« 2017年7月 | トップページ

2017年8月23日 (水)

お魚マンホール メダカ(新潟県上越市)

Zmwdakajyouetu
「デザインマンホール」と、「魚」をキーワードとしてネットで調べていると、メダカをデザインしているマンホールがありました。意外な魚です。

新潟県上越市のマンホールです。上越市は県の南西部にあって、県で3番目の人口19万人。結構大きな市です。高田市と直江津市とが合併して出来たらしいのだが、私が受験していた55年前には直江津市はあったはず。ふふ。

上越市のマンホールになぜメダカなのか。もちろん「市の魚」にメダカが指定されているようではないらしい。

つづく・・・。

「上越市、メダカ」でネット検索すると、メダカを売っている店がいくつか出てきました。それも結構大きくやっているようです。それにしてもメダカがマンホールにデザインされるほどの市民権があるようには思えません。

おそらく小川にたくさんのメダカが泳いでいて、自然の風景の中から切り取ったものと解釈させていただきました。

8月 23, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

私が釣った珍らしい魚(7)

Bqcimg9230
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑬マダラエソ

平成25年の11月に高知県大月町で釣れたもの。アオリイカ狙いで釣れた外道。仕掛けを回収しようと巻き上げている途中にいきなり食ってきて釣れました。

この日のアオリイカは絶好調で1キロ近い良型が10匹も釣れたので、このマダラエソのことは、このブログにも一切書いてない。

一緒に行っていた山田さんが、「それはマエソと違うぜ」と教えてくれたので、この自己記録が作れました。サイズは34.2センチ。魚のサイズとしてはたいしたことがないが、そんなに数多くは釣れない魚種だと思います。

つづく・・・。

Docimg3006
珍魚⑭ シモフリシマハゼ

平成27年の11月に我が家から近い郷東川の河口で釣れたもの。脈釣り仕掛けでハゼが釣れるかどうかを確かめるために遊びのつもりで竿を出した。

ハゼは釣れず、フグしか釣れないので止めようかと思っていたら、ゴミだと思ったほど小さくて、引っかかってきた藻の陰に釣れていた。ふふ。

ま、だいたい記録と言うもののほとんどは、狙って釣るときよりもたまたま釣れることのほうが多い。特に、こういう珍魚はたまたまでしか釣れない。ふふ。

8月 22, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

回文 森公美子 イシダイ

Isidai1894ls
今回の回文は森公美子さんからです。

「食べた。森公美子ヘコみ、栗もたべた」
あの体型だから、ヘコんだときでも大食いだと思います。
アナグラム「曇りこみ」

魚の回文はイシダイ。

「良か色、クチグロ、口黒いがよ」
口が黒いのは大きいイシダイ。よかよ。

「良いサンバソウぞ。ばんざいよ」
私はサンバソウでもうれしいのです。ふふ。

つづく・・・。

「佐賀の大肉とキス、ガシラ。嵐が好き。特に大野がさ」
この内容については全く責任持てませんふふ。

「嗅いだイワシ、味わいたいか」
味わいたくないわい。

「今、アジ甘い」
トレトレの新鮮な魚は甘いのです。

「良し、アナゴ。エコな味よ」
アナゴはウナギと比べると、なんかエコな感じです。

8月 21, 2017 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

のり弁に入っている白身魚とは

Wcimg0489
のり弁に入っている白身魚の多くが写真のナマズだと知ったら、驚くでしょ。驚かないとしたら、アンタはよっぽど達観した人だと思います。ふふ。のり弁に入っているのは、こんな大きな成魚ではなくて、50センチ程度のものらしい。

Wcimg0490
のり弁でなくても、弁当の白身魚の表記があると、いつもタラか何かだと思っていたが、まさかナマズとは知りませんでした。このナマズ、パンガシウスは私もタイ国で釣ったことがあるので、以前もこのブログに書いたことがあります。

イオンの魚コーナーにこの魚が並んでいるのを発見したときです。今回、テレビの経済番組で、白身魚がベトナムで養殖されているパンガシウスと紹介されていて、初めて知りました。

