山さんにも33センチが釣れたので、ここに良型のサヨリがいるということは納得してくれました。ただ、「ウヨウヨ」はいませんん。

それから1時間半、二人とも全くアタリがありません。そこで、先日宝山さんが小型だが43匹を釣った場所に移動することにしました。

さて、そこでは釣れたのでしょうか。

10月 10, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

3人で夜釣りに行きました(2)

Ecimg2710同じ釣りクラブの菅野さんと高松市西部の港で脈釣りをしています。菅野さんは始めての脈釣りで、小さいがメバルを釣りました。

私にもポツリ、ポツリとメバルが釣れるが、全てリリースサイズ。しばらくして菅野さんから「釣れた」と言うので見に行くと、21cmの良型メバルです。菅野さんは興奮しています。「なかなか上がらなかった」。脈釣り用の竿なので、当然です。写真を撮ると、「もっと大きいイメージで撮って」というので、再度撮り直してメバルが大きく写るようにしました。ふふ。

Ecimg2714その後、西脇さんが合流です。活きエビを使っての電気ウキ釣りです。なかなか釣れなかったが、港の外で釣ったとメバルを見せてくれます。これで、3人に釣れてちょっとほっとしました。

風はますます強くなってきました。菅野さんは午後10時の電車に乗らないといけないので、9時過ぎに納竿です。私は全部でミニサイズを入れて10匹のメバル、菅野さんも数匹、遅れてきた西脇さんも3匹。この日の最大メバルは菅野さんが釣った21センチ。

菅野さんが「ビギナーズラックでしょうか」と聞いてきたので「もちろん」と答えてしまいました。「アンタのウデじゃあ」と言ってあげればよかった。

10月 9, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

3人で夜釣りに行きました

Ecimg2725同じ釣りクラブの西脇さん、菅野さんと3人で夜釣りに行くことになりました。まず、弘法大師が生まれた善通寺市から電車で1時間を掛けてやってくる菅野さんを高松駅まで迎えに行きました。

釣り場に行く途中に西脇さんに電話すると、「まだ、会社」。サラリーマンはご苦労様です。ふふ。そこで、菅野さんと2人だけで、高松市西部の弦打(つるうち)港に行きました。

風がビュービューと吹いています。予想外の展開です。今日の目標はとりあえず、脈釣りが初めての菅野さんに1匹を釣ってもらうこと。この風では、私自身が自信なし。

当初予定していた場所は、風で竿を出せそうにないので、波止の先端にある灯台の影で竿を出しました。すぐにリリースサイズですが、メバルが釣れました。

こんな強風の中でメバルが釣れたことが不思議。「メバル凪」の格言に反しています。ま、何事も例外のないものは無しと言うことでしょうか。

Ecimg2707しばらくして私にキープサイズ。菅野さんに献上します。しばらくして、私と少し離れて竿を出していた菅野さんから「釣れたあ」の声。見に行くと小さいメバルを釣っています。

菅野さんにとっては、小さいが初めての脈釣り釣果です。「魚は小さいが、竿が柔らかいので引きが予想以上だった」とちょっと興奮気味に話します。

10月 8, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会(2)

Jcimg259520日に、高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会。私はフグばっかり13匹。でも、怠けずに頑張った結果なので、「悔いは無し」といいたいけど、やっぱりなあ。

すぐ近くの磯に上がっていた目示奈会の古川会長も「フグばっかり」と言っていたので、私が釣れなかったのはあながちウデのせいではなかったということにしてください。ふふ。

Jcimg2600ケーソンに上がっていた人たちが港に最後に帰ってきます。40センチを釣った人がいるらしい。

Jcimg260140センチを釣っていたのは熊ちゃん。去年の大会も優勝しています。それも、波止の上で寝ていてむっくりと起きた後に釣ったというのも、昨年と一緒。ここのチヌは寝てからでないと釣れないらしい。

Jcimg2598_2磯に上がっていた人もチヌを釣っていた人がいたが、ケーソンのほうが方が型がいい。結果的に優勝は熊ちゃん。3位、4位も斉藤さん、ヨッさんと高松黒潮クラブでケーソンに上がっていた人が、今回の賞金占めに近い。

9月 23, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

高松黒潮クラブと観音寺目示奈会のチヌ釣り大会

Jcimg2582_2シルバーウィーク真っ盛りの20日に、高松黒潮クラブと観音寺目示奈会の2クラブチヌ釣り大会が、香川県西部の三豊市仁尾でありました。

ここには港を出て直ぐの大きなケーソンと蔦島周辺にたくさんの磯があります。私はいつもこの大会ではケーソンに上がるが、今回は磯で釣りをすることにしました。

Jcimg2586下りた磯は「マメ」。太平洋や宇和海の磯のような荒々しさはないが、磯の雰囲気はなかなかいい感じ。この周辺で磯に下りたのは初めてなので、写真を撮りまくりました。ふふ。

Jcimg2587アタリはあるが、すぐに餌がとられます。よーく見ると、スズメダイの大群です。いろいろやってやっと釣れたのがフグ。しゃーないなあ。

Jcimg2591その後も、フグ、フグ、フグ。釣れたらフグ。ふふふのフグ。水汲みバケツに入れます。しばらくたって逃がそうとつかんだら、指の皮を噛みきられて血が出てきます。フグにとっては当たり前の行動。怒るわけにはいきませんわ。

フグでも釣れたら、数を数えます。どうしようもない性分。昼前に丁度10匹。10匹と釣り日誌に書いたらテキトーに10匹と思うかもしれないのでせめて11匹にしたい。

Jcimg2589そう思っていると11匹目が釣れたので、記念撮影。フグも記念魚になったのがうれしそうに暴れます。

9月 22, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

来年からクラブの会長を交代

Ncimg2473_3Ncimg2474_2
木曜日にあったクラブの集まりで、私は会長を退くことを皆に伝えました。私は今年、70才。磯釣りには限界年齢です。もちろん今後もどんどん磯に行くつもりです。

しかし、私の体力不足でクラブ員に迷惑をかけることは出来ません。いろいろあったが、最終的に猪子ちゃんが会長をして、三好さんが将来の会長就任含みで事務局長を務めてくれることになりました。

役員の中でもう一つ大事な役割の会計は片ちゃんが引き続いてやってくれることになり、これも一安心です。ふふ。

香川県磯釣り連盟のクラブの中で、高松黒潮クラブは最大人数のクラブです。今後もクラブだけでなく、香川県の磯釣りクラブ全体、他県の磯釣り団体との連携なども大切な役割です。これも、今後の新体制にお願いすることになります。

私は会長を10年間したが、クラブ員がずっと支えてくれました。感謝です。今後ともわがクラブをよろしくお願いします。

9月 5, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 4日 (金)

クラブの10人が集合(平成27年9月)

Ncimg2473_2Ncimg2474Ncimg2476昨日、高松黒潮クラブがいつもの割烹「友釣」に集合。その人数が10人と、最近にしては大人数になりました。ふふ。来れる人は全員が揃った感じです。

宝山さんがいると、どうしてもサヨリ釣りの話しになります。今年になってからまだ一度もサヨリ釣りに行っていないとのこと。行っても、鉛筆サヨリサイズしかいないとのこと。

それを聞いた店主の勇ちゃんが、「鉛筆サヨリはタチウオのエサにいいので、釣ってきてよー。冷凍しておくから」。宝山さんは鉛筆サヨリは釣りに行く気がせんなあ、とつれない返事。ふふ。

Ncimg2472宝山さんが持ってきたどぶろくが、どんどん飲まれていきます。アルコール度数17度と私には高めだが、甘みがあっておいしい。

西脇さん、菅野さんとは脈釣りの話。三人全員が行く気が満々なのだが、私の事情でちょっと待ってもらうことになりました。しょーがないです。

途中で、香川磯連会長の古川さんから電話。20日に予定している2つのクラブのチヌ釣り大会の進め方。いつも古川さんのクラブ、観音寺目示奈会におんぶに抱っこの感じになっています。ふふ。

9月 4, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

一応、「師匠」と呼んでください(2)

Ucimg2314_2西脇さんと弦打木材港で脈釣りをしています。西脇さんには早く1匹を釣ってほしいと思っていたが、暗くなってから小さいがメバルを釣りました。よかった。

その後、私にはアタリがありません。西脇さんもアタリがなかったら楽しくないだろうなあと心配していたら、「入れ食いやあ」と意外な答え。「エーッ」。5匹釣ったが、1匹だけキープしたとのこと。15センチくらいのメバルをレジ袋に入れています。そして、言葉の節々に脈釣りの楽しさが伝わってきます。.

Ucimg2318Ucimg2320
「向こうのほうは入れ食いです」と言うので、私も場所を移動します。すると、ホントに入れ食いです。8回仕掛けを振り込んで5匹が釣れました。

そのサイズはぎりぎりのキープではなく、ぎりぎりのリリースサイズ。これからの時間は脈釣りがもっと楽しくなるはず。

ところが30分ほど前からお腹が痛くなって釣りに集中できません。そこで私は残念ながらギブアップ。竿は西脇さんにしばらく使ってもらうことにして、私は帰ることにしました。

そのことをいいに行くと、西脇さんは「いいのが釣れた」と見せてくれます。20センチ級のメバルを釣っていて、文句なしのキープサイズです。西脇さんは脈釣りの楽しさを知ったようです。

7月 15, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

一応、「師匠」と呼んでください

Ucimg2309一人で我が家から車で10分ほどの弦打(つるうち)木材港で脈釣りをしたとき、アタリがよくあったのでこれなら初めての人でも釣れると思い、翌日の日曜日に西脇さんに電話で誘いました。「行く」とのこと。ふふ。

今月の初めにクラブで飲み会があったときの約束です。一緒に行くことになっていた菅野さんは17日まで仕事の関係で「行けない」と聞いていたので、とりあえず西脇さんと二人で行きました。

午後7時集合。まだ、明るい。西脇さんには、私の7メートルのメバル竿と仕掛け一式を使ってもらうことにします。西脇さんは「5メートルのチヌ竿1号でする」と言っていたが、脈釣りは長い竿が圧倒的に有利です。

Ucimg2308Ucimg2314
メバルは暗くなってからが勝負です。それまでにはまだ1時間近くあります。釣れてもカサゴだろうと思っていたが、小さなメバルが釣れました。

脈釣りは実際に魚を掛けないとその醍醐味が分かりません。小さくてもいいから、早く西脇さんに釣ってほしい。そう思っていたら、すっかり暗くなってから西脇さんが近づいてきます。

私には全然アタリがないので、「アタリがないなあ」と声をかけると、「釣れたあ」とのこと。小さいメバルを手に持っています。リリースサイズだが、1匹でも釣れてよかった。

7月 14, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

釣りクラブ員の集合

Ycimg2186Ycimg2189
昨日、高松黒潮クラブのメンバーが、いつもの会場割烹「友釣」に集まりました。この日は人数が多くて、大将の勇ちゃんまで入れると全員で9人にもなりました。写真の左から菅野さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、山本さん、片ちゃん、私、西脇さん。

この日の話題は8月に予定しているビアガーデン。家族が参加するイベントです。とは言っても、楽しみは山本さんの家族。去年も参加して物怖じしない3歳の息子に私達は翻弄されました。今年も参加するとのこと。ふふ。

この写真を撮り終えると、片ちゃんはそそくさとカウンター席に移動します。当然理由があります。ふふ。

Ycimg2194カウンター席にいたのは、長い間私達のクラブと交流がある「姫」(写真では奥の女性)。片ちゃんはこのために宇和海で釣ったイサキを持ってきていて大将のイサちゃんに特別料理をお願いしていました。

菅野さんとの脈釣り約束が気になっていたので、その話しをしていると横にいた西脇さんも行きたいとのこと。潮と仕事と天気を見て調整して行くことになりました。

7月 3, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

熊ちゃんからまたまたお魚グッズ

Ctcimg1988釣りクラブの飲み会で開始時刻より早く会場の割烹「友釣」に着いたのでカウンター席に座って生ビールを飲んでいると、ちょっと遅れて片ちゃんがやってきました。

