« 「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと④ | トップページ | 「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと⑤ »

2019年9月24日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録--カサゴ

1_10 2_16 

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
私がこれまでに釣った魚種数は170程度。それは、磯釣りでのふかせ釣りと底物釣り、投げ釣り、船釣りとゴムボート釣り、波止でのサビキ釣りやチョイ投げ釣りなども楽しんできたからこその魚種数。磯釣りだけや、投げ釣りだけをしていたのでは難しかったと思う。自慢です。

魚種    カサゴ
釣った日  平成17年3月9日
サイズ   29.6センチ
釣った場所 愛媛県愛南町いるか越の磯
釣り方      ふかせ釣り

四国磯連で表彰対象となる50cm以上のチヌを狙って、宇和海南部の磯にひとり釣行。チヌのアタリは全くなく、釣れるのはカサゴばっかりの14匹。嫌になっちまう。

この自己記録のカサゴは30センチまで、あと4ミリ。実寸よりもサイズアップする魚拓にしたら30センチを越えたかもしれない。読者は他人の記録が実寸だの、魚拓寸だのは、どうでもいいことだから。

ところで、魚拓にしたときにサイズアップする方法をこっそり教えます。
①体全体をコキコキして、体を柔らかくして硬直をなくし、尾ビレを引っ張って伸ばす
②口の中に丸めたティッシュなどを詰めて、魚の口を大きく開く。これで下唇が突き出て、大きな魚だと1センチは違ってくる。すごいでしょ。
③尾びれの上側を体側の線に合わせてまっすぐにする。要するに、尾ビレを少し垂れ気味にする。
以上です。健闘を祈ります。

9月 24, 2019 魚種別自己記録 |

コメント

コメントを書く