« サワラの大物申請がありました | トップページ | アジ6匹をいただきました »

2016年12月 3日 (土)

おもしろ事典 「バカ釣り」

Cimg4428バカ釣りとは、たくさん釣れること。「バカでも、バカバカ釣れて、バカらしくなる釣り」。

入れ食いになって、ムチャクチャに釣れることは、釣りバカの望みであり、夢である。釣りに出発するときはいつも、バカらしくなるくらい釣りたいと思う。しかし、夢が現実になって釣れすぎると、、本気でバカらしくなる。

平成15年に渦潮で有名な徳島県の鳴門海峡で、23センチ以上の良型メバルが、5人で400匹以上釣れた。その釣果を船の甲板にぶちまけたとき、「そこまで殺生せんでもええやろ」と、ちょっぴり自分を責めた。

つづく・・・。

仕掛けを入れさせすれば必ず釣れるとなると、最初こそ驚喜して釣りに没頭するが、期待していたよりも2倍、5倍、10倍と釣れるにつれ、釣りは楽しみから単なる作業になる。

エサを付け、仕掛けを放り込めばアタリがすぐにあり、向こう合わせで釣れる。そして、何も考えなくても釣れることは、退屈なことだと気が付く。そのうち、クーラーからあふれ出した魚をどう処分するかを考え始めると、絶望的になる。自暴自棄的にさえなる。

だから、たくさん釣りたいという釣りバカの夢は実現しないほうが幸せである・・・と、釣れない釣り師は負け惜しみをいうのが常である。

12月 3, 2016 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64130325

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典 「バカ釣り」:

コメント

コメントを書く