« 私が釣った珍らしい魚(6) | トップページ | 古川さんがギネス申請用の写真を持ってきた »

2017年8月15日 (火)

おもしろ事典 「竿釣り」

Cimg4209
竿釣りとは文字通り、竿を使う釣り。竿を使わない手釣りとの対応語として使うことが多い。
「さお先に、おおきなアタリを願う釣り」

竿釣りは手釣りに比べて、確かに便利で操作も楽である。第1に広い範囲を探ることができる。それに、魚を掛けた後のやり取りも容易である。

しかし、アタリの感触は手釣りに劣る。あのゴツゴツとか。コンコンとか、モゾモゾッというアタリは、手釣りの場合は心臓まで響くようにわかる。

最近、釣りを始めた人は手釣りなんてしたことがない人が多いはず。手釣りを是非味わって欲しい。なんたって、あの感触は釣りの原点である。

つづく・・・。

竿で仕掛けを投げ込んだ後でもいいから、道糸を手で持ってみることをお勧めする。小さなフグのアタリでもしっかりと分かる。

だが、これも老年のほえごとか。1945年の終戦直後に食べたお米のおいしさを最近の若者は知らないと嘆き、「お米はおいしいものなんだぞ」と大声でわめくことと同じことなんだろうか。

オジサンは悲しいのだ。むなしいのだ。若者が「ルアーが最高」といくら叫ぼうとも、手釣りの感触が最高なのだ。

8月 15, 2017 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65523625

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典 「竿釣り」:

コメント

コメントを書く