つづく・・・。

お気に入りのテレビ番組は録画して観ています。日経新聞社提供の「未来世紀ジャパン」もその中の一つ。7月末に放映されたのは、「日本企業が海外でヒットさせた商品を逆輸入」でした。

この中で、イオンがベトナムのパンガシウス養殖業者と提携して大々的にこれを白身魚として輸入しているとのこと。この魚を使っている弁当業者はナマズには臭いイメージがあるため、敢えて魚名を伏せていることが多いとのこと。パンガシウスには無実の罪を与えている感じ。

8月 20, 2017 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

100円ショップで買いました

Ycimg0428
釣りベストにハリスを切るための小さなハサミをぶら下げているピンリールが錆びて千切れました。そこで100円ショップで探すといいのがあったので、即購入。ふふ。

Ecimg0234
ついでに帽子が風で飛ばされるのを防ぐ防止クリップ。帽子の防止クリップ。オジンギャグです。しやーないでしょ。

それに釣り具仕掛けを入れるソフトケース。いろんな釣り具を小分けして入れるのに便利です。これも購入。

つづく・・・。

100円ショップには釣りに使える便利な小物がたくさんあることは、以前にも書きました。年金生活の味方です。ふふ。今後も100円ショップ詣では続くと思います。

最近商店街に行かなくなってしまったのも、私には100円ショップでたいていの物が買えてしまうことも大きい。

8月 19, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

ベトナム土産の象牙?のお魚グッズ

Dscimg0360
ベトナムにボランティアで行っていた東京在住の寺戸さんからの土産のひとつです。

形はシンプルですが、お魚に間違いはありません。疑問は素材。寺戸さんからのメールでは象牙ではないかとのこと。私には分かりません。

昔、象牙だと言われて買ったものが水牛の角だったことがあります。だが、それは今回もらったものよりは色が褐色のように見えたので、このお魚グッズはそれよりは白いので象牙のような気がします。ふふ。

つづく・・・。

購入は今年の3月14日にホーチミン市内の店で買ったとのこと。3月14日と言えば、寺戸さんが半年以上のボランティアを終えて帰ってくる直前です。帰る準備をしていて、私のことを思い出してくれたらしい。

値段は6万6000ドン。ベトナムの値段を聞くととんでもない高価な品のように思えます。日本円に直すと約20分の一なので330円。日本での土産だと相応の値段ですが、ベトナムでは高級なものに違いありません。ふふ。

8月 18, 2017 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

カンパチの香川の大物申請がありました

Zkanpatifbdac4d1s
香川磯連会長の古川さんが、香川の大物申請用にカンパチの写真を持って来てくれました。

釣ったのは観音寺市在住の安藤高博さん。古川さんと同じクラブの人と一緒に行って釣れたと言います。釣った日は7月24日。釣った場所は高知県入野沖。

入野は高知県西部の磯に行く途中にあるが、サーフィンで有名なので砂浜のイメージしかありませんでした。ここの港から大物釣りの船が出ているらしい。

サイズ申請は158.0センチとなっていましたが・・・。

つづく・・・。

Zkanpatip1050793
魚拓にメジャーを当てて写真を撮ってくれています。頭の部分だけをアップにした写真もあります。これでみると、155.9センチ。これだけ大きい魚になると、測りようで1センチや2センチは違ってきます。

しかし、このギネス認定はあくまでも証拠が必要で、この場合はたまたま撮った写真では155.9センチしかなかったので、これが認定サイズとなります。ふふ。

「香川の大物釣魚ギネス」のホームページは、赤澤名工が既に登録を終えてくれています。
http://outdoor.geocities.jp/kgyones/

8月 17, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

古川さんがギネス申請用の写真を持ってきた

Wcimg0521
昨日、香川磯釣り連盟会長の古川さんが香川の大物ギネスに申請用の写真をUSBに入れて持って来てくれました。カンパチの超大物が釣れた写真です。古川さんが釣ったのではない。

