« 70センチ越えのマダイ | トップページ | 釣り場を順に巡ってみた »

2017年10月15日 (日)

おもしろ事典「淡水釣り」

Wcimg0511
淡水釣りとは単純に淡水での釣りのこと。海釣りの対応語として使うことが多い。

「たん(堪)のうできるかどうかは、水質次第の釣り」

淡水と言っても色々ある。川、池、湖、沼である。川にしても、その川の大きさや、上流、中流、下流によってもいる魚が違うので、釣り方もそれぞれ違う。単に海水にたいする淡水と言う意味しかない。

まあ、世の中はそう単純ではないということか。男がいれば、当然女もいる。女にしても美人がいれば、ブスもいる。ブスと言っても、これまた奥深く、その程度によって色々いる。

つづく・・・。

「すくいようのないメダカブス」、「これいじょう崩しようのない1円ブス」、「果てしない水平線ブス」などは、現代用語事典にも掲載されたことがあるブスだが、他にも釣り人にしか通用しないブスもいる。私が考えました。ふふ。

どうにも直しようのない「おまつりブス」、グチャグチャの「バックラッシュブス」、逃げられてもちっとも惜しくない「エサトリブス」、だれも触りたがらない「ハオコゼブス」。気に行ったのがあったら、自由にお使いください。ただし、このブログの宣伝をお願いします。ふふ。

それでもブスかブスでないかは、極めて主観的なもので、絶対的なものではない。だが、「どんなブスでもブスはブスや」といわれれば、なんか分かった気がしてくる。

10月 15, 2017 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65707017

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典「淡水釣り」:

コメント

コメントを書く