« 「四国の中の世界一・日本一」をサンプル出版 | トップページ | 今度の日曜日、チヌ釣り遊び »

2017年9月21日 (木)

回文 大竹しのぶ アジ

Aji0564
まずは大竹しのぶさんの回文からです。

「顔が・・・。大竹しのぶのしけた大顔が・・・」
大竹しのぶさんが大顔というわけではありません。念のため。

アナグラム「おお、武家の足し」
なんか、いいアナグラムが作れませんでした。ごめんなさい。大竹しのぶさんがこれを見ることはないだろうけど。ふふ。

魚はアジの回文です。

「今、アジ マジ甘い」
釣りたてで新鮮なアジは甘いのです。

「よし。あちこちアジ。あちこちアジよ」
アジは群れになっているので、釣れ出すとあちこちがアジなのです。

「赤いアジ、時合いかあ」
青アジよりは赤アジのほうが興奮します。

つづく・・・。

「よう、恋しいアジ、味愛し、行こうよ」
味はうまい。間違いありません。

「宵暮れ、イサキ好きさ。入れ食いよ」
イサキは夜釣りがいいのです。

「ヤイ、コイ来いや」
コイ釣りは待つことが多い釣りです。アタリがないときの回文ぼやきです。

「夜、高い釣り具使うぞ。止そうガックリ。つい語るよ」
夜釣りは釣りトラブルが多いのです。高い釣り具が犠牲になることもあります。

9月 21, 2017 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65710414

この記事へのトラックバック一覧です: 回文 大竹しのぶ アジ:

コメント

コメントを書く