電話で「写真を持って行く」と言われたので、郵送でいいよと言ったのに、「持って行く」といいはります。高速代やガソリン代を考えたら、絶対に郵送するほうが得です。

学校の先生をしていた人が、そんなことも分からないはずはないはず。ふふ。それでも持ってくるというのは、よっぽど私に会いたいのかと思いましたわ。

つづく・・・。

データが入ったUSBを私に渡しながら、「小松島市の釣り具店までエサ箱を買いに行った」。体につける小さな刺しエサ用のエサ箱を見せてくれました。香川県内の釣具屋には置いていないとのこと。

徳島県の小松島市までわざわざエサ箱を買いにいったのには驚き。シンジラレナーイ。そのついでに我が家に寄ってくれたらしい。

Zimg_11
持ってきてくれたUSBの中を見ると、申請用のカンパチの写真以外に1枚だけ古川さんがイカを抱えた写真がありました。ま、たまたまだと思うが、このイカを私に見せたかったのかも・・・。ふふ。

8月 16, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

おもしろ事典 「竿釣り」

Cimg4209
竿釣りとは文字通り、竿を使う釣り。竿を使わない手釣りとの対応語として使うことが多い。
「さお先に、おおきなアタリを願う釣り」

竿釣りは手釣りに比べて、確かに便利で操作も楽である。第1に広い範囲を探ることができる。それに、魚を掛けた後のやり取りも容易である。

しかし、アタリの感触は手釣りに劣る。あのゴツゴツとか。コンコンとか、モゾモゾッというアタリは、手釣りの場合は心臓まで響くようにわかる。

最近、釣りを始めた人は手釣りなんてしたことがない人が多いはず。手釣りを是非味わって欲しい。なんたって、あの感触は釣りの原点である。

つづく・・・。

竿で仕掛けを投げ込んだ後でもいいから、道糸を手で持ってみることをお勧めする。小さなフグのアタリでもしっかりと分かる。

だが、これも老年のほえごとか。1945年の終戦直後に食べたお米のおいしさを最近の若者は知らないと嘆き、「お米はおいしいものなんだぞ」と大声でわめくことと同じことなんだろうか。

オジサンは悲しいのだ。むなしいのだ。若者が「ルアーが最高」といくら叫ぼうとも、手釣りの感触が最高なのだ。

8月 15, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

私が釣った珍らしい魚(6)

Chy1199_2
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚⑪ カモハラトラギス

平成22年の3月に、高知県西部の足摺岬の磯で釣れたもの。イシダイ釣り師4人で行き、それぞれ別の磯に上がりました。狙いはもちろんノッコミの大型イシダイ。

だが、イシダイからの音沙汰は全くなし。昼を過ぎてズボ釣りをやったところ、瀬戸内海では見たことがない紋様の魚が釣れました。それがカモハラトラギス。この日に2匹。

つづく・・・。

Aecimg2635
珍魚⑫ コガネスズメダイ

平成23年の4月に長崎県の男女群島で釣れたもの。もちろん狙った魚でないのでエサトリ外道です。私にはうれしい外道です。ふふ。目がクリッとしていて色も鮮やか。

こんなエサトリで大喜びする磯釣り師は全国でもそんなにいないと思います。この魚より私のほうが珍しいか。ふふ。

この日の狙いはもちろんイシダイだったが、イシダイ1匹に、イシガキダイ8匹。どれも大きくはないものばかり。

8月 14, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

耐塩水のスマホ

Wcimg0495s
黒潮クラブのビアガーデンで、オカテッちゃんがスマホを見せびらかします。「これは、海に浸かってもえんや。海中で魚の写真を撮ることもできる」とひとりで盛り上がっていました。

確かに、釣り人にとって携帯を海に落とす恐怖は釣りにしない人には分からないと思います。私も2回海に落としました。水深10センチですばやく拾い上げてもダメでした。

外出していると、オカテッちゃんから電話。「ピンポンを押したけどだれも出てこないので、郵便受けに放り込んでおいた」とのこと。海中で魚の写真が撮れるというスマホのパンフレットです。

