« 四国新聞欄 平成29年12月28日 | トップページ | 平成30年の初釣り(2) »

2018年2月 2日 (金)

平成30年の初釣り

Vcimg1190
今年の初釣りをどこでするか、今年になってからずーっと考えていた。近場での脈釣りに行こうとしたが、どう考えても釣果はたいしたことがないと思ってしまう。

寒気団が次から次にやってくるので、宇和海に行くにも二の足が踏む。ところが、天気図の予報を見ると、先月の31日だけ、高気圧に覆われていて、風もなさそうである。30日にバタバタと道具を準備して昼過ぎに出発。行き先は、愛南町いるか越の磯。翌日の2月1日は強烈寒気で雪の予報なので、ワンチャンスである。

高速道路には雪はなく、山に少し積もっているだけ。高知の海岸沿いはべた凪で、天気予報は強風となっていたのに、と不思議。

Vcimg1192
ところが、まだカチンカチンのオキアミを解かすために、愛媛県愛南町の渡船場近くに行ったとき、ものすごい強風。あわよくばそこで竿を出してみようと思っていたけど、とんでもない。

つづく・・・。

Vcimg1195
オキアミを浸けたところを覗くと、エサトリがワンワンと寄ってきている。これなら、水温も相当高そうで、食い渋りはないような気がする。

Vcimg1197
近くの港でも、木っ葉グレがたくさん見えるので、翌日の釣りもなんとかなるような気がして、近くのビジネスホテルにチェックイン。

Vcimg1202
翌日、渡船の出発は午前6時半過ぎ。海からは異常なほどの霧が立ち上がっていて、空気の冷たさと海水温の高さが分かる。磯上がりしたところは港から10分ぐらいのところ。

Vcimg1206
渡船客は私一人なので、帰る時間も自由。とりあえず午後2時ごろと伝えた。

Vcimg1207
遠くの島は浮島現象で浮いて見えるのがおもしろい。さあーーて。

ウキ下を竿1本にして流すと、エサが残る。

明日に続く。

2月 2, 2018 磯釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/66348410

この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年の初釣り:

コメント

コメントを書く