« グレをいただきました | トップページ | グダグダの釣行、ふふ »

2016年11月 7日 (月)

赤澤名工から手持ちギャフ

Tcimg4401赤澤名工から手持ちギャフをもらいました。これを魚をシメルのにいいと言います。私は魚をシメルときは、小型包丁をエラから差し入れてばっさりとやります。

赤澤名工から以前にも同じようなものや、神経締めの道具を作ってくれ、一度試したことがあります。だけど、どちらもうまくいきませんでした。

特に神経締めの道具は差し込むところがなかなか分からず、モタモタしていると魚は暴れまくって、なお身を痛めてしまう感じになりました。

つづく・・・。

そのことを赤澤名工に言うと、「ギャフの先を、魚の目と背びれの始まりとの丁度真ん中辺りに突き刺すと神経に当たる」と教えてくれました。これを聞いて、もう一度試してみたくなりました。

ただ、問題はこれを使わないといけないほどの大きな魚が釣れるかどうか。まさか20センチの魚に使うわけにはいきません。ふふ。

11月 7, 2016 赤澤名工シリーズ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64112116

この記事へのトラックバック一覧です: 赤澤名工から手持ちギャフ:

コメント

コメントを書く