« おもしろ事典 「オトリ釣り」 | トップページ | 山道に恵比寿様がポツンと・・・ »

2016年10月31日 (月)

サヨリ釣りで安心したこと

Ocimg9429先日、サヨリ釣りをしていてひどく安心したことがあります。今年に入ってから、視力ががた落ちした気がしていました。そのため、メガネを新しく買うなどしましたが、さっぱりよくなりません。

春に行ったサヨリ釣りでも、20メートル先のウキならまあまあ見えるが、30メートル先になると、ウキが2重ににじんでアタリがよく分かりません。さらに遠投するとウキがどこにあるのかさえ見えなくなっていました。テキトーに合わせていました。

これではサヨリ釣りの楽しさが堪能できません。「これからはサヨリ釣りをあきらめないといけない」と思ったほどです。
病院の眼科で見てもらいました。すると、「視力は1.5で、なんら問題ないと言います」。でも、見えないものは見えないんじゃあ。

つづく・・・。

「よく見えない」と訴えると、「しゃーないなあ。じゃあ、10分待ってください」といわれ、目に麻酔。10分後に別部屋で赤外線らしきもので目の表面を焼く、といいます。

下された病名が「後発性白内障」。以前白内障を手術していたが、その目の表面に濁りが出来ていると言います。その手術が5分。部屋を出た途端にまるで別世界のように何もかにもがくっきりと見えます。

そして、今回のサヨリ釣りでも、いくら遠投してもウキがくっくり見えます。アタリもちゃんと見えます。ふふ。よかったあ。

10月 31, 2016 釣りのつぶやき |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64409323

この記事へのトラックバック一覧です: サヨリ釣りで安心したこと:

コメント

コメントを書く