« 2017年1月 | トップページ

2017年2月26日 (日)

お魚マンホール ブリ(氷見市)

Zhimiburiブリがデザインされているマンホールは鹿児島県垂水市があったが、ブリで有名なのはなんたって富山県の氷見市です。

そこで氷見市をネット検索すると、「ひみ寒ぶり」の記事がたくさんでてきます。そしてマンホールにもブリがデザインされているものがありました。ふふ。定置網で捕るので、それもデザインされています。

寒ブリの値段を見て、正直驚きました。ま、それなりに高いとは思っていましたが、ブランド化されているのか、その値段は私には異常な感じさえします。

つづく・・・。

今年だと、12キロ以上だと1匹が84000円。魚とは思えません。6キロでも29800円。2011年には1本が15万7500円の値段が付いたという記述もあります。

ブリは寒くなるに従い日本海を北上し、北海道でたくさんエサを食べた後、南下して富山湾にやってきたときが脂が乗って最もおいしいとのこと。それにしても、この値段じゃあ、私には手が出ません。

2月 26, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

魚種別の釣り具を整理

Wcimg9688いろんな魚が釣りたい私は、釣り具がどうしても多くなります。それらを全て持ち運ぶことは出来ないので、魚種別に釣り具をまとめています。

例えば、タチウオ釣りでいうとテンヤ、ハリスを太刀魚の歯から守るためのビニール管、電気ウキと電池などです。これをカマス、マダコ、クエ、サヨリなどがあります。

他にも写真にはないがアナゴ釣りやイイダコ釣りも、別のファイルにしています。なお、クエはクラブの友人からもらったロープ釣りのための道具です。ふふ。

つづく・・・。

魚種別以外に、磯のズボ釣り、磯のカゴ釣り、メバルの夜脈釣り、サビキ釣りの釣り具も個別にまとめていています。イシダイ釣りに行くときは、ズボ釣りの道具もバッグに入れて持って行きます。

いろんな釣りを楽しむためには仕方がないこと。でも、これ以上は増やしたくないと思っているけど・・・、さて。

2月 25, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

イシダイ用の小型包丁を買った

Wcimg9691イシダイ釣り用具を整理していて、包丁の先端部分が錆びています。よーく見ると小さい穴まで空いています。これだと固いイシダイの骨を切れません。場合によっては怪我をする危険もあります。

そこで100円ショップで探しました。あるにはあるが、細くて魚をおろせそうにありません。商品の注意書きにも「魚を切ることは出来ません」と書いているます。

Wcimg9686そこで大型ショッピングセンターの包丁売り場で探しました。2000円ちょっとしましたが、切れ味がよさそうです。「関孫六」製品です。

つづく・・・。

Wcimg9685この商品には「魚をおろすときの注意事項」が書いています。ということは、魚をおろすだけの強度があるということ。安心して買いました。

後はイシダイを釣るだけです。ふふ。イシダイが釣れないことには包丁の切れ味が分かりません。さて、いつのことになるのでしょうか。

2月 24, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

おもしろ事典 「浮かし釣り」

Ucimg9759浮かし釣りとは、魚を撒き餌などで上層に浮かせて釣ること。う、か、し、釣りで説明すると、
「ウッフッフ、かくれ根から出てきおったな、しめたと思う釣り」

魚だって人間と同じで、安全で居心地のいいところから危険が多いところに出てくるには、それなりの理由がある。海底の岩場は安全だが、上層は隠れる場所がないので危険が多い。

そこで撒き餌登場である。うまそうなエサが上層でフワフワしていると、居心地もクソクラエになる・・・、と思う。魚が浮いてくると釣りやすくなるし、入れ食いの可能性も高くなる。

つづく・・・。

恋愛をすると、男も女も「どうでもいいわ。好きだから。何もかもクソクラエ、エイヤッ」と結婚を決意する。この場合、何のエサに浮かされたかは、万人それぞれである。

たいていは男性が女性を浮かしたつもりが、男性が浮かし釣りされていたと気付くまでに、3日とかからない。結婚をして何年もたっているのに、いまだに自分が浮かし釣りしたと思っているアナタが男性なら、それはそれは、幸せなことです。ケウです。

