« アカメがいる橋欄干 | トップページ

2021年1月 5日 (火)

橋の欄干に、タイ?でしょうか

Cimg7084 香川県高松市から、西に向かって車で1時間ほど走ると、子どもの神様「津島神社」があります。海の沖に向かって、250メートルの長い木の橋が一直線に伸びていて、その沖の津島という小さな島に、本殿があります。
普段は木の橋げたが取り除かれていて、神社に行くことができません。8月の年に一度のお祭りのときだけ、橋げたが敷かれて、渡ることができます。筋肉に自信のある人は、橋げたにぶら下がって行くことができます。試してもいいが、天罰が下っても責任は持てません。
最寄りのJRの駅は、この2日間の祭日だけしか停車しないので、「日本一営業日数が少ない駅」として知られています。

その神社が一望できる橋を、車で通り過ぎようとして、欄干に何やら魚のようにものを見つけました。急停車と思いきや、後続に車。そこの道路は片側1車線で、停車できません。

停車できたのは、橋を過ぎて200メートル以上も先。仕方なく、そこから歩いて写真を撮りにいきました。

神様らしき人がタイを釣り上げているレリーフです。それにしても、ものすごい太さのハリスです。

Cimg7083 この太さで考えると、ハリスはロープくらいはあります。親近感を覚えましたわ。神様でさえ、こんなに太いハリスを使うのですから、私の8号ハリスなんぞは可愛いものです。

でも、この神様、お姿から恵比寿様でしょうか。津島神社の神様なんでしょうか。年に一度のお祭りのときしか仕事がないので、釣りをされて遊んでいるのでしょうかねえ。

1月 5, 2021 陸に上がった魚 橋、トンネル、道路に魚 |

コメント

コメントを書く