« 釣りマンガ随筆 | トップページ | このブログの平成27年上期分を本にしました »

2016年9月14日 (水)

おもしろ事典 「ドブ釣り」

Z62410627_o1ドブ釣りとは毛バリを使った釣りのこと。ドブはトロ場や渕のこと。ど、ぶ、で表すと「どの毛バリを、ぶら下げようかと迷う釣り」

あみだ、青ライオン、赤熊、五郎、血丸、清姫、二葉、渦巻き、金虎・・・。これらは全て、毛バリの名前である。毛バリの種類は、なんと数千もあるといわれている。一日に10種の毛バリを使って毎日釣りをしたとしても、一年間は同じものを使わなくてもできる。

釣りキチの迷いの結果、あーじゃない、こうじゃないと試行錯誤して、これだけ多くの種類の毛バリが産み出され、その結果、釣りキチはその選択でさらに迷うことになる。

つづく・・・。

兵庫県の播州毛バリは有名で、経済産業大臣から伝統的工芸品に指定されている。この指定を受けるには厳しい条件がある。例えば、製品に芸術要素がある、生活に密着したものである、江戸時代から続く伝統のある技術である、などの条件がある。

ということは、播州毛バリで釣りをするということは、日本国政府が認定した芸術品、それも江戸時代から続く芸術品で釣るということになる。

かといって、それを使う釣り師が芸術家になれるわけではない。また、芸術的にすぐれていると認定した毛バリほどよく釣れるかというと、そんなことはない。釣り師は芸術家というよりも、いつも迷術家になるのが精一杯である。

9月 14, 2016 オモシロ用語解説 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111953/64047039

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ事典 「ドブ釣り」:

コメント

コメントを書く