2月 23, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

釣りのアイドル

Wcimg9723先日テレビを見ていたら、「歌って踊って釣りのできるアイドル」と言うのが出ていて、口あんぐり。アイドルの名前は「つりビット」。

Wcimg9724アイドルという存在が全く分からないオジンにとっては、、それが釣りをするというので、ますます分からなくなった。5人の少女が魚のぬいぐるみをぶら下げた竿を持って歌っています。ますます意味不明。

ネットで調べると、結構盛んに活動していることが分かる。テレビ、ラジオに数多く出演し、ライブ活動も行っている。どうやら本気らしい。なお、不思議。

つづく・・・。

「魚探倶楽部」というファン倶楽部があって、年会費5000円。そして私には全く分からないのが、ライブのチケット代金。ファン倶楽部の会員には4000円なのに、手売りは1000円。ファン会員には特典があるらしいけど、これまた意味不明。ふふ。

アイドルグループにとってセンターになるのが栄誉。その方法が釣りの実地試験などで決まるというが、以前釣り番組に出ていたのを見たが、わりとテキトー。ま、頑張ってください。オジンは何の貢献も出来ません。

2月 22, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

大物釣りの本2冊

Ucimg9753本屋にはよく行くが、いつも行く店には釣り本がほとんど無いばかりか、最近は「釣り」コーナーもなくなってしまった。釣りキチは本を買わないもの。仕方がないか。

そこでちょっと大きい本屋に行ってみました。そこの「釣り」コーナーには多くはないが、そこそこあります。2冊だけ買っていない本がありました。ノウハウ本は買わないので、釣行記に限ってのことです。ふふ。

「近海の巨人」と「世界の怪魚釣りマガジンⅣ」です。2冊ともゴムバンドで縛ってあるので中を見ることが出来ません。大物釣りなので購入。2484円と2700円で合計5184円。ちょっと高い。

つづく・・・。

「近海の巨人」にはメタルルアーの付録があるようです。付録でルアーとは、私には理解できないが、大物釣りに使えということか。

「世界の怪魚釣りマガジン」は、これまでⅠ、Ⅱ、Ⅲまで買っていて、今回買ったのはⅣ。これまでのシリーズで大物釣りの楽しさが写真で伝わってくる内容というのは分かっています。

2月 21, 2017 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

回文 又吉直樹 タイ釣り

Madaig0059まずは、芥川賞の又吉直樹さんの回文。

「寝ずさ。又吉直樹書き、同じよ。騙さずね」
アナグラム「ま、世直しきた」

釣りと魚の回文の今回はタイ釣りです。

「昼できるやら。タイがいたらやる気出る日」
まぐれでもタイが釣れたら、ちょっとだけやる気がします。

「タイ釣り自慢。閻魔尻ついた」
くどくどのタイ釣り自慢は、噓をついたら舌を抜く閻魔さんでも尻をつくくらいいやになります。

つづく・・・。

「あかん、タイがいたんかあ」
磯で二人並んで釣りをしていて、一人がカゴでタイを釣ったら、もうひとりは「タイがいたんかあ」と嘆きます。ふふ。

「甲斐なくや。ハゼは合わせ、早くないか」
ハゼはあせって合わせをする必要はありません。あせってあわせても甲斐なくや。

「酔いたい秋日のアイゴ、すごい引き、会いたいよ」
アイゴは昔に比べて釣れなくなりました。ハリを掛けると、ゴンゴンの独特の引きがなつかしいのです。

2月 20, 2017 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

お魚マンホール フグ(臼杵市)

Zfugusimonosekiフグといえば山口県が思い浮かびます。そしてマンホールのデザインにフグが入っているのは山口県の下関市が有名です。

しかし、最近東京湾でトラフグがたくさん捕れたというニュースが新聞、テレビで流れています。フグは下関ではなくても日本各地にいるはずで、下関市以外にもフグをデザインしたマンホールがないかと探しました。

Zfuguusukiすると山口県の対岸の福岡県にはなくて、その南隣の大分県臼杵市にフグのデザインがありました。ただ、臼杵市はこのデザインがメインではなくて、このフグのマンホールは少ないらしい。

