2017年4月 6日 (木)

アオリイカの養殖

Zimg002日経新聞の四国版に、愛媛大学の南予水産研究センターがアオリイカの養殖技術を確立したという記事がありました。

その技術を使って今年は1万匹、来年は2万匹を養殖して出荷する計画と言う。生簀の網の目を小さくして卵から孵化しても逃げ出せないようにし、エサは網に流れ込んでくるプランクトンで育てる。

イカの養殖はこれまで難しかったが、この技術を使って地域ブランドつくりを目指すという。これはいいことだと思うが、釣り師としてはちょっと気になることがあります。

つづく・・・。

この技術はイカの卵をとってそのまま網に入れて育てます。ということは、イカの卵が根こそぎ捕られてしまい、釣りの対象数が少なくなりはしないか。

ま、イカはいろんなところで産卵するので、釣り師の分は残ることを期待するしかないか。

4月 6, 2017 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

今年県内の初ダイ

Zimg003昨日の香川県地方紙に、観音寺卸売り市場で「初ダイ」が競りにかかったというニュースが掲載。毎年、この時期になると話題になるので、期待しています。

今年は伊吹島の定置網にかかった重さ3.1キロ、体長55cmのタイだったが、その値段が8万円。競り落とした会社は東京の飲食店に出荷の予定と言う。

当然飲食店には8万円では売れないだろうから、競り落とした会社のご祝儀になるに違いない。もし競り落とした値段で計算すると、刺身一切れがいくらになるんでしょうか。ふふ。

つづく・・・。

観音寺市の初ダイの記事が掲載された翌日、今度は隣の三豊市で初ダイが競りにかかったという記事が掲載。こちらのタイも同じ3.1キロだが、値段がなんと15万円。

競り落としたのは地元のスーパーで、この日の夕方にスーパーの店頭で刺身にして無料で客に振舞ったというから、すごい太っ腹です。

3月 23, 2017 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

ワカサギ釣りで4人死亡記事

Cimg99993月1日の新聞に、岩手県の池でワカサギ釣りをしていた4人の釣り人が死亡したという記事がありました。乗っていた氷が割れたらしい。

その人たちの年齢は71歳、73歳、73歳、88歳。これを読んだとき、すごい年寄りばっかりで釣りに行ったんやなあと、思いました。だが、よくよく考えてみると、私も72歳。

年寄りには違いないが、私と同年輩の釣り人だということです。まさか、氷が割れるとは思っていなかったはずで、気の合った釣り仲間で話が盛り上がっての釣行だったに違いありません。

つづく・・・。

私も磯釣りには年寄り加減を感じることがあり、自分で磯場を選択できるところでないと、身に危険を感じるようになっています。抽選で決める磯場はどこに上がることになるのか分からないので不安です。

となると、自然に行く場所も限定的になります。ま、宇和海に行っても一文字波止や近場の磯に渡船するのが気分がいい。今年のチヌ狙いもそうしますかねえ。

3月 6, 2017 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

足の速い絶品魚? グチ

Kcimg38494月21日放送の「今ちゃんの実は・・・」で、「足の速い絶品魚」がテーマになっていました。私の地元の香川県の多度津港から出港して瀬戸大橋の下を通っていたので、ポイントは坂出市方面です。

船の船長は遊漁船恵優丸の福本さん。福本さんとは放映された日に香川釣り協の総会で一緒に飲んでいたのに、テレビの話は出てきませんでした。ふふ。

「足の速い魚」とはグチ。最近は投げ釣りをほとんどしないのでこの魚とはあまり縁がないが、若い頃はこの魚を狙って坂出市に夜釣りに行っていました。

つづく・・・。

Kcimg3850Kcimg3848_2
だが、グチが足の早い魚と言う知識がありませんでした。ネットで調べると確かにそのようなことを書いています。
テレビではグチを釣り上げて船の上で刺身にして食べていました。

グチの標準和名はシログチ。このテレビを見て、久しぶりにシログチを狙って夜釣りに行きたくなりました。ふふ。

4月 26, 2016 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

巨大ハモ

Zcimg35112月中旬のヤフーニュースにびっくりポンの記事が載りました。青森県八戸市の市場に出されたハモの話。2メートル近くあって、その重さはなんと20キロ。