私の横に座るなり、カバンをゴソゴソと探って、赤いものつまんで私にそれを突き出します。「熊ちゃんからのプレゼント」といいながら・・・。ふふ。

キンギョの箸置きのようです。片ちゃんが「150円や」と教えてくれます。私がお魚グッズの整理するときに値段も記録しているのを知っていて、買ったときの値段を教えてくれたのです。

釣りクラブの飲み会は木曜日で、割烹をしている熊ちゃんは参加することが出来ないので、いつも片ちゃんにことづけてくれます。片ちゃんと熊ちゃんは二人でリサイクルショップによく行っているらしいのです。

お魚グッズの整理簿には入手経路も記載しているので、今度たくさんある熊ちゃんからのお魚グッズがどれだけあるのか数えてみることにします。ふふ。

6月 11, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

高松黒潮クラブの6月飲み会

Ctcimg1989Ctcimg1991
昨日、高松黒潮クラブのメンバー7人が集まりました。先月は4人しかいなかったので、ほぼ倍増。ふふ。

このブログをいつも見てくれている人のために、今回はメンバー紹介。写真の左から最若手の山本さん、昨年入会の菅野さん、デザイナーのイノちゃん、クラブ事務局長の斉藤さん、写真が代わって左から若手の三好さん、クラブ会計の片ちゃん、私です。

山本さんはイシダイを釣りたいと去年にクラブ加入して、2回目の釣行で小さいが念願のイシダイを釣って鼻高々です。クラブ員からは「2回目で釣らしたのは早すぎた」という声が多い。ふふ。

Ctcimg1994飲み会が始まる前にイサちゃんが毎週行っているサンポート高松港の釣況をきくと「さっぱり」とのこと。ときたまセイゴやハネが釣れているだけでメバルはさっぱりとのこと。

なので、メバルの時期は終わったのかと思っていたら、飲み会が始まって片ちゃんに聞くと「メバルが釣れ過ぎ。昨日も70匹は釣れた」と言います。船釣りでは最盛期のようです。

6月 5, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

高松黒潮クラブの集まり

Ecimg1859Ecimg1857
昨日は、月に一度のクラブ例会でした。いつもの割烹「友釣」に集まったのは4人と少な目。

話題の一つは3日に香川県西部であった香川磯連のチヌ釣り大会の成績。例年に比べてたくさん釣れていて、イノちゃんも45センチを釣ったとのこと。クラブは違うが50センチ以上が2匹も出たとのこと。

もう一つの話題は前日に船でメバル釣りに行った片ちゃんとイノちゃんの話。大きいのが釣れていて、イノちゃんは25センチ以上が11匹で、全体では30匹くらい釣れたらしい。この時期のメバルはおいしいのです。ふふ。

Ecimg1860Ecimg1854
そこで今日も船釣りに行くという片ちゃんに、「釣れたら港まで取りに行くから頂戴」とお願い。間違いなくくれるはずです。25センチ以下は持って帰らないと言うので、それをもらうことにしました。ふふ。

宴会が終わって帰りに大将のイサちゃんに毎週釣りに行っているサンポートの状況を聞くと、「よくない」とのこと。そういえばこの日の料理に出てきたメバルとガシラはてっきりイサちゃんが釣ったのかと思ったら、魚屋で買ってきたと言ってました。ふふ。

5月 8, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

宝山さんに・・・

Mcimg1697宝山さんと会ったとき、私のブログを本にしたものを贈呈しました。ふふ。ブログは半年ごとに本にしていますが、贈呈したのは平成21年の7月から12月までの下期分です。

過去のブログ本10数冊の中から、宝山さんの写真が最も掲載されているものを探して、この本にしました。宝山さんが「欲しい」と言ったわけではありません。

私は最近ブログネタに困っているので、「本をあげるからブログネタにするのを了解して・・・」とお願いしました。ふふ。

平成21年と言えば、私が6月に会社をリタイアした年で、その直後からのブログと言うことになります。当然毎日が日曜日になった幸せが最高のときです。

宝山さんはこの翌日から孫に会うためにしばらく家を留守にするということで、いいタイミングでした。

4月 5, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

神戸の野上さんからお魚グッズ

Mcimg1686神戸在住の野上さんからA4サイズが入るレターパックが届きました。品名欄に「お魚グッズ」と書いているのでえらくバカでかいお魚グッズを送ってくれたのかと思いました。

Mcimg1688中にあったのはマグネット。イタリアのシチリアのタオルミーナという街で2月4日に買ったとのこと。3ユーロ。シチリアに行っていたとはうらやましい。なんで大きな封筒で送ってくれたのかと思ったら、絵葉書が入っていて、それが買った街の風景でした。

こういう絵葉書のような風景を見ると、「ここだとどんな魚が釣れるのか」と考えてしまいます。熱帯魚はいない感じですな。どちらかと言うと日本と似た感じの魚が・・・。

ま、外国の観光地で釣り仕掛けを振り回していたら逮捕されるかもしれないので気をつけないといけません・・・。

4月 1, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月31日 (火)

ヨッさんに「関西のつり」4月号を贈呈

Mcimg1671私が毎月投稿している「関西のつり」は出版社から毎月「掲載」として送ってくれます。4月号は「掲載」のほかに同じものが「贈呈」としておくってくれました。

4月号に掲載の私のエッセイはヨッさんが2キロのアオリイカをくれたことを書いてヨッさんの写真も掲載しています。そこで、ヨッさんとオカテッちゃんが遊びに来てくれたときにヨッさんに1冊あげました。

ヨッさんは「これでわしのことを書いた本が10冊近くなったわあ」と喜んでくれました。ふふ。

私が現在投稿しているエッセイ「なんだって釣れればうれしい」は書き始めて既に3年半になります。原稿料をもらっているので、出版社の役に立っているのかいつも気になっています。ふふ。

四国の本屋ではこの雑誌を置いている店が少なくなっている気がしますが、もし本屋で見つければ手に取って見ていただけるとうれしい。もちろん買ってほしい。ふふ。

3月 31, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

黒潮クラブの集まり

Scimg1506Scimg1508
昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバー8人が集まりました。写真の7人と割烹「友釣」の大将のイサちゃんです。

イカを釣りに行く計画がヨッさんと出来ているので、その出発日を決めました。ヨッさんは沖ノ島でのグレ釣りとのセットでイカ釣りにこだわる感じだったが、沖ノ島に行くには2日釣りにしないと磯の優先権がないのでいい磯に上がれません。

それにヨッさんの友達も一緒に行くことにして、今回はイカ釣りオンリーでいくことになりました。西脇さんも休暇が取れれば一緒に行くことになって、ちょっとだけだが、盛り上がりましたわ。ふふ。

クラブ員若手の三好さんが会社で昇進して事業所の所長になったそうで、その話を聞いてサラリーマン時代のことを思い出しました。知った人が昇進するとうれしい。

話は変わるが、デザイナーのイノちゃんは最近急に忙しくなってきているとのこと。景気がよくなってきているのを実感しているらしい。久しぶりにいい話です。仕事が忙しくなってタダでお願いしている西日本磯釣り協議会の総会資料のデザインが遅れないか心配。ふふ。

2月 6, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月)

クラブの新年会(平成27年)

Wcimg1410昨日の夜、高松黒潮クラブの新年会でした。参加者は10人。カンちゃんが久しぶりの参加です。場所は高松市の常盤商店街に近い中国酒家。

この店は初めてですが、ふかひれスープに始まって最後のスィーツまでのフルコースに飲み放題で6000円は安い。料理はどれもおいしくてすべて平らげたので、家に帰って体重計に乗ると1.5キロも太っていました。ふふ。

酒の席での話しというと、近くの席の人になります。前の席のイサちゃんにはサンポート高松港での釣り情報。残念ながら「年末から風邪を引いていけてない」とのこと。80歳を越えているので体が大切。

斜め前の熊ちゃんとは昨年行けなかった探り釣りに今年は行こうということになりました。サラリーマン時代は1年間に200日も探り釣りをしていたので釣り場に詳しく、今度新しい釣り場を教えてくれることになりました。

横の席のカンちゃんはクラブの大物賞サイズのイシダイを昨年は63センチと52センチの2匹を釣っていて意気軒昂です。私もがんばらなくっちゃあ。

遠い席の宝山さんは昨年のサヨリ匹数が合計で390匹で目標の500匹に達成できなかったとのこと。昨年はサヨリが絶不調なのは衆知のことなので仕方がないなあ。

1月 12, 2015 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

熊ちゃんがナイフをくれました

Drcimg115211月末にリタイアした会社の同期会忘年会がありました。その後、一人で熊ちゃんの店に寄りました。久しぶりです。
帰る間際にナイフをくれました。「釣った魚をシメるのにいいだろ」と。そして刃の部分をぐるぐる巻きにして渡してくれました。長い間使って何回も研いだことで刃渡りがすごく短くなっています。
現在のところ、私が使っているいくつかの釣りバッグにはすべてナイフを入れているので、これはしばらく在庫になる予定。ふふ。

私が使っているナイフはすぐに錆びてしまいます。釣りから帰ってきたときに一応は水で洗うのだが、もともとザッとした性分のせいか、よく洗えていないことが多いのです。
だから、釣りに行くときは必ず錆があるかどうかチェックすることにしています。

12月 15, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

クラブの忘年会(平成26年)

Dmcimg1188Dmcimg1189日曜日の夜、高松黒潮クラブの忘年会が割烹「活(かつ)」で行われました。参加者14名。この店は熊ちゃんの紹介。瀬戸内の魚がメインだけど、大将が「釣りをする人ばかりだから、釣れない魚の鮟鱇鍋にした」とうれしい気遣いです。
アン肝も当然付いています。私と同じ鍋をつつくことになった三好さんと菅野さんは肝をタレにするといったが、私は自分の1個を鍋に放り込んで煮ることに・・・。
Dmcimg1185だが、その肝を三好さんが鍋からとっているのを菅野さんがみつけてくれて危うくセーフ。取り戻しましたわ。ふふ。

火曜日からヨッさん、オカテッちゃんと出かけることになっているアオリイカ釣りに山田さんも誘ったが、体調不安のため「しばらくは釣りに行かん」とのこと。高知県の室戸岬に一人で行って体調が悪くなったとのこと。82歳なんだから、無理してはいけません。ふふ。

2次会のスナックはイノちゃんが「どうしても行かないといかん店がある」と言うので9人で行きました。ふふ。ここでは釣りとは関係ない話。老人の話しを西脇さん、三好さん、菅野さんのクラブの若い人に聞いてもらって・・・。

12月 9, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

熊ちゃんから毛糸のお魚

Drcimg1149熊ちゃんから「イカはお魚グッズになるのか」と聞くので、「イカ、タコ、カニはお魚グッズにしている」というと、「それなら・・・」と出してきました。
Drcimg1150それが写真のお魚グッズです。毛糸で作ったイカです。これまで1200個以上のお魚グッズがありますが、毛糸で作ったお魚グッズは初めて。ふふ。
「こういう珍しいのがうれしいんや」と受け取りました。こういう珍しいお魚グッズをもらうとお酒がうまい。別の場所での忘年会の後だったのだが・・・。

最近、我が家で晩酌をすることはありません。リタイアすると、外で飲むこともほとんどなくなりました。年に十数回程度です。だから、酒を飲むのはいつも久しぶりの感じです。
だからかどうか、酒に酔うのが早い。生ビールをジョッキ1杯でほろ酔い。2杯で仕上がり。3杯になると翌日の朝まで残る感じがします。情け無いっちゃ情け無い。ま、老人がこんなことで頑張ることもないか。ふふ。

