« 水族館をバーチャルリアリティ | トップページ | 今年の香川ギネスの発行に向けて »

2017年4月30日 (日)

トンビのすごい能力

Mcimg0019愛媛県愛南町に行って、納竿後釣り場で魚をおろすことにしました。キープしたヒブダイ4匹とグレ3匹です。これだけでも30分以上かかります。

魚をおろし始めると、頭上に黒い影が・・・。見上げるとトンビ数匹が低空飛行をしています。明らかにおろしている魚を狙っています。ヒブダイの頭を海に投げるが、頭はすぐに沈んでしまいます。

Mcimg0020そこで、大きな肝を頭から切り離して投げると、肝は浮かんでいます。その肝に向かって1匹のトンビが急降下してきてつかんでいきました。不思議なことがあります。

つづく・・・。

トンビの足は獲物をつかむために鋭い爪を持っています。その爪でつかむと柔らかい肝はぐちゃぐちゃになるはずです。それを柔らかいタッチで肝をつかんで飛び上がったのに驚きました。

グレをおろし始めると、いつのまにか全てのトンビがはるか上空に舞い上がっていきました。そして最後に残っていたヒブダイの肝を投げると、なかなか下りてきません。

Mcimg0021おそらく100メートル以上の上空を舞っていたトンビの1匹が回転しながら急降下してきました。上空から見ると、ヒブダイの肝は点にしか見えないはずです。すごい視力に驚きました。

4月 30, 2017 釣りのつぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/65203046

この記事へのトラックバック一覧です: トンビのすごい能力:

コメント

コメントを書く