つづく・・・。

フグはトラフグよりもクサフグのほうが圧倒的に数が多い。わたしも釣りに行って釣れるのはたいていクサフグ。だったらクサフグがデザインされたマンホールはないのか。ふふ。

ま、クサフグを特産品にして売り出してないので、マンホールのデザインにすることはないか。

2月 19, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

竿の手入れは手間が掛かる

Wcimg9700竿はたくさんあるが、その中からとりあえず使うものを2階のわが部屋に持ち込んで手入れしました。イシダイ竿3本、上物竿5本、チョイ投げ竿3本、ルアー竿1本。ついでに撒きエサ用の柄杓5本。投げ竿と船竿は今回は見送りです。

普段は竿の手入れをしないので、ガイドの付け根辺りに塩が吹いています。しゃーないなあ。これをウェットティッシュで拭くのだが、なかなか取れません。

それでも致命的なものはなくて、一安心。特にイシダイ竿は気に入ったものが1本だけなので、気になっていたが、大丈夫のようです。ふふ。これらの竿と既に終えていた脈釣り用の3本の竿を一緒に写真を撮りました。

つづく・・・。

上物竿のキャップで、釣りを始めるときに道糸をガイドに通しやすくするための細い軸があるが、2個が先端が折れています。これでは使うときに、一つ一つのガイドに道糸を通さないといけません。

こんな面倒なことは出来ません。とりあえず買いにいくことにして、竿の手入れを完了しました。

2月 18, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

おもしろ事典「スレ釣り」

Dajyocimg2641魚の口以外のところにハリが掛って釣れること。
「すまないと魚に思うが、れっきとした釣果になる釣り」

スレで掛かると、魚の引きが倍以上に思えるほど、強くなる。磯でアイゴを釣っていると、ときたますごい引きにあう。こいつはどでかい大物だと慎重に寄せると、腹に掛ったアイゴが横向きになってあがってきてがっかりする。

アイゴを掛けるとゴンゴンと小刻みに引くので、アイゴだとすぐに分かるのだが、スレで掛かるとゴンゴンが弱くて引きが強いので、スワッ大物とだまされる。

つづく・・・。

ウキにちゃんとしたアタリがあって合わせたのだが、どうしてスレで掛かるのだろうか。掛けた魚がウキにアタリを見せた張本人いや張本魚なのか、それともその辺りをウロウロしていて、巻き添えを食ってしまったあわれな魚なのかは分からない。

どちらにしても、釣りキチとしては、なんとなく得した気分にさせてくれる釣果である。ただ、ちょっぴり、後ろめたい気持ちもあることを、スレで釣られた魚の供養のために言っておきたい。ふふ。

2月 17, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

「フィッシング・ツアー イレブン釣りある記」を読んで

Jcimg9523昨年の12月末に買った釣り本3冊のうち、「フィッシング・ツアー イレブン釣りある記」を読みました。読売新書。横田岳夫、服部善郎の著。

高齢者にはよく分かるイレブンPMでの釣り番組の話しです。昭和45年の発行ですから、50年近く昔の釣行記ということになります。ふふ。

そのため、仕掛けもとにかく太い。釣り方も雑と言おうか、大らかな感じ。例えば、ブダイ釣りに道糸10号、ハリス8号と、現在ではとても考えられません。この当時のハリスは強度が低かった。

つづく・・・。

しかし、驚くべきことは、50年以上も前に世界中に釣りのロケをしています。ミクロネシア、グアム、メキシコ、フロリダ、ニュージランド、オーストラリアなどに行っています。

この時代は外国に行くだけでも大変なのに、船をチャーターし、贅沢な釣りを楽しんでいたことが分かります。当時はテレビ制作費も裕福だったんでしょうか。

2月 16, 2017 釣り本 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

大物データの新聞切り抜き

Xcimg9669これだけ寒いと釣りに行く気がしません。ふふ。そこでこれまでの新聞切抜きを久しぶりに引っ張り出してみました。大物を釣った記録です。

クエ、イシダイ、グレ、マダイ、チヌ、キス、アイナメ、アカメ、など、魚種別に整理してファイリングしています。以前は参考にしていたこともあったが、最近は私が行く場所もだいたい限定的になっていて、そこでの大物データは別のファイルにしています。