12月 5, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

また、熊ちゃんからかわいいお魚グッズ

Ncimg0729Ncimg07389月に高松黒潮クラブのメンバーが集まったとき、一番に着いた私がカウンターでいると、あとから入ってきた片ちゃんが「熊ちゃんからの預かり物がある」といいます。
渡してくれたのが耳かき。先に小さなお魚が付いています。よく見るとサメです。小さいのでかわいいが、サメがかわいいというのも変だし・・・。

熊ちゃんは自分の割烹があるので平日に集まるクラブの飲み会に参加できません。だからいつも熊ちゃんの店によく行っている片ちゃんに預けてくれるのです。

熊ちゃんの店は日曜日に休みなので、日曜日のチヌ釣り大会には店を閉めた後、寝ないで大会に参加します。そしていつも上位入賞します。

10月 8, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

イイダコ釣りが・・・

Gcimg0885昨日は小野ちゃんの船でイイダコ狙い。だが、家を出ると風が強いので、ちょっと心配。予定通り、高松駅に菅野さんを迎えに行って、船着き場に近いところの宝山さんとの待ち合わせ場所に行くと、既に待っています。
小野ちゃんとの約束では午前9時に出港。だが、風が強くて船を出せません。しかし、天気予報では午前10時過ぎに一時弱まるとのことだったので、しばらく港で様子を見ることにしました。
Gcimg0886_2写真は風が弱まるのをぼや~~~んと待っているところ。ただ単に待っているだけなのですることがありません。それでも折角来たのだから、待ちます。小野ちゃんも出船のためにバッテリーを充電してくるなど、準備万端です。ふふ。

1時間半待ちました。一瞬風が弱まるときもあって、「行けるかも」と思うとすぐに強い風が出てきてがっかり。短気の釣りキチとしては1時間半もぼんやりと待ったのですから、「頑張った」というべきです。
小野ちゃんの船でのイイダコ釣りはあきらめて、3人でサヨリ釣りに行くことにしました。一旦、宝山さんの家によって、仕掛けとエサをとりに行きました。
高松市庵治町の波止でサヨリ狙い。菅野さんはサヨリ釣りが二回目で、1回目は鉛筆サヨリしか釣っていないということです。
Gcimg08881投目に宝山さんが釣ります。さすがサヨリ釣り名人。ふふ。さて、菅野さんにサヨリが釣れたのでしょうか。

明日に続く。

10月 5, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

高松黒潮クラブの10月例会

Hcimg0878Hcimg0879
昨日、高松市の田町商店街に近い割烹「友釣」で、高松黒潮クラブの10月例会。参加者は割烹大将のイサちゃんをいれて9人。最近としては多い人数。
早速、サヨリ釣り名人の宝山さんと、クラブ新人でサヨリ釣り名人に先月から会いたいと言っていた菅野さんのご対面。宝山さんに聞くと、「今年のサヨリは絶不調」とのこと。この日も12匹しか釣れず、その中で30センチに近いのはたったの2匹とのこと。「こんな状況なので、菅野さんと行くのは来年じゃあ」と予防線を張っていました。
片ちゃんに最近の船釣り状況を聞くと、「イイダコが絶好調」とのことで、早速船を持っている小野ちゃんに電話。土曜日に風がなければ宝山さん、菅野さんと乗せてもらうことになりました。ふふ。

去年も小野ちゃんの船で2回イイダコ釣りに乗せてもらいました。イイダコは釣れているときはホントに入れ食いで楽しい釣りです。潮の関係で明日出港できなければ2週間後になってしまいます。
Hcimg0883話が盛り上がったせいか、実家がある松山市から直行してきた菅野さんがカバンをゴソゴソと探って取り出したトマトのゼリーをくれました。酒が入ると魔がさしたんでしょうなあ。折角松山から持ってきたものをもらってしまいました。ふふ。

10月 3, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

熊ちゃんからスプーンのお魚グッズ

Ycimg0412高松黒潮クラブのメンバーで酒を飲んだとき、片ちゃんからお魚グッズをもらいました。熊ちゃんからのプレゼントだと言います。
スプーンの4枚セットで、何故か包装紙の中に葉脈だけの葉っぱが入っています。スプーンは手で持つところがお魚の形になっています。
お魚グッズで多いものの中に食事用品があります。最も多いのが箸置き。スプーンもいくつか持っていますが、これはチトめずらしい。

木製の手作りで丁寧に作られています。そして何よりもうれしいのはタイ製品。これは熊ちゃんがリサイクル店で買ったらしいのだが、誰がどこで入手して、リサイクル店に買われたのか、気になります。
200円の値札がついているけど、もともとの値段はいくらだったんでしょうか。ま、1000円はしたと思うけど・・・。

7月 14, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

高松黒潮クラブのダブル入賞

Ycimg0409Ycimg0410
昨日はいつもの割烹「友釣」で高松黒潮クラブの酒宴。集まったのは6人。大将のイサちゃんをいれると7人の参加ということになります。
仕事の関係で遅れてきた西脇さんがサヨリ釣りの話。30センチ級を8匹釣ったというので、私もそろそろサヨリ釣りを一度行ってみたくなりました。クラブでのこういう話は役に立ちます。
そして今度、イノちゃん、西脇さんらと宇和島方面で夜釣りを計画することになりました。夏の磯は灼熱地獄。夜は涼しいが老人には危ないことだらけ。どこに行くかは検討中。

Ycimg0411先月あった香川県磯釣り連盟の大会で高松黒潮クラブから三好さんがグレの部で3位、斉藤さんが他魚の部で3位のダブル入賞。
そのときの賞金を預かっていたのでこの場でお渡ししました。こんなダブル入賞は滅多にないことだから、写真に撮れといわれてハイ、バチリ。しゃーないなあ。

7月 4, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

高松黒潮クラブのメンバーが集合

Cpcimg0181Cpcimg0184
昨日の夜、高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。写真の左から、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、私、片ちゃん、山本さんの6人。
先月初めてイシダイ釣りをした山本さんに、あちらこちらから「磯は恐いんぞ」の体験話がしばらく続きます。「大きな波がいきなりドバーッとくるんぞ」。それでも山本さんはめげずにイシダイ釣りを続けるときっぱり。ふふ。
写真を撮るのを忘れていて1時間以上経ってからあわてて撮りました。片ちゃんは膝が痛くて長い間座っていられないとかでカウンター席に移動していたけど写真には顔を出してくれます。

宝山さんのサヨリ釣り状況も聞かなくてはいけません。今年の目標は500匹と言っていたので、「今日現在で何匹つれた?」と聞いたが、国会答弁のようにのらりくらりで要領を得ません。
何度も同じ質問をして、今年はまだサヨリ釣りに行っていないことが分かりました。隣に座っている山本さんに手帳を見せて「サヨリの一夜干しをこの人たちに送らんといかんのじゃあ。20人やから500匹でも足らん。600匹は要る」とあせっています。頑張ってください。ふふ。

6月 6, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

熊ちゃんからお魚フィギュア

Hcimg9820 Hcimg9824 高松黒潮クラブのメンバーが割烹「友釣」に集まったとき、片ちゃんからお魚フィギャアをくれました。熊ちゃんからの預かりものです。
リサイクル店で買ったらしく50円の値札がついています。このお魚は水鉄砲かと思ったが、そうではなく、単なるお魚。それにしては恐い顔をしています。なんで、こんなフィギャアなのか分かりません。
家に帰ってから袋から出してよく見ました。背びれと胸びれが少しだけ動くようになっているが、それだけのこと。「変な魚」としか思えません。ところがもっとよく見ると・・・。

小さい字で「ディズニー」と書いています。どうもディズニーのキャラクターらしいのでインターネットで調べました。ふふ。
すると映画「ファイティング・ニモ」に出でくるキャラクターで、歯医者の水槽に住むリーダーの「ギル」と分かりました。それでこんな恐い顔の魚だということが理解できました。でも50円で売られてしまったというのもねえ。

4月 17, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

磯でわずか2時間半の釣り(3)

Gcimg9847 Gcimg9850 愛媛県愛南町の磯でチヌ狙い。竿を出して30分で50センチオーバーのチヌが釣れたので、さっさと磯を上がってオカテッちゃんと会うことにしました。ふふ。
渡船場で船頭立会いのもとで釣ったチヌをメジャーで測って見ます。メジャーを下に置いた実寸では52.2センチ、メジャーを魚の上に置いて身体にそって測ると54センチを越えています。ふふ。
家に帰るまでには身が縮むので魚拓寸でどうなるか分かりませんが、楽しみです。ふふ。
Gcimg9852この後、オカテッちゃんとの待ち合わせ場所の道の駅に行くと、オカテッちゃんはすでに来ています。釣ったイカは既に内蔵を出しています。手際の良さにはあきれるほどです。

Gcimg9853 ファミレスに行って午前10時半から二人でブランチ。そのときオカテッちゃんの手が墨で黒くなっていて汚い。オカテッちゃんはその黒さをイカ釣り師の勲章みたいに思っていて、「写真に撮れ」といいます。ふふ。
この後、二人で活きアジを買いに行き、オカテッちゃんはゴムボート釣りに戻り、私は50キロ離れた高知県大月町に行きました。午後1時から8時半までアタリは一度もないまま納竿となりました。オカテッちゃんは翌日の午前中まで釣りをして3日間で8匹とのことでした。

4月 11, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

磯でわずか2時間半の釣り(2)

Gcimg9832 Gcimg9836 ジャッジャジャーン。愛媛県愛南町の磯で竿を出して30分。エサトリがいません。潮がいい感じで流れます。
そして最初に釣れたのがエサトリでなくてチヌ。掛けたときはそんなに引きが強くないのでせいぜい45センチぐらいと思ったが、海面に浮き上がってきたのはでかい。ひょっとすると50センチを越えています。ふふ。
一発で玉網に入り、メジャーを当ててみると50センチは確実に越えています。ふふふふふふ。笑いが止まりません。
Gcimg9842_250センチ越えのチヌが釣れたので、もういい。いい型のカサゴが釣れたのが、ご愛嬌の感じ。オカテッちゃんに電話すると、エサの活きアジが少なくなっているので、一度陸に上がるというので、どこかで会うことになりました。

Gcimg9845_2 Gcimg9847 そこで船頭に電話をして迎えに来てもらいました。「えーっ、もう上がるのか。そりゃあ、かまわんが・・・」と不思議感がいっぱいです。
磯は港を出てすぐのところで、船頭が「チヌならここがいい」とあげてくれたところです。でもまあ、船頭も50センチオーバーのチヌがそんなに簡単には釣れないと思っていたようで・・・。でも釣れちゃったのです。まあ、ウデです。釣ったらどうにでもいえるのが釣りの世界。

明日に続く・・・。

4月 10, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

釣りクラブの酒宴

Scimg9558_2 Scimg9559 Scimg9560 昨日は南国四国の高松市でも雪が舞っていました。だから高松黒潮クラブの酒宴もあまり人が集まらないと思っていましたが、会場の割烹「友釣」のマスターを入れて8人が集合。
この日の最大の話題はなんと言っても若い人がクラブに加入してくれたこと。30歳の山本さんです。これでクラブ員の平均年齢が一挙に2歳も若くなりました。ふふ。
釣りクラブへの加入はたいてい何度か一緒釣りに行ってからするものですが、山本さんは一度も釣りに行かずに加入です。1月の新年会に初めて会って・・・。

この後、久しぶりに「二次会に行こう」というイノちゃんと一緒に行くことになったが、場所が分からず、電話番号も分からず、店の名前もはっきりしないというので、山本さんを入れて3人がうろうろ。
コンピューター関係の会社を起業している山本さんが検索して行ったが、そこはその店が以前にあった場所で真っ暗。場所を変わったらしい。そこからぶらぶらしていて偶然に見つかりました。ふふ。