つづく・・・。

Wcimg0515
家に帰って郵便受けをあけると、パンレットが入っています。それも同じものが5枚も。オカテッちゃんがすごく気に入っているのは分かるが、5枚もパンフレットはいりません。ふふ。

Wcimg0518
中には、防水はもちろんのこと、オカテッちゃんが言っていたように、水深1.5メートルの海水に30分静めてもOKで、5パーセント塩水を24時間噴霧してもOKとのこと。

ま、私はまだガラ系。スマホのどの機種にするかよりも、スマホにするかどうかに迷っています。ふふ。

8月 13, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

マダコをいただきました

Wcimg0519
今日の午後、次の自費出版に向けての原稿を整理していると、私と同じ高松黒潮クラブの事務局長をしている三好さんから電話がありました。

なんの話かと思ったら、マダコを持って来てくれるという。15分後、持ってきたときに、どこで釣ったのかと聞くと「親戚からもらった」と言います。その親戚はどこで釣りをしていたのかと聞くと、その人も釣りに行っていないと言います。

それ以上の追求はやめました。ふふ。受け取ったマダコは既に茹でてあってまだホカホカで暖かい。もう1匹を持っていて、石塚さんに渡してくれというので、石塚さんに電話をしました。

つづく・・・。

Wcimg0520
取りに来た石塚さんはタコを茹でる気が満々です。タコはゆでる前にヌメリを取るが、それが結構大変で、既にゆでてあるのはありがたい。石塚さんの顔も緩みました。

思いがけないタコです。この時期のタコはすごくうまい。早速足を少し切って醤油で食べたら柔らかく、旨みが凝縮しています。

8月 12, 2017 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

お魚マンホール ニジマス(山口県美祢市)

Znizimassyuhomati
マンホールにデザインされている魚を、これまでたくさん書いてきました。これまで取り上げてない魚はないかと考えて、ニジマスを思いつきました。

ニジマスは結構ポピュラーなのでたくさんのマンホールデザインに入っていると思ったが、意外に少ない。そのひとつが、山口県の美祢(みね)市で、合併前の旧秋芳町のマンホールにデザインされています。

秋芳町とニジマスの関係について調べると、意外なことが分かりました。ちょっと考えさせられます。ふふ。

つづく・・・。

美祢市を検索すると、ニジマス料理とともに、ニジマスの釣り堀の記事がたくさん出てきます。さらに調べて行くと、合併前の旧秋芳町の財政は全国で悪いほうから3位と非常に厳しかったらしい。

秋芳洞は全国的にすごく有名な観光資源なので財政が潤っていると思っていたのでちょっとびっくりです。町が財政立て直しの活性化ために作ったのが大きなニジマス釣り堀とオートキャンプ場で、これがうまくいかず12億円の赤字になったという。

もしこれが正しいのなら、町財政赤字拡大の要因になったニジマスがマンホールにデザインされていることになる。なんとも皮肉なことです。

8月 11, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

ビアガーデンでの集合写真

Zbeerimg_5393m
この前の日曜日に、釣りクラブのビアガーデンがありました。そのときの集合写真を、猪子さんにメールで送ってもらいました。ビアガーデンで飲む前に撮りました。

この場所は丸亀町商店街にある3階分が吹き抜けになっている珍しいアーケード街の西館4階にあるビアガーデンです。ビルの屋上とは思えない芝生が広がっています。

ビアガーデンは屋外で飲むことも出来るが、写真でチラッと左側に写っている建物が屋内のビアガーデンになっていて、大きなガラスで屋外を眺めることが出来、屋内なのでクーラーも効いています。私達はもちろん屋内を予約していていました。ふふ。

つづく・・・。

Zbeerimg_5391s
集合写真は、今年が高松黒潮クラブ結成の45周年に当たるので、その記念誌に掲載するための写真です。冒頭の写真には家族も入っていて、別にクラブ員だけの写真も撮っています。どちらの写真を記念誌に使うかは猪子さん次第。ふふ。

