« 私のなんでも魚種別自己記録ーーカワムツ | トップページ | 「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年9月 »

2019年9月10日 (火)

「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと②

2_20190912081501

「私のなんでも魚種別自己記録」を順次書いています。これらを整理していてわかったことがいくつかあります。
もし、今後若い人がこのブログを見て、「魚種別の自己記録」を整理したいと思った人がいれば参考になると思い、書くことにしました。

自己記録を整理していて、これまでの記録の中に魚種の誤りが、6魚種もありました。魚種の認定には自信があったのですが、30年前の頃に作った自己記録の魚種に、写真を再確認して誤りを見つけました。一度作った記録を確認せずに、そのままにしていたのが原因です。

魚種認定に対する知識も、釣りを続けている間に蓄積できます。だから、釣りを始めて10数年の間に、魚種認定の誤りが多かったようです。

カツオのヒラソウダをスマ、ホウライヒメジをオジサン、オキザヨリをテンジクダツ、エサトリのナミマツカサをアカマツカサ、ミナミハタンポをツマグロハタンポ、川魚のカワムツをオイカワ。「そんなものどっちでもいいわ」と思っている人が圧倒的に多いと思います。すみません。私には許せないのです。

これから魚種別記録を始めたいのであれば、少なくともきちんとした図鑑を3冊は購入することをお勧めします。もしエサ代は惜しまないけど、図鑑代には金をかける気がしないという人には、小西英人さん編著の「釣魚1400種図鑑」がお勧めです。

9月 10, 2019 魚種別自己記録 |

コメント

コメントを書く