2月 7, 2014 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

熊ちゃんからブッククリップをいただきました

Bucimg9096ずいぶん前のことですが、熊ちゃんからかわいらしいお魚の形をしたブッククリップをもらったのを忘れていました。本にはさんだとき、お魚の部分が外に出るのでカバンに入れて持ち歩くには不向きかも。
若い時に本に挟む栞(しおり)を集めていたことがあります。たいていは細長い形のものがほとんどですが、中には中の図案にあわせて切り抜いたものもあったりして楽しいものがありました。
これを集めることにしたのは、栞がその時代の文化を表すものだと気が付いたから。栞は挟んでいる本の内容を端的にあらわしています。

数百枚を集めましたが、それを見ていると、時代の文化を研究するにはこんな数では到底ダメで、数千枚、数万枚を集めないといけないということがわかりました。
そこで集めていたものを全部捨てました。ま、もともとお金が掛かっているものでないのでよかったが、中には漫画の主人公の形に切られている変わったものもあったので、惜しい気がしないでもなかったが・・・。ま、ガラクタ収集だから、よかったんじゃない。

12月 17, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

熊ちゃんから鯛の石鹸

Bucimg9097先月末、京都大学のときの友人、川上君が歩き遍路の途中に台風にあったおかげで、遍路を中断したので、熊ちゃんの店で二人で飲みました。
そのとき、熊ちゃんが2個のお魚グッズをくれましたが、その後で「これを忘れとったがあ」ともう一個くれました。
大きな箱にマダイの絵があるのでお魚グッズということはすぐわかりましたが、何のお魚グッズか分かりません。熊ちゃんが「石鹸や」。ふふ。

Bucimg9098_2家に帰ってから中身を出すと箱に描かれたのと同じ大きさの石鹸が出てきましたので、笑ってしまいました。こんなに大きな石鹸ってどないして使ったらいいのか。笑うしかありませんわ。
石鹸のお魚グッズは初めてです。なので超うれしいのです。こんな商品を作ろうと考えた人に感謝。結婚式の引き出物なんかなあ。

11月 12, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

高松黒潮クラブのメンバーが割烹「友釣」に

Bscimg9209Bscimg9208木曜日に香川磯連の会長会があった日は、高松黒潮クラブも集まる日だったので、会長会の後、急いで割烹「友釣」行きました。
8時近くになっていたので皆はすでに酒で出来上がっています。片ちゃんは部屋から出てカウンター席にいます。理由不明だが、大きな声です。
いつものように宝山さんから今年のサヨリ釣果報告。513匹を釣って500匹目標を達成したとのこと。おめでとうございます。
ただ、宝山さんの機嫌がもう一つです。どうやら目標設定をさせられて無理をしたせいで、風邪を引いたと言います。そして「お前のせいや」と・・・。「どうせなら目標を700匹に引き上げたらどうか」といったら、「やだ、やだ」とのこと。

Bscimg9206三好さんがうれしそうに竿を見せます。ヨッさんから電話で「尾長の竿を三好君にやる」と聞いていた竿に違いありません。10万円の竿です。クラブの中では若手ナンバーワンの三好さんだから、ヨッさんが持っていても使わないというのであげたらしい。
高松黒潮クラブにいると、たまーにこんないいこともあります。ふふ。私もイシダイ釣りを始める時にカンちゃんや他の人からも竿をくれました。是非、このクラブに入ってみませんか。
横に座っていた猪子さんからはイシダイのお礼。宇和海で釣ってきたイシダイをこの日の朝に持って行ってあげたのを昼飯に半身を刺身、残りを塩焼きにして食べたらしい。脂が乗っておいしかったとのお礼です。
クラブに入っていると、おいしい魚のやり取りもあります。高松黒潮クラブに入りませんか。その気になったら、このブログにコメントください。貴方の釣り世界が広がりますよ。ふふ。

11月 10, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

高松黒潮クラブの面々

Fcimg8934Fcimg8935
木曜日の夜、高松黒潮クラブの6人がいつもの割烹「友釣」に集まりました。写真の左から、イノちゃん、斉藤さん、片ちゃん、私、西脇さん、宝山さん。
この日の話題は「今年は湧いている」といわれるイイダコ。この前片ちゃんから150匹をいただきました。イイダコを釣るのは楽しいが、問題はその後。墨を取らないといけないし、ヌメリを取るのが一苦労です。
ヌメリの取り方について、イノちゃんから「冷凍しておけば、解凍すると水洗いで簡単に取れる」という話。片ちゃんからは「熱湯に一瞬でも浸ければ簡単に取れる」という話。イイダコ釣り師はいろいろ苦労しているようです。ふふ。

私がもらったイイダコが冷凍庫にたくさん入っています。これを宝山さんと西脇さんに献上する約束をしました。墨をとっているし、ある程度のヌメリも取っているのを献上です。昔の水呑み百姓の搾取みたいなものです。
「今度4人でアオリイカ釣りに行くことになっている」というと、「今度はイカの天ぷらパーティをしよう」と私の釣果は皆のものという殿様ぶりですわ。ふふ。しゃーないなあ。
宝山さんから今年のサヨリ目標500匹に向けて現在161匹。11月中旬には達成可能宣言がありました。頑張ってください。

10月 5, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

イイダコをいただきました

Hcimg8867金曜日の昼過ぎに片ちゃんから電話。「船が港に入ったから・・・」。遊漁船で釣りに行っていて、イイダコを港まで取りに来いという意味です。
前日に皆が集まって、私が宇和海で釣ってきたイシダイを食べた時に、片ちゃんから「今年はイイダコが湧いている」というので、「釣れたら頂戴」とお願いしていました。
Hcimg8866我が家から港まで自転車で3分。遊漁船着き場に行くと、乗っていた客がイイダコの墨取りを一生懸命にしています。片ちゃんは150匹ぐらい釣れていました。
これを全部私にくれました。そして「ありがとう」を連発します。「もらってくれたので、料理をする手間がいらなくなった」と言います。ふふ。もちろん私も「ありがとう」を連発。

Hcimg8870全部はいらないので、一部を近所の石塚さんにおすそ分けしました。家に帰ってから、ヌメリ取りと墨取りに約1時間。大量のイイダコです。
この半分以上を冷凍庫に入れ、残りをさっとゆでて醤油をかけて夕食のおかず。湯で加減が良くて柔らかい。贅沢です。

9月 29, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

「おいしいイシダイを食べる会」

Hcimg8853Hcimg8856愛媛県宇和海の一文字波止で釣ったイシダイは、釣行前からクラブ員が集まって食べることになっていました。約束どおり釣れたので、高松市内の割烹「川照」に、クラブ員が集まりました。写真の左から、イノちゃんの奥さん、イノちゃん、片ちゃん、宝山さん、私です。
ここのイシダイは去年もクラブ員が集まって食べましたが、好評に次ぐ好評でした。今回もホントにおいしいのかちょっと心配だったけど、脂がのりにのっています。
Hcimg8849Hcimg8851マスターが煮付け、塩焼き、皮の煮付け、アラ炊きにしてくれました。どれも脂が乗っていておいしいと好評です。
イノちゃんは「イシダイを釣ってくると事前に言って、ホントに釣ってくるのはすごい」と言ってくれるし、宝山さんは「こんなにおいしい魚を食べられて、このクラブに入ってホントによかった」と褒めちぎりです。
釣ってきた魚をおいしいと言って食べてくれる人がいるのは釣りキチにとってうれしいことです。ふふ。

Hcimg8859小野ちゃんも愛犬のベッキーと一緒に別のグループでやってきたので、おすそ分けしました。小野ちゃんが持っている船で今年は大量に湧いているイイダコ釣りのお誘いがありました。
Hcimg8860その後、「町内会の会合があるので来れない」と言っていたヨッさんが遅れてやってきました。
この日の昼ごろに山田さんから愛媛県の島でアオリイカ釣りの誘いがあったことを告げると、オカテッちゃんにも電話して、4人で行くことになりました。こういう話は進むのが早い。全員がリタイア組みなので、天気を見ながら日取り設定です。ふふ。

9月 28, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月19日 (木)

早朝からサヨリ釣り(2)

Kcimg8768Kcimg8769宝山さんと高松市西部でサヨリ狙いをしたが、流れが速い上に太陽が正面にあって釣りずらいので、高松市を横断して牟礼(むれ)町の波止に1時間を掛けて移動しました。
ここは宝山さんのポイントです。先客が二人いましたが、釣れてないようです。しかし潮はとろとろと流れていていい感じです。最初に釣れたのは私。

その後は二人ともパラリパラリと釣れますが入れ食いにはなりません。だが、ゆったりとした時間が流れて気分がいい。サヨリがよく釣れているときは20人の釣り人が並ぶと聞いたが、今日は人も少ないのがいい。
Kcimg8770宝山さんから梨の差し入れです。「奥さんが作ったのですか」と聞くと、ドヤ顔をして「うん」の返事。我が家では考えられません。ふふ。

Kcimg8774私は山の神が車を使うというので、午後2時までには帰ると約束しています。午前11時半に納竿にしました。宝山さんまだ少し釣りをするといいます。
私の釣果は26センチ~30センチを10匹。早速一夜干しにしました。腹の中には脂肪がはいっていて旨そうです。10匹あれば5日分の朝食になります。ふふ。
宝山さんから夕方にメールで「釣果は12匹」だったとのこと。

9月 19, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

早朝からサヨリ釣り

Kcimg8763今日、宝山さんとサヨリ釣りに行きました。ずいぶん前から「一緒にサヨリ釣りに行こう」と言っていたのが、やっと実現しました。
午前6時に我が家近くのコンビニで待ち合わせだったが、5時半には合流して車で5分ほどの香西港に行きました。年寄りは朝が早い。それに短気の釣りキチだから、30分も前に集合して午前6時には竿を出していました。しばらくして真正面の屋島から太陽が出てきます。

この太陽のおかげでまぶしくてウキが見えません。それに流れが速くてウキがどんどん流れるので釣りづらい。それでも、この場所を選んだのは私の責任なので宝山さんに何とか釣って欲しい。
Kcimg8765その気持ちが通じたのか、宝山さんがサヨリを釣ります。

Kcimg8766だが、その後は全くアタリがありません。宝山さんがこの場所の常連さんらしい人に聞くと、「あと、1時間半は流れが止まらない」とのこと。
釣り始めて1時間半後の午前7時半には、ここでの釣りをあきらめて、場所変えをすることにしました。宝山さんがよく行く牟礼町の波止です。高松市中心部をを西から東に横断しないといけないので1時間掛かります。

9月 18, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 6日 (金)

高松黒潮クラブのメンバーが集合

Mcimg8683Mcimg8685
昨日の木曜日、高松黒潮クラブのメンバー6人が集合です。写真左から、西脇さん、宝山さん、イノちゃん、斉藤さん、片ちゃん、私です。あと、集合場所の割烹「友釣」大将のイサちゃんもクラブ員。
9月になったのでそろそろサヨリ釣りのシーズンです。去年1000匹を達成した宝山さんに話を向けると「1000匹は無理」の即答。だが、その後で「500匹なら簡単」と、ついポロリ。
なので、全員で宝山さんの目標を「500匹とする」ことに決議しました。去年の体験から「目標は絶対に決めない」と言っていたのに、どういう心境の変化なんでしょうか。ふふ。ま、クラブ員が乗せるのが上手。

長い間磯釣りに行っていないイノちゃんが「宇和島市の一文字の波止なら行く」というので、急遽、9月下旬に「宇和島一文字波止でイシダイとグレをバンバン釣るツアー」が決行されることになりました。
ここのイシダイの味が絶品なのは、去年の釣果で証明済みです。もし釣れたら、その後の「イシダイ食べまくり会」も楽しみです。

9月 6, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

ビアガーデン(平成25年)

Scimg8531  日曜日の夕方、高松黒潮クラブのメンバーが商店街にあるビアガーデンに行きました。参加者はクラブの奥さんが参加した人も入れて全員で13名。
Scimg8532料金を集めるときに、宝山さんが「確か、65歳以上は3000円のはず」と言います。通常は4000円。年寄りはたくさん食べられないのですから合理的料金です。参加者13名のうち、65歳以上が何と9人も。笑っちまったけど、クラブの高齢化が深刻ですわ。

