« 日本で唯一の水族館部という高校のクラブ活動 | トップページ | 「私のなんでも魚種別自己記録」を整理して分かったこと② »

2019年9月 9日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーカワムツ

2_44

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    カワムツ
釣った日  昭和52年6月5日
サイズ   18.0センチ
釣った場所 徳島県日和佐町の川(名前不明)
釣り方   ルアー釣り

4人構成の「磯寝クラブ」。その中の石塚さん、佐々木さんと私の3人で、徳島県日和佐の地磯でグレ狙いだったが、ボウズ。
木っ葉グレ狙いでボウズとは、この当時はがむしゃらで、今から考えるとしょーもない釣行が多かった。しかし、楽しさは今と変わらない。

帰る途中で見つけた小さな流れ。魚が見えたので、スピナーを投げ込むと、18センチと12センチのカワムツが釣れた。40年以上前に、すでにルアー釣りをしていた私って、スゴくないですかあ。
婚姻色がきれいだったので、カラー魚拓に挑戦。自分としてはいい感じに仕上がったと思ったが、今見ると、中途半端。しゃーないなあ。

18センチは、カワムツとしては大きい方だと知ったのは、何年も後のことだった。

この魚は、釣ったときから今まで40年間、オイカワだと思っていた。ところが、オイカワの婚姻色はアカではなく青い横縞模様。調べると赤くなるのは、カワムツとヌマムツ。ヌマムツは瀬戸内海に流れ込む川にはいるが、今回釣れた太平洋に流れる川にはいないらしい。それに、魚拓のヒレの形から見て、カワムツだと判断した。写真を取っておけば、もう少しちゃんと分かったと思う。

9月 9, 2019 魚種別自己記録 |

コメント

コメントを書く