私が驚いたのは、そのビッグさもさることながら、市場関係者の話として八戸港で年に1回か2回水揚げされるということ。ということは、結構このサイズがいるということになります。ふふ。

競りでは1匹数千円で取引されたとのこと。ということは1キロの値段が200~300円。安いよなあ。ハモについては私にも思い出があります。

つづく・・・。

もう30年前の話。高知県四万十川の川尻にある下田港で、夜に投げ釣りをしていたときのこと。竿先がガクーンと押さえ込まれ、グイグイと引きが強い。

ハリスは5号か6号なので、たいていの魚は取れます。掛けた魚を足元まで寄せると長いサカナがうねっていて、気持ちが悪い。大きなアナゴと思い、そのまま抜き上げようとしたときハリスがプッツン。スパッと切れています。

一緒にいた友達が玉網を用意してくれたいたのに残念。アナゴではなくてハモということになりました。ふふ。もし上げていれば私のハモ自己記録になったはずで、それ以降ハモは1匹も釣れてないので残念さが倍増です。ふふ。

4月 20, 2016 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

3月26日は市場の市民開放日

Ocimg3652昨日は我が家の近くにある高松中央卸売市場の市民開放日だということをすっかり忘れていました。午前9時過ぎに外出する時に人出を見て思い出して行きました。

いつもは午前7時半ごろに行くので、魚がたくさんあり、人出もすごくて狭い通路がふさがるぐらいですが、昨日はほとんどの魚が売れてしまっていて、残り少なくなっていました。

Ocimg3653それでも気になる魚を探していると、大きなサヨリがありました。全て33センチを超えている大型ですが、値段がありません。聞いてもいいが、買う気がないので遠慮しました。既に大型サヨリの時期になっていることが分かっただけでいいのです。ふふ。

つづく・・・。

Ocimg3655Ocimg3656スズキや色が鮮やかな天然マダイもありましたが、目だって数が多かったのがウシノシタ。1匹が100円足らずでたくさん売っていました。

Ocimg3668出かけるところだったので、魚は買う気がありません。野菜や花を売っている別棟に行くと、日本とき草というかわいらしい花をつけた鉢植えがあったので、105歳のおふくろに持っていきました。

3月 27, 2016 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

15万円のタイ

Zimg123香川県の地方紙にマダイが15万円で競り落とされたという記事が掲載。三豊市の仁尾漁協でのこと。体長70センチで、重さ4.4キロだそうです。大物には違いないが、すごい高価。

毎年、この時期に香川県内で重さ3キロ以上のマダイはお祝儀相場で競り落とされます。昨年は隣の市の観音寺漁協では23万円で競り落とされました。

もともと祝儀相場なので、末広がりの意味をこめて、8万円の値段からスタートするとのこと。今年は地元のスーパーが競り落としたとのことです。

つづく・・・。

確かに、初物はお祝いしてもいいもの。私達釣り師もその年に初めて釣る魚は何かいなと興味があります。私の場合、今年はサヨリでした。例年だと宇和海の磯に行くのが初釣りで、そこでの釣果が初物になります。今年は、磯に行かなかったので、サヨリ。しゃーないです。

話は戻るが競り落とされたマダイは1キロ当たりにすると3万4000円になります。これは内臓を含む重さなので、それを除くと6万円くらい。だとすると、刺身一切れがいくらになるんでしょうか。ふふ。

3月 22, 2016 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

1匹23万円のマダイ

Zimg106先週の四国新聞にマダイが23万円で競り落とされたという記事が掲載されていました。香川県西部の観音寺地方卸売市場でのことです。

毎年タイ網漁の解禁があった後、3キロ以上のマダイがご祝儀相場で競り落とされるもので、今年の23万円は昨年よりも3万円アップだったとのこと。ふふ。

競り落とした料理旅館は採算がとれることはないのが分かっていると思うが、毎年この記事を見るたびに地方の料理店と漁師との結びつきにある種の感動を覚えます。

その4日後、観音寺市の隣にある三豊市でも初ダイがご祝儀相場の10万円で競り落とされたという記事が掲載されました。こういうご祝儀相場は全国であるのでしょうか。香川県でも西部だけのようなので、他の県ではないのでしょうか。

私の初釣りで釣った魚にご祝儀相場がついて、せめて「山の神」から「すごいじゃないの」というお言葉があればうれしいがとても期待できそうにありません。ふふ。

3月 29, 2015 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

大阪湾にフランケンの魚がいる?

