« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月31日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイトフエフキ

2_26

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    イトフエフキ
釣った日  平成4年9月12日
サイズ   23.7センチ
釣った場所 高知県大月町柏島の波止
釣り方      投げ釣り

本格的な大物投げ釣り師に誘われて、タマミ、コロダイを狙って、高松市から6時間運転の釣行。
そこは50メートル沖にシモリがあり、その先に投げるのだが、100メートル以上投げて魚が掛かると強引に猛スピードで巻き上げないと、上げる途中でシモリに引っかかる。行ってから分かったのが、パワフルな大型リールが必要。

投げ釣り師は大きなリールで35センチのコトヒキ、40センチのコロダイ2匹などを釣ったが、遠投力のない私と同行者の石塚さんは早々に引き上げるしかなかったと言う残念な記録。そのときにたまたま釣れたエサトリがこの魚。この記録を見るたびに、尻尾を巻いて帰った記憶がよみがえるのがイヤじゃあ。

7月 31, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

お魚グッズコレクションーⅡ063

20632s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー

入手年月 平成5年6月15日
入手場所 沖縄
入手金額 515円

 

 

7月 30, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月29日 (月)

久しぶりにお茶しました

Oimg_2589 
オカテッちゃんとヨッさんと、お茶することにしました。3か月ぶりです。オカテッちゃんが声をかけてくれて、私を入れて6人。片ちゃんと熊ちゃんに会うのは久しぶりです。最も若いのが、「65歳になるんぞ」とエラソーに言っていた熊ちゃん(写真の左から2人目)。高齢者集団のお茶会だから、話題は当然のこと、病院や、体のどこの調子が悪い、という話。

その中で、その話題に乗ってこないのが、最高齢のヨッさん(左端)。近いうちに、(宇和海の)御五神(おいつかみ)島の磯で徹夜して、イサキを狙うという。時期的には大きなケンサキイカが釣れるはず、と悠然。気を付けて行ってください。

ケンサキイカの話題になった時、愛媛県最南端の愛南町の船越の波止だったら、足場がいいので車から降りてすぐに竿を出せるから、お前もやれると言ってくれます。でもなあ。とてもじゃないけど、ヨロヨロ足では行けそうにありません。最近、このブログに「私のなんでも魚種別自己記録」を書いていると、これまでに行ったことがある四国各地の釣り場が鮮明に思い浮かびます。船越の波止にも、20回以上は行っているので、そこで竿を出している自分の情景が浮かびます。ざんねーーーん。ふふ。
秋になったら、宝山さん(右から3人目)に、サヨリ釣りを連れて行ってもらうことにします。

7月 29, 2019 釣友 | | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイスズミ

1_21 2_31

魚種    イスズミ
釣った日  平成23年4月10日
サイズ   36.2センチ
釣った場所 男女群島
釣り方      ぶっこみ釣り

香川県のイシダイ釣り師のカンちゃん、松下さん、栗尾さんのほか、石川県在住の内藤さん、広島県在住の高橋さんら2人の、合計7人で、長崎県の男女群島遠征。私は内藤さんと二人でナカムラ磯に。

この日の私の釣果はイシダイ1匹、イシガキダイ8匹。内藤さんはイシダイ3匹、イシガキダイ5匹。全部40センチ以下の小型。
イスズミはもちろんエサトリ。

3_20190630083701

内藤さんは翌日48センチのイシダイを釣って、私に「写真を撮れ」と強要。パワハラじゃあ。というか、内藤さんにパワーがあったわけではないので、「お願いハラスメント」じゃあ。

7月 28, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

四国新聞欄 令和1年7月4日

Zh310704

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

 

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年7月4日掲載分です。

7月 27, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年10月

Z199310

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

7月 26, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーーシログチ

2_34 3_16

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    シログチ
釣った日  平成14年6月4日
サイズ   29.4センチ
釣った場所 香川県高松港サンポート
釣り方   投げ釣り

