« おもしろ事典「スレ釣り」 | トップページ | お魚マンホール フグ(臼杵市) »

2017年2月18日 (土)

竿の手入れは手間が掛かる

Wcimg9700竿はたくさんあるが、その中からとりあえず使うものを2階のわが部屋に持ち込んで手入れしました。イシダイ竿3本、上物竿5本、チョイ投げ竿3本、ルアー竿1本。ついでに撒きエサ用の柄杓5本。投げ竿と船竿は今回は見送りです。

普段は竿の手入れをしないので、ガイドの付け根辺りに塩が吹いています。しゃーないなあ。これをウェットティッシュで拭くのだが、なかなか取れません。

それでも致命的なものはなくて、一安心。特にイシダイ竿は気に入ったものが1本だけなので、気になっていたが、大丈夫のようです。ふふ。これらの竿と既に終えていた脈釣り用の3本の竿を一緒に写真を撮りました。

つづく・・・。

上物竿のキャップで、釣りを始めるときに道糸をガイドに通しやすくするための細い軸があるが、2個が先端が折れています。これでは使うときに、一つ一つのガイドに道糸を通さないといけません。

こんな面倒なことは出来ません。とりあえず買いにいくことにして、竿の手入れを完了しました。

2月 18, 2017 釣り具 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64844686

この記事へのトラックバック一覧です: 竿の手入れは手間が掛かる:

コメント

コメントを書く