« お魚マンホール ナマズ2 | トップページ | サヨリ釣りで安心したこと »

2016年10月30日 (日)

おもしろ事典 「オトリ釣り」

Cimg9952オトリ釣りとはオトリの魚を使う釣りのこと。アユの友釣りもオトリ釣りの一種である。「泳がせた魚を、とも(友)だちと思わせるという、り(理)屈がある釣り」。

友釣りのようなユニークな釣り方は日本にしかないと思っていたら、ロシアにも面白い釣り方があるらしい。森秀人さんの「男の釣り」(立風書房)に書いているのが、このオトリ釣りである。

ロシアのオトリ釣りは、オトリの使い方が日本の友釣りと全く違う。まず、活きたエサとなる小魚をハリに掛けて泳がせておく。その近くに、狙う魚と同じパイクの生きたのを用意し、それを糸に付けて自由に泳がせる。

つづく・・・。

すると、野生のパイクが、オトリのパイクを見て「おう、仲間がいるぞ」と安心して寄ってくる。すると、近くにエサの小魚が泳いでいるので、パクリと食いつくという算段である。

糸をつけられたオトリのパイクが、仲間を安心させるほど悠然と泳ぐか疑問があるが、まあ、発想としては尊敬に値する。そこで私も閃いた。

水槽に飼っているグレを訓練して、ハリのエサにわざと食いついて平然としておれるようにする。そしてそのグレを磯に持っていき、釣り場で実演させるというのはどうだろうか。

10月 30, 2016 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64113679

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典 「オトリ釣り」:

コメント

コメントを書く