« 近くの川でハゼ狙い | トップページ | 地元の地方紙に釣りエッセイを書くことになりました »

2017年9月11日 (月)

「釣りバカ日誌」96巻

Wcimg0504
2ヶ月前くらいの新聞の広告欄の切抜きを見て、辛坊治郎さんの「ニュースのウソを見抜け」を買いに行ったついでに、マンガコーナーをのぞいて、「釣りバカ日誌」の96巻を発見。7月下旬のことです。

「ニュースの・・・」は、出版されるたびに買っているもので、マスコミ報道で話されないことがたくさん載っていて、すごくおもしろい。「沖縄問題」、「万引き犯のビデオ公開問題」、「韓国の慰安婦像問題」。どれも辛坊さん特有の切り口が参考になります。

特に慰安婦像問題は、私には何で韓国があそこまでするのかがさっぱり理解できなかったが、この本で少し分かった気がしました。

つづく・・・。

「釣りバカ日誌」については、いよいよ96巻まで来ましたが、内容はいつものパターンです。同じパターンなのに、おもしろい。なんでおもしろいのかを考えて、思いついたことがあります。

それは現代版の水戸黄門ドラマだと気がつきました。水戸黄門はなんやかんやともめるが、最後は黄門さんのお出ましで一挙に解決します。「釣りバカ日誌」もなんやかんやもめるが、ハマチャンの釣りが解決に導くというパターン。

だから安心して読めます。現実にはありえない筋書き展開が、釣りキチには「釣りが役立つこともある」と言いたい心理とも合致しています。ふふ。

9月 11, 2017 釣り本 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65682188

この記事へのトラックバック一覧です: 「釣りバカ日誌」96巻:

コメント

コメントを書く