« 「川漁師 神々しき奥義」で考えたこと | トップページ | 豆アジ釣りはいつも楽しい(2) »

2017年7月20日 (木)

豆アジ釣りはいつも楽しい

Xcimg0431
そろそろ豆アジ釣りのシーズンということに気がついて、徳島新聞の釣り情報をチェック。アジは徳島県南から大きくなりながら北上します。

そして毎年この時期に鳴門海峡にたどり着きます。徳島新聞を見ていると、小松島で釣れ始め、徳島市、鳴門市と豆アジ情報が出てきます。

鳴門海峡に到達すると、鳴門のイカダで豆アジが100匹、200匹釣れたという情報で鳴門海峡への到達が分かります。私は波止での釣りなので、それから1週間位して後に行くことになります。

そして、昨日チェックすると、まさに今がいい時期になっています。そこで、今日急遽、鳴門市北泊に行きました。私のマイポイントで釣り始めたのが午前4時。マイポイントと言っても、穴場でもなんでもないが、比較的釣り人が少なくて、車も置けるので、毎年ここに行きます。

つづく・・・。

朝4時なので、当然まだ暗い。ヘッドランプを持ってくるのを忘れたが、このポイントには明るい常夜灯があるので、助かります。

1投目から3連。毎年行くが第1投目から釣れるのは珍しい。たいていは5分か10分ほど撒き餌代わりに仕掛けを投げてから食いだすのだが、今日は1投目から3連なので、驚きました。

その後も2連、3連と続きます。まさに入れ食いです。午前4時丁度から釣り初めて1時間。この間で、アジが釣れなかったのは2回だけ。1回はアタリはあったが、仕掛けを上げても釣れていなかっただけなので、全くアタリもなく釣れなかったのは1回だけと、驚異的な入れ食いです。ふふ。

Xcimg0435
食べるのは私達老夫婦の二人だけなので、そんなには必要ありません。1時間で釣りをやめることにしました。最後に釣れたのはアジとともに小さいメバルの子。止め時です。残ったアミエビは海に投げ入れました。

明日に続く。

7月 20, 2017 波止釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65557735

この記事へのトラックバック一覧です: 豆アジ釣りはいつも楽しい:

コメント

コメントを書く