« 赤澤名工から箸置きをいただきました | トップページ | おもしろ釣り事典 「ハタキ釣り」 »

2016年10月 2日 (日)

お魚マンホール チョウザメ

Zimg_2魚がデザインされているマンホールで、珍しい魚のものがないか検索したが、なかなかありません。ふと思いついてチョウザメで検索するとありました。

チョウザメはロシアのイメージが強く日本のマンホールにデザインされていることに驚きました。北海道北部の町美深町(びふかちょう)で、天塩川が流れている北部の町です。

この天塩川には明治までチョウザメが遡上していたらしい。そして、この町にはチョウザメの水族館があるという。日本にはまだまだ知らないことがたくさんあります。

つづく・・・。

美深町は山間部にあり、1月の平均気温は-9.2度、そして国内最低気温の記録-41.5度もこの町でのことで、日本を代表する酷寒の町である。

これだけ寒いとロシアの魚がいても不思議ではない。日本が南北に細長いということがよく分かりました。

10月 2, 2016 陸に上がった魚たち |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お魚マンホール チョウザメ:

コメント

コメントを書く