« トンビのすごい能力 | トップページ | 南アフリカのキーホルダー土産 »

2017年5月 1日 (月)

今年の香川ギネスの発行に向けて

Epgovvh0s「香川県釣魚大物ギネス」の平成29年版の作成に取り掛からなければなりません。昨年のギネス発行以降で、記録更新が4魚種、新魚種が4種です。

表紙のメインの写真は、鹿児島県トカラ列島で佐々木理生さんが釣った75.0センチのスジアラにしました。佐々木さんの写真はいつもきれいで迫力があります。

ギネスの申請に当たって、新記録の写真が添付されていてもきれいにバッチリというのは意外に少ない。今後申請される方は、是非きれいな写真を送ってくれると、採用される確率がグーンと上がります。ふふ。

つづく・・・。

さて、今年の記録更新は、表紙になるスジアラ以外に、多度津町の陸から青井満さんが釣ったサワラの119.0センチ、宿毛市のイカダの掛かり釣りで藤井幸一さんが釣った72.5センチのコショウダイ、坂出市の府中湖で山中一成さんが釣った65.0センチのブラックバス、観音寺市で八嶋吟さんが釣った102.0センチのソウギョです。

また、今年新たに新魚種として記録が登録されるのは、高知県鵜来島で白川貴久さんが釣った69.3センチのバラハタ、愛媛県愛南町で私が釣った15.5センチのクマノミ、愛媛県中泊で石原誠さんが釣った27.4センチのウミスズメです。

以上の案で、イノちゃんにデザインをお願いしました。きっといい感じに仕上がると思います。

5月 1, 2017 釣り記録 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65207058

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の香川ギネスの発行に向けて:

コメント

コメントを書く