« 漁港は誰のもの | トップページ | 来年のカレンダー »

2016年12月19日 (月)

ヒブダイがあった

Lcimg9465冷凍庫の奥のほうから、ヒブダイが出てきました。3月に愛媛県愛南町深浦の磯で釣ったものです。ヒブダイはフライが旨いが、面倒くさいので塩焼きにすることにしました。

半年以上たつが、冷凍やけ防止をしているので全くきれいです。冷凍やけ防止方法は、テレビで観たもので、一旦冷凍し、その翌日に0.1パーセントの砂糖水にさっとつけてからラップに包んでおくという方法。これが役に立ったようです。

これの切り身を、早速朝食のおかずに塩焼きにしました。石塚さんからもらったグレがおいしかったが、これもそれに負けずおいしそうです。

つづく・・。

Lcimg9480見た目では分からないと思うが、というよりブダイの赤い色と大きなうろこのせいであまり旨そうに見えません。

Lcimg9482そこで少し身をほぐして写真に撮りました。透き通るような白い身がポロリとなります。塩焼きにしておいしい白身魚の共通です。赤身の魚がおいしいのは脂のうまみであることが多いが、白身の場合は身の旨み。

長い間ブダイは釣れても逃がしていたが、こんなに旨い魚だったら、なにがなんでも持って帰らないといけません。ふふ。

12月 19, 2016 魚料理 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64499997

この記事へのトラックバック一覧です: ヒブダイがあった:

コメント

コメントを書く