« しばらく、岸からの釣りは無理みたい | トップページ | 「四国の中の世界一・日本一」をサンプル出版 »

2017年9月19日 (火)

おもしろ事典「ピョンピョン釣り」

Sake
ピョンピョン釣りは、昭和初期まで北海道の千曲川で行われていたサケの釣り方である。エサをピョンピョンと躍らせることから付いた名前。現在は中部地方でのコイ釣りに応用されている。

「ピョンとエサを跳ねさせ、ピョンと躍らせる釣り」

昭和初期には大物のサケを釣るための頑丈な竿がなかったので、竹林から太い竹を切り出して使った。このごっつい竿をあおって、エサのエビを躍らせるのだから、すごい体力がいる釣りである。

このピョンピョン釣り以外にも、ピンピン釣りだの、チョンチョン釣りだの、ジャンジャラ釣りなど、相当いいかげんと思われる釣り方が全国にある。しかし、こういうローカル色の強い釣りが好きである。

つづく・・・。

最近のマスコミの偉大さによって、全国どこに行っても似た釣り方になってきているように思える。それはそれで釣果を上げるためのより効率的な釣り方が広まっていることなので、このことを否定するつもりはない。

しかし、本当にこれでいいのだろうか。世の中が効率尺度だけで動いているのだったら、釣りキチは生まれない。釣りの世界がビジネスの世界からの逃避だとは思わない。真の釣りキチは、本気を出せばビジネスの世界でも成功する人だと思いたい。ふふ。

9月 19, 2017 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65706968

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典「ピョンピョン釣り」:

コメント

コメントを書く