« 忘れられない「探偵ナイトスクープ」 | トップページ | 「閑釣万釣お遊びコーナー」2013年8月 »

2020年11月 4日 (水)

私のマル秘釣りデータを差し上げました

Qimg_3707-3 Qimg_3709-002 Qimg_3710-002

香川県西部の三豊市に住んでいる前香川磯連会長の古川さんが高松市に来ると電話があったので、寄ってもらうことになりました。

私のマル秘釣りデータを献上するためです。釣り雑誌「釣り画法」には四国各地の釣り情報が詳しく掲載されています。場所はもちろんのこと、例えば波止なら波止のどこからどの方向に仕掛けを投げ込むのか、エサ、釣った時刻、魚のサイズと匹数、タナ、釣り方などなど。これだけの情報があれば、私が行っても確実に再現できる情報です。

その釣り画法の釣り情報だけを切り抜いて、その中から私に有用な情報をカラーペンで印をつけています。全部で本棚の1列を丸々占拠していました。
それを月別に整理しているので、例えば11月に釣行する場合、11月の釣果が掲載されている12月号を調べればいい。しかし、これだけだと、過去の釣り画法のおよそ10年分すべてをめくって検索しないといけません。面倒くさい。

そこで、カラーペンで印をつけた情報を、魚種、釣り場、サイズ、など簡単なメモにして整理しています。だから12月号のメモをさらーっと見るだけで、どこに行けばいいのかが簡単にわかります。この方法は会社をリタイアして多くの時間が使えるようになってから作りました。この表のおかげで、大物はどこで釣れる確率が高いかがすぐにわかる。私の釣果も格段に上がりました。

これをすべて古川さんに譲渡しました。ありがたく思ってもらえるかどうかは彼次第。10年間分なので、中型の段ボールに2個必要でした。

11月 4, 2020 釣り記録 |

コメント

コメントを書く