« 四国新聞欄 令和2年2月6日 | トップページ | 「閑釣万釣お遊びコーナー」1995年11月 »

2020年3月11日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロダイ(内海)

1_20190626091701

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
「ちっちぇー」とバカにしても良し、「エサトリまでサイズ計測するなんて釣り界知らず」と罵っても良し、なかには、「オレより大きいじゃんか」とちょっと敬意を持っても良し。

魚種    クロダイ(内海)
釣った日  平成24年7月25日
サイズ   50.6センチ
釣った場所 香川県三豊市仁尾
      一文字ケーソン
釣り方   ふかせ釣り

神戸市在住の野上さんからの誘いで、野上さんの前職場の門脇さんらと、仁尾港沖のケーソンに渡船する。狙いは大物ではなく、のんびりと小物と遊びたいということ。ところが、エサトリがすごい。手前はスズメダイ、沖は小サバと豆アジ。
釣り開始3時間後の午前11時、全遊動のウキで少し沖を探っていると、スーッとウキが沈んでいく。

釣れたのが、期待以上のでかいチヌ。早速計測すると、残念。49センチで、50センチに届かず。50センチを超えないと、四国磯連、香川磯連に大物申請ができないので、私には不要。一緒に来ていた人に聞くが、全員が「要らない」。網で生かしていたが、逃がそうとしたとき、ふと頭に浮かんだ。「魚拓にすると、50センチを越えるかも」と思い付いた。メジャーを体の線に沿って測ると50センチを超えている。

そこで、家に帰ってから魚拓にして、大物申請をした。認定は魚拓寸でされる。四国磯連から「50.6センチ」の認定ハガキが届いたので、このサイズが正式サイズになった。バンザーイ。

チヌの自己記録は、瀬戸内海で釣れる「内海」と、宇和海、高知県で釣れる「外海」に分類している。外海が圧倒的に大きいのが釣れるからで瀬戸内海での50センチ越えは、大いに価値がある。

 

3月 11, 2020 魚種別自己記録 |

コメント

コメントを書く