高松港のサンポート防波堤の駐車場近くで投げ釣り。私としては、超遠投と言ってもせいぜい80メートル。旧式のリールとナイロン糸ではしゃーないです。

午前7時半から2時間半で、シログチ2匹のほかは、ベラとカサゴ。頑張って朝早くから竿を出したにしては、もうひとつの釣果。

この魚は、私の記録で長い間「イシモチ」として登録していた。私が釣りを始めた当時、釣り雑誌でイシモチと書かれていたからで、その後イシモチと言う標準和名の魚はいないと知った。当時の雑誌編集者、「出て来いやあ」。出てきたら「しゃあない(仕方ない)わなあ」と言ってあげます。

7月 25, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

四国新聞欄 平成31年7月18日

Zh310718

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

 

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

H31年7月18日掲載分です。

7月 24, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

釣りバカ日誌99巻、100巻

Oimg_2303 久しく釣りバカ日誌を買っていないことに気がついて、本屋に行くと、101巻まで並んでいます。とりあえずまだ買っていない、99巻と、100巻の2冊だけ買ってきて、99巻はすぐに読みました。

99巻は596円なのに、100巻は756円。値上げしたのかと思ったら、100巻だけぺージ字数が増えています。従来のは200ページに対して、100巻は270ページ。

私がこの本が好きなのは、サラリーマン釣り師生活のロマンだけでなく、その時代の背景が織り込まれていること。99巻はロボットが普通に仕事することが書き込まれいます。なんか、考えさせられます。

7月 23, 2019 釣り本 | | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイシダイ

1_22 2_33

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣りに彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    イシダイ
釣った日  平成23年6月23日
サイズ   55.0センチ
釣った場所 徳島県牟岐大島の磯クジラ
釣り方   ぶっこみ釣り

高松黒潮クラブのカンちゃんとそのイシダイ釣り仲間の松下さん、栗尾さん、私の4人で、徳島県牟岐大島の磯に。

私は強い風を嫌って、一人で風裏になる渡船抽選場前のクジラ。ここの磯場に精通している松下さんから電話で、「そこは絶対に釣れん」といわれて、磯変わりをするために準備をしていると、カツンカツンのアタリ。教科書通りのアタリで、ガーンと竿が磯にへばりついたので合わせ。

3_15

この日は、このイシダイのほかに37センチ、30cmのイシガキダイ。私としては上出来の釣果。
松下さんと栗尾さんはヒラバエで、栗尾さんが52センチのイシダイ。

ベテランイシダイ師が「絶対に釣れん」という磯で、55センチのイシダイって、ビギナーズラックにしても、スゴくないですか。やっぱり、ウデなんかなあ。

7月 22, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月21日 (日)

魚の値段で思うこと

Oimg_2337

ある日のスーパーの魚コーナーで見た値段に、ちょっと驚いた。まず、チヌ。45センチ前後が1匹400円。ま、そんな程度かと納得の気もするが、釣り師の努力の割には安すぎる。45センチのチヌを釣るために釣り師はどれだけの努力と、どれだけの経費をかけているかを思えば安すぎる。今の時期のチヌは、産後でまずいので、買うとしたらこの値段はわかる。

Oimg_2340

次にタイの値段。ほぼ同じサイズの養殖と天然のマダイ。養殖が1780円で、天然が1580円。天然の方が安い。これまでの常識としては、天然の方が養殖よりも高くて、それも倍くらいの値段と思っていた。しかし、私は、養殖の方が脂がのっていて、パサパサの天然より断然うまいと思っていた。私の感覚に、やっと世間が追い付いてきたのか。ふふ。

7月 21, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年12月

Z199312

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

7月 20, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイシガキフグ

2_1

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
この記録更新が、私の釣り人生に彩り、楽しさ、期待、驚き、知識の深化を与えてくれた。