そこで今回、30年以上集めてきた過去の新聞切抜きは、一部を除いて廃棄することにしました。その数、258枚。その1枚、1枚を新聞から切り抜く手間はかかりましたが、必要性が少ないものは捨てます。ふふ。

つづく・・・。

これらの切抜きには、私が磯釣り団体で知っている人の切り抜きもあります。ま、本人は当然切抜きしているだろうから、私が持っている必要はありません。

この大物データ以外にも、釣り場データなどたくさんの新聞切抜きがあります。これからそれらについても捨てる方向で見ていきたいと思います。

2月 15, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

釣りの趣味は・・・

Cimg8137ふと気がついて、テレビでの釣り番組がどれだけあるかを調べてみました。すると、結構たくさんあります。我が家で見ることができる釣り番組は、NHKの「釣り人万歳」、民放の「四季の釣り」、「THEフィッシング」、「釣りごろ釣られごろ」、「だいちゃんの釣りに行こう」、「竹内大樹の爆釣り」、「夢釣行~一魚一会~」、高松CATVの「我ら海遊人」。

これに神戸のサンテレビで、「ビッグフィッシング」、「THE HIT」、「FISHING LIFE」、「ルアルアチャンネル」の4番組も見ることができます。

釣り番組は気が付いたときしか見ないので、これほどたくさんの番組があることを知って、ちょっと驚きましたわ。ほとんどが30分番組です。

つづく・・・。

これほど釣りの番組があるということは、それにスポンサーが付いていることを考えると、釣りを経済的に見ると結構繁盛していると言うことになり、私のこれまでの感覚と違う感じがします。釣りは徐々に衰退していると思っていたから・・・。

これだけたくさん釣り番組があるということは、釣りという趣味は他の趣味に比べてもたくさんの愛好者がいるということになります。

釣り以外にも囲碁、将棋、各種スポーツ、絵画、手芸、陶芸などなど、たくさんの趣味があるが、単一の趣味でこれほどたくさんの番組があるのは他にないと思います。どうなんかなあ。

2月 14, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

香川の大物釣魚ギネスの分析(2)

Mcimg3750「香川県の大物釣魚ギネス」に登録されたデータを分析し、大物が釣れる確率が高いのは5月、6月、11月の3ヶ月と分かりました。

そこでまず、5月と6月に釣れた魚種を県別に整理しました。要するに、この時期はどこの県で確率が高いのかを調べました。すると、意外なことが分かりました。

5月、6月に四国内で釣った魚で登録されているのは、香川県で6魚種、徳島県2魚種、高知県6魚種、愛媛県6魚種となっています。香川県で意外に多いのは、香川県民の記録なので香川県内で釣りをすることが多いことによると思われる。

つづく・・・。

高知県の6魚種は5月に3魚種、6月に3魚種と平均的に釣れています。ところが、愛媛県の6魚種は全て5月に釣れたもので6月はゼロでした。

この明確な理由は私には分かりませんが、とにかく記録を作るなら5月は宇和海と高知県、6月は高知県のみで頑張ったらいいということがわかりました。どうです? 参考になったでしょ。参考にならない? しゃーないなあ。  

2月 13, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

香川の大物釣魚ギネスの分析

Mcimg3750今年の釣り目標は設定したが、できるだけ大きい魚を釣りたいと思うのは釣り師共通の望みです。

そこで大物が釣れる月を、昨年作成した香川の大物釣魚ギネスで分析してみました。私は淡水魚釣りをしないので、海魚に登録されている170魚種を分析です。

これらの魚が何月に釣れたのかを統計をとってみました。1月の登録数17魚種、2月4魚種、3月10魚種、4月11魚種、5月21魚種、6月20魚種、7月16魚種、8月16魚種、9月12魚種、10月10魚種、11月22魚種、12月11魚種でした。

つづく・・・。

この数値をまとめると、大物が釣れている月は5月、6月、11月ということになります。これは私には意外な数値です。というのは会社をリタイアする前は5月の連休には必ず釣りに行っていたが、いつも散々な結果でした。その5月が最も多いというのが意外。

