« 春が近いのか | トップページ | 香川の大物釣魚ギネスの分析(2) »

2017年2月12日 (日)

香川の大物釣魚ギネスの分析

Mcimg3750今年の釣り目標は設定したが、できるだけ大きい魚を釣りたいと思うのは釣り師共通の望みです。

そこで大物が釣れる月を、昨年作成した香川の大物釣魚ギネスで分析してみました。私は淡水魚釣りをしないので、海魚に登録されている170魚種を分析です。

これらの魚が何月に釣れたのかを統計をとってみました。1月の登録数17魚種、2月4魚種、3月10魚種、4月11魚種、5月21魚種、6月20魚種、7月16魚種、8月16魚種、9月12魚種、10月10魚種、11月22魚種、12月11魚種でした。

つづく・・・。

この数値をまとめると、大物が釣れている月は5月、6月、11月ということになります。これは私には意外な数値です。というのは会社をリタイアする前は5月の連休には必ず釣りに行っていたが、いつも散々な結果でした。その5月が最も多いというのが意外。

一方、極端に少ないのが2月。その他の月は少なくても10魚種はあるのに、2月はたった4魚種。寒いときは無理して釣りに行くこともないようです。ふふ。

2月 12, 2017 釣り記録 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64727052

この記事へのトラックバック一覧です: 香川の大物釣魚ギネスの分析:

コメント

コメントを書く