魚種    イシガキフグ
釣った日  平成9年6月8日
サイズ   43.6センチ
釣った場所 愛媛県由良磯 オオザル
釣り方      ふかせ釣り

香川磯連の大会日に、一人で、愛媛県由良半島の磯に上がった。
この日の釣果は、イサキ2匹、ウマヅラハギ、カワハギ、そしてこのイシガキフグ。
全体的にはかわいそうな釣果だが、最も引きが強かったのが、このイシガキフグというのが、情けなさを増す。
でも、私にとってはこの自己記録更新で、この釣行がとんでもなく有意義になった。この気持ち、分かりますかあ。分かんねぇだろうなあ。

7月 19, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

お魚グッズコレクションーⅡ084

20842s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(フグ)
入手年月 昭和63年5月1日
入手場所 山口県 下関SA
入手金額 350円

 

 

 

 

7月 18, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月17日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録-ートウゴロウイワシ

1_23 2_35

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    トウゴロウイワシ
釣った日  平成26年5月6日
サイズ   14.6センチ
釣った場所 愛媛県愛南町いるか越の磯
      ミズタニ
釣り方   ふかせ釣り

3_17

50センチを越える年なしのチヌ狙い。チヌは釣れず、4匹のヒブダイ。これはフライにすると旨いので、女房も喜んでくれる。
他にも50センチのマダイ。これは渡船の船頭が思いのほか、喜んでくれた。

トウゴロウイワシの群れがジャンジャン来たが、全く釣れず最初は何の魚か分からなかった。スレで釣れた1匹。スレでも立派で正当な釣果。文句あっか。

7月 17, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマアジ

1_7 2_10

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    マアジ
釣った日  平成17年3月9日
サイズ   43.9センチ
釣った場所 愛媛県佐田岬沖
釣り方       船釣り

当時の勤務先の同僚だった友近さんがセットしてくれて、6人での船釣り。
全員が15匹程度を釣り、全て40センチ以上の大物アジの爆釣り。

エサはオキアミを一人当たり10キロ。
これを100号オモリの撒き餌カゴで沈めて、竿をガンガンと振ってカゴの中のエサを出すので、腕が痛くなった。

マアジの40センチは感嘆ものだが、条件が合って、魚がいるところに糸を垂らせば、私でも簡単に釣れることが証明された釣行。
簡単な感嘆もの。思いついたオジンギャグは言わずにおれん。

7月 16, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1993年3月

Z199303

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。「故出雄」はボウズを表す「おでこ」を反対にして読んだもの。ふふ。

7月 15, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

シマホッケは旨そうだった

Pimg_2095

釣りにいけないので、スーパーで魚を買います。しゃーないです。そこで、釣ったことがない魚を食べようと思いました。
選んだ魚がタラとシマホッケ。タラはスキミにしています。いわゆる塩でガチガチに干した「塩タラ」です。これは、今までにも食べたことがあります。

シマホッケは食べたことがなく、ホッケよりもシマホッケの方がおいしそうな名前です。アジよりもシマアジの方がおいしいじゃないですか。ところがどっこい、はっきり言ってまずい。冷凍にする方法がまずいのか、それとも身そのものなのか、臭い。身のホロホロ感は悪くないと思うが、臭いがどうにもならない。産地で食べて見たい気がします。

7月 14, 2019 魚料理 | | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

病院の水槽

Oimg_2111

病院の待合室に熱帯魚水槽。色鮮やかな魚が水槽の中でチョロチョロ、フワフワと舞っています。癒される気がします。

しかし、しばらく見ていると、それらの魚はどう見ても、口が小さくてエサトリ系の魚ばかりです。そう考えると、癒しどころじゃない。仕掛けに丁寧に付けたエサをきれいに食べてしまう光景が浮かびます。病院で癒されるはずの水槽に、イライラがつのるのは、私だけですか。