一方、極端に少ないのが2月。その他の月は少なくても10魚種はあるのに、2月はたった4魚種。寒いときは無理して釣りに行くこともないようです。ふふ。

2月 12, 2017 釣り記録 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

春が近いのか

Ucimg9745s我が家から100歩で着く潮入川沿いに、よく散歩します。必ず魚がいないかどうかを確認するのは釣りキチのサガです。ふふ。

3月以降の春には大型のチヌが良く見られ、それ以降もよく見ます。ところが11月中旬以降になると、急に見えなくなります。雨が降ると水が濁って見えないし、風があると水面が波立って見えなくなるが、実際にいなくなった感じです。

このチヌはよく見ることが出来るので、ときどきチヌ釣り狙いの人がやってきて竿を出しているのを見るが、その人を二度と見ないのは釣れないからだと思う。見えるチヌは簡単には釣れません。ふふ。

つづく・・・。

Ucimg9745s2しばらくは見えなかったチヌですが、1月下旬から時々見るようになりました。先日も数匹ずつの群れがあちらこちらにいます。全部で20数匹いました。サイズは30センチから40センチ弱。

宇和海では2月に入ると50センチ超のチヌがシーズンインです。この川でチヌを見るたびに宇和海に想いを馳せます。

2月 11, 2017 釣りのつぶやき | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

回文 武井壮 サケ

Xcimg2252まずは武井壮さんの回文から。
「目立つも体型。武井壮合うぞ、行け。体型保つため」
アナグラム「体操け」
回文は良く出来ているでしょ。

魚と釣りの回文はサケから始めます。

「私マキ、焼くよ今朝のサケ。よく焼きましたわ」
マキさん、よく焼いてください。ふふ。

「食べた。熊魚(うお)を上手く(うまく)食べた」
熊が食べる魚といえばサケ。

つづく・・・。

「良い食い、追い食い」
追い食いはいい食いです。楽しいです。

「四時(よじ)まずめ、潮止まり、的を示す。マジよ」
潮止まりがいい磯場もあります。

「潮がいい、といい顔し」
潮がいいと良く釣れて、いい顔になります。ふふ。

2月 10, 2017 言葉遊び | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

イシダイ釣り具とイカ釣り具の整理

Xcimg9678上物用の道具の整理が終わったので、イシダイ用釣りバッグとイカ用釣りバッグを、庭にある釣り用倉庫から2階の私の部屋に持ってきました。一つ一つチェックします。

仕掛けはすべてハリ先を研ぎなおして爪に立ててチェックです。いい感じに仕上がりました。偏光グラスも塩水が掛ってそのままにしていたので塩が吹いています。これも水洗い。

そこで最後に使い物にならなくなっていたのが、イシダイ用に使っていたメジャーと小型包丁。買わなくてはいけません。

つづく・・・。

Wcimg9687メジャーは100円ショップにあったので、これを買いました。5メートルと3メートルがありましたが、5メートルは重いし、3メートルを越える魚は釣れないので、3メートルを買いました。ふふ。

100円ショップには小型包丁もあったが、すべて「魚の骨切りは出来ません」の注意書き。これでは釣り用に使えません。他の店で探すことにしました。

2月 9, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

ゴムボートを進呈

Ucimg9739ヨッさん、オカテッちゃんと3人でお茶をしているとき、ゴムボートの話になりました。最近釣り具の整理をしていて、倉庫の邪魔になってるのがゴムボート。

これまで数回しか使っていないが、これからは使う気がしません。ゴムボートは沖に出れば自由気ままだし、磯からでは出せないポイントにも行けます。しかし、そのための準備が面倒です。

そこで切り刻んでゴミに出そうかと考えていました。そのことをいうと、オカテッちゃんが「ちょうどいいやないか」。何のことかと思ったら・・・。

つづく・・・。

「ヨッさんがもらったらいいが・・・」とのこと。ヨッさんのボートは空気漏れをしていて、ポンプで空気を入れながら釣りをした経験があるとのこと。

ヨッさんがもらってくれるのなら、これ幸いです。オカテッちゃんが作ってくれたボート用の道具入れケースも合わせて贈ることにしました。早速我が家の前で贈呈式をして、記念撮影。

