« 最近のケミホタルはすごい | トップページ | お魚マンホール カジキ(鹿児島県南さつま市) »

2017年7月16日 (日)

おもしろ事典「直下釣り」

Cimg9747直下釣りとは、筏や船などから、釣り座の真下を狙う釣り。
ちょ、つ、か、で説明すると、「ちょうど真下から、ツンと、カワハギなどのアタリがある釣り」。

筏からチヌを狙うときは、直下釣りが一般的である。ほとんど全員が直下に糸を垂らす。しかし、どこの世界にもへそ曲がりがいるもので、10メートル以上ダンゴを投げるヤツがいたりする。

だれも釣れないときに、そのへそ曲がり君に1匹釣れたとしても、内心は気になるが「ありゃあ、まぐれだ」とすぐに遠投するのはプライドが許さない。

つづく・・・。

しかし、へそ曲がり君に2匹目が釣れたとすると、状況は一変する。多くの人が次から次にそれまでのプライドを捨てて、ダンゴを遠くに投げ始める。

挙句の果てには、オリンピックの砲丸投げのように、いかに遠くに投げるかのダンゴ投げ競争状態になる。

そして遠くまで投げた人にたまたま釣れたりすると、それこそ筏の上は遠投競技大会になる。そうなると、直下釣りに固執している人が、新へそ曲がり君に昇格する。ふふ。

7月 16, 2017 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65058932

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典「直下釣り」:

コメント

コメントを書く