« アジ6匹をいただきました | トップページ | ウミタナゴは釣れたのか(2) »

2016年12月 5日 (月)

ウミタナゴは釣れたのか

Icimg956311月の中旬に本津川尻でサヨリ釣りをしていて、釣れない時に足元にアミエビを撒くと20センチ前後のウミタナゴの群れが見えました。是非、一度はそこでウミタナゴを狙ってみたいと思っていました。

Icimg9545釣り場に着くと中学生らしい4人組がルアー竿でサグリ釣りをしています。彼ら全員に「香川の大物ギネス」を、「フグでもいいからここに載っている記録より大きいのが釣れたら連絡して」と渡しました。ふふ。

さて、私はまだカチンカチンに凍っているアミエビを海につけてとかします。そしてコンビニで買ってきた昼食をゆっくり。食べ終わった頃にはアミエビの半分くらいがとけていたので、釣り開始。

仕掛けは簡単。昔やっていたウミタナゴ仕掛けでやってみます。大切なのはまずウキ。セルウキを使います。これでないとアタリがうまくわかりません。

このウキでウミタナゴがくると、ピコ、ピコ、ピコと何度かアタリがあった後、5センチくらい水面下に沈んでジーッとします。このときが合わせのタイミングです。ピコ、ピコのときは絶対といっていいほどハリ掛かりしません。

つづく・・・。

Icimg9549そしてハリはキス専用バリの8号か9号。エサは必ず針先を途中から出して、エサのゴカイがまっすぐになるようにします。あとは、アミエビを一度にたくさん撒かずに少しずつ撒くこと。これを守ればウミタナゴがいれば釣れるはずです。ふふ。

Icimg9547アミエビを撒くが、以前たくさんいたフグが全く出てきません。3投目くらいで釣れたのが小さなアイナメ。すぐ近くで釣っている中学生が根に潜られたと2回ほど言っていたので、アイナメが多いのかもしれません。

Icimg9548その直後、ウキがいい感じで沈んでいくが、ウミタナゴのアタリではありません。そして上がってきたのは20センチ弱のアイナメ。これはキープです。ふふ。

明日に続く。

12月 5, 2016 波止釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64579823

この記事へのトラックバック一覧です: ウミタナゴは釣れたのか:

コメント

コメントを書く