クラブが結成した45年前といえば、私が27歳で釣りをし始めた年です。近場で小物を釣っていて楽しかったが、もしこの時期にクラブに加入していたら、もっと大物がたくさん釣れていたはずです。
ただ、私がクラブ加入前に開発した釣り場や船頭は、現在大きな財産になっているので、あながちどちらがいいとは言えません。ふふ。

8月 10, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

回文 坂上忍 イサキ

Isaki9961
まずは坂上忍さんの回文から。

「ダサか。坂上忍のシミがカサカサだ」
坂上さんにシミがあったっけ。知りません。ふふ。

アナグラム 「武士の鑑(かがみ)さ」
回文が失礼な内容なので、お詫びにこのアナグラムを作りました。

魚の回文はイサキです。

「寂し。イサキ色彩地味さ」
イサキの色は地味です。あんまりおいしそうに見えないけど、おいしいのですぞ。

「時合い。イサキ好きさ。いい味」
どんな魚でも時合いが大切だが、磯からのイサキは特に潮に左右される気がします。

つづく・・・。

「良くない。タチウオ追う、遅滞なくよ」
釣れないときは辛抱して、釣れ出したら、遅滞なく釣れよ。

「全潮裏嫌うオジンぜ」
潮裏より潮表のほうが何となくいい釣りが出来そうな気がします。

「良き効率の釣り、動きよ」
そうです。動いて釣りをしたほうが率がいいとおもいます。ふふ。

8月 9, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

気に入っているバラエティ番組

Xcimg0479
会社をリタイアしてからは、テレビを観る時間が増えています。ドラマは全く観ず、観るのはバラエティ番組が最も多く、ドキュメンタリーとか、時事番組です。

バラエティ番組の中で現在最も気に入っているのが、ナスDがヤフーのニュースでも取り上げられた「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」という地球規模のハチャメチャ番組。

5つのテーマが同時進行していて、世界で大物を釣り上げる「釣りまアース」、アマゾンの奥地深くに行く「部族アース」、豪華客船の乗客とどれだけ親しくなれるかという「豪華客船アース」、世界の各地の景色をドローンで撮影する「ドローンアース」、などです。

ナスDは部族アースのディレクターなのに、芸人のU字工事を出し抜いて不気味な実の汁を顔を塗ってしまい真っ黒になっている。また、豪華客船アースでは、CIAに内定していたが芸人になっているREINAが巧みな話術で日本からイギリスに行く50日間で多くの金持ち客と仲良くなる。

午後12時近くの深夜番組だが、10月からゴールデン時間に移るという。さもありなんです。

つづく・・・。

「釣りまアース」はサンシャイン池崎が各地で大物を狙うが、観ていていかにも釣りは素人というのがよく分かる。

それでも、先日の放映ではモンゴルで1メートルを越えるタイメンを、釣り上げる。それも釣りガイドから「最後の1投」と言われたときに釣り上げる。ま、早朝から夕方までルアーをあきらめずに投げ続けて、頑張っていたお陰だと思います。私にはとても出来ません。ふふ。

8月 8, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

釣りクラブでビアガーデン

Wcimg0500
毎年8月第1週目の日曜日は、黒潮クラブのビアガーデンの日です。このときは釣り大会よりもはるかにたくさんの人が参加します。ふふ。場所は高松市内の丸亀町商店街のグリーンスペースにあるビアガーデン。

Wcimg0493
昨日の参加人数は家族を含めて21人。クラブ員の中には、年の一度のこの日しか会わない人もいます。ふふ。60歳はまだ若者。70才台は平均なんだから、釣り大会に参加しないのも分かります。だから、冷房が効いた部屋でのビアガーデンは最高。ビルの屋上のビアガーデンは年寄りには無理です。ふふ。

席が横長いので、全員と一緒に話しをするわけにいきません。個別です。小野ちゃんは9月にイイダコ釣りの船を出してくれる約束になりました。西脇さんは部長さんになったせいか、忙しくて釣りに行けてないとのこと。しゃーないです。

Wcimg0502
私の横に座った熊ちゃんは、脈釣りでケミホタルを付けることを勧めてくれた先生。だから、すぐに冗談でエラソーにいうので、わたしもそれを茶化して場が盛り上がるといういつものパターンです。

