« 釣り回文 大型イシダイ | トップページ | シリーズ「釣りの失敗談ー1」 »

2016年9月27日 (火)

よく似た魚の見分け方 イシモチ

Mcimg3767カツオのよく似た魚の見分け方です。投げ釣り愛好者にはほとんど関係のない魚だし、磯釣り師にも四国ではそんなにポピュラーではない。

Mcimg3781カツオの第一の特徴は腹に数本の暗色縦帯があることで見分けることができる。

スマは胸ビレの下に小さい黒班があることと、背中の後半分に斜めの縞模様がある。釣り人はよくスマガツオと言うことがあるが、正式名はスマである。

つづく・・・。

ソーダガツオにはヒラソーダとマルソーダがあるが、どちらにもカツオのような胸ビレ近くの特徴はない。

ヒラソーダとマルソーダの見分け方は背中の黒とエラぶたの黒が離れているのがヒラソーダで、繋がっているのがマルソーダである。高知県四万十市沖のボート釣りでマルソーダの入れ食いに合い、40リットルクーラーにいっぱい釣ってしまい、処分に困ったことがある。

9月 27, 2016 よく似た魚の見分け方 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64047162

この記事へのトラックバック一覧です: よく似た魚の見分け方 イシモチ:

コメント

コメントを書く