7月 13, 2019 釣りのつぶやき | | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

回文 闇営業芸人とタイ

Haokoze5840

今回の回文は、まず、闇営業芸人から。

「宮迫の濃さ、闇」
この回文、我ながら、良く出来ていると思います。

「スリムクラブ楽、無理す」
スリムクラブが楽して、無理して高額の家買っているらしい。

魚の回文はタイです。

「鯛押し寿司、置いた」
食べる前の状況。タイの押し寿司に会えたら、この回文を使ってみてください。回りの人かポカンとすると思います。

「ソイ、サクラダイがいたら、具材ぞ」
ま、そうでしょうなあ。

「心外。サクラダイ焼いたら臭い感じ」
そんなこたあ、ないでしょ。

7月 12, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

四国新聞欄 令和1年6月20日

Zh310620

四国新聞を読んでいないこのブログ読者の9割の人に向けて、掲載されたエッセイ「釣りに 行ってんまい」と、釣果写真「釣ったゾ!」を、このブログで順次紹介しています。四国がいかに釣りに恵まれた場所かが分かると思います。

 

写真をクリックすると、よく見えるような大きさにしています。是非、クリックして拡大してみてください。

R1年6月20日掲載分です。

7月 11, 2019 釣りと魚のニュース | | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイシガキダイ

Photo_201907110806012_20190711080601

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。
「ちっちぇー」とバカにしても良し、「エサトリまでサイズ計測するなんて釣り界知らず」と罵っても良し、
なかには、「オレより大きいじゃんか」とちょっと敬意を持っても良し。

魚種    イシガキダイ
釣った日  平成23年5月24日
サイズ   40.2センチ
釣った場所 高知県沖ノ島磯 ヒナダン
釣り方      ウニマムシでのぶっこみ釣り

3_11

四国九絵勇心会の植田さん、秋山さんを始めとして四国、兵庫、大阪の名だたるイシダイ釣り師、クエ釣り師が7人集合。それに初心者として加えてもらっての釣行。
高知県南西端にある沖ノ島で2泊3日、昼はイシダイ釣り、夜は磯に泊まって徹夜のクエ釣りという激しい釣り。
だが結果は全員全滅。

私のウニマムシの仕掛けに小型のイシガキダイが4匹。まさか、この中の1匹が私の記録になるとは思ってなかった。
今年以降もイシダイ釣りを続けることが出来れば、絶対にもっと大きいのが釣れると自信があったけど、しゃーないわ。ふふ。

 

7月 10, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年3月

Z199903_20190711080401

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

7月 9, 2019 言葉遊び | | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

私のなんでも魚種別自己記録ーーイサキ

1_201907110807012_20190711080701

私の50年足らずの楽しい釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    イサキ
釣った日  平成21年9月4日
サイズ   42.8センチ
釣った場所 愛媛県宇和島市御五神島
      本島波止
釣り方   電気ウキのカゴ釣り

3_4 4_1

香川磯連所属のクエ釣り師、植田正さんと二人で高知県西南にクエ狙いを計画。だが、波が高いということで船頭から出船拒否。
出船拒否されても、こちらは行く気満々。そこで愛媛県宇和海に浮かぶ御五神島で、タマミ狙いのぶっこみ釣りと、イサキ狙いのカゴ釣りに変更。

ここでも波が高く、磯は無理ということで下ろされたのが御五神島(おいつかみじま)本島の波止。ここでタマミ狙いをしながらイサキ狙いもしての徹夜釣り。
タマミ狙いは、40cm級のサバ1匹を丸々つけて放り込むとすぐにアタリで、ウツボの入れ食いで忙しい。

その合間を縫ってのカゴ釣りで40cm級の良型イサキが6匹釣れた。

40センチを越えるイサキは、香川磯連、四国磯連の年間表彰になる可能性があると知ったのは、食った後だった。
私には滅多にない四国磯連表彰チャンスだったのに・・・。残念。

7月 8, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

お魚グッズコレクションーⅡ056

20562s

私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(モンガラハギ)

入手年月  平成8年5月10日
入手場所  高松市内デパート
入手金額  500円

 

 

7月 7, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月 6日 (土)