つづく・・・。

ヨッさんは先月御五神の磯夜釣りで、イサキを27匹と、入れ食いさせたらしい。私におすそ分けはなかったので、ちょっぴりイヤミをぶち込んでおきました。ふふ。

Wcimg0495_2
私の前に座った菅野さんは、この日のビアガーデンのためだけにわざわざ松山市からの参加。ま、それくらいクラブに魅力があるってことですわ。ホテルに泊まると言っていたけど、今朝から電車、高速バスとも不通で、夕方になって動き始めました。ま、何とかして帰ったと思います。若手の60歳代なんだから。ふふ。
オカテッちゃんは秋からは「ゼッタイに」イカ釣りを再開すると、意気込んでいる様な、いないような・・・。

8月 7, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

私が釣った珍らしい魚(5)

Fcimg0914
私のこれまでの35年間釣り歴で、1匹か2匹しか釣ったことがない魚を珍魚として認定することにしました。

珍魚 ⑨ヤマブキベラ

平成26年の10月に愛媛県愛南町深浦の磯で釣れたもの。この日は28センチまでの小ぶりのグレが一時入れ食いになりました。釣れた数が21匹。

沖はグレばかりなので磯際を流してみました。それで釣れたのがこのヤマブキベラ。緑色が鮮やかでベラということは一目で分かったが、それまで釣ったことのないベラでした。ふふ。食べないのでリリース。

サイズは26.2センチ。ベラとしては大きいので、「香川県大物釣魚ギネス」に登録申請をして、現在も香川県記録となっています。

魚のサイズとしては、そんなに数多くは釣れない魚種だし、また、釣れても香川ギネスに申請する人も少ないので、しばらくはこの記録が健在だと思います。ふふ。

つづく・・・。

Bxcimg5736
珍魚⑩ ニセカンランハギ

平成24年の5月に高知県西部の足摺港で釣ったもの。釣ったというより、釣れてしまったと言うほうが正しい。50センチ以上のチヌを狙っていてたまたま釣れたから・・・。

背ビレと腹ビレが鮮やかな黄色で、いかにも熱帯魚のような色彩。釣れたときはその色がうれしかった。

サイズは36.6センチ。この魚のサイズとしては大きいのかどうかは分からないが、掛けたときは結構な引きでした。ふふ。これも「香川の大物釣魚ギネス」に登録申請をして、現在も香川県記録になっています。もちろん食べないのでリリース。

8月 6, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

100円ショップの釣り具

Xcimg0464
100円ショップには、釣り具のコーナーもあります。これまであまり買ったことはなかった。もし、100円ショップで買ったハリスで魚をバラしたら、悔いが残ります。ふふ。

孫のユーキとチョイ投げ釣りに行くときに使う仕掛けは、自分で作ることにしています。チョイ投げはハリの鋭さが大切なので、私はがまかつの投げ専用キスバリを使っています。

ところが孫と行くときになって、自分が作っているチョイ投げ仕掛けのストックがないことに気がつきました。そして100円ショップに行ったときに投げ釣り仕掛けがあったので予備に買いました。

