« 回文 西田敏行 イシダイ | トップページ | ヒブダイがあった »

2016年12月18日 (日)

漁港は誰のもの

Jcimg9537毎朝、天気がいいときは家の近所をぶらりぶらりと散歩します。毎日少しずつ場所を変えます。このほうが見るものが新鮮でいい。

近くの漁港に行くと、巨大な網が長い漁港の岸壁を覆っています。網目が大きいので、魚を捕るものではなくて、ノリ養殖に使うもののようだ。こんな大きい目の網で捕れる魚は瀬戸内海にはほとんどいない。

私にはちょっと腹立たしい。網を踏んで歩くのは抵抗がある。かといって、網を踏まないことには海に近づくことができない。これが腹立たしい。

つづく・・・。

Jcimg9539折角海に散歩にきたのだから、釣り師としては岸から海沿いに歩いて小魚がいるかどうか確かめたい。だけど網のせいでこれができない。

港には多くの漁船があるが、これでは多くの漁師が不自由しているではないか。ここで釣りをしている人を時々見かけるが、この状況では釣りどころでない。

12月 18, 2016 釣りのつぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64605335

この記事へのトラックバック一覧です: 漁港は誰のもの:

コメント

コメントを書く