この日の話題は私の周りに宝山さんと山田さんがいたのでサヨリ釣りの話になりました。ハリに付ける刺し餌のいいのが震災後は手に入らなくなったと言います。山田さんは小さいオキアミを5パーセント塩水に一昼夜つけて硬くした物を使っているとのこと。

最近の昼間はどうしようもなく暑いので、沖なら涼しいかもと、宝山さんを誘うと「行く」とのことで、毎日のように船釣りに行っている片ちゃんにお願いしました。すると即座に「今週は潮が速いのでダメ」との答え。潮が分かっています。
そこで来週の天気を見ていくことになりました。さて、どういうことになるのやら。

8月 6, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

釣りクラブのメンバー集合

Ycimg8347昨日は高松黒潮クラブのメンバーが勇(いさ)チャンの割烹「友釣」に集まりました。猪ちゃんと宝山さんは所用で、三好さんは出張で、ヨッさんは行方不明で欠席。というわけで、今回は4人だけとなりました。
クラブでは毎年8月の第一日曜日にビアガーデンにいくことにしています。どこの場所にするかで約30分。3箇所ぐらいの候補で出席予定者のアンケートをとるということでまとまりかけたが、「えーい、面倒くさい」ということで、3箇所の中から商店街の中に新しくオープンしたところに決めました。
家族参加もありということで毎年やっていますが、私は「山の神」を連れて行ったことがありません。
ま、お見せするほどのものではないのです。

この後は先月の香川磯連の大会でイシダイの部3位の43.1センチを釣った西脇さんの話で盛り上がりました。彼は磯で初めての釣りでのことで、絵に描いたようにビギナーズラック。
ここは強調しておかなくてはいけません。本人はきっと「釣ったのはウデ」と思っているだろうから・・・・。磯釣りはそんなに甘くないのですぞ。
Ycimg8350帰りにカウンター席にいたお客さんも釣りをすると聞いたので、写真を撮って私のブログ名を書いた名刺をちゃっかりと渡しました。ふふ。

7月 5, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

クラブ員の熊ちゃんの店で

Bicimg8231Bicimg8234高松黒潮クラブの熊ちゃんの店に行きました。開店直後だったので忙しくしています。そしてくれたのがハゼの形をした箸置きセットです。5個入っています。

「本日のお勧め」は苦手な刺身系なので、私が注文したのはブタ肉のお好み焼きと、ハラミの焼肉、そして新メニューにしたと言うスペイン風オムレツ。どれも旨い。

しばらくしてやってきたのが片ちゃん。この店で夕食を食べることが多いのだが、熊ちゃんに聞くと片ちゃんが来る時間は7時20分ぐらいと言うので、それまで待てんとおもっていたら、7時前にきました。ふふ。

Bicimg8229Bicimg8228カウンター席の私の横に座った片ちゃんがまず注文したのがキュウセンの三杯酢。出てきたのはメスのキュウセンの三杯酢が3匹。

「ベラの三杯酢はメスのほうが旨いんやあ」。他の地域ではキュウセンを食べるところは少ないが、香川県ではキュウセンがスーパーで普通に売られています。

特にオスは青ベラとして値段がメスの倍近くする高級魚。なのに、片ちゃんはメスのほうが骨が柔らかいので旨いのだと言う。そして尻尾に近い半分は骨ごと口に入れます。そして頭に近いほうは骨が固いとかで中骨を食べません。ま、ベラの食べ方名人のようです。ふふ。


6月 13, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

ヨッ、イシダイ釣り名人(3)

Bjcimg8220日曜日にあった香川磯連の大会です。西脇さんは初めての磯釣りでイサキ数匹と40センチを越えるイシダイを釣って、意気揚々だったが、磯からの帰りに船酔いでダウン。

Bjcimg8227私はイシダイ2匹とイシガキダイ3匹が釣れたが、どれも小さい。足元の水深は5メートルしかなく、もっと水深があるところが見つかってこれからだと思った時に、うねりのために撤収となりました。

磯から港に着いたのが午前10時過ぎ。大会の審査時刻は午後2時からなので4時間もあります。私と西脇さん以外は審査に出せるサイズを釣っていないのでそのまま帰ってしまいましたが、西脇さんのイシダイは入賞の可能性があるので、待つことにしました。

つづく・・・。

Bjcimg8224Bjcimg8225午後2時になって審査会場に行きました。すでに50センチオーバーが出ていますが、それ以外は32センチ。なので、西脇さんのイシダイを審査に提出しました。43.1センチ。

結果としてイシダイの部で3位に入賞です。絵に描いたようなビギナーズラックでした。今後彼に会ったら、「ヨッ、イシダイ名人」といわないといけません。

Bjcimg8226Bicimg8232そして事務局長の前川さんが「魚を釣っている人で最年長の人」ということで私が選ばれて、大きな箱の賞をもらいました。家に帰ってから箱を開けると電動の按摩器。老人扱いしやがって、と思ったが、「山の神」が毎日喜んで使っています。ふふ。

6月 12, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

ヨッ、イシダイ釣り名人

Bjcimg8200昨日の日曜日は香川磯連主催の釣り大会でした。私は磯釣りが初めてになる西脇さんと二人で出発。高知県四万十町の釣具店で西脇さんが使うオキアミとアミエビを購入。

宿毛市で私が使うウニを買うために港に到着したのが午後7時。するとこのウニ売り場を教えてくれた秋ヤンが座り込んで一生懸命に作業をしています。「ウニの棘を切っりょるやあ」とのこと。

Bjcimg8199ここで棘を切っておくと、磯に上がってから楽なのは分かるが、ウニが弱ってしまうのじゃないかと思いました。すると、秋ヤン「この方がウニの棘同士で傷つけないので、かえって長持ちする」と言います。

「そんな大事なこと、もっと早く教えろよ」。で、私もここでウニの棘切り。西脇さんが手伝ってくれます。ふふ。

つづく・・・。

Bjcimg8202翌日の大会は、愛媛県愛南町の武者泊に行きました。高松黒潮クラブの6人とススムさんの合計7人グループになるので、渡船の中では優先順位が1番になるはずです。武者泊の渡船システムは予約人数が多い順に磯を選択できるのです。

沖に出て集まった4隻の渡船同士でのじゃんけんは斉藤さんが心理学を利用した丸秘のじゃんけん勝利術を使ってこの日も勝利。で、7人全員が一級磯のアブセに上がりました。

この日の天気予報は曇りのはずだったのに、朝から本降りです。磯が始めての西脇さんは合羽を持ってきてないと言うので、寒さしのぎにフリースを貸してあげました。

Bjcimg8206私は1投目から30センチ弱のイシガキダイ。私以外は全員が上物釣りです。西脇さんには三好さんに隣で磯釣りのイロハを教えてもらうようにお願いしています。

さて、これからどんな釣りドラマが展開されるか、楽しみでしょ。
明日に続く、です。

6月 10, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

釣りクラブ、6月の飲み会

Bkcimg8197Bkcimg8198昨日、高松黒潮クラブの7人が高松市内の割烹「友釣」に集合。写真の左から、オカテッちゃん、宝山さん、三好さん、斉藤さん、片ちゃん、ヨッさん、私。それに店主のイサちゃんも入れて8人です。

オカテッちゃんは久しぶりの参加で、ビールをがばがば飲んでいます。一時は体調不良とかでノンアルコールばっかり飲んでいたのに、「もう、ええんや」とのこと。

今週の日曜日は香川磯連大会と西日本磯協大会の2つの大会が同時開催の予定です。斉藤さんと片ちゃん、ヨッさんと三好さん、私と西脇さんの3組みが別々に愛媛県宇和海の渡船に集合することになりました。それぞれが事情で出発時間が異なるからです。
ヨッさんと三好さんは大会参加の前日にアオリイカ釣りをするために午前5時出発。うらやましい。

宴会の最後のほうになって、「生まれ変わったら現在の奥さんと再び一緒になるか」という話になりました。
現在の奥さんと再び一緒になると答えたのは3人。絶対にならんと答えたのが3人、半々と答えたのが1人でした。

誰がどういう答えを言ったかはプライバシーの極秘事項です。奥さんに聞いたら7人全員が同じ人とは結婚しないと言うのは間違いないと思います。ま、飲んだ席でのたわいない話題です。ふふ。

6月 7, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

熊ちゃんがまたまた珍品。

Gcimg7774 ある会合での立食パーティの後、熊ちゃんのお好み約居酒屋「くるみ本店」に行きました。カウンターに座るとすぐにたい焼きのようなものをくれます。

お魚グッズということはわかりましたが、使い方が分かりません。読者の皆さんも写真を見ただけでは分からないと思います。触るとブヨブヨした感じで中に液体が入っています。

説明書きを読むとカイロです。もむと発熱して熱くなるのは使い捨てのカイロと同じですが、これは使い捨てではなく何度も熱くなると書いています。

ただ、一度発熱すると中の液体が固くなってしまうので、お湯につけて置いて液体になるとまた使えるということです。最初に使うときは分離しているものを混合させて発熱させるらしい。

だから二度目に使うときはすぐに発熱をする状態になるので、意味があるのかなあ。ふふ。でもまさかカイロのお魚グッズがあるとは思いませんでした。熊ちゃん、ありがとうございます。

5月 25, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

香川磯連のチヌ釣り大会(平成25年春)

Brcimg8061     昨日の日曜日に、香川県西部の旧仁尾町の磯で香川磯連のチヌ釣り大会がありました。高松黒潮クラブの4人は足場がいいケーソンです。写真で椅子に座っているのが片ちゃん、悪いことをした覚えがないのに後ろ側で立たされているのが左から私、熊ちゃん、斉藤さん。

Brcimg8051Brcimg8055私と片ちゃんは船着場に、熊ちゃんと斉藤さんはずーーっと離れた場所で釣り開始。例年通り、エサトリがワンサカといます。 しばらくして、熊ちゃんが釣ったらしい。

Brcimg8050Brcimg8059私にも釣れたけど33センチと小さい。斉藤さんも釣りました。納竿間際に片ちゃんも釣って1匹ずつと思っていたら、最後の最後に熊ちゃんが1匹を追加。4人で5匹とパッとしませんが、天気はいいし、風はないし、楽しい釣りでした。

Brcimg8067 Brcimg8069 釣り大会の優勝は43センチの高木さん。あまり大きいのは出なかったようです。ケーソンの4人組みからは入賞が出来ないサイズでした。

最後に参加者全員で記念撮影。最前列にいたら、「前列は入賞者の席やから、アンタは後ろ」と言われてしまいましたわ。ふふ。

5月 13, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

高松黒潮クラブのメンバーが集合

Bucimg8002 Bucimg8004 昨日、いつもの割烹「友釣」に高松黒潮クラブのメンバーが集まりました。集まったのは7人ですが、割烹のマスターのイサちゃんもクラブ員なので、全員で8人。写真の左から、三好さん、宝山さん、斉藤さん、イノちゃん、片ちゃん、私、西脇さんです。

私の横に座った西脇さんから先週電話があって、私がチヌ釣りに行った日にイカ釣りに一人でいくと言っていたので、その結果を聞きました。

徳島県南に行って、7回アタリがあって、取れたのは1匹。一昨日も徳島県南の違う場所に行って何度もアタリがあり、2キロをゲットしたとのこと。

これまで徳島県は芳しくないと聞いていたので、意外でした。徳島県南には香川県からだと3時間くらいで行け、高知県大月町の半分の時間でいけます。残り少なくなってきたイカシーズンは徳島県に行ってみようと思いました。

西脇さんはこれまで磯釣りをしたことがないが、6月にある香川県磯釣り連盟の大会で磯釣りデビューをすることになりました。私も楽しみです。

Bucimg8012 宝山さんからはサヨリ釣りの誘いがあったので、スケジュール調整をするつもり。
この日はカウンター席も含めて満員。花岡さん(写真右)と小野ちゃん(写真左)の顔を久しぶりに見ました。

