« 豆アジ釣りはいつも楽しい | トップページ | 豆アジ釣りはいつも楽しい(3) »

2017年7月21日 (金)

豆アジ釣りはいつも楽しい(2)

Xcimg0439
徳島県鳴門市で、午前4時から1時間の豆アジ釣り。ずーっと入れ食いでした。豆アジをおろすのは、いつも近くの別の波止でします。家に帰ってからだと内臓の処理がうっとうしいからです。

Xcimg0442
そのときに何匹釣れたかを数えました。ふふ。10匹ずつにまとめて、10匹が9個と9匹なので全部で99匹。そしてその中の1匹だけ小サバが混じっていました。

仕掛けから魚をはずすときに気が付きそうなものだが、全く気がつきませんでした。

Xcimg0444
そして、1匹だけ噛まれた跡があるアジがありました。そういえば、釣りをしているとき、いきなり大きな玉子ウキがグーンと引っ込まれたことがありました。そのときは暗かったので、噛み跡に気が付かなかったが、ハマチだったと思います。残念。

つづく・・・。

Xcimg0443
内臓を出すことはおよそ10分で出来ました。胸ビレのすぐ後に包丁を入れて内臓を切り取る感じでやると、エラも含めてきれいに取れます。

その後、丁寧に洗わないといけないが、それに15分。なんやかんやで30分で終えました。

このときは6時過ぎです。まだ帰るのは早いので、近くの波止でゴカイのエサでズボ釣りをすることにしました。今年の魚種数を稼ぐためです。ふふ。

Xcimg0451
仕掛けを入れてすぐにアタリ。釣れたのはアサヒアナハゼです。今年はまだ釣っていない魚種なので万歳。ふふ。

明日に続く。

7月 21, 2017 波止釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65558618

この記事へのトラックバック一覧です: 豆アジ釣りはいつも楽しい(2):

コメント

コメントを書く