つづく・・・。

仕掛け4個で100円とは安い。どうせ針先も鈍いのだろうと覚悟の上です。ところが袋から取り出してハリ先を爪に当てて驚きました。けっこう鋭くて滑りません。

そこでこの仕掛けを使ってみると、自分で作った仕掛けと遜色がありません。ふふ。3本バリが4個なので、ハリだけでも12個。これで100円だったら、ハリだけでも安い。

自分で仕掛けを作るのがバカらしくなってきました。大物を期待しないチョイ投げだったら、これで十分です。ふふ。

8月 5, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

ベトナム土産の粘土細工

Dscimg0352
東京在住の寺戸さんのベトナム土産の一つです。棒の先にカラフルでかわいい魚が付いています。寺戸さんからのメールによると粘土細工とのこと。

Dscimg0369
タムゼン公園と言うところで今年の6月11日に買ったとのこと。買ったときの写真が届いているので、それを見ると露天商での実演販売らしい。

Dscimg0353
値段は20000ベトナムドン。日本円だと100円。5色の粘土で作られています。あまりにもカラフルなので、ネットで調べてみました。

つづく・・。

この粘土は塩、玉蜀黍(たまねぎ)のでんぷん、プラスチックで作る人工粘土らしい。ベトナムではポピュラーな細工で、花を作ることが多い。

人工粘土でないと、こんなにカラフルには出来ませんわなあ。プラスチックも原料のひとつなので、これだけカラフルに出来るらしい。日本にも教室があるようだ。

8月 4, 2017 お魚グッズコレクション | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

今年の目標達成度は・・・

Jcimg0100
今年の目標は、釣りに行く日数が40日、釣る匹数が400匹、それに40魚種と、30センチ以上を30匹、1キロ以上のアオリイカを釣ること、この5項目にしています。

今年も8月に入り、既に半年以上が経っているので、これまでの実績を集計してみました。

釣りに行った日数は15日。目標の半分も行けていません。但し、今年はイロイロ、なんやかんや、どうもこうもがあって、初釣りが3月11日と遅かったので仕方がない面もあります。ふふ。

匹数は、7月に行った豆アジ釣りの99匹が貢献して約200匹を釣っているので、まあまあです。匹数が危うくなればアジ釣りが特効薬になります。しゃーないなあ。

つづく・・・。

続いて魚種数ですが、これまでに27魚種が釣れています。目標の40の半分以上になっているのは、この魚種数だけです。ただ、魚種は一度釣れたものはカウントできないので、後半になるほど伸びなくなるので、ちょっと心配です。

30センチ以上の魚ですが、これまでに11匹と健闘しています。ただ、ヒブダイが6匹、チヌが3匹だから、自慢にはなりませんわ。30センチ越えの魚で唯一良かったのは、チヌ釣りの外道で釣れたアイナメだけ。

1キロ以上のアオリイカは当然にまだ未達成です。

全体的にはこれから頑張らないといけないことが分かりました。エイエイオー。どうなんかなあ。

8月 3, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

どんどん増える釣りイメージのCM

Icimg0052
5月に、釣りをイメージしたCMが多くなっていることを書きました。その時点で見つけたのが3社のCM。

Zcimg0429
しかし、その後も釣りの情景のCMが増えています。さらに3社で釣りをイメージするCMが放映されています。

Zcimg0349
Zcimg0344
私には何にも関係ないことだけど、うれしい。しかし、気になることもあります。ふふ。

つづく・・・。

それは船釣り、磯釣り、投げ釣りなど、釣りで主要なジャンルの情景が全く使われていないこと。CMなので、あくまでもイメージだから・・・。

ま、釣りをしない人が見ることが多いCMなので仕方ないこととは思うが、世間では釣りってこんなイメージでとらえられていることに、しゃーない気がするし、残念な気もします。

8月 2, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

お魚マンホール トビウオ(鳥取県気高町)

Ztobiuoketaka
マンホールにトビウオがデザインされている市町村を検索しました。以前このブログに書いた沖縄県八重瀬町の他に、鳥取県にもありました。ふふ。

現在は鳥取市に編入されている旧気高町のマンホールです。鳥取県と言えば、トビウオを「あご」として人気を得ています。ネットで検索するとトビウオ料理がたくさん紹介されています。

面白かったのは観光協会のページに「あごすくい体験」があったこと。瀬戸内海では魚をすくう体験を観光にしていることなんて聞いたことがありません。

つづく・・・。

夜に漁船で沖に出て、強いライトで海を照らし、その光で寄ってきてものすごいスピードで泳ぎ回るトビウオを網ですくうらしい。すくうコツがあるらしい。時期は5月下旬から6月下旬の1ヶ月だけ。

その料金が一人5000円。何匹くらいすくえるのかは一切書いていないので分からないが、50匹くらい救えるのであれば安いが10匹だと高い気がする。

8月 1, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)