2月 8, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

イカ釣り師3人組でお茶しました

Ucimg9738ヨッさんから電話があって、オカテッちゃんと3人でお茶しました。我が家の近くにある喫茶店です。3人が会うのは久しぶりです。

話題は当然、イカ釣りの話。最も沸いたのは仕掛け。さんざん色々と言った後、私たちがやっているウキの泳がせ釣りとヤエンを使う泳がせ釣り両方のいいとこ取りをした仕掛けの話になりました。

ウキの泳がせ釣りは、アタリがあった後にハリに掛ける効率がいいが、アタリがヤエン釣りに比べて少ない。一方ヤエン釣りはアタリがの回数は多いが、ヤエンで掛けるまでのバラシが圧倒的に多い。この両方が生かせる仕掛けです。ふふ。

つづく・・・。

ところが、この仕掛けの良さを断言したヨッさんが最後に「ま、想像やけど・・・」と言ったのにはオカテッちゃんと大笑い。

イカ釣りは何月がいいか、と言う話題になりました。そういうこともあろうかと、私の全イカ釣り釣行記録をまとめていました。それをみて、春よりは秋のほうが圧倒的に数、総重量ともにいいということに全員が納得。

場所は3人3様の釣りスタイルに合った場所です。ヨッさんは徹夜でじっくりと狙える場所。オカテッちゃんはボート釣りが出来る場所。私はのんびりと出来る場所です。ふふ。

2月 7, 2017 釣友 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

お魚マンホール サケ(多摩市)

Zsaketamasiマンホールにサケがデザインされているはずと、探していると意外なところにサケがデサインされていました。なんと、東京都の多摩市です。

こんなところにサケが遡上するなんて聞いたことがない。なんで、多摩市にサケなのかと疑問が渦巻いたので調べました。すると、多摩川にサケが遡上したという記事を発見。

1982年ごろからサケの稚魚を放流していて、その後2009年に多くのサケが遡上したとの目撃情報がたくさんあります。びっくりです。

つづく・・・。

ところが2009年以降の記事でサケの遡上を書いた記事が見つかりません。遡上が現在では行われていないのか、それとも記事になっていないだけなのか、私には分かりません。

とにかく、このマンホールをデザイン作成した時期が、サケの遡上で盛り上がった時期と同じ頃ではなかったかと推測して、私がこれ以上探索するのはやめました。ふふ。

2月 6, 2017 陸に上がった魚たち | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

おもしろ事典 「ハナクソ釣り」

Cimg6481ハナクソ釣りとは、ヘラブナ釣りで一時流行した「大バリ小エサ」の釣り方である。
「ハリ先のエサは、なんとしても小さいほうが、くい(食い)がいいと、そう像したヘラブナ釣り」

軸が太くてフトコロの広いハリ先に、ハナクソを丸めたほどのエサを付ける。仁丹粒くらいの大きさである。オレのハナクソを丸めたらパチンコ玉になる、という人は一度病院に行ったほうがいい。ふふ。

この方法だと、エサが上に向いていることと、エサの中心にハリ先がくること、またどんなエサでも付けられることで、小さいヘラブナでも釣れるというのが理屈である。

つづく・・・。

しかし、理屈どおりにならないのが釣りの常識である。釣りの場合、釣れた後に理屈が出来る。ただし、推理、屁理屈、独りよがりの域を出ないことが多い。

理屈が先にあって釣果が決まってしまうのであれば、釣りは面白くなくなる。釣り名人と呼ばれたことのない私は、特にこのことを強調しておきたい。

2月 5, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

昨日は節分

Wcimg9734節分には、毎年恵方巻とイワシを食べます。恵方巻には大きなアナゴが丸1匹分入っていておいしい。

驚いたのはイワシの大きさ。いつもの癖でメジャーを当てて計ると、23.2センチとビッグです。塩イワシなので、生のときはもっと大きかったはずです。こんなにでかいイワシが釣れたら、香川の大物記録に申請ができます。ふふ。

魚グリルで焼くと、ジュッ、ジュッと脂が落ちる音がして、イワシを焼いているとは思えないいい匂いがしてきます。

つづく・・・。

予想通り脂が乗っていてうまい。冷凍技術の発達のお陰か、生臭さは全くなくて内臓も食べられます。あらためて、こんなイワシを釣ってみたいと思いました。

食べた後は、イワシの頭をスーパーでもらったヒイラギにさして玄関に置いています。猫に食べられてないでしょうか。何年か前には食べられていたことがあります。

2月 4, 2017 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

再び、電子レンジで魚を焼いた

Lcimg9475_3100円ショップで買った「電子レンジで魚がパリッと焼ける皿」を使ってみたら、魚が元の半分の大きさになり、とんでもなく固くなってしまい失敗しました。

