« お魚マンホール メダカ(新潟県上越市) | トップページ | 「四国の中の世界一・日本一」の自費出版 »

2017年8月24日 (木)

「お入り鯛」とは

Hcimg0118
高松市西部にある道の駅「源平の里 むれ」で珍しいものを見つけました。タイの形をしたお菓子。どんなものか、食べてみることにして、地元産のさくらんぼ、せんべいとともに買いました。

Hcimg0119
この鯛の形をしたお菓子には説明があって、「おいり」というらしい。香川県独特のお菓子です。1個100円。

ネットで調べると、もち米から作られるあられの一種で、結婚式の引き出物として出されたり、嫁入り先のご近所への挨拶回りに使われるらしい。「炒る」と「嫁に入る」を掛けた名前らしい。

つづく・・・。

振ってみるとジャラジャと音がして、何かが入っています。そこで、中のものを確かめるために、包丁でスパッと切ってみることにしました。ふふ。

Hcimg0127
ところが包丁を当てて力を入れると、一瞬にして全体が粉々になってしまいました。中に入っていたのはお米のポン菓子と分かったが、真っ二つに切れなかった悲しさのほうが大きかった。

8月 24, 2017 お魚グッズコレクション |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65549172

この記事へのトラックバック一覧です: 「お入り鯛」とは:

コメント

コメントを書く