« お魚グッズコレクションーⅢ121 | トップページ | 「閑釣万釣お遊びコーナー」2007年6月 »

2020年8月17日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイットウダイ

2_20191031093401

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    イットウダイ
釣った日  昭和49年7月20日
サイズ   24.0センチ
釣った場所 鹿児島県種子島
釣り方   ふかせ釣り

3_20191031093601 4_20191031093701

4泊5日の種子島釣行。その釣果がなんとも情けない。イシダイ竿、イシダイリールを借りて、足元は滑らないと聞いたわらじ。

当時、種子島ではロケット基地を造っているときで、そのための作業員が大勢いた。私たちが泊まった民宿にも作業員がいて、その中の釣り好きから「連れ行ってやる」と言ってくれたのに、何故か断った。そして、天候が荒れて、波止場で竿を出したり、パチンコに行ったり、エサにする岩ガニを取ったりして過ごす。

このときに波止で釣れたのが、イットウダイ。民宿のおばちゃんに料理を頼んだら、ウロコを取らないし、内臓も出さないで、釣ったまんまの姿で塩焼きにした「謎焼き」になって出てきた。

最後の種子島から帰る前日にタクシーを飛ばして、風裏になる島の反対側に出て、渡船に乗る。船頭が気合を入れて「いい磯がある」と言ってくれたのに、「沖磯は怖いから地磯近くでお願いします」とまたまた、ちんぷんかんぷん対応。

そしてやっと釣れたのが、石塚さんがブダイ5匹に、加藤さんが1匹。私に釣れなかった理由ははっきりしている。借りたイシダイ竿が硬くてアタリが全く取れなかったから。「釣りには師匠がいる」の名言通りの釣行だった。

帰りの飛行機に乗る前に砂浜で泳いだとき、大きな波にひっくり返ってメガネが吹っ飛んだせいで、超近眼の私は高松空港に着くまで、石塚さんや加藤さんの手をつないでいた。ホモに見られたかもしれない。

8月 17, 2020 魚種別自己記録 |

コメント

コメントを書く