« タコのアフリカ産と国産の見分け方 | トップページ | ひょっとしたら、いいかも・・・ »

2017年6月 9日 (金)

「怪魚を釣る」を買いました

Fcimg0191
愛媛県宇和海の磯で釣りをしていてバッカンを海に落として撒き餌がなくなったので、船頭を呼んで予定より早く磯から戻りました。ホテルに入るにはまだまだ早い。

そこで新聞広告で買うつもりだった本を買いに、近くの本屋に行きました。目的の本は置いていなかったが、その代わり「怪魚を釣る」を見つけました。

ホテルにチェックインしてから、半分くらい読んだが、この日は午前2時に起きたので眠気が襲ってきて、残りは家に帰ってから読みました。

つづく・・・。

久しぶりに「釣れた」という内容でない釣りの本を読んだ気がしました。

特に「そうだろうな」と思ったことは、「釣りの価値観は国によって違う。インドにおける釣りは、イギリス人のレジャーか、貧しい人が行うもの。バス釣りが盛んなアメリカでは岸辺からの釣りは貧乏人が生活のためにするもの。」ということが書いてあったこと。

私も外国に行くときは出来るだけ竿を持って行きます。これまで釣りをした国はアメリカ、オランダ、スペイン、タイ、エジプト、メキシコ、アルーバなどがあるが、庶民がレジャーとして海岸からの釣りを楽しんでいるところを見たのは、私は竿を出せなかったポルトガルくらいです。

6月 9, 2017 釣り本 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65350931

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪魚を釣る」を買いました:

コメント

コメントを書く