« このブログの平成27年上期分を本にしました | トップページ | セイゴがおいしかったので・・・(2) »

2016年9月16日 (金)

セイゴがおいしかったので・・・

Scimg4425_2前回の脈釣りでセイゴが5匹釣れました。小さいが、身が淡白で塩焼きによく合います。そこで、再度セイゴ狙いに行きました。それも30センチ以上が欲しい。

前回は本津川尻から100メートルほど上流で水深の浅いところで釣ったのて、小さいセイゴしか釣れなかったと考え、川尻にいくことにしました。

行くと、若い二人がルアー釣りをやっています。声を掛けるが反応が鈍い。私のポイントよりも少しずれた場所でやっているので、いつものポイントに陣取ります。潮がまだ低いので、時間待ちのつもりで竿を出します。

Rcimg443730分後にようやく釣れたのは、意外な魚でした。向こう合わせでグーンと引っ張ったので、てっきりセイゴだと思い竿を溜めようとしたら、スポーンと上がってきたのは豆アジをようやく卒業した小アジでした。ふふ。

つづく・・・。

アタリはないのにエサがなくなります。3本バリ仕掛けでやっているが、3本のハリ全部のエサがなくなっていることが多い。フグなら小さくてもアタリがあるはず。セイゴに違いありません。

仕掛けを探るスピードを速めたり、海面近くを探ったりするが、2度仕掛けを振り込むだけで、エサがなくなります。セイゴがどんな風にしてエサを食っているのかが、さっぱり分かりません。

昔、高松港沖にある一文字で小さいセイゴが入れ食いになったことがあります。このときのエサは今回と同じくゴカイで、電気ウキ釣りでやっていたが、ウキが沈んでから20以上数えてからでないとハリ掛かりしなかったことを思い出しました。

Rcimg4438今回は脈釣りなので、アタリがあれば何とかなるはずだが、アタリが出ないのでは手の打ちようがありません。
仕方なく仕掛けを沈めるとやっとアタリが出て、ミニメバル。

明日に続く。

9月 16, 2016 脈釣り |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64145512

この記事へのトラックバック一覧です: セイゴがおいしかったので・・・:

コメント

コメントを書く