5月 3, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

熊ちゃんからのプレゼントを忘れていたと言います

Gcimg7776 Gcimg7782 高松黒潮クラブの酒飲み会で、片ちゃんがカバンからお魚グッズを取り出します。熊ちゃんから預かっていたけど、忘れていたとのこと。「1ヶ月前の飲み会のときに渡そうと思っていたけど・・・」。ということは熊ちゃんからずいぶん前に預かっていたらしい。ま、食べ物でないので腐るわけでないのでいいか。

もらったのはいいが、使い方がもう一つはっきりしません。たぶん栓抜きのようです。ふふ。

整理が済んでないお魚グッズがどんどん増えています。「勤めをリタイアしたのだから、自由な時間がいくらでもあるだろ」と自分でも思うのだが・・・。ま、自由な時間の使い方なんでしょうかねえ。

最近時間を最も多くとられているのが・・・、と考えたがよく分かりません。釣り雑誌「関西のつり」への投稿エッセイの執筆、西日本釣り協議会の機関誌「潮目」への投稿文は時間がとられるが至福の時間でもあるので、誰にも文句は言えません。

とは言っても、お魚グッズの整理をして早くおかないと、展示会のチャンスがあっても逃してしまうことになります。齢がいくと若いときには苦痛でなかったこまごまとしたことが嫌になります。アンタも齢を取ると分かりますわ。ふふ。

4月 27, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

釣りクラブのメンバー5人集合

Gcimg7779 Gcimg7780 昨日、高松黒潮クラブのいつものメンバー5人が、いつもの割烹「友釣」に集まりました。この時期なので、釣果の話はありません。

社員教育論を説く宝山さんの話がおもしろい。それはいいのだが、私に向かって「お前ぐらい得した人生はない」といちゃもんをつけるので困ってしまいます。ふふ。

私が愛媛県宇和島市方面によく釣りに行くのが、「自分勝手で、自由気ままで、やりたい放題の人生」に見えるらしいのです。

この会の後、イノちゃんが珍しく「飲みに行こう」というので、二人だけで二次会に行きました。この齢になると、カラオケを歌うわけでもなく、ホットウィスキーと焼酎のお湯割りをちびちびと舐めながらの話です。

面白かったのは、イノちゃんが若いときに世界ポスターコンクールで入選をしたとき、13カ国からデザインの依頼があったのに雑誌編集の仕事が忙しくて受けられなかったという話。もし、本格的に各国からのデザインの仕事を受けていたら、もっと違った人生になったかも・・・、とのこと。あらためてイノちゃんのデザインの力を知りました。

4月 5, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

高松黒潮クラブの月例会です

Lcimg7622 Lcimg7624 Lcimg7625 Lcimg7619 Lcimg7620 木曜日に高松黒潮クラブの6人がいつもの割烹「友釣」に集まりました。最初に出てきた料理のしめ鯖がムチャ旨い。幸せになります。

宝山さんが孫に会いにアメリカのヒューストンに行っていたので、全員がそのアメリカ土産を手に持って記念撮影です。西脇さんは仕事の関係で遅れてきたので一人で記念撮影。

最近は全員が笑顔を作るのが上手になりました。せっかくの酒席なので楽しそうな雰囲気に撮りたいが、自然の笑顔になるのが難しい人もいました。そこで「りーー」と言いながら撮るといいというので、全員が「りーー」。

西脇さんとは今月末に、高知県西部か、愛媛県宇和海のどちらかにチヌとアオリイカ釣りに行く予定になっています。できれば西脇さんには磯釣りの初デビューになればと期待しているけど・・・。

いつも参加のヨッさんは一人で高知県大月町にイカ釣りに行っているので欠席。電話で聞くと、前日の夜に1匹、この日の朝に1匹の釣果とのこと。相変わらず元気なようです。

3月 9, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

飛ぶイカ

Qcimg7458 北海道大学が海面から出て飛んでいるイカの連続撮影に成功したというニュースが流れました。イカが飛ぶとは知りませんでした。

このニュースが流れた日、イノちゃんと宝山さんと高松市内の商店街を歩いていて、飛んでるイカを発見。アーケードの下に光るイカが泳いでいます。飲みに行く途中でしたが、早速記念撮影。というか私のこのブログ用に撮影。ふふ。

飲み会の席で、イノちゃんに毎年お願いしている「香川の大物釣魚ギネス」のデザインをお願いしました。

平成25年版です。昨年の記録更新の申請数がたくさんあって、これまで二つ折りだけでは入らないような気がします。なので、これまでと違う形を考えてくれるそうです。楽しみです。

これからデータを整理して、ある釣り具メーカーに印刷代の協賛にお願いに行く予定です。さて、さて・・・。

2月 22, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

高松黒潮クラブのメンバーが集まりました

Qcimg7457 Qcimg7455 高松黒潮クラブのメンバー5人が、いつもの割烹「友釣」に集まりました。今日のメイン料理はおでん鍋。鍋に山盛りになっていたが、ほとんど食べつくして写真を撮ったので、情けないことになっています。ふふ。

メンバーの写真を撮ったが、無表情で楽しそうでありません。そのことを告げると、イノちゃんが「りーと言うたらええ」というので、「りー」と言って写真を取り直しました。

右端の片ちゃんはなんか勘違いをしているようで・・・・。斉藤さんが持っているバッカンは、去年の秋にあった四国磯連の大会でイサキ・アイゴの部で4位になった賞品。

ところで今日得た知識のナンバーワンは、「イイダコのヌメリ取り方法」。通常は塩を使うが、米ヌカを使うと身が固くならなくてよい、とのこと。片ちゃんが最近試してみてすごく良かったといいいます。

以前このブログに「讃岐富士」さんがコメントで違う方法を書いてくれました。まず熱湯に5秒ほど入れた後冷水に浸してからやると簡単にヌメリが取れる、という方法。この方法もよさそうです。ま、イイダコのヌメリ取りに釣り師が四苦八苦しているということでしょうか。

宝山さんは今月中旬に「去年生まれた孫に会いにアメリカに行く」と張り切っています。私の孫もアメリカなので、宝山さんの楽しみが分かります。ふふ。

2月 9, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

熊ちゃんからお魚の骨

Xcimg7300 同じクラブの熊ちゃんからお魚の骨の形をしたグッズをいただきました。お魚グッズに間違いはないのですが、その利用方法が分かりません。

骨の下が小皿状態なので、小物を置くような気がしますが自信がありません。骨には小物のアクセサリーをひっかけて置いておくもののような気がします。

商品名を書いていないので、使い方を推測するしかないのですが、何なんでしょうか。もらって悩むって、変でしょ。

私は集めたお魚グッズを整理するときに、商品名、金額、素材、入手場所、入手年月日を記録しています。商品名というのは、例えば箸置きとか、ストラップとか、使い道のことです。

もらった物の使い方が分からないと整理するときに困ります。分からなければ、単なる「置物」になるのですが、「魚の骨の形をした置物」はねえ。

1月 15, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

熊ちゃんからお魚グッズをもらう

Xcimg7299 高松黒潮クラブの新年会があったとき、熊ちゃんが会場に入ってくるなり「これ」とレジ袋を渡してくれます。札束を「これ」と渡してくれる仲ではないので、お魚グッズのはずです。ふふ。

中には二つのお魚グッズが入っていましたが、写真はその中の箸置きの5つセットです。いつもながら私のお魚グッズコレクションを覚えてくれていて、ありがたいことです。

以前にも書きましたが、お魚グッズの中で最も気に入っているのが、箸置きです。今回はハゼです。

箸置きが気に入っている理由は、小さくてお魚の造形がかわいらしかったり、ユーモアだったりすることが多いからです。コレクターとしては、大きいのは部屋に置いておくのにスペースが困ります。

将来、「お魚グッズ博物館」でも建てる予定があれば、大きな造形が必要ですが、そんな予定も、金も、体力も、気力もありません。なので、小さいのがいいのです。

1月 11, 2013 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

クラブの忘年会(平成24年)

Abpcimg7177 Abpcimg7181 この前の日曜日、私が所属する高松黒潮クラブの忘年会でした。参加者14人。全員に笑ってもらって写真を撮ったのはいいが、一番手前に座っていた宝山さんが写っていませんでした。その代わりに二次会で30年ぶりにカラオケで熱唱する姿を掲載します。ふふ。

ところでこの日、私の前は山田さん。横はヨッさん。このメンバーが揃えば、当然アオリイカの話になります。山田さんは先日室戸岬に行ったとき、ヤエン釣りを始めたといいます。

「それまでしていたウキ釣りよりも断然アタリが多かった」という報告。私もヤエン釣りを試して見たい気になりました。ヤエンはだれにもらったのか忘れたが、釣り倉庫にあります。

ヨッさんはしばらく釣りにいけなかったが、「これからは行ける」ということなので、今年中に行く計画を立てる予定です。北西風が強くなる時期なので、高知県西部がいいはず。

私が釣具屋で買ったイカ仕掛けがよくなかった理由を言うと、ヨッさんもその意見に全く同意してくれました。その商品の改善方法を聞いたので、今度試してみるつもりです。

直すところは、市販品は活きアジと掛けバリとの間隔が長すぎる。掛けバリが短いとイカが警戒するというのが理由らしいが、これまでの経験から言うと、長いと掛けてもばらすことが多い気がします。さてさて・・・。

12月 4, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

竿立て用のケースをいただきました

Abvcimg7091 石塚さんからメールで、「竿を立てるための筒があるけどいるか」とのこと。現在は大きなダンボールの中に傘立てを入れて、その中に竿を立てていますが、十分でありません。

石さんが持ってきてくれたのは、バトミントン用のシャトルを入れていた筒状のケース。この10個がもともと入れていたと思われるダンボールの箱にぴったりと入っています。

細い竿は一つの筒に2個入るし、何よりも倒れないので、調子がいい。車庫の隅っこに置いているので、竿が倒れてくると車に当たってしまいます。

これはなかなかのグッドアイデアです。竿は裏の倉庫にもダンボール箱に立てていますが、すぐにごちゃごちゃになります。

思い出したのが、釣り大会でもらう賞状を入れる筒。私には賞状を置いておく趣味は無いので、これまではもらってすぐに捨てていましたが、賞状を入れる筒も同じ方法で使えそうです。ふふ。

11月 18, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

釣りクラブでお酒(平成24年11月)

Abzcimg6960 Abzcimg6963 高松黒潮クラブのメンバー7人が、割烹「友釣」に集合しました。釣ってきたイシダイを食べる会の席で入会宣言をした西脇さんも初参加です。

宝山さんが「今年はサヨリがあまり釣れない」とぼやきます。去年は1000匹以上を釣って目標を達成したが、今年はまだ200匹を少し越えたぐらいとのこと。「目標宣言をしてなくてよかったわ」。

この話から、斉藤さんがサヨリの刺身の作り方をていねいに教えてくれました。西脇さんはそれを聞いて、「クラブに入ったらいい情報が聞ける」と喜んでいます。

今回の参加者の中で「イシダイを食べる会」に参加できなかったのは三好さんだけ。全員が「あのときのイシダイはホントにおいしかった」と口々に言うので、三好さんは残念がっています。

思わず、「釣ってきて食べさせてやる」と口から出そうになったが、グッと押さえました。ふふ。

ところで今週の日曜日は「サンポート高松ファミリー釣り大会」です。1週間前の天気予報では雨の確率が高かったが、今日の予報では30%まで落ちています。申し込み数は330名。いい釣り大会になると思います。子供には寒さ対策を十分してご参加ください。

11月 2, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

高松黒潮クラブで酒

Ahcimg6753 Ahcimg6755 昨日の木曜日は、高松黒潮クラブのメンバーがいつもの割烹「友釣」に集まりました。片ちゃん、猪ちゃん、三好さん、斉藤さん、宝山さん、私の6人です。

