« 「世界の怪魚釣りマガジン Ⅳ」を読みました | トップページ | 魚の英語名 スパニッシュマッカレル »

2017年3月21日 (火)

「世界の怪魚釣りマガジン Ⅳ」付録のビデオを観ました

Tcimg9806「世界の怪魚釣りマガジン Ⅳ」付録のビデオを観ました。大物釣り師の小塚拓也がベェネズエラとコロンビア国境のアマゾンでのピーコックバス釣行記です。

まずは、現地でのトラブルが続きます。国内の航空券が全てダフ屋に買い占められていて手に入りません。高い金を払って入手。ところが出発日当日、航空職員が賄賂を要求。

出発間際になって仕方なく賄賂を出したが、飛行機は出発してしまいます。そして2日間飛行機待ち。釣り場に着いたのは日本を出発してから8日目。これだけで観るのがくたびれました。ふふ。

つづく・・・。

5日間の釣りはガイド付きで一人当たり25万円。この費用には英語通訳、ホテル代、3食、ボート代など全てが含まれています。英語通訳は現地語を英語に通訳してくれる人のこと。

狙いのピーコックバスは狙い通り釣れていたので、結果オーライということでしょうか。若くなくては行けません。

3月 21, 2017 釣り本 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64990484

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の怪魚釣りマガジン Ⅳ」付録のビデオを観ました:

コメント

コメントを書く