« 枝垂れ桜は満開でした | トップページ | 恵比寿像の下に恵比寿様 »

2017年4月 6日 (木)

アオリイカの養殖

Zimg002日経新聞の四国版に、愛媛大学の南予水産研究センターがアオリイカの養殖技術を確立したという記事がありました。

その技術を使って今年は1万匹、来年は2万匹を養殖して出荷する計画と言う。生簀の網の目を小さくして卵から孵化しても逃げ出せないようにし、エサは網に流れ込んでくるプランクトンで育てる。

イカの養殖はこれまで難しかったが、この技術を使って地域ブランドつくりを目指すという。これはいいことだと思うが、釣り師としてはちょっと気になることがあります。

つづく・・・。

この技術はイカの卵をとってそのまま網に入れて育てます。ということは、イカの卵が根こそぎ捕られてしまい、釣りの対象数が少なくなりはしないか。

ま、イカはいろんなところで産卵するので、釣り師の分は残ることを期待するしかないか。

4月 6, 2017 釣りと魚のニュース |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65017301

この記事へのトラックバック一覧です: アオリイカの養殖:

コメント

コメントを書く