酒が進んでつい写真を撮るのを忘れそうになっていたのを思い出してデジカメを取り出すと、だれかから「はい、笑って」の声。私がこのブログの写真には楽しそうな笑顔をいつも要求するので、分かってくれたようです。ふふ。なので、今回は全員が揃っての笑顔写真になりました。

これから年末に掛けて、磯釣り団体の大会が続きます。10月28日は四国磯連の大会。10月1日から年末までの魚拓で審査する西日本磯釣協議会の大会、12月23日には香川磯連の大会。もちろん私は全部エントリーです。

ところで9月に愛媛県宇和海で釣ったイシダイがすごく脂が乗っていておいしかったので、今度釣ってきたらそのイシダイで宴会をすることになりました。

おいしかったのは場所だけでなく、時期的なこともあると思うので、出来るだけ早く釣りに行かなくてはいけません。だけど、こういう約束で釣りに行くと、たいていボウズになるんだよなあ。

10月 5, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

御五神にイサキ狙いの夜釣り(2)

Aocimg6543 愛媛県宇和海の御五神の磯で夜釣り開始。午後4時半です。夜釣りと言ってもまだまだ昼です。イサキが釣れません。イサキは暗くなってからなので、釣れなくても「そのうち釣れるようになる」と楽観的。

大きなコガネスズメダイが釣れたが、これで喜んでちゃあ、しょーもない。暗くなるまでふかせ釣りをしていたススムさんは小さいグレ、そこそこサイズのイズスミを何匹も釣ります。

30分ぐらいして、船頭の船が戻ってきます。「なんだろ」と思っていたら、「グレが釣れたけど、いるか?」とのこと。大きいグレです。測ると丁度50センチ。ありがたくいただきました。ふふ。1時間たち、2時間たち、3人の誰にもイサキは釣れません。

Aocimg6547Aocimg6549   竿を出してから2時間半後、やっと私に待望のイサキが釣れました。まだ明るいうちに釣れたので、暗くなってからに期待が大きくなります。

だが、暗くなっても全く釣れません。どうしたことか、潮がウキを流すたびに方向が変わります。だから撒き餌が効いてない感じがします。あせりますが、3人とも頑張ります。

私が釣ってから5時間後の午後11時半。私はすでに寝ていましたが、ススムさんがやっと釣れたので、私も起きて2度、3度と仕掛けを投げて見ますが、アタリはなし。寝ましたわ。

Aocimg6555ぶんぶんとやってくる蚊に起こされたのが午前3時。寝ている間にヨッさんも1匹を釣ったという。3人で1匹ずつです。朝日を見ながら帰りましたが、疲ればかりが残った夜釣りでした。ふーっ。

9月 6, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

御五神にイサキ狙いの夜釣り

Aocimg6528  8月にヨッさん(吉岡さん)とイサキの夜釣り約束をしていました。なんとか暑さも峠を越えそうなので、ススムさん(正木さん)も加わって3人で行くことになりました。目指すは愛媛県宇和海の御五神(おいつかみ)島です。私は途中の町でマンホールを探したいので、わがままで一人で行くことにさせてもらい、渡船場で集合ということにしました。

旧宇和町でのマンホールを探した後、オキアミの解凍をお願いしていた宇和島市の藤本釣具店に行くと、店主の藤本さんがいます。藤本さんとは四国磯連の役員会でお会いしてから長年の知人です。「庭に生えているスダチを取りに行こうとしていたところや。いるかい。」とのこと。「いる」と言うと、スダチとユズをくれました。ラッキーです。ふふ。

Aocimg6529その後、濱田渡船に向かって走っていると、津島町の狭い県道に恵比寿様を発見。この道は何百回も走っているけど、全く気がつきませんでした。ラッキー。この日の夜釣りの大漁を祈願しましたわ。

Aocimg6531  渡船場に着くとヨッさん(写真 左)とススムさんはすでに到着していて車から釣り道具を出しています。この日の客は私たち3人と、他に2人だけ。御五神に行く他の渡船には客がいないので、どこの磯でも上がれるとのこと。

船頭と相談して足場のいいイマバリに上がることにします。午後3時の出船で磯上がりは4時でした。久しぶりの磯での夜釣りです。

Aocimg6539「さあ、やるぞ」と竿に道糸を通すと、クルクルと撚れて竿先に絡みます。このリールは2日前にエイ釣りに使ったもので、40メートルは切って捨てたが、またまだ撚れている部分が残っているようです。

仕方なく道糸を10メートル以上切って仕掛けの作り直しです。ヨッさんがこれを見て、「大ごとやなあ」と笑っています。コチトラは笑うどころでありませんわ。磯に上がって30分。やっと準備が出来ました。

明日に続く。

9月 5, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

サンポート高松港のエイ狙いでラッキー

Apcimg6513 Apcimg6515  昨日の夕方、「今年最後のエイ狙いになるかも知れん」と思いながら、サンポート高松港に行きました。釣りの準備をしていると、お餅や赤飯で有名な高松市片原町の老舗「エビスヤ」の前川さんが来ます。

そして「先着3名だけ」と言いながら、わらび餅をくれました。ラッキー。今日はいいことがありそうです。

今日の仕掛けは先週よりワンランクアップの強力にしました。道糸はハマチ釣り用の8号、ハリスは先週と同じ6号ですが2本バリ仕掛けにしました。どうだあ、という気持ちですわ。

仕掛けを港の中に投げようとすると、石谷さんが「外や、外。この潮だと中は手前に押してきて釣りにならん」と教えてくれます。そこであわてて港の外側に投げ込みました。

Apcimg6496ウキ下は竿2つ半としているので、ちょっと取りすぎたかなと思ったが、「まっ、いいか」としました。だが電気ウキがなかなか立ちません。そしてそのまま沈んでいきます。ウキ下を深くしすぎたので根掛かりしたと思い、竿をしゃくってみました。

するといきなりウキが走って竿がのされそうになります。なんと、第1投目でエイが掛かってしまいました。時計を見ると午後7時20分。

今日は長期戦の構えでいきます。しばらくして勇ちゃんがやってきて自分の竿を出さずに後ろから「あーや、こーや」と指南してくれます。
その後、花田さんがやってきて「仕事をしているのに、谷川さんから電話があって、谷口がエイを掛けとる、と言う」ので急いできたとのこと。そしてエイとやり取りしている写真を撮ってくれます。

花田さんとは前日、ライオン通り商店街の喫茶店「フルーツ」に行き、マスターの花田さんに「土曜日にエイ釣りに行く」と言ったら、花田さんは仕事を終えたら来るとのことでした。この日、谷川さんから電話が掛かってきて、 奥さんから「仕事はもういいから、早く行ったら・・・」と言ってくれたとか。私は幸せ者です。ふふ。

明日に続く。

9月 2, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

今年3回目のエイ狙い

Ascimg6435  昨日に引き続いてサンポート高松港でエイ狙いです。6時半に行くと、勇ちゃんが珍しくすでに来ています。理由を聞くと、ひ孫がくるので、早めに来てサビキで釣れるかどうかを確認しているのだという。釣りキチおじんの模範となる姿です。

見ると釣れたアジが転がっていますが、マアジでなくて青っぽくて細長い。それに尾ビレの下葉が少し黒い。ムロアジの子供です。そこで竿を借りてサビキを下ろすとすぐに釣れました。ふふ。今年に釣った魚種の追加です。

Ascimg6436さて、エイ狙いの仕掛けを出すと昨日同様すぐに小さいカサゴが釣れました。そのうち勇ちゃんがエイを掛けてウンウンと言っています。アジ釣りのサビキ仕掛けに引っかかったとのこと。3回続いてエイが掛かったというので、その近くに移動しました。今日はエイがたくさんいるようです。

Ascimg6439 Ascimg6440 少し遅れてきた花田さんもエイを掛けますが、私には釣れません。花田さんは掛けた竿を私に持たせてくれようとします。でもねえ、私は自分の記録狙いなので、人が掛けた竿では自分の記録になりません。
でも気持ちがありがたい。何とか、私にエイを釣らせたいという気持ちの表れです。ふふ。感謝。

勇ちゃんのひ孫達が親とともにぞろぞろとやってきます。またまた勇ちゃんが掛けたエイの竿をひ孫に持たすと、そのすごい引きに喜んでいます。だって畳半畳はある大きさですから、大人でもなかなか寄せることができません。

この日はよほどエイの食いがいいようです。その後私にも2回念願のエイが掛かりました。1回目は、50メートルほど道糸を出し後、「さて、これからや」と思った途端にハリはずれ。理由不明です。

2回目はその1時間後。今度もしばらくやり取りをした後、ハリスの4号が切れてしまいました。前日の6号ハリスを4号に落としたから食ったのかどうかは分かりません。うーむ。残念。

8月 20, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月13日 (月)

今年もエイ狙いのシーズン

Avcimg6391  花田さんから「エイが釣れはじめた」というメールが入ったのが3日前。早速昨日「行きます」と電話したら、「助けの友達を呼んでおく」とのこと。

そうなのです。エイは掛けても、畳半畳もあるので、取り込むのは一人じゃ出来ないのです。砂浜なら引きずり上げればいいですが、ここのサンポート高松港は岸壁なので、ギャフで上げないといけません。サンポートに行くと、すぐに花田さんが石谷さん、山崎さんらと一緒に来ます。勇ちゃんも少し遅れてやってきました。

Avcimg6401 花田さんは「底を取って海底スレスレに流せばいい」と言うので底を取って流すと、一発目で根掛かり。2投目で小さいカサゴ。それからは全くアタリが無くなりました。花田さんはカサゴが入れ食いです。

どうも底取りがうまくいっていないことに気が付いたのは2時間半後。仕掛けを作り直してやっと私にもカサゴが釣れ出します。30分で6匹。だがどれも小さいのでリリース。

Avcimg6398 午後10時になったのでそろそろ帰ろうかと思っていると、勇ちゃんが掛けた魚で海面をバシャバシャ言わせています。玉網ですくおうと近寄ると、「自分でやる」。てっきりチヌだと思っていたらしいのだが、ヘッドランプで照らすと良型のアコウです。

私が海面を照らして花田さんがすくいました。勇ちゃんはその後すぐにチヌも釣ります。さすがこの波止釣りのベテランです。潮が良くなればちゃんと釣ります。花田さんは相変わらずカサゴの入れ食いです。

10歳以上年上の勇ちゃんのほうが私より元気です。まだ釣りをするというお二人を残して午後11時に退散しました。この日はだれにもエイがハリ掛かりしませんでしたが、10時ごろに何度か跳ねる音が聞こえました。

8月 13, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月11日 (土)

おいしいチラシ寿司をいただきました

Awcimg6387 Awcimg6386 金曜日は「山の神」との契約で、私は車を使えません。なので、EV車登場です。会社をリタイアするときに車と一緒に電動自転車を買いました。立派なEVというか、ECですかね。

その愛車に久しぶりに乗って、15分ほどのイオン高松に行きました。釣った魚を冷凍するための冷凍パックが残り少なくなっていたのて、イオンにはいっている100円ショップで買い、ついでにちょっとだけ書き物をする予定でした。

冷凍パックを買い、ちょっと早い昼飯を食べていると、小野ちゃんから電話です。「この前言っていたチラシ寿司を買ったのでもって行く」とのこと。

Awcimg6388 今月の初めにビアガーデンで一緒になったとき、小野ちゃんから「旨いチラシ寿司があるので、今度持って行ってやるわ」と言っていました。

とりあえず郵便箱に入れてもらって、急いで帰りました。旨そうです。昼飯は済んでいたので、冷蔵庫に入れて夕飯に「山の神」と一緒にいただきました。「山の神」はチラシ寿司が大好物なので大喜びです。