Bpcimg8079 Bpcimg8080 今田耕司さんが司会をするテレビ番組の「今ちゃんの実は・・・」で、大阪湾にフランケンと言われる絶品の怪魚がいるという内容のものがありました。

フランケンに例えられる怪魚が大阪湾にいるなんて聞いたことがありません。全然見当がつきません。何の魚だろうかとワクワクして見ました。2人の芸人が朝から竿を出すが、一度根に持ち込まれます。

夕方になってやっと釣り上げたのがあまり大きくないコブダイ。コブダイをフランケンと呼ぶのは聞いたことがありません。だがまあ、大きいコブダイの歯は気持ち悪いのは確か。

つづく・・・。

Bpcimg8081
コブダイは香川県でもチヌ釣りをしているとよくハリ掛かりします。5月12日に香川県西部の三豊市でチヌ釣り大会があったときも私の仕掛けに4回も掛かりましたが、すべて根に入られてしまいました。

Brcimg8057 それならとハリスを3号に太くすると、ハリスは切れなかったがケーソンの下の穴に潜られて道糸がズルズルになって切れました。写真はそのときの道糸の状態。

このとき一緒に釣りをしていた4人には全員が何度かこのコブダイに切られました。熊ちゃんも「今ちゃんの・・・」の番組を見ていたらしく、「フランケンにやられた」と言っていました。今後釣り人の間でコブダイがフランケンと呼ぶことが多くなるのでしょうか。

6月 2, 2013 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

「日本さかな検定」の受検

Cimg3821 新聞に、今年の「日本さかな検定」の記事を見つけました。今回初めて高松市で受験できると書いています。検定を主催している日本さかな検定協会のホームページを見ると、「お試し」の問題があったので早速やってみました。

3級の5問だと、かるーく全問正解。ふふ。そこで受験するつもりで公式認定本を本屋で探していました。

すると西脇さんからメールで「さかな検定」の新聞記事を送信してきました。たぶん「いつも魚についてはエラソーに言っているので、受けてみろ」という意味だと解釈しました。ふふ。

つづく・・・。


ところが検定日が6月23日。この日は孫がアメリカから帰って来ています。孫は日本の小学校に体験入学しているので、その期間なら、受験できると思っていたら、受験日には体験入学が終わっています。

なのでどこか旅行にいくことになるはずです。「山の神」もこの前後に入れていた病院の予約を後ろにずらしたと言っています。なので、残念ながら今回の受験はあきらめました。

こっそりと受験して合格したらこのブログでバンバン書くつもりだったのだが。

5月 31, 2013 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

びっくり。マグロの値段

昨日のインターネットニュースを見てびっくりしました。皆さんも今朝の新聞で見たと思いますが、222キロの大間マグロが1億5540万円で落札されたというニュースです。

数年前に400キロのマグロがキロ当たり10万円で4000万円で落札されたと聞いたとき、マグロ漁は博打になると思いましたが、その後落札価格はずいぶんと下がっていました。

だが去年一気に上がって、今年はさらにヒートアップ。キロ当たり70万円にもなりました。それも落札した「すしざんまい」は香港のすしチェーン店との競り合いでアップしたとニュースで伝えています。

釣りの魚の値段と比べちゃあいけないのは分かっているけど、こんな値段の魚が釣れたら「釣りは博打」になってしまいます。

今回のマグロは寿司の1貫あたりに直すと4万円から5万円になるそうです。中には批判的に書いている新聞も多くありますが、私は良かったと思います。

まず第一に香港のすし店に勝ったことは、私に元気をくれました。もし負けていれば、「また、中国にやられた」という思いになります。「すしざんまい」は頑張ってくれました。

良かった第二の点は、落札した店はこれで直接儲けようと思っていないという点です。すし店にほとんど行かない私は「すしざんまい」というチェーン店を知りませんでした。

今回の落札で初めて知りましたが、新聞、テレビでこれだけ取り上げられ、これを広告費に換算すると「すしざんまい」は十分に採算がとれると思っているはずです。経営者判断としては当然のことです。

1月 6, 2013 釣りと魚のニュース | | コメント (0) | トラックバック (0)