« おもしろ事典「氷上釣り」 | トップページ | 馬屋原さんを悼む »

2017年9月 4日 (月)

私が釣った珍らしい魚(9)

Bmcimg5991

私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑰マハタモドキ

香川磯連の大会前日に、愛媛県愛南町の波止で、全遊動ウキを使ってグレ釣りを試した。チヌ釣りでは有効と分かったが、これがグレでも通用するのかを知りたかったから。

25センチ以下の木っ葉グレがよく釣れて、全遊動はグレ釣りでも使えることが分かった。このときに釣れたのが、このマタハモドキ。

釣れたときはマハタの子供だと思ったが、図鑑で調べると、横縞のセンのありようがマハタモドキ。尾ビレに近い横縞が2つに分かれていないから。それでもまだ、私の中では疑問なところもある。

図鑑では「マハタモドキの幼魚は、なかなか見ない」とあったから。

つづき・・・。

Chx0697
珍魚 ⑱シロダイ

平成21年11月に長崎県の男女群島で釣れた魚。現在は金沢市に在住の内藤さんと二人で、女島のハナに上がって夜釣り。そして釣れたのが34センチの見たことがなかった魚。

ま、イシダイ狙いの男女釣行だったので、おまけの魚です。ただ、本命のイシダイも2泊3日で内藤さんが10匹に対し、私は半分の5匹。それも30センチ前後ばかりで、男女群島の釣果としては「そりゃあ、ないだろ」。

私がこれまでにシロダイを釣ったのは、この1匹だけです。

9月 4, 2017 釣り記録 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65678230

この記事へのトラックバック一覧です: 私が釣った珍らしい魚(9):

コメント

コメントを書く