「どや。オレの釣り友達はいい人が多いやろ」と変な自慢をしましたわ。

8月 11, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

熊ちゃんから箸置き

I4cimg5532 高松黒潮クラブでの飲み会で、片ちゃんから「熊ちゃんから」と手渡されました。マグネットです。裏に50円の値札が付いています。

いつもながらの熊ちゃんからのプレゼントです。申し訳ない。なのでコチトラもアメリカで買ってきたガムをお土産として片ちゃんに言伝しました。

私はアメリカに行ったときのお土産としていつもガムを買ってきます。もちろん理由があります。まずは値段が安い。ふふ。たくさんの人に渡すので高いものは買えません。ガムなら安い。せいぜい100円です。他にも理由があります。

日本のスーパーで買えるガムと言えばある特定の会社のものが圧倒的に多い。釣りで遠出するときに眠気防止のためにガムは必需品です。そのため車の中には常にガムを常備しています。

日本のスーパーに何故他の会社のガムが少ないのか、その理由は分かりません。独占禁止法に引っかからないのかと勝手に思うほどです。
というのは、現在日本で売られているガムは、ガムベース比率が少ないせいかどうか分かりませんが、噛んでいるうちにすぐに硬くなってしまいます。

ガムってこういうものだと思っていましたが、アメリカで売っているガムを噛むと、いつまでたっても柔らさを保ちます。だからアメリカで買ってきたガムはお土産に好評なのです。特にガム好きの人には好評なのです。

8月 8, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

クラブでビアガーデン(平成24年)

Azcimg6348 Azcimg6349 8月第1週目の土曜日は高松黒潮クラブのビアガーデン日と決めています。昨日はその日だったので、高松天満屋百貨店のビアガーデンに集まりました。

飲み始めると、シッチャカメッチャカになって何を話したのかを忘れてしまいました。ただ、私の前に座った野口さんが、イシダイ釣りの方法を盛んにレクチャアしてくれます。

「イシダイ竿なんか使わんで、上物竿の4号で60センチのイシダイは十分に取り込める。」と私にけしかけます。だけど私が現在使っている竿が気に入っているので受け流し。上物竿で取り込める気がしませんわ。ふふ。

増原さんとも色々話したけど、覚えているのは「2メートルのクエの日本記録の魚拓を送ってやる。」とのことです。その魚拓が増原さん宅にあるいきさつも話していましたが、覚えていませんわ。

この後、ヨッさん、片ちゃんと二次会に。このごろ寝るのは10時半なので、二次会に行っても眠たくて仕方がありません。お先に帰らせてもらいましたが、ヨッさんとイサキ釣りの夜釣りに行くことになったような気がします。ふふ。

8月 5, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

熊ちゃんからメモクリップ

Xcimg6157 片ちゃんと飲んだとき、熊ちゃんからのプレゼントをいただきました。フグの造形が入ったメモクリップです。そのフグがかわいらしいのです。

100円のラベルが貼ってあるので、熊ちゃんが得意のリサイクルショップで見つけてくれたことが分かります。写真には写っていませんがプラスチックケースに入っていました。

メモクリップは文房具売り場に行くと色んなのがありますが、どういう使い方をするのでしょうか。もちろんメモをクリップするのですが、私の生活の場ではメモをクリップしておいて置くなんて習慣はありません。

ところで以前にも書いたかもしれませんが、熊ちゃんからは本当にたくさんのお魚グッズをいただきました。それも貰いっぱなしで、お返しをしたことがありません。こんなことでええんかなあ。いいのだと思います。ふふ。

ま、私のコレクション展覧会を盛大にするときに「熊ちゃんコーナー」を作って展示したいと思います。

7月 15, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

高松黒潮クラブの創立四〇周年祝賀会が今週末

Xcimg6150 Xcimg6151 Xcimg6147 今週末は私が所属している高松黒潮クラブが昭和47年に結成して40年目となることを記念して、盛大な祝賀会が温泉場で予定されています。

昨日、その詰めを高松市内の割烹「川照」で行ないました。実行委員長の三好さんが頑張ってくれたので何とかうまくいきそうです。
釣りクラブの記念なので本来なら釣り大会をするべきでしょうけど、高齢化がすすんでいるので宴会がメインです。ふふ。

この日の料理でおいしかったのはマイワシの煮つけ。最近スーパーの鮮魚コーナーに並んでいるのを良く見るので食べてみたいと思っていた一品です。脂が乗っていておいしかったが、こんなに大きいイワシを岸からは釣れないでしょうなあ。

40周年祝賀会に向けて前日の金曜日は天気が良くなさそうです。それでも魚の持込が出来るということで、徳島県の磯にイサキ釣りに行く斉藤さん、三好さんに期待したいと思います。片ちゃんは今日、漁師の船でハネ釣りに行くと言っていたので、期待できそうです。

宴会の翌日の日曜日は雨の確立が少ないようなので、宝山さんから何度も言われていた「孫に楽しく釣ってもらうための釣り場案内」に行くことになりました。ついでに、少しだけ竿を出す予定です。

7月 6, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

高松黒潮クラブ創設四〇周年に向けて

Ycimg6145 Ycimg6144 今週末は香川県内の温泉施設に土、日と泊り込みで、「高松黒潮クラブが結成して四〇周年を祝う会」があります。その会の詰めを行うために写真の左から猪ちゃん、斉藤さん、三好さん、片ちゃん、それに私の5人が割烹に集まりました。

実行委員長に任命されている三好さんを中心に色々と決めました。当然記念撮影をしますが、そのバックに写るようにデザイナーの猪ちゃんが横断幕のようなものを作ってきていました。ふふ。

温泉地に魚の持込みがOKなので、ヨッさん、斉藤さん、三好さんは金曜日の夜に徳島県南部の磯にイサキ釣りに行き、片ちゃんらは土曜日の朝に船でキス狙いに行くらしい。楽しみです。

Ycimg6146この日の料理には斉藤さんが徳島県鳴門で釣ってきたカサゴの空揚げが出てきました。パリッとしていてうまい。

当日は現在のところ14人の参加となりました。病気で来れない人もいて高齢化のあおりを受けています。おそらくクラブ創設五〇周年を祝う会は出来ない可能性が高い。

場所は高松市から東に車で1時間程度の、東かがわ市にある「ベッセルおおちの湯」。リーズナブルな料金で泊まれて食事が出来ます。お風呂にも入れます。

7月 3, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

熊ちゃんから指魚

Bycimg5712_2 釣りクラブの仲間と飲むために集まったとき、片ちゃんから「熊ちゃんから」と写真のものをくれました。布で作ったサメです。キーホルダーでもないし、ストラップに付いている紐もありません。

お腹の部分にに穴が開いているようなので、袋から出して指を入れてみました。多分これで遊ぶのだと思います。指人形は知っていますが、これは何と言うのでしょうか。

人形じゃないので「指魚」ということしか思い浮かびません。こういう玩具は初めての品なのでうれしい。

このサメを入れている透明の袋に値段シールが付いていて、20円。笑える値段です。リサイクルショップで見つけてくれたらしい。この指人形ならぬ指魚は500円の値段が付いていても私は買うと思います。

リサイクル前の本当の値段はいくらしたのでしょうか。それにリサイクル業者はいくらで買ったのでしょうか。ま、そういうことはどうでもいいですが・・・。

6月 29, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

熊ちゃんから「小物入れ」

Bncimg5976 Bncimg5982 高松市内にある熊ちゃんの店、「くるみ本店」に行ったとき、「お魚でないとダメなのか」といきなりです。意味がよく分かりません。出してきたのが、カニの形をした小物入れです。

爪の形がきちんとすっきり出来ているのが、見ていて気持ちいい。熊ちゃんに持ってもらって写真をお願いしたら、店で働いている女子大学生に持ってもらって写真を撮ることになりました。

さて、私のお魚グッズコレクションになるか、ならないかは私の独断専行ですが、釣りが好きで始めたコレクションなので、釣りの対象になるかどうかを基本にしています。

だから魚はサメのグッズでも、エサトリのグッズでも、コレクションの対象になります。だが、クジラはお魚でないし、釣りの対象でも無いので、コレクションにしていません。

水の中にいるすべてが対象じゃないのです。亀も対象じゃない。だが,貝はびみょ~~。ほとんどコレクションしていないが、ほんの少しだけ持っています。自分でも理由が分かりませんけど。ふふ。独断ですから、これでいいのだ。

Bocimg5971 ところで、我が家の近くの川で干潟遊びをしたとき、爪に藻のようなものが付いたカニがたくさんいました。私の知識ではモクズガニのような気がしましたが、モクズガニは川のカニなので、海水にいるはずがないと思って、名前が分からないと書きました。

この件について、熊ちゃんから「このカニは淡水にいるモクズガニで、産卵のときに海に行く」と教えられて、納得でした。このブログの読者からも、「高知ではモガニとか、ツガニといわれて売っている」とのコメントがあり、インターネットで調べると、モクズガニのことでした。

6月 17, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

キスの塩焼きをごちそうになりました

Bkcimg6045 Bkcimg6046 昨日はある経済団体の総会があって、久しぶりに黒の背広を着ました。背広を着たけど、クールビズでネクタイをしないから、ただでさえ海で日焼けして真っ黒になっている顔がしまりませんわ。

総会の後、熊ちゃんのお好み焼き割烹「くるみ」に行きました。生ビールを2杯目に行こうとしたら、片ちゃんが登場。この日に船で釣ってきた魚を入れたクーラーを持って来ています。
カウンター席の一番入り口に近いところに座ります。彼の定席だそうで、私は一番奥なのでなんか変な感じ。ふふ。

クーラーの中はキスです。27センチを始めに良い型のキスが36匹も釣れたのだという。その中から熊ちゃんが手際よく塩焼きにしてくれました。塩が良くきいておいしい。「塩焼きにするんだったら、もっと大きいのを持ってくればよかった」と片ちゃん。

この塩焼きが出てくるまでに十分に食べていたので、23センチぐらいのこのサイズでちょうどよかったわ。

Bkcimg6050 熊ちゃんがお魚グッズをくれました。楊枝入れと言います。写真には写っていませんが、向こう側に穴が開いていて、入れることが出来るようになっています。

でも目のところが開いていて、私がこれまでコレクションしたものの中で、お香立てとして買ったものの形とよく似ています。どっちなんでしょうかねえ。どっでもええけど・・・。ふふ。

6月 14, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

イサキ、イシダイで乾杯

Blcimg6037 Blcimg6036 Blcimg6041 Blcimg6042 日曜日の香川磯連の大会で釣った魚を食べるために、高松市内の割烹「川照」に集まりました。片ちゃん、斉藤さん、宝山さん、猪ちゃん夫妻と私の6人です。

上物釣りをした片ちゃん、斉藤さんが釣ったイサキとグレ、それに私が釣ったイシダイの料理です。イシダイ、グレはあぶり、イサキは塩焼きがメイン。どれも新鮮さはお墨付きなので、まずいはずがありません。

この日の話は釣りの話よりも下の話。下の話といっても元気のある話ではなくて、尿の出が悪くて、いつまでもジョンジョロ、ジョンジョロと出て困るという、老人性の話。釣りの話をしていてもいつの間にかジョンジョロの話になってしまい、そのことに気が付いて大笑い。しゃーないなあ。

イシダイのあぶりは皮付きなので、皮が固いイシダイはなかなか噛み切れません。なので、再度煮付けにしてもらい、「これなら柔らかい」と・・・。ふふ。

宝山さんからは私のブログにいちゃもんです。いや、いちゃもんでなくて、正しく由緒あるご指摘です。
私がブログに「パーティ」と書いてあるのは間違いで、「パーティー」と最後を伸ばさないといけない。「辞書を引いてみれば分かる」とのこと。

宝山さんのことですから、決していやみな言い方ではなくて、ジンワリの指摘でした。もちろん正しい指摘でしたので、今後気をつけます。

6月 13, 2012 高松黒潮クラブ | | コメント (0) | トラックバック (0)