« 大きなアユの造形 | トップページ | 橋にコイのレリーフ »

2020年12月16日 (水)

道路脇に魚のレリーフ

Cho0233 香川県の西部の三豊市詫間町を車で走っていて、道横の用水路脇に魚のレリーフを見つけた。魚というよりメーンは浦島太郎。三豊市詫間町は浦島太郎で町おこしをしているので、いたるところに浦島太郎がいる。

橋の欄干には、別のお魚レリーフがあります。コチラの方にはタツノオトシゴもいてかわいいのです。でも竜宮城にタツノオトシゴっているのだろうか。タツ(龍)の子がいてもいいのだろうか。きっといいんでしょう。

だが最大の疑問がある。レリーフの浦島太郎さんは髭がある老人になっていて、亀に乗っている。浦島太郎が老人になったのは、玉手箱を開けた後だから、老人になってから、再度亀に乗せてもらったということになる。

最近ロジック攻めで相手を困らせるロジハラというのがあるらしいが、これも明白ロジハラ。すみません。

12月 16, 2020 |

コメント

コメントを書く