私のなんでも魚種別自己記録ーーアサヒアナハゼ

2_30

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    アサヒアナハゼ
釣った日  平成15年5月18日
サイズ   13.6センチ
釣った場所 香川県三豊市仁尾
      一文字波止(ケーソン)
釣り方      ふかせ釣り

高松黒潮クラブと観音寺目示奈会とのチヌ釣り大会。港の出口にある大きなケーソンに片ちゃん、猪ちゃん、熊ちゃんと4人で下りる。
猪ちゃんが51センチのハネ。全員がチヌを釣る。

私が釣ったチヌは44.1センチで1ミリ差で4位。残念。計測前に尻尾を握って引っ張っとけばよかった。

記録魚のアサヒアナハゼはもちろんエサトリ。このエサトリ、「オレなんぞの雑魚なんか、絶対に殺されない」と分かっているのか、サイズ計測をしている間、ジーッとおとなしくしていたのがいじらしいわ。ふふ。

7月 6, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年5月

Z199905

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

7月 5, 2019 釣りキチがうれしい店 | | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

私のなんでも魚種別自己記録ーークロアナゴ

1_20190709092901  2_53

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    クロアナゴ
釣った日  平成19年10月6日
サイズ   73.1センチ
釣った場所 愛媛県佐田岬 波止
釣り方   ぶっこみ釣り

3_20190709092601

愛媛県佐田岬は、日本一長い岬 。先端まで車で1時間掛かる。
この岬の先端で、当時の勤務先の同僚の友近さんと、到着した日の夜に大型のタチウオ狙い。

まずサビキ仕掛けでエサにする小アジ狙い。これは簡単で4回仕掛けを下ろしただけで15匹。ここまでは計画通り。
いざ、タチウオ狙いには、全くアタリがない。

そこで、死んだ小アジの頭を落としてぶっこみすると、クロアナゴが釣れた。
体側に白い点々がないので、マアナゴでなくクロアナゴと分かった。
この長物を包丁でおろす気がしないし、なによりもまずそうだったが、翌日予定の磯釣りにも期待できないので、とりあえずクーラーに放り込んだ。

7月 4, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

お魚グッズコレクションーⅡ075

20752s
私のお魚グッズコレクション。
なお、タイトルの番号は私の整理番号。

キーホルダー(サケ)

入手年月 平成2年1月29日

入手場所 北海道 サケ博物館

入手金額 700円

サケの皮製品

7月 3, 2019 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年7月 2日 (火)

私のなんでも魚種別自己記録ーーマアナゴ

1cimg5704 2c  

私の50年足らず釣り人生で、釣ったなんでも魚種別の最長記録です。

魚種    マアナゴ
釣った日  平成19年12月21日
サイズ   61.3センチ
釣った場所 香川県高松港
釣り方      投げ釣り

3連休に、高知県に磯釣りに行く予定だったけど、一週間前から天気予報は雨。そのうち晴れになるかも・・・、と期待していたけど、こういうときに限って、気象庁の予報が当たる。どうしようか。「じゃあ、雨になる前に近場に釣りに行けばいいじゃん」と、懸命に出した賢明な結論で、夜釣りに行くことにした。

狙いはジャジャジャーンと、アナゴに決めた。ジャジャジャーンに別に意味はない。久しぶりに狙う魚なので、なんとなくウキウキということ。エサはサバの切り身と、生のイカ。

狙いのアナゴは入れ食いになり、2時間半で10匹。暗い波止にひとり。クネクネと動くアナゴ。
ただでさえ気持ち悪いので、後からワッと脅されたら海に飛び込みそうな恐怖の中でゲットした記録魚です。

7月 2, 2019 魚種別自己記録 | | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

「閑釣万釣お遊びコーナー」1999年10月

Z199910

「閑釣万釣お遊びコーナー」は、私が釣り雑誌「関西のつり」に投稿していたコーナーです。出題は「谷 故出雄」になっているが、これはこのコーナーだけの私のペンネームです。
プリントアウトしてじっくり考えてもらえるとうれしい。

7月 1, 2019 言葉遊び | | コメント (0)