このときはできるだけパリッと焼こうと4分にしていたのが失敗の原因だった気がします。そこで、再びチャレンジしました。前回の失敗と比較ができるように同じ魚でやってみました。ブダイの塩焼きです。

Lcimg9483レンジの時間は失敗したときの半分の2分にしました。すると、これが大正解。失敗したときと魚の大きさを比べてください。元は同じくらいの大きさだったものです。

つづく・・・。

身はふっくらと焼けた感じになりました。これが100円ショップの品とは考えられません。使い方が簡単なので、今後はこの皿の出番が増えそうです。ただ、身はふっくら、皮はパリッの皮のパリッがもうひとつ。魚焼きグリルのようにはなりません。

今度はブダイでなくて、まだ冷凍庫に入っている宇和海のグレでやってみます。多分おいしくなるはずです。ふふ。

2月 3, 2017 魚料理 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

上物釣りバッグの整理を終えました

Xcimg9671上物釣りでサヨリ釣りの道具を整理するだけで4時間も掛かりました。その後、2日間を掛けて磯の上物釣り、波止の小物釣りのバッグ内を整理しました。一つ一つチェックしてウェットティッシュで拭くなど時間がかかります。

Xcimg9679そして足らないものが、竿をまとめるバンド、瞬間接着剤、ウキなどの小物を入れる整理袋。これを100円ショップで買ってきてようやく終えました。

竿をまとめるバンドは、最近私は磯に行くのに竿袋を使わなくなり、竿と玉網をバンドで縛って持っていくようになっています。この方が断然軽くて便利です。

つづく・・・。

Xcimg9682今回買ったバンドは脈釣り用の仕掛けを竿に付けるための物。これまで何回も買ったが、伸縮する度合いが良くなくて使い勝手がいいのがあまりない。自転車用品売り場で見つけたズボンの足首を縛るものです。

今回は2個分しか買わなかったが、伸縮度合いがいいので再度買いに行くつもりです。ふふ。100円ショップはいいのが見つかったときに買っておかないと、その商品がなくなることが多い。

2月 2, 2017 釣り具 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

おもしろ事典 「数珠子(ずずご)釣り」

Haze2642数珠子釣りとは、環虫類を数珠のように束ねてエサにし、ハリを使わない釣り方のこと。「ずいぶんと、ずい(隋)喜の、ごちそうエサの釣り」

数珠子釣りには、ドバミミズをエサに使うウナギ釣りと、ゴカイをエサに使うハゼ釣りがある。

ウナギ狙いのほうは、江戸時代から昭和の初めにかけて東京湾で行われていたという。ミミズを木綿糸や麻糸に通して、いくつもの環を作る。それを竿の先につけて待ち、ウナギが食いに来て糸環にからんだところでそっと上げて、網ですくう。

一方ハゼ狙いは宮城県の松島湾での釣りで、ククシ釣りとも言われていて、有名である。方法は色々あるようだが、一例を紹介する。

つづく・・・。

木綿糸をゴカイ3匹から5匹を頭から尻に向けて通し、、それを長さ25センチほどのネックレス状の環にする。それを2個作り、束ねて一緒に撚りをかけた後、真ん中で折る。

すると親指ほどの太さになったゴカイロープができる。ハゼがこのご馳走に食いついた微妙なアタリで、そろりと上げる。

ハゼ釣りをしたことがある人には分かるが、ハゼはエサを食った後引っ張られると口を閉じる。だからハリが無くてもそのまま上がってくる。そしてハゼが気が付いたときには、既に釣られている。

しかし、数珠というのは神聖なものなのに、ミミズやゴカイなんぞで作っていいのだろうか。そしてそれを殺傷の道具にしてしまうと言うのだから、釣り人の罪は深い。

2月 1, 2017 オモシロ用語解説 | | コメント (0) | トラックバック (0)