« 釣りゲームメーカーに申し上げる | トップページ | NHK「怪魚ハンターが行く」 »

2017年7月10日 (月)

回文 松井一代 鯉

Cimg1800
まずは、最近なにかと話題の松居一代さんの回文から。

「メモで松居一代クヨクヨすか。いつまで揉(も)め」
アナグラム「まず、いつかよ」

それではコイの回文です。

「願うコイ、魚の中最高価ね」
「買うコイはヤバい高価」
錦鯉で高いのは1000万円するのもいるらしい。

「高い高いコイは憩いが対価だ」
コイの値段が高いのは、見ていると憩いを感じるってさ。金持ちの自慢でないと思います。はい。

つづく・・・。

「よくフエフキダイ会いたき、笛吹くよ」
名前の通り、笛を吹くような口をしているフエフキダイ、私はまだ釣ったことがない。ふふ。

「祭事の炊いたタイ、焼いたタイ、楽しいさ」
祭事にタイはつきものです。なかなかよくできた回文。誰も褒めてくれないので自分で褒めます。ふふ。

「寒ブリ文化」
北陸の寒ブリは超高価。食としてよりも文化じゃ、と思わなくては納得できません。

7月 10, 2017 言葉遊び |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65516706

この記事へのトラックバック一覧です: 回文 松井一代 鯉:

コメント

コメントを書く